ホンダインサイト 内装パーツ 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいたホンダインサイトのウインドウスイッチパネル一式です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 最初は固い当て板(木片)と#320の空研ぎでライン出しを行います。

ガイドコートが残る箇所が低い部分で、こういった場所は裏側を見るとクリップなどを固定する柱があり、いわゆる成型時のヒケによって表側にその影響が出ているのが判ります。体積が大きい分、冷えた時の収縮率が大きく、表側を凹ませてしまう訳です。そしてそれが判らなくなるよう、表面を梨地にしています。

 全体を低いラインまで研ぎだし、その後#400→布状研磨副資材(アシレックススカイ)でラインを均します。

 さらに再びガイドコートを行い、

 次は#600→#800で水研ぎをし、最後は布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。

 よく清掃し、マスキングを貼り直して台にセットします。

 最終脱脂を行い、本塗り開始です。まずはプラスチック素地が露出している箇所(主に爪部分)にプラスチックプライマーを塗布します。

 そしてベースコートの黒を塗ります。

黒はSTANDOX原色の黒(MIX571)そのままで、これを「ウェットコート→フラッシュオフタイム=コート間の乾燥(15分くらい)」を3~4回繰り返し、1~2時間くらい掛けて行います。

 ベースコートをウェットで塗ると「ゴミが付きやすい」(埋まって表面張力で突起になる)、下地を侵して「チヂレを起こしやすい」、「いつまで経っても乾かない」というデメリット(実はそうでは無いのですが)がありますが、ドライコートで塗ってここで肌を荒らしてしまうと、その上に塗るクリアーをいくら艶々にしても硬化後に艶が消えて(引けて)しまい、とても残念な仕上がりになるので、ウェットコートが基本となります。

またドライコートを重ねると密着性が悪くなり、塗膜自体の強度も落ちてしまうのでNGです。

 ベースコートをしっかり乾燥させたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

冬場はクリアーの粘度が高くなって塗りにくいので、塗装前にはあらかじめ温めてから塗るようにしています。

車の補修塗装と違って小物塗装の場合は「新車肌の再現」は必要ないので、とにかくレベリングが良くなるようシンナーの揮発速度を遅くし、ガン距離も近めにしてテロンとなる肌に仕上げています(ただし「デロデロ」とは違います)。

この後は一晩自然乾燥させて塗膜中の溶剤をゆっくり揮発させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。もう少々お待ちくださいませ!

ホンダインサイト 内装パーツ サフェ入れ

先日お預かりしておりましたホンダインサイトのウィンドウスイッチパネル4点です。

 表面はザラザラとした梨地なので、まずはダブルアクションサンダー#120~#180で研磨します。

 その後入り組んだ箇所を#240で空研ぎし、フチを#320で足付け処理をします。

 さらに全体を足付け処理用研磨副資材(アシレックススカイ)で研磨し、脱脂清掃したら爪の部分をマスキングして台にセットします。

 さらに脱脂清掃し、エアーブローで埃を飛ばします。

 足付けがし難い谷ラインの部分を重点的にガスプライマーを塗布します。

ガスプライマーについてはこちらのマツダフューエルキャップ塗装の記事で紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

 プラスチックプライマーを塗布し、続けてサーフェサーを塗布します。

梨地の目はそんなに粗くなかったのですが、ペーパーを当ててみるとヒケで凹んだ部分などがあったので、サフェは多めにウェットで6コート塗っています。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

尚、今回はSUZUKI GSX-R750も一緒にサフェを塗っています。そちらも後ほど改めて紹介いたします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

パブリカステアリング塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたトヨタパブリカのステアリングとホーンボタン(プレート)の塗装、本日完成となります。

最初の状態の画像も紹介しますね。元の状態は大分違っていたので、画像は多めの紹介となります。

ぱっと見は大した事無さそうですが、ステアリング全面にひび割れが生じていました。

 ステアリング内部には鉄製のフレームが入っているので使用自体は問題無いようですが、

 底まで達している亀裂と、樹脂の表面全体に細かいひび割れが発生しています。

色も黄色く変色していて、爪で擦ると粉が出るような状態でした。

 最初の画像に比べて随分と色が違ってみえますが、表面を削って劣化していない内部の色を基に調色作業を行っていますので、むしろ新車時の色に近く出来ているかと思います。

 単に亀裂に接着剤を塗っただけではいずれ再発してしまうので、

 割れていた箇所はV字型に大きく切開し、

強度の高いエポキシ系接着剤を使い、芯の部分と樹脂をガッチリ固めています。

またその後もエポキシ系接着剤を多用し、観賞用では無く実用を想定して補修をしています。

プライマーサーフェサーにもエポキシ系を使い、さらにガラスパウダーを入れて強度を高めています。

 この部分は補修途中に直した箇所の隣にヒビ割れが生じ、二度直しました(ショックだったのと、他にも亀裂が出るのではないかと少し時間を空けました)。

ネジ穴周りは特に劣化が激しかったので、

その辺りの樹脂は切り取ってしまい、

元のように穴を開けたABS樹脂の板をカットし、エポキシで固めています。

 言われも分からない仕上りに出来ているかと思います。

 途中行った何度かの熱入れで、切り貼りしたプレートの跡が出るかと思っていましたが、直した本人でも分からないくらい何も残っていませんでした(ただし今後熱による膨張と伸縮で跡は出るかも知れません)。

