BMW Motorrad R nineT Engine cover

BMW Motorrad R nineTのシリンダーヘッドカバーに結晶塗装の黒を施し、フィンを切削研磨してアルミ地を光らせました。

元々はこのような状態で、

フィンの上部は丸まって、そのまま塗られている状態となります。

頂いた画像を参考にフィン部を研磨します。この時点では#120の粗研ぎとなります。

その後サンドブラストを行って足付け処理を行います。

フィンのパネルは裏表行います。

その後しっかり脱脂洗浄し、

プライマーを塗布します。

カバーパネルの裏側にベースコートの黒を塗布し、

表面にリンター=黒の結晶塗料を塗布します。

その後140℃~170℃程の熱を掛けると、

結晶目が現れます。

後日恒温機で120℃30分程の熱で二度焼きを行います。

 フィンの周りをマスキングし、

研磨して光らせます。最終番手は#800となります。

そのままだと表面が曇ってしまうので、

腐食(酸化)を遅らせられるよう、クリアーを塗っておきます。この後60℃40分程の熱を掛けてさらに数日寝かします。

そして完成です。

フィンの幅が揃うよう、調整して研磨しています。

こちらのページでその他の完成画像も紹介しております。

その後これらの画像を見られたディーラー様からご依頼も頂いております。

Brembo GT Brake Caliper

ブレンボのGTキャリパー一式です。

状態は新品で、

キャリパー本体の色替えと、ロゴをbremboからFerrariへの変更でご依頼を承りました。

事前に画面上でロゴの位置、サイズを確認しておきます。

新品時の塗装は経年で剥がれてしまう為、その上から色を塗り重ねる事は避けるべき事となり、再塗装の際にはサンドブラストを行って旧塗膜を剥離してから行います。

サンドブラストやオーバーホールについては専門の方への委託で、詳しくはこちらの記事で紹介しておりますので宜しければご参照くださいませ。

その後全体の研磨~脱脂洗浄を行い、ブースにセットして本塗り準備完了です。

まずはプライマーを塗布します。

続けて膜厚を着けたくない箇所(クリアーを塗りたくない箇所)に、ベースコートの黒を塗布します。キャリパー固定ピンを挿し込む穴や、車体へのボルト固定部、ガスケット当たり面等です。

ベースコートの黒が乾いたらマスキングを行います。

色はフェラーリ純正色の「AZZURRO DINO」(カラーコード:20-A-349)でご指定を頂きました。比較的古い色なのでベースコート用の配合データが存在しなく(STANDOX 2Kエナメル用のみ)、スタンドックスのユーザーサポートに問い合わせて配合データを送って頂きました。

ロゴ入れ用のマスキングシートを作成します。

 

フェラーリのロゴを黒で塗装しました。ここまでがベースコートとなります。

最後にクリアーを塗って本塗完了です。

黒く塗ってマスキングをしておいた箇所は、二回目のクリアーを塗った直後に剥がしてフチを馴染ませます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。

各完成画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

その他の完成画像はこちらの記事に、またそこから遡って頂ければより詳しい作業内容をご覧頂けます。

その後オーナー様より装着後の画像を送って頂きました。

ブレンボキャリパーを青く塗るのは珍しいと思っていましたが、なるほど赤いボディにこの青はよく目立ちます。

「ボディーカラーとの相性も良くかなり気に入っています。この色にして本当に良かったです。」とのお言葉を頂戴しました。

この度のご依頼、誠に有難うございました!

TOYOTA 2000GT Air cleaner box

トヨタ2000GTの純正エアークリーナーボックスに、半艶黒の塗装を施しました。

元々はこのような状態で、

貼ってあったシールが劣化して塗膜と一体化してしまっていた物を、

全体に研磨してサーフェサーを塗布し、

60℃40分程の熱を掛けて完全硬化後、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗って#600→#800で研摩してラインを整えました。

作業前にはアルカリ洗浄にて裏側に染み込んだ油汚れを除去し、ベースコートの黒を塗ってあります。

台にセットし、本塗り開始です。

ベースコートの黒を塗り、その上に半艶クリアーを塗布しました。塗り方は通常の艶あり仕上げと同様、ウェットコートを2回に別けて塗布しています。

その後時間が経過すると艶が引けて丁度良い半艶具合に仕上がります。

艶あり仕上げのように塗装後の磨き処理が出来ない為、ゴミが付着しないよう気を遣っての塗装となります。

ゴミが目立つのを嫌ってドライコートで塗っていたりするケースも見受けられますが、そうすると傷が付き易く、またツルンとした半艶に仕上がりませんのでNGとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。

光の具合で曲面部分は艶があるように見えますが、

平面ではむしろ艶消しに近く見える傾向にあるのが判るかと思います。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります(付着したゴミをPhotoshopで消したりはしていません)。

