ブレンボブレーキキャリパー 下準備

先日よりお預かりしておりました、白く塗られたブレンボキャリパーと、

スバル用のゴールド色のブレンボキャリパーです。

それぞれオーナー様は違うのですが、一緒にいつものブレーキ屋さんにて下地処理(サンドブラスト)を行って貰い、同時に返って来たので並行して作業を行っています。

まずはスバル用のブレンボリヤキャリパーです。

 そのまま塗っても良いのですがサンドブラストでは打痕や傷などは消せない為、#120のダブルアクションサンダー&手掛けで研磨します。

 ちなみに色ですが、当初はブレーキ屋さんから「project μの空き箱」を色見本として貰える筈だったのですが、そのお知り合いがメーカー(もしくは販売店)から頂いた補修用のタッチペンがあるとの事でそちらを頂ける事になりました。おおお・・・。

 まずは容器に出してみます。ちなみにこのまま使う訳ではありません(何の塗料か分かりませんし、そもそも全然足りません)。

 先ほどのタッチアップ用塗料を基に新たにSTANDOXで色を作成しました。ソリッドカラーなら色板で見るよりもこの方が断然楽ですね(塗料はスプレーして表面が乾くと色が変わるのです)。

 ただ事前にオーナー様から頂いた参考画像と比べてみるとかなり緑寄りの色になっています。ちょっと心配するレベルです。

他の画像を見てみてもやはり黄緑が強いです。

 ただ中にはこんな感じで似た色もあります。

一応元の色に青を足し、多少画像寄りにした色と共にオーナー様に画像を送ってお伺いを立てたところ、「正規タッチアップ塗料に似せたカラーで」とご回答を頂いたのでその方向で行く事となりました。まあブレーキ屋さんも「これって製品ごとに色が全然違うよ」との事でしたし、ディスプレイの色を参考にするよりも実際の塗料の方が確実ですかね。

 そして白かったブレンボキャリパーです。かなり厚い膜厚でしたがきっちり全部剥がれて戻って来ました。

 同じく全体を#120で研磨して取れる傷は削り、目立つ部分は表面のザラザラを平滑にしておきます。

 付属していたネジについては洗浄していますが、今回こちらのキャリパーはネジも一緒に塗られていたのでそれらはこの後シンナー槽に浸け置きして剥がしておきます。

既にブレーキ屋さんの方で脱脂清掃~マスキングまで行われていますが、こちらでも作業していますので再び脱脂&マスキングをしておきます。

こちらの色に関しては当初はポルシェのスピードイエローでしたが、その後以前TOYOTA86用としてご依頼頂いたブレンボキャリパーに採用した色とロゴ色(LC9Z)に変更となりましたので、前回作成しておいた配合データを使って塗料を作成しておきます。イエローパールと着色オレンジメタリックを使ったオレンジですね。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

車椅子用部品 塗装承ってます

 先日到着しておりました車椅子用のU字型アルミパイプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は既に塗装されて綺麗な状態ですが、これを取り付ける車椅子本体との色が違って気になるとの事で今回ご依頼頂きました。

今回は色の作成の為に車椅子本体もお預かりしまして、並べてみると確かに色は違います。U字型アルミパイプの色はパステルカラー系の水色(ソリッドカラー)ですが、車椅子本体の方はパール(またはメタリックも)が入っています。

 実際に取り付けてみるとこのような感じで、確かにこれだとちょっと違和感が強く感じられます。全体を見た時のバランスとしては、黒かグレー(もしくはシルバー)か、今回ご指定頂いたボディ同色のいずれかであれば統一感が得られると思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

RB26エンジンパーツ一式 本塗り

先日下地処理まで終えていたスカイラインGT-RのRB26エンジンパーツ一式です。

傷の部分は#320でサンディングし、その後#800目で足付け処理を行っています。

 既存の上塗り塗膜はかなり薄いので、ちょっと研磨しただけで下地が露出しまいます。

 プライマーは金属が露出した個所だけで良いのですが、スポットで塗っている方が肌が荒れてしまうので全体に覆ってしまいます。

 同じくこちらのプラグカバーも。

 続けてベースコートを塗布します。

こちらはマツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」(カラーコード:41V)のカラーベースに、

 いつもテールランプの塗装に使っているキャンディーレッドを塗り重ねます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 塗膜構成としては、「カラーベース×3コート」+「キャンディーカラー×3コート」+「クリスタルクリアー×2コート」となっています(下地は除く)。ベースコートが6コートとなると厚塗りの部類になる為、最初のカラーベースには直接硬化剤を入れて対応しています(STANDOXでは通常ベースコートに硬化剤を入れる必要はありません)。

 ちなみに新車時の塗装では「カラーベース」+「キャンディーカラークリアー」の2コート塗装となっているので、色ムラや色褪せが酷いのでは、と思っています。

 画像だとキャンディ―カラーの良さを伝えるのが難しいので、完成時にはその辺りが判り易いように紹介したいと思います。

この後一日常温で一日寝かして塗膜中の溶剤をゆっくり抜き、その後60度40分程の熱を掛けて強制乾燥~完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

