NDロードスター リヤフラップ 本塗り

 先日サフェーサーを塗っておいたNDロードスター用のFRP製リヤフラップです。

その後熱を入れてサフェを完全硬化させ、ガイドコートとして全体に黒をパラっと塗ってあります。

 空研ぎの#320→#400でラインを出しをした後、#600→#800の水研ぎで細かいラインとペーパー目を均します。最後は布状の足付け用副資材(画像中の黄色い物=アシレックスレモン)でさらにペーパー目を均一にします。

水研ぎ用ペーパーはメーカーによって研磨粒子の特性や紙の質(硬さなど)が違い、同じ#800でも傷の入り方(残り方)が違います。

なので以前は使い古しの#800や、さらにメーカー毎に#1000~#1500のペーパーを使い分けていたりしましたが、この布状のタイプが出てからはそういった手間も大分なくなりました。特に磨き作業で使う#1500~#2000は使い古しのペーパーを常備するのが必須でしたが、同じようなフィルム状の研磨材(バフレックス)の登場でそういった必要も無くなりました。細かい箇所の足付けに使う、シュレッターに掛けた後のようなペーパーなんかもありましたよね(判りませんか。笑)。

 部品の裏面はバンパーに固定する際に両面テープで見えなくなる為、そこにガムテープを貼って台に固定します。

 色はソリッドの黒ですが、「マツダスピードなどの外装パーツで使用されているブリリアントブラック」との事で承っていますので、カラーコード「A3F」の配合データから作成した色を使っています。いつもの黒とは違う原色の黒と青と白の3色で構成されていました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っています。

オーバーハング気味になった側面は見えるのでそこは表面同様に仕上げています。どうぞご安心下さいませ。

この後一日寝かしてから60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、必要に応じて磨き処理をしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA86ブレンボキャリパー 塗装色検証

先日お預かりしておりましたトヨタ86用のブレンボキャリパー一式です。いつも下地処理をお願いしているブレーキ屋さんから先日戻って来ておりますのでご安心下さいませ(開けるのは作業直前にしたいのでまだ梱包状態のままとなります)。

 色はオレンジ系のパール(もしくはメタリック)で承っておりまして、頂いた参考画像を基に当店にある色見本帳から検証していきます。

ただし今回目指しているオレンジに関しては、いつも使っている色見本帳には良さそうな物が無かった為、昔使っていたDUPONTの色見本を引っ張り出して来ました。

 基本的にはSTANDOXと同じような物なのですが、古い色も一緒くたになっている為、普段では見れないような奇抜な色を見つけ易いというところがあります。日産でこんな黄緑、見た事がありません(海外仕様のみかも知れません)。

 こちらも同じく日産ですが、今時こんなソリッドからの紫の車なんてありえませんよね。これに黒い樹脂パーツが組み合わさったらまるでエヴァンゲリオンです。

 と言う訳で今回ベースに使うのはこちらのシトロエンのオレンジで、色名は「Coq de Roche」、カラーコードは「152A」となります。

ただしこちらはソリッドカラ―なので、これにパール或いはメタリックを混ぜて作ろうと思います。まだ試していませんがどうせならと言う事で、先日購入したオレンジ系着色メタリックを使ってみようかと・・・。

STANDOX MIX895

また今回はキャリパーの色とお揃いで注型樹脂製ミニカーキーホルダーの制作も承っておりますので、色が決まればそちらの配合もデカールにして貼ろうかと思っています。

ちなみに画像は巣穴を埋める為に下塗りのクリアーを塗った所で、通常色見本として使う場合はそのまま色を塗ってしまいますが、ご依頼頂いた物に関してはサフェなりクリアーなりを塗って下地を作ってからの本塗りとなります。

本塗りはもう少し先ですがどうぞもう少々お待ちくださいませ!

BABOLATテニスラケット 本塗り

 先日サフェーサーを塗布しておいたBABOLATのカーボンテニスラケットです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、全体にパラパラと黒を塗ってガイドコートとしています。

 当て板を使って#600で水研ぎし、さらに手研ぎ#600→#800でラインとペーパー目を均します。

最後は布状の足付け処理用副資材(アシレックス)で細部(特に溝部分)のペーパー目を均し、ブツ切りマスキングを行う手元のゴム周りはナイロンブラシとウォッシュコンパウンド(リキッド状の研磨剤)で隙間の際までしっかりと足付け処理を行います。

 よく清掃し、マスキングをしたら台にセットして本塗り準備完了です。

グリップ部分には筒状のボール紙をマスキングテープで固定し、それをシャフト長が調整出来るスチール製の三脚台に挿しています。

 グリップ部にあった白いゴムは恐らくは天然ゴムで、マスキングテープの糊はしっかりと張り付いてくれたので際どいマスキングが出来ました。

以前施工したコーナーセンサーのようにシリコーン樹脂が使われていた為、この場合はマスキングテープがくっ付かなくてとても厄介なのです。

参考までに宜しければどうぞ↓

ハイエース コーナーセンサー 本塗り

 まずはベースコートの黒を塗ります。

 この状態でも見た目は消し黒になっていますが、強度は缶スプレーで塗られた溶剤揮発型の1液ラッカーと余り変わりありません。

 その上にクリアーを塗る事で、クリアー中の硬化剤とベースコートが2液反応を起こし、一つの塗膜として形成されます。水性塗料でもベースコートに硬化剤を入れるのはこういう事ですね。

