コペン コーナーセンサー&ドルフィンカメラ塗装承ってます

先日到着しておりましたダイハツ純正コペン用コーナーガイドセンサーと、Data System社のドルフィンアイカメラのカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はいずれもダイハツ純正色の「パールホワイトⅢ」(カラーコード:W24)で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

コーナーセンサーについては以前も何度か施工しておりますが、中央のソナー部分と外枠は分解が出来ない構造で、その間にはシリコーン樹脂製のゴムが嵌っています。

リング状のゴムのみをマスキングして塗るのは非常に難しく、以前では内側と外側をそれぞれ別にマスキングをして対応しましたので、今回もそれに倣って作業を行う予定です。

以前施工した時の画像も紹介させて頂きます。

こちらはダイハツ純正色の「ブライトシルバメタリック」(カラーコード:S28)となります。

 

こちらは今回と同じくダイハツ「パールホワイトⅢ」(カラーコード:W24)、3コートホワイトパールとなります。

他にはトヨタハイエースのコーナーセンサーも塗りました。

カーショップやディーラーからもよくお問合せを頂くのですが、金額面で難しいらしく、ご依頼に至るのは全て個人の方からとなっています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

トヨタTE47ルーフサイドモール 本塗り~完成

先日サーフェサーを塗っておいたトヨタTE47のルーフサイドモール×4本です。

既に完成して発送も完了しておりまして、改めて途中工程と完成画像を紹介させて頂きます。

サイドモールは全体にエポキシプライマーサーフェサーとウレタンサフェを塗った後、60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

#600で粗研ぎし、その後#800で整え、最後に当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。心配だったひび割れは研いでみた感じでは出て居なく、この時点では止まってくれたようです。

その後よく脱脂清掃し、台にセットします。

最終脱脂処理を行い、プラスチック素地が露出している箇所にプラスチックプライマーを塗布しておきます。

サフェを塗る時は一本のアルミ板で支えていましたが、念のため2本で固定するようにしました。

まずはベースコートの黒を塗ります。

本物のメッキような塗装=メッキ調塗装の場合は、この時点で下地を艶々の黒にする必要がありますが、その上に足付け処理無しで色を重ねた場合は密着性が悪く、なので簡単に剥がれてしまう傾向にあります(碁盤目テストにガムテープを使って一升も剥がれないという結果になりません)。

今回採用する3コートSPFシルバーはそういった物とは全く違い、通常通りベースコート+トップコートで行う2Kシステム(2komponent)のシステムとなるので、後でペリペリと剥がれるといった心配がありません(componentで無いのはドイツ語だからで、恐らくはそれらの技術(樹脂)が最初に確立したのがドイツだったからだと思われます)。

そしてSTANDOX原色のJLM-906を、9倍の樹脂(MIX599)で薄めたSPFシルバーです。とても目が細かいシルバーで、しかし既存のメタリックに比べて透かしが黒く、ただしそれ単体よりさらに今回のように下地に黒を塗って透かす事で金属っぽい質感に見せる効果があります(ただしムラになり易いので大きい面積には難しいかと思います)。

JLM-906:MIX599(バインダー)=1:9ですから隠ぺい力が弱く、下地の黒を透かしながら3コート程を塗り重ねています。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーには軟化剤を入れ、フルフレキシブルな仕様としています。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

ブース内だと全方向から光が当たっているので陰影が判り難いのですが、

照明を一か所(天井のみ)にすると、通常のシルバーメタリックでは得られない金属感が出ているのが判ると思います。

金属は塗装とは違いますが、その見た目は「正面が明るく透かしが暗い」という特徴があるので、今回はそれを塗装で表現して似せて見せていると言う訳です。

一応参考までにメッキ調の塗装を紹介しますと、

近年材料が良くなったのでこれくらいのメッキ感は比較的簡単に出せるようになっているのですが、色がブレ易いのと、下地とクリアーどちらにも殆ど密着しない為、実用性は全くと言って良いくらいありません(ですのでお受付もしておりません)。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

塗膜構成としては、

「プラスチックプライマー→エポキシプライマーサーフェサー→ウレタンサーフェサー→ベースコート黒→ベースコートSPFシルバー→トップコートクリアー」 といった内容になります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

通常のシルバーメタリックに比べ、粒子がとても細かく正面が明るく透かしが黒いのが特徴で、

さらに下地の黒を透かす事によってコントラストを上げているのが3コートSPFシルバーの特徴となります。

全体にあった細かいヒビ割れ等は全て払拭出来ているかと思います。

こちらのオーナー様からはヘッドカバーの結晶塗装もご依頼頂いておりまして、そちらも作業が進行次第改めて紹介をさせて頂きます。

まずはこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レンジローバーリヤゲートモール塗装承ってます

先日到着しておりましたランドローバーレンジローバー用のリヤゲートモールです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は単なるシルバーに見えるのですが、

こちらは近年内装パーツ等でよく見る「メッキの上にクリアーが塗ってある」仕様となります。少し前にお預かりしているスイフトスポーツのシフト枠も同じような感じですね。

判断の仕方としては、表面をペーパーで研磨すると普通の塗装のように傷が付きます。画像の物で番手は#1300(アシレックスオレンジ)です。

本来であれば既存のクリアーを全部剥がし、メッキ素地用の下地処理を行いたいところですが、それだとかなりの手間(コスト)が掛かってしまう為、大抵の場合はこのまま足付け処理のみを行って上から塗り重ねる方法で対応しています。

