メルセデスベンツSL1/43ミニカー 分解

 先日塗装の仕事でお預りしておりましたメルセデスベンツSL1/43のミニカーです。このモデルのオブシディアンブラック色が無いとの事で塗装をご依頼頂きました。

 ミニカーが本業と言う訳では無いので、分解作業は仕事としてはお受付が出来なく、ですのでこちらの社外記での紹介となります。場合によっては取り返しの付かない事になる恐れがありますので、ご懸念の場合には予め分解をしておいて頂けますようお願い申し上げます(ちなみに今回は部品取りとしてもう一台御用意頂きました)。

 フロントガラスは下側がカシメになっているので、

 ドリルで頭を揉んで外し、

 フロントガラス(実際はポリスチレン樹脂)を傷付けないよう、マスキングテープを貼って外します。上部に接着剤が点付けされていました。

 基本的には全て接着剤で着いているので、まずボディ側をドライヤーで熱々に温め(60℃~80℃くらい)、

 先端が尖ったピンセットで外します。ボディはこれから塗るので傷ついても問題ありません。

 ヘッドライトなどもいやらしく接着剤が多用されています。

もし割れてしまったら、部品取り用のもう一台の方から、そちらはボディを削ってでも活かして取り外すようにします。化石の発掘みたいな感じですかね。

 窪みに嵌め込まれている部品を外すにはピックツールでは太すぎるので、主にピンセットを使います。先が曲がるのはこの際仕方ありません。

 フロントエンブレムはどうやら上からクリアーが塗られているような・・・(酷)。

 カッターにシリコンオフを塗り、クリアーごと切り離しました。

 リヤも・・・。

 裏側には銅が見えたので、ただのシルバーでは無くちゃんとメッキで作られています。このサイズだとALPSのドライプリンターでは解像度が足りなくドットが出てしまうので再現は難しいですかね。以前お願いしたドライレタリング屋さんでは果たして対応出来るかどうか・・・。

 テールランプは内側がシルバーに塗られているのでこちらも後で塗らないとです。

 フロントグリルも無事に外せました。ドライヤーを使うと樹脂も柔らかくなって割れ難くなるメリットがあります。実際の車の部品脱着でも冬は爪が折れやすいので最初に温めるのは基本ですよね(特にベンツバンパーモールに着くメッキモールは折れると3万円が飛ぶので痛かったです)。

 と言う訳で分解作業完了です。

 リヤのナンバーは先に艶消し黒を塗ってそこにSLの文字をプリントしてマスキングをして青を塗装、と言う工程のようですが、余り仕上りが綺麗では無いので(そしてインチキ臭いので)、そのまま何もしないか、または塗装後に艶消し黒のカッティングシートを貼っておこうと思います。

 幸いにして部品はどれも再利用可能です。

折角なのでそれらしく配置をして撮影してみました(笑)。

塗装するのはこちらのパーツで、ボディは下地から問題が出ているみたいなので、一旦剥離してプライマーから塗ってあげようと思います。

実作業(仕事)はまた大分先になると思いますが、進行次第今度は日記の方で紹介します。どうぞ今しばらくお待ちくださいませ!

ドライレタリング&クリアー塗装

先日塗装の仕事で「電気機器のプラスチックケースを漆仕上げのように」と言うご依頼があって、ただ今回は納期的にかなりタイトだった為(全く失敗が許されません)、今回は専門の業者さんにドライレタリングを作製して頂いての対応となりました。以前市販のドライレタリングは使った事がありますが、オーダーメイド品の使用は初めてです。

 しかし何かしらのトラブルが出たら取り返しのつかない事態になりますので、時間が無い中でも事前にテストを行ってからとしました。

 塗り方は基本的にはいつも使っているデカールと同じような感じですが、水を使わないのでセッティングタイム(乾燥・重合・硬化するまでの時間)を設けなくて良い事と、転写するのはインク部分だけなので気泡やゴミ噛みなどを(余り)気にしなくて良い事といったところでしょうか(実際にはそうでも無いのですが)。

