ワイヤレスマウス 本塗り②

 先日一旦艶ありのクリアーで本塗りを終えていた、ロジクール社のワイヤレスマイク、LogicoolG Pro wirelessです。

 クリアー抜き(マスキング)で段差が出来ていた「G」の部分と、その上にある1ミリ径の丸いインジケーターランプ×3の部分を平滑に研ぎ、全体に足付け処理を行いました。

 サイドスイッチ類はベースコートを塗ったそのままとなっています。

段差が無くなったところに艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。艶消しなら段差も目立たないのでそのまま行くと言う判断も出来ましたが、今までの経験から駄目だった時の光景しか頭に浮かばず、任意保険に任意保険を掛けるようにして作業をしています。

参考までに、左側が1コート目の艶消しクリアーを塗って15分くらい経った状態で、右が2コート目の艶消しクリアーを塗った直後となります。左側にも同じようにもう1コートをウェットに塗り、この後徐々に艶が消えていきます。

 艶消しクリアー塗布後、1時間くらい経った状態です。一応オーナー様から頂いた参考画像と見比べてみました。画像は加工されていると思われるので何とも言えませんが、イメージは画像に近い色味に出来ていると思います。

 ・・・が!!!

その後熱を入れて仮組みをしてみると、クリックボタンと本体とで色が違います。

恐らくはインジケーターランプ周りを修正している内にベースコートを塗り過ぎていたようで、本体の方が色が濃くなってしまっています。蛍光色の3コート塗装では、当然考慮するべきでした・・・。

 と言う訳ですが、既に気を取り直して再度全体を足付け処理し、同じようにマスキングから作業をやり直しています。塗装屋さんからするとまるで地獄のような状況に思えるかも知れませんが、「G」はデータがあるのでマスキングシートは直ぐに作製できる事、またこれらの作業は既に一度やっているのでそんなに大変ではありません。物理的に分解が不可能なサーフェスを塗った時に比べれば、ダメージは軽いです。

 と言う訳で、今回は車体(自動車)を塗る時と同じく、全て組み付けた状態(仮組み)で本塗りに挑む事にしました。と言うか下が透ける3コート塗装ですから、本当は最初からこうやって塗るのがセオリーだったんですよね。油断していました。

 最初の本塗りと同じく、下色からスタートしていきます。下色はピンクカモフラの②で、配合データがあるのでこれも問題ありません。

 また最初の時のように下地が黒では無い為、色も隠蔽し易く作業的にも楽です。

 そして本塗り用の蛍光キャンディー紫ピンクのベースコートを塗布します。下側に磁石で取り付けた予備ボタンの方へ、突き抜けるようにスプレーして同じ色になるように塗ります。

 ベースコートが終了したら工場二階に移動し、最初の本塗りの時と同じように「G」のマスキングを剥がし、さらに少し小さくオフセットした「G」のマスキングシートに張り替えてもう一度蛍光ピンクキャンディーマゼンタを塗布します。

 ボタン部分が明るく見えますが、装着した状態で全く同じように塗っているのでこれの色が違う筈はありません。R32GT-Rの側面を通して塗ってもドアだけ色が違ってみえるのと同じで、少しでも角度が変わると色の見え方が変わるフリップフロップ性によるものです。

その後も同じように「艶ありクリアー塗装→強制乾燥硬化→段差の研ぎ&足付け処理→艶消しクリアー塗装→強制乾燥硬化」と言う工程を経て(中々大変でした)、画像は既に仮組みをして色を確認した状態です。

実は最初の本塗りではRobiよりも先に塗り終わってはいたのですが、色の違いが不安だった為、この確認をするまでは紹介が出来なかったのです。お待たせしておりまして大変申し訳御座いませんでした・・・!

既に強制乾燥硬化も終わっていますが、もう少し寝かしてから組み付け作業となります。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ランサーブレンボキャリパー 本塗り

 先日お預りしておりました三菱ランサーエボリューション9の純正ブレンボキャリパーです。オーバーホールと下地処理(洗浄&サンドブラスト作業)はいつものブレーキ屋さんにお願いしていて、作業途中の画像を送って頂きました。

 その後作業を終えて届けられたキャリパー一式です。少し早いのですが、このままの状態だと酸化(腐食)し易い為、先に作業を行う事にしました。

 また元々一個しか残っていなかったリヤキャリパーのゴムキャップも新品で4個取り寄せて頂きました。

 キャリパ―は届いた状態そのままでも塗れるのですが、仕上がった時にもっと艶が出て欲しいので、平面はダブルアクションサンダー#120→#180で、その他手研ぎ#180で研磨しておきます。この後シリコンオフをシャワーのようにして脱脂清掃します。

 ブースにセットし、よくエアーブローをしたら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗布します。

 無用に塗膜の厚みをつけないようスプレーは薄膜で、尚且つ塗り残しがないよう2コート行います。

 その後上塗り被膜(色&クリアー)を塗りたく無い箇所にベースコートの黒を薄膜で塗っておきます。金属素地が露出したままでは腐食してしまいますが、そこを上塗りをしてしまうと組み付ける人(整備士さんやオーナー様)が困るので、数年前からこのような方法としています。

 その後よく乾燥させ、マスキングを行います。

 マスキングシートをフチピッタリに貼ると段差が出来てしますので、1ミリくらい大きめのサイズでブツ切り箇所が庇のようになるようにします。

 上塗りでは極力膜厚を着けたくはないので、まずは下色として上塗り色の染まり易い(隠蔽し易い)色を1コート塗布します。

 その後、本番用の色(ベースコート)を塗布します。

ちなみに画像だとかなり小豆色っぽく見えますが、

外で見るとこれくらい鮮やかな赤に見えます。

こちらは以前ランサーを多く取り扱うショップさんからご依頼を頂いた時に作製した色見本で、今回の色もこれと同じ色になります。既存のキャリパー色から近似色を選び、「ランサー純正キャリパーの赤で」といった時に採用しています。

