ロータスヘッドカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたロータスヘッドカバーです。その後アルカリ洗浄層で付け置きし、さらに溶剤層へ浸けて旧塗膜らしき物を剥がしておきました(実際には塗装では無く酸化被膜だったかも知れないのですが念のため)。

腐食していた箇所もあったのでサンドブラスト処理(軽め)を行いました。

その後リン酸処理を行い、よく洗浄して乾かしておきました。

リン酸処理をした後は恒温器に入れ、他の被塗物に一緒に熱を入れてしっかり乾燥しておくようにします。

まずは全体にプライマーを塗布します。

今回は鮮やかな赤の結晶塗装に赤パールの追加も承っていますので、パウダータイプのパール顔料を適量添加します。

そして本塗り完了です。お待たせしました!

ウェットで5~6コート程塗り重ねています。

その後120℃40分程の熱を掛けると結晶目が現れます。

言われないと判らないレベルですが、パールの影響で少しふわっとした色味を感じられます。

パールは光に対して正面で見た時に色味を感じられ、逆に光を背にするとあまり表現されない特徴があります。なのでこちらの画像は赤の色味が濃く感じられます。

こちらも光を背にした位置です。

こちらは光を対角=正面に見た状態ですね。少しふわっとしているのが判るかと思います。

この後は恒温器で二度焼きを行い、後日凸部を研磨してアルミ地を光らせます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

バイク用ブレンボキャリパー凹み文字塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたバイク用ブレンボキャリパー2個の凹み文字部塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は別の色(ハードアルマイトのゴールド色)だった物で、それに黒アルマイトを施した状態でした。

ご依頼としては「黒アルマイトはそのまま残し、bremboの凹み文字部だけを白に」という内容で、

ただしアルマイト処理された被塗面にそのまま塗装を行っても塗膜は十分に密着しませんから、

凹み文字部だけをサンドブラストし、

プライマー塗装後、ベースコートの白→トップコート(クリアー塗装)を行いました。

さらに今回は文字周りの傷が多かったという事もあり、上塗りを2回行ってそれらを目立たなくすることにしました。

よく見ると凹み文字のエッジ部(山のライン)が削れているのが判ると思いますが、これによって白もフチがガタガタになってしまい、なのでそれらを極力目立たないよう2度塗りで対応しました。

一般的な考え方からすると「塗料を流し込む」という感じなので比較的安価に出来そうなイメージがありますが、実際はキャリパー全体を塗るより大変ですしリスクも高いので、そもそも受け付けてくれるショップさんが少ないのでは、と思う次第です(対応してくれるところがありましたら是非ご紹介くださいませ)。

各画像はサイズの縮小以外は未加工です(今回の場合など撮影後の画像加工次第でいくらでも綺麗に仕上げられると思いますので)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難う御座いました!

GRスープラトランクスポイラ 本塗り

先日お預かりしておりましたトヨタGRスープラ純正のトランクスポイラーです。

裏側には両面テープが貼ってあり、今回こちらは残すようにしますので、

台紙に塗料が付着しないようマスキングをしておきます。

「どうせ剥がすからそのまま塗っちゃっても良いのでは?」と思うかも知れませんが(殆どの塗装屋さんはそれが普通ですよね)、両面テープの台紙フィルムはPP=ポリプロピレン製なので塗料が密着せず、直ぐに剥がすのであれば問題無いのですが、梱包~取り付けまでの間にそれらの塗膜がペリペリと剥がれてカスになるのが気持ち悪いのでこうしています。

そして足付け処理です。予想通り黒いABS樹脂に艶消し黒の塗装が施されていました。

意外と忘れがちなフチのもしっかり研磨しておきます。

台に固定する準備を行います。さすがに今回は手で持って塗れないのですが、塗装中の移動(回転)は出来るようにし、また落下防止の処置も行っておきます。

見える(魅せる)スポイラー天面が地面と水平になるように固定しています。

裏側とフチも塗れるよう、スプレーガンを差し込むスペースも大きめに設けています。

よく脱脂清掃し、エアーブローを行って埃を飛ばしたら本塗り開始です。

念のため裏側のフチにプラスチックプライマーを塗布し、まずはベースカラーの白を塗布します。色はトヨタ純正色の「ホワイトメタリック」(カラーコード:D01)で、所謂3コートホワイトパールとなります。

見えない下側は塗り残しをし易いという事もあり、そういった箇所はスポイラーを斜めに傾けた状態で塗るようにしています。

ベースカラーの白が塗り終わったらパールコートと塗布します。

この時点でゴミが付着したら再びそこにカラーベースの白を塗り、再度パールコートをやり直します。

途中何度かの中研ぎを行い、最終コートを行った時点でゴミの付着が無いことを確認したら、

最後にトップコート=クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

クリアーを塗る時も斜めに傾けた状態で、

2コート目のクリアーが塗り終わったら地面と水平になるよう元に戻しています。

塗装面を地面とする事で上面の肌=ボンネットやルーフと同じような塗り肌にしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

IMPULアルミシフトノブ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたIMPULアルミ製シフトノブの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はこのように未塗装アルミ無垢状態だった物に、

日産純正色「ブルーブラック」(カラーコード:BG8)と、

それに似合うゴールドメタリックで塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

打痕が結構多かったのですが、文字部の凹みを極力残したかったのでペーパー等での研磨作業はせず、素地調整はサンドブラスト、また下塗りを入れると3回分の塗装で滑らかな表面に仕上げました。

  作業的には元の凹み文字は削り落とし、パテでラインを整えて平滑にした後に新たに塗装かデカールでロゴを入れなおした方が遥かに楽なのですが、

オリジナルを残す事で今までの愛着も引き継げればと思う次第です(それにしても大変でした…笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難う御座いました!

レンズ関係透過性塗装 下準備

先日より下準備を始めたテールランプ等のレンズパーツです。

ロードスターのテールランプとフロントウィンカーレンズはクリアー塗装のみで、ただしこれらの凸文字の除去を承っていますので、まずはこちらを研磨して平滑にします。

あまり深い傷をつけないようにと高い番手(例:#1000)から始めるとしっかり平滑が出せないので、通常のパテ研ぎと同様、荒い番手から始めます。ただ当初は#120を想定していましたが、切削性の良いPMMA(アクリル)樹脂だったので#180からとしました。ちなみに切削性の悪いPMMAの一例としてはメルセデス等のテールランプで、傷が付き難いので足付け処理もし難い傾向にあります。アクリル樹脂は大きく分けて「押し出し」と「キャスト」の2種類がありますが、メルセデスベンツのテールランプは比較的傷が付き難いキャストに近いような製造方法を行っているのでは、と思う次第です。

ちなみに今回のテールランプですが、純正の割に仕上げが粗いようなところもあり、各画像をよく見て頂くと判るのですが、表面には若干のポツポツや線が出ているのが判ると思います。今回の塗装ではクリアーのみですが、こういった素地の粗さも払しょく出来るかと思っています。

最初はダブルアクションサンダー#180→#240→#320→#400の順番ででラインを整えます。

その後#800とクッションパットでペーパー目を均します。

最後は#500→#800→#1300で細部の足付け処理&ペーパー目を均します。

その他のパーツも同じように足付け処理を行います。ダッジのテールランプは前回と同様バリが酷かったのでペーパーと当て板を使って均しておきました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!