汐留行き② 和巧絶佳展~浜離宮

  先日の続きで現在パナソニック汐留美術館で開催中の和巧絶佳展に行った時の紹介となります。

今回はいつものSIGMA DP2 Merrillでの撮影と、

スマホ(google pixel3)それぞれを使って撮影しています。シグマだと暗い所では全く撮れないのと、後で編集加工するのが面倒臭くなってきたのもあります。こうやって人はSNSに移っていった訳ですか・・・。

展示されている作品はため息が出るような精巧さもそうですが、昔ながらの螺鈿細工とデジタル風なデザインの組み合わせが特に面白かったです。

こちらは金魚のアートで有名な深堀隆介氏の作品で、

まるで3Dプリンターのように一層塗っては透明な樹脂を塗重ねてと、気の遠くなるような作業で立体感を表現しています。出来上がってクラックとか入ったら失神してしまうのではと・・・。

水草なんて本物にしか見えません・・・。

ちなみに館内入口の手前に大きなモニターと椅子が何個か置いてあって、そこで制作中の風景、作家さんのコンセプトなどを紹介した映像が流れていたのですが、ちょっと時間がなかったので「帰ってからYoutubeで観よう!」とか思って帰ってから探したところ、ありませんでした・・・。

10分くらいしか観てなかったのですがそれが凄く面白くて、もし行かれる方がいたら絶対観ておいた方が良いと思います。超失敗しました・・・。

 と言う訳でそこから歩いていけるところにある浜離宮恩賜庭園に!

新宿御苑とか日比谷公園と同じく緑と巨大ビルのギャップが面白いです。それにしてもスマホでの撮影は楽ですね。これではカメラは売れなくなる筈です。CANONは医療系で上手く行っているようですが、NIKONは大丈夫でしょうか・・・。

  ちなみに急いでいたのはこちらが理由で、

公園の中にあるここ「中島の御茶屋」さんは16:15がラストオーダーなので急いでいたのです!

何とかギリギリ入れました~。

メニューは抹茶に和菓子のセットしかないのですが、抹茶は暖かいのと冷たいのどちらかを選べるようになっているのが有難いです。

ただ入った瞬間はまだ暑かったので冷たいのをお願いしたのですが、中はクーラーで冷えているのでオーダーが届いた頃には「暖かいのにしておけば!」と思ったりもしました。なので迷ったら普通に暖かい方が良いかと(笑)。

  最近購入したスマホは特に拘った訳では無くて、今一番使っているアプリはGoogleフォトなので、もはやiOSに拘る意味は無いなと思ったのです。

ただズームにするとやはり画質が荒れるので、もう少しカメラ性能の良いスマホにしておけば良かったな~と後悔しています。画素数だけは凄いのに、何だかですね~。

2 thoughts on “汐留行き② 和巧絶佳展~浜離宮

  1. 和巧絶佳展の会場で流されたものと同一かは分かりませんが、今夏の京都の展示会で流されていたムービーは、制作風景の動画部分はこちらのプレイリストの中の「Riusuke Fukahori Goldfish Salvation」と「金魚 絵師・ 深堀隆介×サンシャイ水族館 アートと生き物 の金魚展」からのものだと思います。
    会場で流されていたのは、おそらく既存のいくつかのムービーや静止画から起こしたスライドショーを編集し、BGMを差し替えて作られたものではないかと思います。

    • わざわざ有難う御座います!
      深堀さんについては以前もご紹介頂いてましたよね。
      当日は深堀さんの動画を観ていなかったので私も何とも言えないのですが、そう考えると各作家さんの映像を繋いで編集していたのかも知れません。

      時間があれば制作工程を観てもう一度中に入って作品を見たかったと悔やまれますが、作家さんが存命しているのでまた新しい作品が見れると言うのが嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)