 ベースコートが十分に乾いたらロゴ入れを行います。

 フロントは80mm、色は白=VW社のキャンディーホワイト(LB9A)を採用しています。白々しく無く、黄ばみも無いスッキリとした白ですね。

 これでベースコートの塗装が完了です。ブレンボ純正の塗装は、恐らくこの時点で艶のあるままクリアーを塗っていると思われる為、経年でクリアーだけが剥がれると言う事になっているのだと思います。自転車フレームの塗膜もそうなのですが、焼付塗装は密着性が良いので途中で足付け処理を行うと言う概念が無いらしく(と職訓に来ていた塗装業界の権威の先生がおっしゃってました)、そのまま塗装を塗り重ねていく傾向にあるようで、最初の頃は良いのですが、10年くらい経つとクリアー層だけがペリペリと剥がれて取り返しのつかない事態になります。剥がれた塗装の下から艶のある塗膜が出て来るなんて事は、車体の塗装では普通あり得ません(昔は業界全体が下請けだったからかそう言う事もよく見かけましたが、今は世代が変わって流石に少なくなったと思います)。お越し屋とか最近は聞かないですよね。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

フェラーリF430リモコンキー 本塗り②

 カバーパネルは先日ロッソコルサの322艶あり仕上げで本塗りを終えていますので、続いて鍵本体とボタン部分の本塗りとなります。

 ボタン部分を塗るのは初めてで、こちらも鍵本体と同じく艶消しの黒で塗装します。

 プラスチックプライマーを塗る前に念の為ガスプライマーを使って火炎処理もしておく事にしました。

 またベースコートには、先日デモ機でお借りしたIWATAの極みminiを使ってみる事にしました。その後洗浄も行い、多分通常通りの性能になっていると思います(と言っても今回のサイズに使うにはオーバースペックと言うか、微粒子化とかパターン幅とかまるで意味がない気がしないでも無いのですが)。

 ベースコートに黒を塗り、艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。

 お疲れ気味だったボタンは黒の深味が復活しました。

元々塗ってあったラバーコートは経年劣化でベタベタとしてきますが、塗装ならいつまでもサラサラで安心です。

こちらも60℃40分程熱を掛けて完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

フェラーリF430リモコンキー カバー本塗り

 先日サフェ入れまでを行っていたフェラーリ430のリモコンキーです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、研ぎ作業の前にベースコートの黒をドライコートで拭き、ガイドコートとしておきました。

元々の成型時からあるウネリを払拭出来るよう、美しいラインにサフェーサーを研ぎ付けます。

ペーパーが入り難い箇所はナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)を使って足付け処理を行います。画像はボタン部分の部品です。

 まずはカバーの方からの本塗りとなります。

 フチの裏側はプラスチック樹脂が露出した箇所があるので、プラスチックプライマーを塗布しておきます。

 まずはベースコートを塗布します。今回はロッソコルサでもカラーコード322で承りました。同じロッソコルサでも300に比べると朱色が強い明るい赤となります。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ボタンが入る部分とエンブレムが嵌る部分にはクリアーを控えめに塗っています。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

鍵本体とボタン部分の艶消し黒も作業が進行次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ロボット「Robi」&「Q-Bo」追加パーツ 白・水色 本塗り

 先日白色の確認を行っていたディアゴスティーニ社製のロボット「Robi」と「Q-bo」の白系外装パーツ一式です。

 全体をチェックしながら#800相当の研磨副資材(バフレックスレモン)で足付け処理を行い、脱脂作業を行います。

 形がイビツなので一つ一つをウェスで拭き取るのは現実的ではありませんから、シリコンオフを貯めた容器の中に部品を沈め、スプレーガンに入れた綺麗なシリコンオフで洗い流すようにして脱脂処理を行います。シリコンオフが乾かないうちにウェスで拭き取り→エアーブロー→拭き取りをします。

 ネジ穴には以前にも使った、オーナー様に御用意頂いたネジを挿してマスキングをしつつ、これを固定部とします。

 各部品は塗装範囲が若干違うので、それらが判るように印をつけておきます。

 ギアーが入る穴はマスキングシートを貼って塗料が入らないようにしておきます。

 また今回は追加パーツと言う事で今までよりも塗装点数が少ない為、白と一緒に水色のパーツ(4点)も塗る事にしました。ベースコート時はそれぞれタイミングを別けて塗り、クリアー(艶消し)の時に合流して一緒に塗ります。

 最終脱脂処理を行い、エアーブローを繰り返して埃を飛ばしたらプラスチックプライマーを塗布します。

 指示書に沿ってベースコートを塗っていきます。

 これら持ち手に赤い印が着いたパーツは、裏表共にベースコート(色)とクリアーコートを行います。

 こちらの水色の印が着いたパーツは表面のみベースコート・クリアーコートとなりますので、裏側を糊(ガムテープを丸めてハサミで切った物)で固定しています。

 ベースコート(色)の塗装が完了したら艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。埃が着くと修正が出来ないので、塗り終わった直後は近づかないようにしています。

 その後も1時間くらいファンは回しっぱなしでクリーンな状態を保ちます。

 艶消しクリアーなので時間が経つと艶が消えていきます。

 もう少し時間が経つとさらに艶が消えていきます。

 水色も途中から合流して一緒にクリアーを塗っています。

 他には黒系の部品もあるのですが、そちらは結構な数があるのでまた後日となります。

 この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!