ENDLESS Brake Caliper

エンドレスの鍛造アルミ製の6ポットキャリパーです。

現状は塗装では無くブルーアルマイト仕上げで、凸文字部分が切削されてアルミ素地が露出された状態です。

ブーツ(ゴムシール)が無いタイプなので、ピストンとその隙間に不純物が入らないよう、

少し大きめにカットしたマスキングテープ+ガムテープを貼り付けます。

その他そのまま残したい部分をマスキングし、

サンドブラストを行います。ちなみにアルマイト素地にそのまま塗装を行っても塗料は密着しませんので、このような素地調整が必要となります。念のためですが密着剤の使用などはあり得ません(あれは点では無く「面」でくっ付いているだけで、経年でそれの効果が無くなったり、何かのきっかけがあるとそこからペリペリと塗膜が剥がれてしまいます)。

よく脱脂清掃し、

まずはプライマーを塗布します。

その次に、塗膜を厚くしたくない箇所にベースコートの黒を塗り、マスキングを行います。

続けて下色を塗布し、

その上にキャディーイエローとキャンディーオレンジを混ぜた色を塗布します。下色と同じベースコートとなります。

見本となる画像と見比べて良さそうな色味になったらキャンディーカラー=ベースコート完了となります。

凸文字部を研磨してアルミ地を光らせ、

最後に艶消しクリアーを塗布します。

塗った直後は艶のある状態が続きますが、

その後一時間くらいすると艶が消えています。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。

色としては、3コートキャンディーゴールドの艶消し仕上げとなります。

Mitsubishi Lancer brembo Cnady Red

 三菱ランサー用のブレンボブレーキキャリパーです。

いつものようにクリアー層が剥がれる層間剝離が発生しています。

リヤの塗装はさらに酷い状態です。

いつものブレーキ屋さんにて洗浄~サンドブラスト~マスキングを行って頂きました。

以前の下請け的な仕事であればこのまま本塗りを行っていましたが、

当店をご指定頂いての御依頼の場合には、素地調整を行ってからの塗装としています。平面はダブルアクションサンダー#120~#180で研磨し、#240の手研ぎでアルミ素地を均しておきます。

その後全体を溶剤(ノルマルヘキサン)で洗い流すようにして脱脂清掃し、

プライマーを塗布します。

その後膜厚をつけたく無い箇所=車体固定部やガスケット取り付け部、固定用ピンを差し込む穴等ですね。

まずは下色として、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック 」(カラーコード:41V)のカラーベース(下色)を塗布します。

続けて当店規定のキャンディーレッド(ベースコート)を塗布します。

通常はここでロゴ入れを行いますが、キャンディーカラーはブリード(滲み)が発生するので、

一旦クリアーを塗って終了とします。

この後はいつも通り60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

塗膜が完全硬化したら、

キャリパーの正面部分を足付け処理します。

プレスライン部に、フチを浮かせたマスキングテープを貼り付けます。この手法についてはこちらの記事が判り易いかと思います。

元と同じサイズにカットしたbremboのマスキングシートを貼り、ベースコートの白を塗布します。

ロゴ入れには口径0.3mmのIWATAエアーブラシを使用しました。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

ロゴ部分は段差が出来ているので、この後完全硬化させた後にペーパーを掛けて均し、磨き処理を行っておきます。ボカシ際も同様に磨いて馴染ませます。

そして完成となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

下色をシルバー単体にしたキャディーレッドに比べると発色は弱くなりますが、その分コストは抑えられた仕様となります(数万円変わります)。

他に今回と同じ「ソウルレッド風」のキャンディーレッドとしては、同三菱のi(アイ)のヘッドカバーや、

RB26エンジパーツ一式などの塗装事例があります。

鮮やかな赤系のメタリック・パールは、一般的な2コート塗装で表現するのは難しく(顔料自体の特性)、なので今回の様な3コート塗装での表現が必要となります。

Impreza Steering Switch

スバルインプレッサ用ステアリングスイッチです。

今回は塗装費とは別に「調色費」「艶調整費」が必要となった内容で、「単に塗るだけ」の場合に比べてかなり割高となった一例なのですが、意外とよくあるお問合せでもあるので、改めて施工例として纏めてページを作成しました。

