ALPINAエンブレムの両面テープ作成

BMW ALPINA B3Sの純正エンブレムです。

未使用品なのですが少し弄った痕があったり、

両面テープ自体が少しズレている物があるので、これらをやり直す(作り直す)作業となります。

無用な傷が付かないよう表面にマスキングテープを貼り、ある程度両面テープを剥がします。

その後はシリコンオフ(ノルマルヘキサン)を使って糊を溶かしながら、ヘラとウェスで除去します。

それらを並べてスキャナーで読み込み、ベクター画像を扱えるソフト(Illustrator)を使って輪郭を作成します。ライブトレースとかの機能を使うと正確な線が描けないので、一つ一つ手作業で線を引いていきます。

ちなみに「S」だけが他と違う構造で、裏側が空洞になっています。

他のエンブレムと比べると底までの深さが1.6mmあったので、1.5mm厚のアクリル板を使い、レーザー加工でカットして作成します。

最初に作成した輪郭から-1.3mm程オフセットして作成しました。

それがエンブレムの内側にピッタリ嵌るのを確認します。

一旦取り外し、よく脱脂清掃後、カットしたアクリル板の「S」にはプラスチックプライマーを塗り、エポキシ接着剤を用意します。

もしかしたら後で取り外す(元に戻す)という可能性もあるので、接着剤はベッタリ塗るのを避け、点付けとしておきました。

そこにカットしたアクリル板を入れて接着完了です。これなら落下しませんし、万が一元に戻したいという事でもなんとか出来ると思います。

そして両面テープをカットします。

厚みのある両面テープはカッターではとても切り難く、なのでレーザー加工機を使ってカットしています。

ただしレーザーでカットするには正確なデータの作成が必要で、それに多くのコストが掛かります。今回も、ALPINAのロゴは既存の物があったのですが、それは全く使えず、全て一からの作成となりました。

この後はカットした両面テープをエンブレムに貼り、字間を調整した転写シートに貼り付けます。

続きます。

ピアス “ティファニーグリーン&蛍光グリーン”塗装 完成

先日塗装したイモリ(トカゲ)に金具を着け、ピアスにしました。

頭の部分をブガッティのティファニーグリーン(ブルー)に、

尻尾の部分は蛍光グリーンで透過するようになっています。

色とトーンが合っているせいか2色の組み合わせがとても良い感じで、

見る角度によっては翡翠のようにも見えてしまいます。

各画像はいつものようにサイズの縮小以外は未加工となります。

中々良さそうなので、こちらは量産品の一つに入れようと思います。

ピアス “マゼンタ&バープル”塗装 完成

少し前に塗装していたイモリ(トカゲ)に金具を着け、ピアスにしました。

3ミリ厚のアクリル板をレーザー加工機でカットし、穴を開けてヒートンを挿しています。

頭の部分は挿し込んだヒートンが見えてしまうのでシルバーを塗って隠ぺいさせ、その後全体にキャンディマゼンタ、尻尾の部分だけキャンディーバープル(HOK KK13)を重ねて紫にしています(赤+青=紫)。

なので上半身の部分は光に当たると反射し、

尻尾は透過して見えます。

とりあえず色々作って、良さそうな物が出来たら量産して販売してみようかと思っています。

ピアス “ピンク&蛍光ピンク”塗装 完成

先日塗装したイモリ(トカゲ)に金具を着け、ピアスにしました。

厚さ3mmのアクリル板をレーザー加工機でカットし、それに塗装を施しています。

先に穴を開けてヒートンを挿し込み、裏表を塗装しています。

最初に淡いピンク(ピンク迷彩①)を全体に塗り、尻尾の部分に蛍光ピンクを重ねました。

本来のトカゲはというと、尻尾の部分だけに色が着いていたりするのですが、それだと配色のバランスがとても悪いので(実際に試しています)、胴体の真ん中くらいを境界にして塗り分けています。

とても良いバランスだったので、今度マイクでこの配色を試してみようと思います。グリルをどうするかですね・・・。