BOOKS

こちらの社外記でも何度か登場している従兄弟から、お勧めの本があったら頂戴と半ば恐喝のようなメールが届いたので(震)、自分の分も含めていつものブックオフオンラインで何冊か購入してみました。丁度今文庫本はキャンペーンをやっているみたいですね(25日まで)。

 自分で読む本でハズレと感じる事はほぼ無いのですが(基本何でもOKです)、それらを人に勧めるとなるとかなり限られてしまうので、取り敢えず今まで読んだ中の色々なジャンルから選んでみました。なので結構前のとシリーズ物が含まれています(そして半分は私用です)。私的にはマッタリしたのも嫌いでは無いのですが、多分従兄弟は「夜のピクニック」とか読まなそうな感じがするので・・・。

恐らく本人は気づいていないと思うのですが、今までの流れからするとハードボイルド系が好みだろう!と言う事で、大沢在昌氏の新宿鮫は外せないと思った次第です。って単に自分の好みを押し付けている感もありますが(笑)。また伊坂幸太郎氏の著書は読んでいないとの事なので、そこはやはり重力ピエロは外せませんよね(違っていたらすいません・・・)。

と言うか冒頭の画像にある「裸者と裸者」はてっきりマイナーかと思いきや、まさか帯で伊坂氏がお勧めしていたなんて初めて知りました。私がこれを買った時は表紙のイラストからしててっきりライトノベルかと思っていましたが(当時は著者とか全く知らずジャケット買いがメインでした)、内容が結構ドロドロしていてビックリしました。茨城県民の方と軍オタクの方は楽しめるかも知れません(全く保証は出来ませんが・・・)。

北方謙三氏の水滸伝はかなりヤバいのですが、いきなり全巻だと引くと思ったので(全19巻ですがあっと言う間です)、取り敢えず今回は2巻までにしておきました。歴史物が苦手な私でも三国志よりこちらの方が好きなので、きっと嵌ってくれるのではないかと思っています。それにしても氏の著書には人間離れした猛者が登場し過ぎな気もしますが・・・(笑)。

私的に読書は娯楽なので、ハッピーエンドと言うか、天網恢恢疎にして漏らさすな単純明快なのが良いですかね(一九八四年は2回読みましたが何だか重くて・・・)。

消耗品購入

 先日ワンタッチカプラーの修理に使うOリング等と一緒にMonotaroで買っていた筆です。Monotaroは合計金額が¥3,000を超えると送料が無料になるので、定期的に購入する物をお気に入りに入れておき、何かの序でに買うようにしています。これのお陰で、ガムテープやコピー用紙など重たい物をホームセンターで買う機会が殆ど無くなりました(それはそれで寂しいところでもありますが・・・)。

 筆は2液の塗料を使うと駄目になるのが早いので、安い物を使い捨てと割り切るようにしています。平筆はなんと¥72(!)です。

結晶塗装後に削った凸部に塗るのは2液のウレタンクリアーで、使い終わった後にシンナーでよく洗っても、次に使う時に根元の方が固くなってしまったりするので、大体3~5回くらいで役に立たなくなってしまいます。ヘラでよく扱き、底にシンナーを貯めた容器の中に吊るすと言う方法を職訓で習いましたが(先生が元建築塗装屋さんだったので)、毎回それをやっている時間は無いのです(しかもそれはフタル酸向けですし)。

ちなみに画像は施工例のページで紹介しているトヨタ5MGのエンジンヘッドカバーです。

いよいよ刷毛が固くなって使い物にならなくなってきたら、最後は大体こんな感じでプライマーやサフェーサーに使ったりします。

スプレーではどうやっても入らない鉄板の隙間には、筆を使って奥まで塗料を流し込むようにしていて、画像は少し前にお納めしたKawasaki Z1のライトケースの下地作業で、サンドブラスト後に溶接された鋼板同士の隙間に浸透型エポキシプライマーを流し込んでいるところです。サンドブラストも万能では無く、かと言ってスポット溶接部をドリル(スポットカッター)揉んで一旦外す、なんて事は現実的では無いのでこのようにしています。

