木端材入荷

 ネットオークションで木材の端材を購入しました。長さ40cmくらいの物を120本くらいです。

 手前がウォールナット、奥が楢(ナラ)です。いつもDIYで使うようなパイン材とかでは無く、今回はちゃんとした物が欲しかったんですよね。端材と言っても4面プレーナー済みの状態で、このままでも十分美しく、つい頬ずりしてしまいそうです。

 用途としては例の塗装した色相環の背板で、こんな感じで壁時計にしたら、お洒落な美容院とか設計事務所とかに飾って貰えるかな~、と思いまして(勿論場末の塗装工場でも大丈夫だと思うのですが・・・)。

画像の色相環は壁時計用の、直径が250ミリの物です。

そしてこちらは立体色見本用の物で、3種類ある内の真ん中のサイズ(確か直径400ミリくらい)となります。色は同じ色相環で、クリアーを艶消し仕様にしています。室内の白い壁なら艶消しの方が落ち着きますし、楢の色も明るくて爽やかなのがとても良い感じです。どれもゴミ端材から出来ているとは思えないかと。

ただこのままだと背板がノッペリしてつまらないので、各板の高さを変えて立体感を出そうと思います。真ん中にはハンティングトロフィーを配したいですね(壊)。

色相環壁時計 制作④

以前より作業を進行している色相環12色を使った壁時計の制作です。

先日紹介した色相環キーホルダーと同様、12色の塗装が終わったので、それぞれを仮組みしてみる事にしました。画像に映るのは直径200ミリの小さい方ですね。

 MDF板をレーザーでカットして作製したジグに塗装した色板を嵌め、

冶具を外すと各色板がピッタリの位置に配置できます。本番では接着にしますが、現状いはまだ試作なので取り敢えず確認だけになります。

 そしてこちらは大きい方の250ミリです。

背板も250ミリに揃えていた物があるのですが、色板と同じ径にするよりも敢えて一回り小さくした方が格好良いですね。

後は中央をどうするかなのですが、取り敢えずはPRO_Fitのロゴと、各色の参考にしたRGB値を入れていこうと思います。この辺はアクリル板を使ったレーザーカット&彫刻&塗装で行う予定なので、まだもう少し時間が掛かりそうです。あと針を何色に塗るかですかね。

塗装台 脚キャップ交換

自動車関係の板金塗装屋さんでは必ず使っているであろう折り畳み式の塗装スタンドですが、

 長く使っていると脚のキャップが破れ、床を傷付けてしまいます。

・・・なんて事はどうでも良いと思って一旦はスルーしようと思ったのですが、知り合いの塗装屋さんの工場の床がピカピカに塗り直したのを見たので、改めて紹介しようと思った次第です。勝手に(笑)。

板金塗装工場の現場では、塗装スタンドに車のドアとかリヤゲートとかバンパーとか、重たい物を乗せたままガーッ!と引き摺って移動するのが一般的なのですが、床は硬いコンクリートなので、最初はフラットだった断面は削られて斜めになって来ます。

 と言う訳で用意したのがこちらのゴム製キャップです。モノタロウで¥350くらいでした。

塗装スタンドはメーカーによってパイプ径が違うのですが、今回のこちらは24~26ミリまで対応出来るとの事です。無理をすれば27ミリも行けるのではと。

しかもこのキャップ、防弾チョッキにも使用されるナイロンコードの補強材が入っているとの事で、これなら荒い使い方をしていてもまず破けないと思います。なんだ最初からこういうのにしてくれれば・・・。

モノタロウ→カグピタコパイプ脚キャップ

 と思ったのですが、実際に装着してみると素材がゴムの為、全く滑りません・・・!!

いや、そもそも商品の説明に「すべり止め」と書いてあるので、単に私の選択が間違えていただけのようです。動かしたくない場所には良いかもですね。失敗しました・・・。

 と言う訳で新たに購入したのがこちらの塩ビパイプ用のキャップです。

本来は塩ビ製の水道管に被せるキャップなのですが、これの内径が今回のパイプの丁度良かったのと、また内部がテーパーになっているのでさらに具合が良かったのです。コストパフォーマンスも最高で一個¥40くらいでした。元々工場に余っていた物を被せたら丁度良くて、同じ径の物を沢山買いました。

モノタロウ→HIキャップ

 と言う訳で装着です。ちょっと厚みがあってボテっとした感は否めませんが、まるでこれ専用に作られたと思うくらいピッタリ嵌ります(笑)。

 丸い方が全方向行けると思ったのですが、余り関係なかった気が・・・。

 使ってみた感想としては、よく滑って非常に良い感じです!

重たい物を乗せても簡単に滑って、また床を傷つけない感じも中々良い具合です。最初に着いているキャップに比べるとかなり厚みがあるので断然こちらの方が長く持ちそうです。

コンクリートむき出しの床ならスチールが突き破っても気にする必要はないと思いますが(まあ殆どの方がそうでしょうが・・・)、プールサイドみたいに綺麗に塗った床にはお勧めかなと思います。

色相環キーホルダー試作完成②

 先日に引き続き、調色して作製した色相環12色を使って塗装した色見本キーホルダーの作製です。

 前回は取り敢えず的にベースコートだけの塗装でしたが、今回はしっかり2液ウレタンクリアーの艶消し仕上げにしています。見た目は変わりませんが耐久性が向上しました。

 が、キーホルダー用の土台は底をついてしまったので、取り敢えず5個までの制作となります。また材料を仕入れないとですね。

各部のクリアランスがかなり厳しいので、フチのバリをカッターで取り除きます。

 それぞれ組み合わせて完成です。

・・・が!

 

 折角なので結晶塗装Ver.も作る事にしました。

 いつもご贔屓頂いている業者様から結晶塗装のご依頼があったので一緒に塗らせて頂きました。

前回のイモリの時と同様、タイミングベルトカバーに乗せて撮影してみました。ダクトファンが増設されたみたいで何だか格好良く見えます(笑)。

下のタイミングベルトカバーに比べて、今回塗装したアクリルの方が結晶目が細かいのが判ると思います。サイズの大きいヘッドカバーなどはさらに結晶目を大きくします。

 そして色相環12色に塗装したピースです。一つ6ミリくらいなので食塩の空き瓶に入れて保管しています。

 こんな感じで嵌め込んでいきます。ピッタリに作ってあるので嵌め込むだけでも結構大変です。

 と言う訳で完成です!

 これは中々ヤバいです。

当面のところ量産は難しそうですが、出来上がったらウェブショップで販売したいと思います。後日改めてリュックに装着した状態でも撮影しておきますね。