コロナ禍の影響

  当工場には殆ど影響は無かったのですが、昨日全国での緊急事態宣言が明けたようで、これによりとりあえずは一安心と言う方も居るのではないでしょうか。

うちの場合は受付窓口を設けていないので元々人との接触が無く、またご依頼の殆どはウェブサイトを見た個人の方からのオーダーで、さらには従業員は雇わず一人でやっているという事もあり、この騒動でも以前に比べて全く変わりがありません。ただネットで見た記事によると、一か月だけでも収入が去年の半分になれば100万円が貰えるとの事で、だったら仕事をセーブして私もそうした方が良いと思ってしまったのですが・・・(勿論しませんが)。

上の画像は現在作っている色見本キーホルダーのテスト品で、仕事が終わってから少しずつやってはいるのですが、相変わらずそんな事をやっている時間が無くて中々思うようにいっていません。

表面は先日作っていたのですが、

今度は背面のアクリル板が無くなったので新たに作ってました。

 こちらは艶消し黒のアクリル板に、当ウェブサイトのQRコードをレーザーで彫刻しています。

 そこにベースコートの白を塗装し、

 台紙を剥がします。これが地味に面倒です。

そして以前塗装しておいた色相環のピースを台から切り離します。

サイズが小さいので糊面にベタ貼りするしか固定する方法が無く、それ故に塗装のバリが凄いです。

これをカッターで切り落とし、

二枚のアクリル板を貼り合わせ、それにピースを組んでいきます。

 そして完成です。

・・・が!

今回枠となるアクリル板の厚みを3mm→2mmにしたので、結晶塗装にしたパーツの歪が目立ちます。アクリル板を140℃で焼いているので、実は熱で結構反っているんですよね。

 以前作ったこれのように、段差をつけてあげれば反りは目立たないので、やはりこうしないと駄目な模様です。また作り直しですか・・・。

ちなみにイモリと色相環のピースを混ぜた物は、隙間にゴミが溜まりそうなのと、作る度にピースの角度や位置・配色が変わるのがどうにも我慢出来ないので、とりあえず辞める事にしました。

ただこれに関しては、色相環Ver.と同様メス型となるアクリル板を作る事で対応出来るので、いずれ各配色からしっかり練り直して作ろうと思います。しかしこんな感じではその内試作だけで色相環に塗ったピースが無くなってしまうのではと・・・(恐)。

 

今日は日経平均株価が2万1000円台に回復したとの事ですが、大田区にある場末の小物塗装工場にはこれも全く関係が無い話で、まあ地道にネチネチとやるしかないですかね。

フェラーリロッソコルサ 色見本キーホルダー

以前アクリル板に塗っていたフェラーリの「ロッソコルサ」(カラーコード:300)ですが、余り良い仕上がりでは無かったので、

 その後耐擦傷性の高いVOCプラチナクリアーで塗り直していました。

これがつい先日の事かと思っていたら、ここからあっと言う間に一年半・・・!

そのままお蔵入りにしようかと思っていたのですが、先日お問合せがあったので一応キーホルダー化をしておきました。

ロッソコルサの色味を見たいと言う以外に、耐擦傷性能がどれくらいなのかも確認してみたい!と言う方にはお勧めかも知れません(そんなマニアックな人は普通居ませんか・・・)。

売り切れになっていたクリスタルクリアーの小分けセットも追加しましたので宜しければどうぞ。

PRO_Fit ウェブショップ

塗装前処理剤 ハジキシラズ120g

 以前ウェブショップで販売したハジキシラズ30gですが、あっという間に売れてしまいまして、その後補充をしていなかったのですが・・・、

 今回新たに120グラムで追加しました。

以前は30グラムで¥200としましたが、今回は120グラムで¥600とさらにお得になっています(そして実際には容器を含めて140グラムくらいあるのでかなりお得なのではと・・・)。

以前の記事はこちらのページからどうぞ。

ただ発送は60サイズでの宅急便のみですので、これだけを買う意味は余りないのでは・・・と思う次第です(お一人様何本でも構いませんが、直接取りに来られるのはお控えくださいませ。発送のみの対応となります)。

以下のページからご購入頂けます。

ハジキシラズ120g

どうせなら送料120サイズにして、先日紹介した空一斗缶と、STANDOXペン立てをゲットする!という方法も良いかも知れません(どちらも無料で、これ一つお買い上げでも両方差し上げます)。しかしどちらにしても送料の方が高くなると思いますが・・・。

STANDOX空き缶(ペン立て)

 要らなくなった空き缶を使って作った、STANDOX仕様のペン立てです。

工場では実際にこんな感じで使っています。カッターや定規などを仕舞うのに丁度良い1L缶サイズです。

100円ショップが台頭する現在では想像し難いですが、昔の自動車板金塗装工場の現場では使い終わったパテの缶を綺麗に掃除して、ネジ入れなどに使っていたりする光景が良く見られました。

ただ塗料となるとこれを綺麗にする方が大変ですから、

現在はビスコの空き缶にSTANDOXのパッケージを巻いて作っています(ビスコは災害時用の工場備蓄品です)。

 なので中はとても綺麗です。

こちらも一斗缶と同様無料で、ウェブショップで他の商品を購入された方のみ、お一人様一個だけの限定となります。またこちらも発送のみの対応で、直接取りに来られても差し上げられません。どうせ送料が掛かるなら・・・という場面でご利用頂ければと思います。

STANDOX空缶

ちなみに自分用のは実際に塗料が入っていた物を掃除して使っています。赤は良く使うので、パッケージが綺麗なまま交換となる場合が多いのです。

缶を捨てる時は足で缶を潰しますが、STANDOXはパッケージのデザインが格好良いので、綺麗な状態だと勿体なくて捨てられないんですよね。