小物塗装の費用について

最近で一番お問合せが多いのがこちらのロジクールのワイヤレスマウスで、ただ皆さんが思っているよりも塗装費が遥かに高いと感じられているせいか、ご依頼に至るケースは極稀です。

確かに製品自体の金額は2万円くらいなので、「どうせ塗っても2万円以下で済むだろう」と思われるかも知れないのですが、塗装費は製品の金額によって決まる訳ではありませんので、実際そうとは限らないのです。¥100ショップで買った物でも数万円の塗装費が掛かる事がありますし、また50万円のイヤホンだからといって塗装費が50万円以上掛かる訳ではありません。塗装の費用はそれに掛かった(掛かるであろう)時間によって金額が決まります。所謂「レーバーレート」=「時間工賃」です。

尚、このレーバーレートには会社によってそれぞれ違いがあって、車を塗装する場合は通常一時間当たり¥7,000~¥12,000くらいで(当時私は国産車は¥7,000、外車は¥8,000でやっていました)、例えばベンツのドアの塗装指数が5時間であれば「¥8,000×5=¥40,000」となります。以前使っていたアウダネオだと基礎加算数値からの算出なのでまた違った方法となりますが、今回は無視します。というかあの保険会社が勝手に決めたようなシステムはまだ健在なのでしょうか。

ちなみに小物塗装となった今ではさらにコストを落としていて、実質一時間¥2,000~¥5,000くらいでやっています(しかもこれをスタンドックスで)。ご依頼を頂いた物の中には初めて扱う物もあるので一万円で見積もりをした仕事に5時間掛かってしまう事もあれば、2万円の仕事がきっちり4時間で終わったりする事もあります。

またこの時間工賃にはメールでのやり取りなどの業務も含まれていて、【お任せ仕上げコース】のコストが安いのはそういう事を簡略化しているからでもあります。また受付窓口を設けていないのもこれの為で、「家が近いから」「直接見てもらった方が楽だから」といって当店がそこに時間を掛けてしまうと、遠方から発送でご依頼頂いている他が不利益になってしまうという事でご遠慮を頂いています(それ以外にも作業を中断したくないという事があります)。

と少し話が逸れてしまいましたが、今の小物塗装でもなんとかやっていけるのはそれぞれの作業を細分化して見積もりの内訳を明確にするようにしているからでもあります。

例えば今回のロジクールのワイヤレスマウスですが、これの塗装費を合計すると7万円くらいとなります。この金額だけからするとボッタくりと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、実際にはそれでも採算が合っているとは言えず、これは実際にやって頂かないと判りにくいかも知れませんが、例えば車の塗装屋さんから考えるとボンネットを3枚(3台)塗っていた方が作業的にも時間的も断然楽な筈です(勿論車体からの脱着無しでマスキング作業~磨き処理も含めて)。ボンネットは車が変わっても大抵同じ作業として出来ますが、これはそういうレベルではありません。

それぞれの金額を簡単に説明しますと、まず一番大きいカバーパネルの塗装が¥15,000くらいとなります。高いのか安いのかは判りませんが最低この金額は頂かないと会社が成り立たなくなります。これが自宅兼職場ならもっと安く出来るかも知れませんが、賃貸で工場を借りてスタンドックスの塗料を使い、自動車ボディと同様の塗膜を提供しようとすると今はこれくらいの金額がどうしても必要です。

そしてクリックボタンは一個¥5,600、両サイドにある小さいボタンは一個¥2,400、これら全部で11部品となっています。尚これらの金額は複数割引が適用された単価ですのでボタン一個が¥2,400で塗れる訳ではありません(その金額だと受ければ受ける程赤字になります)。

という訳で、ここまでであればそこまで費用は高くならないのですが、今回の場合「G」のロゴとインジケーターランプ部を光るように残さなければならない!という作業があるので、当然その分の費用が掛かります。むしろこれの方が手間も神経も遣います。

まずは元々ある段差を無くす為に、最初にクリアーを下塗りとして塗ります。当然足付け処理とマスキングもしているので本塗りとほぼ変わらない内容となります。

Gのロゴをマスキングする為にも費用が掛かります。陶芸にあるような「手作り感のある味」と言うのはここでは一切払拭したいので、カッターで手作業で切ったりはせず、サイズを変えた数種類のマスキングシートを作成して精度を出しています。クリアー下塗りと「G」のマスキングについての作業が3時間として、ここでの費用は¥15,000くらいでしょうか。

またインジケーターランプ部のマスキングが三か所あって、これが一か所あたり¥3,500となっています。マスキングだけするのにこの値段は少々高く感じるかも知れませんが、下塗りと上塗り、またベースコートとクリアー塗装時にそれぞれ貼り直しているのでトータルすると4回=12個分、元の下地の黒が見えてはいけない!という中での作業としては決して高くは無いと思っています。

