2018/12/23サーモス塗装ワークショップ③

 先日行いましたワークショップで塗装した物の紹介となります。

こちらの青いサーモスは、アートトイペインターのGUNさんが塗装した物です。GUNさんについては以下の記事を見て頂くと判り易いかと思います。サーモスを塗るのは今回で4回目です。

マスキングシートを届けついでに

 下に赤味のある青を塗り、その上に粗目のブルーパール(MIX845)、そして最後にクリアーを塗った3コートブルーパールの仕様です。

GUNさんは普段はエアーブラシを使っていますが、やはりと言うか使う材料や工具、環境が違うので今までの二回では若干垂れが生じていましたが、今回はそれも克服しました。外資系のクリアーは粘度が高く、塗った後からも伸び続ける傾向にあるので、普段国産のクリアーを使っていると流し易いのかも知れません。私がディーラー勤務の時も、中途で入って来る塗装屋さん(社内外注さん)が、激しいナイアガラ(再起不能なタレ)を引き起こしているのを良く見かけました。

そしてこちらは今回初参加の女性の方の作品で、色はクロマフレア風No.4、またサーモスの下の方には「ありがとう」の文字をシルバーの塗装で入れています。

 また今回はサーモスの底に着ける「傷付き防止用プレート」の制作も行っていまして、

 サーモスの底のサイズに合わせて3ミリ厚のアクリル板(半透明乳白色)をレーザーでカットし、「2018」の文字をレーザー彫刻で入れました。

 塗膜が完全硬化後、両面テープで貼り付けました。サーモスは日常的に使うとどうしても底の塗装が傷付いてしまうと言う事で、それの防止にテスト的に使って頂こうと思います。

画像は判り難いのですが、2018の文字にはシルバーを墨入れ(塗装)してあります。

文字はデカールを貼るか塗装で入れるかで悩んだのですが、チヂレ等のリスクを考えるとデカールはちょっと怖かったので、今回はマスキングシートを使った塗装で行っています。

今回塗ったクロマフレア風No.4は見る角度によって「紫→橙→黄」と色が変わる塗装です。色は当日色見本の中から選んで頂きました。

自家塗装を経験された事のある方なら判ると思いますが、初めて塗装をしてここまで仕上げられるというのは、ある意味夢のような事だと思います(少なくとも子供の頃の私はそうでした)。

勿論失敗する事はあると思いますが、環境さえ整っていれば、初めてスプレーガンを握った方でもこれくらいには仕上げられる!という事でもあります。念の為ですが、私は一切手出しをしていません。

 そしてこちらはG-SHOCK塗装屋さんが塗られた、アクリル板をレーザーでカットして作った色見本キーホルダーです。目の部分はG-SHOCK塗装屋さんが自宅で作って来たデカールで、クリアーを塗る前にいつの間にか貼られていました(笑)。

プレートを支えてくれているのは以前GUNさんから購入したBLACKRABBITで、詳しくはこちらの記事で紹介していますので宜しければどうぞ。やはりと言うか立体造形物が画中に入ると映えますね。

 今回は色(顔料)の取り寄せも頼まれていますので、そちらが入荷次第一緒に送らせて頂きます。それまでは私のリュックで(笑)。

次回ワークショップ開催する時はまたご案内をさせて頂きますね。この度の御参加有難う御座いました!

2018/12/23サーモス塗装ワークショップ②

 先日に引き続き、 2018年12月23日に行った見本キーホルダー&サーモス塗装ワークショップの紹介になります。

 先ほどの画像に映っているのは、普段は主にG-SHOCKを専門に塗装をされている方でして、今回も塗装済みのG-SHOCKを幾つか持って来て頂きました。

 こちらのG-SHOCK屋さんも、当店と同様にオーダーメイドでの塗装が基本なので、余分やサンプル品などは余り在庫されていないとの事です。仕事で塗っているとそうなっちゃいますよね。判ります、判ります。

それにしてもこの柔らかいベルト部分に、日常使用を想定した塗装を施そうだなんて、塗装を良く知る方ならこれがどれだけハードルが高い事かは判ると思います。「BMW Mのウレタンバンパーは柔らかくてー」とか言っているのとはレベルが違います(苦)。

他には文字の墨入れの方法にも拘っていて、GUNさんも半ば呆れていました(笑)。

GUNさんはと言うと、先日頼まれていた色相環用とその他STANDOXの塗料を準備しておきまして、これにシンナー(4キロ)も入れるとかなりの重量となるので、今回塗ったサーモスと共に後日発送する事になりました。きっとGUNさんなら無理してでも持って帰るだろう思っていただけに、ちょっと残念です。

