サーモス(模擬)ワークショップⅡ①

 前回ちょっと都合が悪くなって中止となっていた従弟とのサーモス塗装ワークショップですが、GWの休日を使って遂に実現する事となりました。

 こちらが以前も何度か登場したシューズデザインの仕事をしている従弟で、

今回は彼が立ち上げたブランド、”Re:EGO”のデザインをサーモスに取り入れたいとの事です。PCまで持ち込んで来てまたなんて面倒そうな事をやる気が伺えます(笑)。

場所を工場一階に移動し、まずはベースコート用の色を作製して貰います。

 色はマゼンタやバイオレットなど濃いムラサキ系の原色をベースに、ブルーパール、グリーンパールなどでアクセントを加えます。

 また今回はサーモスとは別に、市販のシリコーン型を使って練習用のサンプルも作製して貰う事にしました。

 使用したのは一般的なFRP補修に使うポリエステル樹脂=リゴラックで、主剤と硬化剤を混ぜて使います。

 ダブルアクションサンダーを使ってバリも取って貰いました。

スプレーガンに下色用の黒を入れ、まずは段ボール辺で大体の感覚を掴んで貰い、

 先ほど用意したダースベイダーに塗って貰います。

 スプレーガンの調整は被塗物に対して塗り易いようその都度こちらで調整しますので、初めての方でもそんなに難しくは無いと思います。多分、ですが・・・。

 と言う訳でベースコートが完了です。

ちなみにダースベイダーの頭には後でヒートンを挿せるよう穴を開けておきました。最後にキーホルダーに出来るようにです(相当ゴツイ物になると思いますが・・・)。

 そして最後にクリアーを塗ります。クリアーは2回、間には5分ほどのフラッシュオフタイム(乾燥時間)を設けています。

生まれて初めてスプレーガンを使ったとの事ですが、十分過ぎる程綺麗に塗れていると思います。

尚、サーモスの方はこれに加えてデカールの貼り付けも行っていて、そちらも後日改めて紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)