Rover MINI キャメルトロフィー仕様

Twitterのタイムラインを見ていたら「#イギリスの名車Miniバースデーの日」というハッシュタグが流れて来たので、私も昔塗ったローバーミニの画像をツイートしたのですが、結構画像が見つかったので、今回こちらでも紹介しようと思います。

元々はランドローバーのディスカバリーなるこちらのモデルに、キャメルトロフィー限定車と言うのがあって、

それをローバーミニに、同じようなキャメルトロフィー仕様にしてみよう!と思った次第です。

ベース車体は、当時取引のあったMINI屋さんに用意して頂き、フロントのカンガルーバーやリヤに着ける梯子は塩ビパイプを使ってある程度の形を造り、

それを基に、当時雇っていた従業員の友人にお願いしてスチール製の物を作製して貰いました。

ルーフキャリアやホイールなどもMINI屋さんに用意して頂き、

塗装に関しては仕事では無いと言う事もあり、その時に雇っていた子の練習用としても活用する事になりました。

ちなみに彼は独立してその後、わずか3人の社員で年商4億弱を稼ぐまでになっていたりします。自動車補修は産業としてちゃんと成り立っているので、上手くやれば比較的儲かる業種でもあるんですよね。「タカハタさん、今度釣り行きましょうよ!うちのクルーザー出しますんで」なんて事も言っていました・・・(恐)

ちなみにこれらの画像は既に手元には無く、サーバー上に残っていた物をダウンロードして使っています。

名称はLAND ROVERとMINIを合わせて「LAND MINI」と名付けました。オリジナルでエンブレムも鋳造して作製しています。

当時のpro-fit工場内の画像です。最初は横浜市川和町の工場でおよそ30坪、その後引っ越したこちらの新横浜の工場では100坪程の広さがありました。当時は外国車の保険修理をメインにしていたので経費の事を考える必要は殆どなく、やりたい事をやりたいように出来ていたと思います。

と言う感じで出来上がったLAND MINIを外に置いておいたところ、手前の道路を通り過ぎて行った車が凄い勢いでバックして来て、「うちで使わせて貰えないか」と言う話になり、

雑誌に紹介されたりもしました。

全くの偶然なのですが、その方はMINI専門誌の編集の方で、

わざわざ特集を組んで頂いて色々と紹介して頂きました。

その際「少しでも良いので広告料を入れて貰えませんでしょうか・・・」とお願いされたのですが、当時はそう言う事に興味が無かった(と言うより意固地になっていた)と言う事もあり、電話番号や住所、URL等は記載されず、会社名と画像のみの紹介に留まったようです。後で聞いた話ですが、業界の通例で無償で特集を組むなんて事はかなり特別な事みたいですね。今思えばご迷惑をお掛けして申し訳無かったです・・・。

こちらはランドローバーマガジンに掲載された記事です。どちらも元は同じ会社のようで、ただ残念ですが今は休刊となっているみたいです。

小物塗装となった今は車を塗る事は無いですが、壁時計キーホルダーを造ったり、スピーカーを改造して塗ったりするのがとても楽しく、塗装が出来るようになって本当に良かったな~!と強く思っています。

BLACKRABBiTガチャセット届きました!

知り合いの塗装屋さん(GUNさん)がいつも塗っているアートトイのBLACKRABBiTのミニチュア版=ガチャの全6種セットです。どこのガチャも売り切れみたいなので入手するのが難しいらしく、だったらという事でネットで購入しました。「わざわざ買う必要無いのに!」とGUNさんに言われてしまいそうですが、Twitterのタイムラインを眺めていると私も並べて撮影してみたくなりまして(笑)。

GUNさんについては、以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければどうぞ。

マスキングシートを届けついでに

こちらはTwitterでも紹介した画像で、先ほどの6体を、パントンの色見本の上に並べて撮影した物となります。

以前SHUREのマイクを塗装した際に、色見本の上にマイクを載せて撮影をしたら華やかだったので、それと同じ方法で完成したワイヤレスマイクを撮影していたところ、丁度こちらのBLACRABBitが届いたのでついでに撮影した次第です。やはりと言うか背景が変わるだけで一気に華やかになりますね!

それぞれ色相を合わせると良い感じに映えてくれます。

こちらは塗装のご依頼を頂いていたマイクです。オーナー様に向けての紹介であれば背景はどうでも良いと思うのですが、

こんな感じの画にしてウェブサイトのトップページに掲載すれば、ご依頼を検討されている方は色々な事を想像し、塗装への意欲が増すのでは、と考えています。

ただ毎回こんな感じに色見本帳を広げて並べるのは結構面倒なので、この状態のまま仕舞っておき、何か撮影したい時にそのまま出せる背景用素材として活用しようと思います。

このキーホルダーだとちょっとちょっと合いませんが、アクセサリーとかならよく合いそうです。

撮影はかなり面倒な作業で、出来ればやりたくはないのですが、仕事としては後々間違いなく役に立ってくれるのが判っているので、如何に手間を掛けずに撮るか!と言う事に重きを置いています。ただ、まさに「ハァ~」ではありますけどね(笑)。

KORGキーボード塗装

仕事で行った塗装なので本来であれば日記の方での紹介となりますが、ちょっと特殊な内容だったので(通常の仕事としてはお受付しない方法)、こちらでの紹介となります。

最初の状態を紹介します。

状態としては新品で、色はシルバーの艶消し仕上げでした。恐らくですが、クリアーも塗っていない状態だと思います。

ご依頼内容としては、こちらのキーボード外装(筐体)をピンクに、

ただし各文字は残して欲しいとの事でした。

通常であればこれらの文字を残す事は出来なく、一旦違う色で塗装した上に新たに各文字を入れ直す(!)といった方法になりますが、各文字を一旦データ化しないといけないので、ビックリする程の金額となってしまいます。新聞が一部数百円で買えるのは一つの版で大量に刷るから出来る事で、これが一部だけの為となると数億円になってしまうのと同じ様に考えて頂ければと思います。

