撮影用二面鏡作成

以前こちらでコメント頂いた方のアイデアを参考にさせて頂き、 塗装した物を撮影する際に使う小物として「二面鏡」なる物を自作してみる事にしました。

 用意したのは100円ショップで売っている、少し大きめの鏡です。A3サイズくらいで一枚¥250でした。

 本当は3枚買おうと思っていたのですが在庫が2個しか無く、しかも色違いと言うちょっと残念な感じで・・・。

 が、使うのは鏡の部分だけなので枠の色は問題ありません。ただ折角立て掛けられる機能があるのに勿体ない気がしますが・・・。

 枠の部分は塩化ビニルっぽい感じで、ハサミで簡単にカット出来ます。

 こんな感じで鏡と枠をバラバラにしました。

ちなみに鏡はてっきりプラスチック製のおもちゃのような物を想像していましたが、ちゃんとしたガラス製の本物で、うっかりしているとフチで手を切ってしまいそうです。

こんな感じで二枚のガラスをテープで固定しました。以前トレース台をレフ板のように立てられるようにしたのと同じような感じですね。

テープは一応剥がれ難い(切れにくい)ようにと、ダクトホースを固定するような物を使いました。

 こんな感じで自立するようになりました。既に期待が出来そうな気が・・・。

 と言う訳で、いつもの撮影用デスクに置いて何枚かテスト的に撮影をしてみました。

 おおおお・・・。

まだちゃんとは使っていないのですが、普通に置いて撮っただけでもかなりヤバい感じです。画像は以前塗装したサーモスキャンディーレッド仕様です。

そしてこちらはクロマフレア風No.2のサーモスです。

一回の撮影でほぼ全方位が見渡せるので、「塗装した物を見せる」と言う点では非常に効果がありそうです。絞りをもっと大きくしてピントの合う範囲を広くしたいですね(画像はF16)。

今後上からの撮影なども含め色々と試してみようと思います。簡単でこれは面白いかもですね!

サーモス塗装 クロマフレア風No.4完成

 先日のワークショップで塗装したサーモスです。自分用と言う訳では無く、身内から頼まれていたので一緒に塗らせて頂きました。

 色はクロマフレア風パウダー顔料のNo.4で、以前色見本は作成しておきましたが、中々良さそうな色だったので今回のサーモスに使ってみる事にしました。

 ロゴは従兄弟が使ったデカールと同じ物を使わせて貰い、サーモスを一周グルリと繋がっています。画像にある象とRe.EGOの間に継ぎ目がありますが、他の塗装屋さん方々が見ても判らないと言っていたので、仕上りは大丈夫だと思います。

 色は「紫→橙→黄」へと変化する光干渉型の顔料、こちらを御希望の場合には「クレマフレア風No.4」とご指定下さい。

 同じ様な感じではブルー系のNo.2があり、こちらは以前同じくサーモスの塗装に使っていますので宜しければ以下記事をご参照下さいませ。あちらの方がマジョーラらしさがあると思います。

サーモス塗装 クロマフレア風No.2 完成

他にはキーボードもこのNo.2で塗っていて、当日いらした他の塗装屋さん方々からも好評なようでした。

Roland MIDIキーボード塗装 完成②

自然光で見ると透かしにオレンジ色が出て来て、屋外に出せばそれはさらに強く感じられます。

尚、次回予定しているワークショップは、こちらでも何度か紹介したアートトイペインターのGUNと共同で開催しようと考えていて、参加者募集の窓口についてはGUNさんにお願いをしておりますが、もしかしたらこちらでも紹介するかも知れません。基本的にはGUNさんがSNS上で繋がっている知り合い関係を想定していますので、そちらで一杯になってしまったらこちらでは募集はしない予定です。

まだはっきりとした事は決まっていませんが、募集人数は2~4名で、涼しくなった9月頃を予定しています。

詳しくはGUNさんのブログまたはTwitterで紹介されると思いますので、宜しければそちらをご確認下さいませ。

にんにき日記

クロマフレア系の塗装も出来ますので、興味がありましたら是非ご検討を頂ければと思います。

2018.7.15 サーモス塗装ワークショップ③

 先日に引き続き、7月15日に行ったサーモス塗装ワークショップの紹介となります。

上の画像にあるのは主にG-SHOCKを塗装している塗装屋さんの物で、今回は色々な色見本と、キャンディーブルーに塗装したG-SHOCKを持って来て頂きました。相変わらずキレてますね~(笑)。

