2024川崎レイトショー行き

先日の土曜日、仕事が終わってから川崎のチネチッタに映画を観に行きました。

昔なら終電が終わったような深夜に車や自転車でレイトショーを観に行くことが多かったですが、コロナ禍が起きた頃からそういった遅い時間での上映が無くなってしまった感じで、なのでいつもより仕事を早めに切り上げて最寄りの駅=梅屋敷から電車に乗って京急川崎駅に!

川崎には3つの大きな映画館=「109シネマズ川崎」「TOHOシネマズ 川崎」「チネチッタ川崎」があって、前者2つの映画館は昔は存在していなく、私が20代前半から利用していたここチネチッタがなじみ深いので、極力こちらを利用するようにしています。まあ今回は単に上映スケジュールが一番遅い時間で選んだだけで、この日川崎地域で最も遅い20:25の回となりました。

今回観に来たのはこちらの「ルックバック」で、前情報とか存在自体を全く知らなかったのですが、どこかで観た予告動画が凄く良かったので、是非劇場で観たかったんですよね(ちなみにamazon primeもNetflixも使っているので大抵の物は待てば自宅または工場で観れます)。

ちなみにこの日は一人でも来ようと思っていたのですが、身近で興味がありそうな人に声を掛けてみたところ、くま3D-さんが来ることに!

くまさんはTwitterとデザフェスで知り合った原型師さんで、工場の傍に住んでいるので今回のように突発的な時でも比較的誘いやすいんですよね。ただ氏は既にこの映画を一度観ているので、さすがに今回は行かないだろうと思っていたところ、ガッツリ食いついて来て逆にビックリしました(笑)

内容としてはくまさんが言っていたように人によって好みが判れると思いますが、私的にめっちゃツボで、帰り道でそのまま原作の漫画を注文する事に!

原作を読んでみると映画はこれを忠実に再現している事が判り、さらに細かい描写をとても丁寧に描写しつつ必要最小限に補填されている感じで、両方読んで観てさらに面白かったです!特に初見より二回目に見た時は、その先を知っている事で、途中から胸が苦しくなって何とも言えない感情が湧き出て来ました。あともう一回映画観に行きたいくらいです。というかあの「仕事が終わってからの特別なイベント感」が何とも言えない感じで、これからも定期的にレイトショー観に行きたいと思いました(ただ毎月そんなに観に行きたい映画ってないんですよね…)。

ちなみにつくね(保護猫)を迎えてからは比較的帰宅する時間が早くなり、以前は0時が当たり前、さらにその前(横浜に工場があった時)は毎日4時とかが普通でしたが、今は21時までには帰るようにしています。

お陰で睡眠時間もある程度確保できるようになり、一時は寝返りする度に激痛で起こされていたた頸椎の痛みも、今は大分軽減されました。あと25年は働かないといけないので健康には気を付けないとですね。

そして都知事選!

私的に結果が残念だった事は仕方ないとして、その後の荒れ方が異常に感じます。開票日前のマスコミの扱い方は明らかに現職に忖度していたのに、終わった途端の叩き方が酷いです。今回の選挙で無党派の力を脅威と感じたからなのか、攻撃の仕方が人格否定、肝心の政策とかはもうどうでもよくなってしまったような感じです。著名人までもが加わって死体蹴りをしているのを見ると気持ちが悪くなってしまいます。

むしろ責められるべきは既存の都知事の政策で、あれだけの税金を無駄遣い&誤魔化したのにも関わらず再選したのが不思議でなりません。落選した石丸氏を叩くくらいなら、そのエネルギーをあの非開示情報=黒塗り文書に対してに使ってくれた方がよほど良い方向に行くのでは、と思う次第です。

変化を嫌う側の人間からすると、若造が不遜な態度で生意気な事を言いやがって、みたいに思われてしまったのか、はたまた無党派であそこまでの票を取ってしまったのを脅威と感じた団体でもあったんでしょうか。私的には万人の機嫌を取るよりも、嘘をつかず、しっかり言い切ってくれる方の政策を見てみたかったです。

