DIY送気マスク化キット

本塗り時用の空調システムを作ろうと思って追加部品を取り寄せたのですが、先日作った「3M防毒マスク改 送気マスク」が予想以上にお手軽&使い勝手が良かったので、それに必要な物を紹介を紹介します。お陰でサンドブラスト作業も使い捨てマスクが必要無くなりました。

内容は単純で、1メートルのポリウレタンホースに、固定用のユニオンと、エアー調整用のレギュレーター&チャックを取り付けるだけです。面倒な分岐は市販の物を使う事とし、これ単体にしました。

ハーフユニオンの先にはM5のネジ山があって、お手持ちのマスクに穴を開けてそれを挿し込み、ワッシャーとナットで固定するだけです。画像は既にワッシャーとナットが着いた状態です(なのでネジ山が見えません)。

ハーフユニオン取り付け部は、私は3Mの防毒マスクの真下にしました。意外とゴムが厚いので、結構強く押し込んでナットを引っかける必要があるかと思います。

エアーの調整はチャックの根元に着いたレギュレーターで行います。強く加圧しても余分なエアーは3Mマスクの弁から出て行くので、呼吸が息苦しくなったりする事はありません。

エアーの分岐はこういった市販の物を使えば良く、スプレーガンやエアーツール・サンドブラスト作業を行う場合は別途1~2メートルくらいのエアーホースを用意します。

またはスプレーガンのエアーとマスクを別にしたかったら、コンプレッサ―(またはエアータンク)から直接それ用のホースを引けば良いかと思います(ちなみにディーラー在籍時はそう言うシステムで、たださすがにホース2本を引き連れて作業をするのは結構邪魔でした)。

装着した状態の参考画像です。

上の画像だと防毒&防塵フィルターが着いた状態ですが、私は外して使っています。いざと言う時はエアーホースから離脱したい!と言う場合は、フィルターも着けておけば安心かと思います。

冷凍式エアードライヤーを通ったやって来た空気は冷たくなっているので、今の厳しい夏場ではこれのお陰で多少なり体が冷えてくれて助かっています。

注意する点としては、うちの場合はオイルフリーのコンプレッサ―且つフィルターを何層も通っているので臭いや異物など全く問題ありませんが、エアー自体が汚染されているとオイルを吸い込んだりするかも知れません。ご注意ください。

部品は全てMonotaROで揃えられますので、以下にリンクを貼っておきますね。


 

スピードコントローラー メーターアウト

(画像右側の部品単体です)

 


 

ハーフユニオン

(画像左側のストレートが良いかと思います)

 


 

チューブ ポリウレタン製

(実際に使うのは1メートルでOKです)

 


 

異径内・外ソケット

(使うソケットによって種類を変えて下さい)

 


後はエアーチャックと、ハーフユニオンを固定するM5のナットとワッシャーがあればOKです。

「ちょっと良く割らない・・・」とか、「買うのすら面倒臭い」、「そもそもモノタロウ使ってないし!」と言う方は、当ウェブショップでキット化した物を販売していますので宜しければそちらをどうぞ(ただし割高になるのでお勧めはしませんが・・・)。

DIY用送気マスクキット

自分一人でやっているならどうなっても構わないと思うのですが、雇っていた従業員が健康被害にあって、さらに訴訟を起こされたりしたら大変だと思いますので(まあそんな事になったら訴えられて当然ですが)、溶剤を扱うなら何かしら対応はしておく必要があるかと思います。ただ人を雇うならこんなDIY物では無く、ちゃんとした製品を定期的に買ってあげるべきだと思いますが・・・(もしくは毎日新しい吸収缶を支給してあげるとか、でしょうか)。

私も何かの間違いで長生きしてしまった場合、酸素ボンベを背負って生活するのは避けたいので、出来る事は今のうちにやっておこうと思った次第です。

また溶剤に限らず、磨きの時に出るコンパウンドの粉塵とかも実は相当ヤバい物らしくて、以前雇っていた人間はそれまで全くマスクとかしていませんでしたが、3Mの講習を受けて戻って来てからは、ほぼ100%マスクをして磨き作業をしていました。余程恐ろしいビデオ(多分塵肺)を見せられたのではと・・・(恐)。

色相環キーホルダー 試作完成

 先日最後の本塗りを終えていた色相環12色です。

全部出すと凄い量なので、取り敢えず一番小さいキーホルダーを作る分だけ出してみました。

 画像にある一番小さい扇型の物がキーホルダーに使う物です。

 固定はガムテープにそのまま貼っただけなので、フチがクリアーで埋まってしまっています。

 と言う訳で、カッターを使って12色を取り出しました。下に敷いているマットは1マス5ミリとなります。

 こちらは先日レーザーでカットしておいたアクリル板です。取り敢えず適当に艶消し黒で塗っておきました。

 土台はいつもの色見本キーホルダー用のプレートを使います。

 それぞれを所定の位置に嵌めていきます。

 こんな感じで完成です(後で押したらプレートはもう少し奥に入りました・・・)。

艶消し黒に塗ったプレートが2ミリ厚、色相環に塗装したアクリル片は3ミリ厚なので、表面に1ミリ飛び出るようになっています(なのでこの状態だとまだ全然出しが足りてません・・・)。

