デザフェスVol.59 準備

先日に引き続き、今年5月18日と19日に東京ビッグサイトで開催されるデザインフェスタVol.59に出店する為の準備を行っています。

勿論この辺の作業は仕事とは別に行っているのですが、その中で例えば良さそうな色を見つけたら、

作業のついでにアクリル板の端材に塗っておき、

その色のキーホルダーを作成したりしています。

またその過程で出るゴミの端材ですが、

レーザーでカットした物はそれ単体で結構格好良く、

台紙を剥がした際に出てくる綺麗な面にはちょっとした感動が得られるので、

こんな感じで10個くらいをランダムで袋に入れ、デザフェスで販売&無料配布する事にしました。商品一個買って頂いた方には無料で一袋、単体なら100円といった感じです。

使う用途は自由で、こんな感じにフィギュア等の台座に使って、

貼って剥がせる接着剤などを遣えば倒れやすい物でも管理がし易くなるのでは、と思っています。

ちなみに中身を選ばれてしまうと他の方の邪魔になってしまう恐れがあったので、こちらは紙袋に入れておく事にしました。ただでさえ赤字事業なのでこちらの作業もアルバイトにお願いしています。

今回は単独での出店なので両隣は知らない人ですから、ちゃんと自分の陣地内で出入りが出来るよう、テーブルは横幅1500の物にしておきました(前回はレンタルするのが遅くて1800幅しかなかったのですが隣がGUNさんなので問題無かったのです)。

と言う訳で実際に本番さながら工場内で設営テストを行いました。1500幅のテーブルに横幅300ミリの100円ショップで買った有孔ボードを4列並べるような感じです。

棚板も自作品で、キーホルダーを置いた際、角度を三段階に変えられるようにしました。並べる場所(高さ)によって人の目線に合わせて光が当たり綺麗に見えるよう工夫しています。特に下の方は目立たなくなってしまうので寝かせる必要があるんですよね。

また前回と同様、小物塗装屋として分かり易いようBOSEのスピーカーとアンプも飾ろうと思います。普遍的なデザインの物が余り見ないカラーリングになっていると結構目を引きますよね。私がこれを見かけたら多分声に出してしまいます(これの車載用を18歳の頃に初めてのローンで買った為に思い出深い製品なのです)。

最初はGUNさんのブースの一部を間借りして、この棚一個からのスタートだったんですよね。PRO_Fit完全オリジナルの色相環キーホルダーはこの時まだ出来立てほやほやで、今より色相環の出面が少なく(背板が厚く)、現在に比べると野暮ったい感じがあったんですよね。感慨深いです。

デザフェスまで残り二週間ちょっととなりましたが、一応まで新しい色を作り続けています。

自動車のボディカラーにはティファニーグリーンやこちらのポールスミスブルーなど、ファッションブランドとタイアップして出来た色があり、正直塗装屋としてはもっと良い色があるのは知っているのですが、一般の方向けにはやはり周知し易い所があるので採用してみました。

原色には赤味のあるブルー、青味のあるバイオレット、青味のレッドが使われていて、室内だと紺っぽく見えますが、光に当たると鮮やかな赤味が出るのが特徴です。自動車ボディ(ローバーミニ)で見るともっと鮮やかな青に見えますが、このサイズだとどうしても暗く感じてしまうので、是非カバンにつけて屋外で使って欲しいですね。

評判が良ければ継続して量産してウェブショップでも販売出来るようにしたいと思います。

色見本キーホルダーラインナップ

5月18日~19日に開催されるデザフェスで販売予定の色見本キーホルダーをまとめて紹介しようと思います。

こちらは最もスタンダードな「黒枠」「背板結晶塗装黒」「ミラーキャンディー 」の仕様となります。値段も一番低い設定の物ですね。

初期の頃は色相環の12色をソリッドカラーで作っていましたが、今回はミラーアクリルへのキャンディー塗装をメインにしました。材料費的にはこちらの方が高くなってしまうのですが、手間的には変わらないですし、こちらの方が一般受けし易いという所があるからですね。

