コロナウイルス対策

 巷ではコロナウイルスが話題ですが、私的な見解ではこれはもう防ぎようが無いのでは・・・と思っていて、もはや感染するかどうかと言うよりも「いつ」これになるかといった考えに至っています。

となると納期が決まっている仕事は必ずやり遂げなければならなく、それによって今回の連休も出勤する事となりましたが、お陰で何とか先が見えました。マイク7本中の2本が本日熱入れを完了したので、あとはもう少し寝かしたら梱包して発送するだけです。これで万が一隔離入院したとしても、期日までに届ける事は出来るかと思います(まあ今の私の環境ですぐさま感染する方が難しいと思いますが。笑)。

画像はご依頼品では無く当店用の見本というか人柱的なサンプル用のマイクで、ご依頼頂いたのはメッキ調と金メッキ調のマイク塗装です。

本来であればこれらを先に行う予定だったのですが、材料の手配が間に合わなく、先に他のご依頼品を塗る事にしたので、丁度この連休に作業のタイミングが当たってしまった!という訳です。メッキ調の塗装は密着性が良くない為(なので基本的に一般でのお受付はしておりません)、塗装~熱を入れるタイミングが重要となり、本来であれば時間を空けた方が白化などのリスクは少なくなるのですが、その分密着性が落ちるのでそれを優先したかったのです。例えていうと、本塗り後に何かしらの理由でクリアーを筆挿ししたい場合(ハジキや傷など)、本塗りした翌日であれば塗膜に同化しますが、一日空いてしまうと上手く馴染んでくれないのと同じような感じです。マニュアル上だとトップコート後24時間以内ですが、私的にはこれが短ければ短いほど良いと思っています。

ちなみに金メッキ調の塗装は簡単で、メッキ調に塗装した上にキャンディーゴールドを塗るだけです。よほど何もしないままで終わるメッキ調(シルバー)の方がデリケートな作業なので、そちらの方にはかなりの神経を使いました。

サラリーマン時代であれば「連休が潰れるなんて信じられない!」(即辞めてます)といったところですが、自営業だと納期が間に合わなくなるかも知れない方が健康衛生上良くないので、今回の件が何とかなって本当に良かったです。

 と言う訳で、この週末の通勤途中の画像です。休日出勤なので時間に追われる事は無く、ゆっくりのんびり行きました。画像はいつものカワウですね。早く羽根を乾かそうと頑張っていました(笑)。

 日曜日は朝から快晴だったので、ここぞとばかりに亀達が甲羅干しに勤しんでいました。

その先にはスッポンも!(笑)。

 また日中では珍しく黒く無い鯉(緋鯉)を見つけました。目立つと野鳥に襲われ易い為か、夜の帰り道には白っぽい鯉もよく見かけます。

 こちらは土曜日の帰り道。その魚たちを襲う鳥です(笑)。暗闇にアオサギの白い躯体が浮かび上がった姿が見事でした。

 日曜日は比較的早めに上がったので、久しぶりに多摩川サイクリングコースを通って帰る事にしました。首が痛くならないよう出来るだけ立って漕いでいます(視点が高くなればその分首も上を向けなくて済むので)。画像は産業道路近くを通る呑川で、この辺を通るのも久しぶりですが、前は在った筈の町工場が無くなってアパートや建売住宅になり、街並み自体が変わっているのにビックリしました。

日曜日は一日中快晴で、多摩川からは綺麗な夕焼けと富士山のシルエットが眺められました。

一時期に比べると頸椎のヤバさも少しは良くなっているので、腰痛の時と同じように徐々にでも良くなってくれればと思っています。その前にコロナウイルスですかね(苦笑)。

表札 クリアー二度塗り

 先日から作業をしているアクリル板製の表札です。これらとは別に、通常の仕事としてご依頼を頂いている表札の方は掲載を控えておりますので、代わりに友人から依頼を受けている物のサンプルを紹介しています。

画像は既にクリアーを塗って熱も入れた後の状態で、あとはペーパーでデカールの段差を均して磨けば完成!というところなのですが、今回は納期が決まっていないのでもう一度クリアーを塗る事にしました。塗装屋さんなら判ると思いますが、これくらいのサイズであれば磨くよりも何かのついでに一緒にクリアーを塗った方が作業的には楽だったりします。

 段差を#1500のペーパーで均して全体を足付け処理したら、

 クリアーを塗って本塗り完了です!