またこれは費用に計上していないのですが、「マスキングの段差が残るのが嫌だ!」という私的な希望もあり、艶消しクリアーの前に一旦艶ありクリアーを塗ってその段差を消していたりもします。塗装工程が一回分多くなる訳ですが、この辺は特段注文を受けた訳ではないので自分の時間を削って対応しています。当店が常に忙しいのに儲かっていないのはこういう事が理由で、最初にスタートした時の口座残高200万円には未だ到達していません(ただ工場引っ越しの為に借りたローンがようやく来年終わります!)。

そもそも大量生産で数万~数十万個を製造するのとは違い、一個だけのオーダーでは試作品を作るような内容ですからコストが上がるのは当然で、ただそれを全ての方に判って貰うというのはやはり難しいかと思いますので、見積もりではそれぞれの内訳を明確に出来るようにしています。

と言う訳で、特段「この仕事はうちが独占する!」と言う訳では全くありませんから、「うちならもっと安く出来る!」というのは全然構いません。分解の仕方も詳しく紹介していますので、是非チャレンジして頂ければと思います。

自作スマホスタンド for Workshop

親戚の子供が「このキーホルダーを自分で作りたい!(塗りたい!)」という事で、今度当工場で子供向けのワークショップを開く事にしました。

ただどうせならという事で、他にも何かできないか考えていまして、

ジャジャーンと!。ゴミで出来たスマホスタンドです。

この辺の物は普通に100円ショップで買えそうですが、自分で選んだロゴが目の前でレーザーでカットされている光景を見たら多分楽しいんじゃないかと思いまして。材料はタダみたいな物ですし(笑)。

 工程としてはいつものようにIllustratorでデータを作り、端材のアクリル板をレーザー加工機でカットします。テンプレートを作り、一部に推しのキャラクターを入れられるようにしています。姪っ子はスマプリだかすとプリだかを入れたいらしいです。

 折り曲げる箇所にはカッターなどでケガキを行うのですが、子供だとそれが一番難しいと思い(と言うか私が対応しきれない恐れがあるので・・・)、一応それ用のジグを作っておきました。ここにカットしたアクリル板を嵌めて、折り曲げる部分に線を引けるようにしています。本番用はこれをMDF板で作ります。

 そしてジャジャーンと!アクリルヒ~タ~です。アクリルを曲げる為に使う道具ですね。

これは以前から買って持っておいた物ですが、土台の木がチープ過ぎるのでちゃんとした台を作ろうと思い、ただ急遽使わないといけなくなってしまったので今回そのまま組み上げました。垂木の感じが本当に嫌・・・。

 電気を流して数分するとステンレスパイプが熱くなるので、このパイプの上にアクリル板を置いておけばそこだけが柔らかくなり、簡単・綺麗に手で曲げられる!という優れ物です。なので見た目がもう少し良ければ・・・。

 ただ熱を当てる箇所がズレると斜めに曲がってしまうので、それの防止の為にしっかり水平・垂直が判る台を作っておきたかったのです。まあ今回はケガキ用のジグを作ったのでとりあえずは大丈夫です。

 参加するのは中・高・大学生まで色々で、少し危険な感じがしないでも無いのですが、この辺の作業は勝手にやって貰おうと思っています。自分で釣った魚に串を挿して焚火で焼くような感じですかね(全然違いますか)。

折り曲げる角度についても基準が判り易いようジグを作っておこうかと思いましたが、むしろその辺は自分の感覚みたいなのを使って貰いたかったのでやめておく事にしました。完璧な物を作るのではなく過程を楽しむのがワークショップですからね。

と言う訳で実はここまでがオマケみたいな感じでして、

実際にはこの時に出たこの廃材が今回のメインです(笑)。

これをスプレーガンを使って塗装をして貰い、枠を着けてキーホルダーにします。先ほどのスマホスタンドは塗装して熱を入れて待っている間にやる感じですかね。

と言う訳で自然光でちょっと格好良く撮影をしてみました。

 こんな感じでスマホを載せます。100円ショップで売っている物より大きくてしっかりしています。

 裏側の穴はコードを通す為で、ちなみにQiのワイヤレス充電も出来るよう現在基盤を手配中です。それは大人用という事で(笑)。

Kindleも普通に使えたので試しにiPadも載せてみたら、そちらは重過ぎてズレ落ちてしまいました。

参加する子供達も「あの時もっとここの角度を鋭角にしておけば・・・!」みたいに悔しく思って貰えればと思っています(笑)。


その後開催しました!

