NDロードスター内装パーツ塗装承ってます

先日到着しておりましたマツダNDロードスターの純正内装パーツです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容としてはこちらをマツダ純正色の「ジルコンサンドメタリック」(カラーコード:48T)への塗装で、

ただし素地の表面は凸凹としたシボ模様になっていますから、上塗りの前には「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理も行います。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

尚、以前同型の製品の塗装を行っていますので、参考までにその時の画像を紹介します。

この時は艶あり黒の塗装で承りました。

また今回は色見本キーホルダーの制作も承っています。そちらも紹介しますね。

この様な感じで、通常色見本として使っている物をキーホルダー化した物を作成します(塗装のご依頼を頂いた方のみ対象となりますのでご了承くださいませ)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

マツダリモコンキーカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたマツダの純正リモコンキーカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこのように白系で塗装が施されていた新品部品に、

マツダ純正色「レーシングオレンジ」(カラーコード:A8X)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

そしてこちらは今回一緒にご依頼頂いた色見本キーホルダーです。

同じくマツダ純正色「レーシングオレンジ」(カラーコード:A8X)で、

裏側にはオーナー様ご指定のロゴをデカールで入れました。文字色は黒となります。

ちなみにこの色見本は、元々壁に飾る色見本のうちの立体的に色を見る為だった物を、

裏側の部分も形を整えて複製し、

さらに数が必要となったので遠心注型機を作成して、

キーホルダーとして持ち運べるようにしました。

さらに裏側に色名等の情報を記載した文字入れ(デカール)をして販売用商品にしたりもしましたが、仕事でこれを行うと一個5万円くらいと現実的では無いコストになってしまったので、塗装のご依頼を頂いた方向けのサービスとして制作するようにしました。ちなみに塗装費よりもロゴ入れの方が高額になる事が殆どです(一緒に単に塗るだけと、これ専用にロゴ入れ作業を行うのとでは時間が数倍になってしまう為です)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリリモコンキー 下準備

先日お預かりしておりましたフェラーリカリフォルニアTのリモコンキーです。

まずは窪みに嵌った跳ね馬のエンブレムを取り外しますが、表から取ろうとすると傷を着けたり、下手をすると細い尻尾や足の部分を折ってしまう恐れがある為、

この場合裏側からドリルで穴を開け、

そこからポンチで跳ね馬を押し出すようにして外します。金属製の跳ね馬に何かあると取り返しがつきませんが、穴なら後で塞げば大丈夫なので問題ありません。

今回塗るのはこちらの裏表のカバーパネルで、

傷を着けたくない箇所にマスキングテープを貼ってさらにその上にガムテープを重ね、

#180のダブルアクションサンダーと#240の手研ぎで旧塗膜を剥離します。

リング取り付け部の内側もしっかり除去しておきます。

その後ボタンと跳ね馬が付く窪み部分と裏側を、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(液状研磨剤)を使って足付け処理します。

この後はサーフェサーを塗りますが、跳ね馬部分にはサフェを入れたくないので、熱可塑性の樹脂粘土(ポリエチレン樹脂)を熱湯で柔らかくし、

さらにカバーパネルも一緒にお湯で温めて熱可塑性樹脂を跳ね馬の窪みに埋め込みます。

しっかり余分を除去したら、

詰めた樹脂を一旦外します。マスキング用の型ですね。

 その後よく脱脂清掃し、芯棒に固定して台にセットします。

ボタン部分もフチにサフェが入らないよう、マスキングテープを棒状に丸めた物を挟み込むようにします。車体を塗る場合は専用の物があるのですが、このサイズだとさすがに無いのでこれで代用しています。

樹脂粘土で作った型はしっかりはめ込まず、少し浮かした状態にしておきます。そうじゃないとサフェがガッツリくっ付いてフチが汚くなってしまうからですね。

その後プラスチックプライマーを塗り、サーフェサーを4コート程塗ります。

1コート毎に10分くらいの乾燥時間(フラッシュオフタイム)を設けているので、サフェ一つでも結構な時間が掛かります。近年の自動車補修ではUV硬化型のパテやサフェが使われているみたいなので、うちも機会があれば移行したいですね(ただ一時期頻繁に出たスチレンフリーパテのように後から出るトラブルは困るので、そういった問題が全部改善してからで構わないと思っています)。

