SUBARU BRZ Interior Parts

 スバルBRZの純正内装部品です。艶消し黒の塗装でご依頼を承りました。

 メータークラスターはPP(ポリプロピレン)製の未塗装品で、表面はザラザラとした梨地となっています。

 インパネはてっきりカーボン柄の成型品かと思いきや、プラスチックの上にカーボン調のシートが貼ってあります。

 カーボン調のシートは裏側に回り込んで貼られている為、その上に被さっている枠を外します。

 ドライヤーなど色々試してみましたが端が千切れて上手く剥がせない為、思い切ってサンダーで削り落とす事にしました。

 カーボンシートを残さず剥がしたらダブルアクションサンダーで素地を均します。

最終番手を#180で整えたらシリコンオフを使って脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

メータークラスターは表面がザラザラとした梨地で、これにそのまま上塗りをしても美しい仕上がりにはならない為、まずは平滑な下地を作ります。全体を#120~#180のペーパーで研磨し、

ペーパーが当たり難い箇所にはスコッチブライトやナイロンブラシ、ウォッシュコンパウンド(液状の研磨材)を使い、隅までしっかり足付け処理を行います。

こちらも良く脱脂清掃し、爪部分をマスキングして台にセットします。

さらに念を入れて、足付け処理のし難いボルト穴周りやスイッチ部の断面部分、裏に回り込んだ箇所などにガスプライマーを使って火炎処理を行っておきます。

 全体にサフェーサーを塗布します。

後にかなり削るので、5~6コートをウェットに塗り込みます。

 その後60℃40分程の熱を掛けて硬化させ、さらに数日寝かしました。

砥ぎ作業の前にガイドコートとして全体に黒をスプレーしておきます。

最初は固い当て板を使い、#320~#400で平滑なラインを研ぎ出します。

 その後は#600~#800で細かいラインを整えます。

 メータークラスターも同じように全体を平滑にするよう研ぎ出し、

 最終#800の目に均しておきます。

 一番最初に外しておいた枠を取り付けておきます。元々溶着で着いていた為、同じようにABS樹脂で溶接しておきます。 良く脱脂清掃し、本塗の準備を行います。

 

今回は艶消し仕上げの為に塗装後の磨き処理が出来ませんから、ゴミが着かないよう目立つ被塗面を地面に対して垂直にし、また高い位置で固定出来るようにしました。

 まずはベースコートを塗布します。

この状態でも艶消し仕上げにはなりますが、強度(耐久性)が無いので、

 この後にクリアーを塗ります。

クリアーは艶消し仕上げ専用の物で、強度としては艶あり仕上げと変わりありません。自動車車体の塗膜と同等の物となります。

 その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 下地をしっかりと整えた事と、上塗りもウェットに塗り込んだ事で、傷の付き難いツルンとした美しい艶消し仕上げになっているかと思います。

SUBARU Impreza Shift Panel

同じ色(黒)でも、艶具合によってその仕上がりは大きく変わります。上記の記事では艶消し・半艶・艶ありの仕上がりをそれぞれ紹介していますので、艶具合でお悩みの方はご参考にしてみて頂ければと思います。

Alain Mikli

 アランミクリのメガネフレームです。

 既に当店にて紫系のメタリックに塗装された状態ですが、その後使う機会が無かったとの事で新たな色に塗装をご依頼頂きました。尚、こちらのオーナー様からは同じモデルのフレームを合計5本くらいご依頼頂いています。

 このアランミクリのフレームは蝶番の部分が特殊で、どうやっても分解の方法が判らなかった為、今までの塗装は全てマスキングで、フロントとテンプルをそれぞれ別けて本塗りを行っています。

 今回ご依頼を頂いたのがこちらの配色で、

 ブルーはVWのシャドーメタリックを、

 赤はキャンディーレッド、白はVWキャンディーホワイトを使用します。

 塗装した塗膜は問題無いのでそのまま足付け処理のみを行い、

 ペーパーの当て難い鼻当て周りのみサンドブラスト処理を行います。

 金属素地が露出した状態です。

 良く脱脂清掃し、

 プライマーを塗布します。

 足付け処理をし、まずはフロントのみ本塗りを行うようマスキングを行います。

良く脱脂清掃をし、

まずは下色のシルバーを塗布します。

イメージイラストで塗装する範囲を確認しながらブルーメタリックを塗布します。

続けて透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

そしてクリアーを塗ってまずはフロントの本塗りが完了です。

この後60℃40分ほどの熱を掛けて完全硬化させます。

そして次はテンプルです。

蝶番部分はマスキングし、最初に塗装したキャンディーレッド部分は、次に行う本塗り時に色を見ながら塗れるようにしておきます。

そしてテンプル部の本塗り開始です。まずは白(VWキャンディホワイト)を塗布します。

続けて、イメージイラストを確認しながらブルーメタリックを塗ります。また左右の塗り位置がピッタリ揃うようにしておきます。

そしてシルバーを塗り、

キャンディーレッドを塗布します。

塗り回数でキャンディーレッドの色味を合わせ、さらに左右でグラデーションの位置を揃えたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

