マウスホイール改 フットローラー制作

 以前から発症した頸椎ヘルニアの対策として、現在はスタンディングスタイルでPC作業を出来るようにしていますが、さらに首(右腕)の負担を減らしたい!と言う事で、その後も色々と考えていました。

適当な物としては、マウスのクリックボタンやキーボードをそれぞれに割り当てられるフットペダルと言う製品があって、ただ私的にはこれよりも、

「立って上半身のストレッチをしながら、手を使わずに画面をスクロールさせたい!」

と言う事の方がしたく、ただそういった製品は無いみたいなので仕方なく適当に作ってみる事にしました。マウスを足で動かすのは逆に面倒になりそうですが、スクロールに特化すれば操作も装置も簡単にできるのでは?と思ったのです。

また折角なので以前から当工場に眠っていた産業廃棄物こちらのゴム付きのシャフトを使う事にしました。いつかこれを使う日が来るのではないかと思い、snap-onの工具箱で5年間眠らせていました(そもそも工具箱の使い方を間違えてますが)。

 ちなみに先ほどのゴム付きシャフトは、元々はこういったレーザーコピー機のトナーの一部に使われていた物でして、

外からだと判りませんが、この機会を分解すると先ほどのシャフトやギアー等が色々と出てきます。

ぱっと見でもこれをこのまま捨てるのはもったいないですし、そもそも金属と樹脂が混合したままだと燃えるゴミなのか燃えないゴミなのか判りませんから、だったら分解して分別してしまおう!と思った次第です。以前紹介した液晶ディスプレイのアーム部もそうですが、こういう機械的な物の中身って見てみたくなりますよね。判ります、判りま、せんか・・・。

と言う訳で、シャフトのサイズを測り、実寸でデータ化し、それに合わせて土台を作ります。使っているソフトはadbeのIllustratorで、仕事では無いのでスピード優先、ちゃちゃっと作りました。

それを基にレーザー加工機でMDF板をカットします。火だけ気を付ければ、勝手に切ってくれると言う優れものです。

 一回では上手くいかなかったのでそれぞれの位置を修正し、ついでに角を取ったりして、多少ですが私に優しくしておきました(笑)。

ちなみに今回使うマウスもクリックボタンが壊れていた物で、これもいつか使う日が来るのではと思い捨てずに取っておいた物です。誰と勝負している訳では無いのですが、何故か勝った気分です(笑)。

木工用ボンドを併用し、それぞれを組み合わせます。

 土台に壁となる板を挿し、そこにシャフトを通しただけと言う構造です。

ローラーシャフトにマウスのホイールを合わせ、枠を固定します。要はマウスのホイールに、ゴム付きシャフト面がピッタリ当たるようにしただけですね。見てのとおり超簡単で、アングルステーと板があれば誰でも作れると思います。

 ちなみにMDF板も元々は業者さんが端材として捨てる物だったので、まさにゴミの集大成といった感じでしょうか。

マウス自体がワイヤレスなので、もうこんな感じで直ぐに使えます。実際に使ってみたところ、強度も問題ありません。

使い方は座りながらでも良いですし、立ったままでも両手がフリーの状態で画面をスクロール出来ます。休憩中にストレッチをしつつ、他の人のブログを見たりしながら画面をスクロールできるとか、もう便利過ぎて超ヤバい物が出来てしまった!みたいな感じです。

ちなみに最初はセロハンテープ台に同じようにしてマウスを固定して使ったのですが、そのまま直結だと回転比率が違い過ぎてスクロールが超高速で使い物になりませんでした(笑)。間にギアーを入れるくらいなら、細径のシャフトをそのままホイールに当てた方が早いだろう!と言う事で、今回の物に至っています。

またローラーシャフトが出てきたら自宅用のも作ろうと思います。間違いなく(笑)。

DIY送気マスク化キット

本塗り時用の空調システムを作ろうと思って追加部品を取り寄せたのですが、先日作った「3M防毒マスク改 送気マスク」が予想以上にお手軽&使い勝手が良かったので、それに必要な物を紹介を紹介します。お陰でサンドブラスト作業も使い捨てマスクが必要無くなりました。

