扇風機羽根修理

 先日誤って羽根を割ってしまった扇風機ですが、

このまま捨てるのはちょっと諦めきれない所がありまして(またなのか・・・!と)、一応割れた羽根を集めてみました。

が!、細かい破片が全然足りません(笑)。

多分その時に掃除機で吸い取ってしまったのだと思います。さすがに掃除機のゴミパックの中まで探す気力はありませんでした。

まあそれでも足りない分はFRPで補強出来るだろう!と(また誤った事を)考えたのですが、さすがにそれではバランスシートが崩壊しまくってしまうので、もう少しスマートに直す方法は無いのかと、色々と夢想、じゃなくて模索していました。現代だと捨てるのも楽じゃないですしね(まあモーターが生きているので捨てはしませんが。笑)。

 と言う訳で、既存の羽根の厚みを測ってみると、丁度2ミリくらいです。

おっと、これはもしかして・・・

 在庫していたアクリル端材を探してみると、ちょっと幅が足りないのですが、丁度良さそうな2ミリ厚のアクリル板を発見しました!(いや、寸法は少し足りていないのですが・・・)。

 羽根が無くなったところになんとなく置いてみると、頭の中には出来上がった羽根の姿が浮かんでしまいます(病)。

新しく買った扇風機が¥2,500くらいだった事から、1時間で出来れば何とか採算合うのじゃないか?!と、私の頭の中でまたGHOSTがゴフ(詳しくは攻殻機動隊を見て頂ければと・・・)。

と言う訳で、生きている羽根にマスキングテープを貼り、輪郭をマジックで描きます。かなり雑ですが、今回はスピード勝負なのでOKです。

 それを適当な板に貼り、

スキャナーでPCに読み込み、Illustratorなるソフトを使って輪郭をトレースしたら、

 レーザー加工機でアクリル板をカットします。

ちなみにこの時点でマジックで描いた輪郭線はレーザーカットには関係なく、単にスキャナーで読み込む時の為に平らな何かに貼りたかっただけの事です。ただ、もしもレーザー加工機が無ければ、この線に沿って糸鋸とかで切ればOKと言う感じですかね(そんな事をやるくらいならそれこそ新しい扇風機を買えって話になるのだと思いますが・・・)。

と言う訳で、カットした羽根を割れた部分に仮置きしてみました。

板は平らのままで、このままでも風を送る事は出来ると思いますが、他の羽根とのバランスが悪くなってしまうと思われますので、これを湾曲するよう変形させます。

と言う訳でジャジャーンと!(笑)。

オ~ブントースタ~です(ちょっとドラえもん風に)。

今まではピューターの鋳造に使ったりお餅を焼いたりする時に使っていたのですが(どっちかにしろって話ですが)、実は元々アクリル加工用にと買っていた物でして、今回ようやく出番がやって来たと言う訳です。

PMMA=アクリル樹脂は大体60℃~100℃くらいで変形するので、その温度に合わせてオーブントースターで加熱します(と言いつつダイヤルが130℃を指しているのは待ちきれなかったからです)。

 熱々になったアクリル板を、生きている羽根の上に重ねるようにして乗せると、

・・・ぉぉぉおおお!

まるで真空成型のように形がフィットしてくれています。重力ってなんてすばらしい(壊)。

と言う感じで、ピッコロの腕よろしく、新たな羽根が生まれ変わりました(?)。

ちなみにここまでで大体40分くらいです。

 その後場所を工場一階に移し、エポキシ接着剤を用意します。

 接着箇所はペーパーで足付け処理し、プラスチックプライマーも塗りました。

バイスグリップで固定し、この日はここまでで終了です。

そして翌日・・・(画像は本件とは全然関係ありません)。

熱を掛けていませんが、今の時期(30℃くらい)なら一日置けば(見た目だけは)硬化しています。

 普通はここに穴を開けてボルトナットやリベットなどで固定するかも知れませんが、使っているのが強力なエポキシ接着剤(3Mオフホワイト)なので、それは不要です。これが剥がれる(剥がせる)くらいなら、羽根が割れますので・・・(ただし紫外線に当たると劣化して強度が落ちます)。

 本来なら余った部分を削って風の抵抗などを無くす必要があると思うのですが、今回は細かい事は気にせずそのまま装着です。と言うか早く回したくて・・・。

実際にビューンと回してみると、・・・おおおおお!!

