SENNHEISER E945 Microphone

ゼンハイザーのボーカルマイク、E945です。

マイク本体にはつや消し黒が塗られているので表面を#800相当で研磨し、グリルはナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って網の隙間までしっかり足付け処理を行っています。

まずは下色としてシルバーを塗布します。

その上に透過性の赤=キャンディーレッドを塗り重ねます。

塗膜を十分に乾燥させた後、SENNHEISERのロゴを印刷したデカールを貼りつけます。

ロゴは元のサイズより少し大きく、横幅は約70mmとなります。

そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、磨き処理を行います。

そして完成です。

左が通常のキャンディーレッド、右が今回の濃いキャンディーレッドとなります。

下色のシルバーは同じですが、上に重ねているレッドを違う物に変えています。

ストロボを使って撮影もしました。

どの画像もサイズの縮小以外は未加工となります。

こちらは自然光で撮影した画像となります。

通常のキャンディーレッドより若干暗く、赤も濃い色味となります。

塗装後にペーパーを掛けて磨いている為、デカールの段差も殆ど分からないように仕上がっているかと思います。

ご希望の際には「濃い方のキャンディーレッド」とご指定下さいませ。

LogicoolG Pro wireless mouse

 ロジクール社のゲーミングマウス、Logicool G  ワイヤレス G-PPD-002WL ブラック LIGHTです。

元々の状態としては、艶消し黒の塗装が施されています。

 両サイドに着いているボタンは磁石で固定されているだけなので簡単に着脱可能で、

予備用の物と交換する事で機能を増やしたり、制限したりする事が可能となっています。

分解については当店では対応しておりませんが、出来そうな物であれば個人的に引き受ける事も可能です。ただしその際に生じる破損や不具合などには保証も補償も出来ませんのでご了承下さいませ。

分解作業については以下の社外記の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

ワイヤレスマウスLogicoolG Pro wireless 分解

 塗装するのはこちらの11部品となります。

色はこちらの画像を参考にと承りました。

また「G」の部分と、インジケーターランプ3カ所は元のように光るようにとご指定頂きました。

 下地処理を行い、まずは段差(継ぎ目)を平滑にする為に下塗りのクリアーを塗ります。

 クリアー塗装後、60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 クリアーを塗った状態です。

 継ぎ目に段差が出ているのが判るかと思います。

 インジケーターランプ部も溝が出来ています。

 マスキング用のデータを作ります。

 細部を修正したら実際にカットし、

 マスキングする場所に貼ってさらに修正を繰り返します。

元のラインより0.2mm程内側にオフセットしたマスキングシートを作成しました。

 砥石を使って段差を平滑に研ぎます。

 全体を足付け処理し、マスキングします。

 インジケーターランプ部は、市販のマスキングテープ(直径1.0mm)を使用しました。

 本塗り(下塗り)準備完了です。

 色を作ります。

 通常の原色でここまで彩度のある色は出せないので、蛍光ピンクとキャンディーマゼンタを使って色を作りました。

 下色に当店規定のピンクカモフラ②を塗り、

 その上に蛍光ピンクキャンディーマゼンタを塗り重ねます。

ご依頼頂いているのは艶消し仕上げですが、マスキングした箇所に段差が出ているので、まずは通常のクリアー(艶あり)で下塗りとします。

この後再び熱を掛けて塗膜を硬化させます。

後日再び下地処理を行い、艶消しクリアーを塗ります。

画面右の艶のある方が艶消しクリアーを塗った直後で、そこから時間が経つと左側のように艶が消えます。

 そして後日塗膜が硬化したら組み付けを行って完成となります。

 画像だと少々色が濁って見えますが、実物はもっと派手なピンクです。

 塗膜の耐久性は、自動車ボディの塗装と同様とお考えいただいて大丈夫です。

 「G」の部分は段差や下色などの色も見えなく、マスキング際もシャープに美しく仕上がっているかと思います。

 インジケーターランプ部も光ります。

 箱の上に乗せてみました。右上にあるのは交換用のボタンです。

後日オーナー様からコメントを頂きました。


本日無事午前中にマウスが届きました。やはり実物で見ると全然違い、嬉しさのあまり感動してしまいました。正に自分の求めた色になっています。マウス記事で「塗装に完璧な仕事はない」と記事に書かれていましたが、私個人としては完璧な仕事だと思います。

