「第22回岡本太郎現代芸術賞」展行き③

 先日に引き続き、第22回岡本太郎芸術賞に行った時の紹介となります。

いつも企画展会場に入るこの場所からの、正面に見えるところにある作品が印象的なのですが、今回は地味・・・というか真っ暗です。

 こちらはArt unit HUSTによる「In Vitro一閉鎖⇔連鎖一」なる作品です。

美術館建物の構造的に、この場所は四方がガラスで囲まれている小さな部屋になっていて、この中に一つの作品が収まっています。最初からこの中に飾る事を想定して作品が造られている訳では無いと思うので、選考されてからデフォルメされているのかもですね。

 中には剣山のような物がビッシリ敷き詰められていて、医療用の物か何かだと思っていたのですが、どうやらこちらは「プラグトレー」なる物で、後で調べてみると苗を育てる時に使う物なのだそうです。てっきり金属(ステンレス)と思っていましたが、プラスチック製かも知れません。

 部屋に入って丁度真正面の壁に掛かっているこちらの部分ですが、よく見ても良く判らなかったのですが、説明を見てみるとミラーの一つ一つに胎児のエコー画像が仕込まれているようです。

先ほどのプラグトレーが何かを育てる物だとすると、双方で関係性があるっぽいですね。私にはちょっと難し過ぎたのですが・・・(苦)。

と言う訳ですが、その隣にあったのがこちらの大きな円形の作品で、赤穂進氏のPortrait of Gold Coinとなります。

直径2メートル以上とかなり大きなサイズで、近くで見ると判り難かったのですが、少し離れてみると画像のように人物が描かれているのが判ります(実物は離れて見ないと本当に判り難いです)。

使っている素材は「キャンバス・アクリル・スプレー、その他」との事で、裏を見ると平滑なキャンバスの布地しか見えませんから、もしかするとアクリル絵具だけを塗り重ねてこの立体を表現しているのかも知れません。だとしたら凄いですね・・・。

 と言う感じで会場内を回っていたところ、最初に紹介した國久真有氏の「BPM」で実演が始まった模様です。

今回行った岡本太郎芸術賞展では、制作中の作業を公開するイベントは何度か確認していましたが、いつも日程が合わず、実際に目にするのは今回が初めてです。

 パンフレットに記載された作者の説明によると、


「絵画(四角い平面)は何次元もの事を平面に取り込めるという特性を持ちます。そこに興味を持ち、四角い画面がイリュージョンを示すまで様々なドローイングをしました。この絵画シリーズは、ひとつの結果としての四角い平面絵画です。人体を軸にし腕のストロークと遠心力を利用し描くwit-witシリーズと言う絵画です。自身の身長と同じ直径の円を画面に現し、その積層はキャンバスと作者の間を取り払うかの様にし、四角い画面は絵画空間を出現させていきます。円は、作者の鼓動に合わせ描かれています。


との事です。

作者はこの間ヘッドフォンを着けながら描いていたので、上記の説明からしてもしかしたら自身の鼓動を聞きながら作業をしていたのかもですね(単に音楽を聴きながらだったかも知れませんが)。

 11時くらいになると段々人が増えてきたので(とは言っても都心の美術館に比べるとガラガラですが)、最後に美術館の屋上に少し寄ってから帰る事にしました。画像は屋上から見た岡本太郎氏作の「女」です。

 そして帰り道ですが、今回は何と屋外にも作品が展示されています(最初から屋外での展示を想定していたのか、またはこれも入選してからデフォルメをしたのでしょうか)。

こちらは井口雄介氏の「Para-site-frame-work」なる作品で、

 タイトルの通り、作品自体が建物(美術館)に寄生するような感じです。

使われているのは身近に見る鉄筋で、何だか親近感を感じてしまいます(笑)。

見た目だけではなく、今回の場合だと強度とかも考えないといけないでしょうから、溶接作業とか結構大変だったのではないかと思います(つい作業工程ばかり考えてしまう癖が・・・)。

今回は残念ながら天気が良く無かったのですが、もし天気が良かったら山に行ってしまっていたとも考えられるので、結果オーライだったかも知れません。

他には5月25日(土)~26日(日曜日)に六本木アートナイト2019があるので、都合があればそれも行ってみたいと思っています。前回は自転車で行きましたが今はある程度歩けるようになったので、行きは終電前に電車で、帰りは徒歩で帰れれば!と企んでいたりもします。

ただ徹夜は身体に負担が大きいので、今はもう難しいかも知れません、が・・・(苦)

ヤビツ峠~塔ノ岳~鍋割山~大倉行き②

 前回に引き続き、先日の日曜日に行って来た丹沢登山の紹介となります。

この日、登山道で凍っている場所はありませんでしたが、二日前に多少雪が降ったみたいで、場所によってはまだ結構残っている所もありました。一応軽アイゼンは持ってきましたが、使う機会は無かったです。

