スマホスタンド&キーホルダー作成 塗装ワークショップ

 春分の日の休日を利用して、当工場に親戚の子供達を集めてワークショップを行いました。

当初はこの内の二人が「自分でキーホルダーを作ってみたい!」と言っていて、どうせならという事で他の子にも声を掛け、中学生から大学生まで総勢8人での開催となりました。今回の事で学校の先生って本当に凄いと今更ながら気づきました(当時は色々ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした・・・と)。

 今回作るのは以前こちらで紹介したスマホスタンドで、

裏側の配線を通す穴を、それぞれの希望で好きなキャラクターでカットした仕様にします。

あとはこちらの色見本キーホルダーで、これも好きなキャラクターの形にアクリル板をレーザーでカットして塗装して貰う事にしました。

 私的に思うワークショップの意義としては、完成度の高い物を作って持って帰って貰うよりも、むしろ失敗して悔しい思いを抱えて帰って貰えればと思っています。大人になってからの失敗だとそれなりにダメージも大きいですが、ゴミ端材なら工場に幾らでもありますし、簡単に出来てしまうよりも上手くいかなかった事の方が後々深くのめり込みますからね(私の今の塗装の仕事がまさにそんな感じです)。

 レーザーでカットしたアクリル板は専用のヒーターを使い、それぞれ自分で曲げて貰います。

ヒーターは200℃くらいになるので少し危ない感じもしますが、幸い参加者の中に成人した子がいたので、まず最初にその子にやり方を教えて他の子の面倒を見てもらう事にしました。

ちなみにレーザーを使ったカットについては、イメージが伝わり易いようその世界では有名なバイオハザード(映画版)の映像を見て理解して貰おうと思ったのですが、トラウマになったらマズイので直前で止めておく事にしました(これ本当に怖いですよね・・・)。

 スマホスタンドで肝となるのが曲げる角度ですが、その辺も自分たちで考えて決めてもらいました。

 好きにやらせてみると、曲げている途中のスタンドに自分のスマホを置いてその場で角度を確認するなど、子供ながらに中々よく考えて作っていました。私的には出来上がったのを持って帰ってバランスが悪くてヒックリ返ってしまい、自分でドライヤーで温めて全体を歪ませてしまう!みたいな失敗で、世の中の厳しさとか現実を学んで欲しかったところなのですが(笑)。

 スマホスタンドが出来たら工場一階に移動し、今度は塗装のワークショップを行います。一応最初に色見本帳でそれらしい色を選んでもらい、それらを見ながら各原色を混ぜて自分で作って貰いました。

 靴と服装は汚れても良い恰好で来て貰い、ビニール手袋とゴーグルとマスクはこちらで用意しました。コロナ騒動が起こる前に買っておいた物が残っていて良かったです。

 最初は段ボールで塗料の出方を確認し、その後ペプシのオマケで付いてくるベアブリックのキーホルダーを練習として塗って貰いました。

 参加したのは男の子5人、女の子が3人です。

 IWATAのミニガンならワンフィンガーでトリガーが引けるので、手の小さい子供でも普通に扱えていました。

 使ったスプレーガンは口径0.4~1.0mmです。

それぞれ今風な楽しみ方をしていて、私が就職して初めて塗っていた時のあの激しいプレッシャーと苦しみは一体何だったんだろう・・・とかを色々考えてしまいました。これがゆとりか!と(多分全然違います)。

 塗装が終わったら恒温機で強制乾燥させ、その間にキーホルダーの土台部分を作って貰いました。

 その後焼きあがった被塗物をプレートに貼り付けて完成です。

ちなみにこの子は色を作る為に見本の冊子を持ってくるという気合の入れようです(笑)。

 枠のプレートは予めあった物を使いましたが、固定はそれぞれ自身でやって貰いました。

 最後にワイヤーリングを付けて完成です。

この日は丁度どうぶつの森(と言うゲーム)が発売されるらしく、それのキャラクター?を採用している子もいました。ちっ、やるなぁ・・・(笑)。

と言う訳で今回のワークショップも何とか無事終わりまして、皆さんお疲れ様でした!(予想以上に私が疲れました・・・笑)。

自作スマホスタンド for Workshop

親戚の子供が「このキーホルダーを自分で作りたい!(塗りたい!)」という事で、今度当工場で子供向けのワークショップを開く事にしました。

ただどうせならという事で、他にも何かできないか考えていまして、

ジャジャーンと!。ゴミで出来たスマホスタンドです。

この辺の物は普通に100円ショップで買えそうですが、自分で選んだロゴが目の前でレーザーでカットされている光景を見たら多分楽しいんじゃないかと思いまして。材料はタダみたいな物ですし(笑)。

