デザフェス販売製品制作

日々の仕事は相変わらず忙しいのですが、11月に開催されるデザインフェスタの出店に備え、販売製品の制作も行っています。

画像は色相環壁時計の材料と、

色見本キーホルダーの為の素材です。端材で買っているアクリル板をレーザー加工機でカットし、塗装を施して販売している商品です。キーホルダー一個¥4,000 以上の金額設定ですが、ウェブショップに出品すると直ぐに売れ切れてしまう人気商品になっています。

「だったら何故もっと作らないのか!」と言うと、今のように工場を一棟借りて行っているスタイルだと固定経費が掛かり過ぎて赤字だからですね。

その他、知り合いの塗装屋さん(GUNさん。笑)の許可を頂いて作っているBLACKRABBiTのキーホルダー用素材もです。今までは一個ずつ塗っていたので販売価格も高かったのですが、こうやって纏めて塗る事で1/3くらいにまで落とせる予定です。塗装もシンプルなのを中心にしようと思っています。

色相環壁時計に使っている素材は5mm厚のアクリル板で、端材セットで買うと透明な物の他に白い物も混ざっているのが邪魔だと思っていたのですが、考えてみると色相環12色を塗装する際にはどの道下色に白を塗っているので、実はこの方がコストを下げられる事に気が付きました。ベースコートの塗装が少ない分仕上がりもこの方が良くなります(とは言っても目で見て判るレベルは殆ど無いですが…)。

そして本塗り完了です。

最近本業の塗装でクリスタルクリアーを、同社STANDOX VOCエクストラクリアーに置き換えて塗るようにしていますが(品質的にも金額的にも後者の方が上位です)、それの理由としては、こういった仕事以外での塗装で新しい材料に慣れるようにしている結果でもあったりします。同じメーカーのクリアーでも全然性質が違うので、いきなり使っても上手く塗る事が出来ないんですよね。

色見本キーホルダー用のピースは、もう二度と塗らなくても済むようにと大量に塗装するようにしています。

何故赤字を垂れ流しながらも(しかもデザフェスは出店費まで支払ってまで)そういった催しに参加するのかと言うと、たとえ今は無駄であっても、将来的にこういった事で塗装の仕事を続けていける可能性を見出せるからです。いずれ歳を取って身体が上手く動かないようになり、また目も見えなくなってしまうので(塗装屋の高齢化あるあるです)、今出来ているレベルの塗装が出来なくなった場合でも塗装の仕事が続けられるようにですね。これであれば自宅の作業場でも出来るので、何とか国民年金(その頃だとすると多分2万円くらい)の足しに出来ればと思っています。

その他としては、ちょっと仕事で疲れた時に何か違う事がしたい(サボりたい)、と思った時、それでも多少なり売り上げに貢献出来るのが良い所かと思っています。動画観たりスマホアプリのゲームとかやって時間を潰すより、多少でもこういった方が本業の塗装の役には立ちますからね(どれくらい厚く塗るとワキが出るのかとか、普段絶対出来ない事もこれだと思い切りやれます。笑)。

またこれ単体で塗装したりすると赤字は必須ですが、一応は本業の塗装と一緒に行う事で無用なコストを減らす努力はしています。

そして現在取り組んでいるのがこちらの透過色=キャンディーカラー色見本です!

通常の業務で行う透過性塗装は下地にシルバーを塗って行う事が殆どですが、それ単体で色味を表現するような物は殆ど無いので、これはこれで面白い発見が多く、またそれらの対策や改善が勉強になっていたりします。

勿論キーホルダーは「色見本」としての役割を担っているので、これを見ながらどの色を使うか決める事も出来ます。

まあ一般の方としてはそういった実用よりも見た目の方がメインになると思うので、その辺を意識して良い物が出来ればと思っています。同じ色のBLACKRABBiTを作って一緒に買って貰えたりしたら嬉しい事この上ないですね!

とりあえず試作を完成させ、早く量産体制に入りたいところです。上手くいけば良いですね~。

2022デザフェス準備

以前作成していたGUNさんのBLACKRABBiTピアスですが、

今年の11月に開催されるデザインフェスタに私も出店する事にしたので、GUNさん本人と、大元のデザインを行ったhotaniさんの許可を得て販売する事にしました!

ちなみに前回はこのように一個一個ヒートンを埋め込んで塗っていましたが、

それだと効率が悪すぎるので、今回は鈴なりトマトよろしく一度に纏めて塗れるようにしました!これなら販売価格を前回の半分以下に落とせると思います。

また今回はピアス用のはもっと小さいサイズにしました。元は全長30mmで厚みが3tだった物を、21mmの2tとしています。

ここまで小さくなるので、さり気なく身につけられて良いと思います。大きい方はキーホルダーですね。

これだと纏めて塗れるので、単色でもこのようにグラデーションで塗る事でそれぞれ違う濃度の物が出来たりします。まあこれは単にテスト塗装で先日丁度テールランプの塗装をする時に一緒に塗っただけですが。

こうやって見ると普通のレッドキャンディーより薄くしたピンクの方が可愛かったりするのに気づきます。普段の仕事だと薄い仕上げにする事が無いので、こういった発見は面白いですね。

そして以前テスト的に作成した透過色見本キーホルダー(本来はピアスにしようと思ってた)ですが、こちらも販売出来るように仕上げようと思っています。ちなみに画像は着色したエポキシレジンを流し込んで作っていますが、次はちゃんと塗装で仕上げるつもりです。

