コロナ禍の影響

  当工場には殆ど影響は無かったのですが、昨日全国での緊急事態宣言が明けたようで、これによりとりあえずは一安心と言う方も居るのではないでしょうか。

うちの場合は受付窓口を設けていないので元々人との接触が無く、またご依頼の殆どはウェブサイトを見た個人の方からのオーダーで、さらには従業員は雇わず一人でやっているという事もあり、この騒動でも以前に比べて全く変わりがありません。ただネットで見た記事によると、一か月だけでも収入が去年の半分になれば100万円が貰えるとの事で、だったら仕事をセーブして私もそうした方が良いと思ってしまったのですが・・・(勿論しませんが)。

上の画像は現在作っている色見本キーホルダーのテスト品で、仕事が終わってから少しずつやってはいるのですが、相変わらずそんな事をやっている時間が無くて中々思うようにいっていません。

表面は先日作っていたのですが、

今度は背面のアクリル板が無くなったので新たに作ってました。

 こちらは艶消し黒のアクリル板に、当ウェブサイトのQRコードをレーザーで彫刻しています。

 そこにベースコートの白を塗装し、

 台紙を剥がします。これが地味に面倒です。

そして以前塗装しておいた色相環のピースを台から切り離します。

サイズが小さいので糊面にベタ貼りするしか固定する方法が無く、それ故に塗装のバリが凄いです。

これをカッターで切り落とし、

二枚のアクリル板を貼り合わせ、それにピースを組んでいきます。

 そして完成です。

・・・が!

今回枠となるアクリル板の厚みを3mm→2mmにしたので、結晶塗装にしたパーツの歪が目立ちます。アクリル板を140℃で焼いているので、実は熱で結構反っているんですよね。

 以前作ったこれのように、段差をつけてあげれば反りは目立たないので、やはりこうしないと駄目な模様です。また作り直しですか・・・。

ちなみにイモリと色相環のピースを混ぜた物は、隙間にゴミが溜まりそうなのと、作る度にピースの角度や位置・配色が変わるのがどうにも我慢出来ないので、とりあえず辞める事にしました。

ただこれに関しては、色相環Ver.と同様メス型となるアクリル板を作る事で対応出来るので、いずれ各配色からしっかり練り直して作ろうと思います。しかしこんな感じではその内試作だけで色相環に塗ったピースが無くなってしまうのではと・・・(恐)。

 

今日は日経平均株価が2万1000円台に回復したとの事ですが、大田区にある場末の小物塗装工場にはこれも全く関係が無い話で、まあ地道にネチネチとやるしかないですかね。

色相環キーホルダー改

 結局今年のGWはフル出勤となってしまったのですが、基本的に緩い休日出勤だったのと、仕事が終わってからは多少なり遊んでいたので、一応は有意義な連休を過ごせたと思います(そう思わせておいて下さい・・・)。

画像は先日作っていたデータをレーザー加工機でカットしたアクリル板です。

こんな感じで枠に嵌め込みます。今回は2色使えるので色次第で面白く出来るのでは、と思ってます。

 今回折角枠が出来たので、以前作っていて止まっていた色相環キーホルダーも作る事にしました。

 パーツが小さいので塗る時はガムテープにベタ貼り固定となりまが、そうなるとフチに塗料がくっ付いてしまうのでそれの除去が結構面倒です。しかも時間が経って固まったクリスタルクリアーはガチガチで・・・。

 こんな感じで切り離したピースの12色を配していきます。

 他にイモリの形にカットしたアクリル板も色相環の12色で塗っていて、息抜きがてら枠に置いてみると、パステルな水色がマット&グロスブラックに良く似合っています。

さらに試しにとして、空いた部分に色相環のピースを詰め込んでみると・・・、

おおおお・・・これが中々良い感じです。

ただこれだとそれぞれのピースが色相環だったのが判らないので、土台部分にそれが判るようなデザインを追加してみようかと思います。表の右上か、裏のQRコードのところに追加して「あー、なるほど!」みたいに判る程度に表現出来ればと。

水中花風溶けウサギ

 仕事の付帯作業として作成しているGMCのセンターキャップですが、

 余ったレジンが勿体ないので、以前作ったGUNさん作TOROBBiTのシリコーン型で遊んでいたりしました。

ただGP=ガラスパウダーが入っているので白濁りが凄い・・・。

ちなみにこちらの溶けたウサギ「TOROBBiT」はアートトイぺインターのGUNさんから頂いた未塗装品の物を、許可を頂いてシリコーン型を作って個人的に楽しんでいる物です。

以前クリスタルレジンNEOと透明ポリエステル樹脂との比較で作っていたりしたのですが、前者の方はGUNさんに差し上げてしまったので、今回新たに作ってみようかと思った次第です。

ただ単に透明なのを作っても面白くないので・・・、

以前色見本ミニカーで試していた水中花風にしてみる事にしました。

 GPを混ぜる前のエポキシレジンを型に注ぎ、以前買って余っていたドライフラワー(?)を中に入れます。

 その後固まったので型から取り出しました。

クリスタルレジンNEOは可使時間が長いので、時間が経つと入れたドライフラワーが浮いて来てしまうのですが、何とか耳の根本の狭い部分で止まってくれました。ちゃんと位置を決めるのが難しいです。

 と言う訳で次はレジンを二回に分けて入れる事にしました。ドライフラワーも残り少なくなってきたので今回は寒色系にしています。

 最初の半分を一日目に、残りを二日目に分けました。

後日型から抜きました。

が!

二回に分けた方はなんだかイマイチで、むしろ一回でやった最初の方が良い感じです。顔の辺には花は入らない方が良さそうですね。

一応この後はクリアーを塗って透明感&艶を出しますが、多分出来た物はGUNさんに差し上げる事になると思うので(カエサルのものはカエサルに、と言う感じで)、時間があればもう一個自分用に作っておこうと思います。

GMCホイールキャップ作成

 先日に引き続き、走行中に飛んでいってしまったGMCのホイールセンターカバーの制作となります。純正品が入手出来れば良いのですが、世界中探しても見つからなかったとの事で、残っている部品を基にシリコーン樹脂で型を取り、エポキシレジンで複製しています。j

 今回はこれが3回目、トータルだと7個めくらいの注型となります(その内完成しているのは2個で、それも飛んで行ってしまったとの事でして・・・)。

 今回は注口を大きくして試したところ、その周りに残っていた気泡がかなり減らせました。

どの道気泡部分をエポキシ接着剤(3Mパネルボンド)で埋めるので、前回造った物もOKとしてこの2個で挑む事にしました。これでようやくスタートラインに立った感じです。

参考までに以前塗装して完成した画像を紹介させていただきます。

現在注型して作っている物がこうなります(これも同じ工程で作られています)。

今後の作業は仕事(本業)になるので、日記の方での紹介となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!