休日整備

頼んでいたバイク用のリフトジャッキが届きました!

いつも乗っているカブはセンタースタンドがあるので全く意識していなかったのですが、今回購入したセローにはサイドスタンドしか無く、整備をするのにこれが必要だったんですよね。

ちなみにてこの要領で足で踏み込んで一気に持ち上げるタイプもあったのですが、使いながら高さの調整が出来ると便利そうなパンタグラフ式にしました。家にもコンプレッサーがあるので、エアーラチェット使えば上下させるのは楽ですしね。

と言う訳で休日の日曜日、自宅のガレージでセローのオイル交換をする事にしました!

今回のセローは未整備車という事なので心配していたのですが、思っていた以上にオイルは綺麗でした。

セローはオフロード車としてはシート高が低く(810mm)、身長178cmの私であれば足つきは問題無いのですが、オンロードメインで走るつもりなのでもう少し重心を低くしたいと思い、25mm下げられるローダウンリンクを購入しました。

・・・が!自宅に17mmのメガネレンチが無い事に気づき、この日はプラグ交換だけに留まります。スパナとモンキーはあるのですが、その選択肢は絶対無いですね…。

と言う訳で、折角ですからカブのオイル交換もしてあげる事にしました。

カブは週に一回通勤で乗るか乗らないかというくらいなので全く整備していなかったのですが、むしろこちらの方が大分オイルが汚れていました。

今回購入したリフトジャッキも工場から自宅まではこのカブで運んでいて、商業車的な使い方として今後も活躍して頂きたい限りです。

ちなみにあともう一台バイクが増える予定で、今回はそれの為にガレージ内の大幅な片付けを行っていました。ロードバイクは頚椎を痛めてからは15分乗るのが限界なのでもう手放してしまおうかとも思ったのですが、そうするともう乗る機会が無くなってしまう気がしたので、とりあえず寝室の方に移動しておきました。

と言う訳でこの日は一日自宅で作業をしていたのですが、比較的過ごし易い気温と良い天気だったので近所の散歩で定番の池上本門寺に!

本来なら10月11日~13日は御会式なのですが、このコロナ禍で今年も(確か去年も)出店等は控えているようです。

途中で昼食を摂りに、先ほどの本門寺近くにある古民家カフェ、蓮月さんにも行きました。

今回のコロナ禍で遠くに行く事が減りましたが、逆に家から歩いて(電車を使って)行ける距離で色々なお店を探索する機会が増えました。

こちらのら京さんもそうですね。

店先に生魚が並んでいるのでてっきり普通のおさかな屋さんかと思っていましたが、ある日通った時によく見てみるとここで定食が食べられる事に気が付きました。

さすが魚屋さんという事で取り扱っている魚が凄いです(笑)。

待っている間も飽きないですね。

と言う訳でアジフライ定食を頂きました!

味は勿論美味しく、しかもサラダと刺身までついてきて¥1,200です。これが青山だったら倍以上のお値段でもおかしくないのではと・・・。

メニューはその日によって変わるみたいで、いずれ地魚バーガー(鯖!)を頂きにまた来ようと思います!

通勤路の桜

都内はコロナ騒動で自粛ムードになっていますが、幸いにして通勤路の途中では多くの桜が見れるので、一応はそれらしい気分に浸れます。

上の画像はいつもの池上本門寺で、赤いコーンは露店が出せない為の規制線のような感じでしょうか。

 呑川沿いは中々の豪華っぷりです。

 JR蒲田駅と大森駅の線路沿いにも延々桜が続いています。

ここまでは余り人気が無いので道端でカメラを出しても大丈夫なのですが(多分)、ここの踏切を超えた辺りから東邦医大が近くなって人が増えてくるので、不審者として通報されたりしないようカメラはリュックの奥底に仕舞い、平然を装うようにしています(笑)。

 そして帰り道!呑川沿いにある養源寺の桜がライトアップされていました。

境内の崖にある桜も同じようにライトで照らされていたのですが、こっちを撮影している間に消えてしまうという(苦)。

頚椎がヤバい事になってからはロードバイクに乗れていないのですが、とりあえず睡眠を沢山取るようにしているので、いつかまた多摩川沿いを走って通勤できる日が来ればと思っています。と言うより早く足が治って山に行きたいですね~。

2019年を振り返って

 新年明けましておめでとうございます。うっかりしていたらつい年を越えてしまいました。皆様昨年はどのような一年を過ごされましたでしょうか。今さらなのですが、改めて当方の去年一年を振り返ってみようかと思います。

尚、各画像は本件とは全く関係なく、いつもの通勤途中の風景です。上の画像は初詣とお会式以外はとても空いている池上本門寺で、正面にあたるこの総門は少し前に大修繕をしていて、途中の状態だと艶があって微妙だと思っていましたが、最終的にはつや消しで仕上げられて格好よくなっていました。漆にシリカゲルとか入れたのでしょうか(伝統工芸でそんな事しませんか)。

