RB26→RB27タイミングベルトカバー 下準備

先日「7」の凸文字を制作していたBNR34純正の樹脂製タイミングベルトカバーです。既存の塗膜(プライマー)がシリコンオフで溶けてしまうので、全体をクリアーで下塗りしておきました。

「6」を削り落として穴が開いた箇所は、裏にアルミ板を当てて構造用接着剤(3Mオフホワイト)で固定しています。

「6」の箇所を研磨して平滑にし、全体を足付け処理しました。

「6」があった箇所に「7」を置いてサイズ等の最終確認を行います。

構造用エポキシ接着剤(3Mオフホワイト)を使って「7」を貼り付けます。タイミングベルトカバー側はプラスチック素地が露出している箇所が無く、また今回作成した「7」は2液ウレタンレジンなのでプラスチックプライマーの塗装は必要がありませんから、そのまま接着しています(PP=ポリプロピレン素地が露出している場合はプラスチックプライマーの塗布は必須です)。

その後60℃15分程の熱を掛けて接着剤を半硬化させました。

いつも行っている「8」のアルミ板と違い、ウレタンレジンで複製した7は柔らかいので被塗面の形状にも馴染むと考え、接着剤の塗布は少量にしています。

なので食み出しも最小限で済んでいますから、

このまま再度熱を掛けて本硬化させます。

その後周りをマスキングし、食み出た接着時を研磨して均しておきます。

そして当て板とペーパーを使い、全ての凸文字を研磨して高さを合わせました。

よく脱脂清掃し、マスキングを行います。タイミングベルトカバー全体は下塗りのクリアーで覆われているので、再度全体に塗装を行う必要はありません。

PP素地が露出した「RB2」の部分にプラスチックプライマーを塗布します。ちなみに「7」の周りもPP素地が露出しているように見えますが、こちらは下塗りクリアーで覆われているので(そしてその下には既にPPプライマーが塗られているので)、ここにプライマーを塗る必要はありません。

ちょっと信じられない事ですが、プロの塗装屋さんでもFRP製品(ゲルコート仕上げ)にプラスチックプライマーを塗る事が当然と思っている方も居て(昔アルバイトに行っていた会社の塗装屋兼社長)、「タカハタくん!エアロパーツは塗装が剥がれ易いからちゃんとプライマー塗って貰わないと困るよ!」と言っていましたが、その塗装屋さんが塗った物が剥がれるのは単なる脱脂不足で、被塗面に残った型から剥がす際に使う離型剤がしっかり取れていない事が原因なだけだと思います。念のためですが、ゲルコート=不飽和ポリエステル樹脂にプラスチックプライマーは必要ありません。恐らくプラスチックプライマーを塗るとその後の塗装が弾き難くなるので、それのおまじない的に塗っていたのではと(ただ商売は上手でその後会社は大きくなっていきました)。

そしてグレーの1コートソリッド=STANDOX VOC 2Kエナメルを塗布します。

通常であればサーフェサーを塗るところですが、サフェはそれ自体が凸凹とした肌になってしまいその後の研ぎが必要ですから、その作業を省けるよう肌が平滑になるトップコートをサフェ代わりに使っているといった感じです。または途中の下塗りで使ったようにクリアーを使っても良いのですが、下地(フェザーエッジ)の模様が見えない方が凸文字を確認する際のバランス感が判り易いと思い、色のついた(顔料が入った)1コートソリッドを使ったという訳です。サフェを使う程では無い梨地を艶ありにする場合の「2度塗り」と同じような感じですね。

「RB2」の部分がザラザラしていますが、こちらはPP樹脂を研磨した際に出来る毛羽立ちで、これは問題ありませんのでご安心くださいませ(むしろ樹の根っこみたいで密着性が上がると思っています)。後の研ぎで均しておきます。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、細部を研いで足付け処理を行ったら本塗り前の準備が完了です。

残るアルミパーツも作業着手しておりますので、そちらも進行次第紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルエンブレム(裏黒表青/枠艶あり黒)塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルアセント(アウトバック)用のスバル純正エンブレムです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

御依頼内容としては、中央のアクリルプレートの裏側を削ってこれを黒に、表側からは透過性の青=ブルーキャンディーで承っております。つい先日に施工した新型レヴォーグSTI Sport R EXの純正リヤエンブレムと同じ内容ですね。

メッキの枠は艶あり黒で、クリアーはいずれも高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

裏の両面テープは既に剥がされ新たな物が貼られていますが、こちらは作り直しておくようにします。

両面テープのデータは以前作成しておいた物を使います。フォレスターと共通の物ですね。

マスキングシートやカッティングシートはカットプロッターで切りますが、両面テープはそれでは切れないので、レーザー加工機を使います。

一応最初は紙でテストカットを行い、ちゃんと合っているかを確認します。

問題無ければ両面テープを切ります。

参考までに、以前施工した同型パーツの画像を紹介します。

こちらは前後セットと言う訳では無く、アセントとアウトバックそれぞれ違う車両の物となります。どちらも同じ部品で同じ仕様となります。枠は艶あり黒で、今回の御依頼と同じとなります。

