ホンダストリームインパネ塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダストリームのインパネについていた部品です。全体に埃が付いていたので水洗いをしてよく乾かしておきました。

それぞれを元の通りに組み付けていきます。

一応分解前の画像を沢山撮影しておきましたが、使われているネジは二種類だけなので特に迷う事も無く組付けが出来ました。

ビビリ音防止の為についていたフエルトテープは塗装前に剥がしていたので、そちらも元の通りに貼り付けておきます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って素地を平滑にし、

スバル純正色のWRXブルー(カラーコード:K7X)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ボケットの塗装は一回目は上手くいかず、2回目で仕上げています。

ポケットは一体成型で外せず、それでいて奥が深い構造で、塗れていたと思っていた箇所の肌が余り良く無かったので、2回目はそれを意識してしっかり塗り込んでいます。

触って頂くとサラサラスベスベシットリとした艶消しクリアーの質感を感じて頂けるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました!

マセラティリモコンキー塗装 完成

先日行っていた二度目のエンブレム塗装が終わり、その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

ボタン等の付属品はアルコールと柔らかいブラシで洗浄し、

それぞれを組み付けて完成です。大変お待たせしました!

色はマセラティ純正色の「ボルドーポンテヴェッキオ」(カラーコード:226125)となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

いつもならカバーパネルのつなぎ目に一段溝が出来るのですが、今回はこの辺りにも深い傷が多くあったので研磨して均しておきました。

通常はエンブレムの塗装は行わないのですが(素地がメッキなので部分的な塗装が出来ません)、今回は既存の青い被膜が全て綺麗に剥がれてしまっていたという事もあり、テスト的にこちらの塗装を行ってみました。

純正であって純正っぽく無い仕上がり(エンブレムが青い以外の色!)というのが面白いと思います。

ちなみに今回のエンブレムですが、塗装する前にシリコーンで型を取り、ピューターを使って鋳造を試みてみたりしていました。ただやはりというか細かい部分の再現が出来なく没となりました。いずれ機会があれば社外記の方で紹介しようと思います(ウレタンレジンだと上手くいきました)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダストリームインパネ ポケット本塗り

先日スバル純正色のWRXブルー(カラーコード:K7X)に塗装しておいたホンダストリームの純正内装パネルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、最後にポケットの部分を艶消し黒で塗装します。

普通にマスキングテープを使って(美しく)貼るのは物理的に難しいので、まずは幅の広いマスキングテープで覆うように貼り、ボールペンで輪郭を描きます。

それを剥がしてスキャナーでPCに読み込み、

イラストデータを作るソフト(Illustrator)を使ってデータを作成します。貼りながら修正が出来るよう細いライン(1mm幅)にしておきます。

それをカッティングプロッターでカットします。

「だったら最初からカッターで切ってしまえばよくない?」と思うかも知れませんが、元々やっていた自動車補修塗装=事故等で破損した車を直す為の塗装では、被塗面にカッターの刃を当てるという事は絶対にやってはいけない事の一つだった為、今もそれの癖が残っている感じです。その辺がカスタム塗装と違うところですかね(カスタム塗装が悪いという訳では無く、実用を想定していない飾り物の塗装であればそれは構わないかと思っています)。

足付け処理後、形状に合わせてカットしたマスキングシートを使ってマスキングします。よく脱脂清掃したら本塗り開始です。

まずはベースコートの黒を塗布します。

続けて艶消しクリアーを塗布します。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させたら通常であれば完成だったのですが、

一部上手くいかなかったので(具体的にはクリアーが塗り足りず肌がザラザラしていた為)、再び足付け処理&マスキングをやり直して塗り直しました。スプレー塗装はエアーの流れによって塗料を被塗面に塗着させますが、今回のように奥が行き止まりで空気が通らないと綺麗に塗り難いのです。良かれと思って一回目ではエアー圧が特に少ない低圧ガン(デビルビスDEMI20.8mm)を使ったのですが、クリアーでは殆ど使わないガンだったので塗り難い箇所がしっかり塗れておらず、改めていつものガン(IWATA低圧ガン)で塗り直した次第です。青を塗ってから時間が掛かったのはこの為ですね。

この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させたら、取り外した部品を取り付けておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

マセラティエンブレム 本塗り(2回目)

先日リモコンキーカバー本体と一緒に塗っておいた付属のエンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。素地がザラザラだったので艶が引けているのが判るかと思います。

ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシを使って足付け処理を行います。

よく脱脂清掃し、芯棒に固定したら本塗り開始です。

今回は他にも2回目のクリアー塗装が必要だった物(LINE6ワイヤレスマイク)があったので、そちらと一緒に行っています。

クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

今回は下地が出来ているので艶引けも少なく艶のある仕上がりになるかと思います。

それでは完成次第改めて紹介します。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ488リモコンキーカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたフェラーリ488の純正リモコンキーです。予め外しておいたFERRARIのメッキエンブレムを嵌め込み、

削ったカシメの部分にエポキシ接着剤を点付けして固定します。脱落しないよう、表側にも回り込むよう多めに塗っておきます。

その後同じようにして本体のプラスチックパーツを取り付けます。タップリ接着剤を着ければ外れたりする心配は無いのですが、万が一再び分解したくなった場合(傷が付いて塗り直したくなった場合等)、今回と同じ様に分解が出来るような方法で組付けています。

その後一日寝かして硬化したら完成となります。お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々は赤く塗られていたカバーパネルを、

濃紺のフェラーリ純正色「BLU POZZI」(カラーコード:520)に塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

画像だと黒に見えますが、実物はより紺に見えますので、その違いは比較的容易に判るかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!