フェラーリ458リモコンキー 作業前準備

ferrari50大変お待たせしました!フェラーリ458スペチアーレのリモコンキーは無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

途中工程については社外記での傷付き防止リングの作成以外は紹介していなかったのですが、実際上手くいくかどうか判らなかったのでクリアーを塗り終わるまで内容を紹介出来なかったのです。順を追って紹介していきますのでどうぞご確認の程宜しく御願い致します。

ferrari22実はどうも鍵のシャフト部分とカバーとで中心がズレているっぽいので、こんな感じでセンター位置の確認をしていたりしました。

ferrari23この画像だとカバー部分に対してシャフトが左に寄ってますよね。ただレーザー自体が太くて、せめて髪の毛くらいの細さで表示してくれないと使えない感じです。一応こんな事もやっていたみたいな感じで撮影だけはしていました。

ferrari51マスキングの手順に関しても頭の中でイメージしているだけではどうも上手くいかなくて、実際にマスキングシートをカットしてかなり最初の段階で色々と試していました。「実践→ 想像」みたいな事を繰り返していくと段々見えてきたと思います。

ferrari52 塗る順番は色々とあるのですが、今回は「中心位置」を一番重要として少しやり難いのですが「白→赤→ブルーメタリック」の順番で塗る事にしました。何度も頭の中で失敗を繰り返しまして、これが一番リカバリーし易いという事になったのです。これに関しては後で紹介しますね。

ferrari53 ちょっと社外記的な事になるのですが、途中ではこんな事も試していました。結果的にはボツになったのですがもう少し上手くやっていれば使えたかも知れません。

先ずは窪んだ部分に離型剤を塗ります。

ferrari54粘土状のエポキシパテを少量取って混ぜます。

ferrari55 こんな感じで跳ね馬の窪み部分にパテを埋め込みました。

何のためかと言うと、色を塗り分けた時にこの窪み部分をトンネルのようにして色が他に飛んでしまうので、それを防止する為に蓋が出来れば・・・と思った次第です。

ちなみに以前同型のリモコンキーを塗った時に、この窪みの中にサフェーサーを塗りたく無いので(エンブレムが入らなくなってしまう為)、エアコンパイプを通した壁の穴を塞ぐ粘土を埋め込んだりしましたが、今回は「本塗り中」にこの脱着をしなければならないのであんなベタつく物は使える筈が無かったのです。

ferrari56 と言う訳で裏からポンチで押して外しました。割れてしまいましたがそれは特段問題ではありません。

ferrari57こんな感じで本塗り中自由自在に着脱が可能な蓋が出来てくれれば良かったのですが、実際はちょっと窮屈過ぎて使わないことにしました。もっと痩せる素材で作って一回り小さく出来ていれば色々使い道はあったかも知れません。

こんな感じでかなり前から色々と試していまして、本日ようやく本塗りを終えました。

続けてマスキング編を紹介しますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!