2022年10月8日サーモス塗装ワークショップ

2022年10月8日(土曜日)に、久しぶりにサーモス塗装のワークショップを行います。

サーモスの塗装はこれまで行ったワークショップを鑑みると初心者にはちょっと難しく、一つ間違えるとトンデモない事に・・・!と考え、その後はスニーカーのスプラッシュ塗装やエアーブラシ塗装にしてきましたが、Twitterで行ったアンケートではサーモス塗装の人気が高かったので、今回はこちらでやってみようと思った次第です。

そこで初心者向けの対応策として、一番難しいクリアー塗装と、最初に塗る下色はこちらで行って、その後行う着色=ロゴ入れや模様入れ、グラデーション等の塗装を、比較的リスクの少ないエアーブラシで行って頂く、といった形にしました。

ただ既にエアーブラシを日常的に使っている方には物足りないかも知れないので、そういった方には全部ご自身でやって頂いても構わないようにします。ただ塗装をした事がある方なら良くご存じだと思いますが、塗って当日に持って帰るとなるとこれはかなりリスクが高く、万が一垂らしたりしても手直しは出来ないので、とても残念な状態になった物を持って帰らなければならなくなります。

たた私的には、むしろそういった失敗があった方がその後の勉強になって良い!(むしろ塗装を極めたくなる!)と思っていたのですが、知り合いの塗装屋さん(GUNさん。笑)曰く、「誰だって失敗なんかしたくないですよ!ちゃんと出来上がらないと納得しないですよ!」と言っていたので、苦肉の策としてこのようにした次第です。ちなみにGUNさんのワークショップでもクリアーは塗らせて貰えないシステムなのだそうです。なるほど~!

2018/12/23サーモス塗装ワークショップ③

こちらは以前行ったサーモス塗装ワークショップの記事です。もう4年近く経つんですね。

参加方法につきましては、以下のページからお手続きになります。宜しければご検討くださいませ!(お手続きにはTwitterアカウントが必要となります)。

https://twipla.jp/events/529530

2022千葉~羽田行き

先日の日曜日、バイク(セロー250)に乗って早朝から千葉に行く事にしました。

セローは普段の通勤とかには使わないのでガソリンを入れておくのを忘れ、当日の朝一にスタンドに寄るのはちょっと面倒そうだったので、自宅に保管していたガソリンをを使う事にしました。東日本大震災の件があってから自家製ソーラー発電と共にガソリンも保管しておくようにしたんですよね。ちなみに私は常に使う訳では無いので錆が出ないステンレス製の物を使ってます。

また今回は前回と違って道案内のGUNさんが居ませんから(!)、ナビゲーションが使えるようスマホを取り付けておく事にしました。ちなみにこのスマホホルダーもGUNさんに貰った物で、どうもこれでiPhoneを使うとカメラのオートフォーカスが振動で壊れてしまうとの事で使わなくなった物を、ただその後振動吸収用の中間アダプターが発売されたとの事を教えて貰い、それを購入しての装着しました。素晴らしい・・・!

という訳で前回も訪れた鹿野山九十九谷展望公園に到着です!

今回は前回より早い出発だったのでアクアラインはさらによく流れていて(80キロ巡行でした!)、全くストレス無くここまでやって来れました!

天気は生憎の曇りでしたが雨は降らなかったので全然OKです。やはりというか都内に比べてこっちは全然涼しいですね!

前回はここから外房の鴨川まで行きましたが今回は予行練習と言う事もあり、この辺の内陸部をグルグルと走りながら、

次の目的地である濃溝の滝・亀岩の洞窟に!

先ほどの鹿野山から16キロ20分であっという間に到着です。

インスタとかで綺麗な画像を見ていたので期待していたのですが、時期的に悪かったのか、またはネットで見た画像は派手に加工されていた為か、実際には思っていた程では無かった感じです。多分殆どの方が同じ思いではと・・・。

それはさておき、この周辺にある湿地帯の遊歩道はとても良い感じで、早朝だからか誰も居なく、まるで森の中を突っ切るような感覚が良かったです!

