スプレーガンメンテナンス

 スプレーガンは毎日使っていてもほぼノーメンテナンスで大丈夫なのですが(勿論使用後にちゃんと洗っていればの話ですが)、

 トリガー部分のパッキンだけはその性質上どうしても劣化する為、数年に一度は交換が必要になってきます。

 左が新品で、右が古い方です。金属パーツは再利用出来るのでパッキンだけ売ってくれれば良いのですが、きっとその辺は大人の事情があるのだと思います(なので意外に高くプリンター商法を彷彿してしまいます)。

ネジは手で締め込んで最後にスパナで60°と記載してありますが、大人の男性であれば指で強く締めるだけで大丈夫だと思います。強く締め過ぎるとパッキンの寿命が短くなると思うので、使っていてここから塗料が漏れなければOK!と私的には思っています。

スプレーガンは使う度に分解して洗浄、なんて事は普通はせず(そんな塗装屋さんは見た事も会った事もありません)、ただ内部にはどうしてもメタリック粒子が残ったりするので、ソリッドカラー(特に黒)はそれ専用にしてしまったりしています。キャンディーカラー用のガンもそれ以外には使いません。

そしてこちらはSATAのエアーブラシです。

以前グリップのプラスチックパーツが加水分解?しているのかと思って交換をしたのですが、どうやらこれもトリガーパッキンからシンナーが漏れていたのが原因だったようです。使っていても塗料が漏れる程では無く、使わない時にカップに入れてあったシンナーが徐々に漏れてグリップ部のプラスチックを溶かしていたみたいです。

 SATAのスプレーガンについては以前オートサプライヤーさんにメンテナンスキットを譲って頂いていたのでそちらを利用します。なんて素晴らしい・・・(色々有難うございます)。

 SATAガンはそれ自体が高価な為、メーカーにオーバーホールを出すと3万円~5万円くらい掛かってしまいますが、こういったメンテナンスキットがあれば自分でも対処が可能です。

ちなみにディーラー在籍時、社内外注の塗装屋さんがクリアーを入れたままのSATAガンをブースに入れっぱなしで熱を入れてしまい、気付いたのが次の日!と言う地獄で見るような事をやっていまして、色々やってはみたもののどうしても本調子に至らず、結局メーカーにオーバーホールを出して5万円くらい掛かっていました。IWATAのガンならこれだけで新品が二丁買える程の金額で、ただ内製工場だと「スプレーガン自体の購入は自己負担だけれどもメンテナンスにおいては会社負担でOK」と言う謎ルールがあったお陰で成せた裏技です。

 メンテナンスキットに入っていたトリガーパッキンは品番が二種類ありましたが、多分共通で使える物だと思います。

 IWATAのガンはスパナで外すタイプですが、SATAのエアーブラシは六角レンチで外します。

外したニードルパッキン(白いの)と、それを固定する為のネジとバネです。パッキンの中心に空いた穴にニードルが通り、トリガーを引くたびにここが干渉するので擦れて穴が大きくなってしまい塗料やシンナーが漏れてしまう訳です。

ちなみにスプレーガンを洗う為の強い溶剤「ガンクリーナー」なる製品がありますが、私の場合それは使っていません。

分解はせずとも毎回使った後にちゃんと洗えば良いですし、ガンクリーナーを使うと本来交換しないでも良い部品(エアー部のパッキン等)が劣化してしまう気がするので、ガンクリーナーを使って丸洗いするくらいならガンを買い替えた方が間違いが無いと思っています。

ガンクリーナーじゃないと落ちないくらい汚れてしまったガンはサフェ用やスプレーパテ用に回せばよく、それでも使い物にならなくなった物と言うのは未だありません。ちゃんと洗って普通に扱っていれば10年以上使えるのでそんなに買い替える必要は無いのです(ただ新しいガンの方が新しいタイプの塗料に対応し易い等で買い足す事はよくあります)。

そういえば知り合いに仕事が上手く行かないとガンやポリッシャーを投げる方が居ましたが、そんな事をしているから上手く出来ないのでは?と、ちゃんと教えてあげれば良かったです(少し前に聞いた話ではホイール専門の塗装屋さんになっているようです)。

2020小物塗装屋会

 いつもの小物塗装屋さん関係で、GW辺りに集まりましょう!みたいな事を去年に話していたのですが、今回のコロナウイルス騒動によってそれらの予定は消滅し、ただ先日緊急制限が解除されたお陰でGUNさんだけ工場に遊びに来てくれました。まあ単なる宅飲みみたいな感じなのですが(笑)。

上の画像はGUNさんが塗装して販売しているBLACKRABBiTで、氏については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しけれご覧くださいませ。

マスキングシートを届けついでに

 

 そしてお土産も頂きました!

