いよいよ佳境に

factory_76 工場全体の整備もついに佳境に入りましていよいよ来週からは通常営業が出来そうです。本日は既に予行練習的に実作業もしていました(そちらは後日日記の方で)。

そして塗装ブースも最後の仕上げです。既に先日から稼動して業者さんの仕事はしていますが、今回のこれを行っていよいよ完成となります(実際には排気装置がMAXパワーだとまだ水が漏れる箇所があるという事態ですがこれは仕事をしながら調整していきます)。

こちらは「アンチダスト」なる商品名でも判るように、主に塗装ブースの壁を汚さない為のコーティング剤です。ただこれの凄い所は実はそれだけでは無く「虫」やホコリをこれでキャッチしてくれることです。

ディーラーのセンターに勤めていた頃は作業場所が地上5階、ただ大型の倉庫のような建物でしたから実際はビルの10階相当の場所だったので虫がそこまで来ることは殆ど無かったのですが、通常の場所(地上)での塗装作業は虫との闘いが凄いのです。以前一時期勤めていた町工場は多摩川の土手が近かったせいか塗り終わったクリアーに虫が付くのは日常茶飯事で、それを針のような専用のピックツールで胴体から残った足やらを地道に回収する日が続きました。他の塗装屋さんはそれのせいで塗り直しが多く、遂に我慢出来ずにスプレーガンを投げたりもしていましたので(そもそもそんなんだからそういう結果になるんでしょうと傍観してましたが・・・)。勤め人である以上は与えられた環境で地道にやるしか無いのです(苦)。

factory_78ちなみに通常はこれを直接ブースの壁に塗るのですが、塗料屋さん曰く「ビニールの上から塗れば掃除する手間が省けますよ。一日掛けて掃除するくらいならビニール張替えた方が断然早いですし」との事です。なるほど、言われてみれば・・・と言うことで今回は先にビニールを貼っているのです。

確かに見た目はちょっとぼやけた感じになってしまいますが、これならビニールを交換してまた塗るだけで済みますから残ったコーティング剤の掃除も必要無いんですよね。全く気がつきませんでしたよ・・・。

factory_77 前記したように私が育った環境ではそこに虫が居なかったのでこれを行う癖が無かったのですが、今まで間借りしていたTACさんでこれの効果の凄さを知りました。お世話になっていた4年間で虫が付いたのは一度も記憶がありません。

このコーティング剤は常にベトベトし続けるような感じで、灯りが壁にある以上飛んでいる虫はここ目掛けてライディングします。ただし一度着地すると二度と飛び立つ事は出来ないので、ブース内に居る虫はあっという間に皆無となるのです。ただし間違ってこの壁によっかかったりすると大変な事になりますけどね。まさにトリモチそのまんまです。

また虫だけでは無く微細なホコリも同じ様に付いたら二度と取れませんから塗面へのゴミ付きも軽減出来るのです。

製品自体は結構良い値段がするのと、これを塗る手間も考えると中々やろうとは思わないところでもあるのですが、一度これの凄さを経験すると絶対やった方が良いと思える程の効果はあります。粘着状態は3ヶ月くらいは持続するので年に4回くらいは行う必要がありますが、これだけで品質が上げられるなら間違いは無いかと思います。

ちなみに出来れば虫がキャッチされた画を撮りたかったのですが、もうこの気温ですから虫も居ないようでして・・・。ちょっと前まで凄い暑さだったのにすっかり寒くなってしまいました。しかし念願の冬ですから(夏に比べれば寒いのは全然マシです)良い時期にスタートが出来そうです。いよいよですね。

二階作業場 換気扇設置

factory_75二階の作業場でも軽目の塗装(メガネフレームやロゴ入れなど)なら出来るようにと換気扇を取り付けます。ちょっと型は古いですがここで使うなら十分なサイズです。

ただ流石にこの大きさで壁に穴を開ける訳にもいかないので、こちらは窓を利用して取り付ける事にします。窓に取り付けるタイプのエアコンな感じですかね。一階の塗装ブースに比べれば軽い作業なので午前中にやっつけてしまう勢いで作業しています。

factory_74と言う訳で完成です。手作り感が凄いですがまさに手作りなのでまあそれは仕方ないかと・・・。

実際に稼動させてみると予想以上に威力があって、粉っぽい作業も周りを汚さずに済みそうです。色を塗る時にはネットに排気用フィルターを取り付ければOKです。使わない時は窓を閉められるので隙間風などの心配もありません。模型の塗装などが趣味なら既存の塗装ブースを買うよりも余程良い物が出来ると思います。ゴミが付着するのは空気が停滞しているからで、ある程度の風の流れが確保出来れば自家塗装でもある程度の仕上がりが期待出来るかと思います。

factory_73そして眠っていた除電装置もこれを機会に設置しました。これからの季節は空気が乾燥して静電気が発生しますからこれがかなり活躍してくれると思います。静電気の除去は塗装用と言うよりは撮影や梱包前のホコリ取りに必要になってきます。被塗物が帯電してしまうといくら強くエアーブローをしてもウェスで吹いても細かいホコリが取れてくれませんから非常に厄介なのです。

