ポリゴン色見本ミニカー 作製①

立体的に色を確認する為に使っているレジン製の色見本ミニカーですが、これがカクカクとした形状なら塗装の見え方が大分面白いのでは?と思い、

 3Dプリンターで作って頂きました!(凄)。

 勿論作ったのは私では無く、「ココナラ」なるサイトのサービスを利用して、CADのデータを扱えるマニーさんにお願いをして作って頂きました。

ココナラとは

 通常は3Dデータの作製だけのようですが、その後の3Dプリントまでを一括してやって頂きました。ちなみに3DプリントはDMM.comで、試作なのでナイロン素材となっています。

DMM.make/3Dプリント | DMM.makeで気軽に3Dプリント

塗装の下地としては梨地のようで良くないので、最後は仕上りの良いアクリル素材でプリントして貰おうと思っています。

 既存のサイズは45mm程で、今回作って貰った物はそれに比べると少し小さいので、次の試作では大きくして貰う事にしました。

 また横からみるとストンと直滑降に落ちてしまっているので、

底面を尻すぼみ状に嵩上げして貰う事にしました。

また以前底面をレーザー彫刻したみたいにPRO_Fitのロゴも入れて貰う予定です(ただし細かい文字が可能か判らないので次も試作になる感じです)。

ちなみに「ポリゴン良いな~」と思ったのがGUNさんのblogに登場していたミッキーマウスの塗装でして、

これを見た時に「この形なら単色で塗るだけでも相当映えるな~!」と思ったのがきっかけでした。ミッキーマウス自体は市販されている物のようで、こんな感じの物を当店の色見本に出来れば面白いかと思った次第です。

ちなみにGUNさんについては以下の記事を見ると判り易いかと思います。

マスキングシートを届けついでに

 

ただ今まで作っていた曲面タイプの色見本はそれはそれで必要で、さらに平面パネルの物もいずれ測色器で読み込む時にこれが無いとマズイので(いや、こういった色は無理だろうって話ですが)、結局余計に仕事が増える!という泥沼行きは必至です(苦)。

尚、GUNさんも前からBLACKRABBiTのポリゴンを作りたいと言っていたので、私の分が無事出来上がったら是非紹介させて頂きたいと思います。

進行次第また紹介しますね。

オートサービスショー2019②

先日に引き続き、東京ビッグサイトで開催されていたオートサービスショ―に行った時の紹介となります。

画像はANDEXさんの塗装ブースで、こちらは展示用なので壁は片面だけですが、実際には両側面から照明で照らせるようになっているので相当明るそうです。

塗装ブースの販売は自補修業界ではもう頭打ちな気がしますが(これから始めよう!と言う若い方はもう殆ど居ないのではと・・・)、自宅のガレージがこれだったら格好良いでしょうね。ただし見えなくても良い物が見えてノイローゼになりそうですが(笑)。

 先ほどのブースは最初から標準装備だと思いますが、既存のブースに後付け出来る加湿器もありました。水性塗料だと気温は低くても湿度が低いと肌が荒れてしまうので、冬場の加湿は必須になるようです。

 そしてIWATAのスプレーガンが!

小物の塗装になってからはスプレーガンにも余り拘らなくなっていたのですが、今回一緒に行った車の塗装屋さんから新しい情報を色々と教えて貰ったので、近々その辺も攻めてみたいと思います。時間が無かったので今度もう少し教えて貰わないとですね。

と言う感じで会場を歩いていると、こちらのALTIAさんのブースからは何やら不穏な空気が・・・。

 って、まさかのシンジ君(笑)。

なんとこちらはヱヴァンゲリヲン仕様の2柱リフトが!

恐らくは高齢化してしまったこの業界の将来を憂い、もっと若者に興味を持ってもらおうとこういう方向に行っているのだと思いますが、実際は単に担当者の方が好みなだけだったりかと(笑)。

 そして塗装副資材の王様3Mです!