珍しい黒系の着色パールで、間違えて凄い量を買ってしまったので結構な量を分けて頂きました。パウダータイプなのでSTANDOXの樹脂に混ぜれば普通に使えます。マイクなどにも良さそうなので是非サンプルを作っておきたいと思います。

 

また少し前にはオンラインチャットをやっていて、「私も独立したい」といった車の塗装屋さんから相談を受けていたりもしますので、今のコロナ騒動が落ち着いたらまたワークショップ等を開きたいと思います。

小物塗装の費用について

最近で一番お問合せが多いのがこちらのロジクールのワイヤレスマウスで、ただ皆さんが思っているよりも塗装費が遥かに高いと感じられているせいか、ご依頼に至るケースは極稀です。

確かに製品自体の金額は2万円くらいなので、「どうせ塗っても2万円以下で済むだろう」と思われるかも知れないのですが、塗装費は製品の金額によって決まる訳ではありませんので、実際そうとは限らないのです。¥100ショップで買った物でも数万円の塗装費が掛かる事がありますし、また50万円のイヤホンだからといって塗装費が50万円以上掛かる訳ではありません。塗装の費用はそれに掛かった(掛かるであろう)時間によって金額が決まります。所謂「レーバーレート」=「時間工賃」です。

尚、このレーバーレートには会社によってそれぞれ違いがあって、車を塗装する場合は通常一時間当たり¥7,000~¥12,000くらいで(当時私は国産車は¥7,000、外車は¥8,000でやっていました)、例えばベンツのドアの塗装指数が5時間であれば「¥8,000×5=¥40,000」となります。以前使っていたアウダネオだと基礎加算数値からの算出なのでまた違った方法となりますが、今回は無視します。というかあの保険会社が勝手に決めたようなシステムはまだ健在なのでしょうか。

ちなみに小物塗装となった今ではさらにコストを落としていて、実質一時間¥2,000~¥5,000くらいでやっています(しかもこれをスタンドックスで)。ご依頼を頂いた物の中には初めて扱う物もあるので一万円で見積もりをした仕事に5時間掛かってしまう事もあれば、2万円の仕事がきっちり4時間で終わったりする事もあります。

またこの時間工賃にはメールでのやり取りなどの業務も含まれていて、【お任せ仕上げコース】のコストが安いのはそういう事を簡略化しているからでもあります。また受付窓口を設けていないのもこれの為で、「家が近いから」「直接見てもらった方が楽だから」といって当店がそこに時間を掛けてしまうと、遠方から発送でご依頼頂いている他が不利益になってしまうという事でご遠慮を頂いています(それ以外にも作業を中断したくないという事があります)。

と少し話が逸れてしまいましたが、今の小物塗装でもなんとかやっていけるのはそれぞれの作業を細分化して見積もりの内訳を明確にするようにしているからでもあります。

例えば今回のロジクールのワイヤレスマウスですが、これの塗装費を合計すると7万円くらいとなります。この金額だけからするとボッタくりと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、実際にはそれでも採算が合っているとは言えず、これは実際にやって頂かないと判りにくいかも知れませんが、例えば車の塗装屋さんから考えるとボンネットを3枚(3台)塗っていた方が作業的にも時間的も断然楽な筈です(勿論車体からの脱着無しでマスキング作業~磨き処理も含めて)。ボンネットは車が変わっても大抵同じ作業として出来ますが、これはそういうレベルではありません。

それぞれの金額を簡単に説明しますと、まず一番大きいカバーパネルの塗装が¥15,000くらいとなります。高いのか安いのかは判りませんが最低この金額は頂かないと会社が成り立たなくなります。これが自宅兼職場ならもっと安く出来るかも知れませんが、賃貸で工場を借りてスタンドックスの塗料を使い、自動車ボディと同様の塗膜を提供しようとすると今はこれくらいの金額がどうしても必要です。

そしてクリックボタンは一個¥5,600、両サイドにある小さいボタンは一個¥2,400、これら全部で11部品となっています。尚これらの金額は複数割引が適用された単価ですのでボタン一個が¥2,400で塗れる訳ではありません(その金額だと受ければ受ける程赤字になります)。

という訳で、ここまでであればそこまで費用は高くならないのですが、今回の場合「G」のロゴとインジケーターランプ部を光るように残さなければならない!という作業があるので、当然その分の費用が掛かります。むしろこれの方が手間も神経も遣います。

まずは元々ある段差を無くす為に、最初にクリアーを下塗りとして塗ります。当然足付け処理とマスキングもしているので本塗りとほぼ変わらない内容となります。

Gのロゴをマスキングする為にも費用が掛かります。陶芸にあるような「手作り感のある味」と言うのはここでは一切払拭したいので、カッターで手作業で切ったりはせず、サイズを変えた数種類のマスキングシートを作成して精度を出しています。クリアー下塗りと「G」のマスキングについての作業が3時間として、ここでの費用は¥15,000くらいでしょうか。

