ロジクールワイヤレスマウス(OD)分解~色作成

 先日お預かりしておりましたLogicool G PRO wirelessのマウスです。こちらの前にご依頼を頂いておりましたホワイトパールの同型マウスが先日完成しましたので作業着手しました。大変お待たせいたしました!

まずは分解作業です。ソールを剥がし、ネジが見える状態にします(ソールは再利用不可ですがメーカーから新品が入手出来るようです)。

底のパネルを開き、端子を外します。

 バッテリーはステーと両面テープで固定されています。

先ほどのバッテリーを外すとクリックボタンを留めるネジが出てくるので、それらを片っ端から外していきます。ちなみにネジは数種類あるので(恐らくは2種類)、それぞれ着いていた箇所が判るようにしておきます。

クリックボタンが外れると、さらにその奥にシャーシとカバーを固定するネジが出てくるのでそれらも外します。

シャーシがゴソッと外れて、これで分解が完了です。

さらに詳しい分解方法はこちらの記事で紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

分解は今回で3回目なのでさすがに慣れましたが、先日の二回目の組付けはやはり大変でした。塗装後は気を遣う&クリックボタンを知恵の輪みたいに入れないといけないので冷や汗が止まりません。

「G」の部分は本体とは別体ですが、恐らく一度外すと戻らない筈なので、いつも通りマスキングで対応します。また画像だと判らないのですが「G」が出っ張っているのでそれを平滑にしなければなりません。左右にあるパーティングライン(継ぎ目)も消しておきます。

色はOD(オリーブドラブ)でご指定頂いておりまして、それらしい色を色見本から探してみたのですが見当たらなく、

 なので以前施工したチタン製のメガネフレームの色見本を参考にしてみる事にしました。

オーナー様よりご指定頂いた色(CMYK値64.71:52.55:90.98:10.2)見比べてみると、それより明るくした感じです。

と言う訳で、以前作成したチタンフレームの色にオーカー(MIX574)を足し、ご指定の色に近づけました。配合データも残してあるので後で同じ色も作成可能です(後日色見本も作成して残しておくようにします)。

また塗装とは全然関係ないのですが、以前「塗装後の重さはどれくらいになりますか?」といったご質問を受けていて、(そんな事を気にする塗装屋さんは余り居ないと思いますが)私的にも気になったので量ってみる事にしました。

今回の未塗装状態が22.00gで、

前回ご依頼頂いていたホワイトパールのマウスは25.03gでした。

塗装による増加分は3.03gで、はがき一枚分といったところでしょうか。

ちなみにこの時は3回分(3工程分)の塗装を行っているので、一回の塗装では1グラム程となります。作っている量に比べると残るのは極少量なので いつも驚いてます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサフォググリル塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサ(GR前期)の純正フォググリル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

  今回はシルバーの艶ありに塗装されていた部分を、

艶消し黒に塗装しました。

周りの部分は塗装せず、樹脂素地の黒のままとなります。

 黒はベースコート+艶消しクリアーの2コート仕上げとなります。

と、ここで付属品を外していた事を思い出し、

また上下が逆さまだった事に気づき、改めて撮影をし直しました。

シビックエアコンパネル 本塗り

先日お預かりしておりましたシビックのエアコンパネルです。

元々は艶消し黒が塗られていて、これに全面#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理後、よく脱脂清掃し、台にセットして本塗り開始です。

(ちょっと色々あって途中の状態を撮影し忘れてしまいました)。

画像は既にベースコートの黒が塗られていて、撮影するのも忘れて焦って作業を行ったのは、少々気になった事があったからです。

元々塗られていた艶消しの黒ですが、艶が無いだけに判らなかったのですが、どうやら素地が荒れた状態で塗られていたようです。

こうなると研磨するより二度塗りを行った方が早く、なので今回は本塗りでは無く「下塗り」として作業を進める事にしました。

本来なら他のご依頼品(同色の艶あり黒)と一緒に本塗りを行う予定でしたが、今回はこれを下塗りとし、一旦クリアーまで塗って熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 完全硬化後の状態です。艶が引けてしまっているのが判るかと思います。

これを磨き処理で艶々にする事も可能ですが、それよりも再び足付け処理をして塗り直した早いので、次のターンで他のご依頼品(同色艶あり黒)と一緒に塗る事にしました。

またこちらの小さいパーツも艶消し黒の状態だと判らなかったのですが、成型時の歪(ヒケ)によって、裏側の柱の段差が表面にも出てしまっています。

なのでこちらも一旦は下塗りとし、この後砥石で研いでこの凸凹を平滑にしてから塗り直しています。

そしてこちらが後日本塗りを行った状態です。お待たせしました!

段差が激しすぎた場合にはサーフェサーじゃないと平滑に出来ませんが、今回はそこまででは無かったのでクリアーの二度塗りで対応出来ています。

 格子状の凸凹も判らなく仕上がったかと思います。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は通常通り一晩自然乾燥させ、後日他に被塗物と一緒に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ヤマハ マジェスティS テールカウル 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいたヤマハマジェスティSの社外品テールカウル(カバー)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 力を掛けるとポキっと折れてしまいそうなので慎重に研ぎ作業を行います。

 そもそもサフェ研ぎはペーパーを押し付けるのではなく「切る」ような感覚で行うもので、切れの悪くなった古いペーパーで力いっぱい研ぐような事はしません。バンバン新しいのに取り換えていきます。

 最初は固い当て板で面出しを行い、その後鋭角なラインを整えていきます。

 こういった箇所もペーパーだけを使うのではなく、最初は必ず当て板を使って研いでいきます。

 塗装屋さんなら判ると思うのですが、上塗りを行うと綺麗に見える反面、どうしても本来のラインを崩してしまうところがあるので、とにかくこの時点できっちり仕上げておく必要があります。

 よく脱脂清掃し、エアーブローをして本塗り開始です。

 まずはベースコートの黒を塗ります。

 一般的にはトップコート=クリアーが難しいと思われがちですが、実はベースコートの方が重要で、如何にここで肌を荒らさないで塗るかで仕上がりが(そして耐久性も)変わってきます。ドライコートで肌を荒らしてしまうと幾ら艶々に仕上げても艶が引けた状態になってしまいますし、また密着性も悪くなってしまいます。車の塗装なら当然の事ですが、ガムテープをバンバン貼って剥がしてを繰り返しても塗膜は剥がれたりしないのが普通です(この状態でもクリアー塗装後でもどちらでも)。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ちなみにこちらの画像の方が綺麗な仕上がりに見えますが、これは単にピントが蛍光灯の位置になっているだけなので塗装面(クリアー肌)は全く見えません。かなり汚い肌でも綺麗に見えてしまうので誤魔化すには良い方法ですが、本来の仕上がりが判らないのでNGです。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルWRX STIテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルWRX STI純正テールランプです。紹介が遅れまして大変失礼しました。またこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はいつもの通り鮮やかな赤いテールランプですが、今回はこちらをスモーク塗装ベタ塗りに、

濃度については当ウェブサイトで紹介しておりますこちらのBMWテールランプよりも「少し濃い目で」と承りました。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!