2018/12/23サーモス塗装ワークショップ③

 先日行いましたワークショップで塗装した物の紹介となります。

こちらの青いサーモスは、アートトイペインターのGUNさんが塗装した物です。GUNさんについては以下の記事を見て頂くと判り易いかと思います。サーモスを塗るのは今回で4回目です。

マスキングシートを届けついでに

 下に赤味のある青を塗り、その上に粗目のブルーパール(MIX845)、そして最後にクリアーを塗った3コートブルーパールの仕様です。

GUNさんは普段はエアーブラシを使っていますが、やはりと言うか使う材料や工具、環境が違うので今までの二回では若干垂れが生じていましたが、今回はそれも克服しました。外資系のクリアーは粘度が高く、塗った後からも伸び続ける傾向にあるので、普段国産のクリアーを使っていると流し易いのかも知れません。私がディーラー勤務の時も、中途で入って来る塗装屋さん(社内外注さん)が、激しいナイアガラ(再起不能なタレ)を引き起こしているのを良く見かけました。

そしてこちらは今回初参加の女性の方の作品で、色はクロマフレア風No.4、またサーモスの下の方には「ありがとう」の文字をシルバーの塗装で入れています。

 また今回はサーモスの底に着ける「傷付き防止用プレート」の制作も行っていまして、

 サーモスの底のサイズに合わせて3ミリ厚のアクリル板(半透明乳白色)をレーザーでカットし、「2018」の文字をレーザー彫刻で入れました。

 塗膜が完全硬化後、両面テープで貼り付けました。サーモスは日常的に使うとどうしても底の塗装が傷付いてしまうと言う事で、それの防止にテスト的に使って頂こうと思います。

画像は判り難いのですが、2018の文字にはシルバーを墨入れ(塗装)してあります。

文字はデカールを貼るか塗装で入れるかで悩んだのですが、チヂレ等のリスクを考えるとデカールはちょっと怖かったので、今回はマスキングシートを使った塗装で行っています。

今回塗ったクロマフレア風No.4は見る角度によって「紫→橙→黄」と色が変わる塗装です。色は当日色見本の中から選んで頂きました。

自家塗装を経験された事のある方なら判ると思いますが、初めて塗装をしてここまで仕上げられるというのは、ある意味夢のような事だと思います(少なくとも子供の頃の私はそうでした)。

勿論失敗する事はあると思いますが、環境さえ整っていれば、初めてスプレーガンを握った方でもこれくらいには仕上げられる!という事でもあります。念の為ですが、私は一切手出しをしていません。

 そしてこちらはG-SHOCK塗装屋さんが塗られた、アクリル板をレーザーでカットして作った色見本キーホルダーです。目の部分はG-SHOCK塗装屋さんが自宅で作って来たデカールで、クリアーを塗る前にいつの間にか貼られていました(笑)。

プレートを支えてくれているのは以前GUNさんから購入したBLACKRABBITで、詳しくはこちらの記事で紹介していますので宜しければどうぞ。やはりと言うか立体造形物が画中に入ると映えますね。

 今回は色(顔料)の取り寄せも頼まれていますので、そちらが入荷次第一緒に送らせて頂きます。それまでは私のリュックで(笑)。

次回ワークショップ開催する時はまたご案内をさせて頂きますね。この度の御参加有難う御座いました!

色相環用塗料セット 12+1 完成

 知り合いの塗装屋さんから頼まれて、先日から作製していた色相環用の塗料12色+1です。新たに作製したラベルを貼り付けてようやく完成です!

 容量は200グラムで、中身はSTANDOX100%、希釈無しの仕様です。

 各ラベルには、調色時に参考にしたRGBの値と、それぞれの色が色相環のどの位置にあたるのかを一目で判るようにしています。

また淡い色に調色出来るよう、原色の白も入れておきました。

今回作った塗料は元々自分用に作った物なので販売するつもりは全く無かったのですが、まさかGUNさん(知り合いの塗装屋さん)から注文が入るとは思っていませんでした(笑)。

蛍光色のような特殊な発色ではないので、既に色々な塗料を持っているGUNさんには必要無い物だと思っていましたが、「普通が良いんです!」と言うお言葉を頂戴して安心しました。

 その他頼まれていた塗料も用意しておきました。左はホワイトパールの中でも粒子が一番細かいMIX836アーミンパールで、右は逆にブルーパールの中では粒子が最も粗いMIX845サテンブルーパールです。STANDOXの中でも「サテン」の名が付く色は2万円を超えるので、今回は300gに小分けしました。

 塗料のパッケージはお札のお金と同じで、ある期間が経つと新しいデザインに変わるようになっているのですが(多分品質管理上の理由で)、STANDOXのパッケージデザインはどの時代のを見ても格好良いです。そして今回は安心のドイツ製でした(一部のクリアーは一時期中国製になっていましたがまた本国に戻ったようです)。

小分けした方のボトルには判り易いよう原色の特性と、STANDOXのオフィシャルサイトにある原色特性表のページにリンクするQRコードを貼っておきました(URLが長すぎて情報が過密になり過ぎたのか印刷した物をアプリで読み込めず、改めて短縮URLに変えて貼り直しました)。必用であればプリントアウトしてどこかに貼っておくと良いかと思います。

また現在色相環12色の塗料を使った色見本を制作していますので、そちらが出来次第、今回の物より小さい100ccボトル(こちらは希釈して金額を抑えた仕様)と共にウェブショップでも販売出来るようにしようと思います。

色見本キーホルダー(イモリVer.)完成

 先日本塗りを終えていたイモリ達をベースプレートに貼付け、色見本キーホルダーイモリVer.の完成です。

 一番左は赤の結晶塗装で、

 真ん中は黒の結晶塗装、

 右端はミラーアクリルにキャンディーレッドを施した仕様となります。

また今回はベースプレートの文字も結晶塗装仕様にしておきました。

 ステンレスワイヤーを取り付け、バッグに着けるとこんな感じになります。

 結晶塗装の赤はフェラーリのヘッドカバー等の塗装に使用している「鮮やかな赤」の仕様となります(その他の赤では日産系のドス黒い赤など)。

そしてこちらは結晶塗装の黒です。ヘッドカバーに塗った場合もそうですが、無骨な感じが格好良いですよね。

無機色だけの構成ですが、アクリルプレートの艶感と相まって上品に仕上がっていると思います。先日の艶あり黒もそうですが、モノクロカラーが意外にも良い具合です。

 そしてこちらはアクリルミラーにキャンディーレッドを塗った仕様です。

 アクリルの厚みと塗装の艶々感は、まさにテールレンズそのもの(笑)。

クリアーはクリスタルクリアーです。

先ほどウェブショップに出しておきましたので宜しければどうぞ!

色相環色見本制作④ 塗料完成

 先日より引き続き作成していた色相環用のSTANDOX12色、完成です。

 ラベルには配合データも記載して、色が無くなって作る時にも簡単に出来るようにしました(まあこの程度なら手書きで良かったのですが・・)。

 またそれぞれの色が色相環のどの位置になるのか判るようユニバーサルなデザインにしておきました。せっかちな私としてはとても便利で、またうっかりミスも防げると思います。

配列通りに並べるとこんな感じで、今回導入した容器は蓋も比較的透明なので上から見ても中身が判るのが便利です。普通そうですが、溶剤塗料用の物でこういうのは余り無かったんですよね。

と言う訳でベースとなる色が出来上がり、次はいよいよ立体色相環の作成となりますが、本日は祭日で休みだったのでこちらも少し進行させておきました。後日改めて紹介出来ると思います。