ウェットブラスト用ボックス改⑤

先日塗装を終えていたサンドブラスト用ボックスです。

ドレン箇所に塗ったシーラーが固まったので、水を出してテストしてみました。

ドレン部分は問題無いのですが、ブラストガンを取り付けているボルト部分から水が漏れていたので、

一旦取り外し、Oリングを挟みました。以前真空脱泡器のデシケーターを作る時に買っておいた汎用品ですね。

無事漏れが停まったので再チャレンジです。ちなみに水は外の蛇口からホースを引っ張って繋いでいます。ブース内に蛇口があれば便利なので、いずれこれも作りたいですね。

メディアには、以前ランサーヘッドカバーの足付け処理に使って余った重曹を使用します。

テストに使う対象物は端材のアクリル板です。

動画撮り忘れたのですが、大体1分くらいやってこんな感じになります。

アクリル板の表面には非常に細かい目の凸凹が出来ていて、上塗りでは全く影響が無いですから、恐らくは#1500~#2000くらいの目になっているかと思います。見た目は曇りガラスそのままです。

判り易いよう、半分だけマスキングしてウェットブラストを当ててみます。

なるほどこれは判り易いですね。

ただやはりと言うかメディが使い古した重曹なので威力はありません。そもそも剥離用では無いのでそこまで威力は必要無いのですが、時間が掛かるのは嫌なので、本番では新しい物を使うか、もしくはガラスビーズなどに換えても良いかもです。

あと残った課題としては、排気装置を付けていないので作業中はモクモクで奥が見えません(苦)。LEDライトの照射が何だか幻想的で、どこかで見た光景のような気が・・・と思ったら、多分未知との遭遇のワンシーンかな、と(判りませんか・・・笑)。

ベランダに置いてあるサンドブラストの方では、箱自体が大きいのと、使っているメディアが粗い事(重い事)、また3箇所に排気口を設けているので自然排気でも大丈夫なのですが、こちらのウェットブラストにはやはり何かしら強制排気する機構を着けないと駄目そうです。ただ排気はファン周りが汚れるのは嫌なので、送気する方法で何か考えようと思います。わざわざ電源繋ぐファンより、コンプレッサーからのエアーで風を送った方が効率良さそうですかね。

まあでもとりあえずこれで思い立ったら直ぐに作業が出来るように出来たので、今後は先日と同じ様にスバルエンブレムの星部分の塗装に対応が可能となり、今度は違う仕様で色々試してみようかと思います(ただネチネチとした作業自体は必要なので、出来れば当面はそちらも控えたいところではあるのですが・・・苦)。

ウェットブラスト用ボックス改④

先日照明の仮組みを終えていたサンドブラスト用のボックスです。いつでも気軽にウェットブラストが使えるよう、脚を着けたりして復活を試みています。

取り付けた脚はドリルビスでの仮止めだったので、それを取り外してM6のボルト用の穴を開け、タップを立てます。

全体を足付け処理してよく脱脂清掃しておきます。

キャスター部分もドリルビスからボルトに交換します。

バリはダブルアクションサンダーで均して、

全体をスコッチ#320で足付け処理し、

まずはプライマーを塗布します。

塗る時は回転台に乗せているのでわざわざ自分の位置を変えたりせず、定位置に立ったまま楽に塗れます。車体を塗っていた時は自分が動くのが当たり前だと思っていたので、これを使った時は目から鱗でした。

ブラストボックスにもプライマーを塗っておきます。

脚は濃いグレーにしようと思っていたのですが、メタリックの原色がかなり余っているので、早めに消費してしまおうと考えシルバーにしました。

表側は艶消しクリアーも塗っています。

排水用のホースも掃除したついでに塗ってみる事に。

しかし何だかおもちゃみたいになってしまって、これは失敗しましたかね・・・。

本体はフェラーリロッソコルサ(300)で、こちらも艶消しクリアーを塗っています。塗料も余っていて長く使っていなかった物を再利用しています。

さすがに恒温機(乾燥炉)には入らないので、赤外線ヒーターで熱を掛けています。

外しておいたアングル(キャスター)を取り付けます。

脚を取り付けます。

無用に開けてしまった穴がちょっと残念ですが、やはりと言うか皿ネジよりボルトの方が断然格好良いですね!

