NDロードスターテールランプ 本塗り

先日下準備を行っていたマツダロードスターNDの純正テールランプです。

被塗面は#800~#1300で足付け処理された状態で、よく脱脂清掃し、エアーブローを行って埃を飛ばしたらプラスチックプライマーを塗って本塗り開始です。

ご指定の濃さは「薄目」で、先ほどのNCロードスターのテールランプと同様、この時の画像を参考に濃度を調整しています。

黒くさせ過ぎないように、それでいてノーマルとの違いが判る程度の濃さとしています。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この型のテールランプを塗るのは今回が初めてで、面責的にはNCロードスターより小さそうですが、塗り難さ(あと足付け処理の手間)はこちらの方が大きいですかね。

並べて撮影はしていませんが、今回一緒に塗ったNCロードスターとほぼ同じ感じの濃さになっているかと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ROVER MINIテールランプ 本塗り

先日下準備を行っていたローバーミニ用ルーカス製テールレンズ一式です。二台分、合計8部品あります。

エアーブローして埃を飛ばし 、脱脂清掃、再度エアーブローを繰り返して埃を飛ばします。

 

今回は2セットそれぞれマスキング方法を変えていて、 こちらは透明で透過するようにし、

こちらは反射フィルムを貼って仮想リフレクターとしています。

赤い反射板の部分はスモークにしないよう承っていますので、そちらをマスキングします。

プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

今回は「濃い目」でのご指定で、一応こちらからもう少し薄い方が良いかともとの進言はさせて頂いたのですが、問題無いとの事ですので(そもそもプロの方ですので)、普段はここまでしない濃さとなっています。

ぱっと見は真っ黒ですが、光に当たるとかろうじて内部反射板が見えるのが判るかと思います。

見方によってはスモークでは無くただの黒にしか見えない箇所もあります。

いや、本当に真っ黒なのでは・・・と思うかも知れませんが、

透過するマスキングにしている方で見ると、ちゃんと透明になっているのが判ると思います。

スモークの濃さが決まったら赤いレンズ部のマスキングを剥がし、

再びプラスチックプライマーを塗布し、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

こちらも若干ですが内部が透けて見えるのが判ると思います。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

薄いスモークも濃いスモークもコート数自体は同じような感じで(大体4~5コート)、濃さの調整はベースコート中のスモーク含有量で調整しています。

なので違う濃度の御依頼品を一緒に塗る場合、その都度スプレーガンの中身を変えて塗りえていたりします。とは言ってもちゃんと洗う必要はないので手間では無く、むしろ残っている量を確認出来るので、塗っている途中で塗料が無くなった!というのを防げて良かったりします!(スモーク塗装ではこれが一番やってはいけない事となります)。

本当に大丈夫なのか・・・と不安に感じても、

ちゃんと目で見て確認が出来れば安心です。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NCロードスターテールランプ 本塗り

先日下準備を行っていたNCロードスター(とその他の)テールランプです。

うっかりしていましたが、台に乗せて塗装する前の画像を撮り忘れていました。大変失礼をいたしました・・・!

御指定の濃度は「薄目」で、この時の画像を参考に含有量を下げた薄いスモークを塗り重ねて調整します。

今回は元々「極薄目と薄目の中間」で塗装されていた物なので、それを半段階濃くするような感じです。微妙な違いなだけに調整に気を遣います。

塗装は見る角度によって色味が変わって見えますが(フリップフロップ性)、被塗物の構造自体に大きく影響される透過性塗装はさらにそれが大きくなりますので、一方向だけに囚われず、全体の雰囲気を感じながら濃さを調整しています。感覚的な事で物事を決めるのは私的に好きでは無いのですが、毎回違う物を塗る事になるのでこの辺はどうしようも無いですかね。手作り品でよくある謳い文句に、「すべての工程を手作業で行うので二度と同じ物が出来ません」とかをポジティブな感じに言えたらどんなに楽になるのかと・・・。