最初に塗ったキャンディーレッドとの色味は、違和感無く出来たと思います。

その後60℃40分程の熱を掛け、さらに数日寝かしたら完成となります。

グラデーションの境目は、顔料の粒子感が判らないよう余計なミストを飛ばさないようにして仕上げています。

蝶番周りの仕上がりも、マスキングで塗ったとは判らないように仕上がっているかと思います。このフレームを塗る前にご依頼頂いた時の画像もありましたので、続けてそちらも紹介をさせて頂きます。

 こちらはイエローのパールとグリーンメタリックの組み合わせで塗装しています。

 こちらも蝶番は分解出来なかったのでこのままの状態でテンプルとフロントを二回に分けて塗装しています。

塗り分け箇所は、塗装屋さんが見てもマスキングで塗ったとは判らないような仕上がりに出来てるかと思います。

1/43 Scale PORSCHE

 ポルシェ純正1/43サイズのミニカーです。とある方へのプレゼントと言う事で、手前の白い2台を赤への塗装でご依頼を頂きました。

その後もミニカーの塗装がお問合せが多い為、作業内容を纏めて改めて施工例として紹介をさせて頂きます。

御希望された色はポルシェ純正色の「ガーズレッド」(カラーコード:80K)で、911 turbo Sのモデルでこの色の設定が無いと言う事で、知り合いの方に塗装をお願いしたろころ・・・、

想像されていたのとちょっと違った仕上がりになったと言う事で、

 次はこういった仕上がりにならないよう、改めて新品2台を注文し、当店へご依頼を頂く事となりました。

 ちなみにですが、最終的にはこのような仕上がりになります。

 ミニカーの塗装でネックとなるのは付属部品の取り外しで、

 これに関しては当店もミニカーが専門と言う訳ではありませんので、実際にやってみた今回のミニカー以外の事は全く分かりません。

今回のご依頼でも、壊れた部品はもう一台のミニカーから移植して使うと言う方法でご理解を頂き対応をしました。ですので塗装をご検討されている方は塗装するボディと、部品取り用にもう一台(出来れば2台)を用意し、各部品が分解可能かをご確認した上でお問合せを頂ければと思います。

 今回は「壊れた場合はその時点で諦める」と言う事をご承諾の上で、分解も当店で行う事になりました。

分解については業務外の個人的な時間を使って作業を行うと言う事で、作業内容については以下の社外記のページで紹介しています。宜しければご参照下さいませ。

ポルシェ1/43ミニカー 下準備

ポルシェミニカー 外装部品分解

 ドアミラーは取り外す際に根本が折れてしまった為、取り付けはネジで行うようにします。ボディ側に1ミリ程の穴を開けておきます。

ドアミラー側にも穴を開け、ネジが入るようにしておきました。塗装後にネジと接着剤を使って固定します。

 今回は既存の塗装は剥がさず、足付け処理をして上から塗り重ねるようにします。

最初に#800で塗膜を平滑に均しておきます。

 ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシ、スコッチを使い、細部まで足付け処理を行います。

 良く脱脂清掃し、台にセットします。

 ミラーは埋め込んだネジをクリップで掴んで固定します。ミラーはプラスチック製の為、専用のプライマーを塗布します。

ポルシェミニカーの塗装ベースコートを塗り、

予め作製しておいたPORSCHEのデカールを貼り付けます。

デカールは実車を参考に、データから作製してドライプリンターで印刷しています。詳細については以下のページで紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

ポルシェミニカーの塗装 デカールを貼り終わったら十分に乾燥させ、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 使用している塗料は実際の車にも使うSTANDOXで、塗色の配合データも実車そのままとなります。

この後60℃40分程の熱を掛け、塗膜を完全硬化させます。

さらに数日寝かしたら外した部品の組み付けを行います。

組み付け作業に関しては以下のページで紹介をしておりますので宜しければご参照下さい。

1/43ポルシェミニカー 組み付け

 そして完成です。

 各画像は編集加工はせず、サイズのみ縮小した撮ったそのままの物となります。

ポルシェミニカーの塗装 リヤエンブレムのデカールはALPSのドライプリンターを使い、シルバーで印刷しました。

ボンネットバッジは元々着いていた物を丁寧に剥がし再利用しています。

さらに他の完成画像は以下ページで紹介しておりますので宜しければそちらをご参照下さいませ。

1/43ポルシェミニカー塗装 完成

塗装をご検討されている場合は、まず分解を試みてみる事をお勧め致します。無事分解が出来て塗装する物のみ単体の状態になっていれば、ご案内するお見積金額も低くなります。

