色相環色見本No.4

先日業者様からのご依頼で「鮮やかな黄緑色」といったご指定を頂きまして、丁度良い機会だったので以前から作製していた色相環色見本の内の一色を採用する事にしました。

今回採用したのはこちらの色相環の「4時」の位置にあたるグリーンで、最初の画像だとかなり鮮やかに見えますが、あちらは単に画像をPhotoshopLightroomで加工しているからです。蛍光塗料では無いですから普通に撮影しただけでああはなりませんので、念の為・・・。

ちなみに最初のお問合せでは「ランボルギーニ、ムルシェラゴのグリーン、LAM-0077でパール塗装無し」といったご指定で、ただこの色、そんなに派手な色では無かったような気が・・・と言う事で上記の画像を送ったところ、もっと派手な色のサンプル画像が戻って来たのでそれを参考にして今回の色となりました。

こういった塗色を作るのは特段難しい事では無いのですが、オーダーでのご依頼だと後から「あの時と同じ色で!」といった事がしばしばあるので、今回のように予め配合データのある色を使っておけば非常に安心です。普通の塗装屋さんなら当たり前の事過ぎて逆にデータは残さず、再度依頼が入った時にとても焦る訳です。判ります、痛いほど判ります(笑)。

今回塗装したヘッドカバーの画像は当ウェブサイトでの掲載もご承諾を頂いておりますので、後日施工例として改めて紹介をさせて頂きます。実際は(いつもの撮影では)こんなに鮮やかな色味では無いので、未加工と加工した画像とを見比べて頂ければと思います。いつも「縮小以外は未加工です」と言っている意味がきっと判るかと・・・。

アップしました!→Lancer Evolution Engine Cover

色相環キーホルダー試作完成②

 先日に引き続き、調色して作製した色相環12色を使って塗装した色見本キーホルダーの作製です。

 前回は取り敢えず的にベースコートだけの塗装でしたが、今回はしっかり2液ウレタンクリアーの艶消し仕上げにしています。見た目は変わりませんが耐久性が向上しました。

 が、キーホルダー用の土台は底をついてしまったので、取り敢えず5個までの制作となります。また材料を仕入れないとですね。

各部のクリアランスがかなり厳しいので、フチのバリをカッターで取り除きます。

 それぞれ組み合わせて完成です。

・・・が!

 

 折角なので結晶塗装Ver.も作る事にしました。

 いつもご贔屓頂いている業者様から結晶塗装のご依頼があったので一緒に塗らせて頂きました。

前回のイモリの時と同様、タイミングベルトカバーに乗せて撮影してみました。ダクトファンが増設されたみたいで何だか格好良く見えます(笑)。

下のタイミングベルトカバーに比べて、今回塗装したアクリルの方が結晶目が細かいのが判ると思います。サイズの大きいヘッドカバーなどはさらに結晶目を大きくします。

 そして色相環12色に塗装したピースです。一つ6ミリくらいなので食塩の空き瓶に入れて保管しています。

 こんな感じで嵌め込んでいきます。ピッタリに作ってあるので嵌め込むだけでも結構大変です。

 と言う訳で完成です!

 これは中々ヤバいです。

当面のところ量産は難しそうですが、出来上がったらウェブショップで販売したいと思います。後日改めてリュックに装着した状態でも撮影しておきますね。

プラスマイナスゼロ加湿器塗装 完成

 先日マイク塗装のついでに本塗りをさせて頂いておりました±0(プラスマイナスゼロ)の加湿器の塗装、ついに完成となります!

かなり凄い色ですが、仕事の時と同様サイズ縮小以外の加工はせず、勿論ですがカメラ側の設定もノーマル状態で撮影しています。

一応最初の状態も紹介しますね。

元々は彩度の低い水色だった物を、

こういった角度によって大きく色が変化する顔料を「3種類」使って塗りました。

尚、上記画像は本物のクロマフレア顔料を使った塗料(DUPONTのクロマリュージョンカラー)で、実際にこれを使おうとすると1色揃えるだけで10万円を超えてしまいますから、現在当店では「クロマフレア風」のパウダー顔料を海外から取り寄せ、STANDOXのバインダー(樹脂)に入れて使う事で対応しています。

