キャンディーピンク色見本作製

 先日某アーティスト様向けのマイク塗装で、「ピンク」の色味をデカール&塗装で作る必要があり、色々模索していました。

画像のマイクは以前サンプル用に作製した「マゼンタ」のキャンディーカラーとなります。

 デカールの色味については、いつもお世話になっているデカールマイスターのG-SHOCK塗装屋さんにご教示を頂いて作製し、

 次にそれに合わせるようピンクの塗装を行いました。と言っても最初の画像のマゼンタを、樹脂の割合を増やして薄くしただけなのですが・・・(後に判明したのですが、これ以外に良い方法は無いみたいです)。

 出来上がった色見本を、それぞれの違いが判り易いよう並べて撮影してみました。

一番左がキャンディーレッドで、真ん中が最初に紹介した画像の「キャンディーマゼンタ」(仮)、一番右が今回新たに作製した「キャンディーピンク」(仮)の色見本となります。右の二個は同じ色で、単に塗り方(濃さ)を変えただけです。

「赤」を基準として言うと、左の赤は「黄色い赤」となります。

 こちらは「青い赤」ですね。

実は仕事で「ピンクゴールド」の色味を作る必要が出たのですが、キャンディーカラーも得意なG-SHOCK塗装屋さん曰く、「コーラル系のピンクは無理なんですよ…」との事でした。えええええ!!そ、そうだったんですか・・・(全く知りませんでした)。

取り敢えずその辺は無視して(笑)、今後の色の参考になるよう普通に撮影は済ませておきました。順番は先ほどと同じで、左がキャンディーレッド、真ん中がキャンディーマゼンタ、右端がキャンディーピンクです。判り易いよう今後こう呼んでいこうと思います。

 こちらのページは社外記となりますが、画像はどれもサイズの縮小以外は未加工となります(社外記で紹介する画像の多くはPhotoshopで加工しているのでわざわざこう説明しています)。

 マゼンタを薄く塗るのが意外と難しくて、かなり樹脂(バインダー)の割合を増やしてコート数を重ねました。実際には濃くした方がよっぽど楽と言う・・・。

画像だと判り難いのですが、彩度(鮮やかさ)としては断然キャンディーレッドが上です。マゼンタは濃くしても薄くしてもキャンディーレッドには敵いません。迷ったらキャンディーレッドがお勧めです。

こちらは自然光下での撮影となります。色が薄い分、透過して反射する光線量が多い為、よりピンク感が判り易く見えるかと思います。

 そしてG-SHOCK塗装屋さんから頂いたアドヴァイスの確認の為、ハウスオブカラーの色見本を確認してみると、確かにコーラル系のピンクが無い・・・。

「社外記を見て、タカハタサンがどうやってピンクゴールドを作るのか、今度会った時に聞こうとメモしておきました」との事ですが、実はこちらが全く気にしていないだけだったと言う(笑)。

さらに頂いた説明では、これらの色を混ぜてピンクを作ろうとしても色が濁ってダメダメな結果になるそうです。確かに以前グリーンを作るのに、「青とイエローを混ぜたら作れるのでは?」と思いましたが、オートサプライヤーさんがわざわざメーカーに聞いてくれたところ、「それは濁るのでNGです」との回答を頂いてグリーンを取り寄せたという経緯があります。まあ当然と言えば当然ですよね。

 と言う事ですが、以前テスト的に作った色見本が意外とピンクゴールドっぽくて(笑)、ただ2トーンカラーで塗る色自体が同じ色(クロマフレア風No.4)で重なってしまうので、少し工夫をしないと駄目そうです。見る角度によっと同じように色が変化してしまうと差異が判り難いんですよね。

他にはトンデモないゴールドパール(メタリックではありません)と言うのもあって、単体だと粒子感が強過ぎて使えないと思っていましたが(しかしお値段はマジョーラ並み)、これにマゼンタ系のキャンディーカラーを加えればそれっぽくなるのでは?などと(安易に)考えています。

まだ時間はあるので、もう少し色々と考えてみようと思います。何だかんだ楽しいですし(笑)。

マイク レース塗装(オーダーメイド)

