ワンタッチカプラー修理

塗装の仕事で使うエアーツールには「ワンタッチカプラー」が装着されていますが、長く使っている内にここからエアーが漏れて来る為、定期的な交換が必要となります。大体3年くらいでしょうか。作業に支障が無い程度でもあの延々と続くシューとした音って気持ちが悪いですよね(判りませんか・・・)。

(画像は以前こちらで紹介したエアーマスクに分岐させる為のレギュレーターとホースです。)

エアーカプラー自体は¥1,000~¥2,000くらいで買えるので、消耗品として割り切ってしまえば良いのですが、大して漏れてもいないのにもう捨ててしまうのか!と、ずっと思っていました(実際には捨てられず引き出しに溜まっていくのですが。笑)。

 と言う訳で、本当に今更なのですが分解して中身を見てみる事にしました。

 どうやらエアー漏れの原因はこのゴムが劣化して切れてしまったからのようです。

ただ原因は判っても、こういう部品をどうやって入手すれば良いかが難しい訳でして、子供の頃、こういうのを探しに東急ハンズとか街の金物屋さんとかを片っ端から探し回ったりしましたが、殆どが徒労に終っていた記憶しかありません。

 が!今はネットのお陰で比較的マニアックな物でも非常に簡単に入手する事が可能となりました。利用したのはいつものMonotaroです。半引き籠りの私としては本当に助かっています。

右が元々着いていた物で、左が今回購入した物です。サイズは同じでは無かったのですが、多分大丈夫だろうと言う事で試しに何個か買ってみました。

こんな感じで中にゴムパッキンが嵌ります。外径が少し小さいのですが、このカプラーは面の部分に押し当てる構造なので問題は無いかと思います。

結果としては非常に良好で、完全にエアー漏れは止まりました(画像は以前のを使い回しです)。その後も使い続けていますが問題ありません。

今回購入したのはこちらの製品で、ただしカプラーによって使われている物は違いますから、実際に分解してサイズを測り、それと同じ物を買えば大丈夫だと思います。

 ちなみに他にはこういった断面が円のOリングを使っているカプラーもあって、

これなら以前真空脱泡機のデシケーターを作った時に買ったOリングセットに合うものがあるのでは?!と思いましたが、

それらしい物は無く、またMonotaroでも同じような物を買ってみましたが(画像左がMonotaroで真ん中がOリングセット、右がオリジナル)、

Monotaroで買った物は全く合わず、Oリングセットの中にあった物を半ば無理やり入れましたが、エアー漏れは無くてもチャックを挿し込むのに凄い力が必要なので駄目そうでした。ただ繋ぎっぱなしにする所で使うなら大丈夫だと思います。

ピッタリ合うOリングを探して交換する手間を考えると、カプラーごと変えてしまった方が手っ取り早いと思いますが、捨てられずに溜まっている中古のカプラーを手の空いた時にまとめてOHすると言う事なら良いかも知れません。私の場合は「やっと見つけたぜ・・・」と言うのが楽しいだけですので(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)