スマホスタンド&キーホルダー作成 塗装ワークショップ

桜柄マイク色見本作成

 仕事に追われて中々進んでいないのですが、最近少しずつ柄物の色見本を作成しています。

通常は桜の花びらをマスキングテープにして一つずつ貼っていきますが、それだとどうしてもコストが上がってしまう為、

 レーザーを使って「一枚物」のマスキングシートを作成する方法にしました。

 いつものカッティングプロッターだと「刃」でカットする為、糊の成分は残り、切り抜いた筈の物も一緒にくっ付いて来てしまいますが、レーザーだとその糊ごと分断してくれるので、ピンセットでシートを摘まむと画像のようにスルっと剥がれてくれます。この凄さは地獄のマスキングを経験した人じゃないと判らず、知り合いの塗装屋さん(GUNさん)が初めてこれを見た時はかなり興奮していました(笑。近々買うみたいです)。

 マスク型は一つでも配色によって色々な仕様が出来ますが、とりあえず今回は無難に白ベースにする事にしました。画像は既にベースコートの白(VWキャンディホワイト)を塗った状態です。

 現物合わせを何度も行っていて、多少のズレは問題無いように配置しているので、比較的簡単に(水無しで)貼れるようになっています。

 桜の花びらには濃淡2色のピンクを使いました。

 ちょっと(と言うかかなり)判り難いのですが、花びらは中心を薄いピンクに、外側を濃いピンクにしています。グリルはリングを薄いピンクに、メッシュ部は白にしています。

 そしてその上にパールを重ねます。パールは干渉型レッドとアメジスト(バイオレット)パールを入れています。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 パールを入れたので色がちょっとぼやけてしまっています。もっとピンクを濃くした方がよかったですかね。

 今回のマスキングの利点は剥がす手間が非常に楽な事で、もしこれを花びら一枚一枚貼っていたらそれらを剥がすのは非常に面倒ですが(そしてリスクも)、今回のように「一枚物」なら簡単に剥がせます。

その後熱を入れて塗膜を硬化させ、撮影も行いました。

 画像だと判り難いのですが、光にあたると表面にピンクっぽいパールが浮かび上がります。

グリルのメッシュ部は白なのですが、その上に重ねたピンクパールでこちらも多少色味を感じられます。

 自然光でも撮影してみました。

 うっかりしていたのですが、これにSHUREのロゴを濃いピンクかマゼンタのメタリックで入れたらもっと引き締まっていたと思います。

 画像だと判り難いのですが、光い当たるとパールが浮かび上がります。

ちょっと判り難いので、先日スポットライトを取り付けた場所でも撮影してみる事にしました。

一方向からの光が当たるとこのように表面にキラキラとパールが浮かび上がります。

靴のデザイナーをやっている従弟からもアイデアを出して貰っているので、時間が出来たらそちらも試してみようかと思います。

色相環立体色見本 完成

先日購入していたウォールナット楢(ナラ)の木材です。

ウォールナットの方を、適当な長さにランダムでカットしました。

平面のままではノッペリとして面白くないので、それぞれの木端材に2ミリ~3ミリの段差を設け、その上に以前塗装しておいた立体色見本を並べようという作戦です。

 今回使う立体色見本は、制作した3個のうちの一番小さい物で、直径は380mmとなります。それでもそのサイズを出力できるプリンターは無いので、A4サイズに印刷した4枚を糊で張り合わせて台紙を作りました。

 背板は使わず、それぞの木端を木工用ボンドで接着していきます。

木端の下に2ミリ~3ミリ厚のアクリル端材を下に置いて段差の位置を固定しました。

塗装した立体色見本を仮置きして大体の位置を決め、

両面テープで固定します。段差が付いて隙間が空いているところには端材のアクリル板を挟みました。

実は何か月も前に完成していたのですが、背板の形が気に入らなかったのでこのままお蔵入りさせようと思っていたのですが、先日手伝いに来てくれたJIROちゃんがこれについて言ってくれたので、改めて紹介する事にしました。

仕事風に、最初の状態も紹介しますね。

元はこういったアクリル端材だった物を、

レーザーカットして何枚かを接着剤で貼り合わせ

パテ処理をして継ぎ目を埋めたりもしています。

塗装に関しては(ここだけは)仕事に関係している為、後で正確に色が再現が可能なよう配合データから作っています。

壁時計として作っている物は直径が250mmで、今回の物はそれよりも大分大きくはなりますが、それでも3個作っているうちではこれが一番小さな物です。

一番大きい物は460mmになるのでさらに迫力がある筈ですが、未だ業務の方が(銀行口座の残高が)安定しないので、そちらに着手するのはもう少し先になるかと思います。せめてその間に壁時計キーホルダーが作れればと・・・!