 先日塗装の仕事でご依頼を頂いていたSHUREのワイヤレスマイクです。

今回のご依頼は「レース塗装」で、しかもレース柄もご自身で決めたい!と言うご要望があり、マイクと一緒にこれらのレース生地も送って頂きました。この中から塗装で使えそうな(映えそうな)物を選んで欲しいと言う訳です。

当然ですが今回のような事は当店では初の試みで、ただ塗装自体には問題が無い事(もし全部使えなくても当店規定の物がありますし)、また今後同じ様なニーズもあるかも知れないのでお受付する事にしました。

 御希望としては「バラっぽい感じで」との事でしたので、最初はこちらの黒いレース生地を考えていたのですが、ちょっと線が細すぎるので、

 こちらの白いレース生地を使わせて頂く事としました。

柄としては先ほどの黒いレースの方が良かったのですが、レースの線が細くて透け過ぎていると、色を塗り重ねる際に後から塗った色の面積が多くなってバランスが崩れてしまうのです。

詳しい工程はこちらでは省きますが、今回は塗装する順番を変えた2通りの方法を実際に本塗り前にテストしていますのでそちらを紹介します。

 使っているのはいつもの色見本用マイク(注型レジン製)で、レース生地は先ほどと同じ物を、ただし塗り方を左=「シルバー→黒」、右=「黒→シルバー」としています。この時、黒とシルバーの比率がどちらか極端になってしまうと多分格好悪くなってしまうと思われます。

尚、通常は左側の方法が基本になるかと思いますが、塗ってみてから「何か違う・・・」となると非常に面倒な事になるので、予め二通りの方法でテストをしています。

実際に塗ってみた感じだと、やはりと言うか明らかに左側の「シルバー黒」で間違いが無いかと思います。まあでも右の方も網タイツみたいで、この辺は好みによるのかも知れませんが(笑)。

その後キャンディーレッドを塗ってクリアーも塗り一旦完全硬化させ、またこれらは見本品なのでどうせならと言う事でデカールも貼っておきました。

さらに後日、二回目のクリアーを塗った状態です。クリアーを塗る前と同じ様な角度ですが、それぞれのマイクは位置が入れ替わってます。

既に熱も入れ終わっていますので、後日完成画像も撮影してマイク専用のサイトで紹介したいと思います。

現在のPRO_Fitでは受付窓口を設けていない為、直接のご来店には対応していませんが、いずれは隔週で土曜日などを休みとし、実際に色見本を見れるような体制にしたいと思います。ワークショップも併用出来たりしたら尚良いですね。現状土曜日は全く休めていないので、早く人並みになりたーい!、です(妖怪人間ベム風に。笑)。

ベアブリック塗装 完成

先日マイクの塗装をご依頼頂きまして、それと同仕様のベアブリックを塗装~制作しました。

マイクの塗装については以下の記事で紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

SHURE BETA58A & BE@RBRICK

元々はこういった柄の付いた物を、

 マイクと同色に塗装し、ロゴのデータを縮小してデカールに印刷し、

マイクと同じように前後に配しました。

 色はトヨタ純正色の「クールソーダメタリック」(カラーコード:8V7)で、艶具合は「半艶」仕上げとなっています。

完成後、頭に開けていた穴にヒートンをねじ込み、極小のナスカンを取り付けてキーホルダー化しました。

 ロゴは今回の為のオリジナルで、マイクと共にベアブリックもカスタムメイドとなりました。

ベアブリックの塗装に関しては、当店に塗装をご依頼頂いた方向けのサービスとして行う予定で、ただし現在はテスト期間と言う事で無料で作成しております。テールランプ等の透過性塗装(スモーク塗装やキャンディー塗装)や特殊カラーには対応しておりませんが、その場合は別色(現在はスバル「デザートカーキ」(カラーコード:H6Q))を用意しておりますので、ご希望の方はそちらをご指定頂ければと思います。

尚、無料での制作は10件程度、または8月一杯で締め切りをさせて頂く予定です。

現在ご依頼中でも既に本塗りが終わってしまった案件に関しては、この場合もご希望の方には別色仕様(デザートカーキ)のご提供で承ります。スバルのデザートカーキについては後日改めて紹介しますので、宜しければそちらをご確認頂ければと思います。