とにかくこれからの4年、東京都と日本が今以上に悪くならないよう願うばかりです。マスコミは黒塗り文書についてどの時点で言及していくのか注目しようと思います(パワーバランスが崩れた時ですかね)。

2024年都知事選行き②

遂に東京都知事選挙が告示され、街の至るところに看板が設置されました。大田区は相手にされていないのかNHK党の広告ポスターは貼られてません(笑)。

と言う訳でいつもの日曜日、鳥小屋の掃除を終わらせ、土曜日の夜から降っていた雨で濡れたベランダの床を拭きあげ、つくね(猫)が外に出て遊べるようにしました。つくねは繁殖用の猫としてケージの中だけで育てられていた為か「雨」というものを理解していないらしく、上から降ってくる水滴が常に気になって仕方がないようです。

この日は一日中小雨が降るような天気だったので、先日工場で塗って持って帰っておいた色見本キーホルダーの枠を組付ける事に。

最近は仕事以外でカメラを使う事はなく、自宅や屋外ではもっぱらスマートフォンでの撮影となっています。以前使っていたGoogle Pixel 3aはお風呂で水没させてしまったので、その後同社Pixel 7aに買い直しています。性能的には余り変わりはありませんが、撮影時に広角が出来るようになった事と防水機能があるのは嬉しいですね!

明るい時間帯に作業を出来るのメリットしては、撮影時に自然光で撮れる事に限ると思います。一個前の画像(蛍光灯)とでは全然違いますよね。

ちなみにこちらの色はトヨタ社の「クールソーダ」(8V7)で、少し前に仕事でマイク塗装前の色見本を作った中から良さそうな物を今回の色見本キーホルダーにも採用しました。何と言っても名前が良いです(笑)。

自動車補修塗装をされている方なら判ると思うのですが、「色名」については個人が勝手につけて良い物では無いと考えていて、もしこれが許されるのであれば配合データからオリジナルで開発し、可能であればそれをオープンにするべきだと思っています。他人が作ったクックパッドを見て作った料理を、さもオリジナルの料理として名前を付けたりしたら格好悪いですし気持ち悪いですよね。尚、これと似たような事としては、本物のクロマフレア顔料を使っていないのに「それ風」の偏光パールで「マジョーラ」「クロマフレア」と言いきっている人を見ると、とても残念な感じになります。これは良く判らない一般人を騙して儲けているだけなんじゃないかと・・・。

という事が近年政治でも多く見られ、辟易としつつ諦めムードだった私なのですが、広島県安芸高田市で市長を務め、今回の東京都都知事選に立候補した石丸伸二氏に大いに期待する所があり、この日比較的近所の戸越銀座に氏が街頭演説をしに来るとの事を知ったので、それに合わせて電車に乗って行ってきました。

が!到着してみると演説は丁度終わった所のようで、どうやら人が集まり過ぎて予定より早く出発しなければならない事態になっていたようです。また後から知ったのですが、少し前の時間から到着し、戸越銀座商店街をねり歩いていたみたいなんですよね。

諦めてこのまま帰ろうと思ったのですが、次の街頭演説の予定地である武蔵小山駅までは歩いて20分弱なので、ウォーキングがてらそちらに行くことにしました。

こちらはむしろ早く着き過ぎたくらいで、前回行った秋葉原の時よりも近くまで来れましたから、声はよく聞き取れました。が、やはりというか時間的には短く、内容についてはむしろYouTubeとかの動画で見た方が断然分かり易いです。

丁度この日が終わって動画がアップされたのでそちらを乗せておきます。今回の回はメディアの担当者もカメラに写ってとても面白い内容でした(笑)。

やはりというかネットでは色々な噂が散見されるようになり、SNS上での人気は工作員のお陰?とか、中国共産党と繋がりがあるとか、動画の一部を切り抜いた誹謗中傷などが多く見受けられます。

