レンジローバー1/18ミニカー 本塗り

 先日下準備を終えていたAUTO ART社製の1/18レンジローバーのミニカーの外装パーツ一式です。今回は24点の塗装となります。

 画像手前はドアトリム(内張り)で、一部にボディカラーのシルバーが塗られているのでこちらも塗装します。

 ドアガラスの上部にもボディカラーの一部が塗られているのでそこも塗装します。

 ドア周りのウェザストリップ(ゴムモール)は元々艶消し黒に塗られていたのでマスキングをして残すことにしました。

 バックドアなどは裏側も一緒に塗れるようにしています。

 バンパーもロア部は艶消し黒に塗ってあるので、マスキングをしてそのまま残します。

 前後バンパーはボディに接着されていて、それを剥がす際に曲がって塗膜が割れてしまったのでサフェで補修しています。

 ドアパネルは表側から裏に回り込むように塗ります。s

 まずはベースコートを塗布します。

 色はランドローバー純正のナラブロンズ(カラーコード:825)となります。

 リヤゲートとボンネットにはエンブレムが入るので、ベースコート後にデカールの貼り付け作業を行います。

 リヤゲートロアです。

 リヤゲートアッパーです。

そしてボンネットです。

ボンネットは若干湾曲しているので、印刷するデータをこれに合わせてカーブさせるか、またはロゴの文字を一つずつ分離して行うという方法もありましたが、今回はマークソフター(デカール用の軟化剤)を使ってボディラインに沿わせながら貼っていく事にしました。

 デカールを十分に乾燥させたらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 元々塗られていた塗装は、ボディ(アルミ合金)に使われていた物と、内装(プラスチック=PS樹脂)に塗られていた物とでは違う物で、後者の場合チヂレが怖いところでしたが、多少のハジキのような現象以外は無事対応出来ました(これは脱脂不良と言う訳では無く、印刷に使われている塗料でも時々見られる現象ですが、一体何でしょう・・・)。

 窓ガラスのプラスチック部もチヂれず問題無く対応出来ました。

 ミラーはこの後、一部を除いて艶消し黒を塗装します。

 極力肌を残さないよう、クリアーはいつもの15%希釈から20%に増やしし、ガンはSATAのエアーブラシ口径0.5mmを使いました。

 ウィンドウォッシャーノズルは最後に艶消し黒で塗っておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに後日各部の艶消し黒を塗装します。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スターバックステンレスボトル×3 クリアー塗装承ってます

 先日到着しておりましたスターバックスのステンレスボトル3本です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状はピンクのパールに塗装された新品状態で、今回はこれにトップコートクリアーのみの塗装を承りました。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 こちらの色のステンレスボトルはオーナー様のお気に入りとの事で、今回は9本ある新品(!)の内から程度の良い3本を選んで頂きました。

 塗られているクリアーの肌は余り良く無く、また見るからに薄い感じがするので、今回のクリアー塗装で強度の増加を図ろうという作戦です。

余り強く足付け処理をするとクリアー層を破ってしまう恐れがあり、また「STARBUCKS」の白いロゴは最後にプリントされているので擦ると削れてしまいますから、その辺りを注意して作業を行うようにします。

同じ様な事例については施工例の記事でも紹介していますので、宜しければそちらもご参照くださいませ。

STARBUCKS Tumblers

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ダイハツソニカ内装パーツ塗装 完成

 

先日本塗りを終えていたダイハツソニカの内装パーツです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、数日寝かしておきました。

 メーターリングは溶着カシメで止まっていたので、同じように元に戻します。

 頭だけ刎ねた箇所はこのようなフラットになっていますが、

しっかり溶け込んでいた箇所は奥が深くなっています。

 よく半田コテで母材を溶かし、ABS樹脂の溶接棒で盛りました。

 最初は先の尖った半田ごてで母材に穴を開けるようにして溶かし込み、盛って、

最後に平らな半田ごてを押し付けて平らにしています。

 そして完成です。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

内装パーツは元々艶消しのシルバーで、アンテナーブレードは未塗装、その土台部分はシルバーの艶あり状態でした。

 手前のシフトパネルは傷が多かったので「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってからの上塗りとなっています。

取り外していた部品には砂ほこりなどが付いていたので清掃をしてから組付けを行っています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 シフトの文字部分の透明プラ板も小傷で曇っていたのでポリッシュしておきました。

 面積的には少ないメーターリングの塗装ですが、

色が着いた事で大分雰囲気が変わったかと思います。

 フールアンテナ土台の蓋はブレード取り付け時には恐らく取り外す事になると思ったので、外した状態で内側まで塗っておきました。

シフトパネルを仮組みをしてみました(ネジは付いていなかったのでテープで固定しています)。

以前同じように内装の塗装をご依頼頂いたお客様から「乗るたびにニマニマしてしまう」と言う言葉を頂戴しましたが、毎日塗装をしている私でさえ自分で塗ったアームライト使う度に楽しい気分になりますので、その辺のお気持ちは良く判ります。病みつきになりますよね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フィアット アバルト595テールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたアバルト(フィアット)595の純正テールランプとリフレクターレンズです。

テールランプ中央にはボディ同色に塗られたプラスチック製のプレートが着いていて、知り合いの塗装屋さんから「爪と両面テープで着いていると思われます」といった情報を頂きまして(有難うございました!)、ただその動画を見る限りではレンズが割れてしまいそうな気がしたので、今回は予定通りマスキングで行う事にしました。「割れても構わないから仕上がり重視で!」といった方が現れたらチャレンジしてみたいと思います。

 台にセットし、プラスチックプライマーを塗布します。

 今回はこちらのリヤリフレクターレンズ(ランプ)も承っています。

 濃度は「極薄めと薄目の中間」で、

 以前同様の濃さに施工したテールランプの画像を参考に濃度を調整しています。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 知らない方がこれ単体で見るとスモークにしているとは分からない程度ですが、元の状態と見比べるとしっかり黒くなっているのが判ると思います。以前投稿して頂いたポルシェ987テールランプの画像が判り易いかも知れません。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサGHテールランプ 本塗り

先日下準備を行っておいたスバルインプレッサGHの純正テールランプ一式です。

よく脱脂清掃し、エアーブローで埃を飛ばします。

 予めカットしておいたマスキングシートを、ウィンカーとバックランプ部分に水貼りします。

 その後プラスチックプライマーを塗布し、続けて透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

 マスキングシートを剥がした箇所にプラスチックプライマーを塗布します。

このままクリアーを塗れば「純正風」な仕上がりになりますが、

 今回は比較的しっかり目のスモーク塗装で承っておりますので、以前の施工画像を参考にスモーク塗装も行いました。

 塗装としては赤を塗るよりもこのスモークの方が難しく、特に濃度の微調整は吐き気を催す程のプレッシャーです(恐らく後数年でレンズ系の塗装は引退しようと思っています)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

このテールランプはノーマルの状態だとメッキの反射が強過ぎる傾向にありますが、むしろそうであればある程透過性有彩色の発色性(彩度と明度)が良くなり、さらにスモークが入る事でコントラストが増して格好良くなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!