冬の通勤路

今年の冬は今までとはまるで違うような温かさで、通勤も仕事も快適な反面、これから来るであろう夏の暑さが一体どうなるのかと今から不安です。

画像はいつもの通勤途中にある呑川で、コサギは警戒心が強いので近くに行くと直ぐに逃げてしまうのですが、この時は柵の上からカメラだけを出して撮影する事が出来ました。

 天気が良い時は日向を求めて亀が陸地に上がって来ています。

ただ半身浴みたいな状態でそこで止まっているのは何をしているんでしょう・・・。

 呑川は狭い川ですが、この時期はカモたちが一ヶ所に集まっているのをよく見かけます。

ここかささほど遠くない多摩川の方が広くて水も綺麗ですが、わざわざここに居るのには何か理由があるのかもですね。例えばシーバスに食べられる恐れが無いとか・・・(以前多摩川の六郷土手付近で90センチくらいあるスズキを釣り上げている人を見かけました・・・)。

 普段ここの呑川ではソロで活動しているカワウですが、この時は珍しく群れていました。いつ見ても恐竜みたいな鳥で、ちょっと憧れてしまいます。

 カワウは潜水が非常に得意な鳥で、その特性の為か体に水が染み込み易いようで、よくこんな風に羽根を広げて乾かしている姿を見かけます。足ひれが如何にも水鳥って感じで格好良いです。

 先日に引き続き、船に乗せた重機で呑川の底を浚う作業も毎日見られます。池上~中央辺りから始まって、河口の方に下っていっている感じです。

蒲田が近くなると治安が悪くなるせいか、この日には多くの自転車が引き揚げられていました。

呑川には柵が設けてあるので、自転車を落とすのには結構な力が必要な筈です。何か嫌な事でもあったのかも知れませんが、そのパワーをもっと生産性のある事に活かせてくれればと・・・。

同じ呑川でも帰りの夜になるとアオサギやゴイサギの姿を見かけます。画像だと少し離れていますが、もっと近い場所に居る時も多いので、この種は比較的仲が良いみたいです。

 こちらは別の日で、呑川の上に張られた電線の上でアオサギが熟睡しています。

余りにも警戒心が無いので反対側に行ってもう少し近くに寄ってみる事にしました。

SIGMA DP2Merrillの30mmレンズでトリミング無し、アオサギにここまで近くまで寄れたのは初めてです。ここで起こしたら心臓発作を起こさせてしまいそうなので、撮影後も無音で立ち去りました。

そう言えば少し前、工場の外で何か音がすると思って窓を開けてみると・・・、

丁度建物の隙間を猫が通り抜けているところでした(笑)。

この辺でよく見かける野良猫なのですが、毛並みが良いのでどなたかに餌を貰っているのかも知れませんね。

晩秋の通勤路

 半年以上前に痛めたアキレス腱は未だ治ってはいないのですが、何とか片道の通勤くらいは歩けるようにまで復活しました。

 本当なら今年は雪山の登山に挑戦してみたかったのですが(monbellの初心者用ツアーで)、山で脚が痛くなったりしたら最悪なので、もう来年の春までは諦めています。と言うか完治するのでしょうか・・・。

通勤路はすっかり秋模様で少し肌寒いですが、真夏に比べると通勤は非常に快適です。途中に通る呑川でも多くの生き物を見る事が出来て、毎日通っている道でも非常に楽しめます。

カワウが体を乾かしている姿はまるで悪魔のようで、何度見ても飽きません(笑)。

カワウが潜水して捕食している姿は何度も見かけていて、その素晴らしい能力は良く知っていたのですが、あの重そうな体で一日10キロ以上空を飛んでいるという事も最近知って、「もはや無敵じゃないですか・・・」と感心してしまいました。

 夜は夜で気温が低くなった今の時期の方がやはり多くの生き物を見る事ができます。奥に居るのはアオサギで、手前がオオバンですかね。皆さん見事なパーソナルスペース(笑)。

