セロー250カウル 結晶塗装

先日購入したセロー250(DG17)の新品カウルは、

その後スタンドックスの新しいクリアーをテストする為に光干渉型のパール(当店規定H01R)を使って艶ありの塗装を施しました。

そして元々着いていたカウルですが、これらは全体に傷があるので、以前行ったライトカウルと同様、素地の粗を目立たなくしてくれる結晶塗装を施す事にしました。

既存のシールは剥がし、

その後結晶塗装を施したのですが、

見事に失敗しました・・・。

理由としては、細かい結晶目を目指したばかりに塗膜が薄過ぎ、ちゃんと模様が出なかったのです。

ただこれも、この後に行う本番(御依頼品)の為のテスト塗装という意味があるので、これはこれで十分に役に立ってくれています。お陰でこの後に塗ったVMAXのヘッドカバーは一度の塗装で上手く出来ました。

そして後日、再び結晶塗装の黒に挑みました。先日日記で紹介したトヨタ2000GTのヘッドカバーを塗る前の練習用として使用しました。

がしかし、今回も一部結晶目になりきらなかった箇所があって、本当は塗り直したかったのですが、自分の物なのでとりあえずこれはこれでOKとする事にしました。

まあでも全体の結晶目自体はとても細かく出来たのでこれはこれで気に入っています。ガンの口径をもっと小さくして塗り回数を増やすのが良いかもですね。

あとはお正月に買ったブラックラビットガチャで色が被った物を、こちらもテスト的に結晶塗装を施してみました。

逆にこちらは塗り過ぎで、物のサイズに対して結晶目が大き過ぎています。最初は「塗れば模様が出る簡単な塗装」と思っていましたが、今では普通の塗装(艶あり)より数倍難しく感じいます。全く終わりが見えません・・・。

ちなみに結晶塗装は通常の2液ウレタンと違って「熱を入れない限りいつまでもベタベタ」という特徴がある事から、ブースの床がとても汚れやすいという特徴があります。なのでいつもは床にだけビニールを敷いていましたが、今回は塗装台の両側にビニールを吊るして壁を作ってみました。

結果としては上々で、もしかしてこれなら塗装ブースの貸し出しも可能になるのでは?と感じました。ブースは使っているよりも使っていない時間の方が遥かに長いのですが、周りを汚されるのがとても嫌で、ただこれなら無用にミストを撒き散らせられませんから勝手が判っていない方でも大丈夫かも、と思った次第です。バイクのカウルを持ち込んで自分で塗装!なんて事が出来る日がいつか来るかもですね(私としても将来的に自分で塗装する以外の収入を考えなければなりませんし)。

そして後日、塗装したカウルを自宅に持って帰って換装しました!

ちなみにこちらが元々一時的に取り付けていたH01Rの艶あり仕様で、単品で見ると良いのですが、車体に装着するとフューエルタンクのオレンジと相まって配色のバランスが崩れてしまい、ちょっと残念な感じです。なのでこれに関してはタンクを黒系の塗装(黒の結晶塗装!)にしたら改めて採用してみようかと思います。

よく見れば(よく見なくても)結晶目がムラっぽくなっているのが否めなく、なので当面仕事としてカウルパネルを結晶塗装で受け付ける事は無いですかね。

まあでもホイールのオレンジと結晶塗装の黒との配色&質感はとても気に入っているので、取り敢えずこの方向で進めていこうと思います。折角傷を直したライトカウルを使わないのは勿体ないですが、それも合わない気がするので、こちらも新しい部品を用意して結晶塗装にしようと思います。

セロー250 車載工具箱取り付け⑥

先日取り付けていた後付けの社外品社外工具箱ですが、円柱形だとちょっと野暮ったい感じだったので、

ジャジャーンと!新たにペリカンケース風の角型タイプを購入しました!

サイズは300×100×100くらいで、容積としては今までと同様か、それ以上となります。今までと同じく防水タイプです。

中のスポンジを外し、穴を開け、

それを固定する為のステーを作成します。穴の位置が決まっていると簡単に作れるのが便利ですね!

厚さ5mmのアクリル板をレーザーカットします。

併せて防水用のパッキンも作成します。

ボルト固定部にパッキンを当て、

カットしたアクリル板をボルトで固定します。

それを持ち帰り、早速装着しました!

既存の円柱型に比べると非常にスリムでスッキリとして見えます。これは格好良い!

