ヘルメット塗装 完成

大変お待たせしました!先日お預りしておりました新品のヘルメット塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々塗られていたのは艶消し黒では無く「ラバーコート」(またはそれに近い物)で、そのまま塗ると恐らくチヂレ、もしくは激しい艶引けが起こると思われた為、今回はいつもとは違う方法で塗装を行う事にしました。

このコーティングは外車の内装パーツに多用されている物で、業者様からのご依頼でこれの塗装については慣れてはいるのですが、そういった理由から今回の作業内容については伏せさせて頂く事にしました。何卒ご了承下さいませ。

 見た目と仕上りはいつもと同様となっておりますのでご安心下さいませ。

 色はVW社の「リフレックスシルバー」(カラーコード:LA7W)となります。

 フチのゴムは接着剤で固定されている為、ボタン部分と同様マスキングで行っています。

ラバーコート風のコーティングは塗装をするにあたって非常に厄介ですので、塗装を前提の場合はご購入を控えた方が良いかも知れません(自家塗装では特に手に負えないかと思います)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品未使用の状態で、

 既存の塗膜はサンドブラストで剥がし、下地処理を行った上で新たに塗り直しました。

キャリパー本体の色はBMW純正色「SAKHIR ORANGE」(カラーコード:WB50)で、

 ロゴはBMW MINI純正色の「WHITE SILVER」(カラーコード:WA62)となります。

元々は素地のザラザラが残った状態でしたが、

 平面部分はサンドブラスト処理後にサンダーで研磨しているので、最初の状態に比べると艶のある仕上りとなっています(撮影の仕方が上手いと言う訳ではありません)。

尚、こちらのオーナー様からはテールランプ等レンズ系パーツの塗装も承っておりまして、そちらも先日本塗りを終えておりますので、どちらも完成しましたらご案内をさせて頂きたく存じます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レガシィフロントグリル サフェ入れ

 先日分解しておいたレガシィ用ステンレス製フロントグリルです。早速サンドブラスト処理を行いました。

 こちらは裏側で、

 こちらが表側(上側)です。剥がれかかっていたスモーククリアーを剥がしつつ、ステンレス素地に足付け処理を行いました。

 その後脱脂清掃をし、台にセットします。

 まずはプライマーを塗布します。

 また固定していたネジに錆が出かかっていたのでこちらも序でに塗っておく事にしました。表面には軽くスコッチ(#320)を掛けてあります。

 こちらもプライマーを塗布します。

 続けてサフェーサーを塗布します。

何カ所か飛び石で凹んでいた部分があるので、そちらはこのサフェーサーで平滑にしておきます。

この後一晩自然乾燥させ、後日他の物と一緒に熱を入れるようにします。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レガシィフロントグリル 分解

 先日お預りしておりましたレガシィ用のステンレス製フロントグリルです。一緒にご依頼を頂いているミラーウィンカーのスモーク塗装は本塗りまで完了しております。

 フィンはそれぞれネジで止まっているので分解する事にしました。

 一応裏に番号を印しておき、さらに長さを測って順番が判るようにしておきます。

 フィンにはネジで固定する為のプラスチック部品が着いていて、

こちらはカシメてあるのでそのままの状態で塗装します。溶剤浸け置きは出来ないので、このまま直接サンドブラスト処理を行って表面の剥がれかかったスモーククリアーを剥離&足付け処理を行います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

レガシィテールランプ等9点 本塗り

先日下地処理をしておいたレガシィ用Valenti社のテールランプ一式とハイマウントストップランプ、ドアミラーウィンカー、リフレクターレンズ合計9点です。

 今回はこちらのクリアーレンズの一部を赤くするよう承っておりまして、ただフチの赤と中央のレンズ部の赤の色味が違う事、さらに新たに塗装する赤が違う色味になったら気持ちが悪くなってしまう為、その辺りに注意をして塗装を行いました。

 テールランプ以外はスモーク塗装のみで、濃さはテールランプに準じた濃度に調整します。

 こちらはミラーウィンカーです。

本塗り工程では、塗り分けの位置決めが最も時間が掛かる(そして読めない)ところでもありますので、ラインテープを貼るまでの作業は前日に行っておきます。

 予め作成しておいたイメージイラストを参考に塗り分け位置を決めていきます。

 そして本塗り当日、脱脂処理・エアーブローまでを終えたら全体を養生します。

 フチの「青黒い赤」を一緒に塗ると変な色味になってしまう恐れがある為、最初の時点ではそこもマスキングをしておきます(最後の1コートのみ一緒に塗ります)。

 プラスチックプライマーを塗り、透過性の赤=レッドキャンディーを塗布します。

 指定された個所を塗り、マスキングを剥がしました。

 ただし今回塗った部分と既存の赤(上の大きい面積部)とではやはり色味が違ってしまっている為(今回塗った方が濃いです)、

 新たに上側も塗る事にしました。

 ちょっと変則的ですが、最初から「クリアーに残す部分だけをマスキング」する方法より、今回のように2回に分けた方が作業的には楽なのです(ただしさらに複雑になると以前施工したポルシェのテールランプのように二回に別けなければなりません)。

 色味を合わせたいだけなのでこちらは2コートのみとなります。プラスチックプライマーも塗ってあります。

 これでようやく上下の赤が同じようになりました。

 再び三回目のプラスチックプライマーを塗ります(プラスチックプライマーを塗った上にマスキングテープを貼ると糊が残るでNGです)。

 そして全体にスモークを塗ります。

 スモークは「極薄めと薄目の中間より若干濃い目」で承っていますので濃度を調整します(色味・濃度の調整は【お任せコース】では不可となります)。

 濃さが決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 透過性の赤に使っている塗料(顔料)は現在3代目となっていて、褪色し難いという反面、塗り重ねると濃くなる傾向にある為、今回のように既存の色と合わせる場合には注意が必要です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ハイマウントランプやリフレクターレンズはテールランプのスモークに合うように濃度を調整しています(リフレクターレンズはテールランプと同じように塗ると黒くなり過ぎるので薄くしています)。

 今回のターンでは24個と部品点数は多かったのですが、大掛かりなマスキングが必要な作業はこのテールランプだけだったので比較的スムースに本塗りが出来ました。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!