何が真実なのかは成ってみなければ判らなく、要は有権者が誰を選び、それが間違っていたのであれば自らを反省すれば良いだけです。SNS上では匿名なのを良い事に、特定の候補者を陥れるような発言が多くみられますが、こういうのは本当にもう勘弁して欲しいです。さらには立候補者自らが他の立候補者のネガティブキャンペーンをしたりと・・・。私が立候補者から聞きたいのは将来どうしたいのかと、それに対してどういった事をするのかの具体案だけです。「私はそう思う」とか、「そうなるように考えている」とか曖昧な言葉では無く、「私はこの為にこれをやります!」という言い切った言葉が聞きたいのです。そして政治家の「記憶にない」という言葉にはほとほとうんざりで、スマホ等で簡単に映像・音声の記録を取れる現代では、もう許されるべきでは無い事だと思います。

と言う訳で、その足でそのまま蒲田の大田区役所まで行き、期日前投票を済ませておきました。多くの方と同じように私も今回が初めてです。今まで当日行けなかった時は「この用事があったので仕方ない」とか思っていましたが、もうそういう考えは辞める事にしました。今回の都知事選の結果はどうあれ、今後ちゃんと考えていこうと思っています(その分文句も言っていこうかと。笑)。

あと私的な希望としては、まずは東京都内だけでも犬猫等の生体販売の禁止をしてくれると嬉しいです。都内は地代の高さからどうしても動物を飼うのは難しく、なのに誰でも気軽に買えてしまうというのが問題だと思っています。つくねを迎えるにあたっては、事前に足繫く保護施設に通い、環境の整備とその証明、保証人等や保険の加入等(これは利益的な感じもしましたが)、安易には出来ないようある程度のハードルは設けられていました。一目惚れみたいなのを避ける為、途中途中で何度か検討する余地が残されているような感じですね。そういった事もあってつくねは半年間お迎えされなかったのかも知れません(その施設では一番古参だったみたいです。笑)。

何もしないで愚痴を言う程くだらない事は無いので、どうか「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」でありたいですね。

2024年都知事選行き

ネット界隈で数年前からかなり話題になっていた広島県安芸高田市の石丸市長ですが、この様な人間が国政を担ってくれていたならば今よりどれだけこの国がマシになっていたかと思っていたところ、なんと東京都知事選挙に立候補する事になりました。これにはめっちゃ歓喜しました!

その後6月の15日(土曜日)に渋谷で街頭演説を、その翌日16日(日曜日)に秋葉原でも行われるとの事で、朝からインコと猫達に留守番を頼み、

ここ秋葉原までやって来ました!街頭演説に赴くというのは自身今回が人生初めてです。

正直今まで期待できる政治家や立候補者が居なかったのでこういう事は単なる騒音でしかないと思っていましたが、これまでの彼の活動や言動を見ていた私としては是非生の声を聴いてみたいと思った次第です。

結果からすると、街頭演説では声が聴き難い所があり、また時間も少なかったのでこの場だけの声を聴いても内容は判り難かった所がありますが、その翌日の17日に都庁で政策発表が行われました。こっちの方がめっちゃ分かり易いですね!

こんなにはっきり物を申し、受け答えにも自身の考えを言え、国の将来を考える政治家が今まで居たでしょうか。もし彼の考えに反対する人が居るとしたら、利権を貪って公金等で大きな恩恵を受けているかとかでしょうか。私もこれまで何度か国関係(自衛隊やら消防関係)からの塗装の仕事をした事がありますが、「お金はいくら掛かっても構わないからとにかく規定通りの仕様で納期に間に合わせて!」という尻拭い的な内容で、いずれも市場の2倍くらいの金銭感覚でした。自分のお金では無いからなのか体裁さえ取り繕えればといった感じで、そういう税金の使い方は本当にもう勘弁して欲しいです。

今後は石丸氏の足を引っ張ろうと根も葉もない噂を流布する反対勢力や、もしかしたら氏にとって不都合に思われる過去の事項等が出てくるかも知れませんが、今までの印象からこの人なら都政を任せてみたいと思ったので、今後悪い噂が出ようとも事は気にせず最後まで応援していきたいと思います。