フレームとの固定は元々使っていたアルミ製のステーをそのままに、それに今回作成したアクリル板をボルト三か所で固定している感じです。前回はここもアルミ板で作り直しましたが、かなりしっかりしているのでこのままで良いかも知れません。

難点としては蓋が全開で開いてしまうので、細かい物は何かしらの袋に入れて仕舞うようにする必要があります。ワイヤーを付けて蓋が90度で止まるようにすると良いかもですね。

今までは多少車体から飛び出たような感じでしたが、

今回のケースではかなり内側に収まっています。これならすり抜けも問題無いですね!(まあ殆どしませんが)。

ちなみにカウルも先日塗った物を一部装着していますが、フューエルタンクが濁ったオレンジのままなのでイマイチ全体の配色が良く無く、なのでタンクを黒系に塗るか、或いはやはりカウルは結晶塗装で統一した方が良いかも知れません。併せて今回の小物入れも結晶塗装で塗ってしまい、艶ありの塗装はフューエルタンクとライトカバーの2点のみ、それをオレンジ系(キャンディーオレンジ等)にするのが一番かと思っています。エンジン回りも艶消し黒で塗ってしまいたいですね。

とにかく車載工具入れは今回の仕様がとても良かったので大満足です!

ヤマハセロー カウル塗装 本塗り

先日下準備を行っていた私物のヤマハセロー(DG17)カウル一式です。一年の締めという事で自分の物を塗らせて頂きました。

シートカウルは下部に黒い梨地パーツが溶着カシメしてあって、仕事だったら外して塗るところですが、自分の物なのでマスキングで対応する事にしています。

被塗面は未塗装で、白いPP=ポリプロピレン素地となります。

こちらは中古で買ってボロボロだったライトカバーですね。中央の穴はドライブレコーダーのカメラを嵌るために開けた物となります。

フロントフェンダーは元々車体に着いていた黒い物で、こちらもサフェで下地を整えておきました。

まずは裏側にプラスチックプライマー→ベースコート を塗布します。これは今回違うルートで調べたので定かでは無いのですが、純正品番は3C5-21721-30、一個¥1,760で買えるみたいです。ちょっと安過ぎる気がするので、多分何かの間違いだと思うのですが・・・。

こちらはフューエルタンクの横に着くカバーで、左右どちらか判らないのですがヤマハの品番は3D7-2137X-00、こちらも違うルートから調べた金額は¥4,860でした。

ここまでのベースカラーは黒=STANDOX原色MIX571となります。

そして今回塗装する色です。ぱっと見は焦げ茶色に見えますが、

光が当たるとオレンジからゴールドに変化する光干渉型のパールとなります。

今回のセローは派手な色にはしたくは無く、ただ余り流通していない色という事で、海外から取り寄せたパウダー顔料をSTANDOXのベースコートバインダー(MIX599)に入れて使うことにします。

が!今まで小さい物にしか塗っていなかったから判らなかったのですが、大きい面積になると結構派手な気が・・・。

まあでも車(四輪車)と違って主に見えるのは側面ですから、車体に装着されればさほど派手さは感じ無いのでは、と思ってます。多分、きっと・・・(恐)。

最初は大根おろしで削ったみたいな状態だったこちらのカウルはパテとサフェで修正してあって、やはりと言うか自分の手で直せるというのはとても楽しい事ですね。

ちなみに今回は単に自分の楽しみの為!という訳では無く、ちゃんと仕事の一環にもなっています。

というのも、

現在主に使っているクリアー(クリスタルクリアー)とは別に、さらに高品位な物を導入しようという事で、知り合いの塗装屋さん(アッソガラージュさん)の紹介で、同社STANDOXのVOCエクストラクリアーを取り寄せてみました。いつも役立つ情報有難うございます!