という感じで緊張で吐き気を催しながらベースコート(スモーク)を小刻みに塗り重ね、私的に思う丁度良い濃さになったら、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアー自体は通常の塗装と変わり無いので、ベースコートよりむしろこちらの方が気は楽です(とは言ってもこれは良い塗料のお陰でもあるのですが)。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

昔ディーラーに勤務して車体を塗っていた時は、DUPONT(現CROMAX)のS690というクリアーを使っていて、そちらもレべリングが良く垂れにくい良く出来たクリアーだったのですが、休日に行っていた町工場のアルバイトでは10:1のクリアー(パナロック)を使っていて、「肌が出来ないのに垂れ易い」という、外に出なければ知らなかった経験を色々とさせて頂きました。クリアーが柔らかくて磨き作業が本当に楽だったのを今でも覚えています(あれだったら体もここまで痛めなかったのではと・・・)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ソリオテールランプ 本塗り

先日下準備を行っていたスズキソリオバンディットの純正テールランプ一式です。

透過性塗装は塗膜中にゴミが入るとそのまま残って見えてしまう為、前日までにブース内の床と壁、台と棚板を高圧洗浄機でしっかり清掃しています。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

以前施工した時は「赤い部分はあまり黒くしたくないのですがクリヤー部分のメッキが目立ち過ぎる感があったのでスモークで目立たなくしたい」との事で、今回もその時の画像を参考に濃度を調整しています。

濃くなり過ぎないよう注意して、スモーク含有量を少なくしたベースコートを塗り重ねていきます。

濃さが決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

小物塗装全般がそうですが、テールランプは特に塗り肌を残したくないので、スプレーガンと被塗面の距離を極力近くして圧力を低めにしています。

ただそうするとどうしてもタレが発生し易く、なので一回目のクリアーはハードナーまたはシンナーを早めにし、二回目はそれらを遅くして対応したりします。昔DUPONT(現CROMAX)を使っていた時はそれはNGとされていましたが、その後STANDOXのデモマンに聞いたら「え?なんで?」と逆に聞かれてしまったので、今は解禁としています。ブレンボキャリパーのように吊るして塗る時などではとても有効です。

具体的には、今回はハードナーはどちらも15-30で、 シンナーを一回目10-20から15-25に変更しています(いずれの数値も気温の事を示しています)。尚、この日の気温は20℃くらいでした。

今回のターンで一緒に塗っているご依頼品には「濃い目」のスモークで御指定頂いている案件もあって、そちらを塗りながらやっているとそれらの差の大きさに自分自身の感覚がズレてしまいがちですが、参考画像と見比べてみる事で思い込み等の誤差を防ぐようにしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタTE47室内レンズ等塗装承ってます

先日到着しておりましたトヨタTE47トレノGT用の室内ルームランプと、ナンバー灯カバーレンズ3点です。こちらのオーナー様からは以前にも同じ部品の塗装をご依頼頂いておりまして、今回新たな部品を入手出来たようで再びご依頼頂きました。この度もご贔屓頂きありがとうございます!

ご依頼内容は前回と同じで、

現状経年で劣化してしまった透過性パーツに、クリアーを塗って美観を取り戻す、といった内容となります。

かなり古い物ですので(恐らくは50年くらいかと…)、傷に汚れが染み込んで簡単には取れないような状態になっていますから、

前回と同じくウェットブラストを行って、全体的に一皮剝くようにしてからクリアーを塗装するようにします。裏表一緒には塗れないので二回に別けての塗装ですね。

参考までに以前の完成画像も紹介します。

素材自体に黄ばみが出てしまっている物は仕方がないのですが、

汚れと小傷が無くなった事で、元の状態からは比べ物にならないくらい透明感が復活しているかと思います。

室内灯カバーもウェットブラストを行っていますが、

こちらは透明では無く、元々白濁りさせた樹脂になっているようです。光が分散して柔らかくする為ですね。クリアーは今回もクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!