STANDOX2019カレンダー②

 先日に引き続き、スタンドックスユーザーが毎年もれなく貰える2019カレンダーの紹介となります。

 7月はアルファロメオです。冒頭のページにあった説明によると、こちらは4Cスパイダーなる車種で、オールアルミ製エンジンを積んだMRなのだそうです。オーナーの顔、絶対カメラを意識してますね(笑)。

 8月はBMW MINIです。ご年配の女性が二人でオープンカーとは、日本ではちょっと見れない光景です。もしくは南青山辺りだと普通なのでしょうか。

 9月はフォードマスタングです。今気付きましたが全般的にオープンカーが多いですね。きっと日本ほど雨が降らないのでしょう。

 そして10月のフォードホットロッド!これは文句なしに格好良いですね~。そのフロントガラスの視認性で安全に走れるのかは別として(笑)。

 11月はモーガンで、3ホイーラーとは何のことかと思いましたが、なんと後輪が一個しかありません!

しかもこの3ホイーラー、今でも普通に新車で買えるみたいです。3ホイーラーでは無いのですがモーガン社のメイキング画像を見つけたので紹介しますね。なんとシャシーフレームに木枠を組んで、それにアルミ板を貼って作っています。

 12月はプジョーで、オーナーの格好からしてレース車両として使っていると思われる308GTiです。リヤナンバーは日本と違って封印が要らないのか、もしくは完全レース専用なのでしょうか。

それにしてもこの車両、随分変な塗り分けだと思いましたが(私的見解です)、なんとこれ、純正のカラーリングのようです。Bピラーの角度に合わせたっぽいですが、もっと寝かした方が格好良かったのではと・・・(元同僚がプジョー関連で働いているので評判はどうなのか今度聞いてみます)。

ちなみに今回のカレンダーは隅の方にQRコードが貼ってあって、各ページの画像をダウンロード出来るようになっています。私的には画像だけでなく、色名とか車種とか撮影した場所とか、もっとディープな情報を入れて貰えると嬉しかったのですが・・・。

尚、各画像は以下のオフィシャルサイトからもダウンロードできます。

Calendar motifs 2019

年賀状はもう書いていないのですが(頂いた方申訳御座いません…!)、もし出す事があるならこの辺の画像を使わせて貰うとか良いかもですね(それくらいでは怒られないと思います)。

そう言えば冒頭のページにはこのカレンダーの制作に携わった方々の紹介もされていました。

カレンダーにしては良く出来過ぎていて、これを無料で貰えるなんて凄い事だと思います(DUPONTもカレンダーありましたがまるでレベルが違います)。出来ればいつまでも続けて欲しいですね。

STANDOX2019カレンダー①

 毎年楽しみにしているスタンドックスのカレンダーです。今年はそれぞれの車とそのオーナーに焦点を当てているみたいですね。

 一枚目を捲ると、このカレンダーのコンセプトみたいな事が紹介されています。

カイツサーファーとは、ボードに凧(カイト)を着けてサーフィンをする人の事だと思います。

 いつもは自分好みの月だけを紹介していましたが、今回は1月~12月全てを、2回に別けて紹介する事にしました。

まず1月は定番となっているメルセデスからで、車種は良く判りませんが結構古そうな型式に見えます。今回はスーパーカーや貴重な車種では無く、普通に普段使いしている車に焦点を当てている感じですかね。ツナギはこの日の為にお揃いの色を新調したのでしょうか。

2月はトヨタです。今回は6月にもトヨタのランクルが採用されていて、これには何かしらの忖度があったのではと思わざるを得ません(笑)。

 3月は、スタンドックスのカレンダーでは余り見かけない大型トラックです。SCANIAはスウェーデンのメーカーですかね。

 4月はアウディで、これはもう普通に格好良いです。仕方ない事ですが、ナンバーがちょっと残念ですかね。

 5月はBMWで、2017年のカレンダーにも出ていたi8です。カイトサーフィンでそれは無いだろう!と思いましたが、私も若いころにFC3Sにテントを積んでキャンプに行った事があるので、もしかしたら本当にこれに積んで来ているのかもです。

6月は古いランドクルーザーです。結構古そうな型で40系?でしょうか。

よく見るとフェンダーの下部分に錆びが出ていたりして、CGでは無いとか、下手な画像の加工をしていない事などにとても好感が持てるのですが、自動車補修塗装メーカーとしてはそれは大丈夫なのかと少々心配になったりもします(笑)。

7月以降は改めて紹介しますね。

amazon不在便

 少し前に工場に届いたamazonの荷物ですが、何やら箱に文字が・・・。

 購入したのは仕事で使っている長靴で、前にも同じ物を買っていますから、もしかしてそれでわざわざ段ボールに「毎度」と書いてくれていたのかもです。それにしても前回買ったのは一年以上前ですから、わざわざ購入履歴を調べて書いてくれたのでしょうか。商売とはこういうもので、さすがだなぁ・・・。

なんて思っていたら、別の日に届いた箱にも、明らかに同じ人が書いたと思われる文字が!(しかも凄い達筆で。笑)。

どうやら販売店の方が書いていた訳では無く、配達してくれている方が不在で置いていく時に書いていた模様です。なるほど、謎が解けました(笑)。

浄化装置 ポンプメンテナンス

 塗装ブースに設置してある浄化装置ですが、少し前からポンプの調子が悪くなっていて、昨日ついに動かなくなってしまったので取り外して分解しました。これが動かないと塗装時に発生する溶剤がそのまま大気に排出されてしまうので、塗装が出来ないのです。

原因は大体判っていて、日記で紹介はしていませんが最近業者様からの結晶塗装の御依頼が増えていて、その塗料がモーター内部にあるフィンに固着してしまうのです。

通常使うウレタン系の塗料であればポンプに入り込む頃には既に固形化されているのでここで粉砕される(らしい)のですが、メラミン系の塗料の場合、適正温度(140℃)にならないと固まらないという性質の為、いつまでもベタベタした状態の塗料が浄化装置内を循環してしまい、こういった問題を起こします。モーターが動いている時は良いのですが、塗り終わって帰って翌日動かそうと思うとうんともすんとも言わない!と言う事になるのです(実際にはサーマルリレーが働いて電源の供給を止めてしまいます)。

 対処方法は簡単で、こびり付いた塗料をシンナーやペーパーで取り除きます。

ちなみに実は少し前にこれと同じことをやったばかりなのですが(なので油断していました)、その時接触面にオイルを塗っていなかったので今回塗料が付着するのが早かったのかも知れません。水が回るので余り意味が無いと思ってやらなかったのですが、やはり効果はあったようです。使ったのはエアーツールに使う普通の潤滑油ですが、耐水性の高い物ならもっと効果はあるかもですね。

ちなみにファン自体は回るので塗装が出来ない事は無いのですが、当店の周りは普通に住宅地なのでそのまま排気と言うのはあり得ないのです。排気ダクトを高くすると言う手もありますが(と言うかそれが普通です)、それだと根本的な解決にはなっていないので・・・と言う事でして。

浄化装置については以下の記事で紹介していますので宜しければご参考下さい。紹介した知り合いも導入していて、塗装以外にレーザーカット時に発生するガスの脱臭に使っているそうです。フィルターレスなのでランニングコストが掛からないのが良いですよね。今度感想を聞いてみようと思います。

排気浄化装置レビュー