逆に全く手を付けていない状態でお問合せを頂いてはお見積りのしようが無く、それでも提示しなければならない場合にはどうしても高額に成らざるを得ません。何卒ご理解の程、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。

 

SHURE BETA58A & BE@RBRICK

 SHUREのSM58 BETAボーカルマイクです。

塗装をご依頼頂いたのは本体のみで、事前に打ち合わせをさせて頂きまして、以下のような内容で作業を承りました。 色はトヨタ純正色の「クールソーダメタリック」(カラーコード:8V7)で、クリアーは「半艶仕上げ」で承りました。以前ゼンハイザーのマイクで施工した時と同じ色、同じ艶での内容となります。

 足付け処理~マスキングを行い、台にセットしました。

 ベースコート塗布後、カットしたマスキングシートを所定の位置に貼ります。

 ロゴ部分に白(VWキャンディホワイト)のベースコートを塗ります。

 マスキングシートを剥がしました。

 裏に入れるロゴはサイズが小さい為、こちらは塗装では無くデカールでの対応としました。

 所定の位置に貼付け、よく乾燥させます。

 今回は「半艶」仕上げでご指定を頂いている為、塗装後に磨き処理が出来ませんから、まずは通常のクリアー(艶あり)で下塗りを行います。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かします。

ロゴを入れた個所とデカールを貼った部分を#800で研いで平滑にし、塗装面全体を足付け処理します。

艶有り仕上げであれば塗装後にペーパーを掛けてコンパウンドで磨けば段差を目立たなくしますが、艶消し、半艶仕上げの場合にはそれが出来ない為、今回のように二回に分けて塗装を行います(その分ロゴ入れの費用は上がります)。

 デカールは特に段差の跡が見えてしまうので、下塗りのクリアーを厚めに塗り(3コート)、研いで平滑にしています。

そして半艶クリアーを塗って本塗り完了です。画像は塗ったばかりの状態で、ここから徐々に艶が消えていきます。

 その後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 今回はデータの入稿はありませんでしたが、フォントとサイズをご指定頂いたのでそれを基にこちらでデータを作製しています。

 クリアーは半艶仕上げで、強度については通常のクリアー(艶あり)と同じ物と考えて頂いて大丈夫です。

 目の肥えた塗装屋さんが見ても段差・継ぎ目が判らない仕上りに出来ていると思います。

 こちらは自然光下で撮影した画像です。

 こちらはストロボを使った撮影となります。

 つるんとした半艶仕上げで、落ち着いた高級感を感じられるかと思います。

尚、今回はマイクと同色・同仕様(同じロゴ)にしたBE@RBRICKも塗装し、キーホルダー化にしています。今回のように「塗装のついでに」といった感じであれば、かなりの格安で制作が可能となります。

詳しくは後日社外記のページで紹介しますので宜しければそちらをご確認頂ければと思います。 →アップロードしました。

FIAT ABARTH595 Tail Light Red&Smoke

 アバルト595に装着される(されていた)フィアット純正のテールランプです。

フィアット純正のテールランプはフチが白くなっているので、車体色によってはこれが非常にチープに感じてしまうかと思います。

土台部分をマスキングする前にソケットが装着される穴を塞ぎ、泥汚れを洗浄します。

レンズ以外の部分をマスキングし、被塗面を研磨して足付け処理を行います。

テールランプの塗装は一日掛かりの塗装となる為、このように数セットを纏めて行う事でコストを落とすようにしています。

 今回はウィンカーとバックランプ部分以外を赤くする為、マスキングシートを作成します。

塗り分けのラインは内部の反射板の形に合わせます。

 ラインテープを貼った上に紙を貼り、位置がずれないように固定をしたら鉛筆の芯を擦るようにして形を転写します。

 それをスキャナーで読み込み、トレースラインを修正してカッティング用のデータを作製します。

 出来上がったデータを使い、カッティングプロッターでマスキングシートをカットします。

 カットしたマスキングシートを実際にテールランプ貼り、形を確認します。形が合わさない箇所はデータを修正して繰り返します。

 よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

 透過性の赤=キャンディーレッドを塗布し、マスキングシートを剥がします。露出したプラスチック素地に再びプラスチックプライマーを塗布します。

 全体に薄くスモークを塗り、最後にクリアーをコートして本塗り完了です。

 この状態で一日以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 気になっていたフチの白さは全く感じられなくなりました。

 むしろフチの白い部分は光を反射させないので黒く見え、全体が引き締まった印象になります。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアー(STANDOX)の仕様となります。

クリスタルクリアーは高美観・耐UV効果・耐擦り傷性・耐薬品性などに優れたクリアーとなります。宜しければ併せてご検討くださいませ。