ベアブリック塗装 完成

先日マイクの塗装をご依頼頂きまして、それと同仕様のベアブリックを塗装~制作しました。

マイクの塗装については以下の記事で紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

SHURE BETA58A & BE@RBRICK

元々はこういった柄の付いた物を、

 マイクと同色に塗装し、ロゴのデータを縮小してデカールに印刷し、

マイクと同じように前後に配しました。

 色はトヨタ純正色の「クールソーダメタリック」(カラーコード:8V7)で、艶具合は「半艶」仕上げとなっています。

完成後、頭に開けていた穴にヒートンをねじ込み、極小のナスカンを取り付けてキーホルダー化しました。

 ロゴは今回の為のオリジナルで、マイクと共にベアブリックもカスタムメイドとなりました。

ベアブリックの塗装に関しては、当店に塗装をご依頼頂いた方向けのサービスとして行う予定で、ただし現在はテスト期間と言う事で無料で作成しております。テールランプ等の透過性塗装(スモーク塗装やキャンディー塗装)や特殊カラーには対応しておりませんが、その場合は別色(現在はスバル「デザートカーキ」(カラーコード:H6Q))を用意しておりますので、ご希望の方はそちらをご指定頂ければと思います。

尚、無料での制作は10件程度、または8月一杯で締め切りをさせて頂く予定です。

現在ご依頼中でも既に本塗りが終わってしまった案件に関しては、この場合もご希望の方には別色仕様(デザートカーキ)のご提供で承ります。スバルのデザートカーキについては後日改めて紹介しますので、宜しければそちらをご確認頂ければと思います。

 ベアブリックは世界的に有名なクマ型をしたブロックタイプのフィギュアで、「全く興味が無い」という方にはWikipediaよりも以下の記事が判り易いかも知れません。

GarageLife | IN THE LIFE
ベアブリックコレクターが建てた、超豪華、ポルシェガレージ

カリモクとコラボした木製の物は、何と60万円・・・。

 今回塗装したマイクは恐らくプレゼント用だと思いますので、ベアブリックはご依頼者様がお手元に残しても良いですし、またはマイクとセットでプレゼントすれば(ベアブリックの事を知っていれば)相手の方もさらに喜んで頂けるのでは、と思う次第です。

ベアブリック単体でのご依頼もお受付は出来ますが、そうなるとかなりのコスト高となってしまいますので、基本的にはマイクやタンブラーの塗装をご依頼頂いた「ついでに」と言う方法がお得だと思います。

尚、塗装を行うベアブリックは食玩をベースに、「単に塗るだけ」といった塗装内容となっております。傷や隙間、元々あったプリントの跡などが残る事がありますのでその点は御了承下さいませ。仕上りはあくまでも「おまけ」程度とお考え下さい(とは言ってもSTANDOXの塗料を使っていますので、フィギアの塗装としてはあり得ないと思いますが・・・)。

昨日さらに40個程届きましたので、当面は在庫も問題無いかと思います。

BE@RBRICK色見本

何か塗装して面白い物は無いかと色々考えていたところ、そう言えば以前当店のお客様のご友人がBE@RBRICKなる物を造っている(!)と言う事を思い出し、ネットオークションでそれらしい物を幾つか購入してみました。

 サイズは5センチ程度で、恐らくですが今回購入した殆どはペプシのオマケに付いていた物だと思います。所謂「食玩」と言う物でしょうか。

 少し前まで全く知らなかったのですが、BE@RBRICKは世界的に有名なフィギュアらしく、数多くのアーティストやブランド、アニメキャラクターや企業とコラボレーションをしたモデルを制作しているそうです。凄く大きい物もあるようで、つい先日には表参道ヒルズにコンセプトストアもオープンしていました。

 ちょっと強引な感じも否めませんが、なるほどこれは集めたくなりそうです。

これを見てジャックバウアーだと判る人がどれくらい居るのかは判りませんが、相当幅が広そうなのが伺えます。

今回の物は 「まとめて沢山」みたいな感じで購入したので、少しサイズの大きい物も混ざっています。画像に写るのが7センチ程の物なので、恐らくこれが基本となるベアブリック100%になるかと思います。

他には、先ほどの小さい物が「70% (5cm)」、その他「50% (3.5cm)」「150% (10cm)」「200% (14cm)」「400% (28cm)」「1000% (70cm)」(!)といったラインナップになっているようです。

と言う訳で、キーホルダーにする為&固定用の穴を頭頂に開けておきます。

 ピンバイスだと時間が掛かるので、普段はこんな感じでインパクトドライバーにチャックを付けて使います。チャックはキーレスなのでキリの交換から穴あけまで瞬殺です。

と言う訳で早速塗装もしています。素材はABS樹脂なので塗装用のベースとしては非常に相性が良いのも良い点です。

画像にあるマイクは日記では紹介していない案件ですが、先日オーナー様より掲載のご承諾を頂きましたので、作業内容の詳細については後日改めて紹介をさせて頂こうと思います。色は勿論同色で、マイクに入れたロゴ2種はサイズを変えてベアブリックの胸と背中に配しています。

これなら塗って販売しても問題が無いので(複製では無いので)、車型キーホルダーと同様、塗装の御依頼を頂いた方向けのサービスとして制作・塗装を承ろうと思います。「単に塗るだけ」なら、¥3,000くらいからご利用出来るようにしようと思います(ぶっちゃけ注型ミニカーをサフェ仕上げにするよりも断然楽です)。