ちなみにGUNさんはいつものブラックラビットでは無く、無機色系の塗装を施したウルトラマンのプラモデルをお持ち頂きました。シルバーの部分は以前ご購入頂いたSTANDOX MIX818を使っているとの事で、元々塗られていた粗目のシルバーが気に入らなく、粒子の細かいこれを使ったとの事です。塗り分けも相変わらずキレてますね(恐)。

 今回初めて御参加頂いた女性の方は、元々当店で何度も塗装のご依頼を頂いているお客様でして、この日は以前塗らせて頂いたピンクのサーモスをご持参頂きました。奥にあるG-SHOCK塗装屋さんが以前のワークショップで塗ったジオン仕様(笑)の赤いサーモスも含め、塗装の剥がれなど無く比較的綺麗な状態を維持していました。

今回塗装して頂い物は後日発送となりますので、完全硬化後に改めて撮影をして紹介したいと思います。

この度の御参加、誠に有難う御座いました!

2018/12/23サーモス塗装ワークショップ①

 2018年12月23日(日曜日)、予定通り色見本キーホルダー&サーモス塗装のワークショップを行いました。今回はいつもの塗装屋さんお二人と、初の女性の方となります。

尚、塗装屋さんのお二人は、こちらで何度か登場しているG-SHOCK塗装屋さんとアートトイペインターのGUNさんで、お二方については以前行った「2018.7.15 サーモス塗装ワークショップ①」の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

 女性の方が選んだのはピンク系のクロマフレア風No.4で、「紫→橙→黄」と色が変化する色です。詳しくはこちらの記事でも紹介していますので宜しければどうぞ。

 GUNさんはいつも自宅で塗装をしていますが、何故かうちでも毎回やる気満々です(笑)。今回は濃いブルーの下色に、ブルーパールを重ねる同色系3コートパールに挑んでいました。

 足付け処理を行い、台にセットして本塗り開始です。

 前回の学生さん達が上手くいったので、今回もサーモスは台に挿したまま、スプレーガンを縦吹きで行って頂く事にしました。結果としてはとても上手く塗れていて、女性の方は今日初めてスプレーガンを握ったとは到底思えません(驚)。

 G-SHOCKの塗装屋さんは既に何個もサーモスを持っているとの事ですので、今回はご自身で作製したデータを入稿して頂いての色見本キーホルダーの塗装となりました。

 データ自体は事前にメールで頂いていたので、予めレーザー加工機でカットしておき、足付け処理~本塗りまでもうお任せで勝手に(笑)やって頂きました。色は以前こちらでも紹介した新色のクロマフレア風No.19です。上品な色変化と、とても肌理の細かい粒子感がある色です。

 GUNさんは前回に引き続き、クリアーは横に挿した状態で塗るシステムを採用していました。そのお陰か今回は御参加3回目にして初のタレ克服を果たしました(笑)。

 最初の1コート目の肌が影響されているのがちょっと勿体ないのですが、艶々のテロテロに仕上がっています。もうちょっとでヤバかったのではと(笑)。

 同系色を重ねたパールなので派手さはありませんが、上品で発色のよいブルーパールに仕上がっています。

今回使用したクリアーはSTANDOXのクリスタルクリアーで、スプレーガンはIWATAのLPH-50の口径1.0mmとなります。

 非常に小さくて判り難いのですが、目の部分にはご自作&ご持参したデカールを貼り付けてあります。人の事は言えませんが、伝わり難いところに無駄に手間が掛かっていると言う(笑)。

今回の新型サーモスは元々蓋にも塗装されている物なので、今回はこちらも一緒に塗って貰っています。

少々ゴミが付いてしまいましたが、タレも無く十分綺麗な仕上りでは無いでしょうか。

途中工程の撮影をしていなかったのですが、サーモスの下部には文字をシルバーの塗装で入れています。

他に皆さん持ち寄ってくれた塗装品なども撮影していますので、後日改めて紹介したいと思います。まずはお疲れ様でした!

