2019年を振り返って

 新年明けましておめでとうございます。うっかりしていたらつい年を越えてしまいました。皆様昨年はどのような一年を過ごされましたでしょうか。今さらなのですが、改めて当方の去年一年を振り返ってみようかと思います。

尚、各画像は本件とは全く関係なく、いつもの通勤途中の風景です。上の画像は初詣とお会式以外はとても空いている池上本門寺で、正面にあたるこの総門は少し前に大修繕をしていて、途中の状態だと艶があって微妙だと思っていましたが、最終的にはつや消しで仕上げられて格好よくなっていました。漆にシリカゲルとか入れたのでしょうか(伝統工芸でそんな事しませんか)。

 2019年はマイク塗装のご依頼が多く、アーティストの方や所属事務所、音響関連の会社やさらにはマイクのメーカーから直接依頼があったりでとてもエキサイティングな一年でした(納期が実質3日とか、ワンミスで危うく切腹ものでした)。

体調面はと言うと、以前とんでも無く辛かった腰痛はかなり改善されまして、ただ今度は頸椎(首)に同じような症状が出てしまい、一部の業務(自転車フレームやヘッドカバーの艶々仕上げ)は受付を停止せざるを得ませんでした。特に辛いのがサフェ研ぎで、車体を塗っていた時は体を入れ替える事が出来たのですが、小物の場合だと利き腕(右手)しか使えない為、長時間同じ姿勢で続ける作業が出来なくなってしまったのです。

ただそれらのお陰で逆に仕事効率は上がり、売り上げ自体は増えてしまう(?!)という何とも皮肉な結果になりました(笑)。

また一部の業者さん向けに日曜日に行っていた納品引き取り業務も発送に切り替えて頂き、これにより心身共に楽になり、また休日にダラダラと昼まで寝ていたりするような事も無くなりました(予定が立てられないならそれまで寝ていよう、みたいなダメ人間ぶりでした)。

さらにはこの社外記も毎日更新するのを2~3日おきにしたので、お陰で睡眠時間も以前に比べると大分長くとれるようになっています。

また年を重ねる毎に施工事例も増えるので、見積り業務(メールの返信)も最初の頃に比べると大分楽になりました。施工事例があればその時の作業内容と費用内訳をそのまま利用出来るので、一時間掛かるところが10分で終わる!といった感じです。車の塗装(板金塗装)と違って小物塗装は単価が小さいので、見積もりに掛かる時間は相当の負担になってしまうんですよね。

お陰でその分現場作業に時間を掛けられるようになったので、最初の頃は「その値段でそこまで時間掛けて採算合うの?!」と思われていた事が、最近になってようやくまともになって来た感じです。

ちなみに頸椎症の改善方法の一つとして、デスクワークでは以前設置したスタンディングデスクが非常に有効です。

現在は28インチの液晶モニターを使っていて、座った状態の時と立った時とでモニターとキーボードの位置を変えなければなりませんが、最近のモニターは軽いのでそれも苦ではありません。現場に出る前の午前中とかは、デスクワークをしながら準備運動が出来りしてとても良いです。以前バランスボールも試しましたが、あれは全く仕事に集中出来なくて駄目でした(笑)。

工場の整備については最近なかなか出来ていないので残念ですが、そういった事までやろうとするとその分体力(と口座残高)が減るので、今年も現場作業メインで、また体調管理にも重きを置きながら過ごしていこうと思います。

STANDOXカレンダー2020

毎年恒例の、STANDOXユーザーだけが貰えるカレンダーです。今年もやって来ました・・・!

画像だと判り難いのですがかなり大きいサイズで、以前STANDOXで作った色相環塗料のセットを買ってくれたGUNさんに一冊差し上げたのですが、大き過ぎて持って帰れない!という事で未だ当工場で保管しています(笑)。

 去年は良かったので、今年も凄く楽しみにしていましたが、

何故かスタンドックスとは関係が無いサッカーが全面に・・・。

 てっきり母体のAXALTがサッカー関連の事業でもやっているのかと思いきや、オフィシャルサイトを見てみると、

Football fever is coming! EURO 2020 will be played across Europe: from Ireland, Scotland and Hungary, to Italy, Spain and Azerbaijan. The Standox 2020 calendar is embracing the tournament, while keeping a close eye on some fascinating cars.

