メルセデスベンツSL1/43ミニカー 組付け

 先日本塗りを終えていたMercedes-Benz Collection】のメルセデスベンツSL1:43 のミニカーです。

組付けの前にテールランプ(レンズ)取り付け部を、元のようにシルバーで塗っておきます。

 シルバーは在庫している隠蔽の高い塗色(VWリフレックスシルバー:カラーコードLA7W)で下塗りをし、その上に輝きの強いシルバー(STX:MIX598)を塗っています。いつも塗っているキャンディーカラーのマイクと同じ仕様ですね。

MIX598は目が粗く輝きの強いSTANDOXの原色シルバーですが、それ単体だと殆ど隠蔽力が無い為(塗っても塗ってもスケスケです)、何かしら下塗りをする必要があります。DUPONTユーザーには全く判らないと思いますが・・・(対してこちらは凄い隠蔽力が高いのです)。

 こちらはベースコートのみなので、乾燥させたら完了です。

 外してあったテールランプ(レンズ)を接着します。

 今回の接着には模型用の透明なタイプを取り寄せておきました。溶剤タイプの接着剤だとレンズ類の樹脂PS(ポリスチレン)が溶けて白くなってしまうので、それの防止ですね。

 同じくヘッドライトも接着していきます。

 接着材が固まるまで(この場合は硬化では無く「重合」でしょうか)、マスキングテープで固定しておきます。昔実車にFRPのエアロパーツを取り付けていた時の事を思い出してしまいました(笑)。社外品のFRPはチリが合わないので苦労しますよね。判ります判ります・・・。

 そして鬼門のドアミラーです。

 こちらは高強度での固定が必用な為、エポキシ接着剤を使います。食み出るととても厄介なので、周りにはマスキングテープを貼っておきます。

 固まるまでの位置の調整には、ドアミラーの下に綿棒を固定してそれに乗せるようにしておきます。角度が変だととても格好悪いので、実際に鏡を見ながら位置を調整しておきます。

反対側も同じように固定し、接着剤が固まるのを待ちます。

この後撮影をしたら日記の方でも紹介したいと思います。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

±0加湿器 色見本

 プラスマイナスゼロの加湿器です。何年か前に発売されて凄く欲しかったのですが、加湿器でその金額なんですか・・・!と言う事で当時は買えなかった製品です。

ただ加湿器としての性能はイマイチだったらしく、その後程度の良い中古品が安価で出回るようになったので購入してみました。しかも二つ(笑)。

用途としては勿論加湿器としてなのですが(普通に使えます)、実際のところはそうでは無く、PRO_Fit用に保管・展示が出来る為の色見本としての物となります。以前塗装したMIDIキーボードのような感じですね。

このキーボードは同じ物がもう一つあるのでそちらも塗りたいのですが、もっと曲線的な形をした物の方が色の変化が判り易いかと思い、今回の物に鞍替えをしてみた次第です。

一つはクロマフレア系で、もう一つはパステル系、やる気があれば先日作った色相環に塗ってみたいと思います。

デザインフェスタ2018.11.11②

 先日行って来たデザインフェスタで購入した物は全部で5点程で、

 私的にお気に入りなのがこちらのカニペンホルダー(笑)と、

 電脳大工さんの九尾の狐です。以前GUNさんが塗っていたのを知っていて、偶然見つけて購入してしまいました。先日紹介した火の鳥も、原型はこちらの電脳大工さんがやっていらっしゃるんですよね。

 白の素体に赤が塗られた物もあったのですが、私的には蓄光が面白そうだったのでこちらにしました。

 買ってから気がついたのですが、赤い部分は塗装では無くシールのようで、これなら再利用が可能ですから、後日表面を削ってクリアーだけ塗ろうかと思っています。

まあ時間があればの話ですが・・・。

以前作った二面鏡を使ってNARUTO風に!(判りませんか・・・)。

樹脂素材への結晶塗装

 少し前にアクリル樹脂への結晶塗装が上手くいったので、試しにと言う事でベアブリックに結晶塗装を行ってみました。勿論仕事の序でに、です。

が、やはりと言うかABS樹脂製のベアブリックでは焼き付け時の温度(140℃~170℃)には耐えられなかったらしく、一部は変形し、またその歪みによって接着された合わせ部分が開いてしまっていたりしています。手足の動きも、何かよくありません・・・。

 ちなみにこちらは少し前に行った結晶塗装のテスト品で、サイズが小さい物なのでこれくらい細かい結晶目にしたかったのですが、一番最初の画像を見て頂くと判るように、そう上手くは出来ていません。ベアブリックはお腹の辺りが変な模様になってしまっています。

 ただ一部(手前の背中と後頭部のみ)ではそれらしい結晶目も出ているので、もう少し工夫をすれば何とかなるかも知れません。今回のように変形したらマズイので仕事としてはお受付出来ませんが、以前GUNさんより頂いたBLACK RABBitの素体でチャレンジしてみようかと思っていて、現在それの練習中といった感じです。

これがそのBLACK RABBitの素体で、素材は塩化ビニル樹脂なので柔らかく、このまま結晶塗装を行うと塗膜が割れてしまいますから、先に中にレジンを入れて堅くしてから挑もうと思います。

あとは色をどうするか、ですか・・・。

撮影をしていたCF(コンパクトフラッシュ)カードに一部エラーが出ていたのですが、後日画像だけ取り出せたので追加しておきます。

手前のミニカー型は2液製のウレタンレジンで、奥の四角い方はPMMA=アクリル樹脂となります。アクリルは熱可塑性樹脂(熱で溶ける樹脂)で、80℃くらいから変形し始めますが、今回のように上手く行く事もあるのです。

ベアブリックもこれくらい綺麗に結晶目が整ってくれると良いのですが・・・。