メッキ調+キャンディーレッド

先日ミラーコートAGで塗っておいた色見本用のマイク(樹脂製注型品)です。

その後熱を掛けて塗膜を硬化させ、足付け処理を行い、次の本塗りを行う事にしました。

 パッと見は茶色ですが、塗っているのはいつものように明るいキャンディーレッドです。奥にあるのは先日仕事で塗っているSHUREのマイクで、全く同じ赤で、塗っているコート数も同じです。

一体何故・・・・・・(苦)。

茶色くなってしまった原因は、メッキ調の塗装が薄過ぎて下色の「黒」が透けてしまっている為と思われます。また説明書によるとメッキ調の塗膜が薄いと黄色っぽくなるとの事だったので、「黄+赤+黒」で今回のような茶色味になったのではないでしょうか。ちなみにメッキ調の塗膜が厚くなると青寄りになるとの事です。

ただメッキ調の塗膜を厚くするとその分塗膜の耐久性が悪くなるので、対処法としては下色を黒ではなくグレーまたはシルバーにすれば良いかと思います。金属感を高める場合には透かしを黒くすると良いのですが、今回のように彩色する場合はそれは避けるべきでした・・・。

ちなみに同じような感じでは、以前施工したプレオのルームミラーに採用したSPFシルバーがそうで、敢えて下色の黒を隠蔽させないよう、シルバーをバインダー(樹脂)で10倍に割って塗っています。

まあでも取り敢えず感じは判ったので、もう少し色々と試してみようと思います。紫、マゼンタ系のような寒色なら暗くても格好良いかも知れませんしね。

(念の為ですが、現在仕事でメッキ調塗装はお受付しておりませんのでご注意くださいませ)。

廃棄材料

古い缶に残っていた結晶塗料がカチカチになっていたので、廃棄をする事にしました。

固まった塗料を取り除き、燃えないゴミ(缶)と燃えるゴミ(塗料)にそれぞれ別けて廃棄します。

こちらも固形化してしまっているようなので捨てる事にしました。以前、透明レジンを作った時に購入したノンパラ仕様のポリエステル樹脂で、キャンディーカラーの色見本を作る際に使ったり、エポキシレジンとの比較などでも紹介しました。

2液硬化の不飽和ポリエステル樹脂なので、使う時には硬化剤MEKPO(Methyl ethyl ketone peroxide)を混合させて使いますが・・・、

 既に主剤だけで固まってしまっています(笑)。

 このままでは捨てられないので、缶を引き裂いてそれぞれを別けていきます。

うっかりコンビーフを思い出してしまいました(笑)。

 おおおお・・・(惚)。

それにしても硬化剤も入れず、「一液でこんな見事に固まるのか!」と、心の中で独りツッコんでしまいました。ひび割れも気泡も一切無く、一体何故・・・(笑)。

 缶は潰して燃えない事業ゴミとして廃棄します。コストは体積でも重量でも無く「容量」で決まるので、場末の塗装屋としてはこの辺が死活問題です(本当)。

固まった樹脂は予想以上に綺麗に残せた為、捨てずに残しておこうと思ってしまいました。何かを接着させる時の重しとかに、使えないかなぁと(多分間違い)。

どうせなら琥珀みたいに、中に何か入れた状態で固めたかったですね!(病)。

3M防毒マスク改 送気マスク

 本塗りの時に使う空調服を作ろうと、Monotaroで色々資材を購入しました。

 外径6ミリのナイロン&ポリウレタン製エアーホースです。自動車の塗装工場では殆ど見かけませんが(この太さでは流量が足りませんので)、エアーブラシには多用されるみたいです。

チーズやエルボー、スピードコントローラー(レギュレーター)なども買っておきました。

・・・が!

