色相環塗料12色+1 販売

少し前に知り合いの塗装屋さん(GUNさん笑)に販売した、「色相環12色+白」の塗料です。その後ご要望がありましたので、改めてウェブショップにて販売する事にしました。

GUNさんについては以下の記事が判り易いと思いますので宜しければご参照下さいませ。本業が塗装と言う訳では無いのですが、もはや玄人はだしな方です。

マスキングシートを届けついでに

 こちらはGUNさんが購入された200グラムセットで、希釈はしていなく原色を混ぜたそのままとなりますので、使用するには別途専用シンナー(STANDOX MSBシンナー)が必要となります。GUNさんのように4L缶でお取り寄せ可能ですし、1Lなどの小分けにも対応しますので、ご希望の方はお問合せ下さいませ。

シンナーの希釈率は使用するガンの口径や用途などにより異なるかと思いますが、大体の目安としては0.8mm~1.3mm口径で50%前後、0.3mm以下のエアーブラシであれば50%~100%になるかと思います。

尚、各色は出来るだけ色を濁らせないように調色していますので、正直隠蔽力は強くありません。黒など暗い色の物に塗る場合は下色として白を1~2コート塗ると良いかと思います。

そしてこちらは希釈済みの90ccセットです。買い易いよう量を減らして金額を抑えました。

色の構成は大きい方(200グラムセット)と同じく、色相環12色に原色の白(MIX570)を追加し合計13色に、さらに希釈用のベースコートシンナーを200cc加えました。

 ラベルは大きい方と同じく、それぞれの色が色相環のどの位置に配しているのかが判るように、また調色時に参考にしたRGB値を記載してあります。

色の調色については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

→ 色相環色見本制作①

左が原色の白(MIX570)で、右の希釈用のシンナーです。

90ccセットの方は既に希釈済みですが、0.3mm以下のエアーブラシで使うにはまだ濃過ぎると思いますので、塗り難い場合にはこちらのシンナーをご使用下さい。

白は微調色用で、例えば水色を「もっと淡い水色にしたい!」と言う場合にはこの白を入れればOKです。ピンクも同様です。

ただしオレンジとグリーン系に白を入れると色が濁りますので、「もっと黄色よりのオレンジに!」や「もっと黄色寄りの緑に!」と言う場合には、白では無くイエロー(色相環の「2時」の位置になる色)を入れます。

 各色単品での販売はしませんが、セットでご購入頂いた方には色が無くなった場合でも単色での販売に対応しますのでご安心下さい(ただそこまで使い込むならば原色をそのまま買ってご自身で混ぜた方がコストは落とせると思いますが・・・)。

またSTANDOX製品(原色やシンナー)の取り寄せも対応します。GUNさんのように「シンナーは4Lで!」と言う事でも良いですし、一斗缶(!)でも大丈夫です。

実際に使ってみて判らない事がありましたら、こちらの社外記でコメントを入れて頂ければ対応いたします。どうぞご検討下さいませ!

PRO_Fitウェブショップへ

±0加湿器 本塗り

先日購入していたプラスマイナスゼロの加湿器です。

 土台から外してひっくり返した状態です。この丸みを帯びた形の部分が水のタンクになっています。

デザインは凄く良いのですが、容量が小さいので頻繁に水を入れる必用があり、余り実用向きでは無かったみたいですね。でも本当に良く出来ています。

 裏側をマスキングし、表面を足付け処理して台にセットしたら本塗り開始です。

ちなみに本体は着色樹脂(未塗装品)では無く、ウレタン塗装が施されています。凄いですよ、これ。

 まずはベースコートの黒を塗り、

 1/3の範囲に、まずはクロマフレア風No.4を塗ります。先日SHUREのマイクを塗る時に一緒に塗らせて貰っていまして、ちなみにこの色は「紫→橙→黄」と変化します。

 さらに残りの2/3を先日導入したクロマフレア風No.19とH07で塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

 それぞれが複数色に変化する顔料をこれ一つに3色で塗り別けているので、もはやカオスです(笑)。

ちょっとおどろおどろしい感じですが、色の変化をアピールすると言う点では良い見本になったかと思います。

まるでCGのようです(勿論画像は縮小以外は未加工です)。

同型の加湿器はもう一個あって、そちらはシックに艶消し仕上げにしようかと思っていましたが、先日の塗装屋会(ワークショップ)で、「艶消しは普通の人には全く人気ないですよ!やっぱり艶々ですよ!」と言うアドヴァイスを頂いたので、白系のパールかキャンディーカラーにしてみようかと思っています。艶々のテロテロに(笑)。

色相環色見本⑫ 本塗り(寒色系)

 先日塗り終わっていたグリーン系に続き、寒色となる青系の本塗りを行いました。

以下にある色相環の、6時~9時の4色分となります。

 今回は比較的隠ぺいの良い系統ですが、一応下色に白を塗り、その後余っていた水色と青を塗っています。水色はLOOKのフレームに使った色、青はランチアの古いヘッドカバーに塗った色です。

数はありますが、いつもの仕事の時のように一つ一つ持って塗っている訳では無いので手間的にはそんなに大変ではありません(ただし仕上がりは当然劣ります)。

 まともに塗っていると時計一個作るだけでかなりのコストになってしまうので、何とかそれを1/10くらいまでに抑えたいと思っています。

 今回は塗るタイミングをずらして艶消し仕様も一緒に塗りました。

残るは暖色系4色です。自分用にBE@BRICKの色相環時計も作る予定なのでそちらも楽しみですね。

SATAエアーブラシ修理

 いつもロゴ入れ塗装などに使っているSATAのエアーブラシ(口径0.3mm)ですが、

最近グリップの隙間から、ベタベタする何かが染み出てくるようになりました。

シンナーで洗えば簡単に落ちますが、使う度にそれをやるのも面倒ですし、そもそも何故これが起きているのかが判らなく気持ち悪かったので、昔から懇意にして頂いているオートサプライヤーさんに相談してみると、

 なんと新しい部品を入手して来てくれました!

そもそもこのガンは日本に殆ど入っていない物なので(多分三個しか無く、その内の二個が私ので、もう一個は以前間借りしていたTACさんが使ってます)、簡単に部品が手に入る物では無い筈ですが、今回の為にわざわざ本国から取り寄せて頂いたのでしょうか。もう本当に有難い限りです。

 と言う訳で早速分解してみたところ、かなりシュールな光景に(笑)。

 どうやらこのガン、グリップはカバーだった訳ではなく、それ自体がスプレーガンの一部だったようです。こんなの普通ありませんよ・・・(恐)。

「最悪カバーをカッターで切って取っ払っちゃえば」なんて考えていましたが、そう言う問題では無かったようです。

 ネバネバの原因は良く判りませんでしたが(樹脂自体が劣化して溶け始めているのではと)、とにかくこれでスッキリしました。

 上が古い物で、下が新品です。少しデザインが変わりましたが使用は問題ありません。

しかしスプレーガンと言えばシンナーで洗う事は前提とされている訳で、そこに樹脂部品を使うのはどうなのか?と思いましたが、もしかしたら重量バランスとか、長時間使っても疲れないよう軽量化を考えての事なのかもですね。

とにかくこれで復活です。有難う御座いました!