レクサスエンブレム塗装承ってます

先日到着しておりましたレクサス純正エンブレムです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

素材はいつもの通りABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物で、このまま(密着剤等を使って)上塗りを行っても十分に密着しませんから、下地処理を行ってからの上塗りを予定しています。

色はレクサス純正「グラファイトブラック」(カラーコード:223)で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っています。

元々着いている両面テープを残して塗装する事も可能ですが、断面にサフェや色が着いて汚い仕上がりになってしまうので、

全部剥がし、塗装後に同じような感じで元に戻しておくよう承っています。

通常であればスキャナーで読み込んである程度輪郭のラインを抽出するのですが、今回のエンブレムは両端に出っ張りがあるので台の上にピッタリ乗らず暈けてしまうので、

既存のロゴデータを使って大体の形を作りました。

この後レーザーで一旦紙をカットして形を合わせ、大丈夫なら両面テープを切って作っておきます。以前施工したスバルエンブレムの両面テープ制作の記事が参考になるかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スバルエンブレム(フォレスター)レッド&スモーク塗装 完成

先日表面のスモーク塗装を終えていたスバル純正フォレスター前後エンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、艶あり黒に塗装を施したメッキ枠と組付けます。

剥がした両面テープは再利用が出来ないので、新たにレーザー加工機で切り出します(以前の動画です)。

両面テープの厚みについては、以前ご依頼を頂いた同じフォレスターのオーナー様より「2枚だと厚過ぎる」とのご報告を頂いていたので、今回は1枚のみとしております。

接着面をよく脱脂清掃してから貼り付け、最後に台紙を貼り付けます。

そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々はこの様な状態だった物を、

メッキの枠を艶あり黒に、アクリルプレートは背面を青から赤、表側にスモーク塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スバルエンブレム(フォレスター)表側スモーク本塗り

先日裏側にレッドキャンディー→シルバーメタリック→クリアーを塗装していたスバルフォレスター用の前後エンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

表面を#800→#1300相当で研磨足付け処理を行い、

台にセットしてよく脱脂清掃したら本塗り準備完了です。

スモーク=ベースコートを塗布します。

スモークはこの時よりも少し明るく(薄く)なるように調整します。

余り黒くすると赤味が消えてしまうので、そちらも気にしながらスモークを塗り重ねていきます。

濃さが決まったら十分に乾燥させ、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

 

スバルエンブレム(アセント&アウトバック)塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていた北米スバルアセントオニキスエディションと、同社アウトバックのスバルエンブレム塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

最初はアセント用のフロントエンブレムをわざわざ海外から取り寄せて頂き、

その後ご友人(?)の方の物という事で、アウトバック用の新品エンブレムも送って頂きました。同じ物、同じ仕様であれば複数割引が適用出来るのでこれはお得な方法かと思います。

メッキの枠はに本塗りを終えていて、完成したプレートとそちらを、新たにカットした両面テープで固定します。

両面テープは手でカットした方が早いのですが、新品時と同様の美しいラインのようにするのは難しいので、台紙からデータを作成し、レーザー加工機でカットしています。以下のツイートで動画が見れますので宜しければご参照くださいませ。

スモーク濃度はこちらを参考に調整しています。

左手前、オレンジ色の台紙が見えているのがアウトバック用の新品エンブレムとなります。

こちらが中古品だったアセント用の物となります。届いてから判った事ですが、どちらも同じ型式の物となります(そして現在作業中のフォレスターの大きいエンブレムも!)。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

メッキの枠はそのまま上塗り(今回の場合は艶ありの黒)を塗っても十分に密着しませんので、それ用の下地処理を行った上で塗装を施しています。

密着性は通常の塗膜と同様で、フェザーエッジも出せますので補修も可能です。

一般的に行われている密着剤を使って塗られたメッキパーツは「面」では抑えられていても「点」ではくっ付いていない為、飛び石等による傷が付き易く、また一部が剥がれるとそこを起点にペリペリと剥がれて来ます。ペーパーを掛けるとエッジがブツブツと切れるように剥がれるのでスムースはフェザーエッジは形成出来ず、その上から塗った塗料でチヂレ(または激しいエッジマッピング)が生じる為、全部剥離するか、部品自体を新しい物に交換して塗装する必要があります。私が一時期勤めていた町工場で、アメ車(ダッジチャージャー等)のメッキモールにスモーク塗装を行って「ブラックメッキ風」にする作業が多かったですが、やはり後で剥がれて来て、それの収拾には大変な目に遭いました(事前に剥がれる事は元請けさん、社長に進言し、さらには見積書にもその旨を記載おきましたが、結局泣くのは現場の方々でした)。

ですので当店でのメッキへの塗装は「スモーク」は受け付けておらず、今回のように下地を完全隠蔽する塗色のみとなっております。メッキ素地を活かした透過性塗装が格好良いのは私も知っているのですが、「だから言ったのに…」とは思いたく無いんですよね。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用いただきまして誠に有り難うございました!

スバルエンブレム(表:レッドキャンディー)塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスバル純正エンブレムの前後アクリルプレートのみの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

こちらは枠は無くアクリルプレートのみの御依頼で、

そちらの表側に透過性の赤=レッドキャンディー塗装を施しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

背面の青はそのまま で、それに透明な赤が重なる事で色が濁って黒く見えています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

スバルエンブレムはメッキの枠を塗る方が数倍大変で、今回のようにアクリルプレートのみ、しかもスモーク塗装のように濃度(色味)の調整が不要であれば【お任せ仕上げコース】で対応可能です。

とは言っても単にレッドキャンディーを塗るだけでは無く、それ以外にもまあまあ手間が掛かっていたりします(これについては作業しない場合もあるので一応は控えておきます。今回は念のためやっておきました。採算は合わないのですが納期を長く(未定に)する事で対応出来るようにしています)。

これのミニチュアがあればキーホルダーにして車体とお揃いとかも凄く良さそうですね。

当店ではメッキの上に直接上塗りを行う事はしませんが、今回のようにアクリル樹脂に埋め込まれたような物であれば通常通り対応可能です。カラーメッキのようで面白いですよね(実際カラーメッキというのもかなり曖昧な表現ですが・・・)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!