と言う訳で、その後秋葉原から新宿に場所を移します。

今回のもう一つのお目当ては、新宿エキナカにあるEATo LUMINE(イイトルミネ)で、以前から懇意にしていた武蔵小山店が閉店となり、新たに店舗を渋谷に移転、そしてこちらのイイトルミネにも出店される事となりました。

私的には非常に残念ではあるのですが、難しい飲食業界で贔屓にしていたお店が成功していくのは私的にも嬉しいので、何とかまた利用できる機会を伺っていた次第です。

ただ殆どのお弁当が売り切れで、唯一残っていたこちらのヴィーガン弁当はなんと¥2,430!!(笑)。14時まで待てばまた在庫が補填されるとの事だったのですが、結構な時間がありましたし、折角なのでこちらを頂く事に。

この日は一時雨になるかもという天気だったのですが、打って変わって快晴となったので、途中100円ショップで敷物を購入して新宿御苑で食べる事に。

それにしても都内繁華街や観光地は外国人が多く、むしろ日本語を話している方がマイノリティな感じです。インバウンド自体は私的に歓迎ですが、同じ公共機関を使う点としては税金を払っている国民の負担が多少でも優遇されるよう、観光税等をもっと上げて欲しいと思います。この辺も石丸氏に多いに期待しています。

と言う訳で新宿御苑に!

前回は気にしなかったのですが、入園料は200円から500円に上がっていたんですね。私みたいに時々行くくらいなら問題無いですが、地元の子供とか学生は無料にしてあげて観光客を1000円とかにすれば良いんじゃ…。

と言う訳でジャジャーンと!ヴィーガンでは全然無いですが、スパイシーヴィーガン弁当です。

味はというと、言われなければヴィーンガン料理とは全く感じられず、相変わらず一品一品が丁寧に作られているようで味が深くとても美味しいです。もっと近所にあったらなぁ、と。

それにしてもこの日は暑く、雨の為に持って来た折り畳み傘を日傘代わりに使う事とは思ってもみませんでした。これでまだ6月ですから、この後の真夏猛暑日が今から本当に憂鬱です・・・。

それにしても新宿御苑はいつ来ても良いですね。自然を感じられつつちゃんと管理されていて心の安心感というか充実感が大きいです。近所だったら老後は年間フリーパス買って毎日でも来ていたいです。

都内でここまで高い木々がある公園は多くは無く、また道も整備されているので服装(主に靴)を選ばないで来れるのも良いですよね。

その後自宅に帰り、留守を任せていたつくねを丁重にもてなす事に(笑)。

ちなみに西日が当たるベランダはすぐに床が熱くなって、この位の気温でも直に座りたくはない!という程でしたが、パラコードと自在金具で遮光用のタープを貼ってシェードを作った事でかなり快適になりました!

ベランダの床はFRP製で、それ故に紫外線で全体が劣化=細かいクラックが入っていたのですが、これについても先日補修を完了しました。画像が少ないのですが機会があればそちらも紹介しようと思います。

デザインフェスタVol.59 出店

先日の5月18日と19日、デザインフェスタVol.59に出店する為、早朝5時に出発して東京ビッグサイトに行って来ました!

今までは電車での参加だったのですが今回は車での搬入で、ただこの時渋滞に巻き込まれてしまうと大変な事になりますから、知り合いの方のアドバイス通り開場6時に合わせて到着しました。結果スムースに入れて助かりました!

前回はデザインフェスタ公式の運営さんから壁を借りていたのですが、今回はいつものブレーキ屋さんの知り合いでそういった什器を取り扱っている方を紹介して頂き、そちらにお願いする事にしました。費用はデザフェス運営から借りるより高くなるのですが、2回以上使えば元が取れますし、後で改造して使い易く出来るので良いかと思った次第です。

今回は搬入と運転手にアルバイトをお願いし、またよく工場にも遊びに来ている3D原型師のくま3D-さんにも手伝って頂きました。本当に有難い限りです!