単純に色相環を配しただけの物なのでオリジナル感は少ないのですが、私的にカチっとしていて普遍的なデザインが好きなので、最近はこの縛りの中で色々出来る事をやってみています。その方が集中して出来るのでやり易いんですよね。

裏側にはどれもこちらのRGB値を記した色相環をレーザー彫刻&塗装を施しています。

あとソリッドカラー・ミラーキャンディーとは別に、こちらのメタリックキャンディーも幾つか作っています。前者はどちらも2コート塗装ですが、こちらは3コート塗装となるので費用も少し高くなります。

そしてこちらは背板を「ホログラムラメ」にした仕様です。

レーザーカットした透明アクリル板の裏側にラメを定着させ、表側にもクリアーを塗布しています。通常のラメ塗装と違い「下色無しで完全隠蔽」とした仕様ですから、太陽光にあたると非常に煌めきが出るのが特徴です(表面が激しく凸凹になるので通常の自動車外板塗装等では絶対やらないような仕様です)。

画像だと全く魅力が出ないのですが、屋外では非常に美しい煌めきを感じられるので、実物が見れるデザフェスに丁度良いのでは、と思った次第です。私的にもこれが一押しです。

ただ穴と周りのバリ取りが非常に大変なので数が出来なく、かといってあまり金額も上げられないので「作れば作るほど赤字が膨らむ」代表的な作業だったりします。

是非カバン等に着けて屋外で使って頂きたいところです(屋外でこそ良さを感じられるかと思います)。

そしてこちらは枠を「ウォルナット」にした仕様です。

ウォルナットにする事で材料費は上がったのですが、文字部の塗装をしなくてよい!という事もあり、こちらも最安値の商品となっています。

やはりというか人気が高く、ウェブ販売でも数分で売り切れてしまいます。

こちらはさらに背板もウォルナットにした仕様です。オールウォルナットと呼んでいる製品ですね。

それぞれ違う厚さの材料を使っているのでさらにコストは高くなっているのですが、実際には塗装費用が一番コスト高なので、それが無いお陰でこちらも最安値の商品となっています。ただ塗装箇所が少ないので私的にはちょっとつまらないかなぁ、と思っています。

裏側のプレートなんて全く塗装とは関係無いですから、これは楽極まりありません。時々アクリル板をカットだけしただけの作品を見ますが、あれなら本当に楽だろうなぁ(儲かるだろうなぁ)と思ってしまうのが本音です(もちろんそんな訳はないとは思いますが)。

そしてこちらは白枠とミラー背板を使った仕様です。

アクリル板は元々白い物を使っています。

背板はミラーアクリルで、元々厚さ2mmの物を使っていましたが、それだと色相環のピースが浅くなってしまうので新たにこれを1.5mmに、ただしそれをクリアー塗装すると激しくクラックが生じてしまうので、こちらは未塗装としました。質感はクリアーを塗ったそれに比べるとどうしてもチープなのですが、お陰でコストは下げられてこちらも最安値での販売が可能となっています。

尚、各料金については変動するのでこちらでは控えるようにしていて、ウェブショップのサイトを参考にして頂ければと思います。

そして今回、新たに「透明アクリルの裏側から塗装」した物を多く取り入れる事にしました。

今まではクロマフレア系(マジョーラ等)の特殊塗装のみで採用していた手法ですが、今回は「先にアクリル板に塗装し、その後レーザーカットする」という方法で量産化が可能となりました。

というのも、レーザーカットした断面はその際の熱により分子鎖が破壊されているからか、その後塗装を行うとかなりの確率でクラックが生じてしまうのです。

例えば以前作ろうとした透明仕様の色見本キーホルダーですが、

「レーザーカットしたアクリルでも大丈夫」と謳っている製品でもこのような惨事になってしまうので諦めていたのですが、

先に透明アクリルの裏側に塗装を行い、

その後レーザーカットする事で大幅なコストアップを避けつつ、色々なバリエーションが可能となりました。

こちらは枠をブガッティのティファニーグリーン(カラーコード:V603)、背板をホログラムラメ、色相環12色はミラーアクリルにキャンディー塗装を施した仕様となります。さわやかで良いですよね。