 使ったのはクロマフレア風No.4とNo.19とH07の三種類です。特殊な色は知り合いの塗装屋さんに教えて貰ったり譲って貰った物がありますので、詳細は伏せて番号で紹介をさせて頂いております。うちのように「STANDOXの塗料じゃないと…」とか拘らなければ各メーカーからこういった塗料は出ていますので普通に誰でも出来る塗装です(ただSTANDOXにはこういう塗料は出ていないのでして…)。

 とにかく異様な程に色が変わります(笑)。

 如何にクロマリュージョンやマジョーラでも一色だけではこんなに色変化はしないですよね。

 まるでCGのよう(笑)。

 蛍光灯でも撮影してみました。

 真ん中の蒸気が出て来るところは塗るとマズイと思ったのですが(ゴアテックスのように水蒸気は塗膜を通り抜けてしまい、気化した際に体積が膨張して塗膜が膨らんでしまいます)、水色のままだと凄く格好悪いので後から黒に塗りました。どうせ加湿器としては使わないと思いますので(笑)。

 先ほどと同じ物とは思えない程違う色に見えます。この黄色~紫に変化している色はNo.4ですね。

 ストロボでも撮影しました。

手前の綺麗な青はNo.19で、色変化自体は大きく無い顔料ですが、スカっとした青が私的にお気に入りです。知り合いの塗装屋さんにも頼まれて取り寄せましたが、多分皆さん結構気に入っているのではないでしょうか。

と言う感じで、塗り方自体が曖昧なので当店の仕事としてはどうなのかと言う所ですが、一例としてあればこれはこれで良いかなぁと思った次第です。球体では無く平面でグラデーションさせても面白いかもですね。

±加湿器はさらにもう一個追加してピンクが2個ありますので、時間が出来たらまた何かで塗ってみたいと思います(その前に色相環12色を仕上げ無いとです)。

一斗缶改 ダスト・カー 2.0 販売

 先日より作製していました一斗缶製のダスト・カー、完成です。

元々シンナーが入っていて捨てる筈だった一斗缶を、ゴミ箱として再利用した製品です。今までも実際に現場で使っていたのですが、使い易いよう取っ手などを見直し、一般向けに販売してみる事にしました。

強度を上げる為に底には5.5ミリ厚のMDF板を嵌め込み、移動出来るようキャスターを取り付けています。ゴミ箱としていますが、かなり重たい物を入れても大丈夫です。

 キャスターは4輪ともストッパー付きの自在車で、安全且つ使い勝手を良くしています。

左がスタンドックスシンナーの空き缶で、右がノーブランド(洗浄用シンナー)となります。

ちなみにスタンドックス用のシンナー缶(左)は、内側と底にはコーティングが施されていないので錆易くなります。

それに対してノーブランドの方(右)は、元々水性塗料用として使われていた物の為か全体に錆び難い傾向にあります(恐らくはティンフリースチール)。自家塗装する際も足付け処理だけで塗料が乗る(密着する)ので、DIYを考えているのであればノーブランドの方がお勧めとなります。

 使用している一斗缶は出来るだけ綺麗な物を選んでいますが、基本的にはゴミになるような物だったので凹みや擦り傷はあります。

出来るだけ綺麗な物を選んで使っていますがあくまでもリサイクル品とお考え下さいませ(ただしシンナーの臭いとかは無いので大丈夫です)。

スタンドックスのシールも破れがあったり、シンナーで拭いた際にプリントが溶けている物もあります。

取り敢えず在庫限りとなりますが、ウェブショップで販売しますので宜しければご検討下さいませ。

PRO_Fitウェブショップ

その他、多少なり手を加えた物もあるのでそちらも紹介しますね。

要らなくなったコピー用紙をカットし、それを置いて色を塗り重ねていけば・・・

 こんな感じでカモフラ柄にも出来ます。こちらはクリアーは塗っていなくベースコートそのままなので、これくらいなら缶スプレーを使った自家塗装でも問題無く出来るかと思います。

こちらは市販の蓋に縞鋼板風のアルミ板を張り付け、黒に塗って取っ手を取り付けた物です。ちょっと残念な感じですが、汚したくない物を入れるにはこうすると良いかと思います。蓋は塗装済みの物も市販されています。

「アルミニウム縞板」で検索すると普通に売っていて、カットサービスを利用すれば自分で蓋を作る事も可能です。

こんな風にフチを残すようにすれば強度も保持出来て、椅子として使えたりもします(ただし自己責任でどうぞ)。

そのまま使って頂いても良いですし、素材用として楽しんで頂ければと思います。

ご購入はウェブショップでどうぞ!