Google翻訳→「サッカー熱が来ています!EURO 2020は、アイルランド、スコットランド、ハンガリーからイタリア、スペイン、アゼルバイジャンまで、ヨーロッパ全域で開催されます。Standox 2020カレンダーは、魅力的な車に注目しながらトーナメントを受け入れています。」

との事です。

EURO2020が欧州12か国で分散開催するから、その国々の場所で車を撮影したみたいですね。ただ何故イングランドにトヨタが・・・。

 こちらの月は場所がイタリアで、ただ写っているのはフェラーリでは無くランボールギーニです。VWの力、恐るべしです・・・(ポルシェと同じく現在はフォルクスワーゲングループです)。

 結局すべての月がこのような感じで、車はおまけみたいな感じになっています。って言うか塗料はどこに行ったんだか(笑)。

 表紙以外で唯一気に入ったのがこちらの月で、私的には人(サッカー)と車の対比がこれくらいなら凄く良い感じだと思っています。

ちなみにSEATはスペインの自動車メーカーですが、こちらもVW社の傘下です。日本には正規で入っていないメーカーなので色を作った事は無いですが、気になって調べてみたら、色はやはりVWと共通している物が多数ありました。具体的にはLY3Dトルネードレッドや、LB9Aキャンディホワイトなどです。恐るべしVW・・・。

あとカレンダーとは別に、昔からお付き合いのあるオートサプライヤーさんから3Mのネックウォーマーを頂いてしまいました!

早速一度洗濯して(繊維の埃が出るのが困るので)、現場作業時に使わせて頂こうと思います。FRPのチクチクもこれで防げそうです(今は殆ど扱ってませんが。笑)。

尚、各月の画像はこちらのオフィシャルページからダウンロードが出来ます。表紙のBMWは無かったので、私はSEATにしてみました。しかし表紙の大きい画像が欲しかった・・・。

肩掛けファン

 インスタグラムに出て来るヨドバシ・ドット・コムの広告で、凄く魅力的なアイテムを見つけてしまったので即購入してみました。

 肩(首)に引っ掛けるタイプの扇風機で、バッテリーが内蔵されたポータブルファンです。

現在現場作業中に使っている空調服は、性能としては申し分無いのですが、あの手の製品をその辺で使う事は出来ないので、仕事以外の場所で普段使いが出来そうなのが欲しかったんですよね。

 イメージとしてはこんな感じで、ここまで大っぴらに使う勇気はありませんが(笑)、旅行に行った観光地とかなら恥ずかしくないんじゃないかな~と思っています。

 実際に使ってみた感じとしては、予想していたよりも風の力が弱すぎるんじゃ・・・

と思ったのですが、

 ボタンを押すと三段階で風の強さが変わって、Highモードでは予想以上の風力で大大大満足です!!これはヤバいですよ。3千円以内でこれなら凄く安いと思います。職場用と自宅用と言う事で、既にもう一個注文しました。

ヨドバシ・ドット・コムへ→[ハンズフリー ポータブル扇風機 W FAN Hands-Free ネイビー]

ちなみに空調服とは別にこちらのポータブルファンも使っていて、こちらはもっぱらズボンの裾に引っ掛けて下半身を冷やすのに使っています。ただ座ったり立ったりしていると結構簡単に外れてしまうので、いずれはズボンも空調服にしないとですかね。

あとは他に本塗り時用に使える「クリーンなエアーのクーラー服」(?)も開発中なので、そちらも出来上がり次第紹介したいと思います。

熱中症予防

 工場の扉のガラスが一面燃えるような赤になっていて、何事かと思って外を見たら、道路に消防車が鎮座していました。恐らく火事とかでは無く、救急車を呼ぶと消防車もやって来る「PA連携」のようで、この場合救急車で無くても先に着いた消防隊員が救護処置をしてくれるみたいです。なんて素晴らしい・・・。

当工場はと言うと、今日は中々の地獄ぶりな状況になってしまったので、昨年もお世話になった半自作空調服~!を出しました(そこはドラえもん風に)。

これが相変わらず良い仕事をしてくれまして、何とか夏を乗り越えたいと思います。

ちなみに現在もう一個、本塗り時用の空調服を制作準備中で、近日中にはモノタロウから材料が届きますから、そちらも出来上がり次第紹介したいと思います。そっちはもっと涼しく、そしてクリーンです(笑)。