ダイハツソニカ内装パーツ塗装 完成

 

先日本塗りを終えていたダイハツソニカの内装パーツです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、数日寝かしておきました。

 メーターリングは溶着カシメで止まっていたので、同じように元に戻します。

 頭だけ刎ねた箇所はこのようなフラットになっていますが、

しっかり溶け込んでいた箇所は奥が深くなっています。

 よく半田コテで母材を溶かし、ABS樹脂の溶接棒で盛りました。

 最初は先の尖った半田ごてで母材に穴を開けるようにして溶かし込み、盛って、

最後に平らな半田ごてを押し付けて平らにしています。

 そして完成です。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

内装パーツは元々艶消しのシルバーで、アンテナーブレードは未塗装、その土台部分はシルバーの艶あり状態でした。

 手前のシフトパネルは傷が多かったので「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってからの上塗りとなっています。

取り外していた部品には砂ほこりなどが付いていたので清掃をしてから組付けを行っています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 シフトの文字部分の透明プラ板も小傷で曇っていたのでポリッシュしておきました。

 面積的には少ないメーターリングの塗装ですが、

色が着いた事で大分雰囲気が変わったかと思います。

 フールアンテナ土台の蓋はブレード取り付け時には恐らく取り外す事になると思ったので、外した状態で内側まで塗っておきました。

シフトパネルを仮組みをしてみました(ネジは付いていなかったのでテープで固定しています)。

以前同じように内装の塗装をご依頼頂いたお客様から「乗るたびにニマニマしてしまう」と言う言葉を頂戴しましたが、毎日塗装をしている私でさえ自分で塗ったアームライト使う度に楽しい気分になりますので、その辺のお気持ちは良く判ります。病みつきになりますよね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ダイハツソニカ内装パーツ 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいたダイハツソニカのエアコン操作パネルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして表面にベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 全体を#600→#800で水研ぎし、フチなどは#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理を行います。無用に角とかを出さない為ですね。

 その他の部品は足付け処理のみなので、こちらもアシレックスレモンで全体を研磨しておきます。

 小物パーツを塗装する際、昔は台の上に置いた状態で塗っていましたが、今は殆どの場合で手で持って塗れるようにしています。車体を扱っていた時、こういった小物は「おまけ」的な存在でしたが、今はこれがメインなので出来る限りの方法で挑んでいます。

 台にセットし、よく脱脂清掃を行います。

 しつこいくらいエアーブローをして埃を飛ばします。

 プラスチック素地が露出している箇所にはプライマーを塗布します。

 アンテナベースは蓋を外した状態で塗るようにします。

 スプレーガンでの塗装はエアーの流れが阻害されると綺麗に塗れないので(例えば行き止まりなど)、スカスカの状態で塗れるようにしています。

 回せると塗り易いので、台に固定する芯棒は基本的に一本で行うようにしています。

 元々塗られている塗膜が弱くてチヂれる場合があるので、最初は見えない部分からベースコートを塗布します。

 問題無ければその他の部分もウェットで塗り込んでいきます。

 熱を入れた後に起きる艶引けは殆どの場合でベースコートの塗り方によるもので、ドライコートで肌を荒れてしまうとその上にクリアーを艶々に塗っても意味がありません。

 ベースコートで艶は出ませんが、ウェットに塗り込んだ塗膜は換装すると表面がツルンとしたつや消し(半艶)に仕上がります。

本塗りが出来るようになった始めの頃はクリアーの方が難しかったですが、その後続けているとベースコートの方が余程奥が深い事に気が付きました(クリアーで艶を出すだけなら良い材料と環境があれば難しい事ではありません)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 入り組んだ箇所は表から塗ろうとするとその周りがデロデロになるので、先に裏側からしっかり塗っておきます。

 色はダイハツ純正の「ルージュレッドクリスタルメタリック」(カラーコード:R45)となります。

 使われている原色はマルーンやバイオレット、レッドパールは二種類入っています。

 日本での色名は「ルージュレッドクリスタルメタリック」ですが、英名では「RED CRYSTAL SHINE」となります。色自体は世界共通でも色名は国によって呼び方が変わるので、色の作成には色番号(カラーコード)が必須となります(ただしそれだけだと万が一のミスがあるので色名も一緒にお伝え頂くようお願いしています)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。またこちらは組付け作業もあるので、少し長めに寝かしてから行おうと思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW MINIキーカバー塗装 完成

 大変お待たせしました!。先日本塗りを終えていたBMW MINI(R56)用の社外品キーカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黒く塗装された新品状態で、艶もあって綺麗ではあったのですが、ゴミやハジキがあったのでそれらを処理してから上塗りを行っています。

色はBMW MINI純正のブリティッシュレーシンググリーンⅡ(カラーコード:A67)で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 元々はエンブレムバッジとメッキパーツが着いた状態で、それらはオーナー様に取り外しておいて頂きました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 使われている原色としては、グリーンやブルー、黒以外に、メタリックとブルーパール・グリーンパール等が入っています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

 マセラティリモコンキー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたマセラティの純正リモコンキーカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々は未塗装の着色樹脂で、全体に細かい凸凹があったのを「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地作業で滑らかな下地にしてから上塗りを行いました。

 色は色はスバル純正色「ダークブルーマイカⅡ」(カラーコード:52D)で、

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 裏側です。

こちらも最初の状態も紹介しますね。

こちら側も同じように最初は凸凹していました。

合わせ目部分はフランジ状になっていて隙間が出来るようになっています。こちらもサフェで埋まらないよう気を付けて処理をしています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW MINIキーカバー 本塗り

 先日お預かりしておりましたBMW MINI(R56)用の社外品キーカバーです。

元々塗られていた塗装にブツやハジキがあったので、それらを#800で研磨して除去し、ペーパーの入らない細部はウォッシュコンパウンド(液体状の研磨&洗浄剤)とナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

 塗料は油ですが、親水性の状態だと塗膜はよく密着する傾向にあり、しっかりと足付け処理がされるとこのようにペターと水に馴染むような感じになります。

 その後よく脱脂清掃し、台にセットして本塗り準備完了です。

 脱脂作業は足付け処理前と処理後と本塗り直前で、最低でも3回は行います。

 まずはベースコートを塗布します。色はBMW MINI純正のブリティッシュレーシンググリーンⅡ(カラーコード:A67)となります。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります(艶ありの場合のみの有料オプションで、同社STANDOX イージークリアーからの変更が可能です)。

 小さい物ですが元々の塗装にはゴミやハジキがありましたが、今回は綺麗に仕上がっているかと思います(ちなみについても色が無ければこの後の磨きで全く分からないように除去は出来ます)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!