自分でオリジナルカラーを作る

当ウェブサイトでもご案内しております通り、PRO_Fitは受付窓口を設けていませんので、直接ご来店を頂いても対応が出来ません。

これは殿様商売をやっていると言う訳では無く、当店は私一人で運営している為、作業中に来られてもまともにお話が出来ないからです。塗装中は勿論ですが、どの作業も集中して行っていますので、到底他の事にまで気を遣えないのです。

「じゃあ都合の良い時間に行くので」と仰る方もいらっしゃるのですが、前もって時間の約束をしてしまうと今度はそればかりが気になってしまい、他の作業が全く集中出来ません。

実際の作業現場をイメージして頂くと判り易いと思うのですが、御依頼を頂いた案件、例えばヘッドカバーの塗装で、本塗り中なんてもっての外ですが、比較的手が空いていそうな下地処理の段階でも「ここにバリがあるから取っておこう」とか「ここに巣穴があるから、本塗り前に筆指しして埋めておこう」とかを思っているまさに時に、そのヘッドカバーとは全く関係の無い方が当工場に訪れ、全く関係の無い話が始まってしまうとするとです。

話が終わってその後ヘッドカバーの作業に戻っても、私の場合、きっとさっきまで考えていた事を忘れてしまっています。または完全に忘れていないまでしても、仕上りが100%になるところが99%くらいにはなるかも知れません。このヘッドカバーを依頼したのが自分だったとしたら、凄く残念な気にならないでしょうか。

自分で書いていてちょっと病的な感じになっているのが怖いですが(苦)、私的にこういうのが結構嫌でして、例えば飼っているペットが人の言葉を話せないのを良い事に、預けた病院とかで大量生産品のように粗暴な扱いを受けていたりしたら凄く悲くなります。被塗物は生き物では無いので放置しても問題は無いと思いますが、出来る限りそれに向き合って対応して欲しいと誰もが望む事だと思っています。

と、何だか全く違う所に行ってしまった感じがしますが、ここでようやく本題です(マジか・・・と思っていたらすいません)。

そんな事もあって現在は看板すら出していない状態ですが(わざと工場が見つからないようにしています)、「どうしても自分で色を決めたい」「実際に色見本を見てみたい!」という方もいらっしゃると思いますので、いずれはそういった窓口も設ける予定ではあります。丁度工場の二階にあがった所に部品保管室があるので、そこを改修して「部屋を丸ごと色見本」みたいな感じに出来ればと思っています。と言っても現時点ではあくまでも理想なだけなのですが・・・。

こちらの色見本が置いてあるのは二階の事務部屋で、これの反対側にPRO_Fitとは関係の無い別会社(と言うか元同僚)のK氏が居るスペースがあります。クリエイティブディレクターのK氏はいつも超極秘事項な仕事をしているので、平日に部外者をここにお通しする事はまずありません。

なのでこういった色見本を現在の保管部屋に移そうという計画なのですが、今の状況ではそれがいつになるのか判らなく、そもそも本当に実現するのかと・・・。

と言う事で!

ここからがようやく本題です(デジャヴではありません)。

現在行っている塗装のワークショップですが、こちらを利用する事で今まで対応出来なかった事(の一部)が可能になるのでは、と思っています。

ワークショップを行う時は私が休みの日なので、やはりそこで仕事の話は出来ないのですが(スイッチの切れた休日は本当にダメ人間なので仕事の話は無理です)、ワークショップ上と言う事であれば、色を作る事・見る事は可能です。

判り易い例としては、以前行った自転車フレームのタッチアップ用塗料の作成で、この時は私がやってしまっていますが、こういう事も可能ではあります(ただしタッチアップ用塗料をお持ち帰りされたい場合は別途掛かってしまいます)。

ワークショップは自転車で来られるのも問題ありませんので、その場で色を作り、色見本(アクリル板)に塗装をして頂いて、後日それを色見本キーホルダーとしてお届けします。その後ご依頼したい物を送って頂ければ、それと同じ色で塗装が出来る!と言う訳です(ただし塗料の取り置きは出来ない為、完全オリジナルカラーの場合には塗料自体をご購入頂く必要がありますが・・・)。

実はこういった事例はマイクの塗装でご相談が多く、その都度お断りをさせて頂いているのですが、このワークショップを利用すれば自分の手で作った色(塗料)でオリジナルマイクが作れる(塗れる)!と言う事が可能になります。

まあ実際はわざわざそんな事をする必要は無く、ご依頼が決定された方には色見本帳のお貸出しにも対応していますから、余程の事でなければそれで十分だと思います。ただ可能性の一つして、「こういった事も出来る!」と言う選択肢があれば面白いかな~とも思いまして。

今は私の都合もあって連休のある日しかワークショップを開催していませんが(さすがに週一は休みたいので・・・)、いずれ仕事に余裕が出来たら土曜日を休日にして開催出来ればと思っています。誰も来なくても仕事をしていれば良いだけなので、とにかくいずれ何らかの形で窓口を開ければとは思っています。仕事は待っているだけじゃ来ませんからね(そこか!と。笑)。