取り敢えず作業はまだ終わっていませんので(半艶仕上げなので一旦下塗りクリアーを塗ってデカールの段差を消します)、完成次第改めて紹介をさせて頂きたいと思います。

時間が出来たらPRO_Fit仕様も幾つか作ってみようかなぁ、と・・・。

色見本マイク グラデーション塗装

先日行ったご依頼品のマイクと一緒にこちらの色見本用マイクも塗らせて貰いました。画像は既にベース色の白(VWキャンディホワイト)が塗られた状態です。

 当初はこれにクロマフレア風の塗料を重ねようと思っていたのですが、余り変わり映えがしないかも・・・と言う事で、少し変わった塗装を行う事にしました。そう、グラデーション塗装です。

 白の上にキャンディーカラーのマゼンタとブルーを重ねていきます。

 補修塗装(板金塗装)をやっている塗装屋さんからすると、このグラデーション塗装を毛嫌いしている方は多いと思います(私も、です・・・)。

 と言うのも、そもそも「塗ったことが判らないようにする」と言う補修塗装では、こんな風に色の粒子が目で見えるような仕上がりはあり得ないのです。白の上に白を重ねるだけでもその粒子一粒一粒が気になるような世界ですから、こういうのはやっていて吐き気が・・・(淡いソリッドカラーは粒子一粒でもフリップフロップが判るので、それに気づくと凄く気になるのでして・・・)。

と言う事ですが、もう車を塗っていない私としてはそんな事も言っていられず、新たな塗装も色々とやっていかないといけない訳でして、まあでもかなり楽しんでいたりもするのですが(笑)。

 デカールは二色×2種類で、こちらは「特色ホワイト」の上に「OKIブルー」と「マゼンタ」を重ねた物です。

 こちらはシルバーの上に同じく「OKIブルー」と「マゼンタ」を重ねた物です。象のロケットさんのデカールにALPSのドライプリンターで印刷した物を貼っています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 色々と許せない所がありますが、まあこれは一つのジャンルと言う事でアリにしようかと思っています。

 どうしても粒子は見えてしまうのですが、これでも樹脂中の含有量をかなり薄くして丁寧にボカシをしていたりします。下地が白では無くシルバーか、もしくは少し色を入れておくともう少し粒子感が判らなかったかもですね。

 グリルボールの方はリング部のみ、しっかり色を着けてしまったせいかキャンディーカラーらしい透明感が無くなってしまいました。こちらもグラデーションさせた方が良かったかも知れません。

青の方は透明感のあるキャンディーカラーっぽい明るい色味になりました。

今度はメタリックで、さらに慣れてきたら多色を組み合わせて試してみたいと思います。

色見本マイク 白系パール塗装

 先日サフェを塗っておいた色見本用のレジン製マイクです。

 マイクの塗装ではホワイト系の御依頼が多いので、今回は白から派生した感じのサンプルを塗装する事にしました。使うのは一般的なブルーパールとバイオレットパールです。

パールはそれ自体では色を隠蔽させない為、下地の白を活かしつつ、光が当たった時だけ色を変化させる感じですかね。基本はあくまでも「ホワイト」です。

 また今回は新たなデカールも作成しました。それぞれシルバーの上にマゼンタと特色ブルーを重ね、キャンディーカラーの様にしています。

デカールの作り方については以下の記事が判り易いかと思います。当初は私も悩んで色々なサイトを見て学びましたので、ご参考になればと思います。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

ちなみに現在はデカールシートを像のロケットさんの製品に替えています。

 ベースコートを塗り、デカールを貼り付けます。こちらの塗装は白の上にブルーパールを重ねた仕様です。

 また今回はサンプル用なので、裏側にはゴールドのデカールを貼ってみました。

 そしてこちらはバイオレットパールを塗装した方で、デカールには同じ系統でマゼンタに印刷した物を採用しています。

昔、オールペン全盛期にこういう色のシーマとかセルシオがよく走っていましたが、最近めっきり見かけなくなりましたよね。トランクに立てていた自動車電話のアンテナ、凄く懐かしいです(笑)。

 ゼンハイザーのマイクでは白ベースに「SENNHEISER」のロゴをシルバーで入れる仕様が人気なので、こちらもSHUREで試してみました。

と言う訳でクリアーを塗って本塗り完了です。当店としては稀に見る爽やかな配色に(笑)。

 SHUREのロゴは下地にシルバーを印刷する事で、キャンディー塗装と同様透かした時に色の深味が出ます。少し前にご依頼を頂いた高級なイヤホン(日記では紹介していません)のロゴにこれを採用していて、オーナー様にも気に入って頂けたのでいつか見本を作ろうと思っていたんですよね。

 こちらも単にシルバーの上にマゼンタを重ねただけですが、非常に発色の良い格好良いロゴが出来ました。何故もっと早く気がつかなかったのでしょう(苦)。

それぞれの塗色は普通の3コートパールと変わり無く出来るので、これなら費用も据え置きで大丈夫そうです。

後日完成したら撮影してマイク塗装のウェブサイトにて紹介しようと思います。

自ら育てて店頭に並べて販売までを行う、まるで道の駅のよう(笑)。