元々車体に着いているのはこの様なガンメタ色のパーツで、これをスイッチ付きタイプに換えようとすると同じ色の設定が無い為、これに合わせて調色を行い、艶具合も調整して塗装を施すといった内容となります。

付属品を分解し、カバーパネルのみの状態にしました。

ボディカラーと違って内装色は配合データが無い為、一からの色の作成となります。

作っては捨ててを繰り返し、ようやく良さそうな顔料を見つけました。

作った色を色板に塗装し、微調整を繰り返します。

良さそうな色が出来たら、

艶を出して確認し、さらに微調整を繰り返します。

出来上がった色にクリアーを塗りますが、今回は「艶調整」 も承っていますので、3種類の半艶クリアーを作成し、

テストピースにそれぞれを塗装します。

艶消し・半艶クリアーは艶ありクリアーと同様2液ウレタン樹脂の為、艶具合を確認するには一旦熱を掛けて完全硬化させる必要があります。かなりの手間が掛かるので費用もその分必要となります。

後日、完全硬化したテストピースです。半艶(艶消し)は平面だと艶が無いように見えて、曲面だと逆に艶があるように見える傾向にある為、それぞれ違うテストピースを作成しています。

それらを見本と見比べます。

今回は1:1の割合で混合して作成した半艶クリアーが丁度良さそうな艶具合となりました。

そして被塗物の足付け処理を行います。ペーパーだと細部に当たらない為、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンド を使って足付け処理を行います。

素地が露出した箇所があるのでプラスチックプライマーを塗布し、

調色したベースコートを塗布します。

そしてテストピースで最も見本に近い艶具合の半艶クリアーを塗布します。

尚、ここでドライコート等の塗り方で艶を変えようとするのは絶対にやってはいけない事で、塗り方自体はしっかりウェットに塗って傷の付き難い塗膜にする必要があります(ドライコートにして肌を荒らすと傷が付き易い塗膜になってしまいます)。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ここでさらに色の微調整を行い、

再び足付け処理を行って、

2回目の塗装を行います。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、見本と並べました。

色味、艶具合もオリジナルに近い感じで出来たと思います。

尚、当店規定の「つや消し」または「半艶」であれば、艶調整の費用は必要ありません(ただし半艶・艶消し仕上げは塗装費の25%程の割増費用が必要となります)。

一般的には艶々に仕上げる方が難しいように感じられますが、実際には艶消し・半艶の方が作業的に難しく、また塗料自体も高いので塗装費用も割高となります。

その他の完成画像はこちらのページでご覧いただけますので宜しければご参照くださいませ。

後日オーナー様からは「写真と同様とても素晴らしい出来映えです。どうもありがとうございました。」とのお言葉を頂戴しました。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

NISSAN BNR32 RB26→RB30

スカイラインGT-RのRB26エンジンタイミングベルトカバー(新品)です。

こちらの製品は元々「RB26」の凸文字がありますが、今回はこちらを「RB30」への加工と、艶あり仕上げの塗装を承りました。

製品は新品なので足付け処理だけ行って上から塗り重ねる予定でしたが、既存の塗膜がザラザラとした梨地だったので、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程に変更となります。

「30」のフォントについては、以前行った日産レパードのコレクトケースにあったプレートを参考に作成しました。

それをプリントアウトし、既存の凸文字に並べてサイズを確認します。

凸文字は若干テーパー状になっているので、大きい方(底部分)のサイズに合わせて調整します。

そのデータを金属加工屋さんに送り、2mm厚のアルミ板をカットして貰いました。バリがあるのでそれを削っておきます。

既存の凸文字の「26」部分を削り落とします。

まずはアルミ用の砥石を使ってグラインダー で粗研ぎし、

その後ダブルアクションサンダーと手研ぎで面出しを行います。

既存の塗膜を剥がすつもりは無かったのですが、一部削ってみるとアルミ素地と塗膜の間に問題があった為、結局全部を剥がしておく事にしました。細部はペーパーでは剥がせないのでサンドブラストを使用します。

