ウッドステアリング塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたトラック用の大径ウッドステアリングの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黄土色っぽい色だったステアリングですが、

これをシフトノブの上面の色味に近づけるようご依頼を頂きました。

 スモークだけではその色味が出なかったので、

 キャンディーカラーのオレンジも混ぜて塗装しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 塗装面積は少ないのですが、この形状で透過性の塗装となると結構面倒ですので、同じ透過性塗装でも一般的なテールランプより単価は高くなります。

テールランプと同様、塗り肌を極力残さないような塗り方にしています。

裏側です。

 最初の画像だとシフトノブが明るく見えたので、一応並べて撮影もしておきました。

木目自体が違うので(明暗の面積比が違う為)、全く同じと言う訳にはいきませんが、同じような風合いになっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

モーガン用メーターパネル 塗装承ってます

先日到着しておりましたステンレス製のモーガン用メーターパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

こちらはオーナー様自らモーガンの修復に取り組んでおられるとの事で、こちらのメーターパネルも自作品との事です。

 一部穴をエポキシ樹脂で埋められていますが、こちらは車体に装着されれば見えないとの事で、このままとします。

全体的に小傷などもありますので、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を整えてから「艶消し黒」の塗装を行う予定です。

裏側はサフェーサーが塗られていますので、こちらはそのままとします。本塗り時にマスキングテープを貼ると穴のフチにバリが出来てしまいますので、多少塗料が飛んでもこのままの状態で塗装を行う予定です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

 

ウッドステアリング 本塗り

 こちらも先日下準備をしておいたトラック用の大型ウッドステアリングです。

 長さ30センチくらいの全ネジを、ボルトで挟むようにしっかりステアリングスポークに固定し、台に据え付けた筒に挿して回るようにしています。

 スモークだけだと青味が消せなかったので、オレンジキャンディーも混ぜて色味を調整しています。

 左が見本としてお預りしたシフトノブで、これと似たような感じになるよう透過性の塗装(キャンディーカラー)を塗り重ねて調整しました。

 ステアリングは抜き替える事で裏表を逆に出来るようになっています。裏側も同じようにベースコートを塗り重ねます。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 フチは隙間が無いバツ切りなので、二回目のクリアーを塗り終えたら直ぐに剥がしてクリアーが馴染むようにします。

 塗る順番としては「表→裏→裏」で、「70%→90%→80%」みたいな塗り方にしています(100%だと激しく垂れるリスクがあるので、多少安全マージンをとっています)。

 木目の柄自体は変えられませんが、これで他の内装との一体感は格段に上がるのでは、と思う次第です。

こちらもこの後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛け、必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レガシィ内装パーツ塗装 完成

 先日本塗りを終えていた本塗りを終えていたスバルレガシィの内装パーツ4点です。

 外しておいた部品を元の位置に戻します。

 アクリル板は両面テープを貼り直し、埃が残らないようエアーブローをして組み付けます。

 灰皿の枠部分の部品は、フチにビビり音防止の為のフエルトテープが貼ってあった為、同じようにしておきました(ただ恐らく中央にも同じ物が貼ってあったのを剥がされたのでは?と思ったので、後で貼れるようその分を同梱しておきました)。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

右の二つは艶消しの黒が塗装されていて、左の二つは半艶黒が塗装されていました。

 今回は「艶ありの黒」となります。

 灰皿は分解して蓋のみの状態で表面のみ塗装しています。

 「TEMP」の文字が入ったプレートは、イルミネーションランプが透過して光るような構造となっています。綺麗な状態で元の通りに戻せましたのでご安心下さいませ。

 内装部品を艶ありにした場合、「指紋」の跡が気になる事がありますが、それの対策としてはワックスなどが有効です。自動車ボディ(外装)に使っているそれをそのまま使えばOKです。私的には固形タイプより「濡れたままで大丈夫!」みたいな製品を、濡れウエスでで拭くようなのが良いかと思います(乾拭きは傷が付き易く、濡れていれば傷は付き難くなります)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

テールランプ等 透過性塗装 下準備

  透過性塗装(スモーク塗装等のキャンディーカラー)で次のターンに本塗り予定のテールランプ等一式です。

各ご依頼品の記事へのリンク先を以下に記載いたします。


エクシーガテールランプ オレンジ&スモーク塗装承ってます

ウッドステアリング塗装承ってます

XMAXリヤウィンカー塗装承ってます

メルセデスベンツAクラス テールランプ塗装承ってます

インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装承ってます


左側にある赤が薄いレンズはXMAXのリヤウィンカーで、エクシーガのテールランプと比べると大分薄いのが良く判ると思います。これをレッド&スモークで濃い赤にします。

 ウッドハンドルはトラック用との事で、現在お預り中のトヨタパブリカの純正ハンドルと比べると断然大きいのが判ります。

(パブリカのステアリングも地味に進行はしていますのでご安心下さいませ)。

 電球(ソケット)が着いていないテールランプは、まずその穴を塞ぎます。

 ソケットが着いている物はそのままで大丈夫なので、泥汚れをブラシを使って水洗いしておきます。

よく水を乾かしたら被塗面(レンズ)以外の個所をマスキングしておきます。ステアリングの皮部分はテープを貼ったままだとその糊の跡が残ってしまったりするので、先に養生紙で包んでから、それを覆うようにマスキングテープを貼ってあります。

(塗装屋あるあるなのですが、自動車のクォーターガラス等のウェザストリップゴムにマスキングテープを貼ったまま熱を掛けると、二度と取れない跡が残って悲惨な目に遭います)。

先に色物を塗る案件が幾つかあるので本塗りはまだ先になりますが、作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どぞもう少々お待ちくださいませ!