BMW MINIフロントグリル枠&ヘッドライトリム塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えておりましたBMW MINI F54ミニクラブマン純正のフロントグリルメッキ枠とヘッドライトメッキリム(リング)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施されていた物で、これに普通通りの塗膜が出来るよう、下地を作ってからの上塗りとしました。尚、密着剤は使用しておりません。

裏側に着いていたプラスチック製のクリップと、ビビり音防止の為のクッションテープは元の通りに戻しておきました。

 色はソリッドカラ―のブラックで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 塗膜の密着性については、通常の塗装と同等と考えて頂いて大丈夫です。

 密着剤(スプレー糊のような物)を使って塗装した場合、面で抑えている時は意外と大丈夫なのですが、何かしらきっかけがあるとそこからペリペリと剥がれて来たりします。

 また密着剤を使って塗った時のように、経年で効果が落ちて塗膜がペリペリと剥がれてくる事もありません。

ちなみに以前当店で塗装した物で一度そう言う事があったのですが、実際の部品を見せて頂くと、塗膜では無く下地のメッキ自体がプラスチックから剥がれて来てしまっていました。車種は三菱のパジェロで、同じように中古品のフロントグリルを手配したのですが、やはりそちらもその時点で既にメッキが劣化して剥がれ掛かっていました。

そうなると上から塗ってもどうしようも無く、ただそこまでのサイズのメッキを当店で剥がす事は出来ませんので、ご懸念の場合には今回のように新品部品をお手配頂くのが宜しいかと存じます(それにしてもそんなに簡単に純正部品のメッキが剥がれると言う事は無いのでビックリしましたが・・・)。

 画像はいつものようにサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW MINIフロントグリル枠&ヘッドライトリム 本塗り

 先日メッキ素地の下地処理~サフェ入れを行っていたBMW MINI F54ミニクラブマン純正のフロントグリルメッキ枠と、ヘッドライトメッキリム(リング)左右です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒のベースコートをドライコートでパラパラと塗っておきました。

画像は軽く水研ぎをした状態で、下地に塗ったプライマーとその後のサフェーサーの肌が凸凹になっているのが判るかと思います。

ラッカーサフェーのように柔らかければそのまま手研ぎでも良いのですが、2液のウレタンサフェだとこの肌が残ってにウネウネとした仕上りになってしまうので、最初は当て板を使ってしっかり肌目を落としておきます。

 ただし当て板を使って研ぐと、曲面のラインはポリゴンみたいにカクカクになってしまいますから、最後はペーパーのコシを使っての手研ぎで研ぎ付けます。番手は#600→#800が普通ですが、今回のように丸みのあるラインは「面」では無く「角」に当たり易いので、下地が出ないよう#800のみで行っています。

 ただし#800の耐水ペーパーだけだと傷が深すぎるので、最後は当たりの柔らかい布状研磨副資材(アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均します。耐水ペーパーのような強いコシが無いので、段差がついた個所なども下地を出さずに削る事が出来ます。

 同じようにヘッドライトリムも水研ぎで行います。

水を使わない空研ぎでも出来ますが、コスト高だったり粉っぽくなったりするデメリットもあるので、この辺はケースバイケースでやり方を変えられます。

 その後よく洗浄し、台にセットします。研ぎ汁が残ると厄介なのでマスキングも全てやり直しておきます。

 自動車の車体を塗っていた頃は台の上に直置きで塗っていましたが、小物塗装専門になってからはフチから裏側までしっかり塗れるこの固定方法になりました。部品が車体に装着された状態なら裏側は見えませんが、部品単体でお渡しする今のスタイルだと裏側までしっかり見られてしまうので、見えない所にまで気を遣うようになりました。普通は経験を重ねる毎に仕事が楽になると思うのですが、うちの場合はまるで逆です(苦)。

 フロントグリルのメッキ枠は、それに合わせてベニヤ板などをネジ止めして台を作製しています。ちょっと重いですが、こちらも持って塗れるようにしています。

 よく脱脂清掃したら、ベースコートを塗布します。

先日施工したインプレッサのシフトカバーのフチもこれと同じベースコートの黒ですが、艶具合が全然違うのが判ると思います。しっかりウェットで塗り込むと半艶のようになります。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 内側と外側の側面もしっかり塗らないと綺麗に仕上がらないので、面積の割には結構面倒な形をしています。

こういった形状は今まで段ボールをカットして使っていましたが、以前自作した長ワニクリップが活躍してくれています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

VW GOLF R32エアベント&ワイパー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたフォルクスワーゲンゴルフR32のワイパーパーツとエアベントの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

エアーベントは元々未塗装の樹脂素地で、

ハイパーアームとカバーは艶消し黒の塗装が施されていました。

 今回はこれらをポルシェの「BASALT BLACK」(カラーコード:C9Z)に、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で塗装をしています。色は事前にお貸出しした色見本からお好みの色(他の部品に自家塗装使った色の近似色?)を選んで頂きました。

 大変だったのは下地処理で、

 この網目一つ一つ研磨して足付け処理を行っています。

 ワイパーアームの根元部分とワイパーブレードが着く先端の部分はマスキングをして塗っています。

 カバーを取り付けてみました(向きは上下逆かも知れません)。

立てた状態で撮影してみました。

元々結構バリがあったのですが、何とか良い具合に仕上がっているかと思います。

升目の側面はどれも艶々に仕上がっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座いました!

