秋の呑川

暑い夏が終わって涼しくなって来た頃、通勤時に通る大田区の呑川ではアオサギなどの野鳥をよく見かけるようになりました。

 暗闇にその白い巨躯は、遠目からでもよく目立ちます。

まだこの辺に来たばかりなのか、今までに比べると警戒心が強いです。

 雨の降った翌日は水が濁っていて、ただの鯉が無用に幻想的に(笑)。

今年も残暑が厳しかったので秋が短く感じるかと思いきや、寒くなるのも大分遅くなっていたので、11月は比較的過ごし易かったです。

 黒いのはてっきりいつものオオバンかと思っていましたが、体に白い模様が入っているのはキンクロハジロの雄で、よく一緒にいる茶色いのはてっきり幼鳥なのかと思っていましたが、そちらは雌になるそうです。

ちなみにキンクロハジロはカモの仲間ですが、オオバンはクイナの仲間になるみたいですね。

 他には人間も(笑)。

 最近は老朽化した橋の補強(または架け替え)工事なども頻繁に行われているようです。

 川の流れを止める事は出来ないので、こんな風に半分ずつやっています。ただ大雨が降ったらヤバそうですね・・・。

 気温が下がると日向を求めてそこに生き物が集まります。まるで越冬するテントウムシのよう(笑)。

 別の日には同じ場所でカワウも羽根を乾かしていました。周りが大分迷惑そう(笑)。

 この辺は河口に近いので水位は潮の影響を受けていて、同じ時間に通っても毎日違う風景を見られるのが面白いところです。

最近仕事で使い過ぎている為か、利き腕~首への痛みが酷い事になっていて、とても自転車に乗れる状況では無くなってしまったのですが(背筋で支えるとかいうレベルではありません…)、自宅から工場までの距離は最短で行けば5キロ程なので、現在は徒歩での通勤をメインにしています。歩いている間は上半身のストレッチもしているので、これのお陰で大分助かっている筈なんですよね(しかしこのままだとマズイので、年明けにまた鍼をお願いしに行かないとです)。

9月の通勤路

 今年の9月は大型台風が立て続けにやって来ていましたが、いつもの通勤路は呑川にゴミが沢山浮いているのと、電気自動車用の充電標識が多少傾いていたくらいで、そんなに大きな被害は見受けられませんでした(私が知らないだけだったらすいません・・・)。

 と言う事ですが、もしかしてここはやばかったんじゃ・・・!

と思って帰り道にいつもの池上本門寺に寄ってみましたが、五重塔も全く被害が見られませんでした。さすが歴史の重みが違うようです(?)。

 その後はいつもの穏やかな呑川に戻り、

 平穏な日々を取り戻しつつあります。まるでこれから春を迎えるかのよう(笑)。

 そう言えば今年のお会式は明後日の11日からで、既に数日前から境内には巨大な柱が立っていました。画像だとそんなに大きく見えないのですが、幅は60cmくらい、高さは10メートルくらいはあると思います。日付書いちゃってますから、もしかしてこれってその都度新しい物を作っているのでしょうか・・・(恐)。

その後はいつものジメジメ路(六郷用水路跡)でいつものジャバ様が(笑)。

ここのところ雨が続いたので帰り道にはよくカエルを見かけていたのですが、まだ気温が高いせいかもたついているとサッサと逃げてしまっていて、この時は比較的幸運でした。シャッタスピードは4秒くらいは開けているので少しでも動いてくれると困る訳です。

尚ここは池上警察署の真裏なので、怪しい動きをしているといつか職務質問されて連行されてしまうのではと・・・(恐)。

猛暑の呑川

少し前の通勤途中、いつもの呑川を覗いてみると、何やら白くて丸い物体が浮かんでいるのが見えました。これってまさか・・・。

 この辺は河口からも遠く、恐らくはほぼ淡水だと思うのですが、この日は何故か大量のクラゲが浮いていました。

 こんな所でここまでの量のクラゲを見るのは初めてで、しかも半分溶けかかっているような状態はまるで地獄絵図のようでした。

そんな光景は延々下流まで続いていて、恐らくは海の方で大量発生したクラゲが潮の影響で呑川に流れ込んで来たのだと思います。

 別の日にはネズミが泳いでいたり(!)、

帰り道では盆踊りの催しをしていたりと、夏ならではの光景?が見られました。

最近は多少涼しくなって来たからか、ゴイサギやアオサギの姿も時々見られ、野鳥が多く飛来する冬の季節が今から待ち遠しいです。

真夏の呑川

今年の夏は猛暑日が続いていて、徒歩の通勤だと朝から体力を奪われさすがに仕事に支障をきたす為、最近はもっぱら短コースを自転車に乗っての通勤としています。

そう言えば少し前、通勤途中にあるいつもの呑川に浮かぶスカム発生抑制装置(新型)の後ろから勢いよく水が放出されていました。いつもは船底の方で泡を出しているだけで、こんなのは初めて見たのですが・・・。

さらに水(潮)が引いた時には、護岸に溜まったスカムを取り除くべく、数名の作業員の方々が下まで降りてホースを繋いでいたりしました。上にタンク車が停まっていて、これで汚泥を吸い上げているようです。大変そうですが、普段入れない所に行けるのがちょっとうらやましい感じです。

さらに大潮の日にはかなりのところまで水位が下がるので、いつもは見られない物が出て来たりもします。一体何があったのでしょう・・・。

なんてちょっとゲンナリする時もあれば、わずかに残った陸部分に、かろうじて居残る亀を見てほっこり出来たりもします。

そして今年はなんとカモの赤ちゃんが!!

ある程度育った幼鳥のカモは何度か見かけていますが、親ガモにくっ付いて泳ぐ小鴨の群れを呑川で見たのは初めてです。最初に見たこの時は8匹居て、その後見かけた時には6匹に減っていましたが、サイズも多少大きくなっていたのでこのまま行けば無事育ってくれるのではと。

呑川は決して綺麗な川とは言えませんが、私にとっては通勤路のオアシス(!)と言う程で、お陰様で日々の通勤を楽しませて貰っています。

願わくば、いつの日か白鳥とか来てくれれば・・・なんて(笑)。