 工程としてはいつものようにIllustratorでデータを作り、端材のアクリル板をレーザー加工機でカットします。テンプレートを作り、一部に推しのキャラクターを入れられるようにしています。姪っ子はスマプリだかすとプリだかを入れたいらしいです。

 折り曲げる箇所にはカッターなどでケガキを行うのですが、子供だとそれが一番難しいと思い(と言うか私が対応しきれない恐れがあるので・・・)、一応それ用のジグを作っておきました。ここにカットしたアクリル板を嵌めて、折り曲げる部分に線を引けるようにしています。本番用はこれをMDF板で作ります。

 そしてジャジャーンと!アクリルヒ~タ~です。アクリルを曲げる為に使う道具ですね。

これは以前から買って持っておいた物ですが、土台の木がチープ過ぎるのでちゃんとした台を作ろうと思い、ただ急遽使わないといけなくなってしまったので今回そのまま組み上げました。垂木の感じが本当に嫌・・・。

 電気を流して数分するとステンレスパイプが熱くなるので、このパイプの上にアクリル板を置いておけばそこだけが柔らかくなり、簡単・綺麗に手で曲げられる!という優れ物です。なので見た目がもう少し良ければ・・・。

 ただ熱を当てる箇所がズレると斜めに曲がってしまうので、それの防止の為にしっかり水平・垂直が判る台を作っておきたかったのです。まあ今回はケガキ用のジグを作ったのでとりあえずは大丈夫です。

 参加するのは中・高・大学生まで色々で、少し危険な感じがしないでも無いのですが、この辺の作業は勝手にやって貰おうと思っています。自分で釣った魚に串を挿して焚火で焼くような感じですかね(全然違いますか)。

折り曲げる角度についても基準が判り易いようジグを作っておこうかと思いましたが、むしろその辺は自分の感覚みたいなのを使って貰いたかったのでやめておく事にしました。完璧な物を作るのではなく過程を楽しむのがワークショップですからね。

と言う訳で実はここまでがオマケみたいな感じでして、

実際にはこの時に出たこの廃材が今回のメインです(笑)。

これをスプレーガンを使って塗装をして貰い、枠を着けてキーホルダーにします。先ほどのスマホスタンドは塗装して熱を入れて待っている間にやる感じですかね。

と言う訳で自然光でちょっと格好良く撮影をしてみました。

 こんな感じでスマホを載せます。100円ショップで売っている物より大きくてしっかりしています。

 裏側の穴はコードを通す為で、ちなみにQiのワイヤレス充電も出来るよう現在基盤を手配中です。それは大人用という事で(笑)。

Kindleも普通に使えたので試しにiPadも載せてみたら、そちらは重過ぎてズレ落ちてしまいました。

参加する子供達も「あの時もっとここの角度を鋭角にしておけば・・・!」みたいに悔しく思って貰えればと思っています(笑)。


その後開催しました!

スマホスタンド&キーホルダー作成 塗装ワークショップ

工場寄贈品Ⅱ

画像の「手」は、以前愛媛からいらっしゃった鍛冶屋さんに頂いた作品で、その手の上に乗っかっているのは以前私が購入したGUNさんのBLACKRABBITです。黒兎のファイアーパターンがまるで手から炎が出ているみたいなこの組み合わせが、私的に結構気に入っています。

そしてこちらのサインボードは、先日のワークショップ&塗装会で宮城からいらっしゃった印刷屋さん(?)が作成した木製のサインボードで、いつもは辛辣なGUNさんが(笑)べた褒めする程斬新な技術が詰まった作品となっています。

その手前右にある黒い鉄器製の物は、愛媛の鍛冶屋さんが今回作ってくれた作品となります。

 この時は花瓶も花も用意出来なかったので、とりあえず食塩が入っていたガラス瓶と、工場の裏に生えていた雑草(!)を生けてみました。

 本当は花を挿したかったのですが、生憎この時期にそこまで大きな物を用意できず、ただ葉の緑色だけでも十分映えてくれています。

 土台の模様がまるで地球のようで、まさに台地!って感じが私的に気に入ってます。

という訳で、当工場二階の入り口は現在はこんな感じになっています。

ここまで賑やかになってくると、後ろのモニターにはやはり何かを映したいですね・・・。

この鉄器、実はマイクも立てられるようになっていて、ただマイクのような工業製品との組み合わせだとちょっと野暮っぽい感じもするので、やはり何かしらの有機的な生き物が似合う感じです。というかここで迷彩柄のマイクを持ってきたのが明らかに選択ミスだったのが否めないのですが・・・(そういえばオレンジ色のマイクが無いので今度作ってみます)。

そういえばレールライトを増設したので、後日夜に撮影した画像も紹介したいと思います。

ワークショップ&塗装屋会

先日の日曜日、当工場では塗装ワークショップらしい事と、また今まで塗装関係で知り合った方々をお誘いして、いつもの塗装屋会みたいな事をしました。

塗装ワークショップについては現在私の体調不良という事もあってお受付を停止しておりますが、既に塗装をやられている方で「どうやっても上手くいかない・・・!」といった方向けにマンツーマンで対応するようにしています。アマチュア向けでは無く、それで飯を食おう!というガチの方向けといった感じですかね。

なので今回のメンバーも仕事に塗装が関係している(それで利益を得ている)といった方々となっておりまして、ご案内が出来なかった方々には申し訳御座いません・・・!

ご相談いただいて内容としては、自社で開発中の製品に施したUVプリントの耐久性を向上させたいといった事でして、今回はそれの下地処理と、トップコート(クリアー塗装)の見直し&テストをする事になりました。

ちなみにこちらの方は以前当ウェブショップで販売するクリスタルクリアーをご購入して頂いた方で、会社の規模としてうちは到底足元にも及ばないようなちゃんとした企業でビックリしました(笑)。

幸いにして今回お越しいただいたメンバーの中にはプロのUVプリント屋さんがいらっしゃったので(前回のサーモスワークショップに参加された方です)、その方からUVプリンター機器のアドヴァイスや使用方法、また今回その方が作成して持ち込んでくれたこちらのUVプリントシールを使って実際にテスト塗装をする事になりました。色々と有難う御座いました!

テスト用に持ち込んだサーモスにUVプリントで作成したシールを貼り、足付け処理の方法やガスプライマーなどを使った上にクリアー塗装を行いました。UVプリント屋さんが「印刷する前もちゃんと脱脂してからじゃないと!」とか口を酸っぱくして言っていたのが何故か印象に残っています(普通の印刷屋さんは多分脱脂とかしてないと思いますが・・・笑)。

またご参加いただいた方々が作成された物を持ち込んで頂いたりもしましたので、そちらも紹介したいと思います。

画像のフィギアは何度もこちらで紹介しているアートトイペインターのGUNさんの作品で、ただしそれらは今回持って来てくれなかったので(!)、私が以前購入した物を並べてみました。それを飾る台が、今回ご参加された方が制作したアイアンワークの作品となります。以前こちらでも紹介した「手」の作品を寄贈して頂いた方ですね。本業は鍛冶屋さんですが、造形とか塗装とか音楽とか色々やっている方です。

自在鋼房

ミニチュアの盆栽棚のような物が鉄器で作られていて、BLACKRABBiTを乗せて飾れる様になってます。

この枠が、私もGUNさんも超お気に入りでした。直線的なデザインですが、鉄を叩いた跡とかが残っているのが格好良いですね。

他にはいつもGショックを塗っている方が制作したザクヘッド!(プラモデル)なども!

当店のデカールが発展したのはひとえにこの方のお陰で、今回の作品にも相変わらずエグイ感じでデカールが多用されています(笑)。

今回こちらのGショック塗装屋さんが参加する事を、早い段階で鍛冶屋さんにも知らせていたので、それ用にとこちらのアイアンワーク品も作って来て頂きました。

人物の紹介をするのは難しいのですが、こういった感じでその方の作品があると判り易くて良いですね。

それぞれを組み合わせ、鍛冶屋さんとGショック塗装屋さんとGUNさん3人のコラボ!みたいな感じでしょうか。

無機質な感じと有機質的な組み合わせに、さらにこの蔦のような曲線がヤバいです(惚)。

Gショック塗装屋さんに関しては敢えて今まで紹介を控えるようにしていたのですが、その辺りの事も解禁となりましたので(?)、改めて紹介をしたいと思います。

カスタムGショック製作小屋

こちらのウサギのフィギアを塗っているGUNさんについては、以下リンク先の記事が判り易いかと思います。宜しければご参照くださいませ。

マスキングシートを届けついでに

詳しくは紹介出来ないので控えさせて頂きますが、その他にも色々な物を御持ち込頂きました。

ぱっと見は普通の看板に見えますが、実は色々な技術が盛り込まれていまして、普段は辛口なGUNさんも(笑)、これには絶賛していました。

その他、当工場用にも頂いた作品がありますので、そちらは後日改めて紹介したいと思います。

尚、通常のサーモス塗装ワークショップは受付を停止させて頂いておりますが、今回のように「新たな業務で塗装を始めてみたけれど上手くいかない・・・」といったご相談にはお受付は出来るかも知れませんので、宜しければお問い合わせくださいませ。

今回は福岡・愛媛・愛知・神奈川・宮城・東京からお越しいただいた6名で、この度はわざわざ遠方からのご参加、有難う御座いました!