一番嫌なプレスライン付近も良い具合に割れが生じていまして、

こういうヒビは接着剤を流し込むだけで済ませたいのは山々ですが、それらの周りは割れ予備軍にもなっているので、そういった箇所は大きめに削り落として芯となるフレームと共にエポキシで固めています。

 この部分は単なる円柱に見えますが、実際は逆アールに反っていて難しいラインでした。さらにそれに連続するプレスライン部が自然な感じに見えるよう、そこは何度も修正しています。

 また今回はステアリングと同色で、色見本キーホルダーの制作も承りました(別途有料にて承っています)。

裏側にはシルバーでデカールも入れています。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

パブリカステアリング ホーンプレート 本塗り⑯

 先日ステアリングの本塗りを終えているトヨタパブリカのステアリングホーンボタン(プレート)です。サフェの塗布は二回目で、#320→#400の空研ぎでラインを出した後、

水研ぎの#600→#800で細かいラインを整えます。エンブレム周りの溝は#1500の耐水ペーパーを折ってその角で削りました。最後に当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均しています。

全体を良く脱脂清掃し、マスキングを貼りなおして本塗り準備完了です。

エンブレム部のマスキングは、サイズの違う3種類を重ねて貼っています。一番小さいサイズはエンブレムピッタリで、そこから少しずつサイズを大きくしています。

ベースコートを塗る度にエンブレム部のマスキングを剥がしていきます。

最後は全部剥がしてしまい、エンブレム周りを確認します。

最初にわざわざ版(データ)から作ったのは、こういった使い方や、途中で何度もマスキングをするのが判っていたからで、これを毎回カッターで切っていたら時間の無駄ですし、エンブレム(またはサフェ)を傷つけるリスクしかありません。

マスキングは同じように三枚重ねにしました。

クリアーは2コートに分けて塗っているので、同じように1コート塗る毎に一枚ずつ剥がし、塗り終わって問題が無ければ最後の三枚目も剥がして本塗り完了です。

尚、ベースコートは最初に調色をして作っておいた色となります。

クリアーはステアリングの時と同様、クリスタルクリアーに5%程MIX008を入れて質感を落とすようにしています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタパブリカ ステアリング 本塗り⑮

 先日サフェ研ぎを終わらせていたトヨタパブリカ700の純正ステアリングです。後で聞いた話ですが、世界に3個(3台)しかないうちの一つみたいです(間違っていたらすいません)。

 台はいつものように回転出来るようにしておきました。

 後から修正した箇所も良い具合になったと思います。

 ネジ穴には頭が邪魔にならないようイモネジを挿しておきました。

 まずはベースコートを塗布します。

 色は予め調色をして作っていて、ただ途中で塗料が足りなくなると困りますから、最初の2コートは似たような白を下色として塗っています。具体的にはVW社のクールホワイトです。

また部分的に塗膜が厚くなっても大丈夫なよう、硬化剤も10%くらい入れてあります(スプレーし難い形の物は、気付かないうちに塗り重なってしまう恐れがあります)。ベースコートの塗り過ぎは無用なトラブルを招きます。

ほぼ作り直しとなったラインは、しっかりと線を出しつつ、ビニール被膜のような柔らかさも表現出来たと思います(この辺りも何度も修正しました)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーには事前にテストした時と同様、輝きを鈍くする為にフリップコントロール(MIX008:メタリックアディティブ)のベースコートを5%添加しています。

ちなみに2コートソリッドでの白の場合は、ベースコートをそのまま5%添加したりもします(この場合は輝きを鈍くするというよりクリアーによって生じる黒味を抑えて隣接パネルと色を合わせる為)。白系以外の赤や黒ではそこまでクリアーの色味が分からないのでする必要はありません。

 予想していた50倍くらい時間を掛けてしまったので、辛かった日々が走馬燈のように頭に浮かびます(まだ終わっていませんが、塗り終わった時に涙が出そうでした)。

 現時点で最後の割れを修正してからは数か月が経っていて、またその後何度も熱を入れているので、今後は(何もしなければ)割れは発生しないのでは、と考えています。

 ただし根本的なところは(元々あったビニール皮膜は)残したままなので、今後車体に取り付け、同じように使っていたら再び割れが生じる可能性はあります。もしも今の状態を維持するなら、一旦これで型を取って既存の皮膜を全て除去し、残った金属のフレームを型に入れて樹脂を充填する、みたいなやり方が必要かと思います。

と思って検索してみたら居ました(笑)

私的な見解としては、樹脂とくっつく所はメッキのままでは無く、サンドブラストを掛けてしっかり足付け処理をしておけば、同じようにひび割れはし難いのでは無いかと思っています。

他には↓

 

↑こちらはアルテコのような物を使った簡易的な仕様ですね。再発は免れないと思いますが、これなら簡単なのでDIYでも可能かと思います。もしくはまだオーナーがついていない中古車の場合などでしょうか(板金塗装屋さんなら意味が判るかと)。

 凸凹はオリジナルの形状をそのまま残すようにしています。

 この部分はクリアーも垂れないよう非常に注意しました(これだけが原因では無いのですが、現在逆流性食道炎で体調が最悪です)。

残るは茶色のホーンプレートで、そちらも進行次第改めて紹介したいと思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ!