スニーカー塗装ワークショップ

ゴールデンウィークを利用して、スニーカースプラッシュ塗装のワークショップを行いました。

とは言ってもこのご時世ですから一般の方向けでは無く、親戚の子供たちを呼んでの催しとなります。以前行ったスマホスタンド&キーホルダー作成の時と同じような感じですね。

スニーカー塗装のワークショップは以前にも開催事例があるので、比較的スムースに行えました。「インナーを取り出して紐を抜いて、あとは塗りたく無いところにテープを貼っておいて~」と言うだけで済むので、私はその間にメールの返信を打っていたりしました。

持ち込んだスニーカーはユニクロ、無印商品と、

ニューバランス、

しまむらのスニーカーと、今回はメーカーがバラバラです。

こちらは「N」をマスキングしていました。何も教えなくても淡々とやっていて、もはや玄人はだしです。

小学生の子でもちゃんと出来ました。

使っているのはいつものスタンドックス2Kエナメル(1コートソリッド用塗料)で、予め原色に対してハードナーを規定量添加し、またその日に持って帰れるよう促進剤も入れてあります。垂れて塗料が溜まった所は一時間では固まり切らずベトベトする場合があるので、それの防止ですね。

そしてそれらの原色を使って自分好みの色を作って貰います。例えばピンクが欲しかったら白と赤を、黄緑が欲しかったら黄色と緑を混ぜて作って貰います。

あとはそれらをスニーカーに飛ばしていくだけです。簡単!

今の環境では採算が合いませんが、いずれ固定経費が掛からない形態で出来たら、こういったワークショップも定期的に開催したいと思ってます。今の工場から引っ越すか、或いは間貸しスペースを増やして家賃の負担を減らすなどでしょうか。10年後にはそういった環境にしようと思っています。

通常の塗料(染料)と違う所としては、色落ちや褪色がほぼしないという所でしょうか(何せ自動車補修用の塗料ですので)。

今回ワークショップ初参加の子も居て、とても楽しんで頂けたようで何よりでした。小学生の頃の私も呼んであげたかったです(当時はNゲージのジオラマを作っていました)。

全てのペイント作業が完了したらトレーに乗せ、恒温機に入れて60℃1時間程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。前日に仕事で塗った物も一緒に入れているので実質コストはゼロです(と思うと気が楽です)。

最後にマスキングを剥がし、外しておいた中敷きと靴紐を元の通りに戻して完成です。

楽しく無い訳が無さそうです(羨)。

こちらは無印良品のスニーカーです。色は2色だけに絞っていて、飛ばし方が上手いですね。ちっ(あ、いや、血が繋がっているのでちょっと対抗意識を燃やしてみました。笑)。

子供たちの間でスプラトゥーンなるゲームが流行っているみたいで、そう言うのもあって余計に楽しんで頂けたのかもですね。

ちなみに前からスプラッシュ塗装のワークショップに来たがっていた、シューズデザインを生業にしている従弟も誘ってあげたのですが、今回は都合が合わなくて来れませんでした。プロの仕事を見せて貰おうと楽しみにしていただけに残念です(とプレッシャーを限りなく高めておきます。笑)。

こちらは元々一部に赤い色が使われていた為、

それに合わせた色の塗料と、面積を考えたそうです。素晴らしい・・・。

こちらはしまむらで¥1,500くらいで買ったとの事ですが、もはやプライスレス・・・。

配色がTOMMY HILFIGERっぽくてとてもお洒落です。

SNS映えは間違いなさそうですね。むしろ私は場所だけ貸して、そういうのが得意な方に運営して貰った方が良いかもです(と言うような事も将来的に考えています)。

実際に履いた状態も撮影させて貰いました。

いずれ一般向けにも開催出来る日が来ればと思っていますが、コロナの影響はまだ2年くらい続くと思っているので、その間に環境を整えておこうと思います。

2020スニーカー塗装ワークショップ

先日11月22日の日曜日に、スニーカースプラッシュ塗装のワークショップを行いした。

本来は参加者8人+フォロー3人(私含む)で行う予定でしたが、ここに来て新型コロナウイルスの第3波がやって来てしまったので、急遽マンツーマンでの対応にする事としました。

フォローをお願いしていたG-SHOCK塗装屋さんは遠方と言う事もあって今回は欠席となりましたが、もう一人のGUNさんはご近所なので遊びに来てくれて、一緒にワークショップをやりつつ手伝って貰いました。まあGUNさんはいつもの事なので(笑)。

今回新規でご参加いただいた方はTwitterで参加申し込みをされた方で、GUで購入したキャンバス生地のスニーカーをお持ち込みになりました。

マスキングが完了したら工場一階に移動し、まずは色を作製して貰います。

使うのはいつものベースコートでは無く、1コートソリッド=STANDOX VOC 2Kエナメルとなります。ベースコートを塗らず、直接硬化剤を入れてトップコートとする塗料です。Dinoを塗る時に使ったりする物ですね。

 青に白を混ぜて水色を作っています。

青系の色を3種類作製しました。

それぞれに硬化剤を入れ、簡単に試し塗りをして貰います。

 あとはひたすら塗料をスニーカーに飛ばしていきます。

なんら難しい事は無く、とにかく塗料を飛ばすだけです。

GUNさんはイエロー・オレンジ・レッドの3色を作っていました。

ちなみにGUNさんについてはこちらの記事をご覧頂くと判り易いと思います。

イエロー→オレンジが塗り終わった状態で、ここから赤を塗っていきます。

またGUNさんがいつも塗っているBLACK RABBitもテスト的にやっていたりもしました。

私も今回作った色を使って無印良品のスニーカーを塗らせて貰いました。そちらはまた後日・・・。

そして塗装作業が完了したら恒温器に入れ、60℃40分程の熱を掛けて塗料を硬化させます。

その間は工場の外でお茶でもしていて頂いて構わなかったのですが、そのまま酒席に(笑)。

マスキングを剥がし、靴紐を通したら完成です!