ちなみにこんな時期にアジサイが咲いているって一体どういう事でしょう・・・。

その後は前回にも寄った木更津アカデミアパークにあるファミリーマートに寄って、肉まんと暖かいコーヒーを飲んでちょっと休憩する事に。ファミマはトイレが開放されていて気軽に使い易いのが良いですよね。

ここからはノンストップでアクアラインを渡って帰ります。

ちなみに千葉行きの本番は再来週で、その際には九十九里の白子町に一泊しますから、初日は房総半島の色々な所を巡り倒そう!と考えています。4輪車だとどうしても移動している時間が無駄に感じてしまいまうが、2輪車だとそれすら楽しいイベントに感じられるのが気に入ってます。

その後は再びアクアラインに乗って11時前には都内に戻り、ただそのまま帰るにはまだ時間が早かったので、以前から行ってみたかった羽田イノベーションシティに寄る事に!

この辺は開発されてから時間が経っていないからかあらゆる建造物が新しく、キックボードの貸し出しとかもあって何だか近代的な感じです。ちなみにバイクは専用の駐車場で2時間まで100円でした。地方の方からすると「バイクなんてその辺に停めとけば」と思うかも知れませんが、そんな事が通用するのは遥か昔の話で、現在の都内では二輪車でも路上駐車とかは出来ないんですよね(そもそも昔も路駐はダメですが)。

この日は同じ敷地内にあるZEPP羽田でHYDE氏がライブを行うとの事で、全身黒づくめに身を纏った方々が沢山見受けられました。好きな事に没頭できるのは楽しくて良いですよね~。

この辺は交通の便が悪いからか、またはまだ午前中だったからかは判りませんが、全体的に余り人は居ない感じでした。

お目当てはここにある足湯スカイデッキ!だったのですが、お湯があるスペースは2つだけで、余程タイミングが良いか、強靭なメンタルの持ち主で無ければ入れそうもなさそうだったので、一階にあるタリーズでアイスコーヒーだけ飲んで帰る事にしました。早朝ランニングの途中に寄ったりしたら気持ちよさそうですね。

ここから自宅までは8キロ程なので、自転車なら多摩川サイクリングコースを使って気軽に来れる場所ですが、バイクの場合だと至るところで信号に捕まってストレスでしか無いので、やはりというか都内はバイクで走るものでは無いですね。

再来週の本番も朝の5時には出て空いている内に千葉を満喫し、翌日は午前中に帰ってくる!というストレスフリーな旅にしようかと思っています。お勧めの場所があれば是非!

2022立山行き②

先日の続きで、一泊二日で立山に行った時の紹介となります。朝食はバイキング形式で、野菜を中心に美味しく頂きました。

二日目の天気も余り良く無かったのですが、雨が降っていないだけでも全然マシですね。

帰りの新幹線があるので余り遠出は出来ませんので、ホテルから歩いていける室堂展望台に行く事にしました。

その途中で雷鳥の姿が!

ちょっと遠いのと保護色で判り難かったのですが、恐らくは家族だと思われる六羽の群れを見る事が出来ました。いやー幸運でした・・・!

8月だというのに至るところで雪渓が見られます。

ガチの装備をした方々は大体こちらから登山道に入っていきました。なんて羨ましい・・・。

展望台の方に行く道は殆ど人が見られなく、しかも視界がどんどん悪くなっていきます。

風も強く、いよいよこれはマズイかと思っていたのですが、

徐々に雲が流れていって、

段々と陽が!

そして遂に絶景が!

その後も雲は流れて来ましたが、合間合間に素晴らしい景色が見れたのは本当にラッキーでした。

もう少しゆっくりして行きたかったのですが、帰りの行程もあるのでサクッと折り返します。次は最低でも2泊以上で来たいですね。

降りてみると下の方も晴れていました。暑すぎず寒すぎず丁度良い気候です。

その後高山バスに乗って帰路につく事になりますが、少し時間があったので途中の弥陀ヶ原に寄る事に!

