自作真空脱泡機 デジケーター作成(配管)①

pomp 先日紹介した真空脱泡器の制作手順を紹介しようと思います。

必要な工具は一般的なスパナやレンチと、後は穴を13ミリまで開けられる工具があれば大丈夫です。私の場合はドリルの刃(ステッピング)が12mmまで対応していなかったので、その後丸い棒ヤスリで穴を広げました。アルミなので簡単に削れますからその方法で全然大丈夫です。

pomp7デジケーターとして使うのはこちらのアルミ製寸胴鍋で、今回は内径240mm、厚さが3ミリの物を選びました。購入したのはこちらの楽天ショップで、コストは税込み¥3,690と送料が¥648、合計¥4,338です。

デジケーターとして使う容器は真空ポンプの能力によって容量が決まってくるらしく、ネットで見ると内径210mmのを選んでいる方が多いようです。ちなみにステンレス製の物は強度的に駄目との事らしく注意が必要です。

私が参考にしたのは主にこちらのサイトとなります。この場を借りてお礼申し上げます。

松枝悠希のABC

いたんぢ?

一期一会のハイジンクス

pomp4 配管については私も余り把握していなかったのですが、今回使ったのは塗装の現場でも良く使う「1/4」のサイズで全部統一する事にしました。画像だと余分な物が写っていますが、余っても今後使い道があるだろうという事で余計に買っています。

購入したのは一部を除いてほぼ全てネット通販で、利用したのは楽天・amazon・モノタロウです。それぞれ購入ページにリンクを張っておきましたので宜しければご活用下さいませ。

pomp3

 

汎用真空計・・・¥1,490(1/4サイズで、ネジ部がPT=テーパー状になっています)

 

 

pomp21

 

ボールバルブ×2・・¥769×2=¥1,538(1/4サイズです)

 

 


pomp22

チーズ・・・¥219(1/4です)

ニップル(上記チーズとボールバルブを繋ぐ両ネジ)×3・・・¥69×3=¥207(1/4です)

ナット・・・¥114×3=¥342(1/4です)


pomp20
エルボ・・・¥139(真空計を付けるのに使いました)

・寸胴鍋固定用ニップル・・・¥200くらい×2=¥400くらい(詳しくは下記で紹介します)

 

 

取り敢えずデジケーターに使った配管関係のパーツはこんな感じです。

pomp5 今回便利だったのがこちらのニップルです。ネットでは見つけられなかったので島忠ホームセンターで購入しました。品番が判ったのでこちらのサイトから購入可能と思います。これで家(または工場)から一歩も外に出ないでこれらが完成可能です(そこに意味があるかどうかは別として)。

pomp6両端のネジは同じに見えるのですが、一方はストレート=PF(平行ネジ)、もう一方はテーパー状=PTになっています。

pomp10殆どの製品がそうなのですが、「PT 」と表示されている物はこんな感じで途中でナットが止まります。シールテープを巻けば簡単にエアー漏れを止められるのでとても便利な反面、今回のように寸胴鍋に直接固定する場合にはこの隙間が出来てしまうのでNGなのです。

pomp8 それに対して逆側はストレート=「PF」のネジとなっているので、通常のボルト・ナットのように最後までピッタリ締める事が出来ます。求めていたのはこれですよ、これ。

pomp22こんな感じで配管を組み合わせ、寸胴鍋に開けた穴にチーズ(配管)を固定するのに先ほどのPFニップルを使います。

pomp19 ナットが最後まで締まるのでこのようにピッタリ&ガッシリ鍋に固定する事が出来ます。この時ネジを締める前に漏れ防止の為にシリコンシーラーを塗っておきますが、ナット自体がかなりピッタリになる為非常に少ない量で済みます。

ネットで見る自作デジケータはこの部分にタップリシーラーが盛られているので、恐らくそれらはPTネジを使ってしまい、仕方なくシーラーをタップリ盛って対応しているのでは、と思う次第です。ちなみにこれのお陰で買っておいたOリングは必要無くなりました。

pomp3こちらの真空計もネジ部がPT=テーパー状になっていますので、これも直接寸胴鍋に挿すのではなく、間に先ほどのPFのニップルを使い、さらにエルボー(画面右上にあるL型のパイプ)を使って固定します。

pomp20 寸胴部との固定部にはネジを締める前にシリコンシーラーを塗って固定後に拭き取り、その他のネジ部は全てシールテープを巻いておきます。

pomp21構造としては、右側のエアーホースが真空ポンプに繋がっていて、真空ポンプを止めた時に逆流を防ぐ為この弁(ボールバルフ)を設けています。

反対側の弁は内部の気圧を解放する時に使う物で、注型樹脂の気泡を取り除いた後に鍋の内部を常圧に戻してあげるのですが、私はやったことがありませんがいきなり開けるとどうやら大変な事になるみたいです(噴くのでしょうか)。

pomp2 Oリングも買っておきましたが、先ほど紹介したようにPTとPFを使い分ければこれは必要ありません。まああれば使い道があるので持っていて損は無いと思います。こういうの純正品で買うと信じられない金額しますからね。amazonで¥377でした。

pomp32 今回シーラーとして使ったのは自動車板金塗装屋さんにはメジャーなこちらの「カーコーク」です。無意味に性能が良いので(値段も高いので)今回のような物には全く必要なく、普通にホームセンターで¥200くらいので大丈夫です。

pomp33ただ仕事で使っているALPSのドライプリンターもそうですが、ちゃんとメーカーの説明書きでこうやって言い切ってくれるのはとても気持ちが良く、「※注1>」とか書いていない潔さが本当に大好きです。っていうかパッケージデザインが販売当時から変わっていない気が…(少なくとも私が小僧の時からこれです)。

pomp23最後に実際に真空引きをして弁を閉じ(画像では開いてますが…)、各ジョイント部に石鹸水をスプレーしてエアー漏れを確認します。と言ってもゲージが着いているので、真空状態にして数時間放置すれば漏れているかどうかは判るんですけどね。ちなみに漏れは全くありませんでした。

後は蓋に使う20mmのアクリル板と、それと鍋の間に挟むゴムパッキンについてはまた後日紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)