本日は事務机の移動もしたかったのですが電話線が短い物しかない事に気付いて断念しました。LANなら無線化してありますが電話線の事をウッカリしていたのです・・・。

という事で既にそちらもamazonで手配済みですが、ただしかしその配線も地を這わせる訳には行きませんから、また壁から天井を伝って机まで引っ張ってこなければなりません。ネット回線を使った電話にすれば無線化は簡単ですがそうもいきませんしね・・・。

ようやく鳴らせました・・・

factory_71作業を始めたのが夕方6時頃で、 夜中の11時になってようやく音楽が流せるようになりました。単に電源を入れてスピーカーケーブルを差し込むだけの筈が、結局電源の設置から始めてどうにも収拾がつかなくなってしまったのです。電線を壁から天井に這わせて最後は部屋のど真ん中から下に落下するように設置しました。電線が床を這うのが嫌だったんですよね。

factory_72今回の工場で良いところは壁がちゃんとある事(?)で、断熱もそうですがちゃんと防音にもなっていることでしょうか。今まで借りてきた工場だと壁が薄いスレートで隙間も沢山あったので音が外に洩れてしまいがちでしたが、今回の物件ならば窓さえ閉めければ普通の一般住宅と同じ様に外に音は洩れません。まあ建物の造りはその一般住宅と変わりありませんから当然ではありますが・・・(笑)。

ただ音が出せるようになったのが23時ですからさすがに周りも静かなのでボリュームはかなり控えめに、そして流す音楽も比較的大人しいクラッシックを流しています。私自身「クラッシック」なんて柄では無いのですが(苦)、色々な本を読んでいると、文中に出て来る曲目はクラッシック音楽が殆で、「これはどういう曲だろう」と思って実際に聴いてみたくなったりするのです。こういった事は村上春樹氏の著書でよく見受けられますが、私の場合はそうでは無く石田衣良氏のIWGP(池袋ウェストゲートパーク)の影響が強いですね。一見してそんな内容の本には思えないのですが結構色々な場面で出てくるんですよ。またどう考えてもクラッシックとは無縁な主人公がそういった曲を聴いているというギャップが結構好きで、ただどうしても音楽は文字では判りませんから、それが実際どういった曲なのかを聴いてみたくなるのです。こういった事は中々良い入り口でもありますよね。

スピーカーちなみに今回工場に持ち込んだBOSEのアンプは元々片側の音が出なかった物で(相当古い物ですから・・・)、以前自宅の作業場でそれの修理は済んでいたのですがその後使い道が無く屋根裏で眠っていたものです。家で使うには今時流行らないタイプのアンプですが、工場で使うならその屈強そうな見た目も現場によく馴染んでいるように思えます。厚めのアルミダイキャストボディがとても良い感じですよね。

時間が出来たら作業が止まっているiMacも使えるようにし、それを普段使い出来るようにしたいと思います。

しかし今日も長い一日のようであっという間に終わってしまいました・・・。

二階事務所&作業スペース

factory_70 本日は塗装ブースのテスト運行を兼ねて業者さんからの依頼品を塗装していました。具合は想像以上に良い感じで、ただ設備的にもう少し手を加える必要がある場所があるので(排気ダクトの向きや排水経路など)、こちらは今後通常営業をしながら改善していきたいと思います。

と言う事で騒音を出せるのも夕方までですから18時からは二階作業場の整備を行う事とします。何とか本日中には事務所を移動させたいところです(5メートルの距離ですが)。

ちなみに二階に置いてある物の殆どは移動が簡単に出来るように全て「キャスター」を付けています。キャスターはそれなりの物を買うと結構高くなってしまいますが、ネットオークションで在庫品として買うと比較的安く手に入るのです。なので40個程をまとめて買いました(画像では既に半分使っています)。

factory_69こんな感じでハーマンミラーの机もキャスター化しています。とにかく大きくて重い机ですが(一人では移動すら出来ません・・・)、キャスターを付けるとかなり自由自在なので好きな位置に簡単に配置が出来ます。多少高くなってしまいますが「ここだ!」と言う位置が決まるまでは当面この状態にしておくつもりです。

何とか今日中にカーテンレールを固定して事務スペースの引越しを完了させたいと思います。出来ればスピーカーから音楽なんて流せるように出来ればと・・・(夜は一人なので相当孤独なのです)。