始動時にちょっとブレを感じますが(笑)、動き出せばその辺の安い扇風機よりも振動は少なく、使用上全く問題を感じません(ちなみに羽根が欠けた状態で回すと凄い事になっていました)。

作業に掛かった時間も1h程で、ただそれでも新しく買った方がコスト的には低く済んだ筈ですが(塗装をする為の工場でこんな事はすべき事ではありません)、今回は前からやりたかったアクリル板の熱変形加工が出来たので非常に満足です。

もっと大きい塗装用の赤外線ヒーターを使えば、バイク用のスクリーンとか自作出来ると思います(さすがにそれはやりませんが・・・疲)。

トレース台改 切り絵の土台制作②

 前回に引き続き、前門の虎後門の狼・・・じゃなくて、恐怖の大王可愛い従兄弟が工場に遊びに来まして、彼が趣味(副業?)でやっている切り絵のトレース台作りを手伝いました。ナニワ金融道に出て来る債務者よろしく、もはや私にはこれから逃れる術がありません(苦)。

 今回の修行、じゃなくて作業では、光るトレース台の上にこの「海グラス」を敷き詰め、彼の作った切り絵を光らせよう!と言う作戦のようで、当工場は塗装とそれの付帯作業に対しての設備しか無いと言うのに、まるで人の話を聞いてくれません。まるで剛田武君のよう・・・(念の為ですがジャイアンの本名です)。

先ほどの茶色いのはオロナミンCとかビール瓶とかと思われ、こちらの綺麗なのはラムネとかワインボトルといった感じでしょうか。

彼曰く、「シーグラスは人工的に作ったもんじゃけん、これは全部海岸から拾ってきちょるから海グラスいうんよ!」との事で、どうやら前回「シーグラス」と書いたのが余程気に入らなかった模様です。私としてはどっちでもゴフッ!(もう消された感じで)。

 と言う訳で、先日アドヴァイスをして用意して頂いたエポキシ接着剤を使って(しかし結局足りずうちの在庫が枯渇する事に)、

 それぞれの海ガラスを配置しながら固定していきます。

ちなみにうっかり「足付け処理とプラスチックプライマーは!?」と言いそうになったのですが、接着剤の説明書にアクリル樹脂にもそのまま使えると書いてあったので、ここでは余計な事は言わないよう自分を殺しておく事にしました(しかしこれがアップロードされた後、私はいよいよ消されているかも知れません)。

 と言う訳で、エポキシ接着剤で固定した海ガラス(海グラス?)を硬化させている間に、今度はLEDトレース台が入る「枠」(箱)を作ります。

背板はうちにあった在庫のMDF板をレーザーでカットして作り、枠はやはりうちにあった在庫の楢材を使っています。これってもはや追い剥ぎゴフッ・・・・。

 表側には既製品の「額」を使い、それの透明フィルムの裏に、彼が作った切り絵を貼り付けています。そろそろ日付が変わる時間帯です。

そして遂に完成!と言う事なのですが、出来上がった物の画像はまだ掲載不可と言う事なので、取り敢えず詳細な情報は伏せつつ、それらしい画像を初回します。中々良いんじゃないでしょうか!