ちなみにブガッティのティファニーグリーンは実車に塗る事を想定しているので白や黒が少量入っていて(隠蔽力を高める為や大面積になる事で派手過ぎるのを抑える為)、それ故に多少なり濁りが生じてしまっています。

なので鮮やかさを求めるならば以PCケースBOSEのスピーカーに採用したミントグリーンの方が良いのですが、今回は一般向けに「ティファニー」の名を遣えるこちらを採用されました。ティファニーはこの色で商標取っているので何かの拍子に突っ込まれたら嫌ですから、そういった点で自動車のボディカラーを使う分には安心です。ネット警察のように自分の正義を盾に大きな声を出す人は出来れば避けたいですからね。

他にも裏から塗る3コートキャンディーカラーを試したりもしたのですが、

通常の順番と違って「プラスチックプライマー→キャンディーカラー→メタリック→クリアー」だとブリード(滲み)が生じてしまうようなので、こちらは一応失敗作となっています。

こちらも同じくキャンディレッドの仕様です。

キャンディーベースとメタリックベースが混ざってしまったような状態なんですよね。

ただこれの不思議なところとして、今まで何度か同じような事をやっているスバルのエンブレムではそんな事は一度も起きていないんですよね。

こちらです。

今回もこれをイメージして塗ったのですが、何故か今回は途中の二層が混ざってしまったんですよね。どちらか一方ならそういう事もあるのかと思うのですが、2色とも起きてしまったので何か大きな間違いがあるような気がしているのです。多分仕事では無いから急いで塗ってしまってのフラッシュオフタイム(コート間の乾燥時間)不足かもですね。これがキーホルダーで出来たら格好良かっただろうなぁ、と(まあこれがあるから塗装はいつまで経っても面白い!と思えるのですが。笑)。

こちらは背板を蛍光マゼンタ+ホログラムラメ(少量)にした仕様です。少量でもラメはクリアー層から突出してしまうので2度塗りが必要なのですが、今回は料金は抑えめにするようにしています。前回のデザフェスではGUNさん効果のお陰でそこそこ売り上げがありましたが今回は単身なのでどうなるか全く予想が出来ず、なのでとにかく多くの方に見てもらわないと始まらないですからね。

仕事だけをしていれば安泰ではあるのですが、新しいことをしないとどんどん時代遅れになってしまいますし、いずれは自宅または郊外で塗装の仕事を続けていけるよう、まだ体が動くうちに何かしらを持っておければと思っています。

また今回多くの商品を作れたのはアルバイトをお願いしたお陰で、

今回のデザフェスでは受付も手伝って貰おうと思っています。

というのも、

今回はオーダーメイドでその場で作るキーホルダーの販売もやろうと思っていて、私は奥のスペースでこれらを作る作業に専念出来ればと考えています。初日は忙しくて出来ないかも知れませんが、比較的暇になる二日目であれば何とかなるのではと思っています。

場所は南館の4階となっています。デザフェス59の概要についてはオフィシャルサイトを参考にして頂ければと。

サラリーマンを辞めて独立した時のようなドキドキ感が楽しく、なんとか本業に影響ない範囲で出来ればと思っています。

デザフェス用 色見本キーホルダー制作

以前から趣味で作成している色見本キーホルダーですが、色相環に使っているピースが無くなってしまったので新たに増産する事にしました。前回200個分作ったので当面は大丈夫かと思っていましたが、結構あっという間になくなってしまったんですよね(その理由としては試作で1/4が消えてしまいました…)。

また今回はもう作るのは辞めようと思っていたメタリックキャンディー(3コートキャンディーカラー)も作る事にしました。これの理由としては、余り気味だった3mm厚の透明アクリル板の端材が有効利用出来るという点です。

ちなみにミラーキャンディー仕様では、下色のシルバーメタリック塗装が不要となりますので、ソリッドカラーと同じく2コート塗装で済み、コスト(販売価格)が低めで抑えられるメリットがあります。

と言う訳で一応定休日となっている土曜日を利用して本塗りを行いました!