 途中には鎖を使って降りる崖のような場所や(これ、登れない人とか居ないんでしょうか?)、

 足を踏み外すとそのまま崖の下に転がっていってしまうような危ない道も何カ所かありました。

 ただ今回行ったコースは全体的によく整備されていて、なるほど丹沢が多くの登山者に人気があるのがよく判ります。意外にも何カ所かにはトイレもあってビックリしました。

 そしてようやく塔ノ岳山頂です。いやー、結構長かった・・・!(ここからもまだまだ先があったのですが・・・)。

 この日は結構空いていて、途中すれ違った人は10人居るかいないかといった感じでした。

前回行った陣馬山でも、「へぇ~、実は土曜日より日曜日の方が空いてるんだ。駅前なんていつも凄い人なんですよ!」とGUNさんが言っていたので、週末に来るなら日曜日の方が良いみたいですね!(土曜日には来れない負け惜しみです)。

尚、画像に映っているのが今回一緒に行った友人で、写真を撮る度にファインダーに入って来るので、どうせならと言う事でWorld Wide Webで登場して頂く事にしました(笑。投げやりですが一応許可は頂いています)。

頂上に着いた頃は既に曇り空になっていて、残念ながら富士山には雲が掛かってしまっていました。ヤビツ峠を登るバスから見た光景が一番良かったっぽいですね。

尚、本来であればここで昼食にしようかと思ったのですが、友人が半ば強引にまだ時間的に余裕があったので、

予定には無かった(私の中では全く無い)、鍋割山まで足を伸ばす事にしました。

鍋割山は、山の頂上で出来立ての鍋焼きうどんが食べれる(しかも美味しい!)と、登山者の間ではかなり評判の山なのだそうです。確かに鍼の先生も以前そんな事を言っていました(しかしまさかこんなに早く来るとも思っていませんでした・・・)。

 と言う訳でさらに一時間くらい歩き、こちらの鍋割山荘さんに到着です。身体が限界を超えた為かランナーズハイみたいになって、途中の上り坂が何故か楽に感じました(笑)。

しかしまさかの・・・

おぉぉぃ・・・・(落)

着いたは14時くらいで、丁度店仕舞いの最中だったようです。

他にも何名かハイカーがベンチに座っていましたが、その方達も鍋は食べていなかったみたいなので(お握りらしき物を食べていました)、ギリギリ間に合わなかった、と言う訳ではないみたいですね。

しかしさすがにショックが大きく、珍しく友人も申し訳が無さそうな顔をしていたので、ここは私も大人な対応をしなければと思い、「むしろ次に来る楽しみだな!」と、心にもない言葉が自分の口から出て来て自分でもビックりしました(笑)。これがβエンドルフィンの恩恵か!と(笑)。

その後は大倉バス停まで2時間くらい歩いて16:30頃に到着。この日はトータル7時間くらいで、後で調べた標準タイムが9時間とすると、結構なペースだったのだと思います。

その後は鶴巻温泉まで行こうと話していたのですが、大倉バス停で休憩をしていたところ、「はだの富士見の湯」さんの送迎バスが来ていて、割引券まで貰ってしまったのでそちらに行くことにしました。こちらも全く予定していなかったのですが、建物は新しくて綺麗で、しかも空いている!凄く良い温泉でした。さらに帰りは秦野駅まで送迎付きと言う至れり尽くせりぶりです(ただしバスは一時間に一本なので結局駅まで歩きました)。

名水はだの富士見の湯

いつもは自分が登場する事は無いのですが、友人が撮影してくれていた一枚です。多分三ノ塔から鳥尾山荘を撮影している時ですね。

今回のルートは私にとってはまだちょっと早い感じでしたが、凄く楽しめましたし、また良い経験となりました。

尚この前日から花粉症はかなりひどい事になっていて、今回の山行もかなり不安だったのですが、前もって薬を飲んでおき、目薬も準備し、さらに花粉症用のメガネとマスクの装着で当日は全く問題無かったです。持って行ったティッシュ一式(まいばすけっとの箱無しのタイプ)も殆ど使いませんでした。

ただ足の爪が凄く痛かったのと、長い下りにはやはりストックが欲しい!と言う事で、今度の週末にでもmont-bellショップに行って店員さんに色々相談してみようと思います。どうせならカーボンストックが欲しいですね~。

ヤビツ峠~塔ノ岳~鍋割山~大倉行き①

 先日の日曜日、友人と一緒に丹沢に登山に行って来ました。

尚、予定では5:20にJR川崎駅で待ち合わせだったのですが、待てど暮らせど友人は来なく、しかも何度電話しても繋がらない・・・(これはマズイパターン確定です)。

仕方が無いのでそのまま帰るかどうかも悩んだのですが、一応事前にルートは確認していたので、「もうこうなればソロで行くしかないのか・・・!」と思い立ち、一人ここ秦野駅までやって来る事になりました。

結果としては途中の登戸駅くらいで「すまん。今起きた!」(原文ママ)と言うメールがやって来て(笑)、ここ秦野駅で約一時間友人を待つ事としました。

 その後は無事友人と秦野駅で合流し、そこからはバスに40分程乗って、ここヤビツ峠に到着しました。こちらは自転車では有名な場所で、この時間で既に10台くらい登って来ていました。ホイールからは派手なラチェット音を出して(笑。ロードバイクのホイールは音が大きいのが多いのです)。

 そこから1.5キロ程車道を歩き、9:30くらいに入山しました。

 今回一緒に行った友人は、少し前にも一緒に鎌倉に行った人物で、

 元々トレランをやっていたくらいですからまあペースが早い早い(死)。寝坊した遅れを取り戻すかのようにハイペースで進んでいきます。自分が寝坊した訳でもないのに、何故私が罰ゲームみたいな事を受けなければいけないのかと本気で思いました(苦)。

しかし途中には見事な稜線と富士山が!

