イヤホンプレート 本塗り

 先日クリアーの下塗りをしておいた64 AUDIO Fourte Noirのイヤホンです。

周りが傷つかないようマスキングテープを貼り、ロゴ部分の段差を削って平滑にします。

3ミリ厚のアクリル板を当て板にし、#600で平滑に研ぎます。

 その後コシのある#800相当の研磨剤(トレカット イエロー)で全体を研ぎつけ、同じく#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。

 マスキングを剥がし、よく脱脂清掃して、再び貼りなおします。

 マスキング完了です。

 最終脱脂処理をし、エアーブローをして埃を飛ばしたら本塗り開始です。

 今回は事前に色板を作成していてオーナー様に確認を頂いておりますので(別途有料)、本塗りではその時に一緒に作ったこちらの色見本を参考にして行います。

 まずは下色としてベースコートの黒を塗ります。

 続けて粗めのメタリック原色、MIX598を塗布します。

 さらに続けて透過性の青緑(キャンディーブルーグリーン)を塗布します。ブルー:グリーン=4:1の割合で、ベースコート用の樹脂(MIX599)で10倍くらいに薄めた物となります。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 画像だと色が薄く見えていますが、実際には事前に作成した色板の通り深みのある青緑になっていますのでご安心くださいませ。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

KATOクレーンミニカー 運転席等 本塗り

 先日下準備をしていたKATO社製の1/50クレーンミニカーSR-250Riの運転席を含む腰上等の部品です。旧塗膜を剥離し、サンドブラストを行い、プライマーを塗った状態となります。

 まずはベージュを塗布します。2トーンカラーの下側だけなので、上の方には塗っていません。

 運転席も同様に、

 後方にあるエンジン部はプラスチックパーツで、こちらも2トーンカラーとなります。

 クレーンアームの土台部分後方にはトラ柄が入るので、ベージュに塗った部分をマスキングします。

 トラ柄用に作ったイエローを塗布します。尚、塗る順番は色の隠ぺい性を優先しています(そうでなければこれを最後にしています)。

 予めレーザー加工機で作っておいた縞柄のマスキングシートを貼り付けます。

 アプリケーションシート(透明な低粘着のシート)を剥がし、マスキングテープを巻き込んだフチまでしっかり貼り付けます(PP製のマスキングシートはこれが出来ないので今回和紙タイプを使っています)。

 そして黒を塗ります。黒はニットコウの「GN-10」をご指定頂いていて、これは見本帳の中で一番黒い黒なのでSTANDOXでも原色の黒をそのまま使用しています。

 マスキングを剥がしました。これでトラ柄の完成です。

 次にそれらの部品を仮組し、1.0mm幅のマスキングテープを使って2トーンのラインを引きます。この辺は実車(1/1)と同じですね。

 反対側も同じようにします。

 繋がったラインテープをカットして部品を取り外し、トラ柄とベージュに残す箇所をマスキングします。

 隙間なく貼っているつもりですが、段差部分はそこから色が漏れたりするので後で部分的にベージュを塗りなおす事も想定しています。

そしてグリーンを塗り終わりました。

 モールド(溝)の部分などはマスキングテープの隙間から色が抜けて食み出たりしましたが、そういった箇所は虱潰しに塗りなおしています。

 そしてデカール貼り付けの作業です。

 デカールは一番最初に作っていたのですが、実際に貼ってみるとモールドがある範囲ギリギリになってしまっていたので、サイズを修正して刷りなおしておきました。

 「作業半径内立ち入り禁止」は横幅が18mmとなります。一文字が1.8mmくらいでしょうか。

 参考となる実車の画像は沢山ご用意頂いているのですが、車種の型が違うという事もあり、色々な部分をコンバートして対応しています。

 作業内容については文章だけだとどうしても見逃してしまいがちで、またオーナー様にも伝わり難いところがありますが、イラストを作成しておくと無用なミスやトラブルも防止できると思います(まあそれこそが一番手間の掛かるところでもあるのですが)。

 デカールをよく乾かしたら再び工場一階に移り、

 クリアーを塗って本塗り完了です。(尚、こちらの画像は電話番号を出さないように微妙な角度にして撮影しています。)

 フロントバンパーです。

他に転倒防止の脚(アウトリガーの端のジャッキ部分)もトラ柄でご指定頂いているので、次はそちらの作業を行いたいと思います。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SM58マイク キャンディーマゼンタ&クロマ風No.2塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

2本の内の一本は先ほど紹介したピンク&白のグラデーションで、

 今回のマイクは本体とグリルリングをキャンディーマゼンタに、

 グリルメッシュ部をクロマフレア風No.2で塗っています。

 自然光で撮影しました。

 SHUREのロゴはシルバーで、裏と表に二カ所入れています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 フラッシュを使って撮影もしました。

 メッシュに塗ったクロマフレア風No.2は「青→紫→赤→橙→黄」に変化します。画像だと紫~オレンジに見えますが、蛍光灯下だと紺にしか見えません。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難うございました!

SHURE SM58マイク ピンクグラデーション塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSHURE SM58ボーカルマイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回は2本ご依頼頂いた内の一本で、

 グリルボールをピンクゴールドに、

 本体は白~ピンクのグラデーション、さらにその上にパウダーパール PP304(コースガラスフレーク)を重ねています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

SHUREのロゴはゴールドで、

 前後に合計二カ所入れています。

 ストロボを使った撮影もしました。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

  光が当たるとキラキラとした輝きを発します。

一緒にご依頼頂いたキャンディーマゼンタの方も完成していますので、そちらも続けて紹介いたします。

パブリカステアリング ホーンプレート 本塗り⑯

 先日ステアリングの本塗りを終えているトヨタパブリカのステアリングホーンボタン(プレート)です。サフェの塗布は二回目で、#320→#400の空研ぎでラインを出した後、

水研ぎの#600→#800で細かいラインを整えます。エンブレム周りの溝は#1500の耐水ペーパーを折ってその角で削りました。最後に当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均しています。

全体を良く脱脂清掃し、マスキングを貼りなおして本塗り準備完了です。

エンブレム部のマスキングは、サイズの違う3種類を重ねて貼っています。一番小さいサイズはエンブレムピッタリで、そこから少しずつサイズを大きくしています。

ベースコートを塗る度にエンブレム部のマスキングを剥がしていきます。

最後は全部剥がしてしまい、エンブレム周りを確認します。

最初にわざわざ版(データ)から作ったのは、こういった使い方や、途中で何度もマスキングをするのが判っていたからで、これを毎回カッターで切っていたら時間の無駄ですし、エンブレム(またはサフェ)を傷つけるリスクしかありません。

マスキングは同じように三枚重ねにしました。

クリアーは2コートに分けて塗っているので、同じように1コート塗る毎に一枚ずつ剥がし、塗り終わって問題が無ければ最後の三枚目も剥がして本塗り完了です。

尚、ベースコートは最初に調色をして作っておいた色となります。

クリアーはステアリングの時と同様、クリスタルクリアーに5%程MIX008を入れて質感を落とすようにしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!