あとは以前遊びで作っていたイモリキーホルダーですが、こちらも改めて色相環の12色を使った物で販売しようと考えています。

とりあえずこんな感じで隙間に樹脂を流し込んでみましたが、クォリティを担保したままこれをするのはかなり難しいので、もう少し検証して何とか仕上げたいと思っています。てっきりシャバ―と流れて行ってくれるかと思いましたが、一か所一か所シリンジで流し込んでいてとても大変です。

あとそれの大きいタイプも作りました(笑)

これは以前塗っておいた色相環のピースに合わせて新たに土台を作成しただけなので、実はそんなに手間は掛かっていません。2個分だけあったんですよね。

サイズを大きくしただけなので全体で見た雰囲気が野暮ったく、ただこれは販売するのではなく、私の首から下げてPRO_Fitの人だと判るようにですね。デザフェスではGUNさんと並んで出店するので多分そちらのお手伝いもする事になるでしょうから(BLACKRABBiTは開店早々凄い売れ方をするので手伝わざるを得ない感じです!)、フォロワーさんに私だと判って貰えるようにですね(Twitterのアイコンがこれなので)。

あとは以前から出来上がって在庫している壁時計も販売する予定です。通販だとどうしても通常業務の合間にやらないといけなく、さらに本業が赤字になってしまいますから、だったらという事で針を外した状態での店頭販売にしようかと思った次第です。それなら10個でも余裕で持っていけますからね。

という感じで、また作業が進行しましたら紹介させていただきます!

一斗缶改 蓋付き小物入れ

工場の引っ越しは当分無さそうと言う事で、少し前から屋根裏の整備を行っています。棚の設置はまだですが、それでもかなりの量の荷物を置けるスペースを確保出来るようになりました。

ただ屋根裏へのアクセスはアルミ脚立を使って登る事になるので、荷物を運ぶ際に両手が塞がると危ないですから、

要らなくなった一斗缶の側面に穴を開け、

さらに別の一斗缶の上下に穴を開け、

それを真っ二つに二分割にし、

蝶番を使って蓋として取り付けました。尚、切り口はとても危ないので折り曲げています。

蓋はバンドでロック出来るようになっています。

これで中に荷物を入れた状態でも片手で持って脚立を登る事が出来るようになりました。あれ、でも脚立で片手で登ってはいけなかったんでしたっけ・・・?

ちなみに以前は一斗缶にキャスターをつけてそれを小物入れとして使っていましたが、

ワークショップ関係等の普段仕事で使わない物は作業場(二階)に置いておくのは無駄なので、屋根裏に収納してしまおうと思った次第です。腐っても都内ですから、土地は有効に使わないとですね!(そういえば今月は3年に一回の更新月で支出ダメージが倍増DEATH・・・)。

色相環+結晶塗装壁時計 完成

今まで作っていたのはこういった背板が白い物や、

こういった黒い物

その他グレーブルーっぽい色の物(VWアクエリアスブルー)を、ベースコートのみ(クリアー塗装無し)で仕上げていたのですが、

さらに当店らしい物を!という事で、

結晶塗装を施してみました!

素材はMDF=木製品なのでてっきり熱を掛けた時に泡を吹いたりするかと思ったのですが、

金属の場合と同じく普通にそのままで焼き付けて綺麗に仕上がってしまったのです。

在庫している塗装済みの色相環ピースを集め、

それらと背板をシーリング接着剤(シーカフレックス221)を使って固定します。ピースの裏側はアクリル樹脂素地が露出しているので、プラスチックプライマーも塗っておきます。

最後に針を着けて完成です!

ちなみに今まで出品していたものは全部売れてしまっていて、その後追加で作成したのですが、どれも採算が全くあっていないので売るのが勿体ないと思い、現在は販売を停止しています。

ただ今後は「針を外した状態で梱包」(取り付けは購入された方にやって頂く)という事を考えていて、それが可能になれば多少なり赤字幅も減らせるかと思っていて、とりあえずその仕様で今度のデザフェスに出店して販売してみようと考えています。通常の壁時計と違って針がむき出しですから、発送や梱包で気を遣うのもネックだったんですよね。

この辺にプレートか何かのアクセントが着けば良さそうだと思うのですが、360度どの方向でも大丈夫!というのもあるので、とりあえずは何も無しにしておこうかと思います。もしくは限定でPRO_Fitのカーボンエンブレムを着けるとかですかね。

それにしても結晶塗装のストラクチャーがめちゃくちゃ格好いいです。

色相環のピースのエッジが立っているのも私的に大好きです(自動車のボディではこういったところは安全上廃されてしまっているので)。

11月のデザインフェスタでは知り合いの塗装屋さん(GUNさん。笑)と一緒に出店する予定なので、これらを含め、塗装を施した物を色々販売しようと思っています。

今の環境(諸々の固定経費)でのこういった物販行為はどうしても赤字を免れませんが(なのでとりあえず通販は辞めました)、ワークショップや小物塗装の宣伝を兼ねればそういった催しにも出る意義もあるかと思った次第です。

経営の事だけを考えると仕事をしていた方が間違いないですが、あと25年は働き続けなければならないので(具体的には家のローンがその期間ある為)、環境が変わっても今の塗装の仕事が続けられるよう、色々な事を試しておかないといけない訳ですね。