ホンダフリードピラーカバー サフェ入れ

先日お預りしておりましたホンダフリードの純正ピラーカバーです。

裏側のクッションテープ(エプトシーラー)は新しい物を用意しておきましたが、なんと簡単に剥がれてくれたのでそのまま再利用可能です。まず最初にこれを確認しておくべきでした・・・。

表面は細かい梨地のザラザラがあるので、まずは#180のダブルアクションサンダーで研磨します。

その後角やフチなどを#240の手掛けで研磨します。ABS樹脂なので切削性が良く、体が黒い粉だらけになります。

斜体に装着すれば裏側は見えませんが、ザラザラになってエプトシーラーがちゃんとくっ付かなくなるのが嫌なのいでマスキングをしておきました。またサフェた飛ぶフチの部分までは#320でしっかり足付け処理をしておきます。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

続けてサフェーサーを塗布します。ウェットコートで塗り込み、コート間のフラッシュオフタイムをしっかり設けながら5コート程塗りました。

この後は自然乾燥させ、後日他のご依頼品と一緒に60℃40分程の熱を掛けておきます。

先日同じくサフェーサーを塗っておいたメッキパーツにも艶あり黒の塗装があるので、この後は平行して作業を行う予定です。

作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサG4テールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサG4の純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々はクリアーカバーレンズを被せたタイプのテールランプでしたが、

 バックランプとウィンカーの部分をクリアー抜きとし、テールレンズ全体に透過性の赤=レッドキャンディーを塗装しました。

 さらにその上に薄くスモークが塗られ、渋い赤になっています。

 クリアーレンズも落ち着いた感じになっています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で、各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(最近は加工・編集が当たり前になっているのでわざわざこう記載しています)。

 立てた状態でも撮影しました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

メルセデスベンツテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたメルセデスベンツAクラス(W169)純正テールランプのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は紅白おめでたい感じのテールランプでしたが、

 オーナー様にご用意頂いた画像を基にスモークを塗装しました。

 リヤ周りに着く部品なのに何故か今回のテールランプには飛び石傷が多く、それらはクリアーの筆指し&ポリッシュで埋めておきました。探しても見つからないと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 テールランプは大抵が【標準コース】以上になる為、フルポリッシュを行っています。

 筆指した個所やゴミがついた部分は#1500→#2000→#3000相当のペーパーを当てていて、三種類のコンパウンドと三種類のバフを使って磨き処理をしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

ウッドステアリング塗装 完成

 こちらもお待たせしました!先日本塗りを終えていたトラック用の大径ウッドステアリングの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は黄土色っぽい色だったステアリングですが、

これをシフトノブの上面の色味に近づけるようご依頼を頂きました。

 スモークだけではその色味が出なかったので、

 キャンディーカラーのオレンジも混ぜて塗装しています。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 塗装面積は少ないのですが、この形状で透過性の塗装となると結構面倒ですので、同じ透過性塗装でも一般的なテールランプより単価は高くなります。

テールランプと同様、塗り肌を極力残さないような塗り方にしています。

裏側です。

 最初の画像だとシフトノブが明るく見えたので、一応並べて撮影もしておきました。

木目自体が違うので(明暗の面積比が違う為)、全く同じと言う訳にはいきませんが、同じような風合いになっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

エクシーガテールランプ オレンジ&スモーク塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルエクシーガの純正テールランプ一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はウィンカーレンズが透明でしたが、

 今回はそこを透過性の橙=オレンジのキャンディーカラーに塗装し、

 全体に薄くスモークを掛けました。

 このエクシーガのテールランプは元々赤が濃い色味でしたが、さらに今回のスモーク塗装でコントラストが効いて深味のある赤になったと思います。

 クリアーレンズも若干のスモークで落ち着いた感じになっていると思います。

 オレンジ部にも同じようにスモークが掛かっています。

 元の状態を知らなければ後からオレンジに塗ったとは判らないかと思います。

 立てた状態でも撮影をしました。この状態だと光が当たらなくので黒く見えがちですが、

 実際にはこのように程よいスモーク具合ですのでご安心下さいませ。各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!