エンブレムの両面テープ作成

carera こちらは業者様より御依頼頂いている案件なので詳細は控えさせて頂きますが、いつも行っている作業の一例としてちょっと紹介させて頂きますね。

新品のエンブレムは最初から両面テープが貼ってあるのですが、塗装する際にそれをそのまま活かそうとするとちょっと難しいところがあります。両面テープの側面に塗料が付いてしまい仕上がりが汚くなるからですね。

密着剤を使って塗るなら薄膜で済むのでそのまま塗ってもさほど気にならないと思いますが、簡単に剥がれないような下地を作ろうとするとそれなりに色々塗る事になるのでどうしても両面テープの側面が汚くなってしまい、なので私的には殆どの場合この両面テープは貼り直しています。ただしエンブレムの形状が上記のような曲線的な物になると、これがまた非常に厄介な作業でして・・・。

carera1作業方法としてはかなりアナログ的にエンブレム自体を型にしてトレースするのですが、エンブレムと両面テープが同じサイズだと横から見えてしまうので両面テープは一回り小さいサイズにしなければなりません。ピッタリ同じだと非常にみっともないんですよね。ただ経験者なら判ると思いますが、この両面テープをカッターでカットするのはかなり大変です。厚みのある両面テープはカッターでは非常に切りにくく、なので今回もそうですがハサミを多用して切っています。最近のハサミはフッ素コーティングが施された物などがあって糊がくっ付き難いのでカッターよりもカットはし易いんですよね。

ちなみにこの作業を行うのは塗装する前で、これを後からやると折角塗ったエンブレムに傷が付いてしまう可能性がありますから先にやっておくのがセオリーとなります。尚、こういった方法を行うのは主に曲面ラインがある物で、例えば「H」のような直線で構成されている物は細くカットした両面テープを小刻みにカットして貼り付けていくだけなのでそんなに手間ではありません。

しかしこのカレラエンブレム、既存の両面テープを剥がす作業だけでも細い部分が折れるリスクがありますから、出来れば最初から貼ってある物をそのまま活かしたい・・・なんて事を何度も考えたりもしたのですが、どうせ後で後悔するのが目に見えたのでいつも通りに剥がしておきました。折らなくて本当に良かったです(ってまだ終わっていないので安心するのは早いんですけどね)。