予め想定していたブースはこの様な作りで、

実際はこの様な感じになりました。やはりというか実際の現場では1.8メートル四方は狭く感じましたが、全体的には事前に考えていたイメージ通りに出来たと思います。35回連続でデザフェスに参加している知り合いの塗装屋さん(GUNさん笑)が、「商品は目線の位置まで上げないとダメですよ!」というアドバイス通り、とにかく上の方に配置するようにしました。

ただ誤算というか計算違いというか、今回想像していた以上に多くの方にご来店頂く事になり、ブースの前は凄い行列に…!

ただ前日に念のため最後尾のカードも作っておいていたりしました。自意識過剰っぽくてちょっと嫌だったのですが、これのお陰で何とか大きな混乱も無く済みました。ただ次に出る時はある程度人が多くても大丈夫な位置になって欲しいですかね…(GUNさんのブースはもっと凄い事になっていたみたいですが、予め運営が気を利かしてくれているみたいで上手く列を作れたようです。羨ましい…)。

今回は通販分も含めかなり多めにキーホルダーを作っておいたのですが、初日でその殆ど無くなってしまい、急遽早めに切り上げて翌日の分も作る事にしました。本当は車も置いて帰る予定でしたが、工場に寄って材料を持って帰らないといけなかったりもして大忙しです。睡眠時間が・・・。

自宅に戻り、残っている塗装済みのパーツを集め、二日目の分のキーホルダーを作成します。

幸いにして色相環のピースは今後の事を考えて塗装しておいた物が大量にあり、

ただそれらの組付けは全て手作業ですから、とにかくもう時間が掛かります。前日も3時間しか寝ていないのに、この日も寝れたのは3時過ぎでした…。

そして翌日!この日は6時起きで7時に出発です。初日はちょっと暑かったのですがこの日は気温も丁度よく、つくねもご機嫌の朝でした。

二日目もまずは工場に寄って、在庫が切れてamazonに注文しておいたワイヤーリングをポストから回収し、この日も手伝ってくれるくま3D-さんを乗せて会場に到着です。二日目は搬入口では無く、車庫に車を入れて徒歩で会場に入りました。開場前は各ゲートがまだ開いていない状態なのでうっかりすると迷ってしまいそうですが、くまさんが予めルートを確認してくれていたのでスムースにブースまで来れました!

色相環時計は全部で80個くらい用意していて、結構かさばるので1日目と二日目で分けておきました。

二日目の為に用意出来たのがこれらの追加分です。やはりというか見る角度で色が変わるクロマフレア系(マジョーラ等)の塗装が人気で、そちらを何とか増やしました。

二日目は販売する種類も減ってしまったのですが、何とか初日の5割くらいの売り上げに出来ました。この日は時計をお買い上げいただいた方が多く、また30cmの大きい方も買って頂きました!

無料で配る端材セットは、一日目は大混乱だったので配る事が出来ず、二日目で全て旅立ってくれました。レーザーでカットした断面は綺麗なので何か勿体なくて捨てれなかったのですが、取っておいてよかったです!

あと二日目は午後からこちらの臓器提供意思キーホルダーのオーダー制作受付を始めようと思っていたのですが、通路の流れを遮ってしまう可能性があったので、急遽中止とさせて頂きました。楽しみにして頂いていた方々には本当に申し訳なかったのですが、代わりにデザフェス特別価格のままでウェブ受付を行おうと思います。

と言う訳で2日目の午後はドップリ疲れが出てしまい、食欲も全く出ず、歩くと立ち眩みが起きるような状態で、ただわざわざ挨拶に来てくれた方々の所には行こう!と決めていたので、エスカレーターから転げ落ちないよう注意しながら会場を進む事に。

こちらは以前当工場でのワークショップにも来てくれたはる☆どりさんのブースです!はるどりさんの塗装は結構前から見ていますが、みるみるレベルが上がっていって今や玄人はだしです。

ノンベエさんはこの日まで会った事は無かったのですが、それまでTwitterでやり取りをしていてわざわざ開場前にも顔を出してくれたのでご挨拶に伺いました。デジタル3Dデータと鋳造と古墳という組み合わせが面白い作品です。ピンバッジが好きすぎて遂には自作するようになってしまったヤバい人です(笑)。