 最後の1コートはマスク型を外します。

バツ切りにした箇所はどうしてもフチがガタガタしているので、それを均す為に最後の1~2コートはこれらを外してサフェを塗るようにします。それらの為に先に全体の足付け処理も済ませたあります。

また最後のサフェは肌を均す為にも少量のシンナーで希釈してあります。

研磨した際の毛羽立ちが残っていますが、これが木の根っこのようにしっかりサフェと素材(恐らくはポリプロピレン)を密着してくれる役目も担っています。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

マツダリモコンキーカバー 本塗り

先日お預かりしておりましたマツダのリモコンキーカバーです。

こちらは新品塗装済み品なので下地は出来ていますから、全体を#800→#1300の布状研磨副資材で研磨し、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。

手で持って塗れるようワニクリップで芯棒に固定し、台にセットします。

よく脱脂清掃したら念のため裏側樹脂素地が露出した箇所にプラスチックプライマーを塗っておきます。

尚、今回は色見本キーホルダーの制作も承っていますので、サーフェサーを塗って研磨したこちらの素体も一緒に塗装します。

まずは隠蔽力の高い塗色で下塗りを行います。

下色に使う塗料は、決まった物もあれば、余って使い道の無い物をそれぞれ混ぜて適当に作っている場合があります。

今回ご指定頂いているのはマツダ純正色「レーシングオレンジ」(カラーコード:A8X)で、こちらは下色を塗ったそれに、半分だけレーシングオレンジを塗った状態です。

下色に2コート、レーシングオレンジを3コート程塗っています。

コート毎に5分~10分くらいの乾燥時間=フラッシュオフタイムを設けています。

よく乾燥させたらトップコート=クリアーを塗ります。が、今回はこちらにロゴ入れも承っていますので、

場所を工場二階に移し、デカール貼り付けの作業を行います。

比較的大きいサイズ、例えばブレンボキャリパーにbremboのロゴを入れる場合はマスキングシートを使って塗装で行いますが、今回のようにサイズが小さく線が細い場合でそれを行うのは物理的に難しいので、印刷を使ったデカールでの対応となります。デカールの作成についてはこちらの記事で紹介していますので宜しければご参照くださいませ。尚、多めに印刷しているのはその中から一番仕上がりの良い物を選んで使う為です。

専用の接着剤(マークセッター)を使い所定の位置に貼り付けたらしっかり乾燥させます。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

色の構成としては、鮮やかなイエローと黄土っぽいイエロー、白と鮮やかな赤の原色が使われています。実はオレンジ系の原色=MIX579、MIX815,MIX577は使われていません。

これは私的な見解なのですが、オレンジを表現するのにオレンジ色の原色を使うと濁りが生じ、また単調なフリップフロップ性(見る角度によって違う色に見える性質)になってしまうので、彩度の高い有機顔料系=鮮やかなイエロー(MIX575)や鮮やかな赤(MIX561)を組み合わせる事で面白味のある色(抽象的な言葉で言うと「奥行きのある色」)にしているのだと思います。

尚、ウェブショップでも紹介していますが、色見本キーホルダーは塗装のご依頼を頂いた方のみの対象となっております。ご了承くださいませ。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

F430 フェラーリリモコンキー塗装承ってます

先日到着しておりましたF430 フェラーリ純正リモコンキーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容としては裏表の赤いカバーパネルの補修塗装で、

既存の傷を「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理で補修後、上塗りにフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)を、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

また鍵本体の黒い部分には元々ラバーコートのような被膜が施されていますが、こちらも殆ど無くなってしまっているような状態ですので、こちらは「艶消し黒」への塗装で承っています。

また今回はタッチアップ用塗料も承りました。こちら単体での販売は行っておりませんが、塗装のご依頼を頂いた場合には対応できますのでご希望の場合はご依頼時にご指定くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!