アウディ内装 エアーベント塗装承ってます

 先日到着しておりましたAUDI S1の内装エアーベント×4個です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 塗装するのは外側の黒い部分のみで、一部内側が剥がれている物から察すると、透明なアクリル樹脂の内側に黒のコーティングが施されているようです。

今回はこちらをアウディ純正色の「ベガスイエロー」(カラーコード:LZ1A)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」、また塗装後は磨き処理も行う【標準コース】にて承っております。

 外側のアクリル樹脂部分と本体フィン部分とは8カ所の爪で固定されていて、

 これをピックツール(先が尖った工具)で抉り、隙間に細くカットした鉄板を挿し込みます。ベンツの純正センターキャップBMWのキドニーグリルを分解した時にも使った方法ですね。

 鉄板は普通のハサミでも切れるような薄い物で、元々は色板として使う物です。多分アルミ缶でも代用出来ると思います。

8か所の内4ヵ所にこれを挿し込み、ギリギリ見える2か所はピックツールで爪を浮かし、残り2個の爪にはアクセスが出来ませんが、捩じりながら引っ張るとバコン!と外れてくれます。

外れたカバーは3部品構成になっていて、内側についている黒いリング状の部品を、同じく爪を起こしてあげると外れてくれます。こちらは素材が柔らかいので(恐らくはPP=ポリプロピレン)比較的簡単に外れてくれます(と言っても工具は必要ですが)。

 高輝度シルバーに塗られたリングはもしかしたら外側からでも外せるかも知れませんが、内側を分解して中から押し出すようにした方がリスクも少なく簡単に外せます(しかしそこまでが非常に大変なのですが・・・)。。

と言う訳で、塗装する部品単体の状態に出来ました。

基本的に分解・組み付け作業には対応しておりませんが、当店は元々車体の塗装を行っていたと言う事もあり、今回のような自動車部品であればお受付出来る場合もあります。ただしその際に生じる破損、部品の紛失、その後の不具合等については補償が出来ませんので何卒ご了承下さいませ。

塗装の作業自体はまだ当分先になるかと思いますが、作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!