そもそも長くベランダに放置されてゴミになりかけていたブラストボックスと、

在庫していた部材や廃材を使っているので、コストが殆ど掛かっていないのが良いところでしょうか(そもそも専用台が1万円で売っているのでそれに負ける訳には行かないという・・・)。

照明も取り付けて配線を繋ぎ、実際に点灯してみました。十分な光量と、左右からの照射なので影が出来なくてとても見やすいです!

あとは送気(または排気)ファンを取り付けないといけないのですが、とりあえずシーラーが乾いたら実際に水を入れて試してみようと思います。ファンじゃなくてコンプレサーからのエアーをそのまま入れても良さそうですかね。

3M DP460オフホワイト

塗装の仕事でよく使っている3Mのエポキシ接着剤ですが、

懇意にして頂いているオートサプライヤーさんから、新しい型の物を譲って頂きました。多分日記でいつまでも古い型が登場しているのを見て心配してくれていたのだと思います。まだ在庫が残っていたので、マイナーチェンジしている事に全く気が付きませんでした・・・!

これと同じことがコンパウンドとかでも起きていて、対象が小物だと自動車補修と違って使う量がかなり少ないですから、知らない間に廃盤になっていた(もしくはパッケージデザインが変わっていた)なんて事が頻繁に起きています。情報過疎は怖いですね・・・。

と言う訳でジャジャーンと!昔取った杵柄じゃないですが、自宅で使っていた小型ガンを持ってきました。

普段パネルボンドは大型のガンを使っていますが、それを片手で使えるような小さいハンドガンのキットです。つい先日買った物かと思っていたら、もう8年以上経っていたんですね・・・。

ちなみに自宅では、外壁の高い所で起きていた配管漏れの修理に使っていました。本来なら配管ごと取り替える作業になる筈ですが、表側から足付け処理をしてプラスチックプライマーを塗布、ファイバーマットを貼ってパネルボンドで固めました。その後一年以上経っていますが全く問題ありません。

が!どうやら今回頂いたDP460オフホワイトは既存のカートリッジでは装着出来ず、メーカー(3M)に問い合わせたところ、これ専用のガン(スコッチ・ウェルドEPX PLUS2 アプリケータ)が必要との事でした。形は似ているのでてっきり汎用出来るのかと思っていましたが、なるほどそういう作戦ですか・・・。

という事ですが、オートサプライヤーさんに相談したところ、なんと既存のガンに使えるブランジャーを見つけて来てくれました!

最初のキットに入っていませんでした?との事ですが、出たばかりの時に買った物だったので、多分この設定は無かったのではと・・・。

左側の二個が元々使っていた物で、右端のが今回のDP460に使うブランジャーです。形を変えているのは、誤使用を避ける為でしょうか(それならまあ判るのですが、そんな人居るんでしょうか・・・)。

と言う訳で無事装着完了です。素晴らしい~!

本来は先端に専用のノズルを装着するのですが、材料費を気にせず使えていた自動車補修(保険修理)と違い、今の小物塗装ではそこにも重きを置かないと仕事として成り立ちませんので、未だにヘラを使って混ぜる作業をしています。もしかしたらポリパテも缶から毎回ヘラで出したりしているような事はもうして無いのかも知れませんね。

と言う感じで、独りで仕事をしていると全く情報が入って来なかったり、今やっている事が全くの時代遅れ!と言う事が起きたりする訳ですが、オートサプライヤーさんと繋がっていれば今回のように色々な場面で助けられたりします。本当に有難い限りですね・・・!

2021年陣馬山~高尾山行き

先日の日曜日、知り合いの塗装屋さん(GUNさん) と一緒に陣馬山に登山に行って来ました。JR川崎駅の南武線乗り場、6:32分発で待ち合わせです。

GUNさんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければどうぞ。

マスキングシートを届けついでに

ちなみにGUNさんとは元々知り合いだったという訳では無く、今になってはどちらか先なのか判らないのですが、掲示板かSNS等でコメントを入れてそこから交流が始まって仲良くなったという感じです。

1時間半程電車に乗って高尾駅まで行き、そこから8:10発の西東京バスに乗って30分程走ります。

そして陣馬高原下の駅に到着です!時間を見直してみると、8:39分着になるようです。この日は梅雨が明けた2日目で、天気は非常によく、ジリジリと身体が焼けていくのが判ります。

ただちょっと日陰に入ると結構涼しくて、

特に川の近くは天然のクーラーを浴びているくらい気持ちが良いです。近所の散歩も楽しいですが、やはり山の中って感じが最高です・・・!

