頚椎症②

少し前に整形外科で処方されていたリリカなる薬ですが、その後の段階を経て、最初の25gから75gにアップしました。これは所謂「赤い彗星」に近づいた、と言う事で良いのでしょうか(笑)。

その後も薬の飲用を続け、さらにいつもお世話になっている先生に鍼を打って貰って、首→肩→腕→指の痛みは多少なり軽減されて来ました。あと睡眠時間も長めにするよう心掛けているので、一時期のピークよりは大分楽になりました。イメージとしては、両肩に10人ずつ乗っていた地縛霊が、4人くらいに減った感じでしょうか(笑)。

尚、薬の量が増えて良くなったのは夜中に痛みで起きる回数が激減した事で、最初の頃は夜中に何十回も起こされていましたが、今では途中一度も目覚める事がないまま朝を迎えられる日もあります。まあこれこそがこの薬の副作用なのかも知れませんが(笑)。

隙間が狭くなった頸椎は元の戻る事は無いとの事なので、それはそれで仕方ないとして、今後は筋肉で強化する(何故か笑)、悪い姿勢にはならない(特にヘッドカバーの長時間のサフェ研ぎとか)、そして人間らしい生活習慣を心掛けるようにしようと思います。

ちなみに以前腰痛を患った時は、整形外科や大学病院、マッサージ関係など色々手を尽くしましたがどれも効果が無く、鍼は9人目の先生で一気に改善し、その後はストレッチ&自転車に乗り始めた事で現在の生活に戻れました。自転車も最初の頃は痛くて辛かったのですが、体幹を使う事で体が解れていったのだと思います。

ただその時に通っていた鍼灸院は静岡県三島と自宅からかなり遠く(しかも待ち時間が3~6時間と長い…)、5回くらい通った後、現在の先生を発見してお世話になっている次第です。比較的近所に今の先生がいらっしゃって(開業をされて)本当にラッキーでした。それまでは「うちに来たからには絶対治します!」と言った整体さんからは回数券を何十枚も買った挙句、「おかしいなぁ。これで治らない筈はないんですけどねぇ」とか、知人から紹介された気功師?さんの所では、「タカハタさんの仕事がら(当時は板金塗装=事故車修理)どうしても悪い物が憑りつきやすくなります。ナンタラカンタラ~」とか言って呪文を覚えさせられるなど(笑)、かなり無駄な時間とお金を費やしてしまいました。

鍼は人によって合う・合わないがあると思いますが(私も最初は全く受け入れられず全身硬直&冷や汗でした)、私的にはそれがきっかけになったので、今の先生には「私より一日だけでも長生きして下さい」とだけ御願いしています。なんて身勝手な話ですが(笑)。

頚椎症

いよいよ腕の痛みが尋常では無い状態になってしまったので、整形外科に行って先生に診て貰うと、どうやら頸椎のヘルニアだろうと言う事です。以前患った腰痛の時に、腰とは関係無い下肢の痛みに悩まされましたが、まさかそれが今回首で起きていたとは・・・。

予兆は既に2年以上前からあって、自転車に乗った時の前傾姿勢が辛くて通勤を徒歩に変えたのですが、多分その時から既に頸椎の隙間が狭くなっていて、椎間板が圧迫されて神経を刺激していたのだと思います。現状はもう骨の形が変わってしまっているのでどうしようも無いとの事ですが、神経の痛みを和らげる薬があると言う事で、それで経過を見る事にしています。

ただ幸いにして仕事は今まで通りに出来ているので、首に負担のある事は避けつつ、今の状態を維持していければと思っています。

しかし艶々仕様のヘッドカバーはサフェ研ぎ作業が地獄過ぎるので、ああいった作業は今度はお断りするしかなさそうですね(既に一個お預りしてしまっているのでそれはやるしか無いのですが・・・恐)。

 

STANDOXカレンダー2019追加

先日紹介しておりました今年のスタンドックスカレンダーですが、

 なんと!オートサプライヤーさんからさらに2冊頂いてしまいました!