またインジケーターランプ部のマスキングが三か所あって、これが一か所あたり¥3,500となっています。マスキングだけするのにこの値段は少々高く感じるかも知れませんが、下塗りと上塗り、またベースコートとクリアー塗装時にそれぞれ貼り直しているのでトータルすると4回=12個分、元の下地の黒が見えてはいけない!という中での作業としては決して高くは無いと思っています。

またこれは費用に計上していないのですが、「マスキングの段差が残るのが嫌だ!」という私的な希望もあり、艶消しクリアーの前に一旦艶ありクリアーを塗ってその段差を消していたりもします。塗装工程が一回分多くなる訳ですが、この辺は特段注文を受けた訳ではないので自分の時間を削って対応しています。当店が常に忙しいのに儲かっていないのはこういう事が理由で、最初にスタートした時の口座残高200万円には未だ到達していません(ただ工場引っ越しの為に借りたローンがようやく来年終わります!)。

そもそも大量生産で数万~数十万個を製造するのとは違い、一個だけのオーダーでは試作品を作るような内容ですからコストが上がるのは当然で、ただそれを全ての方に判って貰うというのはやはり難しいかと思いますので、見積もりではそれぞれの内訳を明確に出来るようにしています。

と言う訳で、特段「この仕事はうちが独占する!」と言う訳では全くありませんから、「うちならもっと安く出来る!」というのは全然構いません。分解の仕方も詳しく紹介していますので、是非チャレンジして頂ければと思います。

ブレンボキャンディーレッド

  いつもご贔屓を頂いている業者さんからのご依頼で、「明るい赤メタリックに」とご指定を頂いたブレンボブレーキキャリパーです。ただ考えてみると赤系の明るいメタリックはキャンディー塗装じゃなければ不可能!という事に気づき、シルバーを塗ってから透過性の赤=キャンディーレッドを塗る事にしました。

画像はまだクリアーを塗っていない段階で、この後ロゴ入れの塗装も行います。

ちなみにブルー系であれば2コートパールでも比較的鮮やかで明るい色味を表現出来るのですが、

赤系の場合、2コートのパール塗装だけではどうしても鮮やかさが出せません。

いずれは新しい顔料が開発されてそういうのも出来る日が来るのかも知れませんが、今はまだそう言うのが無いのです。

またゴールドも同様で、この場合パールでは無く着色メタリック、またはシルバーにイエローを入れた仕様となりますが、これも「金色」といったイメージとは遠いです。尚、パールでゴールドを表現しようとしてもやはり足りません。

対してこちらがキャンディーカラーのゴールドで、先ほどのゴールドと比べるとまるで違うのが判ると思います。下地に粗目のシルバー(MIX598)を塗り、その上にオレンジとイエローのキャンディーカラーを混ぜた物を重ねてクリアーを塗っています。

ただ現在ご依頼頂いている案件ではこういったゴールドでは無く、

 所謂「ライムゴールド」でご指定を頂いておりまして、それの色見本を作成しているところです。

こちらもキャンディーカラーで、以前トラックのサイドマーカーの塗装をするのに購入していました。

ライムゴールド系は濁りがあるので余り使う機会は無く、私も超久しぶりに使いました。仕様はSTANDOXのベースコート用バインダー(樹脂)に顔料(または染料)を入れ、クリアーでコートしています。

キャンディーカラーの場合は下色や塗り方で色味が変わってしまうので、大抵の塗装屋さんはその場で適当に作った色を塗る事が多いと思いますが、自補修(自動車補修塗装=板金塗装)をやっていると「元の通りに戻す」と言う作業が体に染みついてしまっているので、後で再現が出来るよう配合データや色見本を残す(作る)ようにしています。職人の勘とか経験などに頼るのでは無く、記憶が無くなった数十年後でも同じ仕上がりで仕事をしていたい訳です。

同じように業者様からのご依頼で、以前施工した時と同じグリーンでランサーのヘッドカバーを塗装しました。当時最初は「ランボールギーニのライムグリーン」といった話が出ていたのですが、3コートパールのそれよりもこのグリーンの方が彩度が高かったのでこちらを採用しています。尚、以前施工したのは1年前ですが、色の配合データがあるので100%に近い数値で同じ色に再現が出来ているかと思います。

ちなみに以前、同じくブレンボキャリパーをキャンディーレッドで塗っていますが、こちらはマツダのソウルレッドをベースにしているので、今回塗っているキャンディーレッド程鮮やかな赤ではありません。下地はシルバーでは無く赤系のメタリックパールなので、透過した光の反射はそれ程でもないのです(ただムラが出にくく塗る量も少なくて済むので作業的には楽です)。

今回塗っているのはこちらの純粋なキャンディーレッドなので、要望にもお応え出来たかと思います。

キャリパーは承諾が頂けたら後日完成画像も紹介したいと思います。