新品という事で安心していましたが、純正品といえども程度は良くないようで、想定していたより手間が掛かってしまいました。ただあのまま塗装していたら必ず数年後に塗膜が剥がれていたと思います(金属素地調整不良か塗装時に水分が混入していたようでブリスター予備軍が大量に発生していました)。

カットしたアルミ板を合わせます。

純正状態と同じ様に側面(断面)をテーパー状に研磨しておきます。

接着面を研磨足付け処理し、本体と共にリン酸を使って化成処理を行っておきます。

よく乾燥~脱脂清掃後、強度の高い構造用エポキシ接着剤(3Mオフホワイト)を使って接着します。

隙間のないよう満遍なく接着剤を塗り、

位置を決めたらマスキングテープで固定して、

恒温機(乾燥炉)で60℃30分程の熱を掛けて硬化させます。

30分後、熱々で接着剤がまだ柔らかい内に余分をカッターで切り取って除去しておきます。

研磨して食み出た分をしっかり除去したら、

フチにエポキシプライマーサーフェサーを筆で塗ります。

少しでも隙間があると表面張力が働いてそこに塗料が乗らなくなるので、多少塗り過ぎるくらいにタップリ塗っておきます。

その後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させたら研磨して均しておきます。

全体にプライマーを塗布します。

続けてサーフェサーを塗布します。

この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

完全硬化後、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきます。

サーフェサーは膜厚を充填し、この後の研ぎ作業でラインを成型する役割がありますが、このサフェ自体の肌で塗膜表面は凸凹になっている為、細かい部分も当て板を使ってしっかり研ぎつけます。

サーフェサー研磨後、凸文字の天面を粗研ぎしておきます。

細部まで足付け処理を行ったらこれで下地作業が完了です。

台にセットし、最終脱脂を行います。

サフェ研ぎの際に素地が露出した箇所にプライマーを塗布します。

続けて下色の黒を塗布します。

その上に指定の色を塗布します。

指触乾燥以後、凸文字の天面を研磨してアルミ地を光らせます。

そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

こちらのページに掲載している画像は縮小以外は全て未加工となります。

この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

ゴミが付着した箇所を磨き処理し、さらに数日寝かしたら完成となります。

今回の施工で「30」のデータも作成出来ましたので、今後同じご依頼で「データ作成費」は必要御座いません。尚、切り文字やデータのみの販売は行っておりません。あくまでも塗装の付帯作業のみとなります。ご了承くださいませ。

BMW Motorrad R nineT Engine cover

BMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーに結晶塗装の黒を施し、フィンを切削研磨してアルミ地を光らせました。

元々はこのような状態で、

フィンの上部は丸まって、そのまま塗られている状態となります。

頂いた画像を参考にフィン部を研磨します。この時点では#120の粗研ぎとなります。

その後サンドブラストを行って足付け処理を行います。

フィンのパネルは裏表行います。

その後しっかり脱脂洗浄し、

プライマーを塗布します。

カバーパネルの裏側にベースコートの黒を塗布し、

表面にリンター=黒の結晶塗料を塗布します。

その後140℃~170℃程の熱を掛けると、

結晶目が現れます。

後日恒温機で120℃30分程の熱で二度焼きを行います。

 フィンの周りをマスキングし、

研磨して光らせます。最終番手は#800となります。

そのままだと表面が曇ってしまうので、

腐食(酸化)を遅らせられるよう、クリアーを塗っておきます。この後60℃40分程の熱を掛けてさらに数日寝かします。

そして完成です。

フィンの幅が揃うよう、調整して研磨しています。

こちらのページでその他の完成画像も紹介しております。

その後これらの画像を見られたディーラー様からご依頼も頂いております。