こちらはフォレスターの前後エンブレムで、左側の大きい方が、今回と同じ部品となります。各車で共通にしてしてきていますね。

今回はこれらのアクリルプレートがブルー(表)&ブラック(背面)となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ホンダストリームインパネ塗装 完成

先日本塗りを終えていたホンダストリームのインパネについていた部品です。全体に埃が付いていたので水洗いをしてよく乾かしておきました。

それぞれを元の通りに組み付けていきます。

一応分解前の画像を沢山撮影しておきましたが、使われているネジは二種類だけなので特に迷う事も無く組付けが出来ました。

ビビリ音防止の為についていたフエルトテープは塗装前に剥がしていたので、そちらも元の通りに貼り付けておきます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

「研磨→プライマー塗布→サーフェサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って素地を平滑にし、

スバル純正色のWRXブルー(カラーコード:K7X)で塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

ボケットの塗装は一回目は上手くいかず、2回目で仕上げています。

ポケットは一体成型で外せず、それでいて奥が深い構造で、塗れていたと思っていた箇所の肌が余り良く無かったので、2回目はそれを意識してしっかり塗り込んでいます。

触って頂くとサラサラスベスベシットリとした艶消しクリアーの質感を感じて頂けるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有り難うございました!

ホンダS660リヤガーニッシュレンズ加工

先日内部にLEDモールを取り付けておいたホンダS660の純正リヤガーニッシュです。

防水の確認をしつつ、裏側の汚れを洗浄しておきます。

テールランプの塗装はまだ先なのですが、今回エンブレムがついていた箇所の突起を除去するので、先にこちらの加工&下塗りをしておきます。

元々ここにホンダ「H」のメッキエンブレムが着いていて、ただこちらは今後取り付ける事が無いとの事で、この位置決めの為の突起を除去するよう承っております。

イメージ的にはニッパーでカットしたくなるところですが、PMMA=アクリル樹脂は柔軟性が無く、衝撃を受けると結構簡単に割れてしまうので、

シングルサンダーである程度まで削り、

その後ダブルアクションサンダー&当て板とペーパーを使って平らに削り落とします。

そして全体に足付け処理を行います。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

このまま本塗りを行う事も出来ない事は無いのですが、今回のように突起があったり湯口だった箇所、またはABS樹脂のような射出成型品のフローマークやジェッティングはトラブルが起き易い箇所なので、まずは下塗りとして一旦クリアーで下地を整えておきます。本来であればサーフェサーを使う場面ですが、透明なそれは存在していないので、代わりにクリアーを使っているといった感じですね。

下塗りに使うクリアーは特に何でも良いのですが、こういった下塗りの場合は大抵他の御依頼品のついでに塗らせて貰っているので、今回はVOCエクストラクリアーを使用しています。レベリングがえげつないので(とても良く伸びるので)、塗り肌を残したくない小物塗装としてはとても気に入っているのですが、幾つか難点も判って来たので次は違うクリアーを試してみたいと思っています。

この後は他の御依頼品と共に熱を入れて硬化させておき、順番が来たら他のテールランプ一式と合流して作業を行います。まだもう少し先になるのでどうぞ今しばらくお待ち頂ければと思います(全くの別件ですが、同じくS660のカーボンルーフ塗装の御依頼を近々始めようと思っております)。

UAZ-452バックランプレンズ 本塗り

先日一回目のクリアー塗装=下塗りを行っておいた、GAZ社UAZ-452のバックランプレンズです。その後何度かの熱入れを行って問題が無い事を確認し、二回目のクリアー塗装=本塗りを行います。

傷があった箇所にはクリアーが筆挿ししてあるので、それを研磨して平らに均します。

よく清掃し、マスキングをし直したら台にセットして本塗り開始です。

最初の下塗りでプラスチックプライマーを塗っているので今回は必要ありません。

直接トップコート=クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのVOCエクストラクリアーを使用しています。

こちらのレンズは経年でボロボロになって割れてしまうとの事なのですが、恐らくそれの原因は紫外線による劣化なのではと思っています。通常レンズ系にはPMMA=アクリル樹脂かPC=ポリカーボネートが使われるのが一般的ですが、もしかしたらこちらの素材はエポキシ系樹脂なのでは、と思う次第です。そう考えるとこの黄ばみのある感じも納得できます(それにしても今時考えられる事ではありませんが…)。市販のカーボン製パーツは透明な樹脂(ポリエステル樹脂またはエポキシ樹脂)が使われていますが、そのままだと紫外線でボロボロになってしまうので、商品の説明書きに耐候性の高いウレタンクリアーでの塗装を推奨すると記載してあるのはそういう事ですね。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!