これは別の日の画像ですが、多分先ほど映っているアオサギと同一個体だと思われます。

この辺に居るアオサギは何羽か見かけていますが、この個体はかなり大きい方で、暗闇の中、普通の住宅地でこれを見かけると結構ギョッとします。

最近はオオバン(体が真っ黒でクチバシだけが白い、カモみたいだけど実はクイナの仲間)も見かけるようになったので、呑川はそろそろ冬になる感じです。

早く完治して山に行きたいですね~。

秋の呑川

暑い夏が終わって涼しくなって来た頃、通勤時に通る大田区の呑川ではアオサギなどの野鳥をよく見かけるようになりました。

 暗闇にその白い巨躯は、遠目からでもよく目立ちます。

まだこの辺に来たばかりなのか、今までに比べると警戒心が強いです。

 雨の降った翌日は水が濁っていて、ただの鯉が無用に幻想的に(笑)。

今年も残暑が厳しかったので秋が短く感じるかと思いきや、寒くなるのも大分遅くなっていたので、11月は比較的過ごし易かったです。

 黒いのはてっきりいつものオオバンかと思っていましたが、体に白い模様が入っているのはキンクロハジロの雄で、よく一緒にいる茶色いのはてっきり幼鳥なのかと思っていましたが、そちらは雌になるそうです。

ちなみにキンクロハジロはカモの仲間ですが、オオバンはクイナの仲間になるみたいですね。

 他には人間も(笑)。

 最近は老朽化した橋の補強(または架け替え)工事なども頻繁に行われているようです。

 川の流れを止める事は出来ないので、こんな風に半分ずつやっています。ただ大雨が降ったらヤバそうですね・・・。

 気温が下がると日向を求めてそこに生き物が集まります。まるで越冬するテントウムシのよう(笑)。

 別の日には同じ場所でカワウも羽根を乾かしていました。周りが大分迷惑そう(笑)。

 この辺は河口に近いので水位は潮の影響を受けていて、同じ時間に通っても毎日違う風景を見られるのが面白いところです。

最近仕事で使い過ぎている為か、利き腕~首への痛みが酷い事になっていて、とても自転車に乗れる状況では無くなってしまったのですが(背筋で支えるとかいうレベルではありません…)、自宅から工場までの距離は最短で行けば5キロ程なので、現在は徒歩での通勤をメインにしています。歩いている間は上半身のストレッチもしているので、これのお陰で大分助かっている筈なんですよね(しかしこのままだとマズイので、年明けにまた鍼をお願いしに行かないとです)。

9月の通勤路

 今年の9月は大型台風が立て続けにやって来ていましたが、いつもの通勤路は呑川にゴミが沢山浮いているのと、電気自動車用の充電標識が多少傾いていたくらいで、そんなに大きな被害は見受けられませんでした(私が知らないだけだったらすいません・・・)。

 と言う事ですが、もしかしてここはやばかったんじゃ・・・!

と思って帰り道にいつもの池上本門寺に寄ってみましたが、五重塔も全く被害が見られませんでした。さすが歴史の重みが違うようです(?)。

 その後はいつもの穏やかな呑川に戻り、

 平穏な日々を取り戻しつつあります。まるでこれから春を迎えるかのよう(笑)。

 そう言えば今年のお会式は明後日の11日からで、既に数日前から境内には巨大な柱が立っていました。画像だとそんなに大きく見えないのですが、幅は60cmくらい、高さは10メートルくらいはあると思います。日付書いちゃってますから、もしかしてこれってその都度新しい物を作っているのでしょうか・・・(恐)。

その後はいつものジメジメ路(六郷用水路跡)でいつものジャバ様が(笑)。

ここのところ雨が続いたので帰り道にはよくカエルを見かけていたのですが、まだ気温が高いせいかもたついているとサッサと逃げてしまっていて、この時は比較的幸運でした。シャッタスピードは4秒くらいは開けているので少しでも動いてくれると困る訳です。

尚ここは池上警察署の真裏なので、怪しい動きをしているといつか職務質問されて連行されてしまうのではと・・・(恐)。