BMW MINIフロントグリル枠&ヘッドライトリム 下地処理

 先日お預りしておりましたBMW MINI F54ミニクラブマン純正のフロントグリルメッキ枠と、ヘッドライトメッキリム(リング)左右です。

樹脂素材の装飾クロムメッキ部品へ塗装をする場合は、メッキを剥がすか、それ用の下地を作ってからの上塗りとなりますので、今回のような大きい部品は後者の方法での塗装となります。

尚、メッキを剥がすケースは殆どありませんが、以前ご依頼を頂いたプジョーのステアリングスポークカバーの塗装では、凹み文字部分を平滑にすると言う事でメッキを剥がしてからの作業となりました。

 メッキの素地調整をした後、プライマーを塗布します。

プライマーは表面から側面まで満遍なく塗り、

 さらに裏側まで回り込むように塗っておきます。

 続けてサフェーサーを塗布します。

ライン自体は良いのでサフェーサーは厚塗りする必要はなく、3コート程としています。

この後60℃40分程の熱を掛けて硬化させ、後日研ぎ作業を行ってから本塗りとなります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

VW GOLF R32エアベント&ワイパー 本塗り

 先日お預りしておりましたフォルクスワーゲンゴルフR32のワイパーパーツとエアベントです。

 エアーベントはハニカム構造になっていて、ただしこういった個所も足付け処理をしないと塗装は剥がれますから、

 ヘラに#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)を巻き、一つ一つ研磨していきます。面倒そうに見えますが、昔はもっと不便だったので(シュレッダーに掛けて細切れにしたようなペーパーを使っていました)、むしろ楽で仕方がありません。

 背板があって行き止まりの部分は、ヘラの先端とアシレックスを使って一つずつ足付け処理を行います。

 それだけだと不十分なので、さらにウォッシュコンパウンド(洗浄剤に研磨粒子が入った物)とナイロンブラシを使って処理します。

 丁寧に扱っていたつもりですが、作業中にリング部が外れました。

 元々ホットボンドで点いていた物で、そんなに強度は無かった模様です。

水気を飛ばして乾燥させた後、プラスチックプライマーを塗ってから同じようにホットボンドで、さらに元の状態より強化させておきました。オレフィン系の樹脂(PPやPAなど)は塗装や接着と同じくプラスチック用のプライマーを塗らないと十分な密着性は得られません(そもそもこれらの樹脂は同じ素材を使った溶着ですら非常に困難です)。

 本塗りはクリップで固定して行いますが、その前にこの状態で下塗りを行っておきます。

元々バリが酷く、ただ今回は下地処理(サフェーサーの塗装&研磨)は行わない予定だったのでそのまま塗るつもりでしたが、結局気になったのである程度取り除き、ただしそれでも繊維状になったケバケバが残ったので、

ガスプライマー&プラスチックプライマーを塗って下色の黒を塗り、気になった個所をアシレックススカイ(#500相当)で削り落としていきます。

ラジコンのポリカーボネート製ボディを塗ったことがある方なら判ると思いますが、あれに使う塗料は軟化性のある物が必須で、そうでない塗料で塗ると衝撃を受けた時にパリン!と割れてしまいます。-40℃の世界でバラの花びらを凍らせるとパリンと割れるのと同じですね(実際には違うかも知れませんが…)。

今回はそれの逆で、ネチネチ&ケバケバになった部分を一旦塗装してしまい、多少でも切削性が良くなった状態でペーパーを当てると削れてくれる、と言う寸法です。結果としては何とかなりました。

 ワイパーアームは元々艶消しの黒が塗られていて、一部研磨して素地が露出した個所があるので、この後プラスチックプライマーを塗っておきます。

 ワイパーアームカバーは実はブツブツとしたストラクチャー塗装が施されていて、一回目のベースコートを塗った時点で中研ぎを行いました。

そしてベースコートを塗布します。

 今回はお貸出しした色見本帳からポルシェの「BASALT BLACK」(カラーコード:C9Z)を選んで頂いたのですが、実はこれ、分類的にはLC9Zと同じですので、VWの「ブラックマジックパールエフェクト」と同じ色です。

ただし配合データを見てみるとVWとPORSCHEで同じ配合の物は無く、ですので当初の予定通りポルシェの配合データから色を作りました。中身(配合)は違いますが、VWのボディに合わせても違和感はないかと思います。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーはクリスタルクリアーとなります。

 スプレーは面に対して垂直が基本ですので、6方向から行いました。

 また裏から塗る事で普通には塗り難い側面も艶々に出来ていると思います。

ワイパーの旧塗膜もチヂレずに仕上がりました(時々そう言う事が起こります)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!