こちらはめかぶさんのブースで、つくねを強くしたような猫のフィギアがめっちゃ良い感じです!最近の3Dデータでは無く粘土から原型を作り、シリコーンで複製するという職人的な製法との事でした。原型が同じでも塗装自体で全く別物にみえるのが面白いですね。

今回もっと撮影しようと思っていたのですが終始パニックで、殆ど引きの画しか撮っていませんでした。他の方の作品ももっと近くで撮っておけばよかったんですよね。

尚、今回予想以上に反応が良かった理由を幾つか検証してみました。

【半年間掛けて制作と同時にその作業工程もSNSでアップしていた。】

いつものブログと同じ方法で、私の好きな漫画ギャラリーフェイクで主人公のフジタが翡翠(フェイツイ)に宝石を高値で売る手法です。新しい作品が出来たらその都度紹介して購買意欲を高めました。


【プレゼント企画を沢山行った】

ハンドメイドの量産品なのでどうしても失敗作が出来てしまい、ただ直すくらいなら作り直した方が早いですから、そういったB級品的な物をTwitter(X)で抽選プレゼントを行い、リツイートして貰って多くの方に見てもらえるようにしました。


【見本を多く用意した】

販売する物とは別に、梱包しないままで実際に手で持って触れられる見本を、テーブル手前に沢山置いておきました。

本当はそのスペースに塗装したBOSEのスピーカーとアンプを置く予定だったのですが、本屋さんの平置きよろしく重要なそのスペースにキーホルダーを並べる事で気軽に見てもらおうと思った次第です。

ちなみに見本は当初こちらも綺麗に棚に並べようと思ったのですが、ドンキみたいに多少乱雑な方が気軽に手に取り易いと思って敢えてテーブルの上にばら撒くように配置しておきました。一つずつ「見本」のタグもつけ、気兼ねなく持ってもらえるようにもしています(私もそうですが明確に記載がないとどうしても遠慮して触れられないんですよね)。


【値段を安くした!】

通常ウェブショップで販売するよりかなり値段を下げました。というのもウェブショップでの販売はどうしても発送の手間が掛かるので逆に値段を上げざるを得ないというのが現状でした。店頭での販売ならその手間が必要無く、梱包も必要最小限で済むのでコストを抑えられます。


あと一番は、やはり昔からデザフェスに参加していて超人気のGUNさんを身近に見て勉強させて貰ったのが大きいと思います。実際にこれまでGUNさんの隣でやらせて貰い「商品は目線の高さに」とか「壁を借りるのは高いけど全体のイメージに必須アイテム」「極力シンプルに!」というのを意識しました。

特に最後の「シンプル」は重要で、実は直前まで値段設定を細かく別けていたのですが、展示する上で非常に判り難いかと思い、これを8種から4種に減らすことにしました。間の値段設定は全て下に合わせたので売り上げでみると損なのですが、回転率と集客の方に重きを置く事にしたのです。これでただでさえ判り難かったそれぞれの違い、多少なり解消されたと思っています。デメリットとしてはお客さんが増えすぎた事なので、次回から多少なり値段をアップしていこうと思っています。

ちなみに今回の壁はレンタルでは無いですから、終わった後はうちで保管するようになっています。900×2100なので一般家庭だとまあまあ(というかかなり)邪魔なサイズですが、工場の一部に何とか仕舞っておけるようスペースを設けました。借りるより費用が高く、また都内でこのサイズを保管するのはどうしてもコスト高となってしまいますが、次に使う際には自分で好きなように棚を着けたり、予め壁紙を貼っておいたりして自分好みに楽しめるのが良いと思った次第です。

次のデザフェスは11月で、既に参加は申し込み済みですが、抽選で外れる可能性もあります。当たったら四国の鍛冶屋さんと隣同士のブースで出店する事になるのでそれも楽しみです。

今回当ブースに足を運んで頂いた方々有難う御座いました!また是非今後共よろしくお願いいたします!