色に関しては事前に色見本帳をお貸出しし、

その中からこちらのフィアット「アルファブレラ」(カラーコード:585)を、またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っています。

ちなみにこちらのオーナー様は10年くらい前にKONAの自転車フレームの塗装をご依頼頂いた方で、参考までにそちらの画像も紹介をさせて頂きます。

丁度ブログをCGIのページからワードプレスに変更した時期なので作業工程の記事が判り難いのですが、一応こちらのページで画像は確認出来るようになっています。

あと昔のフォルダから他の画像も探し出し、Twitterにもアップしました。被写界深度が浅くて格好良く見える反面、仕上がった塗装を見せるという点ではインチキ臭い傾向に見られ、現在の撮り方とは違っているのが判るかと思います。

ツイッターは過去に紹介した内容を再利用して投稿しているような感じで、ただインスタグラムより全然手間が掛からないのに、営業的には大きな効果が得られています。長年続けていたGoogle AdwordsとYahooの広告はとっくに辞めているのに、段ボールを保管している部屋にはもう置き場所が無い状態が続いています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スーパーセブン カーボンフェンダー 下塗り(4回目)

先日に引き続き、クリアーの下塗りを行っているロータススーパーセブンのプリプレグカーボン(ドライカーボン)製リヤフェンダーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

かなり綺麗に仕上がっているように見えますが、前回紹介したようにまだ激しい歪が残っていますので、完全にとは言わないまでももう少し下塗りを行って良くしていきたいと思います。

今までと同じ様に#320のダブルアクションサンダーで全体を研磨し、その後手研ぎ#400で曲面やフチを研磨足付け処理をします。

パテやサフェは使えないので、高い箇所を研磨し、低い箇所のクリアーを残すといった地道な作業の繰り返しとなります。

なので通常はウレタン系のクリアーでは無く、乾燥硬化の早いポリエステル系が使われるのが一般的かと思います。パン工場のようにベルトコンベアーの途中に紫外線が照射されるトンネルがあって、塗った物がそこを通過して出てくるともう塗装は固まっていて、それにクリアーを塗ってまたコンベアーで流せばすぐに固まるというような感じだと思います(しかしその結果が今回のような剥離に繋がっているのかも知れませんが…)。

よく脱脂清掃し、前回と同じくひっくり返して裏のフチからスタートします。

まずここでクリアーを2コート行い、

表にひっくり返して3コートクリアーを塗ります。

手前側面部分はラインが整っているのでそんなにクリアーを塗る必要が無く、

なのでそこは塗り足りないくらいの肌になっています。下塗りはまだ続くので問題ありません。

また歪(凹み)が酷い箇所にはピンポイントでクリアーを塗ったのですが、やはりと言うか局所的に塗り込むとそこでクリアーの流れが止まってしまう為、激しいタレが生じています。ただしこれも後で削るので問題はありません。

この後はいつものようにまずは自然乾燥させておき、他のご依頼品の物と一緒に恒温機に入れて60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

メッキパーツ 下準備

  先日お預かりしておりましたホンダフリードの純正リヤメッキガーニッシュです。

装飾クロムメッキへの塗装は普通の方法(金属への塗装または樹脂への塗装)で行うと密着性が低いので、通常の方法とは違った内容で下地を作ります。

素地調整を行った後にプライマーを塗り、

その後は通常通りサーフェサーを塗布します。

ここでのサーフェサーは微妙なラインを形成するというより、下地を露出させない為の充填に重きを置いています。なので平面よりはエッジやパーティングラインを多めにコートしています。

両面テープを貼る箇所も同様に、裏側まで回り込むようにして塗っておきます。

こちらは8月にお預かりしていたスバルの純正エンブレムです。恐らくはインプレッサ用で、アクリルプレートのサイズがフロント148mm、リヤ114mmの物となります。枠を艶ありの黒、アクリルプレートを表側からキャンディーブルーで承っています。

元々貼ってあった両面テープは再利用が出来ない為、こちらは剥がした後に廃棄し、

既存のデータから同じサイズの物を選び、

元々貼ってあった物と同様のタイプの両面テープをレーザー加工機でカットします。

そしてこちらは9月にお預かりしておりましたフォレスターのスバル純正エンブレムです。

こちらは元々両面テープが剥がしてあったのですが、完成時には貼り付けるよう承っておりますので、後日改めて両面テープを作成しておくようにします。アクリルプレートのサイズはフロントが168mm、リヤが141mmとなります。

これらの枠もフリードのリヤガーニッシュと同様ABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物なので、一緒に作業を行っています。

同じように素地調整を行い、プライマーを塗布します。

続けてサーフェサーを塗布します。

装飾クロムメッキへの素地調整は特殊な事をやっている訳では無く、あくまでも基本の応用となります。

ただかなり面倒な作業と、多少なり荒々しい作業が必要な為、部分的な処理が出来ません。パーツ一つに対して単色ベタ塗りが基本で、「この部分のメッキを残して」という事は殆ど出来ない物と考えて頂ければと思います。普通の金属=スチールへのメッキならサンドブラストが使えるのでマスキングが出来る溝などがあれば出来ない事はありませんが、樹脂へのメッキはそれが出来ないので難しいのです。

 見た目は金属のようでも骨となるのはプラスチックで、またメッキは柔軟性が無いので力を掛けると結構簡単にひび割れしてしまいます。メルセデスベンツのスリーポインテッドスターを外す際、慣れない人が行うとやってしまうアレですね。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!