内容は単純で、1メートルのポリウレタンホースに、固定用のユニオンと、エアー調整用のレギュレーター&チャックを取り付けるだけです。面倒な分岐は市販の物を使う事とし、これ単体にしました。

ハーフユニオンの先にはM5のネジ山があって、お手持ちのマスクに穴を開けてそれを挿し込み、ワッシャーとナットで固定するだけです。画像は既にワッシャーとナットが着いた状態です(なのでネジ山が見えません)。

ハーフユニオン取り付け部は、私は3Mの防毒マスクの真下にしました。意外とゴムが厚いので、結構強く押し込んでナットを引っかける必要があるかと思います。

エアーの調整はチャックの根元に着いたレギュレーターで行います。強く加圧しても余分なエアーは3Mマスクの弁から出て行くので、呼吸が息苦しくなったりする事はありません。

エアーの分岐はこういった市販の物を使えば良く、スプレーガンやエアーツール・サンドブラスト作業を行う場合は別途1~2メートルくらいのエアーホースを用意します。

またはスプレーガンのエアーとマスクを別にしたかったら、コンプレッサ―(またはエアータンク)から直接それ用のホースを引けば良いかと思います(ちなみにディーラー在籍時はそう言うシステムで、たださすがにホース2本を引き連れて作業をするのは結構邪魔でした)。

装着した状態の参考画像です。

上の画像だと防毒&防塵フィルターが着いた状態ですが、私は外して使っています。いざと言う時はエアーホースから離脱したい!と言う場合は、フィルターも着けておけば安心かと思います。

冷凍式エアードライヤーを通ったやって来た空気は冷たくなっているので、今の厳しい夏場ではこれのお陰で多少なり体が冷えてくれて助かっています。

注意する点としては、うちの場合はオイルフリーのコンプレッサ―且つフィルターを何層も通っているので臭いや異物など全く問題ありませんが、エアー自体が汚染されているとオイルを吸い込んだりするかも知れません。ご注意ください。

部品は全てMonotaROで揃えられますので、以下にリンクを貼っておきますね。


 

スピードコントローラー メーターアウト

(画像右側の部品単体です)

 


 

ハーフユニオン

(画像左側のストレートが良いかと思います)

 


 

チューブ ポリウレタン製

(実際に使うのは1メートルでOKです)

 


 

異径内・外ソケット

(使うソケットによって種類を変えて下さい)

 


後はエアーチャックと、ハーフユニオンを固定するM5のナットとワッシャーがあればOKです。

「ちょっと良く割らない・・・」とか、「買うのすら面倒臭い」、「そもそもモノタロウ使ってないし!」と言う方は、当ウェブショップでキット化した物を販売していますので宜しければそちらをどうぞ(ただし割高になるのでお勧めはしませんが・・・)。

DIY用送気マスクキット

自分一人でやっているならどうなっても構わないと思うのですが、雇っていた従業員が健康被害にあって、さらに訴訟を起こされたりしたら大変だと思いますので(まあそんな事になったら訴えられて当然ですが)、溶剤を扱うなら何かしら対応はしておく必要があるかと思います。ただ人を雇うならこんなDIY物では無く、ちゃんとした製品を定期的に買ってあげるべきだと思いますが・・・(もしくは毎日新しい吸収缶を支給してあげるとか、でしょうか)。

私も何かの間違いで長生きしてしまった場合、酸素ボンベを背負って生活するのは避けたいので、出来る事は今のうちにやっておこうと思った次第です。

また溶剤に限らず、磨きの時に出るコンパウンドの粉塵とかも実は相当ヤバい物らしくて、以前雇っていた人間はそれまで全くマスクとかしていませんでしたが、3Mの講習を受けて戻って来てからは、ほぼ100%マスクをして磨き作業をしていました。余程恐ろしいビデオ(多分塵肺)を見せられたのではと・・・(恐)。

マスキングテープ レーザーカット

 先日、知り合いの塗装屋さん(GUNさん)が工場に遊びに来まして、以前テストしていた、マスキングテープのレーザーカットを行いました。

GUNさんについては何度もこちらで紹介していますが、「誰だそれ?」と言う方は以下の記事を見ると判り易いかと思います。本業はデザイナーさんですが、趣味で色々ヤバい塗装をしている方です(笑)。