 ベアブリックは世界的に有名なクマ型をしたブロックタイプのフィギュアで、「全く興味が無い」という方にはWikipediaよりも以下の記事が判り易いかも知れません。

GarageLife | IN THE LIFE
ベアブリックコレクターが建てた、超豪華、ポルシェガレージ

カリモクとコラボした木製の物は、何と60万円・・・。

 今回塗装したマイクは恐らくプレゼント用だと思いますので、ベアブリックはご依頼者様がお手元に残しても良いですし、またはマイクとセットでプレゼントすれば(ベアブリックの事を知っていれば)相手の方もさらに喜んで頂けるのでは、と思う次第です。

ベアブリック単体でのご依頼もお受付は出来ますが、そうなるとかなりのコスト高となってしまいますので、基本的にはマイクやタンブラーの塗装をご依頼頂いた「ついでに」と言う方法がお得だと思います。

尚、塗装を行うベアブリックは食玩をベースに、「単に塗るだけ」といった塗装内容となっております。傷や隙間、元々あったプリントの跡などが残る事がありますのでその点は御了承下さいませ。仕上りはあくまでも「おまけ」程度とお考え下さい(とは言ってもSTANDOXの塗料を使っていますので、フィギアの塗装としてはあり得ないと思いますが・・・)。

昨日さらに40個程届きましたので、当面は在庫も問題無いかと思います。

BE@RBRICK色見本

何か塗装して面白い物は無いかと色々考えていたところ、そう言えば以前当店のお客様のご友人がBE@RBRICKなる物を造っている(!)と言う事を思い出し、ネットオークションでそれらしい物を幾つか購入してみました。

 サイズは5センチ程度で、恐らくですが今回購入した殆どはペプシのオマケに付いていた物だと思います。所謂「食玩」と言う物でしょうか。

 少し前まで全く知らなかったのですが、BE@RBRICKは世界的に有名なフィギュアらしく、数多くのアーティストやブランド、アニメキャラクターや企業とコラボレーションをしたモデルを制作しているそうです。凄く大きい物もあるようで、つい先日には表参道ヒルズにコンセプトストアもオープンしていました。

 ちょっと強引な感じも否めませんが、なるほどこれは集めたくなりそうです。

これを見てジャックバウアーだと判る人がどれくらい居るのかは判りませんが、相当幅が広そうなのが伺えます。

今回の物は 「まとめて沢山」みたいな感じで購入したので、少しサイズの大きい物も混ざっています。画像に写るのが7センチ程の物なので、恐らくこれが基本となるベアブリック100%になるかと思います。

他には、先ほどの小さい物が「70% (5cm)」、その他「50% (3.5cm)」「150% (10cm)」「200% (14cm)」「400% (28cm)」「1000% (70cm)」(!)といったラインナップになっているようです。

と言う訳で、キーホルダーにする為&固定用の穴を頭頂に開けておきます。

 ピンバイスだと時間が掛かるので、普段はこんな感じでインパクトドライバーにチャックを付けて使います。チャックはキーレスなのでキリの交換から穴あけまで瞬殺です。

と言う訳で早速塗装もしています。素材はABS樹脂なので塗装用のベースとしては非常に相性が良いのも良い点です。

画像にあるマイクは日記では紹介していない案件ですが、先日オーナー様より掲載のご承諾を頂きましたので、作業内容の詳細については後日改めて紹介をさせて頂こうと思います。色は勿論同色で、マイクに入れたロゴ2種はサイズを変えてベアブリックの胸と背中に配しています。

これなら塗って販売しても問題が無いので(複製では無いので)、車型キーホルダーと同様、塗装の御依頼を頂いた方向けのサービスとして制作・塗装を承ろうと思います。「単に塗るだけ」なら、¥3,000くらいからご利用出来るようにしようと思います(ぶっちゃけ注型ミニカーをサフェ仕上げにするよりも断然楽です)。

取り敢えず作業はまだ終わっていませんので(半艶仕上げなので一旦下塗りクリアーを塗ってデカールの段差を消します)、完成次第改めて紹介をさせて頂きたいと思います。

時間が出来たらPRO_Fit仕様も幾つか作ってみようかなぁ、と・・・。