尚、アクリル部品はレーザーカット後に足付け処理も行っています。

側面はさすがにペーパー掛けしていませんが、恐らくレーザーカットした際に断面に細かいクラック(気孔のような物)が出来ていると思われるのでそれを頼りにしています。尚、ミラーアクリルを使った壁時計が出来ないのはそれが理由でして、透過して見えてしまうピースは細かいクラックが目立ってしまうので商品にならないんですよね。ソリッドカラーや3コートキャンディーの壁時計でピースの裏側に和紙を張っているのは、それらのクラックを見えなくする為の物ですね(普通の方が見ると落として割れたのだと思ってしまう為)。

尚、3コートメタリックキャンディーのデメリットしては、下地にシルバーを塗る分膜厚が大きくなってしまう事から背板に装着する際にバリをしっかり削る必要がり、これが非常に手間なので出来れば避けたかったんですよね。

ただ今回12色まとめて塗るのと、こちらが好みという方もいらっしゃると思いますので、どうせなら!という事で何とか奮起した次第です。

臓器提供意思キーホルダー用のピースも何個か混ぜておきました。

こちらはテスト的に新しい色を枠に塗ってみた仕様です。Twitchのロゴに採用されているPANTONE814の紫ですね。

これの良いところは先ほども紹介したように「余り気味だった3mm厚の透明アクリル板」を使用出来る事で、

裏から色を塗り、表側は文字をレーザ彫刻&塗装しています。わざわざ黒いアクリル板を買う必要が無く、捨てられる筈だった端材を再利用出来るのが良いんですよね。

その他キャンディーカラーも試してみたのですが、こちらは通常とは逆の順番で行ったからか、メタリック層とキャンディー層で色が混ざってしまう「滲み」(ブリード)が発生してしまいました。これの解消方法としては最初に塗るキャンディーカラーをトップコート仕様にするか、またはクリアーを塗ってそれぞれ一旦完全硬化させた上でシルバーを塗れば大丈夫だと思うのですが、さすがにそこまで手間を掛けていられないのでこちらはボツですかね。

まあでもこれはこれで良さそうだったので一応完成させました。

メタリック系の枠とホログラムラメの背板との組み合わせはとても良い感じです。

文字は白=STANDOX MIX870を使用しています。

こちらは同じく透明アクリル板にホワイトパールを塗った仕様です。よく見ないと判り難いので(白アクリル板とあまり区別がつかないので)、掛けた手間に比べて費用を上げにくいですから、こちらも今回以降はボツですね。

こちらは白アクリル板を使った仕様です。色相環の背板にはミラーアクリルを使っています。

ミラーアクリルのデメリットは指紋や埃が凄く目立つ事で、私的にこれが嫌でボツにしていたのですが、白枠と同様、ワークショップを行った時の参加者方々から評判が良かったので、改めて採用してみる事にしました。またデメリットを補う方法として、指紋や埃が付かないよう透明なOPPフィルムで包んでおくようにしました。ご購入後にワイヤーまたはキーホルダーを取り付けるシステムにします。

あと以前テスト的に作ったブラックホログラムラメの背板が良かったので、こちらも増産する事にしました。

 

途中自宅でUVレジンを使って作っていましたが、余りにも手間が掛かりすぎるので、こちらも仕事が終わった後(または休日)に工場で作るようにしました。

工程としては結構手間が掛かっていて、


■裏側・・・足付け処理→プラスチックプライマー塗布→クリアー塗布→強制乾燥完全硬化→足付け処理→クリアー塗布→ホログラムラメ塗布→クリアー塗布→強制乾燥完全硬化→クリアー塗布→強制乾燥完全硬化

