スバルWRX STIフロントグリルメッキモール塗装 完成

 先日本塗りを終えていたスバルWRX STIフロントグリルの左右メッキモールです。

その後60℃40分程の熱を掛けて磨き処理を行い、ビビり音防止の為のフエルトシールを元のように貼っておきました。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々は装飾クロムメッキが施されたABS樹脂製品で、そのまま塗っても十分な密着性は得られませんから、通常の塗膜と同様の強度(密着性)が保持できるよう、下地処理を施してから上塗りを行っています。

 色はスバル純正WRXブルー(カラーコード:K7X)で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 各画像はいつもの通り、サイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

スバルWRX STIフロントグリルメッキモール 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいたスバルWRX STIフロントグリルの左右メッキモールです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 #800で水研ぎし、その後当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均し、全体を足付け研磨しておきます。

 台に固定して本塗り開始です。

 まずはベースコートを塗布します。

 色はスバル純正WRXブルー(カラーコード:K7X)で、ブルーパールは一種、メタリックは2種入っています。その他青系原色2種、バイオレット、メタリックアディティブ(透かしを白くして正面を黒くしてメタリック感を強くする添加剤のような物)が入っています。乾燥した時につや消しになるのはこのメタリックアディティブの副作用です(クリアーを塗るので影響はありません)。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 メッキは剥がさず塗装していますが、塗膜の強度(密着性)は通常通りに出来ているかと思います(少なくとも以前当店で行ったテストでは全く遜色なく問題ありませんでした)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルWRX STIフロントグリルメッキモール サフェ入れ

先日お預かりしておりましたスバルWRX STIフロントグリルの左右メッキモールです。

 モールにはビビリ音防止の為のクッションテープが貼ってあって、塗装の前にこれを剥がしますが、今回の物は再利用が出来ない為、同じような物を用意しておきます。

厚みがほぼ同じこちらのケーブルハーネス用フリース粘着テープを最後に張り付けるようにします。

 元々貼ってあったクッションテープと両面テープを剥がし、メッキの素地調整をした後にプライマーを塗布します。メッキ素地にそのまま上塗りを行っても十分な密着性を得られませんが、ここまでの工程を行う事で通常の塗膜と遜色ない下地が得られます。

 ただしそのままだと研いだ時に簡単に下地(メッキ)が露出してしまうので、そうならないようサフェーサーを塗布します。サフェの主な役割としては膜厚の充填となります。念のためですが、密着剤などの類は一切使っていません。

この後は一晩寝かし、後日60℃40分の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルフォレスターフォグメッキモール塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバルフォレスター(SK) アクセサリーライナー用フォグランプカバーに着いているメッキモールの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

塗装したのは「コ」の字型のメッキ部分のみで、土台の部分はそのままとなります。

メッキだった部分は「半艶黒」に塗装しました。

ベースコートの黒は原色そのままで、その上に「半艶クリアー」を塗装しています。

半艶クリアーの強度は艶ありクリアーと同様で、

またメッキ素地への塗装も、通常の塗膜と変わらない密着性を保持出来ているかと思います。安易に密着剤を使った塗装のように、経年で塗膜がペリペリと剥がれてくる事はありません(今までの前例にはありません)。

つや消しに比べると艶があるのが判ると思います。

かつ、艶ありに比べると艶が無いのも判ると思います。

画像はありませんが、裏側に貼ってあったビビり音防止のクッションテープは元の通りに貼ってありますのでご安心くださいませ。

画像はどれもサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

日産ノートメッキフォグカバー&アンテナ塗装 完成

大変お待たせしました!先に本塗りを終えていたメッキフォグカバーと、先日本塗りを終えていたドルフィンアンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 フォグカバーは元々装飾クロムメッキが施されていたので、通常の塗膜と同様の密着性を保持出来る下地を作ってからの上塗りとしています。

ドルフィンアンテナは元々白に塗られていたのですが、車体色とは違ったようで今回改めて塗装をご依頼いただきました。

 フォグカバーの方は艶ありの黒となります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

元のメッキは剥がさずその上に塗装を重ねていますが、塗膜の密着性は通常の塗装と同様になっていますのでご安心くださいませ。念のためですが、密着剤の類は一切使っていません。

 ルーフアンテナは日産純正色のホワイト(カラーコード:QAY)となります。白をベースにイエローと黒が少量入ってます。

 こちらもクリアーはクリスタルクリアーとなります。艶あり仕上げの場合は別途オプションで変更が可能です(通常は同STANDOXイージークリアーとなります)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!