それにしてもこの道、普通に車が通って行くので、地元民にしてみれば登山客は結構迷惑なのかも知れませんね・・・。

と言う訳で登山道入り口です。記録を見るとこの時点で9:08でした。スマホでの撮影だと後から場所や時間が判るので便利ですね(今のカメラなら普通に出来ますか…)。

ちなみに今回の撮影も全てスマホ(Google Pixel3a)で、一部スマホ内で加工をしている物もあり、その後PCにダウンロードした物は画像を縮小しています。カメラは重たいのと、後で加工修正するのが面倒なので(もはや仕事以外では出来るだけPC作業から離れたいのです)、登山に傾向する事はもう無いかもですね。

どこかで見た事あるような景色だと思ったら、前回もここで撮影していますね!

そして陣馬山頂上に到着です!時間は9:58でした。

以前来た時はやっていなかったような気がしますが、この日は茶屋さんが営業していました。

早速GUNさんは燃料補給です(笑)

天気は非常に良かったのですが、富士山には雲が掛かっていてその姿を拝める事はできませんでした。

と言う訳で続きます。

そして景信山に到着です。この時13:28でした。

陣馬山からまさか3時間半も掛からないので、最初の休憩で大分ゆっくりしていたようです。

そして景信山の茶屋さんでは天ぷらをご馳走に!

毎回内容が少し変わっているのと、出来立てが食べられるので私的に大好きな一品です。これで400円は安すぎる・・・。

そこに生えていた花?が珍しいと思って後で調べてみたら、この後登山道に沢山生えていたのと同じオオバギボウシという事を知りました。この状態だと小さくて可愛らしいのに、登山道に生えているのは背丈もあって全く違う植物だと思うくらいでした。美味しく食べられるそうです(まさかこれが天ぷらに!笑)。

今回の陣馬山~景信山~城山~高尾山のルートは尾根歩きが出来るのでとても気持ちが良いですね。

ちなみに今回は、以前買っておいたストックを持ってきました。3年前に痛めたアキレス腱は未だ完治しておらず、今回の登山でも不安はあったのですが、これを利用する事でかなり脚への負担を減らせたと思います。

城山から高尾山までの途中には、以前行った相模湖が見れました。故郷に戻って来たような感じがして何だかホッとします。

そして城山に到着です!

暑い季節に山に来る事は殆ど無く、ただいつもGUNさんがブログやSNSに投稿していたこのカキ氷を食べたく、今回遂にそれが叶いました!

ちなみにこれでも普通盛りで、ノーマルだと¥300、私が食べた宇治金時でも¥500でした。氷の量は勿論、シロップ・練乳・小豆どれも大盛で、都内でこれなら倍以上はしますよ・・・。

途中にはフサフジウツギ?に止まる大きな蝶々が!

調べてみるとアサギマダラとの事で、止まっている花は多分以前自然教育園で見た花と同じだと思うのですが、フサフジウツギは有毒なのに蜜を吸っても大丈夫なのか?!と思ったら、蝶は大丈夫みたいです。

ただそうなると蝶も有毒なのでは?と思ったら、やはりアサギマダラも有毒みたいで、それによって鳥などの捕食者に食べられ難くなっているみたいです。フグと同じなんですね。

その後は高尾山を経由して稲城山ルートで下まで降りて来ました。ここでも十分に水が綺麗です。

そして温泉に!

この日はちょっと信じられないくらの汗を掻いたので、このお風呂が最大の愉しみにでした。あとお酒と食事も(笑)。

・・・が!この日は緊急事態宣言という事もあってアルコールの提供はされていなく、まあ仕方ないのでご飯(それとデザートも)を頂く事にしました。以前利用した時にお蕎麦が想像以上に美味しかったのを覚えていたので今回もそちらを頂くと、やはり美味しかったです。とろろも最高でした・・・!

懸念していたアキレス腱は最後まで問題無く、帰ってからちょっと痛みが出たので保冷剤を巻いて寝る事にしました。

翌日朝にはその痛みも無くなっていて、ただ下半身の筋肉痛がひどく(笑)、この日は徒歩では無く自転車で通勤する事にしました。

ただ今回の山行で脚は何とかなるのを確認出来たので、次は以前行った丹沢に、もう一度登りに行こうと思っています。またその際には日帰りでは無く、上の山小屋に一泊して行こうかと考えています。