メルカリかヤフオクに流せばと言う訳で、一冊は先日STANDOXの塗料一式を買って頂いたGUNさんに、もう1冊は現在販売中の色相環塗料12色+1セット(希釈無し)におまけで付ける事にしました。そもそもがSTANDOXユーザーの販促品ですので丁度良いタイミングでした。

参考までにこちらが色相環12色+1(希釈無し)のセットです。

念の為ですが、原色に比べれば当然割高なので私的に全くお勧めしませんが、GUNさん曰く「模型用の塗料に比べれば全然安い」との事なので、ある程度の量を使うとか、考えるのを辞めた方(笑)向けといった感じでしょうか。

ただわざわざ高いSTANDOXを使わなくても良いとも思うので、もし身近に国産塗料を使った車の塗装屋さんが居れば、そういった方にお願いすれば普通に作って貰えると思います。こちらを使う意味としては調色時に配合データを記録しているので、無くなっても全く同じ色を再現出来るという点だけですかね(これこそが面倒なのでプロの方は遊びでこんなこと普通はしません)。

実際にこの塗料を使って塗られた物があるので紹介しますね(御承諾頂きました!)。

こちらはGUNさんがいつも塗っている”BLACK RABBiT”なるフィギアで、今回の色相環塗料を使い、さらにその上にパールを重ねて仕上げています。10体作ったとの事で、今度のワンダーフェスタで販売されるとの事です。

その他の画像は以下GUNさんのブログで紹介されていますので宜しければどうぞ。

> ■レインボーグラデーション完成!

他にはTwitterでも紹介されていました。

何気にうちで販売していたクリップ用塗装台が!(笑。採算が全く合わないどころかレーザー加工機の負担が大きいので販売を辞めました・・・)。

STANDOXのカレンダーはA2くらいのサイズで、画像で見ると大きさが判り難いのですが、BMWのパニアケースと比べると二個分くらいあるのが判ると思います。かなり大きいです。

そもそもカレンダーと言うより良く出来たポスターで、私の場合、気に入った画があったら切って額装しています。買うとしたら3万円くらいはするのではないでしょうか・・・。

額はIKEAで木製風(MDF)の物が¥4,000くらいで、上の画像のはニトリで¥2,000くらいでした。昔はこのサイズだと数万円はして手が出ませんでしたよね・・・。

オートサプライヤーさん、ありがとう御座いました!

排気浄化装置 ベアリング交換

当工場で使っている塗装用の排気浄化装置(一番奥にある物)ですが、

去年の暮辺りからファンの辺りで異音が出ていて、どうやらベアリングに不具合が出てしまったようです。

その後は回転数を抑え気味にして様子を見ていましたが、音が徐々に大きくなってきたので、いよいよ何とかしなければと言う事に・・・。

 と言う事をこの装置を設置してくれた販売店の方(社長)に相談すると、何と新しいベアリングを手配してくれました! 少し前に知り合いを紹介して同じ装置が一台売れた見返りがこれにうちのような場末の工場でも日々が安心して仕事が出来るのはまさにこういった方々のお陰です。メーカーの方、関係者の方々有難う御座いました!

と言う訳で、先ほどの装置からベアリングとファン一式を取り外しました(当然のように作業はDIYです)。

ボルトの頭に錆が出ていたのでちょっと怖かったのですが、意外とここまでは簡単に外れて、ただこれのシャフトとプロペラが固着してしまっていて、それを抜くのにかなり難儀しました。羽根の方を変形させるとブレが出てしまうので、バーナーで炙りながらタガネをくさび代わりにし、ハンマーで叩いて少しずつ抜いていきました。

 手前が異音が出ていたベアリングで、奥が新品です。手で回した感じもかなり違いました。多分中でガタガタになっているのではと。

プロペラ側の穴に残っていた錆はアシレックスを使って綺麗に掃除し、シャフトにグリースをタップリ塗ってプラスチックハンマーで少しずつ叩いて入れました。良い機会だったので羽根はシンナーで洗ってこびり付いた塗料を取り除いています(汚く見えますがこれでも大分綺麗に落ちました)。

取り付けたら諸々の最終チェックをし、電源を入れていざスタート!

てっきり羽根が飛んでくると思いましたが(何故かそう言う事がよくあります)、予想に反して凄く良い感じに回ってくれました。

ベアリングを交換する前まではインバーターの周波数を落として回転数を抑えていましたが、これでようやく全開で稼働可能です。これが止まると仕事が出来ないので本当に一安心です。

参考までにこちらはこの装置を設置してくれていた時の画像です。

今回の原因について担当の方に聞いていただいたところ、こういった症例は今まで無く、ただ設置した最初の頃に激しくベルトのゴムが飛び散ら駆っていた事があったので、恐らくモーター位置の取り付け不良でベアリングに大きな負荷が掛かっていたのでは?と言う事でした。その後モーターとベルトの調整を(自分で)して問題は収まったのですが、その時のストレスが原因だったのかも知れません。

他には水の循環ポンプが時々固着して動かなくなる事もありましたが、配線をコンセントに変えたので取り外しが楽になり、またその原因も判ったので最近は殆ど回避出来ています。

ちなみに固着の原因は結晶塗装と2Kエナメルのベタベタ系なので、いずれこれらは廃止したいと考えています(っていつになったら楽になれるのだか・・・)。