スバルエンブレム メッキ枠 本塗り

先日中央のアクリルプレートの本塗りを終えているスバル純正エンブレムのメッキ枠です。

装飾クロムメッキには直接上塗りを行っても塗膜が密着しませんので、素地調整を行い、プライマーを塗っています(密着剤の類は一切使っておりません)。

続けてサーフェサーを塗布します。

メッキが露出しないよう、エッジから裏側までしっかり塗っておきました。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

それを#800で水研ぎし、#1500でペーパー目を均します。ペーパーが入り難い箇所は布状研磨副資材(アシレックスレモン)を使って足付け処理を行っています。

その後さらに数日寝かし、タイミングが来たら台にセットして本塗り準備完了です。

ここでメッキ素地が露出してしまうと面倒な事になるので(一からでは無いですがかなり時間が掛かります)、研ぎ作業は慎重に、またプライマーだけでは無くサーフェサーを塗って膜厚を確保しています。

裏からでも塗り易いよう、隙間を多くした状態で固定します。

まずはベースコートの黒を塗布します。

このままでも艶消し黒にはなるのですが、塗膜の強度が缶スプレーと大差無いくらいですので、

その上に艶消しクリアーを塗布します。

しっかりウェットに塗り込んで、傷が付き難い平滑な塗膜になるようにします。

その後徐々に艶が消えていき、一時間くらいするとこのような状態になります。

クリアー中に含まれる艶消し用顔料(恐らくはシリカゲル)が塗膜の表面に規則的に並び、艶が消えた質感を表現してくれているのだと思います。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。その後はいよいよ蛍光オレンジに塗ったアクリルプレートと合体です。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

いすゞ117クーペワイパーアーム本塗り

先日サンドブラストを行って下塗りをしておいたいすゞ117クーペのワイパーアームです。その後60℃40分程の熱を何度か掛けて塗膜を硬化させておきました。

最初に取り外しておいた、ワイパーブレード取り付け部のパーツですが、

爪を起こして外していたので、これを塗装後に着けようとすると塗装が割れてしまいますから、先に戻しておきました。割れた塗膜は削っておき、全体を足付け処理しています。

今回は車体取り付け部の穴を利用してボルトナットで固定しました。そこは既にプライマーも塗られているので今回塗らなくて大丈夫と言う訳です。

塗装が割れた箇所にプライマーを塗ります。

続けてベースコートの黒を塗り(撮影し忘れていたみたいです)、艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

尚、一緒にご依頼頂いているゴルフⅠのフロントグリルも今回一緒に塗っています(画像奥にある物がそちらとなります)。

その後時間が経つと徐々に艶が消えていきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ゴルフⅠフロントグリル 本塗り

先日お預かりしておりましたゴルフ1の純正フロントグリルです。一緒にお預かりしておりました同車テールランプを先行して作業し、そちらは既に完成・発送しております。

いつもなら全体をペーパー(布状研磨副資材)で足付け処理を行いますが、

 

先日試した、重曹を使ったウェットブラストが良い具合だったので、今回もそれを試してみる事にしました。

内容がとても薄いのですが、動画の方が判り易いと思いそちらで紹介します。

 

その後良く洗い流し、エアーブローをして水気を飛ばします。

元々梨地だった箇所は判り難いのですが、

艶のあった箇所(4枚前の画像)で見比べてみると、しっかり足付け処理が施されているのが判ると思います。裏側も行っていて、洗浄も兼ねて出来るのが気に入っています。

平面の箇所は念のため今まで通りにペーパー(布状研磨副資材)を当ててておきました。新しい物を取り入れても全く利益率が上がらないのは、多分こういう事が原因なのだと思います。

その後良く脱脂清掃し、いよいよ本塗り開始です。

まずは全体にプラスチックプライマーを塗布します。

裏側もしっかり塗っておきます。

続けてベースコートの黒を塗ります。表側からだけだと塗り難い箇所があるので、ひっくり返して裏側から塗っています。

そして艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

今回一緒にいすゞ117のワイパーアームも塗っていますが、画像が多いのでそちらは別に分けて紹介いたします。

 先ほどの状態から時間が経つと徐々に艶が消えていきます。

クリアーは最初の1コート目は表側からのみで、2コート目は裏側から塗り、表側を塗っています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは続けてワイパーアームも紹介いたします。