添付している画像はグーグルの画像で出回っているpink色の PRO Wirelessです。

(ここでは掲載していませんが、メールにピンク色マウスの画像を添付して頂きました。)

やはり蛍光キャンディーマゼンタピンクには敵いません。世界でただ一つの自分だけのマウスなりそうです。ご依頼受けて頂き本当にありがとうございました。

とのお言葉を頂戴しました。

この度のご依頼誠に有難う御座いました!

AUDIX OM6 Microphone

先日お預りしておりましたAUDIXのマイクです。

こちらは納期指定(短縮)のオプションでご依頼を受けておりまして、既に製品は完成となりましたので、施工例のページとして紹介をさせて頂きます。

 今回は色の見本として、こちらのヘアーアイロンのパーツを一緒に送って頂きました。

基本はピンクパールですが、その中にホログラム(レインボー)の顔料が入っています。

 通常ラメ(=極粗目メタリック)には対応しておりませんが(塗膜が厚いとマイクホルダーに挿した時にグニュっとなってしまう為)、当店で用意している同様の顔料であれば対応可能なので、今回こちらを使用する事にします。

以前テスト的に塗装した色見本用のマイクがあるのでそちらも紹介しますね。 こちらはベースを黒に塗装し、その上に先ほどのホログラム(レインボー)の顔料を重ねています。

画像だと判り難いのですが、光によって色が変化する顔料です。

一緒にお預りしたヘアーアイロンの部品を参考に色を作ります。

左からカラーベース、パールベース、ホログラム用顔料となります。

 今回のピンクは比較的落ち着いた色味で、淡い系の色としては珍しく黒も結構入りました。

カラーベースの上にパールベースを重ね、さらにホログラム顔料をコートしています。本塗り時はさらにクリアーも塗るので、今回は4コート塗装となります。

 マイク本体とグリルボールには艶消し黒が塗装されていて、元々あったAUDIXのロゴはアルミ素地を露出させて表現されている物なので、それを残すとその痕が出てしまいますから、しっかりと削って取り除いておきます。下の方(画像だと上部)にある文字は深いレーザー彫刻なので、こちらはそのまま残ります。

 ただしこのまま上塗りを行うと塗料は密着しませんので、

 プライマーを塗っておきます。

 そしてカラーベースを塗布します。この状態ではパールもホログラムも掛かっていない状態で、比較的落ち着いた感じのピンクなのが判ると思います。「令和」の慶祝カラーみたいな感じでしょうか。

 その上にパールピンク(実際にはほぼホワイトパール)、さらにホログラム顔料を重ねました。これらは塗り方によって色味が変わるので見本と見比べながら、またさらに確認の為、先に色見本(今回はベアブリック)を塗装しながら行っています。

概ね同じ様な色味に出来たと思います。

 そして最後にクリアーを塗りますが、

 ホログラム系の顔料は粒子が大きいので、どうしてもクリアーから突起してしまいます。

画像はまだ1コートしただけなので、この後さらに2コート塗り重ねます。

 クリアーは合計3コート行い、本塗り完了です。お待たせしました!