Photoshop Lightroom(画像編集ソフト)は個人的な趣味で使う事があり、それの効果は良く判っていますから(明度・色相・彩度は勿論、質感=艶具合さえ変えられる凄いソフトです)、仕事ではこれを使わないようにしています。

撮影に使っているカメラはNIKON D200で、一眼レフではありますが、五千円程度で買える古い物となります。

ちなみに今回と同じ(ような)物は以前にも塗装していて、その時の画像も紹介します。

この時は「艶あり黒」の塗装でご依頼頂き、形状はとても似ていますがボルト取り付け部などの細部が少し違っています。そもそも手作りみたいな車なので、個体差があるのは十分あり得る事ですね。

素材はいずれも同じくFRP=強化ガラス繊維樹脂製となります。

裏側にはベースコートの黒を薄く塗っています。

別件で室内で撮影した時の画像があるのでそちらも紹介します。

蛍光灯下の方が艶があるように見えます。

尚、今回のパーツは以前施工したヘッドカバーと同じ車両に装着される物との事です。

TOYOTA2000GT Engine Cover

少し小さいですが装着後の画像も頂いたので紹介します。この手前の部分に今回のカバーが装着される感じでしょうか。

TOYOTA2000GT Engine Cover

トヨタ2000GTの純正ヘッドカバーです。

既に再塗装された物で、ぱっと見は綺麗なのですが、

結晶目が綺麗に並んでおらず、

一部には激しく垂れた箇所も見受けられた為、

一旦全部剥がして塗り直す事としました。

素地の状態は悪く無かったのでサンドブラストは行わず、リン酸を使った化成処理後、よく乾燥させてプライマーを塗布します。

続けて結晶塗装用の塗料=リンターを塗布します。

結晶目は塗膜の厚みによって変わる為、塗り過ぎた箇所では模様が大きく出て、塗り足りない箇所では結晶目が細かくなり、均一に塗れていないとムラっぽい仕上がりになってしまいます。

しかもそれは塗ってみないと(熱を入れてみないと)判らないという事もあり、美しい結晶目を求めると通常の艶あり塗装よりも難しい内容となります。今回も一度目は上手く仕上げられず、一旦全部洗い流した後にもう一度塗り直しています。

140℃~170℃程の熱を40分程かけて塗膜を硬化(熱重合)させ、

後日再度120℃30分程の熱を掛けて二度焼きを行います。

その後凸部を研磨して完成となります。

各完成画像は、サイズの縮小以外は未加工となります。

Lancer EVO Engine Cover

先日業者様からご依頼頂いていた三菱ランサーエボリューションの新品マグネシウムヘッドカバーです。

既存の塗装は剥がさずそのままで、全体を#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理し、よく脱製清掃を行ったらプライマーを塗布します。

中古のマグネシウム製ヘッドカバーの場合はブラスト専門の会社に委託する等でどうしても費用が高くなってしまいますから、新品が手に入るのであればこの方がトータルでのコストは下げられるかと思います。

まずはマツダソウルレッドプレミアムメタリック(カラーコード:41V)のカラーベースを塗り、

続けて当店規定の透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。こちらはいつもテールランプで使用している色で、少し前にお納めしたスバルWRX S4のインマニと同じ仕様ですね。

そして最後にクリアーをコートして本塗り完了です。

クリアーはSTANDOXクリスタルクリアーで、合計2コートを塗布しています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。

今回は塗るだけの内容となりましたが、フィンを全部削り落としたり天面を削って光らせたりする事も可能です(ただしマグネシウムは腐食し易いので余りお勧めは出来ません)。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

結晶塗装より難しそうに見えますが、今回のように新品で塗装済み品の場合は「足付け処理をしてそのまま塗るだけ」で済みますので、費用はこちらの艶あり仕上げの方が安く済みます(逆に素地の状態が悪い場合には、その粗を目立たなくする特徴がある結晶塗装の方がトータルのコストは抑えられるという訳です)。

こちらの業者様からはいつも同型のヘッドカバーやキャリパー塗装でご贔屓頂いておりまして、参考までに他の案件も紹介させて頂きます。

この時は「鮮やかなライムグリーンで」という事で、当店規定の色相環No.4を採用しました。

Lancer Evolution Engine Cover

 

こちらは先ほどのライムグリーンと、見る角度で色が変わる光干渉型のパール=当店規定のHL-150をグラデーションで塗り分けしています。

Lancer Evolution Engine Cover

 

こちらのキャリパーもキャンディーレッドですが、下色には純粋なシルバーメタリック(粗目)を使用しているので、今回のヘッドカバーよりも鮮やかな赤となっています(ただし作業時間が増える為に金額が高くなります)。

Mitsubishi Lancer brembo Cnady Red

キャリパーの塗装に関しては、サーキットでタイムアタックをするような走り方でも全く問題は起きていないとのお墨付きを頂いております。

いつもご贔屓いただき誠に有難うございます!