ウッドステリング スモーク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたウッドステアリングのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は赤茶色の明るい木目柄だった物を、スモーク塗装で見本の内装パネルの色味に近づけています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 先ほどまでの画像だと逆光なので黒く見えがちで、ここからの画像の方が実物の色味に近く見えると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ジェイド内装パーツ9点塗装 完成

 大変お待たせしました!組み付け作業を終えたホンダジェイドの内装パーツ9点、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は木目柄(凸凹アリ)にプリントされていた純正内装パーツですが、

「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理で被塗面を平滑にして、

 艶ありの黒に塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

逆アールの曲面ラインが多かったので研ぎ作業には気を遣いました。

 ドアパネルも殆どが逆アールのラインで形成されています。

 結構大変でしたが、モールを外して正解でした。

   エアコン吹き出し口は木目では無く、表面がザラザラとした未塗装の樹脂素地状態でした。

こちらも最初の状態を紹介しますね。

こちらも内装パネルと同じように「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を平滑にしてから上塗りを行っています。

またダイヤル部にあった凹みマークは、同じようにロゴをデータで作成し、サンダーで削り落として樹脂用のパテで平滑に仕上げています。

ベースコートの黒を塗装後、ロゴのデカールを元々あった位置に貼ってからクリアーを塗装しています。

手作業で行っているとは思えない仕上りに出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

ジェイド内装パーツ9点 組み付け

 先日シルバーのモールを溶着&接着で取り付けていたホンダジェイドのドアインナーパネルです。

パーツの周りにはビビり音防止の為にフエルトテープが貼られていて、厚いタイプは綺麗に剥がせたのですが、

 薄いタイプは綺麗に剥がせなかった為、こちらは同じような物を使って貼り直します。

こういった副資材につては以下リンク先の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

クッションテープ

 こちらはフロントパネルですね。外してあった白いクリップも全て元通りに取り付けておきました。

 各部は取り外し前に撮影しているので、それを見ながら元に戻していきます。

 こちらはエアコン吹き出し口です。

こちらも元の通りに組み付け、各可動部も問題無いか確認しておきます。ダイヤル部は干渉も無く、とても良い感じになっているかと思います。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ジェイド内装パーツ9点 組み付け

 先日本塗りを終えていたホンダジェイドの内装部品9点です。

塗装の為に取り外しておいたドアインナーパネルのモールを取り付けます。

 元々溶解してカシメてあった個所をベルトサンダーで削り落としていて、それを元に戻そうと言う作業です。

 使うのは樹脂補修用の半田ごてと溶接棒で、

 モールをガッチリとクリップで固定し、

 突起部分の半分だけを溶着します。また余り盛り過ぎると何かに当たって装着出来なくなるかも知れない為、固まる前に押して潰しておきます。

 このような感じで、削った個所全てを固定しました。

 表にひっくり返し、マスキングテープを剥がして問題無いか確認します。

 そして残り半分は、こちらの構造用エポキシ接着剤を使って固めます。溶着の着きが甘かったとしても、これだけでも十分固定してくれるようにですね。

 また忘れてはいけないのがプラスチックプライマーです。樹脂同士を溶かして着ける分には必要ありませんが、塗料や接着剤・パテを使う場合にはこれは必須です(ただ最近はこれの必要が無いパテや接着剤などもあるようです。私は完全には信用していませんが)。

 こちらも「接着」と言うよりかは、削り落とした部分に頭を着けるような感じでの点付けとなります。もしまたこれを外さないといけない場合でも対応出来るようにですね。

と言う感じで外したモールは無事元に戻せました。

次は周りに貼ってあったフエルトテープを元に戻します。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ウッドステアリング スモーク塗装 本塗り

 先日下準備まで行っておりましたRB1オデッセイ用のウッドステアリングです。

 よく脱脂処理をしたらエアーブローをして埃を飛ばし、本塗り開始です。

 今回はテールランプのように反射板がある訳では無いですから、塗膜を透過した光は殆どそのまま吸収されてしまう為、いつもの倍の速度で黒さが増していきます。黒くなり過ぎないようスモークの含有量をかなり減らし、注意しながら黒さを出していきます。

 一緒に写っているパネルが、今回見本として一緒にお預りした木目調のパーツです。

 木目柄はそれぞれ違うのですが(そもそも見本は木では無く印刷したプラスチックです)、見本のパネルのような色味になるよう、ステアリングにスモークを施しています。ちなみに結構艶が出ていますがクリアーはまだ塗っていません(硬化剤を入れているので樹脂分が多いスモーク塗装はベースコートだけでも結構艶が出ます)。

 濃度が決まったらここでスモークのベースコートは完了です。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。大変お待たせしました!

 クリアーを塗り終わったら直ぐにフチに貼ったマスキングテープを剥がします。

 今回のステアリングはスポークがかなり張り出した形状だったのでスプレーがし難く、ノズルパターンを一番狭くして隙間から狙い撃つようにして塗りました。

見本と同じような感じの、良い渋さの木目具合に仕上がっているかと思います。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!