 ウェットの状態では、ホログラム顔料の突起も無く艶々の状態になっています。

 この後乾燥硬化する過程でホログラム顔料の粒子が突起または艶引けが起こる可能性があるので、その場合は磨き処理を行うか、もしくはもう一回表面を軽く研磨してクリアーコートをして対応します(今回はどちらもしなくて大丈夫でした)。

 画像だと判り難いのですが、ホログラム顔料は光の当たり方によって色味が変わります。

 最初に紹介した時のようにマクロレンズを使えばもっと判り易く写せるのですが、本塗り直後は埃が着くので近よれません。

ですので見本を使って、さらに判り易いようトリミングをしてみました。光に当たった背中がキラキラしているのが判るかと思います。

 その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 心配していたホログラム顔料の突出は問題ありませんでした。画像は磨き処理無しの塗りっ放しの状態です。

 トリミングをしたベアブリックの画像以外は全て縮小サイズのみで未加工・未編集となります。

 ホログラム顔料をもっと塗り重ねればその分派手になりますが、マイクの場合はホルダーに挿す事を想定すると、塗膜の厚塗りはお勧め出来ません。

 こちらはストロボを使った撮影となります。

後日、オーナー様からご感想を頂きましたので以下に紹介をさせて頂きます。


今日ライブで使用しました!色もキラキラ感も想像どおりで本当に嬉しかったです。ライブ中もいつもより楽しく出来て本当に感謝しております!
短納期にも関わらず快く引き受けてくださって本当にありがとうございました!また機会がありましたらよろしくお願い致します。


ライブの日程が決まっているなどの場合には、別途「納期指定」のオプション(有料)をご指定頂ければ短縮も可能です。ただし期間が短い程費用も大きくなりますので、出来るだけ余裕を持ってご依頼を頂ければと思います。

 

NISSAN GT-R(KPGC10) S20 Engine Cover

 いつもの業者様からご依頼を頂いていた、日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバーです。

 現状は濃いグレーの結晶塗装が施されていて、ただしその後使った痕はありません。

 オイルキャップのネジ山まで塗られているという、中々男前な仕様です(使っている内に塗膜片が中に落ちて行くのでは・・・)。

 この型のヘッドカバーとしてはあるあるの、端のネジ穴部分が折れて溶接されています。

この部分の表側には、塗装を剥がした後に凸凹のビード跡が出て来たので、エポキシパテで均しておきました。

 塗膜を剥離後、サンドブラスト処理(軽め)を行います。

その後リン酸処理→プライマー→サフェーサーを塗布し、表面を研磨します。

当て板の入らない細かい部分は、2ミリ~3ミリ厚のアクリル板を使って平らに研いでいきます。番手は#320→#400となります。

 その後はいつもだったら#600→#800まで仕上げるのですが、今回は腐食による浸食痕などが目立った為、

一旦艶ありの黒で全面を下塗りとしました。サフェ作業も行っていますが、さらに2度塗りも行います。

 その後熱を掛けて塗膜を硬化させた後、同じように今度は#600~#800で水研ぎを行います。

 浸食されていた部分は凹んでいる為、その都度拾いパテ(ラッカーパテ)で埋めるのが大変だったので、代わりにクリアーを塗ってしまおう、と言う作戦です。また#320~#400のペーパー目の目消しにもなります。

 艶のある所が研いでいない部分で、艶が消えている個所は全て当て板(主にアクリル板)とペーパーを使って研いだ部分です。

 その後凸部を#120→#180で荒砥ぎしておきます。今回既に一度研磨(塗装)されて凸文字部が薄くなってしまっていたので、エアーツール(ダブルアクションサンダー)は使わず全て手研ぎで行っています(この辺の作業が体に良くなかった為か、その後調子が悪くなってしまったので、ヘッドカバーの艶あり塗装は当面これを最後の仕事とさせて頂く事にしました)。

そしてスコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

そして本塗り完了です。

(今回は掲載する予定では無かったので途中画像が余り無く、作業内容はかなり飛んでいます)。

色はスカイラインHR31 1987年 GTS-R(800台限定)の「ブルーイッシュブラック」(カラーコード:BG8)となります。黒に見えますが濃紺で、パールやメタリックは入っていないソリッドカラーとなります。

 その後熱を入れて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 凸部を研磨した個所は最終#800仕上げとなります。

