マイク用回転台(轆轤)改

先日作成していたマイク塗装用の回転台(轆轤)ですが、

駆動の一部が輪ゴム(笑)だったという事もあり、

  機械制御の仕事をしている友人から端材のアルミフレームとベルトを頂きました。秀ちゃんいつもありがとう!

今回はこのベルトを使って・・・と試してみたのですが、コシが強くなったからかモーターの力が足りなくて回りませんでした(苦)。

と言う訳でジャジャーンと!(笑)

こちらは使っていないホビー用のグラインダーですが、

 砥石を外してモーターだけの状態にし、

新たにそれを組み込みました。全く加工する必用が無くボルトオンで着いてしまいます。アルミフレームシステム、なんて素晴らしい・・・(惚)。

幸いにしてグラインダーの土台部には丁度ボルト止め出来る穴があったので簡単にしっかり固定する事が出来ました。。

プーリーはMDF板をレーザーでカットして作っています。マイクを回すだけなのでこれで十分です。

モーター側は取りあえずシャフトにベルトを引っかけるだけで。これだと若干ベルトが滑ってしまうのですが、とりあえず回せるのは判ったので時間が出来たらプーリーを造ろうと思います。

何故わざわざこのような物を作っているかと言うと、マイクは分解が出来ないので(しようと思えば出来るみたいですが私はしないので)、その状態でマイクにストライプ柄の塗装を施したかったのです。この固定方法ならマイクにストレスを掛ける事無く回して塗れます(グリルは被塗物では無く固定用として使っている汎用品です)。

まだこちらでテスト塗装はしてませんが、前回輪ゴム駆動で塗った時の画像を紹介します。

通常円錐形にこういったストライプ柄をマスキングするのはとても難儀ですが(上と下でそれぞれ違う外周で引かないといけないのでフリーハンドでは貼れません)、このようにマイク自体を回してしまえば筆で簡単に綺麗なストライプラインを塗れます。

その後はクリアーを塗って研いでまたクリアーを塗ってを繰り返し表面を平滑に仕上げます。

まだテストの段階なので何とも言えませんが、使っている塗料はSTANDOX VOC2Kエナメル=クリアーを塗らないでも同様の仕上がり=強度となりますから、マイク全体を塗らずワンポイントだけに色を入れるだけという事も可能です(ただやらないと思いますが)。

取り敢えずは「こんな細いライン絶対マスキングで遣りたくない!」と言うくらいのストライプ柄を今度やってみようと思います。安定してきたらサーモスとかも回せるアタッチメントも造らないとですね!(一体どこに向かっているのやら・・・笑)。

マルチカラーストライプ柄 色見本マイク塗装

先日マイクのストライプ塗装用に作成した独自の轆轤装置ですが、

 その後クリアー塗装→研磨を繰り返して表面を平滑に仕上げていました。

一部削り過ぎて下地を露出してしまったのでこれはボツにする予定だったのですが、轆轤装置のベルトがまだ用意出来なくて次の塗装を試せなく、その間にこちらが完成してしまった・・・と言う次第です。仕方ないので適当なグリルを着けて撮影もしてみました。

やはりと言うか刷毛目の段差を消すのに「クリアー→強制乾燥完全硬化→研磨」を3回繰り返してるので、今回のように平滑に仕上げるにはコストが掛かりすぎる感じですかね。

またマイクにクリアーを塗り過ぎた場合、ホルダーに挿したら抜けない!と言う事態になりかねませんので、余りお勧めではないかもです(寝かしに1年くらいは必要な気が・・・)。

もしくは使う塗料を2Kエナメルでは無く普通のベースコートにしてみるというのも手かも知れません。ベースコートの厚塗りは塗膜の強度が著しく悪くなるので絶対にやってはいけない事ですが、ハードナーを20%添加して薄膜になるようシャブシャブに、下地の白を透かして表現する水彩画みたいな感じなら大丈夫だと思います。

ただそれだと彩度があげられないのでこういう色は出せませんが・・・。

一見するとおもちゃみたいですが、中身は本物のSM58で「それ使えるのか!!」みたいなのだったら格好良いと思います(画像は樹脂製の色見本素体です)。

独自轆轤装置が改良されたら(ベルトが輪ゴムじゃなくなったら。笑)本格的に始動してみようと思います。

ファイアーパターン色見本マイク塗装

先日塗ってみたファイアーパターン柄の色見本マイクですが、柄の位置が上過ぎたのと、ちょっとアレンジを加えてみようと思い、

 ラインを二重にしてみる事にしました。

また今回はマスキングシート(ポリプロピレン製)と和紙タイプのマスキングテープの二種類を試してみます。

前回は先にキャンディーカラーのグラデーションから始めましたが、今回は先に黒を塗っています。剥がすタイミングも変えて濃淡をつけてみました。

先ほどの上にイエロー→オレンジ→レッドのキャンディーカラーを塗り、最後にクリアーをコートしました。

ちょっとイエローの範囲が多すぎた感じですね。

元々やっていた自動車補修塗装は「塗った事が判らないようにする」といった内容だったので、こういった塗装は全くの門外漢だったのですが、今まで経験してこなかった事を始めるのはかなり楽しいです。

マスキング型(データ)を作ってあるので比較的簡単に応用が効きますから、もう少し色々試してみようと思います。

あと本件とは全然関係ありませんが、本日独自SSLの切り替えで、一時URLバーの🔓マークが消えるかも知れません。「危険なサイトです!」みたいに出るかも知れませんが、当ウェブサイトではクレジットカードのご利用は無いので特に心配はありませんからご安心くださいませ。

色見本マイク ファイアーパタン塗装完成

先日塗装していた色見本用のマイクです。

  こちらは樹脂で作った物なのでマイクとしては使えなく、参考用の色見本となります。

  下色としてイエロー→オレンジ→レッドのキャンディー塗装を行い、

 ファイアーパターンのマスキングをして黒を塗装、最後にクリアーを塗っています。

ファイアーパターンの輪郭を綺麗に仕上げたかった為に黒はしっかり塗っておらず、下色の赤味がうっすら透けてマルーンっぽい色味に見えます。

これの白バージョンを作ろうと思ったのですが、そうなると隠ぺい性の理由から順番を逆にして塗装する方法になるので大変で、なのでとりあえずこのパターンのみでのお受付にしようと思います。

念のためですが各画像はサイズの縮小以外は未加工です。

白Ver.の前に、ファイアーパターンを蛍光イエロー~蛍光グリーンの仕様で造ってみようと思います。黒とライムグリーンの組み合わせも間違いないですからね。