おお~!超絶良い感じですね!

GUNさんは1コートソリッドの塗料を使うのは初めてだったらしく、「ラッカーでこんな塗り方したら延々乾きませんよね!」と驚いていました。確かに(笑)。

  いずれ落ち着いたら今回ご参加できなかった方々で改めて開催し、その後も定期的にやっていければと思います。

スニーカー塗装ワークショップ 下準備

11月22日(日)当工場にて開催するスニーカースプラッシュ塗装のワークショップには、当初10人くらいが参加する予定だったのですが、ここに来て新型コロナウイルスの第三波がやって来たような感じになってしまったので、誠に申し訳なかったのですが知り合い関係には延期のお願いをする事にしました。

という事ですが、その中に一名だけご新規の方がいらっしゃったので、今回はマンツーマンで対応する事にしました。二人だけなら感染リスクはほぼ無い感じですからね(勿論注意は怠らない予定です)。

また今までスプレーガンを使ったワークショップと違い、基本的には材料を用意するだけで済むので、当方の負担もかなり少なく済んでいます。途中スプレーガンを洗う手間はありませんし、塗り肌の具合など教える必要はありませんから(基本飛ばすだけです)プレッシャーも全然ありません(笑)。

他にも数名の方が新規で参加されたいといったお問合せはあったので、今回やってみて大丈夫そうなら定期的に行うかも知れません。

現時点では全く採算は合いませんが、いずれ固定経費の掛からない郊外などに工場を引っ越したら今程コストを考えなくて済むので、いずれはこういった事も収益の一つとして成り立つのでは?と思っています。今の小物塗装も始める前は「そんなので成り立つ筈が無い」と言われていましたから、動けるうちに何でも試していきたいです。

アディダススニーカースプラッシュ塗装

  先日マスキング作業を行っておいたアディダスのスニーカーです。

今回は見本(テスト)を兼ねるので、外側と内側とそれの左右「4面」を全部違うデザインにする事にしました。イメージは判り易く「春夏秋冬」とします。

使うのは前回無印良品のスニーカーを塗った時と同じ、STANDOX VOC 2Kエナメルです。通常は自動車ボディに塗るもので、クリアーの塗装が必要無く、直接硬化剤を入れるタイプです。

各原色を混ぜて色を作り、ハードナーを混ぜます。スプレーガンで塗る時はシンナーを入れますが今回は入れません。

春をイメージした色はこんな感じで、ただこれだけだと見本にならないので、この後もさらに塗り重ねていきます(そこで止めておけば良かったのに・・・と参考にして頂ければと。笑)。

塗料を飛ばすのに特に技術は必要なく、日頃溜まったストレスを発散するかのようにバシバシと振りかけていきます(笑)。

前回使った無印良品のスニーカーはキャンバスだった為に塗料が滲みましたが、今回のアディダススニーカーはシンセティックレザー(合成皮革)の為に吸い込まず、なので塗料は盛り上がった状態で立体的に仕上がります。

滲む感じも良かったですし、どちらが良いかは好みですね。

そして恒温機(乾燥炉)に入れ、60℃40分の熱を掛けて塗料を硬化させます。

本来は単品で入れたりはせず、他の製品(ご依頼品)が溜まったら一緒に熱を掛けるようにしていますが、今回はテストなので塗装後すぐに熱を入れて一時間後に出して確認しました。

結果としては塗料が著しく溜まった箇所はまだ柔らかい所がありましたが、箱に入れればそのまま持ち帰れるレベルに固まっていました。

そして後日撮影も行いました。

この面は「春」をイメージしています。

こちらは「冬」ですね。色の組み合わせは悪くは無いのですが冬と言うとそうとは見えなく・・・。紫とイエローでは無くてブルーグレーとか鈍い色にすれば良かったと思っています。っていうか白と黒とグレーだけの無彩色も良さそうですね(今度やろうと思います)。

後ろのアディダス部分は筆で塗ろうかと思いましたが、今回はワークショップ用のサンプルなので余計な事は止めておきました。

こちらは「秋」をイメージしましたが、ちょっと密度が高過ぎましたね。そして水色は全く必要無かったでしょう(苦)。

こちらは「夏」をイメージしていますが、うーん微妙・・・。オレンジは要らずもっと濃いグリーンで攻めれば良かったかなと。まあでも今回は見本という事で(笑)。

 合皮の場合は塗料は吸い込まず、立体的に出来ているのが判ると思います。

結構食み出た箇所はあったのですが爪で擦るとある程度取れますし、これなら誰でも出来てしかも実用出来る!と言う点で面白いと思います。

これと同じ内容を11月22日(日曜日)にワークショップ開催予定で、参加費は¥3,000、時間はマスキング30分+塗装30分と考えていましたが、今回やってみてちょっと厳しいと思ったので、合計2時間を想定しておこうと思います。

スニーカー塗装ワークショップ 参加要項

上手く行ったら今後ストアカなどでも募集してみようと思います(多分その時は¥6,000くらいになると思いますのでお試し価格の今のうちにどうぞ)。