 こちらは今回新規で御参加いただいた方で、普段は仕事でUVプリントをされているとの事でそれのサンプルやUVプリントした転写ステッカーを持って来て頂けました。

今回参加している人間であればこれをどうやって、しかもどれだけ面倒な事をして行っているのが良く判っていて皆さん感心していました。実際の印刷屋さんなら判ると思いますが、通常量産品で360度丸々一周にUV印刷ってしない(出来ない)ですよね。業界のイベントでも人山が出来るそうです(恐)。

 こちらはアートトイペインターのGUNさんが塗っているBlackrabbitで、今回も面倒そうなマスキング塗装を施された物を持って来て頂きました。工程を想像してしまうと寒気がしてしまいます・・・。

 左は透明の素体に透明レジンと和柄の端切れを入れて固めた物で、右は蓄光顔料を練り込んだ素体をベースにしている物です。ちなみにこれらのBlackrabbit私も二体持ってます(何故か笑)。

またGUNさんは新しいカメラを購入されたとの事で、この日はそれも持って来て頂き、先日設置したストロボ撮影デスクを試して頂きました。やはりと言うかリモコン制御のストロボに驚いていて(多分今時だと普通だと思うのですが)、そして簡単に撮影が出来る事にかなりテンションが上がっていました。判ります判ります、私も最初そうでした(笑)。

 先程のGUNさんが塗装したサーモスはそのまま持って帰ってしまったのですが、他の物は後から発送と言う事で今回撮影も行ってみました(しかしながら毎回これでは大変なので今回が最後だと思います)。

 分解して塗装していたポッチも組み込んでおきました。

 こちらは普段お仕事で遣っているUVプリンターで印刷~作成した転写シールで、画像だと判り難いのですがかなりの厚みがあるので、エンボス加工したように一段高くなっています。点字とかに応用出来ないかなぁ、と。

 一緒に塗装した車型の色見本にはヒートンを挿し、キーホルダー化しておきました。

 一部膜厚が付き過ぎて発泡(ワキ=小さいブツブツ)が発生していますが、初心者としては十分綺麗に仕上がっているかと思います。

ちなみに今回使ったクリアー(クリスタルクリアー)は塗り過ぎるとこういったワキが発生し易く、これはキーホルダーの方にある微妙なタレ部分にも見つける事が出来ると思います。クリアーによっては同じ塗り方をしてもこれが出ない物もあるので、今回は気にしなくて大丈夫だと思います(美観はとても良いクリアーなのですが、そういったリスクから使用を諦める塗装屋さんが多いです)。

例えば今回使うクリアーが、同社STANDOXのイージークリアー(旧)であればそういったワキや泡噛みは生じなかったと思います。「イージーですから!」と言うのが当時のデモマンの口癖で、ただしイージークリアーの方が肌が出来難く垂れ易くはあります。ある意味イージーではありません(苦笑)。

ちなみに今回はこちらのウォッシュコンパウンド(ハジキシラズ)もご用命頂ましたので、後日サーモスと一緒に送らせて頂きます。

今までずっとハジキに悩んでいて、先日紹介したこちらの記事を読んで「まさにこれだ!」と思ったらしいです(笑)。ウォッシュコンパウンドは各社から出ていますが、私的にはこれが一番バランスが良くて気に入っております。

尚、調子が良くてもしこれが気に入られましたら次は是非メーカー市販の4キロ(!)のボトルをご購入頂ければと思います。メーカーの方が一生懸命開発した物を、あたかも自社製品のようにして売ったりはしておりませんのでご安心下さいませ。

 そしてこちらは今回二度目の参加の、私の従兄弟が塗装したサーモスです。

 生まれたばかりの赤ちゃん用にと、敢えて淡い色をチョイスしていました。

 下側には自身のブランドのオリジナルロゴとイラストなどを配していて、デカールは若干シワが残りましたが、剥がれたり浮いたりするような事は無く、また今回はクリアーが垂れていません。明らかに前回よりも上達したようです(相当イメージトレーニングを重ねていたのではと・・・)。

 先程までの画像だとソリッドカラーに見えますが、こうやってみるとパールが効いているのが判ると思います。まるで市販品のよう(笑)。

 練習用に塗装した車型の色見本は、一つは裏側に磁石を埋め込んでマグネット化し、もう一つはヒートンを挿してキーホルダーにしておきました。

折角綺麗に塗ったサーモスが使っていて傷が付くのは忍びない・・・。」

「だがしかし、折角のオリジナルカラーに塗装したサーモスを隠すのも勿体無さすぎるぜ!」

と言う場合はこんな感じにすればと思った次第です(ソフトケースは自分で買って下さい・・・)。

尚、他に私が塗ったサーモスもあるのですが、そちらは後日改めて紹介したいと思います。

取り敢えず今回のサーモスワークショップの紹介はこれで終了で、皆さま当日は暑い中大変お疲れ様でした!