ちなみに今回はわざわざ土台から作りましたが、次回は標本用の箱とか、昔ながらの駄菓子屋さんに並ぶガラスケースなどを使えばもっと簡単に出来るのでは?と思った次第です。

完成画像掲載OKになったらそちらも紹介させて頂きますね。

アクリル素材購入

 現在進行中の、従兄弟が作っている「光る切り絵」の土台に使うアクリル板の発注を頼まれていたのですが、そちらが無事届きました。当工場は御用聞きと言うか、もはや宅配ボックス扱いです(苦)。

 と言うのは1割くらいが冗談でして、ついでに前から欲しかった物も一緒に購入させて頂きました。しかしこれで送料は私が負担なのは確定です(死)。

画像は撮影の時に使うアクリルキューブで、目立たずに被写体を支えたりするアイテムですが、質感とかエッジの立ち方とか色々ヤバいので、もうこれだけでご飯が三杯は食べれそうです(笑)。

ついでに私の分のアクリル板も5枚買っておきました(結局私が買った方が全然多かったという。笑)。

色見本キーホルダーの土台に使っていた艶あり黒と艶消し黒のアクリル板が切れていたので、これでようやく増産が可能です。作れば作る程に会社の経営を逼迫するという、アレですね(苦笑)。

まあでも、結晶塗装したイモリはまだ何個か残っているので、それの分だけなら大丈夫だと思います。多分、ですが・・・。

光る切り絵(トレース台の枠作り)も進行しましたらまた紹介したいと思います。

トレース台改 切り絵の土台制作

先日いつもの従兄弟が工場にやって来て、彼が趣味?でやっている切り絵にバックライトを当てて光らせたい!と言う事となり、それのお手伝いをする事となりました。もはや決定権は私にはありません(笑)。

どういう風にするか全く決まっていなかったのですが、何故か丁度良さそうな材料が工場にあったので、今回こちらを使う事になりました。ゴボホ(もうやられたい放題な感じで。笑)。

枠はこのナラ材を囲って作る事になったのですが、そうなるとトレース台にあるスイッチが塞がれてしまうので、これの一部に穴を開ける事で回避する事にしました。ちなみに木工用のホールソーはブレが凄くて使い物にならなかったので、鉄鋼用のを使っています。

構造としては、トレース台の上に彼が作った切り絵を重ねるのですが、

 その間に、今流行りの?シーグラスを挟もう!と言うアイデアなのだそうでして、ただそうなると横から隙間が見えてしまいますから、それを木枠で囲って見えなくする作戦です。しかしそれってそんな簡単に出来る事じゃない気が・・・(恐)。

ちなみにシーグラスとは海岸に落ちているガラスの破片で、波に洗われて角が取れて丸みを帯び、曇りガラスのようになった宝石のような物です。業界の人なら「バレル処理すれば一発じゃねぇか!」とか思ってしまいそうですが(実際私もどうしてもそう思ってしまう傾向です。笑)、そう言う野暮な考えは駄目みたいです。

 まあ実際これには色々と深い意味があって、作業が進んだらもう少し詳しく紹介出来ると思います。贈られる人は感動して泣いてしまうのではと。

 ちなみに彼の本業は靴関係のデザイナーで、そう言う事もあって現在制作中の色相環立体色見本や、壁時計についてのアドヴァイスなども頂きました。「やっちゃんは何でも詰め過ぎるけん、もっと隙間を空けると良かよ?」とご指導賜りました。いやー、言われてみるとまさにその通りかと・・・(ちなみにやっちゃんは私の事です)。

他に画像が無かったので仕方ないのですが、左奥にあるのが今回彼が制作している「切り絵 光るVer.」です。所謂ウェディングボードと言う物で、全ての部位が繋がっているという縁起物なのだそうです。なるほど・・・。

一応改めてこの従兄弟について紹介しますね。

以前サーモス塗装のワークショップで、模擬的な事をする時に手伝って貰ったりしています。画像は先日Instagramでも紹介しました。

サーモス(模擬)ワークショップⅡ②


彼のブランドとか製品についてはこちらのページの方が判り易いかもです。去年の夏にやったワークショップにも参加してましたね。

色相環時計についても現在彼にデータを送ってデザインの見直しをお願いしているので、それらも進行次第また紹介したいと思います。ヤバいですね~今からドキドキしてしまいます(と軽くプレッシャーを掛けておこうかと。笑)。