■表側・・・足付け処理→プラスチックプライマー→クリアー塗布→強制乾燥完全硬化


となっています。裏側の塗装で最初に一旦クリアーで下塗りをするのは理由があって、ここでいきなりラメを塗るとそれが沈殿してアクリル層に到達してしまい剥離し易くなってしまうんですよね。

先ほどの工程が終わった裏側です。凸凹はしていますがクリアーでコートしているので粉っぽく無く、ラメが簡単には飛散しないようになっています(ラメがその辺に飛散するのは本当に嫌で…)。

表側にクリアーを塗る理由としては、アクリル樹脂素地そのままよりも塗装の良い質感が感じられる事ですね。ちなみにこの穴にそのままピースは入らないので、12個の穴の側面全てをカッターで切り込んで余分なバリを取る作業をしています(中々の地獄です)。5回に一回くらいは柱を折ってしまうので、それを見越して多めに作っています。とにかく時間の掛かる作業で、これを仕事として考えると採算が合わないどころか会社が傾いてしまいますから、これらは自宅に持ち帰って寝る前の一時間とかに作業するようにしています。社外記の更新頻度が減ったのはこれが理由ですね。

その他スバルデザートカーキや、フォルクスワーゲンのハーベストムーンベージュ等、アースカラー的な物も試していたりします。こちらは透明アクリルよりも艶消し仕上げの方が似合いそうな感じです。

これらのパーツは事前に塗装出来る準備だけをしておいて、仕事で艶消し黒を塗る際に一緒に塗らせて貰うようにしています。今まで見てきた会社をダメにする人の一例としては、仕事よりも個人的に楽しい事を優先しているように見受けられるので、とにかくそうならないよう注意しています。

こちらは蛍光マゼンタで塗った仕様ですね。

ちなみにハリネズミのデータはシルエットデザインさんの物を使わせて貰っているので、販売する場合は15種類以内という縛りの中でやっています。

こちらの臓器提供意思キーホルダーは、それぞれのパーツをお好みで選んで頂き、それらを組み合わせ作るオーダーメイド的な事でやってみようと思っています。なので使えるハリネズミは15色ですが、それぞれのパーツと組み合わせて出来るのは数百種類!という事が可能になる訳ですね。

と言う訳で、今後の5月18日~19日に東京ビックサイトで開催されるデザインフェスタNo.59でこれらの製品を販売する事にしました!

↓イメージとしてはこんな感じです。

↓前回は一年半前に参加していて、この時はGUNさんのブースの隣で、BLACKRABBiTのキーホルダーを作成して販売させて貰いました。

デザインフェスタ56行き

ただこの時は年間の売上額が200万円ダウンという衝撃的な事が発覚し、その後は参加を控えていたところでもあります(というか当面出ないつもりでした…)。

ただその後も色見本キーホルダーは作り続けていて、

色々な仕様を増やした事、ウェブショップでの販売も好評だったので、だったらという事で準備期間を一年くらい設け、今回のデザフェスには参加しようと思った次第です。

新たに制作したウォルナット仕様は材料費が高くなりましたが文字部分の塗装が必要無いので他の製品と同額に留めています。

今回光熱費や材料費が高くなったので値段も少し上げようと思ったのですが、

初のオリジナル作品のみでの出店という事もあって、むしろウェブショップよりかなり安い金額設定としました。

また今回は、いつもブレンボキャリパーの下準備をお願いしているブレーキ屋さんの知り合いの什器屋さんが壁を作ってくれるという事で、Blenderというフリーの3Dデータ作成ソフトを使って事前にレイアウトも考えてみました。

最初に考えたのが上の仕様で、ただGUNさん曰く「これだと中に人が入って来ない」=入り難い傾向にあるとの事なので、

前回と同じく机を通路ギリギリまで出して棚を並べ、さらにそのすぐ後ろに壁を立てて時計を吊るす事にしました。当日はアルバイトもお願いしていて、私は後ろのスペースで先ほどの臓器提供意思キーホルダーの組み付け作業が出来るようになってます。