CORSAIR900D PCケースフロントパネル塗装 完成

大変お待たせしました!CORSAIR900D用のワンオフアルミ製フロントパネルの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はこういったアルミ板の状態で、

PCケース本体と固定する為のナットが4ヵ所打ち込まれていました。

ナットの跡は多少なり残ると思っていましたが(段差と言う訳では無く合わせ部が歪むため)、今の所は全く判らない状態になっていますのでどうぞご安心下さいませ。

ロゴはベクトルデータから作成していて、「CTYPTON」の方は白の塗装で、その下の小さい文字はドライプリント&デカールで仕上げています。

そして裏側です。

裏面はサフェーサーは塗らず、プライマーだけ塗ってそのまま上塗りをしている為、表に比べると艶は若干引けたような仕上りになっています。

吊った状態で裏表を一緒に塗る事も出来ますが、今回は「表側の仕上りを重視」と言う事でそちらを【標準コース】、裏側は【お任せコース】といった仕様になっています。クリアーはどちらも高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

表側は全面ポリッシュ(磨き処理)を行っています。

真っすぐの状態で撮りたかったので立ててみました。

ロゴに使った赤はフェラーリの「ロッソスクーデリア「(カラーコード:323)で、黒地に埋もれない鮮やかな赤になっています。

一応色の参考にとプラモデルを購入していたりして、付属のデカールに同じロゴがあったのですが、このような感じなので余り参考にはなりませんでした…。

ちなみに今回ご依頼頂いたフロントパネルが装着される本体は以下のパソコンケースとなります。

CORSAIR PCケース塗装 完成

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店を御利用頂き誠に有難う御座いました!

Maserati Remote Key

 マセラティの純正リモコンキーです。

 純正のリモコンキーは未塗装の着色樹脂の為に質感が悪く、また成型時に出来た歪も強いのが特徴です。

 これの一番のネックがカバーの分解で、純正のリモコンキーはまずエンブレムを外さなければなりません。

ただしエンブレムと本体の間に隙間は殆ど無く、また七宝焼のエンブレムは貴重な為、本体を傷付けてでもこれを無傷で取り外す必要があります。

さらにカバーは内部の三か所で爪が引っかかっていて、その内二カ所はどうやっても見えない部分にあるので壊して外す事となります。

唯一生かして外せるのがこの箇所の爪で、ただしその横には電子基盤があるので作業には注意が必要です。やってみると判るのですが、まずこれを分解しようと思った時点で心を折られます。

 破損した爪はそれぞれ回収し、

プラスチックプライマーを塗布後、エポキシ接着剤で元の位置に取り付けておきます。

 分解については塗装の付帯作業と言う事でサービスで対応しておりますが、それだけに破損・故障等の補償はありません。今までトラブルはありませんが、ご懸念の場合には分解はご自身でされる事をお勧め致します。

 深い傷はありませんが、このまま塗って艶だけ出すと製品自体の歪が余計に目立ってしまう為、まずは素地調整から行います。

 #120から粗研ぎし、#240で均します。

ペーパーが入らない箇所はリキッドタイプの研磨材(ウォッシュコンパウンド)とナイロンブラシで足付け処理を行います。

 窪みにサフェーサーを塗るとエンブレムが入らなくなる恐れがある為、そこはマスキングをしておきます。

 反対側も同様に、ボタン部分と鍵のスライド軸部分をマスキングします。

プラスチックプライマーとサフェーサーを塗布し、 60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 #600→#800で細かいラインを形成し、マスキングを貼り直していよいよ本塗開始です。

 プラスチック素地が露出した箇所には再びプラスチックプライマーを塗布します。

 ベースコートの黒を塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのSTANDOXクリスタルクリアーで、通常使用する同社イージークリアーに比べ高美観・耐UV効果・耐擦り傷性・耐薬品性などに優れています。今回のような直接塗装面に触れる物にはお勧めのクリアーです。

再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、数日寝かしてから組み付け作業を行います。

そして完成です。

完成後、オーナー様からご感想のメールを頂きましたので以下に紹介をさせて頂きます。


「本日、キーが手元に届きました。
まるで濡れているかのような美しい深い艶、樹脂製であることが信じられないような圧倒的な質感と、どこまでも滑らかな触り心地に感動です。
毎日使う物や直接手に触れるものは心地よいものであるべきと常々思っていますが、これは紛れもなくそうした物となりました。
なお、リモコンの動作も全く問題ありませんでした。面倒な分解と組み立てをして頂き、有難うございました。
作業の依頼をして良かったと心から思っております。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。」


こちらこそこの度は当店をご利用頂き誠に有難う御座いました。またわざわざご感想・ご報告も有難う御座います。