 その後一時間くらいすると艶が消えています。

 当初は埃が付くのを嫌って直ぐに熱を掛けて表面を乾燥させていたのですが、

 そうすると艶の仕上りにムラが出来てしまうので、しっかりと艶が消えるまでは自然乾燥が基本となります。

ブツ切りマスキングで対応したゴム部分も比較的綺麗に出来たと思います。一部、横の逆アール部分に少し食み出た個所がありますが、ここは後で爪で擦れば取れると思います。

さらに一晩自然乾燥させたらその後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させ、数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ボールペン胴軸 色作成

先日プライマー&サフェーサーを塗っておいたボールペンの胴軸部品です。

その後熱を入れて塗膜を完全硬化させ、ガイドコートを塗ってサフェーサーを研ぎます。

耐水ペーパーの#600と#800で水研ぎをし、最後は布状の足付け処理用副資材(アシレックス)でペーパー目を均します。断面部分にもこれを軽く当てて足付けをしておきます。

 そして色を作りました。全部で5色、内1色は「カラーベース」と「パールベース」がそれぞれ別れた3ステージ(3コート)仕様となります。真ん中の紙コップが二個重なっている色です。

 色は左から、


・赤:Lamborghini, Rosso Mars(カラーコード:LZ3M)

・橙:Lamborghini, Arancio Atlas(カラーコード:0058)

・黄:Lamborghini, Giallo Maggio(カラーコード:0129)

・茶:BMW, Marrakesh Brown Metallic(カラーコード:B09)

・濃緑:Jaguar, British Racing Green(カラーコード:HGY)


となります。真ん中の黄色が2個並んでいるのはどちらも同じ色です。

 真ん中のランボールギーニのGiallo Maggioは、最初に黄色を塗り、その上に右側のピンクっぽいパールを重ねます。

ちなみにこのピンク色のパールベースは、配合データより20倍濃くなっていますので、実際に塗る時はもっとバインダー(樹脂)で薄めて塗ります。取り敢えず紙の上に塗って判り易いようにと濃い状態にしました。原色の配合としては、ゴールドパールとレッドパール、また粗目のメタリックも入っています。

 さらに5色の内の左側3色にはキャンディーカラーを重ねます。

それぞれの組み合わせは

・赤:Lamborghini, Rosso Mars(カラーコード:LZ3M)+ キャンディーレッド

・橙:Lamborghini, Arancio Atlas(カラーコード:0058)+ キャンディーオレンジ

・黄:Lamborghini, Giallo Maggio(カラーコード:0129)+ キャンディーイエロー

といった感じです。

キャンディーカラーそれぞれの特徴も紹介しますね。

 

左から、

・キャンディーレッド・・・いつもテールランプに塗っている物とは違い、ハウスオブカラーのアップルレッドです。テールランプに使っている赤よりも耐候性は劣りますが、赤がより鮮やかなので今回はこれの方が良いと思います。

・キャンディーオレンジ・・・キャンディーオレンジ原色そのままだと赤味が強く下地のオレンジを潰してしまいそうだったので、イエローを5倍加えて黄味寄りにしたオレンジを使う事にしました。

・キャンディーイエロー・・・こちらは原色そのままです。それぞれバインダーで10倍くらいに薄めています。

 

こちらのボールペン胴軸の塗装を行うのは今回が二回目で、前回のご依頼でもキャンディーカラーを採用しておりましたので、オーナー様もそれぞれの色の組み合わせは良くご存じのようで、今回はこの仕様で問題無く良い具合に出来ると思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

SHURE SM58-50マイク クリアー二度塗り

 先日本塗りを行っていたSHUREのボーカルマイクSM58、50周年記念モデルです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を強制乾燥~完全硬化させておき、次はデカール部分を研磨して二度目のクリアー塗装を行います。

 デカールは貼ったそのままの艶消し状態では比較的綺麗に見えるのですが、こうやってクリアーを塗るとその厚みが良く判ります。とても気持ちが悪いですよね。

 デカールの段差を#800~#1500の耐水ペーパーと固い当て板で平らに研ぎ、さらに全体を足付け処理します。

 ただし完全に平らに研ごうとするとデカールが露出してしまい、最悪印刷部分を削り落としてしまう事に成りかねませんので、研ぎは「ある程度」に留めておきます。ただす普通の方なら判らない程度の平滑にはなっていると思います。

 脱脂処理後、クリアーを塗って本塗り完了です。クリアーは最初に塗った時と同じく高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

ちなみにこちらのスマホカバーはテスト的に行っている事でして、「ポリカーボネート樹脂に足付け処理を行て白く曇った状態でデカールを貼っても透明になるのか」を確認する為に行っている物です。気にされなくて大丈夫ですのでご安心下さいませ。

さらにこの後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥~完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!