 こちらは1ミリ径のステンレスワイヤーと、それを固定する為のアルミ製のカシメで、特に今必要と言う訳では無かったのですが、色々と使える機会があるのでついでに買い足しておきました。5メートルで¥409です。

ちょっとした物を吊るす場合、こういったワイヤーを使うと見た目が格好良くなるのが好きです。

他にはキーホルダーの固定などにも使えて、ワイヤーはニッパーで簡単に切れますし、カシメるのは専用工具があるようですが、普通のペンチでも問題無いかと思います(落下してマズイ物だけ気を付ければ良いかと)。

 あと、塗装の排気浄化装置で使っている専用のフィルターが無くなったので、それの代わりになりそうな物を探して試しに買ってみました。設備を購入したサプライヤーさん(いつもとは違う会社です)に注文はしているのですが、半年経っても持って来てくれず(苦)、催促するのも疲れてしまったので自分で何とかする事にしました。

新たに購入した製品は「モルトフィルラター」なる物で、素材は軟質ウレタン製、三次元網の目になっているので、抵抗は少なく不純物をしっかりキャッチしてくれるという優れものです。って言うかこの感触はどこかで触れた事があると思ったら、水槽の濾過装置に使われているスポンジフィルターと同じ物じゃないですか!と。

サイズは500×500の厚みが5ミリで、お値段は¥659(!)、水槽のフィルターもこれをカットして使った方が断然コスト安になりそうです。ウレタンなのでホットボンドでくっつければ、水を汚染させずに好きな形に加工が出来そうですしね。

と言う訳で早速試してみました。半分にカットして丁度良いサイズだったので、一つで二回分使えます。これで三ヵ月は大丈夫かと・・・!。

画像は今回の物では無いのですが、こんな感じで浄化装置内に設置し、ポンプで循環する水の中の塗料カスをフィルターがキャッチしてくれます。熱硬化型の塗料(結晶塗装)はいつまでもネバネバするので直ぐにフィルターが駄目になるんですよね。

Monotaroは数年利用していますが、安いオリジナルブランド品でも物は悪くはなく、また対応も良くて至れり尽くせりなので、あれだけ頻繁に行っていたホームセンターも最近は殆ど行かなくなりました(と言うか車を運転するのが余り好きじゃ無くなってしまいまして・・・)。

チェーンも今までは店員さんを呼んでわざわざカットして貰っていましたが、唯一行ける日曜日はそういった事もままならないので(待ち時間が・・・)、だったらと言う事でMonotaroで購入しています。こちらは30メートルで何と¥1,990!(いや、これはどうなのかと)。

他には台付きのベアリングも届いていたりするので、前から作る予定だったマイク塗装用の旋盤(?)も造らないとです(ポールスミスのマルチストライプみたいな柄のマイクを簡単に塗れるようにしてみたいと思いまして)。

Amazon Fire TV

 今年は夏休みを取っていなかったのですが、しかしながらせめてゆっくり映画でも観て過ごしたい!と言う事で、前々からずっとずっと欲しかった、Amazon Fire TVを購入しました。

PCで観れるものを、わざわざテレビで見る必要は無いのでは?と思うかも知れませんが、机に向かってモニターを見るのは仕事だけで勘弁して欲しいと言う事で、オフの時は地べたに寝転がって観たいのです。

尚、接続はHDMI端子に挿して、あとはwi-fiに繋ぐだけの超簡単設定です。地デジチューナーのチャンネル設定より楽でした(NHKのEテレがテレビで観れるのを知ったはつい最近でした・・・)。そう言えば今週末に「声の形」が放送されるみたいです。

ちなみに購入の決め手となったのがこちらのロード・オブ・ザ・リングで、いつかDVDで買おうと思っていたのですが、アマゾンのプライム会員だと全編無料で観れる事を知りました。マジですか・・・(惚)。以前、原作の和訳版を全巻まとめ買いをしたのですが、余りの読み難さに断念しました。凄く面白いらしいですね。

ロードオブザリングはしっかり腰を据えてみたいのでまだ全然観れていないのですが(!)、その代わりに観ているのが、こちらでも何度か登場した従兄弟お勧めのNARUTOです。