前日の天気予報では曇りのち雨との事で余り良いコンディションでは無かったみたいですが、午前中は比較的晴れ間もあって気持ちの良い山行でした。

そう言えばこの日は富士山に掛かる雲が「つるし雲」で話題になっていたみたいですね。私は全く気付きませんでした(と言うかそれどころではありませんでした…)。

今回のコースは非常に展望の良い表尾根縦走コースで、 ただそれなりに起伏もあるので結構疲れます。登山三回目の初心者にこのコースはちょっと厳し過ぎたのではと・・・(帰ってから足の爪が紫色になっていてビックリしました)。

 こちらは友人曰くネット上では有名な三ノ塔のお地蔵さんとの事で、場所がどこだったのかを調べる為、帰ってからGoogleで「丹沢 お洒落なお地蔵さん」と検索してみると、なんといつもお世話になっている鍼灸院の先生のブログを発見してビックリしました!(笑)。

「先生もここを通ったのか~」と、何だか感慨深くなってしまいました(鍼の先生は普通にご健在です)。

こちらは二個前の画像の、頂の上に立っていた山小屋です。遠くからはポツンと小さくしか見えなかったのですが、実際にその場所まで来れる事にも感慨深くなります。す。展望が良いのは凄く楽しいんですね!

次回塔ノ岳登頂に続きます。

「第22回岡本太郎現代芸術賞」展行き②

先日に続き、川崎市岡本太郎美術館で行われている企画展の紹介となります。

 こちらは田島大介氏の「無限之超大國」なる作品です。2作ありました。

 透視図法と呼ばれる書き方でしょうか。

 非常に緻密に描かれています。これはヤバいですね・・・。

そして隣の画です。

 よく見ると描かれた看板が漢字なので、ここでタイトルと画がリンクしました。中国の街の風景なのですね。

 それにしてもまあ細かいところまでよく書き込んであります。

 この画のサイズだと消失点は一体何十メートル先なのか!?と思ってしまうのですが、何か違う方法とかあるのでしょうか。実際に描いている姿と言うか現場が見てみたいです(漫画家が遠近法を使って描く時のは見た事がありますが、サイズが全く違うので・・・)。

 そしてこちらの塩見亮介氏の「絲素懸緘威山狗胴具足」(ちゃいとすがけおどしおどしやまいぬどうぐそく」なる作品です(全く読めません。笑)。

 どうもこの作品だけ他の物とは異質な感じがして、後からパンフレットなどを見て調べてみると、

 どうやらこちらの素材は粘土とか彫刻とかではなく、銅の板を叩いて形を作る鍛金(たんきん)による物のようです。私的に大好きな工芸ですね。

 色を塗っているので判り難いのですが、どれも銅板を叩いて形を作る鎚起(ついき)なる技法で作られているようです。ヤバいですよこれは・・・。

作業工程の一部が、作者のオフィシャルサイト内のInstagramから確認出来たので、そちらを見ると大よその造り方が判ります。

https://ryosukeshiomi.portfoliobox.net/gallery

そしてこちらは藤原史江氏の作品「森羅万象」です。

 てっきり普通のドローイングかと思って見ていまして、

ただ近くに寄ってみても余り良く判らなく、

脇に置いてある石と対比して見たりするのかな?と思っていたところ・・・

なんと!マジですか?!!と(笑)。

なるほど確かに良くみてみると、実はいつも見ている身近な物でした(笑)。

キャンバスにペーパー(研磨紙)を使って、石を削ってそれで線を表現しているのですね。目から鱗と言うか驚愕です。

こちらも同じように石で描かれています。石とペーパーだけでこんな濃淡を出せるなんて衝撃的です。

左側には木の枝が置いてあります。

壁に貼ってある字は小さいので、わざと気づき難くしているのだと思います。ってここで紹介してしまうとネタバレになるのですか・・・(すいません・・・)。

こちらが木の枝を削って(!)描かれた作品です。

先ほどの石で描かれた方は一枚物だったので気付きませんでしたが、こちらはいつものペーパーのサイズ(笑)を何枚も貼り合わせて作っているので、最初にこれを見たらもしかしたら気付いたかも知れません。

それにしてもよくあんな大盤のペーパーが手に入ったなぁ(メーカーに直接問い合わせたのでしょうか)と、そこが気になって気になって仕方ありませんでした(笑。マスキングテープも言うと30cm幅とか売ってくれるらしいですので)。

最後にお気に入りの作品に一人一票投票出来るのですが、こちらの作品が非常に人気がありました。そうですよね、こんな表現方法があるなんて私もビックリしました。

もう少し他にも画像があるのでまた次回紹介します。