シビックエアコンパネル 本塗り

先日お預かりしておりましたシビックのエアコンパネルです。

元々は艶消し黒が塗られていて、これに全面#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理後、よく脱脂清掃し、台にセットして本塗り開始です。

(ちょっと色々あって途中の状態を撮影し忘れてしまいました)。

画像は既にベースコートの黒が塗られていて、撮影するのも忘れて焦って作業を行ったのは、少々気になった事があったからです。

元々塗られていた艶消しの黒ですが、艶が無いだけに判らなかったのですが、どうやら素地が荒れた状態で塗られていたようです。

こうなると研磨するより二度塗りを行った方が早く、なので今回は本塗りでは無く「下塗り」として作業を進める事にしました。

本来なら他のご依頼品(同色の艶あり黒)と一緒に本塗りを行う予定でしたが、今回はこれを下塗りとし、一旦クリアーまで塗って熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 完全硬化後の状態です。艶が引けてしまっているのが判るかと思います。

これを磨き処理で艶々にする事も可能ですが、それよりも再び足付け処理をして塗り直した早いので、次のターンで他のご依頼品(同色艶あり黒)と一緒に塗る事にしました。

またこちらの小さいパーツも艶消し黒の状態だと判らなかったのですが、成型時の歪(ヒケ)によって、裏側の柱の段差が表面にも出てしまっています。

なのでこちらも一旦は下塗りとし、この後砥石で研いでこの凸凹を平滑にしてから塗り直しています。

そしてこちらが後日本塗りを行った状態です。お待たせしました!

段差が激しすぎた場合にはサーフェサーじゃないと平滑に出来ませんが、今回はそこまででは無かったのでクリアーの二度塗りで対応出来ています。

 格子状の凸凹も判らなく仕上がったかと思います。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は通常通り一晩自然乾燥させ、後日他に被塗物と一緒に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリ430リモコンキー サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたフェラーリ430純正のリモコンキーです。スクーデリアライン入れで承っている案件ですね。

 この型の塗装は密着性が悪いので、穴の内側までしっかり削って塗膜を除去しておきます。

 #120→#180→#240で全体を研磨し、溝の部分は#320相当の布状研磨副資材(アシレックススカイ)で足付け処理を行っておきます。

 エンブレムとボタンが嵌る部分にはサフェが厚くならないようマスキングテープを丸めた物を詰めておきます。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

 サフェを4~5コート塗ったら溝に貼ったマスキングテープの詰め物を外し、最後に1コート塗って完了です。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。寝かしておくのは問題無いので、大抵の場合は何かしら本塗りが終わった物と一緒に熱を入れるようにしています。

それではまた作業が進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサスイッチパネル&FRPエアロパーツ サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたスバルインプレッサ純正のステアリングスイッチパネルと、リヤバンパーに装着される社外品FRP製スポイラーです。さらに後日もう一個スイッチパネルをお預かりしましたが、そちらは新品なのでサフェは塗らないでそのまま本塗りを行います。

 全体に傷が多いので#120のダブルアクションサンダーでガッツリ削っておきます。

 その後#180~#240で均しておきます。フチもしっかり研磨足付け処理をしておきます。

 ステアリングスイッチも全体に小傷があるので#240で研磨し、#320相当の布状研磨副資材(アシレックススカイ)で足付け処理を行っておきます。

 さらに研磨し難い細かい箇所は、液状タイプのウォッシュコンパウンドとナイロンブラシで足付け処理を行っておきます。

 その後良く脱し清掃し、台にセットします。

 台にセットした際には被塗面に触れてしまっているので、再び脱脂清掃しておきます。素地が露出した箇所にはプラスチックプライマーを塗布しておきます。

 そしてサーフェサーを塗布します。

 1コート毎に10分くらいのフラッシュオフタイム(乾燥時間)を設けるので、サフェ塗りは一時間くらい掛けて行います。ちなみにこれを行わないでどんどん塗り重ねていくと、塗膜の中に溶剤が籠ってしまい、酷い場合は塗膜が浮いて膨れ上がってしまいます(当然やり直しで、またここで発見できなかったブリスター予備軍が本塗り後に発生すると発狂する事になります)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それではまた作業が進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリカルフォルニアリモコンキー塗装承ってます

 先日到着しておりましたフェラーリカリフォルニアの純正リモコンキーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状は赤の上に黒い塗装が施されていて、

表側は堆朱のような塗装が施されています。

 これらは一旦削り落し、「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行う予定です。色はフェラーリ純正色の「ロッソコルサ」(カラーコード:300)で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

 また鍵本体の黒い部分も「艶消し黒」でご依頼を頂いております。

さらにはキーリング取り付け部の保護の為、ステンレスリングの制作・取り付けも承っております。

こちらは以前の施工例がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

 キーリングを取り付けるとどうしても穴の周りの塗装が剥がれてしまいますが、それを防止する為にステンレスパイプをフレアー加工し、穴の部分にエポキシ接着剤で固定をしています。

傷つき防止ステンレスリングの作成については以下のリンク先の記事で紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

フェラーリキー用ステンレスパイプ フレアー加工

既に分解も完了しておりまして、タイミングが来ましたら作業着手させて頂きます(ただまだ先になるかも知れません。お待たせして申し訳御座いません・・・!)。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダストリーム内装パーツ19点塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダストリーム用の内装カバーパーツ19点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

 純正部品に両面テープで貼り付けるタイプのパーツの社外品で、元々は艶ありの黒が塗装された新品状態でした。

ただ塗られていた肌が芳しく無く、今回はこれらを研いで下地を均してから上塗りを行っています。

 色はスバル純正色「WRブルーマイカ」(カラーナンバー 02C )をご指定頂きました。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 元々塗られていた物と比べると肌が平滑になり、背景がしっかり映り込んでいるのが判ると思います。

 最初はこういった肌だった塗装を、

 当て板を使って平滑に均し、塗り肌が残らないような塗り方(レベリング重視)に仕上げています。

 全部を一度には置けなかったので、二回に分けて撮影しています。

 手前の部品は恐らくグローブボックスの蓋部分で、

元々はこのような感じでしたが、

艶々になりました。最初にあった磨きのバフ目も見えなく、美しく仕上がっているかと思います。

 こちらの部品も元々の状態は余り良く無く、

艶はあるのですがデロデロとした気持ちが悪い肌でしたが、

 しっかり素地調整を行ってから塗っているので、塗装の事に詳しく無い方が見ても良い雰囲気なのが感じられるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!