オリジナル表札制作&塗装

 先日紹介したオリジナル表札の作成と塗装です。

表札の塗装としては、現在実際に仕事としてご依頼頂いている案件があるのですが、そちらは掲載は控えるようにしていますので、それとは別に友人から受けた依頼をこちらの社外記で紹介したいと思います。

用意したアクリル板は厚みが5ミリで、断面はカットしっぱなしのガタガタした状態なので、

 まずはそれをペーパーで削って均しました。#120から始めて最終#800で仕上げています。

 さらに表と裏面を#800相当で足付けします。

「裏側は何もしなくても良いのでは?」と思うかも知れませんが、こうしておけば取り付ける時にプライマー無しで接着剤でも両面テープでも取り付けられます。逆を言えばPMMA=アクリル樹脂はプライマー無しでは両面テープや接着剤は剥がれてしまいます。

 まずは裏側の塗装からです。よく脱脂処理し、プラスチックプライマーを塗布します。

プライマーは極薄膜なのでそれ単体では耐久性を保持出来ませんから、

 ベースコートの黒を塗布します。もちろんサーフェサーでも良いのですが、コストと見た目を重視した結果こうしています。

 ベースコートの黒が乾いたらマスキングをします。ザラついていると固定の際に密着性が悪くなりますし、見た目も悪いので角で見切っておきました。

 ひっくり返し、再びプラスチックプライマーを塗布します。

 二枚は黒ですが、もう一枚はサンプルなので、表札では余り見かけない変わった色にしてみました。

最初はPORSCHE純正色のミントグリーンにしようかと思いましたが、ちょっとマニアック過ぎるかと思い、以前サーモスの塗装をご依頼頂いた時に採用したティファニーブルーにしてみました。

またその時はお預かりしたティファニーの箱を参考に色を作りましたが、

今回はBUGATTIの配合データ「TIFFANY GREEN」(カラーコード:V603)を使っています。

 友人から依頼を受けているデザインはこれとは別の物なのですが(奥様が実際の紙に筆で書いた漢字をスキャンします)、友人からは「以前乗っていたヤマハTZRのロゴに似せたい!」という要望がありまして、ただそれのフォントはちょっと酷い感じだった為(苦)、他に車体にあった「YPVS」(ヤマハパワーバルブシステム)のフォントに似せたロゴを作りました。紹介はしていませんが、以前マイクの塗装で「E.YAZAWA」に似せたデザインのネームロゴを作った事があって、それと同じような感じです。

 ネームロゴは塗装で、下に入れる小さい文字はデカールで行います。以前行ったCORSAIRのPCケースのフロントパネルのロゴ入れみたいな感じですね。

これはまだ試作品(当店用の見本)で、実際には全く違うデザインになると思いますが、まず先にサンプルとして作っています。

こちらは完全に遊びというか試作品で、ただ前からこれと同じ色のマイクを見本として作りたかったので今回採用しました。

他には買っておいて全く触っていなかった透明なスマホカバーも塗ってみました。配合データを記載してこれ自体を色見本にしたりしたら格好良さそうですが、その辺はNGなのでうちのロゴをデカールで貼っています。

スマホカバー単体での塗装は既に安くやっていらっしゃる方が沢山居るので、わざわざ当店にご依頼頂かなくて大丈夫なのですが(しかしあの値段設定では自らの首を絞めているようで心配になります・・・)、手持ちの物と同じ色にしたりしたら需要がありそうなので塗ってみました。

 という訳で、色見本用のマイクも塗っていて、他に以前買っておいたPOKETLE(ポケトル)もティファニーブルーで塗っています。

ちなみにスマホカバーだけはティファニーブルーでは無く、以前CORSAIR PCケースのフロント枠部分の塗装でご指定頂いた時のPANTON322を参考にした色を使っています。特に理由は無く、途中で色が無くなってしまったのでして・・・(わざわざ作るより残っていたその色を使ったという訳です)。

尚、画像の後ろに映っているアームライトもこのCORSAIR PCケースの塗装に使ったグリーンで塗っていて、ご依頼頂いていた時には判らなかったのですが、どうやらこれはこれは「初音ミク」をイメージしたグリーンだという事が判明しました。

既にクリアーも塗っていて(これらの為だけではありませんが日曜日に出勤してやっていました・・・)、出来上がり次第改めて紹介したいと思います。

STANDOX空き缶(ペン立て)

 要らなくなった空き缶を使って作った、STANDOX仕様のペン立てです。

工場では実際にこんな感じで使っています。カッターや定規などを仕舞うのに丁度良い1L缶サイズです。

100円ショップが台頭する現在では想像し難いですが、昔の自動車板金塗装工場の現場では使い終わったパテの缶を綺麗に掃除して、ネジ入れなどに使っていたりする光景が良く見られました。

ただ塗料となるとこれを綺麗にする方が大変ですから、

現在はビスコの空き缶にSTANDOXのパッケージを巻いて作っています(ビスコは災害時用の工場備蓄品です)。

 なので中はとても綺麗です。

こちらも一斗缶と同様無料で、ウェブショップで他の商品を購入された方のみ、お一人様一個だけの限定となります。またこちらも発送のみの対応で、直接取りに来られても差し上げられません。どうせ送料が掛かるなら・・・という場面でご利用頂ければと思います。