 2019年はマイク塗装のご依頼が多く、アーティストの方や所属事務所、音響関連の会社やさらにはマイクのメーカーから直接依頼があったりでとてもエキサイティングな一年でした(納期が実質3日とか、ワンミスで危うく切腹ものでした)。

体調面はと言うと、以前とんでも無く辛かった腰痛はかなり改善されまして、ただ今度は頸椎(首)に同じような症状が出てしまい、一部の業務(自転車フレームやヘッドカバーの艶々仕上げ)は受付を停止せざるを得ませんでした。特に辛いのがサフェ研ぎで、車体を塗っていた時は体を入れ替える事が出来たのですが、小物の場合だと利き腕(右手)しか使えない為、長時間同じ姿勢で続ける作業が出来なくなってしまったのです。

ただそれらのお陰で逆に仕事効率は上がり、売り上げ自体は増えてしまう(?!)という何とも皮肉な結果になりました(笑)。

また一部の業者さん向けに日曜日に行っていた納品引き取り業務も発送に切り替えて頂き、これにより心身共に楽になり、また休日にダラダラと昼まで寝ていたりするような事も無くなりました(予定が立てられないならそれまで寝ていよう、みたいなダメ人間ぶりでした)。

さらにはこの社外記も毎日更新するのを2~3日おきにしたので、お陰で睡眠時間も以前に比べると大分長くとれるようになっています。

また年を重ねる毎に施工事例も増えるので、見積り業務(メールの返信)も最初の頃に比べると大分楽になりました。施工事例があればその時の作業内容と費用内訳をそのまま利用出来るので、一時間掛かるところが10分で終わる!といった感じです。車の塗装(板金塗装)と違って小物塗装は単価が小さいので、見積もりに掛かる時間は相当の負担になってしまうんですよね。

お陰でその分現場作業に時間を掛けられるようになったので、最初の頃は「その値段でそこまで時間掛けて採算合うの?!」と思われていた事が、最近になってようやくまともになって来た感じです。

ちなみに頸椎症の改善方法の一つとして、デスクワークでは以前設置したスタンディングデスクが非常に有効です。

現在は28インチの液晶モニターを使っていて、座った状態の時と立った時とでモニターとキーボードの位置を変えなければなりませんが、最近のモニターは軽いのでそれも苦ではありません。現場に出る前の午前中とかは、デスクワークをしながら準備運動が出来りしてとても良いです。以前バランスボールも試しましたが、あれは全く仕事に集中出来なくて駄目でした(笑)。

工場の整備については最近なかなか出来ていないので残念ですが、そういった事までやろうとするとその分体力(と口座残高)が減るので、今年も現場作業メインで、また体調管理にも重きを置きながら過ごしていこうと思います。

3月の通勤路

 いつもの通勤路の途中にある池上本門寺ですが、何故かこの日は真っ暗・・・(しかも何か怖い)。

 そう言えば去年も同じような光景を見ていて、もう雪の季節でも無いのに何故こんな所に雪の燈篭が?!

と思って調べてみたら、なるほど昼間のうちにこういうイベントをやっていた模様です。その後階段の電灯を点け忘れていたっぽいですね。

2019 雪灯り回廊 in 池上本門寺

雪ん子の格好をした子供たちが超絶かわいいです(笑)。

それにしても大田区タイムズなんてあったの全く知りませんでした・・・。

 先ほどの本門寺の裏の方には、ソメイヨシノより少し早めに開花する枝垂れ桜があります。

 この場所はほぼ行き止まりになっている所なので、普通の人はこの樹の存在すら知らなく、満開時でもいつでも貸し切り状態です。お酒が好きな人ならここで一杯やってしまうのではと(笑)。

 その後気温も高くなり、通勤途中の呑川沿いの桜も満開となりました。

 普通の街路樹は食み出た枝は剪定されてしまいますが、川沿いの桜はこんな感じで目線の高さで楽しめるのが良いところですかね。

 そして池上本門寺です。この日は雨が降った後で、路面はまだ濡れた状態でした。昼間には屋台も出ていたようで、夜間用にいつもより余分に照明が点いています。

最近は防水仕様の靴(主に登山用)とリュックを通勤に使うようになったので、雨の日でも徒歩通勤が快適です。

 こちらは普段の通勤路では使わない、呑川の下流の方です。

 向こうに見えるのは二階建ての京急蒲田駅で、通っている整形外科が向こうの方にあるのでいつもとはちょっと違う道を歩いています。

京急がまだ高架化されていない頃、表通りは開かずの踏切のせいで酷い渋滞となっていて、この辺の裏路地はそれの抜け道として使われていたりしました。

今は高架化のお陰で道が広くなり、大きなマンションも増え、ちょっと小奇麗なお店増えたりと、昔に比べて大分雰囲気が変わったと思います。

まあでも所詮「大田区民は海苔でも食っとけ!」とか言われそうですが(笑)

(大田区は海苔漁業が盛んでした)。