スバルエンブレムプレート 本塗り③

先日裏側の黒を塗り終わっていたスバル純正エンブレムのアクリルプレートです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

表側には塗料ミストが付着しているので、#1500で表面を研磨しておきました。

その後台にセットして本塗り開始です。

まずはプラスチックプライマーを塗布します。

ここまでの作業が超絶大変過ぎて、それらを思い出すとここで失敗する訳にはいかず、単にクリアーを塗るだけなのに激しい緊張状態に陥りました。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で、いつも通り2コート塗っています。

クリアーはドライコート=所謂「捨て吹き」と言う事は行わず、1回目からウェットに、その後15分くらいのフラッシュオフタイム=乾燥時間を設け、2回目のクリアーを塗り重ねています。ドライコートはハジキやタレ防止になりますが、その後の肌を荒らすので私的に好みません(と言うより弾かない環境作りと垂れない工夫が必要なのではと)。

画像だと単なるオレンジに見えますが、通常の顔料でこの彩度は出せません。

単なる塗り分けでは無く、窪んだ箇所にオレンジを塗っている為、立体感が感じられます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

メッキの枠は艶消し黒で承っておりまして、そちらも作業進行しておりますので後日改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TE27レビンフェンダーミラー塗装承ってます

先日到着しておりました、トヨタTE27レビンの純正フェンダーミラー左右です。この度のご依頼、誠に有難うございます!

状態としては、全体的に小傷があったり、

塗装が劣化していたりと、年式相応といった状態です。

ご依頼内容としては、現在の塗色に近い色=近似色で(非調色作業)、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理と、またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様(艶あり仕上げ)で承っております。パーティングライン等も研磨して均し、艶々の仕上がりにします。

以前同型の製品を施工していますので、そちらを参考に紹介させていただきます。

この時は今回以上に劣化が酷く、元の色が判らなかったので、一緒にお預かりしたヘッドライトリムの色を参考に塗料を作成しました。

そこで今回は少し違った方法で色を作成してみる事にします。

当店で使っている塗料はドイツSTANDOX社の塗料ですが、

以前趣味で買ったRM社の色見本帳を持っていて、ただメーカーが違う以上全く使い道が無かったのですが、今回はここから近い色を探し、その色を調色機械=測色機で読み込む!と言う方法を試してみようと思います。使う機械は、以前社外記で紹介した愛知の塗装屋さんから譲って貰ったSTANDOXのアクワイヤーⅡです。その後昔から懇意にしているオートサプライヤーさんからの「私だったらRMのカラーマスターを全部読み込んでカラーデータを作成する」と言われた事をヒントにさせて頂きました。

RM社の色見本帳は他メーカーに比べてかなり異色で、通常自動車メーカー毎に別れている色見本が、このRM社の物にはその概念がありません。例えば今回の場合だと、「ガンメタ」(グレーメタリック)の色見本がまとめて集められて一括りにされているのです。「自動車メーカー?なにそれ」といった感じです。

なのでガンメタの色見本から一番近い物を選び出せば良い訳で、これは非常に効率が良いのです。

ただしこの中から良い色を見つけても、そこから作れるのはRM社の塗料だけでして、当店のようなそれ以外のメーカーでは色を作る事が出来ないどころか、それがどの自動車メーカーの何色なのかも全く判りません。この「逆引き」が出来れば非常に使える色見本なのでわざわざ大枚を叩いて買った訳ですが、わざとなのか技術的に難しい事なのかもしくは非常に面倒な事なのか、結局その方法を見つける事が出来ず、なので長年箪笥の肥やし状態になっていました。

