BMWエンブレム&フューエルキャップ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたフューエルキャップと、BMWエンブレム3点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

 当初はこの3点だったのですが、

その後小さなステアリングバッジも追加で、合計4点で承りました。

フューエルキャップはこのようなデザインでご指定を頂きまして、

ベースカラーをBMW純正色の「ガルバニックゴールド」(カラーコード:C1P)で塗装し、

その上に今回エンブレムバッジに施した物と同じデザインのロゴをデカールで表現しました。

 また文字についてはここまで細いラインを塗装(マスキング)では施工出来ない為、

 今回は全てデカールでの施工となります。

尚、デカールの段差を目立たなくさせる為、本塗りをした後に一旦全体を研磨し、もう一度クリアーを塗っています。

そしてエンブレムバッジです。

元々青かった部分を黒に、

白かった部分をBMW純正のチタンシルバー(カラーコード:354)に塗装しています。

フチはマスキングをしてアルミ素地のまま塗らないようにしています。

 クリアーは全て高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

アルファロメオ&BMWエンブレム クリアー下塗り

先日お預かりしておりましたBMWのステアリングホイールエンブレムです。#1300相当の布状研磨副資材(アシレックスオレンジ)で研磨して足付け処理を行いました。

 こちらは先日テールランプと一緒にお預かりしたアルファロメオのホーンボタンです。同じように足付け処理を行いました。

小物塗装全般的にそうですが、意外と得体の知れない物を塗っているので、念のためプラスチックプライマーを塗布しておきます。もし表面にオレフィン系(PPやPA)の被膜があった場合、そのままクリアーを塗っても密着しないからですね。PE=ポリエチレンだったらそれでも無駄ですが・・・(当店では塗装不可能と言われるPEでも塗装は出来ますが、透過性な仕上げには出来ません)。

 同じようにこちらにもプラスチックプライマーを塗布しておきます。

そしてクリアーを塗布します。わざわざクリアーを塗っているのは任意保険のような物です。プラスチックプライマーを塗ってマスキングテープを貼ると剥がれなくなってしまう(糊だけが被塗面に残ってしまう)為ですね。

またこちらのアルファロメオのホーンボタンは微妙に凸凹があり、それを平滑にする為の役割でもあります。研いで下地が露出したらもはや部品交換しか手がありませんので・・・(と言うリスクが結構あるのが小物塗装です)。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、BMWのステアリングエンブレムはシルバーと黒の塗り分けを、こちらのアルファロメオのホーンボタンはテールランプと共にスモーク塗装を行います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RAV4内装パーツ3点塗装承ってます

先日到着しておりましたトヨタRAV4用の社外品内装パーツ3点(+1点)です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

てっきり透明のポリカーボネートに裏からカーボン柄を印刷した物かと思っていましたが、実際にはグレーのABS樹脂にカーボン柄を水圧転写し、クリアーを塗った物となります(作業内容としては変わりありませんので金額は同じです)。

ただこういった製品の場合、塗装を行っている環境は余り良くない事が多く、よく見ると塗装の表面に細かいブツブツ(ゴミ)が付着している光景がよく見受けられます。

このまま足付け処理をすると凸が残ってしまうので、コシの強いペーパー(トレックス等)で平らに削っておきます。

量産品あるあるですが、クリアーの肌も余り良くない箇所が見受けられます(ただ大量生産の場合はこれ一個に掛けるコストは相当低いでしょうから仕方ないとは思います)。

クリアーが硬化する前に何かに当たってしまった部分などもあるので、こちらも塗装前に平らにしておきます。

小さい蓋はクリアランスが悪く出っ張ってしまうので、こちらも塗装する前にピッタリ嵌るよう調整しておきます。

ご依頼頂いている色は「艶あり黒」で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

アルファロメオ147GTAテールランプ等塗装承ってます

先日到着しておりましたアルファロメオ147GTAの純正テールランプ、サイドマーカー、ホーンボタン、全7点です。こちらは以前同車のウィンカーとリフレクターレンズのスモーク塗装をご依頼頂いた方で、この度も当店をご贔屓頂き誠に有難うございます!

オーナー様のご意向としては「純正のテールランプの色が気に入らず、キャンディレッド1色が希望」との事ですので、テールランプ全体を新たに透過性の赤で重ね塗りし、ただしウィンカー部分は赤のコート数を少なくしてアンバー(橙)に光るようにします。また最後にはレンズ全体への「極薄め」のスモークと、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っています。似たような案件としては、以前ご依頼頂いたフィアット(アバルト)595のテールランプのレビュー記事をご確認頂くと判り易いかと思います。

サイドマーカーはスモークベタ塗りで、以前ご依頼頂いた時より暗い(濃い)スモークで承っています。参考画像を紹介しますね。

この時よりも濃くしますので、かなり濃いスモークになるかと思います(ちなみにですが電球は高輝度のタイプに交換されるようです)。

ホーンボタンはアルミ表面にプリントが施されたような状態で、今回はこちらにもスモークを承っています。これにスモークを塗るとどうなるのかはやってみないと判りませんが、「車は内外装を黒でまとめているので、ステアリングの中心にあるオリジナル色のエンブレムがちょっと気になっていました」といった事を伺っていますので、ご希望に沿えるよう塗りながら調整してみようと思います。サイドマーカーを含めいずれもクリスタルクリアーへの変更で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

Z32シフトパネル塗装 完成

 先日スライドカバーの艶消し黒を塗り終えていた日産フェアレディZ32の純正シフトパネルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきましたので、遂に組付け作業を行います。

スライドする箇所には元々グリスが塗ってあったので、同じように戻しておきます。

周りに貼ってあったスポンジも同じようにして、且つ耐久性の高いEPMD素材の物を貼っておきました。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は未塗装の状態で、

また一部ヒビ割れがあったので透明エポキシ接着剤で補修しておきました。

最初の下塗りではその凸凹の激しさが露呈していましたが、

その後クリアーを塗っては研いでを繰り返し、美しく仕上げました。

平面では無く窪んだ逆アールで、ライン出しはかなり厄介な作業でした。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

素地の粗を無くすようスモークを塗りつつ、文字は見える程の濃さに抑えています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!