ブースの場所は抽選で、南館の4Fの「P-343」となります。中の方に埋もれちゃっている感じですかね…。

前回はGUNさんに2ブース借りて貰ってのその隣だったのでとても良い場所になりましたが、今回は実質初参加で実績も無いのでまあこれは仕方ないかなと(抽選と言えど忖度はありますよね)。

ただネックなのは搬入で、今回私は車で行くつもりだったのですが、一緒に乗っていく予定だったGUNさんが1Fなので、それぞれの階に乗り付けるのは厳しいっぽいんですよね。多分凄い渋滞になるので時間的にどちらにも車を着けるのは難しいのかと…。

尚、今回は前回手伝って貰った3D原型師のくま3Dさんも一緒に参加で、彼の作品も並べられるようにする予定です。

という感じで、また進展あったら紹介しようと思います。宜しければご検討くださいませ!

2024冬 千葉ツーリング②

前回の続きで、一泊二日で千葉にツーリングに行ってきた時の紹介となります。

先日の記事にも書いたのですが、今回のツーリングは素泊まり、食事は外で食べようと思っていたのですが、こちらの南房総千倉にある魚拓壮鈴木屋さんの評判がとても良かったのでお世話になることにしました。

創業100年という事で建物や設備の古さはどうしても否めませんが、むしろ昔ながらの漁港宿という感じの雰囲気がとても良いです。ポットとかの備品も懐かしい!

廊下の床が軋む感じもとても良いです。

バブルの観光ブームの時は沢山賑わったのだと思います。後から増築?したのか、渡り廊下みたいな所がとても良いです。

こういう流し台、懐かしい・・・!

最近は昭和ブームも起きていたりするので、むしろこういうのをもっと売りにしても良さそうな気がします。

バイオハザードと言うかちょっとしたホラー感もあったりするので(私的にとても好きです!)、貸し切りが出来ればリアル謎解きイベントとかやっても面白ろそうですよね。

こんなところにセーブポイントが!みたいな(この雰囲気がめっちゃ好きです!笑)。

食事は大部屋かと思っていましたが、

寝る所とは別のこちらの部屋に!

前回仙台に行った時の旅館もそうでしたが、最近は食事を取る個室を別に設けているのが一般的なのかもですね。確かに布団を敷くタイミングとか考えるとこの方が良さそうです。

さすが海の傍の宿という事もあって魚が新鮮で、出てくる料理はどれもとても美味しかったです!

ちなみに部屋の冷蔵庫には瓶のコカ・コーラが!

この辺も昭和の雰囲気があってとても良かったです(笑)。

そして翌日、途中景色が良いところで休憩をしながら帰路につきます。

こちらは以前にも訪れた鴨川の道の駅「里のMUJI みんなみの里」で、ここでコーヒーを頂く事にしました。

カフェの中には地元の野菜を使った里山のサラダバーが!

去年の4月頃にリニューアルされたようで、今回初めて知りました。すべてのメニューにサラダバーが付いてくるとの事でめっちゃお得です!

¥1,300でサラダバーのみでも利用出来るとの事なので、これだけでも(むしろこれだけを!)利用したいところです。

今回は宿で朝食を頂いたのでお腹いっぱいでしたが、次回は是非これをメインに目指したいですね。次こそコンテナホテルでしょうか。

珈琲は単品280円、お代わりし放題が380円との事で、電源もありますから仕事がテレワークだったら一日中ここに居たい…(ただ珈琲は自分で淹れた方が美味しいかなと笑)。

アクアラインに乗る前にはいつもの野菜直売所に寄ったのですが、この日は平日だったからかいつもに比べると欲しい野菜は少なかったです。それでも大根の葉っぱが大量についたままなのがお得で良いんですよね!

昼頃には無事自宅に戻り、いつも以上につくね(去年お迎えした保護猫)を愛でておきました(笑)。

ちなみに今回お世話になった魚拓壮鈴木さんは予約した時点ではトイレは部屋の外の共同を利用する筈だったのですが(これも懐かしいですよね…!)、実際にはトイレ付の部屋だったのでグレードアップしてくれたのだと思います。お気遣いありがとうございました!