インプレッサフォググリル塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルインプレッサ(GR前期)の純正フォググリル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

  今回はシルバーの艶ありに塗装されていた部分を、

艶消し黒に塗装しました。

周りの部分は塗装せず、樹脂素地の黒のままとなります。

 黒はベースコート+艶消しクリアーの2コート仕上げとなります。

と、ここで付属品を外していた事を思い出し、

また上下が逆さまだった事に気づき、改めて撮影をし直しました。

シビックエアコンパネル 本塗り

先日お預かりしておりましたシビックのエアコンパネルです。

元々は艶消し黒が塗られていて、これに全面#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理後、よく脱脂清掃し、台にセットして本塗り開始です。

(ちょっと色々あって途中の状態を撮影し忘れてしまいました)。

画像は既にベースコートの黒が塗られていて、撮影するのも忘れて焦って作業を行ったのは、少々気になった事があったからです。

元々塗られていた艶消しの黒ですが、艶が無いだけに判らなかったのですが、どうやら素地が荒れた状態で塗られていたようです。

こうなると研磨するより二度塗りを行った方が早く、なので今回は本塗りでは無く「下塗り」として作業を進める事にしました。

本来なら他のご依頼品(同色の艶あり黒)と一緒に本塗りを行う予定でしたが、今回はこれを下塗りとし、一旦クリアーまで塗って熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 完全硬化後の状態です。艶が引けてしまっているのが判るかと思います。

これを磨き処理で艶々にする事も可能ですが、それよりも再び足付け処理をして塗り直した早いので、次のターンで他のご依頼品(同色艶あり黒)と一緒に塗る事にしました。

またこちらの小さいパーツも艶消し黒の状態だと判らなかったのですが、成型時の歪(ヒケ)によって、裏側の柱の段差が表面にも出てしまっています。

なのでこちらも一旦は下塗りとし、この後砥石で研いでこの凸凹を平滑にしてから塗り直しています。

そしてこちらが後日本塗りを行った状態です。お待たせしました!

段差が激しすぎた場合にはサーフェサーじゃないと平滑に出来ませんが、今回はそこまででは無かったのでクリアーの二度塗りで対応出来ています。

 格子状の凸凹も判らなく仕上がったかと思います。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は通常通り一晩自然乾燥させ、後日他に被塗物と一緒に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルWRX STIテールランプ塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルWRX STI純正テールランプです。紹介が遅れまして大変失礼しました。またこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はいつもの通り鮮やかな赤いテールランプですが、今回はこちらをスモーク塗装ベタ塗りに、

濃度については当ウェブサイトで紹介しておりますこちらのBMWテールランプよりも「少し濃い目で」と承りました。またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

GMCホイールカバー 本塗り

 先日下塗りを終えていたGMCのホイールキャップ(複製品)です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

全体を#1500の耐水ペーパーで水研ぎし、フチや溝は当たりの柔らかい#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)を使い、凹み文字部はナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。とにかく下地を出さないようにですね。

 その後よく脱脂清掃し、いよいよ最終段階です。

凹み文字部の周り以外をマスキングします。

ブツ切りのマスキングにすると段差が出来てしまうので、フチのマスキングテープは少し織り込んでヒラヒラとするようにしています。

そして赤のベースコートを塗ります。色は前回と同様、フェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300) となります。

その後余分をシンナーでふき取ったりペーパーで研磨してしっかり除去します。凹み文字の外側「山」のラインより内側だけに赤が残るようになります。

念のためベースクリアー(色の入っていないベースコート)を塗り、問題無い事を確認したら、

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

フチの溝に入れる丸ゴムも届いていますので、ある程度寝かしたらそれを貼り付けて完成となります。いよいよですね。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

三菱GTO FRP製アイライン 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいた三菱GTO用の社外品FRP製のアイラインです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、断面にあった巣穴をラッカーパテで拾い、そしてガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 最初はダブルアクションサンダー#320→#400で粗研ぎを行います。サフェで出来た肌(凸凹)をある程度の平滑に削っておくような作業ですね。

 その後は当て板を使って#600でライン出し、#800→#1000スポンジパッドでペーパー目消し、フチを#800手研ぎでライン出し、最後に#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。ここは全て水研ぎです。埃っぽくなるのが嫌なのとコストを抑える為ですね。

 この後はよく洗浄して本塗り当日まで保管しておきます。

 タイミングが来たら台にセット出来るようにし、最終脱脂を行っていざ本塗り開始です。

 冬場は乾燥しているので静電気が多くゴミが付き易いのですが、夏場は湿度があるので逆にゴミはつき難いのが特徴です。

 色は三菱純正色の「マリアナブルー」(カラーコード:B34)で、ブルー・グリーン・イエロー3種類のパールが使われています。

 ベースコートをしっかりウェットに塗り込むと、溶剤が抜けて乾燥した時に綺麗な艶消しに仕上がります。ここで肌を凸凹にしてしまうと(ドライコートをしてしまうと)この後に塗るクリアーをいくら綺麗に塗っても硬化後に艶が引けた仕上がりになってしまいます(新車肌の再現と言う点ではそれで良いのですが、磨き作業をするとなるとそれも消えてしまう=艶が出てしまうのでどちらも完璧にとはいきませんよね)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。極力塗り肌を残さない仕上がりにしました(鏡面と言う訳では無く、単にエアー圧を落としてガン距離を近くし、ハードナーとシンナーを遅めのタイプにしているだけです)。

FRP部品にありがちな断面の巣穴も綺麗に埋められているかと思います(虱潰しにしました)。この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさえて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!