2020年 浅草行き

先日の休日を利用し、浅草の浅草寺に行って来ました。

都民として今日まで生きて来ましたが、自身ここを訪れるのは初めてです。

  浅草寺に特別興味があった訳では無いのですが、10月から東京都もGOTOキャンペーンに加わってしまう(恐)との事で、今ほど空いている状況はもう無いだろうと考え、今のうちに行っておく事にしました。初めて来たのでいつもはどうなのか知りませんが、日曜日でこの人の少なさは今までに無いとの事です(いや十分居るじゃん・・・とか思ってしまいましたが)。

  お参りと、あと一応お約束としてとおみくじを引いてそれらしく観光を楽しんだりしました。

手水舎の天井画「墨絵の龍」は東 韻光氏の作だそうです。

  なんと境内で猿回しが!

  上の二枚の縦長の画像はスマホ(Google pixel3a)で撮影した画像です。レンズは一つですがAIの力で単焦点レンズみたいに背景がボケ、絞ったみたいに被写界深度を浅くした表現が可能です。なんて素晴らしい・・・。

来る時は都営浅草線(地下鉄)を利用したのですが、帰りは違うルートに。

そう、船です!

浅草~浜離宮~日の出桟橋は観光用に水上バスが走っています。

浅草 | 東京都観光汽船(TOKYO CRUISE)

東京と千葉を結ぶ東京アクアラインが出来る前は、千葉に行くのに何度かフェリーを利用していて、あのちょっとした距離でも船だと何故か旅気分を拡張してくれるのが好きです。特にフェリーは「車で船に乗る!」と言う非日常感が面白いんですよね。

  後ろに座っている乗客の方から「おうち過ぎちゃうね~」とかセレブな言葉が飛び交います(笑)。

以前は毎日車に乗っていましたが、今は運転自体が余り好きでは無くなってしまい、出掛ける時は徒歩か自転車か、または今回のように公共交通機関を利用しています。去年に車を買い替えたのですが、あともう少しで1年間車を運転していない事になる程でして・・・。もはや元々車を扱う仕事をしていたとは思えません(笑)。

日本橋アートアクアリウム美術館行き

先日オープンしたばかりの、日本橋に出来たアートアクアリウム美術館に行って来ました。

色々なところで開催していた企画展的が上手く行ったので、ここでドカンと構えて常設したような感じでしょうか。

アートアクアリウム | ART AQUARIUM

会場は思ったよりも広く、また現在は予約制になっている為、比較的待ち時間も少なく、また館内も苦しい思いをせずに観る事が出来ました。

メインは「魚」と言うよりもそれの演出!といった感じです。

館内は全て撮影OKなので、ある意味それをターゲットにしているところがあると思います。と言うかこれで撮影NGだったら若い方は来ないんじゃ・・・。

ちなみに今回の撮影はいつものカメラ(SIGMA DP2 Merrill)では無く、全てスマホ(Google pixel3)で撮ってます。通常撮影で広角、ポートレート機能にすると画角が狭まって背景を電子的に暈してくれるのでそれらしい感じになります。後で編集しないのでこれは楽過ぎる・・・。

立地している場所はすこぶるお金の掛かるところなので(何と言っても日本橋ですから!)、てっきりもっと小規模かと思っていましたが、いやはや想像していたより広くて驚きました。飲食が出来たり、能の舞台みたいなスペースもあるくらいです。

展示されている魚と水槽は目まぐるしくライトアップされていて確かに幻想的ではあるのですが、魚自体が好きな人には余りお勧め出来ないかも知れません。

と言うのも、

よく見ると水槽内に病気が蔓延していたりと、魚たちにとっては余り環境が良くないように見受けられたからです。

まあそういう事を考えて観に行く場所では無いと言えばそうかも知れませんので、その辺の見解は人それぞれなのかもですね。

汐留行き② 和巧絶佳展~浜離宮

  先日の続きで現在パナソニック汐留美術館で開催中の和巧絶佳展に行った時の紹介となります。

今回はいつものSIGMA DP2 Merrillでの撮影と、

スマホ(google pixel3)それぞれを使って撮影しています。シグマだと暗い所では全く撮れないのと、後で編集加工するのが面倒臭くなってきたのもあります。こうやって人はSNSに移っていった訳ですか・・・。

展示されている作品はため息が出るような精巧さもそうですが、昔ながらの螺鈿細工とデジタル風なデザインの組み合わせが特に面白かったです。

こちらは金魚のアートで有名な深堀隆介氏の作品で、

まるで3Dプリンターのように一層塗っては透明な樹脂を塗重ねてと、気の遠くなるような作業で立体感を表現しています。出来上がってクラックとか入ったら失神してしまうのではと・・・。

水草なんて本物にしか見えません・・・。

ちなみに館内入口の手前に大きなモニターと椅子が何個か置いてあって、そこで制作中の風景、作家さんのコンセプトなどを紹介した映像が流れていたのですが、ちょっと時間がなかったので「帰ってからYoutubeで観よう!」とか思って帰ってから探したところ、ありませんでした・・・。

10分くらいしか観てなかったのですがそれが凄く面白くて、もし行かれる方がいたら絶対観ておいた方が良いと思います。超失敗しました・・・。

 と言う訳でそこから歩いていけるところにある浜離宮恩賜庭園に!

