BMWアウターハンドルカバー塗装承ってます

先日お預りしておりましたBMW 318iツーリング(F31)のリヤドアハンドルカバー左右です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はBMW純正色のアルピンホワイト(カラーコード:300)で、一応タッチペンも同梱して頂きました。

パッケージに記載されている色名はALPIN WEISS(WEISS=WHITE、白の事)ですが、カラーコードは「300」と記載されているので、実際にはALPIN WEISSⅢとなります。

ちなみに「I」(カラーコードは592)は1979~1989、「Ⅱ」(カラーコードは218)は1986~2005に採用されている色で、こういった事から色名よりもカラーコードの方が重要だったりします。

 被塗面はプライマリー仕様で、足付け処理のみで上塗りが可能です。

両脇の爪をヘラで引き起こしてあげると土台部分とカバーパネルが判れます。

カバー裏側には磁石が内蔵されていますが、こちらは簡単には外れないようなので、そのままの状態でマスキングをしておく事にします。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

インプレッサ ボンネットダクトカバー塗装 完成

 先日本塗りを終えていたスバルインプレッサのボンネットダクトカバー3点です。最初に外しておいたボルトやクリップを元の位置に戻します。

 外した部品は元の位置に戻せるよう、最初に撮影しておいた画像を確認しながら作業を行います。

 そして完成です。大変お待たせしました!

 色はスバル純正色の「ソニックブルーマイカ」(カラーコード:74F )で、

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 サフェーサーは塗っておらず、製品の素地にプラスチックプライマーを塗ってそのまま上塗りを行っています。

 通常の樹脂部品では余り行いませんが、成型の出来具合と素地の状態が良ければこういう事も可能です。未塗装の樹脂素地バンパーを塗る場合と同じような感じですかね。

 こちらのメッシュ部分は塗装せずマスキングで行っています。

 先に全部青く塗ってから網の部分を艶消し黒に塗ると言う方法もあるのですが、逆アールをマスキングするのも綺麗に出来そうも無かった為、今回はマスキングシートを型から作って採用しています。

 通常は新品部品の状態で白いマスキングシートが予め貼ってあったりするのですが、今回はそうでは無かったので結構これが大変でした。スバル内製工場の方はどうやっているのでしょう?綺麗に出来ているのでしょうか。

 和紙タイプのマスキングテープだと塗料が食い付いてしまうので、こういったバツ切りのマスキングには不向きです(ガタガタになります)。

 マスキングシートは塗料が密着し難いPP(ポリプロピレン)製なので、マスキング際も比較的シャープに仕上がります(と言う程手放しに簡単に出来る訳ではないのですが・・・)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

インプレッサ ボンネットダクトカバー 本塗り

 先日マスキングシートを作製していたスバルインプレッサ用ボンネットダクトカバー3点です。

 一部出来が悪い個所(段差の研ぎ跡が残っていた個所)を#600→#800の水研ぎで均し、

 ウォッシュコンパウンドと#800相当のスコッチを使って足付け処理を行います。スコッチは先日社外記でも紹介していたエベレストのですね。試供品はまだ使っていません。

 最近業界では空研ぎがメインになって来ているようですが、PP素材でここまでの親水性にするにはやはりウォッシュコンパウンドが優れているのでは、と思っています(まあここまでする意味があるのかどうかは判りませんが)。

 こちらも同じようにしつつ、マスキングシート際はスコッチが入り難いのでナイロンブラシも併用します。

足付け処理が終わりマスキングシートを剥がしてみると、素地調整(足付け処理)を行った個所とそうで無い部分とで水の馴染み方が違うのが判ると思います。

 まるで違う素材を組み合わせたようですが、メッシュの部分も枠も同じ一体成型です。単にペーパーを掛けただけや脱脂しただけではここまでの差は出ません(これを簡単にしてしまうのがガスプライマーなのですが、そう上手くもいかないようで色々と問題が出ているようです)。

 フィンや穴の周りは裏側からしか塗れないので、スプレー作業を極力阻害しないよう細身のフレームで固定出来るようにします。

当たりゴムとフチのスポンジ(エプトシーラー)には塗料が着かないようマスキングをしておきました。

 メッシュの部分は裏側もマスキングをして塗料が入らない様にしておきます。隙間が無いように見えて(静電気の作用で)「そこから入るのか!」と言う事がよくあるので、虱潰しに隙間を塞ぎます。

