Rover MINI キャメルトロフィー仕様

Twitterのタイムラインを見ていたら「#イギリスの名車Miniバースデーの日」というハッシュタグが流れて来たので、私も昔塗ったローバーミニの画像をツイートしたのですが、結構画像が見つかったので、今回こちらでも紹介しようと思います。

元々はランドローバーのディスカバリーなるこちらのモデルに、キャメルトロフィー限定車と言うのがあって、

それをローバーミニに、同じようなキャメルトロフィー仕様にしてみよう!と思った次第です。

ベース車体は、当時取引のあったMINI屋さんに用意して頂き、フロントのカンガルーバーやリヤに着ける梯子は塩ビパイプを使ってある程度の形を造り、

それを基に、当時雇っていた従業員の友人にお願いしてスチール製の物を作製して貰いました。

ルーフキャリアやホイールなどもMINI屋さんに用意して頂き、

塗装に関しては仕事では無いと言う事もあり、その時に雇っていた子の練習用としても活用する事になりました。

ちなみに彼は独立してその後、わずか3人の社員で年商4億弱を稼ぐまでになっていたりします。自動車補修は産業としてちゃんと成り立っているので、上手くやれば比較的儲かる業種でもあるんですよね。「タカハタさん、今度釣り行きましょうよ!うちのクルーザー出しますんで」なんて事も言っていました・・・(恐)

ちなみにこれらの画像は既に手元には無く、サーバー上に残っていた物をダウンロードして使っています。

名称はLAND ROVERとMINIを合わせて「LAND MINI」と名付けました。オリジナルでエンブレムも鋳造して作製しています。

当時のpro-fit工場内の画像です。最初は横浜市川和町の工場でおよそ30坪、その後引っ越したこちらの新横浜の工場では100坪程の広さがありました。当時は外国車の保険修理をメインにしていたので経費の事を考える必要は殆どなく、やりたい事をやりたいように出来ていたと思います。

と言う感じで出来上がったLAND MINIを外に置いておいたところ、手前の道路を通り過ぎて行った車が凄い勢いでバックして来て、「うちで使わせて貰えないか」と言う話になり、

雑誌に紹介されたりもしました。

全くの偶然なのですが、その方はMINI専門誌の編集の方で、

わざわざ特集を組んで頂いて色々と紹介して頂きました。

その際「少しでも良いので広告料を入れて貰えませんでしょうか・・・」とお願いされたのですが、当時はそう言う事に興味が無かった(と言うより意固地になっていた)と言う事もあり、電話番号や住所、URL等は記載されず、会社名と画像のみの紹介に留まったようです。後で聞いた話ですが、業界の通例で無償で特集を組むなんて事はかなり特別な事みたいですね。今思えばご迷惑をお掛けして申し訳無かったです・・・。

こちらはランドローバーマガジンに掲載された記事です。どちらも元は同じ会社のようで、ただ残念ですが今は休刊となっているみたいです。

小物塗装となった今は車を塗る事は無いですが、壁時計キーホルダーを造ったり、スピーカーを改造して塗ったりするのがとても楽しく、塗装が出来るようになって本当に良かったな~!と強く思っています。

エアーベスト導入

いつも仕事で使っている空調服ですが、塗装時など溶剤を扱っている際に使うと、それが体の中を通ってしまう為、その都度ファンを止めて対応していたのですが、さすがにこの連日の猛暑日でそれは厳しくなって来たので、

ジャジャーンと!新たにエアーベストを購入しました!

こちらは今まで使っていた空調服のようなファン駆動では無く、エアーホースを繋いでコンプレッサーからのエアーを身体に浴びせるという優れものです。

ベストの中にはホースが通っていて、そこに小さい孔が沢山空いていてエアーが噴出するようになっています。植木の土の上にホースを敷いて自動的に散水するようなシステムと似たような感じですね。

ちなみにエアーチャックはこれだと逆なので(一体何故・・・)、

新たに雄のチャックに取り替えました。また本塗りの際に使えるよう二股を間に入れてエアーを分岐出来るようにしておきました。

ちなみに実は今回のエアーベストも自作しようと思って材料を買っておいたのですが、amazonで調べてみると想像以上に安く売っていたので、わざわざ時間を掛けて作るより(多少出来が悪くても)既製品の方が楽だろうと思っての購入となりました。結果としては大満足の商品でした。