 色味が判り易いよう他の被塗物と並べてみました。上の画像のはGUNさんが塗ったマジョーラカラーのブラックラビットです。(GUNさんについてはこちらをどうぞ)。

 色が判り易いよう、どの画像もサイズの縮小以外は未加工としています(社外記で紹介する画像はPhotoshop Lightroomで編集加工する事がありますので念の為です)。

 下に敷いている大きいのは、今回のメインとなっている壁に飾る立体色相環色見本です。

どちらも単なる飾りでは無く、実際の塗装の色見本に使えるというのが味噌ですかね(ただしSTANDOXに限られますし、普通の人には全く必要が無い気が・・・)。

しかしやはりと言うかカラフルなのは見ているだけで楽しく、これをベースに色々派生させていきたいと思ってます。まずは壁時計ですかね~。

一斗缶改 ダスト・カー 2.0 販売

 先日より作製していました一斗缶製のダスト・カー、完成です。

元々シンナーが入っていて捨てる筈だった一斗缶を、ゴミ箱として再利用した製品です。今までも実際に現場で使っていたのですが、使い易いよう取っ手などを見直し、一般向けに販売してみる事にしました。

強度を上げる為に底には5.5ミリ厚のMDF板を嵌め込み、移動出来るようキャスターを取り付けています。ゴミ箱としていますが、かなり重たい物を入れても大丈夫です。

 キャスターは4輪ともストッパー付きの自在車で、安全且つ使い勝手を良くしています。

左がスタンドックスシンナーの空き缶で、右がノーブランド(洗浄用シンナー)となります。

ちなみにスタンドックス用のシンナー缶(左)は、内側と底にはコーティングが施されていないので錆易くなります。

それに対してノーブランドの方(右)は、元々水性塗料用として使われていた物の為か全体に錆び難い傾向にあります(恐らくはティンフリースチール)。自家塗装する際も足付け処理だけで塗料が乗る(密着する)ので、DIYを考えているのであればノーブランドの方がお勧めとなります。

 使用している一斗缶は出来るだけ綺麗な物を選んでいますが、基本的にはゴミになるような物だったので凹みや擦り傷はあります。

出来るだけ綺麗な物を選んで使っていますがあくまでもリサイクル品とお考え下さいませ(ただしシンナーの臭いとかは無いので大丈夫です)。

スタンドックスのシールも破れがあったり、シンナーで拭いた際にプリントが溶けている物もあります。

取り敢えず在庫限りとなりますが、ウェブショップで販売しますので宜しければご検討下さいませ。

PRO_Fitウェブショップ

その他、多少なり手を加えた物もあるのでそちらも紹介しますね。

要らなくなったコピー用紙をカットし、それを置いて色を塗り重ねていけば・・・

 こんな感じでカモフラ柄にも出来ます。こちらはクリアーは塗っていなくベースコートそのままなので、これくらいなら缶スプレーを使った自家塗装でも問題無く出来るかと思います。

こちらは市販の蓋に縞鋼板風のアルミ板を張り付け、黒に塗って取っ手を取り付けた物です。ちょっと残念な感じですが、汚したくない物を入れるにはこうすると良いかと思います。蓋は塗装済みの物も市販されています。

「アルミニウム縞板」で検索すると普通に売っていて、カットサービスを利用すれば自分で蓋を作る事も可能です。

こんな風にフチを残すようにすれば強度も保持出来て、椅子として使えたりもします(ただし自己責任でどうぞ)。

そのまま使って頂いても良いですし、素材用として楽しんで頂ければと思います。

ご購入はウェブショップでどうぞ!

色見本ミニカーマグネット販売

 色見本用マイクの素体が無くなったので夜な夜な複製作業に勤しんでいます。

色見本用の素体はシリコーン型に注型用のウレタン樹脂を入れて作りますが、その際には多少余分に作るので、余った分を色見本ミニカーの型に入れてそちらも作ります。色々ギリギリでやっているので「余ったから捨てる」と言う概念は当工場にはありません(苦)。

出来あがった樹脂製のミニカーはこんな感じで色見本として使っていますが、

今回はこのサフェ無し色見本の裏に穴を開けて、

 マグネットを埋め込みるようにします。以前ボールペンの塗装をご依頼頂いた時にも作っていたアレですね。

 そのまま押し込むだけでも嵌るのですが、時々外れる物もあるので、途中からエポキシ接着剤を塗っておく事にしました。

埋め込んであるのは10ミリ×2ミリの磁石で、メモなどを挟んで固定出来ます。

以前塗装した物があるのでそちらも紹介しますね。

 尚こちらの色見本マグネットですが、単体での販売には対応しておらず、またお受付は通常の塗装のみとなります(結晶塗装・透過性塗装等は不可となります。申訳御座いません・・・!)。

制作は塗装の(仕事の)ご依頼を頂いた場合のみで、そちらと同色のみとなります。後からだと間に合わない(塗料が足りない)恐れがありますので、塗装作業の御依頼と同時にお申し出下さい。

ご購入はPRO_Fitウェブショップまでどうぞ!(なんだかんだ色々と売れておりまして品切ればかりですいません・・・)。