こちらは研磨剤と接着剤がメインで、全体的に真新しい物は無かったのですが、逆に変な方向に行ったりしていなくて安心しました。

 パネルボンド用のガンも最初の頃と変わっていないみたいですが、いつの間にかエアー駆動の物も出ていたんですね。うちの様な場末の個人事業には全く不要ですが・・・(うっかり出し過ぎた時は失神しそうです。笑)。

一応一通りは回ったのですが、予定していたよりも半分くらいの時間で終わってしまい、その後はいつものGショックの塗装屋さんも合流していつもの塗装屋会となりました。今回はGショックの撮影はしていないのですが、塗装したそれを見た車の塗装屋さんも「これ普通の塗装屋じゃ出来ませんよ!」と驚いていました。まあ普通そうですよね(笑)。

尚、今回の催しでは各メーカー様より色々と試供品を頂きましたので、時間があれば今度そちらも撮影して紹介したいと思います。タッククロスは1年くらい買わなくて大丈夫そうです(笑)。

オートサービスショー2019①

 5月18日(土曜日)は特別にお休みを頂いて(いや、一応第三土曜日は公休なのですが・・・)、東京ビッグサイト青海展示棟で開催されているオートサービスショーに行って来ました。

 オートサービスショーは自動車整備や補修関連に関する機器や工具などを紹介している催しで、既に車体を塗っていない私には余り関係が無いのですが、以前から知り合いになっていた自動車の板金塗装屋さんがわざわざ愛知からお越し頂けるとの事で、今回一緒にこちらの催しに顔を出す事にしました。

オートサービスショー|一般社団法人日本自動車機械工具協会

 

 自動車整備関連は勿論、塗装関係のメーカーも多数出品しています。ロックペイントさんは測色器と、その色データの保存・共有などに力を入れているようでした。ロックユーザーの塗装屋みんなでデータを共有しよう!みたいな感じでしょうか(ただ日頃使っている材料でさえ紹介しない閉塞的な業界が、社内以外でそんな事が可能になるとは思えないのですが・・・)。

イサムさんは建物内に密閉空間のブースを設け、実際にスプレーの実演なども行っていたようです。これは映えますね!

街の道路にこんな感じのウィンドウが面していたら恰好良いのでしょうが、実際はこんな綺麗な状態を維持するのは難しいので「やんなきゃ良かった・・・」みたいな事になるような気がしますが(苦笑)。

 RMのブースでも測色器の紹介に力を入れていて、こちらの製品では光源のLEDを通常一個のところ2個にし、測定角度を既存の倍の6点で測色すると言う中々良さそうな製品を紹介していました。看板商品のカラーマスター(色見本)も引き続き開発を続けるとの事で、まあ今になってそれを辞めるなんて言い出したらそれを購入したボディショップからは相当な事を言われますから難しいのでしょうね。それが爆弾にならなければ良いのですが・・・(スタンドックスはこれが相当ヤバいと言う事で廃止になったらしいです)。

 そしてSTANDOXのあるアクサルタのブースです!

 車体補修用の塗料は殆ど置いていなく、今回はこちらのヘッドライト用の補修塗料キットを紹介していました。

 ヘッドライト表面に塗ってあるコーティングの劣化は塗装業界ではあるあるで、それについての専用補修キットは既に昔から国産塗料メーカーで販売されていますが、スタンドックスが今更これを出すと言う事は、業界的にネタ切れか、もしくはボディショップ自体も相当厳しい状況にあるのかもです。どうやっても新品時のコーティングに適う塗装なんて出来る筈が無いですから、塗り直す事を考えるなら普通は交換を勧めると思うのですが・・・(極めて私的見解です)。

ただ色々と収穫はあって、やはりと言うか実際のメーカーの人や、今も自動車塗装の現場の第一線で活躍している方とお話しするのは非常に勉強になりました。余りにもテンションが上がり過ぎて記憶は曖昧なのですが(笑)。

他にも画像あるので後日また紹介しますね。

色相環壁時計 制作⑤ 仮組み

 先日塗装まで完了していた、色相環12色を使って作っている壁時計です。

色々考えている事があるのですが、そうなるといつまでも完成しなくなってしまうので、取り敢えず仮組みだけしておく事にしました。

 位置決め用のジグを使って各ピースを順番通りに配置していきます。固定は取り敢えず両面テープです。

 全てを貼り終えたらジグを抜き取ります。

 用意しておいたムーブメントを裏から取り付けます。各色板(アクリル板)が白いのは、下色として白を塗っているからですね。背板のMDF板は艶消し黒で塗っています。

針を装着し、取り敢えず仮組み完了です。これはカラフル(笑)。

ただこれだけだとちょっと寂しいので、中央の空いたスペースに、色を作製した時に参考にしたRGB値と、何かしらロゴや文字を入れようと思ってます。となると背板はMDF板では無く、マットブラックのアクリル板にレーザー彫刻&白の墨入れの方が綺麗に出来そうですね。サンプルなので一応PRO_Fitのロゴも入れてみますか・・・。

時間が出来たらまずはイメージイラストを作製してみようと思います。