一斗缶改 ダスト・カー 2.0

 以前作製していた一斗缶のゴミ箱ですが、オーダーが入ってしまったので仕方なくご依頼を頂きましたので改めて制作を再開する事にしました。

その後も地味に色々やっていたのですが、ある程度先が見えてしまったのでもう良いかな・・・と思っていまして(笑)。

 こちらはタイトルにある通り可動式のゴミ箱となる為、缶の底にキャスターを取り付ける穴を開けます。

 ちなみに以前は一斗缶に直接キャスターを付けていたので、うっかり人が乗っかったりするとキャスターの根本がグニャッっと曲がってしまっていました。

 こんな感じになると使い物にならないので、

 一斗缶の形に合わせてデータを作製し、レーザー加工機でMDF板をカットします。

 こんな感じで板を一枚挟んであげるとすこぶる強度が上がります(実際に椅子として使ってます)。

 キャスターは内側にナットで固定します。

 側面に穴を開け、ステンレス製の取っ手を取り付けます。取っ手は以前400個くらいまとめて大人買いをしていた物で、今回は一斗缶一個につき3個を使います。

以前は上側だけだったのですが、これだとゴミを捨てる時に手首に力が要るので、

底付近にも取っ手を着けました。これで簡単にひっくり返せます。

 開口部の切り口は板金ハンマーで潰していますが、ここに指を当ててスライドすると結構痛い思いをするので(判ります判ります)、

 アルミテープを貼っておきます。

 さらにフチにエッジモールを嵌めます。

 また汚れ物を入れても大丈夫なよう、オプション(?)でヨトリヤマもご用意出来ます。

 ヨトリヤマはしっかりとした厚みのあるポリエチレン製で、使い捨てといった感じではありません。

本当はヨトリヤマの上にエッジモールを被せて余った部分をカットしたかったのですが、ヨトリヤマが分厚すぎてモールが嵌りません(苦笑)。まあ無くても良いですしね(ちなみに私は缶直接で使っています)。

板とキャスターの重みで重心はかなり下になるので、間違えて蹴っ飛ばしても倒れたと言う事は一度もありません。全部で5個作っていますので、出来あがったらウェブショップにて販売する予定です。

ただそもそも捨てる筈だった産業廃棄物を再利用して使っているので、凹みや傷・錆などのデメリットもありますから、その辺の事も含めて完成次第改めて紹介したいと思います。

ちなみに他には天面に紋状鋼板(風のアルミ板)なども着けて座れる仕様なども作ったのですが、延々終わりが来ないのでこれ以上の改造は止める事にしました(苦)。出来あがった物のみの販売となりますので何卒ご了承下さいませ。

色相環壁時計 制作③

先日より制作している色相環壁時計です。最初に買ったムーブメントはシャフトが短く使えなかったので、

 その後新たに長いタイプを買い直しました。針の色は金色です。

 シャフトが短かったムーブメントは今回の時計には使えませんが、針が共通なので自由に組み合わせたりと使い道はありそうです。

 壁に引っ掛ける為の穴はムーブメントにあるのですが、折角なので「360度好きな方向に出来る」といった造りにしようと思っています。接着剤だけだと怖いので、ネジで固定出来るようにもしておきました。

また背板も丸では無く四角いVer.も作ろうと思っています。

取り敢えずはうちのロゴとかを入れていますが、この辺はオーダーメイドで好きな文言やロゴなど入れられるようにしようと思ってます。デザイナーやイラストレーターをやっている友人へのプレゼントに!みたいな感じで需要があれば良いですね~。

色相環壁時計 制作②

先日レーザー加工機でカットしていた色相環壁時計用の背板です。厚さ5.5mmのMDF材になります。

 仕事のついでに艶消しの黒を塗りました(ただしベースコートのみです)。

レーザー加工機でカットしたアクリル板を乗せてみました。

今回のだとこのイラストの一番左に当たる物ですね。

各ピースの塗装はまだですが、イメージとしてはこんな感じになる予定です。

本塗りではこれらの色を塗った上に「艶ありクリアー」と「艶消しクリアー」を塗りますが、素材は透明なアクリル板なので、実は単に裏からこれらの色を塗るだけでも艶ありの色板が出来たりします。

以前も紹介しましたが、こんな感じです。

年内は作業が埋まっているのでクリアーまで塗るのは難しそうですが、取り敢えず廉価版としてこう言うのもアリかなと思っています。

出来上がったら当ウェブショップと、creemaとかminneとかiichiでも販売しようと思います。

色相環キーホルダー制作

現在作業が進行している大きな色相環色見本の、キーホルダータイプの物となります。

これを塗装でやるのは非常に面倒なのですが、さらに組み付けもヤバそうな予感がして来ました・・・。

 まずはアクリル板をレーザーでカットし、

 適当に作ったガイド(枠)を使ってコマを並べて、

こんな感じで貼り付けてガイドを外せば完成です。こちらは隙間を空けないバージョンですね。

こちらは立体色見本と同様に隙間を空けた仕様で、穴を開けたアクリル板にピースを嵌め込んでいます。

台形のピースは厚みが3ミリで、土台は2ミリなので、1ミリ飛び出したような仕上りになります。やはりそれぞれのピースが独立していた方が格好良さそうですね。

しかしサイズの割に手間が掛かり過ぎるので、恐らくは没案になるのではと考えてます(同じ値段なら時計の方が用途がありそうなので・・・)。

しかしこれで塗る物は大体揃ったので、いよいよ色相環12色の本塗りを始めて行こうかと思います。