 そして表面にマスキングシートを貼り付けます。

 台にセットし、よく脱脂清掃を行います。最初は一回使い古したウェス(キムテックス)とシリコンオフでウェットに拭き、それを新品の同製品で乾拭きして拭き取るようなやり方となります。キムテックスはてっきりもう時代遅れなのかと思っていましたが、先日一緒にオートサービスショーに行った現役の自働車塗装屋さんも愛用しているとの事で安心しました(笑)。キムテックスについてはこちらのページが判り易いかも知れませんので宜しければご参照下さい。繊維ゴミが出ないので魚の水槽の掃除などにも良いようです(私は使った事がありませんが)。

 裏側に回り込んだ塗料が剥がれないよう、しっかりプラスチックプライマーを全体に塗り込んでおきます。

 まずはベースコートの塗布です。

 色はスバル純正色の「ソニックブルーマイカ」(カラーコード:74F )となります。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 マスキングシートは二回目のクリアーを塗った直後に剥がしておきました。

 普通の和紙タイプのマスキングテープだとフチがガタガタになりがちですが、今回使ったマスキングシートはPP製で「塗料がくっ付き難い」と言う特性を利用し、ブツ切りマスキング際がシャープに仕上り易くなります(と言う程簡単では無いのですが・・・)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

メルセデスベンツAクラス アウターハンドル塗装承ってます

 先日到着しておりましたメルセデス・ベンツAクラスのアウターハンドル一式です。こちらのオーナー様は以前のpro-fit(自動車板金塗装)で車体の塗装をご依頼頂いた方で、また当時としては珍しい小物=ひょうたんの塗装をご依頼頂いた会社の方でもあります。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座います!

 ご依頼内容としてはメッキ部分はそのままに、塗装された部分をボディ同色の「カルサイトホワイト」(カラーコード:650)で、またクリアーはメルセデスベンツ承認のVOCプラチナクリアーをご指定頂きました。先日三菱アウトランダーのフロントグリルに使用した傷のつき難いクリアーですね。尚VOCプラチナクリアーは垂らすと磨き処理が出来ない為(塗り直しが必至です)、対応出来る物は限られておりますのでご了承下さいませ(またさらなる割増費用も必要となります)。

 メッキ部分はトルクスのネジで止まっているので、

 これらを外すと簡単に取れてくれます。

 こちらは嵌め込みなので、隙間からヘラを差し込んでクイッと引き起こすと外れてくれます。無理に曲げるとメッキが割れるのでご注意下さい。

 それにしても既存の塗膜の肌が凄いです。今時「ゆず肌」とか言葉すら使う機会がありませんが、これで出せるのですから羨ましい限りです。

メッキ部分は無事取れましたので、合計8個の塗装となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

 

参考までに、以前ご依頼頂いたひょうたんの画像も紹介しますね。

当時は塗装と言えば車体か自動車部品しか知らなかったのですが、オーナー様のご職業であるパッケージデザインのお仕事の一環で、こちらのひょうたんを塗らせて頂く機会を頂きました。

これが信じられないくらい大変だったのですが(笑)、この時「車以外にも塗装の需要はあるのかも・・・」と思い、その後今の小物塗装に至ったという訳です。

画像はラインを出す為に削り過ぎてひょうたんに穴が開いてしまい、この後穴埋めと強度保持の為に中をポリエステル樹脂で内側を固めると言う、今の仕事の原点みたいな事をやっていたりします(苦)。

マツダミラーカバー塗装承ってます

 先日到着しておりましたマツダの純正ミラーカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状は新品状態で、ジェットブラックマイカ(カラーコード:41W)が塗られています。以前当店で塗装したマツダアテンザのフロントグリルの色と同じですね。

 新車肌と言えばそうなのですが、クリアーの肌は余り良くは無く、今回はもっとテロテロに仕上がりますのでご安心下さいませ。

 色は「イエロー」と言う事で事前に色見本帳を幾つかお貸出ししまして、こちらのトヨタ「イエロー」(カラーコード:592)でご指定承りました。

色によってはソリッドカラ―でも3コート塗装になる物もあり、その場合は割増費用が必要になる事もありますので、一応第一~第三希望までを選んで頂くようにしています。ご依頼が決定されましたらこちらの色見本帳を無料でお貸出ししますので、大体20冊くらいの中からお好みの色を選んで頂けるようになります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!