保護された通信

上の画像は特に関係無いのですが、先日ようやく当ウェブサイトを(一部を残し)独自SSL化にしました。URLのhttpがhttpsに変わり、通信が暗号化されて安全なサイトとお墨付きを貰えるアレです。今見ているこのページの、画面の上にあるアドレスバーに「保護された通信」または緑色の🔓のマークがそうです。

ちなみに当店のような個人事業であれば無料の共用SSLを使うのが一般的だと思いますが、現在利用しているサーバーだとそれが利用出来なく、同じレンタルサーバー会社の中で新しいサーバーに引っ越しをしなければいけないという非常に面倒臭い事が判明し、だったらと言う事で有料版の独自SSL化としました。またこれにより次世代高速通信プロトコル(HTTP/2)が適用され、多少なり早くなったらしいです。なりましたかね(苦笑)。

そう言えば少し前のお盆に入ったくらいの時、スタンドクスのサーバーがダウンしていて色が作れない!!!と言う事態になっていまして、ただ幸いにして以前ダウンロードした同じ配合データがPCに残っていたので、無事に事なきを得ました。

昔は年に数回CD-ROMが配布されていたのですが、現在はオフィシャルサイトから直接配合データを確認するようになったので、こういうところが便利な反面怖いところですかね(ただスタンドックスは電話&ファックスのサービスもあるので実は全然大丈夫だったりするのですが、多分向こうではパニックになっているのではと思い何とか自己完結させた次第です)。

尚、当ウェブサイトの中でも、サブドメインで運用されているβ版やタンブラー、マイクなどのサイトには独自SSLは適用されず、ただこちらは元々サイト自体が重かったと言う事もあり、現在他のWordpress専用サーバーへ移転する事を考えています。と言うかβ版はWPの設定でミスを犯し、現在どうにもならなくなっていまして・・・(あ、でも何とか管理画面には入れるようになりました)。

新しく検討しているWP専用サーバーでは既に試用期間中のテストも行っていて、多少ですがスピードが早くなった気はするので、現在WPで運用しているサイトは違うレンタルサーバーに引っ越しをしていこうと思っている次第です。

SSL化に関しては今までそんなに気にしていた訳でも無いのですが、非SSLのままだといずれGoogleの検索から除外されてしまうみたいなので、今回は予定していたより少し早くなったと言う感じです。私的にはこれよりもよっぽど無料アプリの「同意する」の内容の方がヤバい気がしているのですが・・・。

キーボード 蛍光ピンク塗装 完成

 蛍光ピンク色のサンプル用として枠を塗装していたARCHISSの赤軸キーボードです。組み付けて完成となりました。

最初の状態も紹介しますね。

元々が手前の物で、使っている内に幾つかのキートップを破損してしまい、新たに奥のFILCOキーボードを購入したのですが、折角と言う事で・・・

新たにピンク色のキートップを購入し、それに合わせて枠も蛍光ピンクに塗装する事にしました。丁度ピンク色の蛍光顔料を使ったサンプルが欲しかったんですよね。

が、案の定ちょっとクド過ぎてしまったので、

 新たにキートップを(も)塗装してみました。

 キートップの天面、文字の部分はピンクそのままに、

 側面だけをグレーに塗装しています。

 艶消しクリアーはキートップ全体に塗っています。

 こういった2トーンカラーのキートップもあるかも知れませんが、「文字を残しつつ好きな色に出来る」と言う点で良いサンプルになるのでは、と思った次第です。

塗装方法としてはそんなに難しくは無く、残したい部分(天面)にマスキングシートを食み出すように貼り、グレーを塗って剥がして最後に艶消しクリアーを塗っています。

またグレーを塗る時は一個一個手で持って塗っていますが、クリアー塗装時はボードにボタンに取り付けた状態で全てを一度に塗っています。本来はRobiを塗った時のようにクリアーを塗る時も一つ一つ手で持って塗るべきかも知れませんが、今回はコストを考えてと言う事で。

ちなみに文字部分は透過しているので、ライト内臓のキーボードならそれも光らせられるのですが、そんな機能よりも、出来れば文字一つ一つを好みのフォントに、一枚一枚をデカールで貼ってクリアーで封入!みたいな事をやってみたいです。出来れば仕事で(笑)。

PCキーボード塗装 完成

 先日本塗りを行っていたHappy Hackingのキーボードです。ちょっと時間が出来たので組み付けを行いました。

 パッと見は普通のピンクですが、蛍光顔料を使って発色の良い淡い色味を出しています。簡単そうに見えますが、普通の顔料(自動車補修用塗料)ではこういうピンクは出せません(ただしこれらの画像ではそれを上手く表現出来ていないのですが・・・)。

 キーボードの配列が少し特殊なので、最初の画像を見ながら元に戻していきます。

 と言う訳で完成です!

最初の画像も紹介しますね。

元々は真っ白なキーボードで、FILCOのキーボードを買ったらおまけでついて来たような物だったので、どうせならと言う事で蛍光色用のサンプルにと塗装をしてみました。

 カバーだけの塗装なので簡単かと思いきや、最初に塗ったベースコートで素材が溶ける(!)と言う事態に陥り、取り敢えずクリアーを塗るだけ塗ってガッチリ固めてから塗り直していたりします。素材はABSだったと思いますが、PS(ポリスチレン)並みにヤバい素材でした・・・(と言ってもPC関連の樹脂では良くあります)。

 クリアーは塗っていますが、クドくならないよう艶消し仕上げにしています。ツルンとした艶消しは上品で高級感がありますよね。

いずれは工場の二階にある一室を受付窓口にするつもりで、そこにこういったサンプル品や色見本を並べ、ご希望される方には直接色を見れるようにしようと思っています。

 試しにストロボを設置した撮影デスクでも撮影してみました。

ストロボを使っても光をしっかり吸収してくれるハイミロンを背景にする事でピンクが良く映えます。

仕舞っておいても何なので、壁に引っ掛けて飾っておこうと思います。自然光が射し込む入口付近が良いですかね。

マイク塗装 デザイン案

以前サンプルとして作成したラップ塗装の色見本マイクですが、問い合わせは多い反面、コストの高い塗装なので中々ご依頼に至るケースが少ないのが現状です(しかしようやく一本入りました!)。

 と言う事で、もう少し簡単に出来る柄物の塗装を考えていました。オーダーメイドとなるとどうしても費用は高くなりますが、予めデザインが決まっていれば事前の打ち合わせの必要がないのでその分コストが落とせる、と言う算段です。

 パターン柄が出来ていれば、色を変えるだけでも大分違う雰囲気に。

と言う事なのですが、もう少し工夫を凝らしたいと思い、タブレットなる物を買ってみました。

デザインの仕事をしている従兄弟からは、「液晶タブレットが良いよ。安いのなら10万円くらいから買えるよ」とかサラッと言われましたが、いやいやいや、使えるかどうかも判らない物にそんなには出せませんって・・・(それよりも今は旋盤が欲しいです)。

ちなみに本当はWACOMのを買おうかと思っていたのですが、それよりもこちらの方が安くて大きくて使い易いと評判で、実際マウスと変わらないくらいの金額なので、これなら使い切れなくても後悔はしなくて済みそうです。

(その後試しに使ってみましたが、やはりイマイチ良く判らないので結局手描きでイラストを描いていると言う。笑)。