真夏の呑川

今年の夏は猛暑日が続いていて、徒歩の通勤だと朝から体力を奪われさすがに仕事に支障をきたす為、最近はもっぱら短コースを自転車に乗っての通勤としています。

そう言えば少し前、通勤途中にあるいつもの呑川に浮かぶスカム発生抑制装置(新型)の後ろから勢いよく水が放出されていました。いつもは船底の方で泡を出しているだけで、こんなのは初めて見たのですが・・・。

さらに水(潮)が引いた時には、護岸に溜まったスカムを取り除くべく、数名の作業員の方々が下まで降りてホースを繋いでいたりしました。上にタンク車が停まっていて、これで汚泥を吸い上げているようです。大変そうですが、普段入れない所に行けるのがちょっとうらやましい感じです。

さらに大潮の日にはかなりのところまで水位が下がるので、いつもは見られない物が出て来たりもします。一体何があったのでしょう・・・。

なんてちょっとゲンナリする時もあれば、わずかに残った陸部分に、かろうじて居残る亀を見てほっこり出来たりもします。

そして今年はなんとカモの赤ちゃんが!!

ある程度育った幼鳥のカモは何度か見かけていますが、親ガモにくっ付いて泳ぐ小鴨の群れを呑川で見たのは初めてです。最初に見たこの時は8匹居て、その後見かけた時には6匹に減っていましたが、サイズも多少大きくなっていたのでこのまま行けば無事育ってくれるのではと。

呑川は決して綺麗な川とは言えませんが、私にとっては通勤路のオアシス(!)と言う程で、お陰様で日々の通勤を楽しませて貰っています。

願わくば、いつの日か白鳥とか来てくれれば・・・なんて(笑)。

真夏の呑川」への6件のフィードバック

  1. 望遠レンズがあったらもっと楽しめるのにとよく思うのですが、とてもそう言う雰囲気では無いので見つかり次第即連行だと思います(笑)。

    全然関係ありませんが、最近ネットに出ていたこの画像が好きです(笑)。
    https://togetter.com/li/1255611

    • 2人で撮影していれば、大丈夫かと。
      僕は1人だとだいぶ怪しいので…

      ウミネコはカッコいいですが、もう少し雨風を入れられればもっと『いい』

      • いやいやいや、市街地にカメラ持った二人が居る方が怪しいですって(笑)。と言うか、呑川よりよっぽど都心の方が撮り所はあるのではと・・・。

        あ、ちなみに今朝の呑川はヤギを散歩する人とネズミが泳いでいたりとかなりシュールでした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)