 アルミ素地を出している凸部分には多少腐食が残っています(黒い点々状の個所)。

シングルサンダーを使ってもっと削ればこれらも取り除けますが、部分的に削ると歪むのでその場合は全体的に、ただそうすると「2000」と「NISSAN」の文字部がさらに薄くなってしまうのでここまでに留めておきました。

 この部分が折れていた部分です。ポリエステルパテは熱に弱いので使わず、エポキシ接着剤(3Mパネルボンド)のみで成型しています。

 オイルキャップのネジ山部分にあった塗膜も取り除いておきました。

今回のヘッドカバーは梨地では無いのですが、プラグホールとプラグホールの間に凹みや歪があるので、平滑にする為の下地処理(サフェ研ぎ)が必須となります。単に塗るだけでこういった仕上りにはなりませんのでご注意下さいませ。

 今回のような作業は身体への負担が大きい為、現在はお受付を停止させて頂いております。

ただし一部のヘッドカバーは対応している物もありますので、詳しくはこちらの業務連絡のお知らせをご確認くださいませ。

SHURE GLXD2/BETA58 Microphone

SHUREのワイヤレスマイク、GLXD2/BETA58Aです。

 今回は「レース塗装」でご依頼を頂きまして、またさらには「自分好みの柄で」と、レース生地も一緒にお預りをしました。

生地の選択についてはこちらにお任せいただき、

 このレース生地が一番塗装に合いそうだったのでこちらを選ばせて頂きました(レース生地によっては良くない結果になる物がありますので必ず事前にご相談下さいませ)。

 各々の部品は下地処理を行い、柄がズレないよう組み付けた状態で本塗りを行います。リング部はアルミ製のアルマイト仕上げの為、下地処理として素地調整後にプライマーを塗っています。グリルボールはいつものようにナイロンブラシ&ウォッシュコンパウンドで網目の奥まで足付け処理を行っておきました。

 まずは輝きの強いシルバーを塗装します。

 十分に乾燥させたらレース生地で覆い、位置がズレないよう、また弛みが出来ないようにクリップ・ゴム・紐で固定をします。

 そのまま全体にベースコートの黒を塗布します。

レース生地を剥がした状態です。

 尚今回は塗装する順番によってどう色が変わるのかを事前に確認したかった為、色見本用のマイク(レジン製)を使ってテスト塗装も行っています。

使っているレース生地は同じですが、左=「シルバー→黒」、右=「黒→シルバー」と、塗る順番を逆にしています。

先ほどの状態に、透過性の赤=キャンディーレッドを塗り重ねるとこのようになります。キャンディーカラーはレッドの他にブルーやイエロー、ピンクなども出来ます。

その後ロゴ入れ塗装&クリアーを塗って完成となります。

今回のような細かい線はマスキングでは難しく、またオーナー様自ら模様を決められるという点で、「レース塗装」はさらにオリジナル度が高くなるかと思います。

今回のグリルボールはキャンディーレッドべた塗りでしたが、メッシュ(網の部分)を黒にしたり、「シルバー+キャンディレッド」の組み合わせなども可能です。

お納めした後にご依頼者様からは、「想像以上の仕上がりで嬉しいかったです」「カスタムマイク、大活躍です!推しの○○を始めファンの方からもお褒めの言葉をいただきました。本当にこの度はありがとうございました。」とのお言葉も頂戴しました。

背景を黒にして撮影してみました。こちらは光を吸収するハイミロンを使っています。

こちらは普通の黒のケント紙です。

レース塗装は、黒と有彩色(今回の場合はキャンディーレッド)の比率でかなり雰囲気が変わりますので、レース生地を選択する際は柄だけではなく線の細さなども気にすると良いかと思います。

こちらの柄はオーナー様よりご提供いただいた物なので再現は出来ませんが、当店で在庫しているレース生地が色々ありますので宜しければご相談下さいませ。