と言う訳で、今回使うこちらが測色機のアクワイヤーⅡです。機会の底部にあるレンズを塗装面に当てて、既存の色データから近い物を割り出してくれるという優れ物す。

ちなみに「直接フェンダーミラーに当てて読み込めば良いんじゃ?」と思うかも知れませんが、使用条件として「非常に綺麗な塗膜で、完全な平面」と言う事があるので、今回のミラーのような場合には全く使えません。同じく曲面しかない自転車フレームも同様です。そもそも自動車補修塗装(板金塗装)用に使われる物ですから、比較的大きくて平面的な部分がある事と、「修理したい」と思うくらい綺麗な塗膜が残っている事が前提なので、当店では余り出番が無かったんですよね。

と言う訳で、まずはキャブレーションから始めます。色の校正ですね。

最初にテストしてから初めての作業なので、久しぶり過ぎてやり方を完全に忘れていたのですが、比較的シンプルな機械なのでデモマンに電話したりせず、一人で何とかなりました。

まずは基本となる白を読み込みます。

続けて黒(闇)を読み込みます。「色」と言うよりも真っ暗な空間を測る感じでしょうか。

RMの色見本から一番近い物を選びました。新たに作る色がこの通りなら全く問題無い感じです。

それを測色機=アクワイヤーⅡで読み込み、適当な名前を付けておきます。ここは勿論TE27ですね。これだけで楽しいです(笑)。

読み込み終わったら機械をPCに繋ぎ、ソフトを起動してそれらしい色の中から良さそうな物を選びます。この辺がちょっと複雑なので、今後勉強していきたい所ですかね。

と言う訳で今回はRMの色見本=カラーマスターの中からこちらのMA684.00を、

そしてSTANDOXの配合の中からはこちらのトヨタ「グレー」(カラーコード:1E3 パネル番号0742677)を採用する事にしました。

ちなみにこのSTANDOXの配合データが、このRMの色見本にちゃんと合っているのかどうかは色を作ってみなければ分かりません。ただそれを確認するには実際に塗料を作ってテストピースを作成しなければなりませんので、その場合当然手間と時間を費やしますから、そこで費用が発生してしまいます。

なので実際に色を見るのは本塗り時となり、ただその時点では既にミラーには既存の塗膜は残っていませんから、色の確認は出来ない訳です。この辺が大きなジレンマでもある訳ですが、当面はこちらの費用についてはサービスにて対応しようと思います。

ある程度機械(アクワイヤー)の信用度が増したらそんな事を考えなくても良くなるのですが、逆に色ブレが大きいようなら結局調色作業は必要なので別途費用が必要となり、事前に「調色費の必要が無い」とは言えない事はどうかご理解を頂ければと思います。現時点では、「もしかしたら調色費に2万円掛かる可能性があるけれども、幸いにして今回は色の確認の三千円だけで済んだ」と言うくらいに考えてご依頼を頂ければと思います。そのご覚悟が無ければご依頼自体を控えるか、または全然違う色でもご納得して頂かなければならなくなります。そこで費やすコストを、他にご依頼頂く方々の負担にする訳にはいきませんから、何卒ご理解を頂ければ幸いです。

 

ちなみに今回のような場合では、測色機を使うより目検討で一から色を作ってしまった方が圧倒的に時間は早いです(調色作業と言う訳では無く「5分程度の簡易的な色の作成」です)。

ただそうなると配合データを残す事が出来なく、今後同じパーツをご依頼頂いた時にも毎回色が違ってしまい、私的にはとても気分が悪いので、「30年後でも全く同じ色で再現が出来る」と言う事が出来るよう今回のような方法にしています。まあ私が30年後に生きている可能性は低いのですが(生きていても今の品質で塗装を行う事は難しいので)、せめて後年に何か残せればという事を含めています。以前のpro-fitみたいに工場の設備ごと買い取ってもらうか、または試作品を専門とした3Dプリントを行うような企業にM&Aとかして頂けると嬉しいですかね(実際に今まで5回くらいそういったお話しを頂きましたが、まだそこに至っておりません)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!