一部部品を間違えてしまったようで、本塗り用空調服=クーラーinタイベックの制作は一時断念です。まあこの辺は通販あるあるで、やはりと言うか見て買わないと駄目ですね。

と言う訳ですが、以前から使っている送気マスクが少々お疲れ気味でしたので、こちらを新調する事にしました。

ただ専用の物は結構高いので・・・

 今は使っていない、こちらの3Mの防毒マスクを改造する事にしました。

これなら¥3,000しないので、汚れたら交換すれば良いですしね(お使いの方は良くご存じかと思いますが、これ、加水分解してベタベタになってしまうんです・・・)。

今回はこの3Mのマスクに、直接エアーホースを繋いでしまおう!と言う作戦です。

 使うのはこちらのハーフユニオンで、片方をM5のナットで固定し、6ミリ径のホースを繋ぐだけと言う単純な内容です。

 正面に着けつならアングルタイプだと思っていましたが、マスク下型が良さそうだったので、ストレートを使う事にしました。

マスクのゴム部分に穴を開け、ネジが切ってある先端を挿して貫通させたらナットで取り付ける、と言う事だけです。

 エアーはスプレーガンに繋げるホースを単に分岐するだけなのですが、今回それを間違えてしまったので空調服が作れませんでした。マスクは新調するだけなのでホースは既存の物を使います。

 と言う訳で完成です。穴を開けてナット締めてホースを挿すだけなのでアッと言う間ですね。

 実際に使う場合は両サイドに装着した吸収缶は必要無く、これを外してもマスク内はプラス圧なので大丈夫です。

もしくはホースを抜いた時も(一応フィルターを通って)呼吸が出来るよう、着けたままでも良いかもですね(今までのは弁が無いので窒息しそうでした・・・)。

今まで使っていたマスクはベルトにフックが無かったので、その点でも今回のマスクになって便利になりました。

吸収缶は手軽な反面、防毒の効果としては5時間しか無いので、まともに使おうとすると超ハイコストになる筈なんですよね。「俺は時々しか使わないから大丈夫だぜ!」と思っている方も居るかも知れませんが、活性炭はパッケージを開けた時点で劣化が始まるので、初日以降は毒を吸いまくり、と言う訳です(恐)。

まあでも、そこまで気にしていたらそもそも塗装なんてやってませんか(笑)。

ミラーコートAG 色見本マイク塗装

 先日入手したミラーコートAGを使って、色見本用のマイクを作製しています。

画像は注型樹脂で作った素体で、サフェでの下地と、一旦シルバーで下塗りもしています。

 そしてまずは下地として艶ありの黒で塗装しました。

 画像は既に熱も入れた状態で、塗装はこの前日に、強制乾燥は60℃で4時間くらい行いました。

 磨き処理・脱脂処理も行わず、塗って焼いてそのままとなります。

 そしてミラーコートAGを塗布しました。画像だとまだ1コート目です。

 使用したガンはSATAのDEKOR2000口径0.5mmで、マニュアル通りドライ~セミウェットとしています。

 取り敢えず全体を揃えて塗ると言うより、塗り方でどのようになるのかをテストしながら塗っています。

 ミラーコートAGを抑えめにすると、ブラックメッキのような感じに見えなくもありません。ただムラや粒子感が見えるのは嫌ですね。

その後また一日置いて、60℃4時間程の熱を掛け、そのままクリアーを塗りました。

 ミラーコートAGは膜厚が薄いと黄色っぽくなり、厚くなると青っぽくなるとの事で、どれも青味は感じませんでしたが、それぞれ多少色味が違って仕上がっています。

 以前使っていたモトクロームに比べると簡単にメッキ感が出ますが、これはまだ材料が新鮮だからと言う事もあるかも知れません(使用期限は6カ月で、徐々に効果が落ちていく筈です)。

マニュアル上だと熱を入れた後から次の塗装までには24時間~36時間のセッティングタイムが必要との事ですが、密着性の事も考えて今回はそれよりも早くしています。一応STANDOXでは「24時間以内なら足付け処理が不要」としているので、それに倣ってやっている感じです(ただそれを再補修する時の事を考えるとそれもどうなのかと考え、ある意味それ自体が消耗品でもあるマイクに限定しようと考えています)。

尚これで完成では無く、この後キャンディーカラーを施す予定です。

しかしこれだと(サフェを入れなくても)「塗装→強制乾燥硬化」の行程が4回になるので、コスト的にかなりの金額になってしまいますから、実用は限られてしまうかも知れません。

ただやらないまま出来ないと言うのも嫌だったので、取り敢えず試せたのは良かったと思います。

キャンディーカラーの色はレッドと、あとは何が良いですかね~。