インプレッサドアミラー土台部 サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたスバルインプレッサの純正ドアミラー土台部です。

裏側にはエポトシーラーのようなEPDMゴム系のクッションシートが貼ってあって、これにマスキングテープを貼ってしまうとくっつき過ぎて剥がす時にバリバリになってしまいますから、それを避けるようマスキングをしていきます。

表面はザラザラとした梨地で、ただ形状的にエアーツールは使えませんから、全体を手研ぎで削ります。

 各部パーティングライン(合わせ目)を#180で研ぎ、全体を#240で研摩します。

 手が入らない箇所は棒などを使って削ります。

その後全体を#320相当の布状研磨副資材(アシレックススカイ)で足付け処理し、

よく脱脂清掃をして台にセットします。

 最終脱脂を行い、エアーブローをしてプラスチックプライマーを塗布します。

 続けてサーフェサーを塗布します。

梨地自体は粗く無かったのですが、

サフェを塗ってみると凸凹とした歪があるのが判ったので、塗っては乾かしてを繰り返して6コートを一時間かけて塗りました。研ぎの時はしっかり当て板を使ってラインを整えたいと思います。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ルノー純正シャークアンテナ塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたルノー純正シャークアンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は艶あり黒に塗装済みだった物を、

ルノー純正色の「グリチタニウム」(カラーコード:KPN)に、

またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で塗装を施しています。

 塗装後の磨き処理も行いました。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ルノー純正シャークアンテナ 本塗り

 先日お預かりしておりましたルノー純正のシャークアンテナです。

元々黒に塗ってあるのですが、肌が悪かったりゴミが着いていたりするので、

 まずは#1000で全体を研いで肌を落とし、

 #800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理を行います。

通常番手は上がる(細かくする)順番で使いますが、布のタイプはコシが柔らかく研磨粒子が均一な為、水研ぎペーパーに比べて深い傷が入り難いのが特徴です。

いつもの様に持って塗れるよう芯棒に固定します。

  色はルノー純正色の「グリチタニウム」(カラーコード:KPN)で、配合データを基に原色を混ぜて作ります。粗目のブルーパールの他に中目のメタリック、またSTANDOX原色では最も粒子の大きいメタリック(MIX598)も使われています。

ベースコートを塗布します。隠ぺい性は良いので3コートでOKです。

 そしてクリアーを塗布して本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜が硬化したら磨き作業も行います。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサドアミラー土台部塗装承ってます

先日到着しておりましたスバルインプレッサの純正ドアミラー土台部です。こちらのオーナー様は先日同車のステアリングスイッチパネル2個と&FRPエアロパーツの塗装をご依頼頂いた方で、早速今回もご依頼頂く事となりました。この度もご贔屓頂き誠に有難うございます!(大丈夫でしょうか・・・。間隔が短すぎて心配になります。笑)。

ドアとの取り付け面にはエプトシーラーと同素材のクッション材が貼ってあるのでこちらはマスキングし、

またドアミラーが固定される窪みの内側部分も塗らないようにします。

素地の表面は細かい梨地で、このまま塗っても艶が引けたような仕上がりになってしまいますが、これくらいならサフェでは無く「二度塗り」でも対応出来ない事は無く、ただオーナー様としては「せっかく手間かけてやってもらってシャープ感がないのを選択すると自分的に後悔しそうなので」との事で、今回も「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってからの上塗りで承っております。

尚、色は前回と同じく黒で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

参考までに前回の完成画像も紹介させていただきます。

この時もFRPパーツは既に黒に塗装されていた物ですが、肌が良くないとの事で当店に再塗装をご依頼頂きました。仕上がり気に入って頂けたようで本当に何よりです。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ルノー純正シャークアンテナ塗装承ってます

先日到着しておりましたルノー純正のシャークアンテナです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状はソリッドの黒に塗装された新品で、今回はこちらをルノー純正色の「グリチタニウム」(カラーコード:KPN)、クリアーを高品位なタイプの「クリスタルクリアー」に変更で承りました。

通常こういったルーフアンテナは【お任せ仕上げコース】でのご依頼が多いですが、今回は磨き処理も含めた【標準コース】にてお受付しております。恐らくですが、既存の肌が悪い事、

 またゴミの付着などもあるからだと思います。

ちなみに車体の塗装でもこういったゴミの混入は普通にあって、ただ部位によってそれらのチェック基準は判れています。

私が当時勤めていた外資系ディーラーの集中センターは都内にあって、そこで扱っているのは事故車両の補修でしたが、研修で行った愛知豊橋のセンターでは新車補修のラインを見る機会を頂きました。

今は判りませんが、当時の輸入車は余り(と言うかかなり)程度が良くなく、そのままでは日本人のレベルに沿わないという事で、殆どの車両はそこで再補修が行われていました。

ただそういった補修は殆どがスポット塗装(部分的な塗装)で行われる為、最初は良いのですが(ワックスで騙されるのですが)、納車されてから数カ月経つとそれらの跡が出て来て、それらのクレーム処理を主に私のような集中センターで働く従業員が行う訳です。海を渡ってくるからか途中で錆なども出ていたりして、ただそれも単に上から塗っただけだから結局後で出てくるんですよね・・・。お陰で色々鍛えられました。

塗装するのは上のカバーのみなので、土台部分は外しておきました。社外品とは違って中身がちゃんとしていてビックリしました(笑)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!