メルセデスGクラス リヤスムージングバッチ塗装承ってます

 先日到着しておりました、メルセデスベンツのGクラス用リヤスムージングバッチです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

これはスペアタイヤ(の土台部分)を外した際、そこに残った窪みとボルト穴を塞いで格好良くする為の物で、素材はFRPとの事です。

ただ以前までの物は中が空洞になったタイプでしたが(水抜き穴もありました)、今回の物は樹脂の塊といった感じで、型にガラスクロスを貼って作って作っているのではなく、ポリエステル樹脂自体に骨材(タルクなど)を混ぜて固めたような感じです。

 裏には両面テープが貼ってありますので、こちらはマスキングしてそのまま残すようにします。

ご依頼内容はボディ同色のMERCEDES純正色の「イリジウムグレー」(カラーコード:963)で、下地処理は「研磨→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」を行い、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承っております。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

レガシィフロントグリル&ミラーウィンカー塗装承ってます

先日到着しておりましたステンレス製ビレットグリルとドアミラーウィンカーです。こちらのオーナー様は少し前に同車テールランプのスモーク塗装をご依頼頂いた方で、さらにその後は装着後のレビューも頂いております。この度もご贔屓頂き誠に有難う御座います!

 ステンレスグリルは金属素地の上に直接スモーク塗装が施されていて、所々塗装が剥がれて来ています。

当初はこれと同じようにして補修(再塗装)出来ないかとご相談を頂いたのですが、金属素地の上にプライマー無しで直接上塗りを行っても塗料は密着しませんので、当店ではこちらをお受付しておりません。

 確かに金属の上に透明な色=キャンディカラー(スモークを含む)を塗ると格好良く見えるのですが、経年で密着剤の効果が落ちると何かしらのきっかけで塗装が剥がれ、さらに進行が進むとペリペリと剥がれて来ます。

しっかり下地処理を行って塗装された塗膜はガムテープを貼って剥がしても剥がれませんが(車の塗装であれば当然の事です)、こうなるとセロハンテープでも剥がれてしまいます。

 と言う訳で、既存の塗膜は一旦全て剥離し、プライマーからやり直します。

また飛び石による凹みもありますので、そちらも一緒に直しておきます。

 色は予め色見本帳を送らせて頂き、その中からお好みの色を選んで頂きました。画像にある色見本帳の右下、アルファロメオの「GRIGIO TOURIN」(カラーコード:585A )となります。尚、色見本帳には「FIAT」とありますが、アルファロメオの色で間違いありません。

色見本帳は御依頼が決定された方にお貸出し可能で、事前に「ガンメタ」「黒メタリック」などをご指定頂ければ20色くらいを用意して送らせて頂きます。

 ドアミラーウィンカーはスモーク塗装で、濃度は「極薄め~薄めの中間」、クリアーはどちらも「クリスタルクリアー」への変更で承っています。

またドアミラーウィンカーの下部には足元を照らす為?のウェルカムライトがあり、ここはクリアー抜き(スモークにしない)ようにマスキングを行い、最後に塗るクリアーは一緒に塗るようにします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。改めましてこの度もご贔屓頂き誠に有難う御座います!

ルノーアウターハンドル塗装承ってます

先日到着しておりましたルノーの純正アウターハンドルです。こちらのオーナー様は以前同車テールランプのスモーク塗装をご依頼頂いた方でして、この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は「艶ありの黒」のクリスタルクリアー仕様で、ただし素地は未塗装の梨地(シボ模様)となっていますので、まずはこちらを「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業で平滑な下地にしてからの上塗りとなります。

手で触れるグリップ部は裏まで塗装し、車体に入り込む部分(可動部)には塗料が付かないようマスキングにて対応します。またその部分にはグリスが塗ってあるのでそちらは作業前に除去し、塗装後には同じように塗布しておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

レンジローバー アウターハンドルカバー塗装承ってます

 先日到着しておりましたレンジローバー用のアウターハンドルカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 素材はプラスチックに装飾クロムメッキを施した物で、これにそのまま上塗りを行っても塗膜は密着しませんから、いつも通り下地処理を行ってからの塗装となります。

色はランドローバー純正色の「フジホワイト」(カラーコード:867)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っています。

裏側の両面テープはそのままにフチから少し回り込んだ部分までは下塗り~上塗りを行う予定です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

IMPULルーフアンテナ塗装 完成

 大変お待たせしました!IMPUL純正のルーフアンテナの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々はアンテナの両サイドに「IMPUL」のロゴが凹み状になってあったのですが、今回はこちらを削り落とし、パテ&サフェを使って平滑に仕上げています。

色はホンダ純正の「プレミアムホワイトパール」(カラーコード:NH624P)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 良く見ても、元々凹み文字があったとは判らない仕上りになっていると思います。

 折角のIMPULの文字が勿体ない気もしますが、むしろ新品の時から使わずに取っておいた物を、今の御車(恐らくは同色のフィット)にどうしても着けられたいと言う事で、今回の御依頼に至ったのだと思います。

尚こちらとは別にテールランプのスモーク塗装もご依頼を頂いておりまして、そちらはタイミングが良かったのでかなり早い段階で塗装し、既に先日完成画像も紹介しております。宜しければご参照下さいませ。

ホンダフィットテールランプ塗装 完成

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 自然光の方が艶は良く見えるのですが、色味(パール感)は判り難くなってしまっているかも知れません。

 こちらは再び室内で、ストロボを使った撮影となります。

パール感はストロボでの撮影が一番表現出来ているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!