次回は涼しくなったら開催するかも知れませんので、ご希望の方は是非ご参加頂ければと思います。

2018.7.15 サーモス塗装ワークショップ②

先日に引き続き、7月15日に開催したサーモス塗装ワークショップの紹介となります。

画像のスプーンは主にG-SHOCKを塗装している方が持って来られた色見本で、お互い同じ塗料(顔料)を使っている物などもあるので、これの塗り方はどうだったとか、耐久性はどうとかなど色々な話をしていたりもしました(ワークショップを忘れるくらいに・・・)。

 新規でご参加された方は、普段はUVプリンターを使った印刷の業務をされているとの事で、今回はサンプルとして当店のロゴを使って転写シールを作って頂いたりもしていました。今回の塗装は使いませんでしたが、いずれ応用できる物を探してみようと思います。

 こちらが実際に今回持ち込まれて貼ったUVプリント転写シールで、画像だとアプリケーションシート(透明な台紙)が残っていますが、これを剥がして印刷部分のみを残し、上からクリアーを塗る事が出来ます。UVプリンターと言うと対象物に直接印刷する物ですが、こんな感じに貼り付けられる事に皆興味深々でした。

 こちらの従兄弟はと言うと、前回と同じく自前のブランド(Re:EGO)を配したデカールの貼り付けを、またそれに便乗して私が塗るサーモスにもこれを使わせて貰う事にしました(皺を伸ばす作業が相当難しく、途中何度か後悔しましたが…)。

 デカール等の作業が終わったら工場一階に戻り、最後のクリアー塗装となります。

 今回はサーモスロック部のポッチ(多分ポリプロピレン製)も外したので、それの下地用としてガスプライマーを使った火炎処理などの紹介もしました。

 従兄弟は前回ナイアガラ級の垂れを経験しているので、今回は随分と慎重にクリアーを塗っていたようです。

ただ私的には塗り足りなくて肌が悪くなるよりもリスクを承知で塗る込む方が上達は早いと思っていて、垂らす=失敗では無く、むしろ垂らすまで塗り込む事で極限を知って貰えればと思っています。

そして本塗り完了です。お疲れ様でした!

アートトイペインターのGUNさんは、いつもフィギアの塗装に使っているマジョ―ラを塗っていて、一部クリアーに垂れは生じましたが、安定して良い具合に仕上がっていると思います。尚フォローはご自身でも出来るので、当日熱を入れた後そのままお持ち帰り頂きました。

 こちらは従兄弟が塗ったパステルグリーンパール+オリジナルロゴデカールで、

 前回と同様、初心者には少々無謀なデカールでの挑戦だと思いましたが、出来上がったそれは想像以上に綺麗で、しかも今回は垂れも無く、十分な仕上りに出来ていると思います。やりましたね~。

 こちらは初のUVプリント転写シールを貼った物で、デカールに比べると厚みがあるのは否めませんが、むしろそれが格好良い!と周りからは好評でした。スプレーガンは持っていても使い方など細かい部分はまだ全然と言う事でしたが、十分綺麗に仕上がっていると思います。尚こちらはお時間の都合上、後日発送で承っています。

 こちらは私が塗装したサーモスで、色はマジョ―ラに似たクロマフレア風No.4を採用しました。

 自分用では無いのですが、同じ親戚繋がりと言う事で従兄弟のロゴを、また粗暴な扱いを受ける可能性が高いので、デカールの耐久テストも兼ねています。サーモスでは禁止されている食洗器でも使用して貰おうと思っています(ちなみに前回のワークショップで塗装した従兄弟のサーモスやG-SHOCK塗装屋さんのサーモスは全く傷が付かず良い状態を保っているとの事です)。

次回、ワークショップが終わった後や、完成画像などを紹介したいと思います(撮影する時間が無いので少し先になるかもです)。

出来ました!→2018.7.15 サーモス塗装ワークショップ③