三菱GTO FRP製アイライン サフェ入れ

 先日お預かりしておりました三菱GTO用の社外品FRP製のアイラインです。

現状は恐らくラッカーサーフェサーが塗られた状態で、そのままサフェを塗るのはマズイので(チヂレまたは艶引けの原因になります)、

 ダブルアクションサンダー#120で削り落し、#180で均します。

 フチは#180~#240で均し、全面白ゲルコート状態になりました。

 こういったFRP製品の作り方としては、型にまずワックス(離型剤)を塗り、その上にゲルコート(今回は白ゲルで、これはポリエステル樹脂となります)を塗り、そこからガラスマットと積層用のポリエステル樹脂(リゴラック等)を貼り付けていきます。普段当店で行っている塗装とは逆な感じになりますね。

FRP製品(ポリエステル樹脂)の場合はプラスチックプライマーを塗る必要はないので、そのままサーフェサーを塗り重ねていきます。こちらも後で削るので5~6コートをたっぷり塗っておきました。

それではまた作業が進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダメッキエンブレム塗装 完成

 先日本塗りを終えていたホンダS2000用純正メッキエンブレム2個です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ寝かしておきました。

 予めカットしておいた両面テープを元の状態に貼り、

 本日完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介いたします。

元々はプラスチック(ABS樹脂)に装飾クロムメッキが施された物で、この状態のまま密着剤を塗っただけで上塗りを行ってしまうと、現在オーナー様の車両に取り付いているエンブレムのように塗膜がペリペリと剥がれてしまいますが、

 今回の施工では、メッキ素地でも通常の塗膜と同様の密着性を保持した下地を作ってからの上塗りとなりますので、

 時間が経っても同じような事にはならないかと思います(密着剤は使用しておらず、削ればフェザーエッジも出せます)。

  色はホンダ純正色の「ムーンロックメタリック」(カラーコード:NH676M)で、

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 一部目立つゴミが着いたので磨き処理を行っておきました。

 近くで見るとレッドやブルーのパールが入っているのが判るかと思います。

塗膜構成は「プライマー→サーフェサー→ベースコート→クリアー」の4層となっていますが、途中で研ぎ作業を行っていますのでシャープに仕上がっているかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

プジョールーフアンテナ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたプジョー純正のドルフィンアンテナ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々は白に塗装済みだった物を、

  プジョー純正色の「マカハ・ブラウン」(カラーコード:ETV)で、

 またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承りました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 こちらは【お任せコース】となりますので塗りっぱなし(磨き処理無し)の仕上がりですが、特に目立つゴミは無く、また十分な艶も出ているかと思いますので、塗り分けやマスキングのご指定が無ければこちらのコースで十分かと思います。

近くで見るとパールやメタリックの輝きが見えて面白いです(とは言ってもここまで寄って見る人も居ないと思いますが・・・)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダメッキエンブレム 本塗り

 先日メッキ素地の下地処理とサーフェサーを塗っておいたホンダS2000用純正メッキエンブレム2個です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒のベースコートをパラパラと塗っておきました。

 メッキは剥がさずそのままなのでライン自体は問題無いのですが、プライマーとサーフェサーを塗った肌で表面は凸凹としている為、それを平滑にするよう水研ぎを行います。

 平らな部分は耐水ペーパー#800の水研ぎで、逆アール(窪んでいる部分)は同じく#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で研磨します。アシレックスは空研ぎ・水研ぎどちらでも使えます。

 よく脱脂清掃後、台にセットします。

 さらに最終脱脂を行い、本塗り準備完了です。被塗物と自分の体、壁のビニールや塗装台などしつこいくらいにエアーブローを行い、空気中に舞っている埃が排出されてクリーンなエアーに入れ替わったら本塗り開始です。時間にして10分くらいで、エアーブローだけでそんなに時間を掛けていたら普通ならクビですが、その間に撮影をしたりスプレーガンを用意したりと休む暇はありません。

 まずはベースコートを塗布します。色はホンダ純正色の「ムーンロックメタリック」(カラーコード:NH676M)となります。

色はメーカー(STANDOX)から提供された配合を基に、計量器を使って各原色を混ぜて作ります。 単なるグレーシルバーに見えますが、ブルーパール・レッドパールなど8種類の原色で構成されています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

 塗ってみて気が付きましたが、S2000のボディカラーでこの色は何度か見かけています。塗ってみて「あの色か!」と興奮しました(笑)。

 うっかりしていたのですが、GMCのホイールカバーも似たような色なのでどうせなら今回一緒に塗っておけば良かったです。失敗しました・・・(仕上がりには関係ありません)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

プジョールーフアンテナ 本塗り

 先日お預かりしておりましたプジョー純正のドルフィンアンテナです。

現状白に塗られているのですが、肌が悪い部分もあるので、

 まず全体を#800で水研ぎして肌を均し、

 その後#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理を行います。普通のペーパーと違ってコシが柔らかく、また塗着されている研磨粒子が均一で当たりも優しいのでペーパー目が出難い(想定していない深いペーパー目が入り難い)のが特徴です。これらの登場で、昔みたいに使い古したペーパーを捨てないで保管しておかなくてもよくなりました。

 底の部分のフチには元々塗装がされて無くプラスチック素地が露出しているので、そこだけプラスチック用プライマーを塗布しておきます。

 まずはベースコートを塗布します。色はプジョー純正色の「マカハ・ブラウン」(カラーコード:ETV)で、レッドパールや黒・メタリック等、8種の原色で構成されています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!