STANDOX空缶

ちなみに自分用のは実際に塗料が入っていた物を掃除して使っています。赤は良く使うので、パッケージが綺麗なまま交換となる場合が多いのです。

缶を捨てる時は足で缶を潰しますが、STANDOXはパッケージのデザインが格好良いので、綺麗な状態だと勿体なくて捨てられないんですよね。

150mm幅マスキングテープ+色見本マイク塗装

先日紹介した150mm幅のマスキングテープを使い、早速色見本用のマイクを塗ってみました。

 左が150mm幅を使ってレーザーでカットした物で、右が従来の50mm幅のマスキングテープを3段に重ねた物です。

 150mm幅で作った方は当然ですが継ぎ目がありません。一枚物です。

 こちらが3枚に重ねた方です。

二重になった部分は下のマスキングシートがカット出来ない事があるので、重なりは極力少なくする必要があるのですが、

 マイクは円錐に見えて実はカーブしているので、シワを作らないよう多少無理目に抑えこんで貼る必要があり、それ故にテープ同士のつなぎ目が少ないと離れてしまって模様がズレてしまいます。心の中で何度発狂した事か・・・。

 今回はそれらが軽減出来て、今までで一番楽にそして綺麗に貼れました。なんて素晴らしい・・・!(惚)。

 そして全体を黒に塗り、

 マスキングを剥がします。下色にはシルバーを塗っています。

 そして透過性の赤=キャンディーレッドを塗り、最後にクリアーコートしました。

 マスキング際もガタガタにならず綺麗に出来ているかと思います。

窪んだ谷の箇所はヘラでマスキングテープを押し込んでいるので、色漏れやボケも殆ど目立たなく出来ていると思います。PP製のマスキングシートはフチがシャープに出来る反面、こう言う所は浮いてしまうので全く使えないんですよね。

これでマスキングシートのストレスはかなり軽減できたので、今後色々な柄や色の組み合わせて見本を作ってみようと思います。

150mm幅マスキングテープ入荷&テープホルダー作製

 一般的に使うマスキングテープは幅が50mmまでですが、もっと幅の広い物が欲しくなりこちらの3Mの100mm幅を入手しました。

が、結局これでは足りなかったので・・・、

 新たに150㎜幅のマスキングテープを入手しました。これは長い!(笑)。

このサイズは3Mもニチバンでも対応してくれなかったのですが、担当してくれているオートサプライヤーさんに何とかお願いして、ようやくこちらのKAMOI社製のカブキSを特注で作って貰える事になりました。

 カブキSの特徴としてはテープの引き出しが軽く手切れ性が優れている事で、確かにこの幅でも簡単に引き出せます。恐らくこの幅を3Mの243Jでやろうとするのは難しかく、だから100mmまでなのかも知れません。感覚的に倍くらい違います。

これでようやくカッティングプロッターやレーザーカットでマスキングテープをカットする際、50mm幅のマスキングテープを重ねて貼らなくて済むようになります。重なったところはカッターでもレーザーでも切れ難くなるので剥がす時に面倒な事になり、また塗装の時にその段差が影響して凄く嫌だったんですよね。

ただ一つ難点があって、普通のマスキングテープであればそこまで気にしないのですが(ぶつ切りの際に使うのを別として)、150mm幅だとそんなに使う機会がありませんから、テープの側面が少しでも汚れると気になってしまったんですよね。かといってこれを毎回ケースや袋に入れて仕舞うなんて考えられませんし・・・。

 と言う訳で、ジャジャーンと!

150㎜幅専用のマスキングホルダーを作ってみました。レーザー加工機とMonotaroの力と端材で出来ています(笑)。

 引き出す時はもちろん両手で押さえないとダメですが、これがあると位置を決めて貼る時に便利ですし、またハサミで切った後にテープがコロコロと転がって行ってしまうのを防いでくれます。これが転がっていくとか、地獄絵図でしかありません・・・。

 何よりこれなら側面が汚れませんので、使う度に置き場所に気を使わないで済みます(ただ完全密封ではないので絶対と言う訳ではありません)。

片側はナットをアクリル板に埋め込んだ事でフラットとなり、画像のように縦に置いておく事も出来るようにしました。側面のアクリル板には6mmの穴もあけているので、S字フックなどで壁に引っかける事も可能です。

150ミリ幅のマスキングテープは既に当ウェブショップで販売しておりまして、また現在2本以上まとめてお買い上げいただいた方にこちらのマスキングホルダー(試作品)を一個プレゼントしています。まだ量産が出来ていないのですが、注文が入ったら一週間くらいで出来ると思います(売り切れ次第終了です。ご容赦くださいませ)。


PRO_Fitウェブショップ→マスキングテープ150mm幅 長さ18メートル


この幅を使う人は限られているので殆ど需要は無いと思いますが、大量に使う人からすると、模型用としてシートで売っているあの金額では買う気にはならないと思います。その点こちらは18メートル(!)ですし、またなんといっても自動車塗装向けの物なので安心して使えます(自動車塗装屋は建築用や模型用のマスキングテープは基本的に使いません。足付け処理した面に貼った場合や、塗料の溶剤でテープが侵されて糊残りが起きてしまうからです)。

ようやく見つけた・・・!と言う方は是非どうぞ(私がそうでした。笑)。