ちなみに身体にエアーホースが繋がっているのは鬱陶しそうな感じがしますが、本塗り時は元々送気マスクを使っているので問題無く、むしろもっと早く購入しておけば良かったと思うくらいです。

尚、実際に使ってみた感じとしては、エアー調整のレギュレーターを入れる必要も無く、そのままコンプレッサー直で丁度良い具合です。塗装用のコンプレッサーなら冷凍式エアードライヤーが必ず付いているでしょうから、冷え冷えのエアーを体に浴びる事が出来ます!

遂にこれでクーラー+送気マスク+エアーベストの三種の神器が揃いましたから、何とかこれからの地獄の日々を乗り越えていけそうです。


BOSE 1705パワーアンプ 本塗り

先日分解作業を行っていたボーズのパワーアンプです。

仕事では無いので気が抜けていたのか、この後の足付け処理作業等で全く撮影をしていなかったようです。しかも・・・。

下地(アルミ素地)が露出していた箇所もあったので、まず全体にプライマーを塗り、下塗りとして通常のピンクを、さらに中央部分に蛍光ピンクを重ねます。

既にマスキングがしてある状態で、

その部分のみ蛍光ピンクを残します。

その後全体にミントグリーンを塗り、マスキングを剥がしたら、艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。

ミントグリーンはBOSEのスピーカー塗装にも採用した色で、CORSAIRのPCケースで作成したPANTONE322近似色(初音ミクのグリーン)ですね。

ちなみにこの後熱を入れるまで全く気が付かなかったのですが、折角作ったPowerとVolumの部分の文字入れを忘れていました・・・!

仕事の場合は常に仕様書や作業内容書を確認しながら作業をするのでこんなミスは殆ど無いのですが、自分の事となると完全に記憶だけに頼ってしまうので(そして無用に勢いがついてしまう為)、こういった事は結構良く起こります。と言うか元々の私はむしろこういった方が通常運転で(病的な程かも知れません・・・)、それ故に事前の確認と仕様書の作成、見直しなどをしっかり行うようになったのだと思います。

あと折角なのでスピーカーも飾れるよう、専用のブラケットを購入しておきました。

中古市場だとスピーカーとさほど金額が変わらないというのが怖ろしいところですが、お揃いだとやはり格好良いと思いましたので。

台座は本体と同色のミントグリーン艶消しクリアー仕上げで、

途中ステー部は蛍光ピンクにしました。なんかフワチャンみたいになってしまったような気が・・・。

全て出来上がったらアンプも含め天井から吊るしたいと思います。どうせならスピーカーケーブルも可愛い色で、カールがついていたりするのにしたいですかね。

BOSE 1705 パワーアンプ塗装 下準備

前から塗りたくてヤフオクを探していたのですが、意外にも未だ人気の製品で、程度の良さそうな物は安価で入手出来そうも無かった為、

工場で使っているこちらの物を使う事にしました。

今時こんなアンプは時代遅れだと思うのですが、この武骨なデザインと重さが未だに大好きです。欲しくても買えなかったと言う当時の憧れが未だ残っているというのもあるかもですね。

塗装するにあたってプリントされた文字は消えてしまいますから、今回は自分の物としては珍しく、この辺も再現してあげようと思います。

ボリュームの位置は間違えないようにしないとですね。

と言う訳で早速分解しました。

管ヒューズが懐かしいですね!

中身と筐体をそれぞれ別にしました。

配色はライムグリーンと蛍光ピンクで、以前塗装したBOSE101MMスピーカーとお揃いにしようと思います。

↓これですね。この時はBOSEのロゴ部分を蛍光ピンクに塗っていますが、これをボリュームがある最外側の面に一周させ、その他をライムグリーンに、クリアーは同じく艶消し仕様にする予定です。

アンプとスピーカーをセットに並べたら間違いなさそうで今から楽しみです!(しかし時間が・・・!)