LogicoolG Pro wireless mouse

 ロジクール社のゲーミングマウス、Logicool G  ワイヤレス G-PPD-002WL ブラック LIGHTです。

元々の状態としては、艶消し黒の塗装が施されています。

 両サイドに着いているボタンは磁石で固定されているだけなので簡単に着脱可能で、

予備用の物と交換する事で機能を増やしたり、制限したりする事が可能となっています。

分解については当店では対応しておりませんが、出来そうな物であれば個人的に引き受ける事も可能です。ただしその際に生じる破損や不具合などには保証も補償も出来ませんのでご了承下さいませ。

分解作業については以下の社外記の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

ワイヤレスマウスLogicoolG Pro wireless 分解

 塗装するのはこちらの11部品となります。

色はこちらの画像を参考にと承りました。

また「G」の部分と、インジケーターランプ3カ所は元のように光るようにとご指定頂きました。

 下地処理を行い、まずは段差(継ぎ目)を平滑にする為に下塗りのクリアーを塗ります。

 クリアー塗装後、60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 クリアーを塗った状態です。

 継ぎ目に段差が出ているのが判るかと思います。

 インジケーターランプ部も溝が出来ています。

 マスキング用のデータを作ります。

 細部を修正したら実際にカットし、

 マスキングする場所に貼ってさらに修正を繰り返します。

元のラインより0.2mm程内側にオフセットしたマスキングシートを作成しました。

 砥石を使って段差を平滑に研ぎます。

 全体を足付け処理し、マスキングします。

 インジケーターランプ部は、市販のマスキングテープ(直径1.0mm)を使用しました。

 本塗り(下塗り)準備完了です。

 色を作ります。

 通常の原色でここまで彩度のある色は出せないので、蛍光ピンクとキャンディーマゼンタを使って色を作りました。

 下色に当店規定のピンクカモフラ②を塗り、

 その上に蛍光ピンクキャンディーマゼンタを塗り重ねます。

ご依頼頂いているのは艶消し仕上げですが、マスキングした箇所に段差が出ているので、まずは通常のクリアー(艶あり)で下塗りとします。

この後再び熱を掛けて塗膜を硬化させます。

後日再び下地処理を行い、艶消しクリアーを塗ります。

画面右の艶のある方が艶消しクリアーを塗った直後で、そこから時間が経つと左側のように艶が消えます。

 そして後日塗膜が硬化したら組み付けを行って完成となります。

 画像だと少々色が濁って見えますが、実物はもっと派手なピンクです。

 塗膜の耐久性は、自動車ボディの塗装と同様とお考えいただいて大丈夫です。

 「G」の部分は段差や下色などの色も見えなく、マスキング際もシャープに美しく仕上がっているかと思います。

 インジケーターランプ部も光ります。

 箱の上に乗せてみました。右上にあるのは交換用のボタンです。

後日オーナー様からコメントを頂きました。


本日無事午前中にマウスが届きました。やはり実物で見ると全然違い、嬉しさのあまり感動してしまいました。正に自分の求めた色になっています。マウス記事で「塗装に完璧な仕事はない」と記事に書かれていましたが、私個人としては完璧な仕事だと思います。

添付している画像はグーグルの画像で出回っているpink色の PRO Wirelessです。

(ここでは掲載していませんが、メールにピンク色マウスの画像を添付して頂きました。)

やはり蛍光キャンディーマゼンタピンクには敵いません。世界でただ一つの自分だけのマウスなりそうです。ご依頼受けて頂き本当にありがとうございました。

とのお言葉を頂戴しました。

この度のご依頼誠に有難う御座いました!