今まで使っているクリスタルクリアーはとても気に入っているのですが、そちらに使用しているハードナーは一昔前のシステムの物で(MS)、いずれこの製品は廃盤になってしまう筈ですから、今のうちにこれに置き換えられるクリアーを使って慣れておこう!という作戦です。

と言う訳で本塗り完了です。やはりと言うかまあまあ派手な色で、まあでもマジョーラのラインナップに比べると比較的大人しい感じですし、中々見ない色という事でこれはこれで良いかと思います。

ちなみにVOCエクストラは基本的に1.5コート吹きですが、希釈率を規定の5%→10%にして2コート仕上げにしています。多分そういう所でVOC規制を抑えているのだと思いますが、そもそも塗料使用料が極めて少ない場末の小物塗装屋ではこの辺の事情は余り関係ない感じで、今回のカウル一式も四輪車で言えばドア1枚分程で済んでしまっています(主剤150g+硬化剤50g+シンナー20g)。

今回作ったクリアーの配合は乾燥が比較的早めの設定ですが、それでも塗り終わってからのレベリングは延々続くような感じで、

案の定、フェンダー先端から雫状のタレが発生していました。

まあでもこれもデータ取りの一環で、この後指でタレを拭き取る(と言うか表面張力で指に移動させる)というような事をやっていて、後日ここにエアー噛み(気泡の混入)等が起きたりしないかをチェックしています。結果はまったく問題ありませんでした。

そして翌日の余ったクリアーですが、

この時期(気温8℃以下)でも、翌日の朝にはしっかり固まっていました。

というのも、クリスタルクリアーの場合は次の日でも「もしかしたらもう一回使えるのでは?」という程に液体なままですから、となるとこちらもVOCプラチナクリアー同様、促進剤の類が入っているのは確実だと思います。ただ私的にはこれが余計な気もするのですが・・・(促進剤を入れたい時は自分の意志で使いたいです)。

完全硬化後のクリアー光沢感は素晴らしく、イメージとしてはクリスタルとプラチナの中間といった感じでしょうか。

今後さらにデータを取って、徐々に移行していこうかと思います。まずは車体に装着しての暴露テストですね!

ヤマハセロー(DG17)カウル塗装 下準備

先日ネットオークションを見ていたところ、「え?」と思うような金額でセローのカウル一式が売られていて、即決購入してしまいました。送料込みでこの値段は安すぎるのでは?と思いましたが、もしかしたらステッカーが貼っていない素のパーツはこれくらいの値段設定なのかも知れませんね(新品の金額調べた事がなのですが、実際のところどうなのでしょう?)。

ちなみにこちらは以前中古で購入していたカウルですが、これらはさらに安価だっただけに全体は傷だらけで、ただしパテやサフェで修理する時間が避けられませんでしたから、

そのまま塗っても素地の粗が目立たないという特性がある、結晶塗装をその後施し、

既に車体に装着しています。当たって曲がるのが前提のオフロード車のPP製カウルに、柔軟性の乏しい結晶塗装を塗るなんて普通あり得ない!という感じですが、逆に世界中探してもこんな事をする人は居ないだろうという事で、ここぞとばかりにストレス発散に利用させて頂いています。むしろどうなったら剥がれるのかを見届けたいと言う、AKIRAに登場するドクターみたいな心境ですかね。

と言う訳でジャジャーンと!送料だけで¥2,000は掛かっているだろうというサイズで到着です。

ちゃんと部品番号も書いてあります。もしかしたら偽物かも?と思っていたりもしましたが、安心しました。

状態は真っ白で、

画像だと判り難いのですが、まさにPP!という安っぽさが凄いです(笑)。

製造時の歪(ヒケ)も激しく、

またパーツ毎に艶の質感が違う!というような今時余り見ないような状態で、ただし私的にはこれがむしろ良い感じです(これを未塗装のまま使おうとは思えませんでしょうから・・・)。

ちなみに最初に買ったライトカウルは傷だらけで、これは今回パーツを入手していませんから、仕方なくパテで傷を直す事とします。

これ単体ではサフェを塗る事は出来ないので(会社が沈むので)、

仕事でサフェを塗る機会があるまでじっと待ちました。

こちらは元々車体に着いていたフェンダーで、比較的程度は良かったのですが多少傷があったのでダブルアクションサンダーで研磨しておきました。

フチのバリも気になったので、結局ある程度の面積にサフェを塗る事にしました。

同じくライトカウルもです。テストしたいのは上塗りなので、下地については一応ちゃんとやる事はやっています(ガスプライマー・プラスチックプライマー・フレキシブル仕様ですね)。

ちなみにこれらは結晶塗装では無く通常通りの艶あり仕上げの塗装で、なのでわざわざ新品を購入しています。

そして現在着いている傷のついたカウルはそのまま結晶塗装にしよう!という手抜きの作戦で、それぞれ気分で着せ替えられるようにと考えています。これはカウルの着脱が信じられないくらい簡単に出来るオフロード車ならではの愉しみかもですね!