少し標高が下がったからか、この辺はもう結構暑いくらいの気温になっていました。

ここは遊歩道が整備されていて、湿地帯の中を歩けるようになっています。尾瀬と同じような感じですね。

まだお盆前だったのと、この時は未だコロナの影響で外国人観光客は入国出来ない状況だった為か、室堂もここもとても空いていました。去年行った京都と同じで、比較的人気の観光地でも人を避けないで歩けるというのが素晴らしいです。

梅が小さくなったような可愛い花が咲いていました。シモツケソウとの事です。

何故か一か所に集まるヒョウモンチョウの群れが!

かなり判り難いのですが、ミヤマハンノキの実?に擬態した蜘蛛が居ました。巣を作らないで待ち伏せするタイプなんですかね。

その他面白い形をした植物も。水草っぽい感じがしないでもないので湿地帯特有の種でしょうか。

尾瀬もまた行ってみたいのですが、良い季節は人が多いというのがネックなんですよね。いずれ固定経費を少なくした環境にして、週休3日くらいで働けるように出来れば安宿を使って日本中旅をしに行きたいと思う次第です。

この後は再びバスに乗って美女平駅まで行き、

ケーブルカーに乗って立山駅まで降ります。行きはガラガラでしたが帰りは結構人が乗っていました。

次の日は普通に仕事なので16時には新幹線に乗って、後はいつもの日常へと戻ります。一泊二日だとどうしてもコスパが悪いのですが、それでも車体を塗っていた時に比べれば連休が取れるだけマシなので、これくらいのペースを徐々に広げていければと思っています。次はバイクを使った旅行に行きたいですね!

デザフェス販売製品制作

先日に引き続き、11月に出店するデザインフェスタで販売する製品の塗装を行っています。こちらは知り合いの塗装屋さん(GUNさん)が作っているソフビのキャラクターのBLACKRABBiTのキーホルダーで、提供して頂いたデータを使ってアクリル板をレーザーカットして作っています。

GUNさんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければどうぞ。

マスキングシートを届けついでに

前回ピアスとして作っていた時はこれを一個づつヒートンを挿して塗っていましたが、それだとどうしても販売の金額が高くなってしまうので、今回は耳の部分に穴を開け、そこをリングで固定する方法にしました。さらにプラモデルのランナーのようにして、一度に大量に塗るようにしています。これによりお値段は1/3以下に出来ると思います。

ただPMMA=アクリル樹脂は柔軟性が無いので、塗り終わった物を外す際、切れの悪いニッパーで外そうとすると嫌な箇所で割れてしまう場合があり、それの対応として今回はGUNさんお勧めのタミヤ薄刃ニッパーを用意しました。これはめっちゃ切り易い!

ランナー(風)から切り離したブラックラビットをズレないように並べて固定し、

ニッパーでカットした箇所のバリを研磨して均します。

素地が露出した箇所にタッチアップを行い、透明なUVレジンを塗ってUVライトで硬化させます。UVライトとレジンについては今回の為という訳では無く、他で使いたい場面が出たので買ってしまいました!

バリになる箇所はキーリングが付くのでそもそも目立たなくなる場所ですから、当初はベースコート(色)のみで構わないと思っていましたが、今回手軽なUVレジンを使えるようになったという事でクリアーも塗るようにしました。

という訳で色相環の12色はようやく終わったので、

その他のキャンディーカラー等、遊び感覚で出来る塗装も順次始めていく事にしました。

こちらも同じく以前ピアスで作っていた垂れたブラックラビットで、

こちらはハウスオブカラーのKK-13とKK-22を組み合わせた仕様で、

こちらはKK-04とKK-13を組み合わせた仕様です。

顔の部分にはシルバーメタリック(MIX598)を下色に塗り、垂れた部分は透明のままにしています。

こちらも顔の部分は下色にシルバーを塗り、全体にキャンディーレッド、垂れた部分はKK-22=キャンディーパープルを塗って血のような感じにしています。ピアスの時より一回り大きくし、こちらもキーホルダーとして販売する予定です。

その他前回と同様イモリの物と、色相環のキーホルダー&壁時計も販売予定です。何とか余分に作ってウェブショップでも販売出来ればと考えています。