スマホスタンド&キーホルダー作成 塗装ワークショップ

 春分の日の休日を利用して、当工場に親戚の子供達を集めてワークショップを行いました。

当初はこの内の二人が「自分でキーホルダーを作ってみたい!」と言っていて、どうせならという事で他の子にも声を掛け、中学生から大学生まで総勢8人での開催となりました。今回の事で学校の先生って本当に凄いと今更ながら気づきました(当時は色々ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした・・・と)。

 今回作るのは以前こちらで紹介したスマホスタンドで、

裏側の配線を通す穴を、それぞれの希望で好きなキャラクターでカットした仕様にします。

あとはこちらの色見本キーホルダーで、これも好きなキャラクターの形にアクリル板をレーザーでカットして塗装して貰う事にしました。

 私的に思うワークショップの意義としては、完成度の高い物を作って持って帰って貰うよりも、むしろ失敗して悔しい思いを抱えて帰って貰えればと思っています。大人になってからの失敗だとそれなりにダメージも大きいですが、ゴミ端材なら工場に幾らでもありますし、簡単に出来てしまうよりも上手くいかなかった事の方が後々深くのめり込みますからね(私の今の塗装の仕事がまさにそんな感じです)。

 レーザーでカットしたアクリル板は専用のヒーターを使い、それぞれ自分で曲げて貰います。

ヒーターは200℃くらいになるので少し危ない感じもしますが、幸い参加者の中に成人した子がいたので、まず最初にその子にやり方を教えて他の子の面倒を見てもらう事にしました。

ちなみにレーザーを使ったカットについては、イメージが伝わり易いようその世界では有名なバイオハザード(映画版)の映像を見て理解して貰おうと思ったのですが、トラウマになったらマズイので直前で止めておく事にしました(これ本当に怖いですよね・・・)。

 スマホスタンドで肝となるのが曲げる角度ですが、その辺も自分たちで考えて決めてもらいました。

 好きにやらせてみると、曲げている途中のスタンドに自分のスマホを置いてその場で角度を確認するなど、子供ながらに中々よく考えて作っていました。私的には出来上がったのを持って帰ってバランスが悪くてヒックリ返ってしまい、自分でドライヤーで温めて全体を歪ませてしまう!みたいな失敗で、世の中の厳しさとか現実を学んで欲しかったところなのですが(笑)。

 スマホスタンドが出来たら工場一階に移動し、今度は塗装のワークショップを行います。一応最初に色見本帳でそれらしい色を選んでもらい、それらを見ながら各原色を混ぜて自分で作って貰いました。

 靴と服装は汚れても良い恰好で来て貰い、ビニール手袋とゴーグルとマスクはこちらで用意しました。コロナ騒動が起こる前に買っておいた物が残っていて良かったです。

 最初は段ボールで塗料の出方を確認し、その後ペプシのオマケで付いてくるベアブリックのキーホルダーを練習として塗って貰いました。

 参加したのは男の子5人、女の子が3人です。

 IWATAのミニガンならワンフィンガーでトリガーが引けるので、手の小さい子供でも普通に扱えていました。

 使ったスプレーガンは口径0.4~1.0mmです。

それぞれ今風な楽しみ方をしていて、私が就職して初めて塗っていた時のあの激しいプレッシャーと苦しみは一体何だったんだろう・・・とかを色々考えてしまいました。これがゆとりか!と(多分全然違います)。

 塗装が終わったら恒温機で強制乾燥させ、その間にキーホルダーの土台部分を作って貰いました。

 その後焼きあがった被塗物をプレートに貼り付けて完成です。

ちなみにこの子は色を作る為に見本の冊子を持ってくるという気合の入れようです(笑)。

 枠のプレートは予めあった物を使いましたが、固定はそれぞれ自身でやって貰いました。

 最後にワイヤーリングを付けて完成です。

この日は丁度どうぶつの森(と言うゲーム)が発売されるらしく、それのキャラクター?を採用している子もいました。ちっ、やるなぁ・・・(笑)。

と言う訳で今回のワークショップも何とか無事終わりまして、皆さんお疲れ様でした!(予想以上に私が疲れました・・・笑)。

1/18レンジローバーミニカー リヤゲート加工

先日分解作業が終わっていたAUTO ART社製の1/18レンジローバーのミニカーです。

 こちらは分解前の画像で、「RANGE ROVER」のロゴはリヤゲートのロアモールに貼ってありますが、

 今回こちらの画像のようにロゴを上に持って来たいので、リヤゲートの一部を加工する事にしました。

 本来はリヤゲートロアの方にシルバー色のモールが入るのですがそちらは弄らずに、今回はリヤゲートアッパーの方をフラットに加工してロゴが入るようにします。

 この出っ張り部分ですね。

まずはベルトサンダーで粗削りし、

 その後シングルサンダーで均します。

 溝が残って、本来ならこれが無くなるまでグイグイと彫り込むのですが、今回はここまでにしておきます(デカールも貼るので後で段差が出たとしても殆ど判らないと思います)。