 事前のテストで調べたいのは「どうしたら問題が起こるか」と言う事で、湾岸ミッドナイトに登場するリカコ嬢よろしく(笑)、限界を超える量のクリアーをろくにフラッシュオフタイム(コート間の乾燥時間)を設けずタップリ塗り込んでみました。まるで親の仇のように(笑)。

 塗った直後は大丈夫だったのですが、クリスタルクリアーはレベリングが良い反面いつまでもウェットな状態が続く(溶剤が籠る)ので、

塗ってから30分くらい経つと何だかレタリングが浮き気味になって来ました。

 さらにタップリ塗った方はもうチヂレ状態です。マジですか・・・(恐)。

 と言う段階を経てある程度のリスクが分かったので、次は本番さながらでテストを行います。あちらは捨て石と言うか人身御供です(笑)。

 事前のテストでクリアーを一気に塗り過ぎるとインクを侵してしまう事が判ったので、一回目の塗装では肌は気にせず乾燥の早い硬化剤とシンナーを使ったイージークリアーを使い、その後熱を掛けて完全硬化後、肌を均し改めてクリスタルクリアーを塗る事にしました。

上の画像は二回目のクリアー塗装直後の状態で、この時点では既に下地が出来ているのでいくらウェットに塗ってもレタリングが浮く事はありません(と言うかそんな事が起こるならクリアーが縮れて再起不能状態ですし)。

と言う訳で出来上がったのがこちらの製品です(掲載のご承諾は頂いております)。

既に納品も終わっていて、仕上りも喜んでいただけたようで本当に何よりでした。

作業内容も多少なり撮影しているので、後日改めて施工例として紹介したいと思います。

今回の塗装で御協力頂いた方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。誠に有難う御座いました!

BE@RBRICK色見本

何か塗装して面白い物は無いかと色々考えていたところ、そう言えば以前当店のお客様のご友人がBE@RBRICKなる物を造っている(!)と言う事を思い出し、ネットオークションでそれらしい物を幾つか購入してみました。

 サイズは5センチ程度で、恐らくですが今回購入した殆どはペプシのオマケに付いていた物だと思います。所謂「食玩」と言う物でしょうか。

 少し前まで全く知らなかったのですが、BE@RBRICKは世界的に有名なフィギュアらしく、数多くのアーティストやブランド、アニメキャラクターや企業とコラボレーションをしたモデルを制作しているそうです。凄く大きい物もあるようで、つい先日には表参道ヒルズにコンセプトストアもオープンしていました。

 ちょっと強引な感じも否めませんが、なるほどこれは集めたくなりそうです。

これを見てジャックバウアーだと判る人がどれくらい居るのかは判りませんが、相当幅が広そうなのが伺えます。

今回の物は 「まとめて沢山」みたいな感じで購入したので、少しサイズの大きい物も混ざっています。画像に写るのが7センチ程の物なので、恐らくこれが基本となるベアブリック100%になるかと思います。

他には、先ほどの小さい物が「70% (5cm)」、その他「50% (3.5cm)」「150% (10cm)」「200% (14cm)」「400% (28cm)」「1000% (70cm)」(!)といったラインナップになっているようです。

と言う訳で、キーホルダーにする為&固定用の穴を頭頂に開けておきます。

 ピンバイスだと時間が掛かるので、普段はこんな感じでインパクトドライバーにチャックを付けて使います。チャックはキーレスなのでキリの交換から穴あけまで瞬殺です。

と言う訳で早速塗装もしています。素材はABS樹脂なので塗装用のベースとしては非常に相性が良いのも良い点です。

画像にあるマイクは日記では紹介していない案件ですが、先日オーナー様より掲載のご承諾を頂きましたので、作業内容の詳細については後日改めて紹介をさせて頂こうと思います。色は勿論同色で、マイクに入れたロゴ2種はサイズを変えてベアブリックの胸と背中に配しています。