マスキングシートを届けついでに

当工場の二階にあるCO2レーザー加工機は、仕事用と言うよりかは趣味として使っている物ですが、予想以上に塗装の付帯作業で活躍してくれていて、お陰で元手が取れたかも知れません(笑)。

 と言う訳で、今回はGUNさんが持ち込んだIllustratorのデータを使い、3Mのマスキングテープにレーザーでカットしました。

 レーザーの出力とスピードを調整し、台紙を切らないようにしつつマスキングテープだけをカットしています。今回は焦点距離を11ミリ、スピードを秒速15ミリ、パワーを8.2としました。

 ちなみにこれくらいならカッティングプロッターでもカット出来ますが、レーザーでカットする大きな利点としては、

 カス取りを全くしなくて良い事です。

通常カッティングプロッターでカットした場合、どうしても余計な部分も一緒について来てしまうのですが、レーザーでのカットだと「糊」の部分もしっかり焼き切ってくれるので、欲しい部分だけがスッと剥がせます。当たり前のように感じますが、カッティングプロッターではこれがどうやっても出来ないので(全てくっ付いて来ます)、それに慣れている人はきっとこれに驚くと思います。GUNさんは勿論、私でも毎回感動していますので(笑)。

GUNさんも近々レーザー加工機を買うかも知れないとの事で、そうなるとうちで使っている中国製の物より出来が良いでしょうから(特にソフト面が)、きっと今までよりさらに幅が広がるのでは、と思っています。

ただレーザーを使う場合は臭いもそうですが、以前一度火を噴いた事があったので(しかも丁度GUNさんが来ている時に!)、使うのに躊躇しなくて良いハンディタイプのCO2消化器も用意していおいた方が良いかもですね。

MDプリンター グレー印刷

現在仕事でご依頼を頂いているKATOクレーンミニカーの塗装で、各ロゴは先日デカールに印刷していたのですが、「グレー」のインクだけが無かったので、今回新たに取り寄せました。

ちなみにグレーは元々ALPS社では設定の無い色(印刷不可能)で、現在はそれをサードパーティの象のロケットさんが開発して販売してくれています。

またグレーは現在三種類出ているようなので、デカール印刷が得意な知り合いの塗装屋さん(G-SHOCK塗装屋さん)に何が良さそうかを聞いてみると、「GN-50ならライトグレーを二度刷りで丁度良いのではないでしょうか」との事でそのインクリボンと、今後の為にもう一種類薄いグレー「アイスグレー」と、デカール用紙も15枚買っておきました。

 いつものようにWindows XPが入ったスタンドアローン機(非回線PC)を使ってALPS社のドライプリンターMD5000を動かします。

 使うのは2個だけなのですが、最初の印刷ではカスレが酷く、40個刷って一個も使い物にならない!と言う状態だったのですが、しっかり足付け処理&脱脂をしてから刷り直したら綺麗に出来ました。ライトグレーを二回重ねてクリアー(と言うインクがあります)で保護しています。

色も良い感じです。塗装と違って黒と白を混ぜて(重ねて)もこんな色は出せないので本当に助かりました。

ちなみに当店で使っているMDプリンターですが、同じSTANDOXユーザーで知り合いのスイスの塗装屋さんが当ブログの記事を見て凄く欲しがってしまったようで、「Hi!! 香港で売っているのを見つけたんだけど、消耗品とかが手に入るか不安なんだよね・・・」みたいな事を言っていたので象のロケットさんを紹介したところ、二週間後には「届いたぜ!」とか言っていてビックリしました(笑)。OH済みのMD5500をスイスまで送ってくれたようです。

ただやはりと言うかデカールが上手く貼れない(剥がれる&チヂれる)との事で、渡した使っている接着剤(マークセッター)を紹介したところ、「Oh!近所の模型屋に同じのがあったっぽい!」とか言って喜んでいました(笑)。私の方も「あるのか!」と驚きました(笑)。

ミニカー本体の方は分解も終わっていて、現在溶剤槽に浸け置きして旧塗膜を剥離中です。

それでは進行次第また紹介させて頂きますね。今後は仕事メインなので日記の方になるかと思います。