 その後当て板を使ってラインを整え、ダブルアクションサンダーで均しました。

 ポリパテを塗って熱を掛け、

 #180~#240で研ぎます。

 周りを#320~#400で足付け処理し、マスキングを行い、

 サーフェサーを塗って熱を掛けて硬化させました。

その後#600→#800の水研ぎで細かいラインを整え、仮合わせをしてみました。

これでリヤゲートアッパーに「RANGE ROVER」のロゴが入れられるようになったので、多少は実車のイメージに近くなったのでは、と思う次第です。

ただ「どうせならシルバーのモールも・・・」とは思わなかった訳では無く、しかしそうなるとテールレンズも赤からクリアーに変えるのにシリコーン型を作ったりしなければならなく、これらを仕事としてやるには終わりが見えなくなってしまう為、限られたコストの中でという事で今回の作業に留めています。

念のためですが、基本的にミニカーの修理や改造は仕事としてお受付しておりません。例えば今回の壊れたドアヒンジも、修理では無くもう一台の部品取り用車の物を外して組み付けるというだけですので、くれぐれも「壊れたホイールを直して欲しい」といったお問合せはされませんようお願い申し上げます。

尚、接着剤で止まっていた前後バンパーも補修が必要で、その辺りに関しては普通に仕事となりますので今後の紹介は日記の方での掲載になるかと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせていただきます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

溶剤用噴霧ボトル

脱脂の時に使うシリコンオフを入れた噴霧用ボトルですが、最近アルコール系をよく使うので、さらにもう一個増やす事にしました。

 業界ではとてもメジャーなダイヤスプレー エクセレント500です。自宅でも愛用しているので今回で4個目ですね。

 入れるのはこちらのIPS=イソプロピルアルコールで、業者様からのご依頼で業務用エアコンを12セット塗る事となり、ただ素材がPS(ポリスチレン)なのでヘキサン系の脱脂剤(シリコンオフ)では素材を侵してしまうので使えなく、缶から直接使うのが面倒なので今回改めてボトルを用意したという次第です。

 で、ふと気が付くと予備用のOリングが二種類×2個分入っている事に気が付きました。

 そういえばこのボトル、15年以上使っていますがまだ交換した事が無かった気が・・・(そんなに長持ちしてメーカーさん大丈夫なのでしょうか・・・)。

 と言う訳で、噴射パターンを変えられる先端のノズル部分と、

 そのノズルを固定する根元の部分のOリングを交換してみました。

先端のOリングはもはや柔軟性が無いくらいの状態になっていて、今まで少しスカスカだった感じが新品同様に!これであと15年くらいは大丈夫そうです(こんなに丈夫に作ってしまってメーカーさん本当に大丈夫なんでしょうか。笑)。

新パウダー顔料3色

 注文していたパウダータイプの顔料が届いたので早速テストを行いました。3色の顔料で、4種類の色見本を作成しています。

 パウダータイプの顔料をバインダー(樹脂)で50倍くらいに薄め、黒く塗った下地の上に重ねてクリアーをコーティングしています。

 正面は鮮やかなグリーンで、透かしの青に綺麗にグラデーションしています。

 またパール目の荒々しさもあって、マイクにもよく似合いそうな感じです。

実はこの顔料は違う使い方を想定していたので、今回思わぬ収穫でした。

 そしてこちらはピンク系です。

 深みのあるバイオレットが良い感じで、これもマイクに採用出来そうです。

 一色だけでこの色変化ですから中々脱帽です。

 そしてこちらはゴールド系です。

 ゴールドとなるとやはりキャンディーカラーの方が断然綺麗なので、こちらはお蔵入りになるかもです。

 そしてこちらは白系です。下地に白(VW社キャンディホワイト)を塗った上にパールを重ねていて、当初はホログラムっぽい色変化を期待していたのですが、ちょっと違う感じでした。

それでも平面で見るとグリーンの発色が綺麗で、これはこれで使えるかと思ったのですが・・・、

立体になると余りパっとしません。

ただこの顔料、一番最初に紹介したグリーンと同じ物なんです。顔料の黒い粒粒が目立たないので元々白系として使おうと思っていた物ですが、黒に重ねた方が断然色変化が楽しめるという事でそちらに利用出来そうです。

ちなみに以前知り合いの塗装屋さんから譲ってもらった顔料にも見ているのですが、

(↓これです。)見比べてみるとこちらよりも彩度と輝度が高い感じでした。是非今度の小物塗装屋会でも確認して貰おうと思います(コロナウイルスの影響で延期になりそうですが・・・)。

と言う訳で使える色は二つあったので、近々マイクの色見本も作ってみようと思います。白ももう少しサイズが大きければ良さそうなので、一応こちらもマイクに塗っておきますかね。