これなら塗って販売しても問題が無いので(複製では無いので)、車型キーホルダーと同様、塗装の御依頼を頂いた方向けのサービスとして制作・塗装を承ろうと思います。「単に塗るだけ」なら、¥3,000くらいからご利用出来るようにしようと思います(ぶっちゃけ注型ミニカーをサフェ仕上げにするよりも断然楽です)。

取り敢えず作業はまだ終わっていませんので(半艶仕上げなので一旦下塗りクリアーを塗ってデカールの段差を消します)、完成次第改めて紹介をさせて頂きたいと思います。

時間が出来たらPRO_Fit仕様も幾つか作ってみようかなぁ、と・・・。

AlfaRomeo凸文字鋳造制作 完成

先日より作成していた金属製のAlfaRomeoの凸文字です。鋳込んだのは合計6個で、一応それぞれを残しておきました(材料に余裕が無かったら溶かして再利用しています)。

作業内容が判り易いよう、改めて最初の記事から紹介をさせて頂きますね。

↓まずは本業でヘッドカバーの塗装ご依頼を頂いている、PRO_Fit日記の記事からです。

アルファロメオヘッドカバー塗装&凸文字制作承ってます

↓今回行っている鋳造作業については私的な趣味(本業の付帯作業)も含まれていると言う事もあり、こちらの社外記での紹介としています。

AlfaRomeo凸文字 鋳型作製

時々「これと同じ文字だけ作って欲しい」(特にスカイラインのRB26を28にする為の「8」)といったお問い合わせを頂くのですが、当店はあくまでも「塗装屋」で、そういった事は単体ではお受付をしていませんので、それを明確にするべく「日記」と「社外記」で別けるようにしています。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み

今回の鋳造やフライスにしても、その道のプロからすれば私が行っている事は遊び程度でしか無く、これを日記で紹介するにはさすがにおこがましいと言う事もあり、こちらで紹介をさせて頂いている次第です。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み 2回目

またこういった付帯作業はそれ単体では利益は出せなくとも、「趣味」と銘打てばある程度の事は許される(笑)と言う事もあり、ただただ楽しくやらせて頂いています。

AlfaRomeo凸文字 切削(簡易フライス)

と言う訳で完成となります。

 上の三個は切削する前の段階で失敗したと判断した物で、ただ終わってから見てみると、「Alfa」と「Romeo」それぞれを別けて使えばこのうちから一つは作れたかも知れません。ただし型枠から外してしまったのでバイスに固定するのが難しく、なのでこれはこれで終了となります。

 上から4番目の物は途中まで切削はしたのですが、削った中から巣穴が見つかり、これは使えない物と判断してこの状態で止まっています(むしろなんか格好良いので工場の外壁に飾ろうかな、と)。

念の為ですがこういった物の販売、または単体での制作はしておりません。あくまでも「塗装の付帯作業」といった事に限られていますのでご了承下さいませ。

 そして実際に使える物が一番下の物で、ただこちらも実は一度で出来た訳では無く、「Alfa」と「Romeo」をそれぞれ良く出来た物から選んで使う「ニコイチ」となっています(下から二番目のがそれの余りです)。

ちなみに簡易フライスで削ったカスですが、最初は掃除機で吸っていましたが、今回はかなりの量になったので途中から回収するようにしました。これらも溶かして再利用出来ます。

 試しにヘッドカバーに置いてみました。

 大き過ぎず、良い感じのサイズになっているかと思います。

 また今回は結晶塗装では無く「艶々の塗装」の為、貼付け面の処理ではかなり気を付けた作業が必要になるかと思います。

結晶塗装ではある程度の粗は目立たなくしてくれますが、艶ありの塗装だとちょっとした隙間や接着剤の食み出しなどが目立ってしまうので、次の工程ではそこをどうするかです。峠を越したように見えても実はまだ趣味のレベルで、本番はこれからと言う感じです。

次からは本業(塗装)での作業になりますので、今後の内容についてはいつもの日記の方での紹介とさせて頂きます。少し先になるかと思いますがどうぞもう少々お待ちくださいませ!