 友人からの案件はまだデザインの打ち合わせをしている段階で、そちらが決まり次第また紹介したいと思います(これらは当店のサンプル用です)。

スマホカバーの塗装は今更な感が否めませんが、同色で塗ったマイクと一緒に並べて撮影すれば画像映えするのでは、と思って塗ってみました。マイクは普段持ち歩けませんが(それはヤバイ奴かと。笑)、お揃いのデザインでアーティストロゴの入ったスマホカバーなら普段の持ち歩きも出来るかと思いまして。

それでは出来上がり次第撮影して紹介したいと思います。表札は屋外のどこかで実際に貼ったところを撮影してみたいですね~。

鎌倉~由比ガ浜行き

 先日行って来た鎌倉の続きです。大仏を見て長谷寺に行った後、歩いて江ノ電の極楽寺までやって来ました。以前江ノ電に乗った時に通った駅ですね。

 私は観ていませんでしたが、ドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地としてこの辺は有名なようです。

 だからなのか判りませんが、お寺の入口には「参拝の方のみ」と記載されていました。当時は聖地巡礼で凄く混んでいたのかもですね。尚、境内での撮影は三脚を使わなければ大丈夫です(もしくは桜の時期は全面禁止になるのかも知れません)。

 そこから海に向かって歩いている途中にあった成就院です。紫陽花で有名なお寺らしく、鎌倉三十三観音巡りの一つでもあるようです。境内では柚子が貰えました(笑)。

本堂の前には不動明王の御分身(レプリカ)も!。パワースポットなようです(私的には後ろの石が赤くなっているのは鉄分を多く含んでいるから?とかの方が気になりました)。

 頂上の方に居た方がしきりにこちらを撮影していたので、なんだろうと思って後ろを振り返って見てみると、向こうには見事な景色が!

 と言う訳で海に向かって行きました。ちょっとスラムダンクのワンシーンっぽい感じがしたのですが、そちらはここから二つ先の「鎌倉高校前」の駅ですね。

 と言う訳で由比ガ浜に!

湘南方面に車で行こうとすると渋滞しているイメージしか無いので敬遠していましたが、電車で簡単に来れるのが判ってからは頻繁に来れるようになりました。やはり海は良いですね~。

鎌倉大仏行き

 先日の建国記念日(火曜日)は仕事を休みにして、鎌倉に観光に行って来ました(その代わりその前の日曜日はフルで働きました・・・)。

最近鎌倉にはよく来ていますが、そういえば大仏のあるここに来たのは久しぶりです。

 大仏の胎内には以前入った事がありますが、背中の上の方がバーミヤ(!)みたいになっていたのには気付きませんでした。風通しを良くする為に最初から設けてあったのでしょうか。

 先ほどの大仏があった高徳院は思っていたよりもこじんまりとしていた為(もっと広い敷地だと思っていました)、他のところも行ってみる事に!

それにしても休日の鎌倉と言えばもっと混雑している筈ですが、コロナウィルスのせいか電車も街もこの日は比較的空いていました。特に外国人の方が少なかったように思います。

 そして大仏から歩いて直ぐの、こちらも久しぶりの長谷寺です。

 ちょうど梅が見ごろなようで、他の場所に比べるとこの辺は多少にぎわっていました。それでもいつもよりは空いているのでしょうね。

 そして境内にある「観音ミュージアム」へ!

こちらには十一面観音菩薩立像を奥の中央に配し、

それを挟むようにして両側に観音三十三応現身像が展示されています。

尚こちらは撮影OKです。

 観音三十三応現身像に関しては作者不明との事ですが、どれも細部まで丁寧に作りこまれています。

ヤバイですね~。

 そもそもこの長谷寺は、この十一面観音が三浦半島に流れついた事がきっかけとなって開山したとの事で、ただ15年海を漂っていてこの状態を維持ずるのは難しいでしょうから、もしそれが本当なら相当の修復が行われたのではないかと思います。と言うか15年間もだと、もはやただの流木になってしまっているような気が・・・(そこは触れてはいけない所なのかもですね。笑)。

以下Wikipediaのページから抜粋です。


伝承では長谷寺の創建は奈良時代とされているが、中世以前の沿革は明確でなく、創建の正確な時期や経緯についても解明されていない。

寺伝によれば、天平8年(736年)、大和の長谷寺奈良県桜井市)の開基である徳道を藤原房前が招請し、十一面観音像を本尊として開山したという。この十一面観音像は、観音霊場として著名な大和の長谷寺の十一面観音像と同木から造られたという。すなわち、養老5年(721年)に徳道は楠の大木から2体の十一面観音を造り、その1体(本)を本尊としたのが大和の長谷寺であり、もう1体(末)を祈請の上で海に流したところ、その15年後に相模国の三浦半島に流れ着き、そちらを鎌倉に安置して開いたのが、鎌倉の長谷寺であるとされる。


 本当は海の見えるところでランチをと思っていたのですが、全体的に街に人が少なくお店自体も空いていたので、歩きながら目についた物をちょこちょこ食べて行くスタイルに変更しました。

いかにも作り立て!みたいな感じの、超もちもちわらび餅です。今まで食べた物と全然違う・・・。

多分普段はもっと混んでいるのだと思いますが、お昼時だというのに貸し切り状態です。こんなに美味しいのに、なんて勿体ない・・・(お土産も買いました。笑)。

この後は他のお寺にも寄って、最後は由比ガ浜に夕日を見にいきました。また後日紹介したいと思います。