内容としてはビックリするくらい回想シーンが多く、ちょっと進行が遅い気がしないでもないのですが(恐らく原作の漫画の方に追いついてしまうからではと)、むしろそのお陰で何か別の事をしながら流し観れるのが気に入ってます。勿論内容は面白いので当面は楽しめそうです。しかしシーズン16までってちょっと意味が判らないんですが・・・。

あと今まで全く興味が無かったAbema TVですが、なんとFire TVで攻殻機動隊がテレビで観れると言うサプライズが!(嬉)。

今回買ったFire TVは4K/HDR対応なので画質も非常に良く、時々ジャミる事もありますが、全くストレスを感じません。値段が値段なのでもっとそれなりの物かと思っていましたが、コンテンツも含め予想以上でした。amazonはプライム会員費で成り立っているので、ハードは赤字でもOKみたいな事がどこかに書いてありましたが、まさにそんな感じです。

今は自宅でゆっくりテレビを見る時間が無いのですが(じゃあなんで買ったんだ!って話ですが)、レンタルDVDとは違って「好きな時にいつでも観れる」と言う安心感があるのと、あと図書館に入った瞬間の「この中の本全部読み放題なのか・・・!」と言うあの感覚に似ていて、買ってからはテンションの上がり方が半端ありません。

後は観る時間が(苦)。

色色色見本

 タイトルがゲシュタルト崩壊しているみたいですが、実際のところ塗装した物が色々と溜まっていたので少し整理をする事にしました。

画像はいつものようにプレートに貼って色見本を作製しているところで、奥のは半艶黒と艶消し黒、手前は白の上にブルーパールとバイオレットパールを塗った物です。こちらは先日マイクに塗装した色ですね。

 土台部分に使っているプレートは大量に購入した5.5mm厚のMDF板をレーザーで切り抜いている物で、フックで壁に引っ掛ける場合と、スチール製のドアなどに磁石で貼付けるどちらにも対応出来るようにしています。

磁石は当初100円ショップで買っていましたが、大量に使うならネットでまとめて買った方が断然安く、ただ中には欠けていたり少し小さい物があるので、そういった物は塗装ブースの壁に貼っているビニールの浮き止めなどとして使っています。

壁にフックで引っかける色見本はこんな感じで、もう場所が無いので取り敢えずはこれで一段落としていますが、時間(じゃなくてスペース!)が出来ればグレーを作りたいと思っています。一口にグレーと言っても赤味・青味・黄味で全然印象が違って見えて、これがあると結構助かると思うんですよね。

 磁石で貼り付けるタイプの色見本は、工場の二階に入った直ぐにあるスチール製のドアに貼り付けています。主に一階の現場で使う場合が多い物で、その辺の柱や壁にくっつけて配合データを見ながら色を作れるのでとても便利です。

 他にも以前塗装した物が棚の奥に眠っていたので壁に飾ってみました。受話器の部分はそのままでは落ちてしまうので、スピーカーの穴の所に番線を通して裏に回し、強引に固定すると言う方法で。

こちらは少し前に塗装したMIDIキーボードで、光に当たるこの場所なら色変化の大きいクロマフレア風顔料も判り易いかと思い、工場二階の入口の真上に引っ掛けるようにしました。配置的にはもうちょっと上にしたかったのですが、実際に持って、また場所を移動して色の変化を確認出来るよう、簡単に取り外しが出来る高さにしています。

こちらは先日施工したマイクのラップ塗装を行った時に一緒に塗っていた色板で、どちらも本塗りの練習用としての物なので表現が良くありませんが、こういった物も後々役に立つかと思い、一応最後まで仕上げています。

 

塗装も長くやっていればある程度の経験は積めますが、年齢と共に落ちていく物もあるので、こういった物を残して少しでも長く塗装の仕事を続けていければ、と思っています。

あ、でも先日電話を頂いた元上司(所謂親方)はもう70歳になるとの事で、その後独立して今でも現場作業をされているとの事を聞いて何だか安心しました(笑)。