新宿御苑とか日比谷公園と同じく緑と巨大ビルのギャップが面白いです。それにしてもスマホでの撮影は楽ですね。これではカメラは売れなくなる筈です。CANONは医療系で上手く行っているようですが、NIKONは大丈夫でしょうか・・・。

  ちなみに急いでいたのはこちらが理由で、

公園の中にあるここ「中島の御茶屋」さんは16:15がラストオーダーなので急いでいたのです!

何とかギリギリ入れました~。

メニューは抹茶に和菓子のセットしかないのですが、抹茶は暖かいのと冷たいのどちらかを選べるようになっているのが有難いです。

ただ入った瞬間はまだ暑かったので冷たいのをお願いしたのですが、中はクーラーで冷えているのでオーダーが届いた頃には「暖かいのにしておけば!」と思ったりもしました。なので迷ったら普通に暖かい方が良いかと(笑)。

  最近購入したスマホは特に拘った訳では無くて、今一番使っているアプリはGoogleフォトなので、もはやiOSに拘る意味は無いなと思ったのです。

ただズームにするとやはり画質が荒れるので、もう少しカメラ性能の良いスマホにしておけば良かったな~と後悔しています。画素数だけは凄いのに、何だかですね~。

汐留行き① 豊洲~和巧絶佳展

先日の日曜日に、ゆりかもめ乗って豊洲市場に行って来ました。そう、新鮮な魚を食べに!

途中の車内からはオリンピックの会場らしき光景が見れて、ただコロナの影響で来年の開催すら危うい状況ですからちょっと悲しい感じがしました。オリンピックがどうなるか判りませんが、このまま閉鎖とかだけはしないでくれればと・・・(折角なので使って欲しいです)。

と言う訳で色々話題だった豊洲市場のある市場前駅に!

早速海の幸を堪能しようと駅から出ようとしたところ、なんとそこにあったのは「豊洲市場は日曜お休み」の看板。・・・え?日曜日やっていないんですか!(だとすると永久に来れる気がしません・・・)。

と言う訳で結局この辺では食べれるところが見当たらず、さらにゆりかもめに乗って二つ隣の豊洲駅まで行く事に・・・(ちゃんと調べておけって話ですが私生活だとこれが通常運転です)。

  ちょっとトーンダウン気味だったのですが、次に降りた豊洲駅のホームは、何かの工事の途中らしく、普段は絶対入れない線路の上を普通に歩けたのが面白かったです。これが期間限定だったら豊洲市場の件もあながち失敗では無かったかもですね。

豊洲駅では定食屋さんで(半ば無理やり)本マグロ定食を頂き、その後は汐留に。

今回のメインはこちらのパナソニック汐留美術館で、

現在開催されている「和巧絶佳展」にやって来ました!

ちなみに今回はいつも使っているカメラSIGMA DP2Merrillとは別にスマホでの撮影も併用しています。縦長になっている画像がそれで、画質は悪いのですがお陰で駅のホームとかでも普通に撮影が出来ていたりします。今時はその辺でカメラ出したらヤバイ人認定ですからね・・・。

ちなみにシグマで撮影した画像は全てPhotoshop Lightroomで編集加工していて、それなりに綺麗になるよう調整しています。

スマホの方は撮ったそのままなのでどうしても力足りない所がありますよね。

それにしてもこの絵付け、

精密過ぎるので実際にやっているところを想像するだけで胃がキュッと締め付けらる気分に・・・。

こちらはちょっと奇抜な器で、

   茶碗の表現に使われるかいらぎを、現代アートのように派手にした作品です。

私的な一押しはこちらの作品で、撮影自体は普通にカラーなのに白と黒だけのモノクロームな質感と言うか世界感がとても良い感じです。

 他にも色々な作品があって、

和巧と言うだけあって螺鈿細工が多く見られます。

 こちらのアルミを使った作品も非常に興味深かったです。

パッと見は石膏や胡粉のように見えるのですが、特殊な鋳造方法を使って作製したなんとアルミ製です。

少しずつ鋳造して作製したパーツを組み合わせ、一つの作品にしているようです。おどろおどろしいのに花で出来ているギャップさと、さらにこの精密さが何とも言えません。

会場自体は決して広くは無いのですが、展示方法や動線が良くて狭さは感じられなかったです。さらには男性よりも女性の方が多かったのにビックリしました(男3:女7みたいな比率でしょうか)。

装飾もそうですが、焼き物をここまで薄くするのか!と言うのに驚かされました。

他にも画像があるのと、この後浜離宮庭園にも行ったのでそちらもまた紹介したいと思います。