フェラーリリモコンキー用傷防止リング作成

フェラーリのリモコンキーのキーリング部に取り付ける傷防止のステンレスリングを作成する為に買ったフレアー加工用の工具ですが、結局その後他に使う機会が無くようやく今回二回目の使用となります。

 大体サイズが合っている穴にステンレスパイプを入れて固定し、

 ハンドルをグルグルと回して円錐状になった先端の金具をパイプの穴に挿し込んでいきます。

 本来の使い方では多分土台にピッタリ当ててプレスするのだと思いますが、今回はフレアーの形が重要なので少し飛び出た位置に固定しています。

 パイプの先端をバンドソーでカットし、板に開けた穴に嵌めて荒れたカット面をヤスリで均します。

 さらに穴の内側も。

 こんな感じで何種類か作成し、

 出来上がった物の中から穴の形に合う物を選びます。

具合が良さそうならさらにペーパー掛けをしてバリを取り、磨いて光らせます。

実際にリングを嵌めてみて、塗装面に接触しないか確認したら完了です。リモコンキーカバーの塗装が終わったら最後に透明エポキシ接着剤で固定すれば完成となります。

本塗りはまだ先になると思いますが、進行しましたら日記の方で紹介しますのでどうぞもう少々お待ちくださいませ!

フェラーリリモコンキー用傷防止リング作成」への2件のフィードバック

  1. フレアツールが一番活躍するのはこの時期、エアコンの配管作業時ですね!
    (これが本来一番多い使用目的かと^^; @は冷凍機器など…)
    ウチにもどこかに転がってるはずなんですが何処にいってしまったのか…。

  2. ああ、なるほど!確かにあれの配管もそうですね。
    私もエアコンの設置(引っ越し)した事がありますが、その時は出来上がった配管キットみたいなのを使ったのでナット部の加工などはしませんでした。っていうか普通しませんよ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)