また分解についてもネックとなっていて、ご依頼頂く方が行うのは難しく、また当方としても見た事も無い物を作業するのは中々にリスクのある事ですが、

以前テスト的に行ったローランドのMIDIキーボードの分解経験があったので、その辺は心強かったです。Twitterで見る制作物とかで、一見すると「凄い!」と思う物でも、それが個人の物か(趣味の物か)、依頼品なのか(失敗が出来ない物なのか)という事で、全く別の見え方になりますので。

と言う訳で分解完了です。

各キーの配列は、途中何度も撮影を行って記録を行い(そして違う場所にもコピーを保存しておき)、また必要であればメモ等も残しておきます。自身記憶力が良く無い方なので、組み付ける時はすべての記憶を失っていても何とかなるようにとしています。

土台は塗らず、上側のカバーのみとなります。

マニュアルに沿った作業では出来ない所もあるので詳細は控えさせて頂きますが、まあ塗装屋さんならなんとなく判るのでは、と思います。

そして塗装完了後、組付け作業を行います。

組付ける時も一応撮影をしておきます。お納めした後に何かトラブルがあった際、画像を見て「コネクターを繋げていなかった・・・!」なんて事が判れば安心ですので。

そして完成です!

色は透過性のマゼンタ=キャンディーピンクとなります。

下地のシルバーや文字が透けているので、それらを残したまま色だけを変更できました。

仕事として行うにはかなり特殊な内容で、まず「完全な新品」と言う事が必須条件となります。

液晶パネル周りのアクリル板は恐らく両面テープでくっ付いていると思われ、外そうと思えば外せない事は無いと思いましたが、万が一割れるともう一台同じキーボードを用意しないといけない為、マスキングでの対応としておきました。

各文字も視認可能です。

「ピンク」の色味についてはお任せ頂いていたので、蛍光ピンクを使おうかとも考えたのですが、ダマが目立つのは避けたかったので、いつもの慣れたキャンディーカラーのマゼンタを採用しました。

ACアダプターが付属されていたので最後に一応動作テストも行い、ただ「音が出ない・・・!!」と思ったら、どうやらスピーカーは内臓されていなく、ヘッドフォンを挿して無地動作確認出来ました。スピーカー、着けないのが普通なんですか・・・。

以前は趣味で塗装したこちらのRolandのキーボードですが、ようやく仕事に繫がったという事で嬉しく思いました。

もう一台同型で塗装していないキーボードがあるので、そちらもいずれ仕事に繫がるよう何かしらの色で塗ってみようかと思います。今度は白い鍵盤を塗ってみたいですね!

BLACKRABBiTピアス作製Ⅱ

先日に引き続き、GUNさんから頂いたデータを基に、アクリル板をレーザー加工機でカットしたBLACKRABBiTです。今月末に開催されるデザフェスで販売を予定しているピアスの素材となります。

今回はスプラッシュ塗装を行うのを前提に、先にクリアーだけを塗っておく事にしました。

またそれだけだと寂しいので、見る角度で色が変わる光干渉型のパールも使いました。通常は黒に塗った下地に重ねて色の変化を楽しむ為の物ですが、種類によっては粒子が見えない透明性の高いタイプがあるので、今回はそれを使います。当店規定のNo.19ですね。

挿したヒートンのネジが見えないよう耳の部分にはシルバーを塗り、続けてキャンディーブルー、最後にクリアーを塗っています。

やめておけば良いのに結局色々な種類を作ってしまっています。

GUNさんお勧めのスプラッターなのも増産しました。デザフェスではこういうのが好きな方が多いようです。大丈夫ですかね・・・。

その後60分40℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。意外に手間が掛かっています。PRO_Fitが崩壊し兼ねないので程ほどにしておかないとですね。

一応「24時間以内なら足付け処理無しで再塗装が可」と言う事に倣って、スプラッシュ塗装を行いました。

最初の仕様は先にスプラッシュ塗装を行ってからクリアーを塗りましたが、やはりこちらの方が盛り上がりがハッキリしていて良い感じです。

こちらは顔の部分に光干渉型パールを塗った物で、この状態だと顔の部分が水色に見えますが、

見る角度によってはこのように透明に見えます。まあでも思った程のアピールが無いので(そして凄く面倒なので)もうしないと思います。

今回やってみて判りましたが、私の性格上同じ事を繰り返すのは余り(と言うかかなり)好きでは無いようでして、今の仕事が凄く楽しいのは、オーダーメイド的な内容を、毎回違う形(被塗物)で出来ているのが大きな理由だと感じました。採算性の面で良く無いのは判っていますが、ある程度のスリルとリスクを伴いながらの方がどうしても面白く感じてしまうんですよね。

と言う訳でその後それらを自宅に持ち帰り、休日を利用して金具を取り付けました。

あとこれとは別に、キャンディーカラーの色相環と、光干渉型パールをふんだんに使った色見本キーホルダーも作成しました。

それぞれ仕様が違っていて、個別に撮影&説明分を書くのはもう無理だと思い、こういった物は今後デザフェス等で直接販売をしようかと考えています。ズラーと並べて動画を撮影し、当方のサーバーを全く圧迫させないで済むSNSに投稿し、それを見て後は実物を見て頂くか、DM=ダイレクトメールのみで対応すれば楽だと思った次第です。

後はキャンディーカラーの色相環壁時計も持って行きたいので、それを何とかしないとですね。