2022デザフェス準備

以前作成していたGUNさんのBLACKRABBiTピアスですが、

今年の11月に開催されるデザインフェスタに私も出店する事にしたので、GUNさん本人と、大元のデザインを行ったhotaniさんの許可を得て販売する事にしました!

ちなみに前回はこのように一個一個ヒートンを埋め込んで塗っていましたが、

それだと効率が悪すぎるので、今回は鈴なりトマトよろしく一度に纏めて塗れるようにしました!これなら販売価格を前回の半分以下に落とせると思います。

また今回はピアス用のはもっと小さいサイズにしました。元は全長30mmで厚みが3tだった物を、21mmの2tとしています。

ここまで小さくなるので、さり気なく身につけられて良いと思います。大きい方はキーホルダーですね。

これだと纏めて塗れるので、単色でもこのようにグラデーションで塗る事でそれぞれ違う濃度の物が出来たりします。まあこれは単にテスト塗装で先日丁度テールランプの塗装をする時に一緒に塗っただけですが。

こうやって見ると普通のレッドキャンディーより薄くしたピンクの方が可愛かったりするのに気づきます。普段の仕事だと薄い仕上げにする事が無いので、こういった発見は面白いですね。

そして以前テスト的に作成した透過色見本キーホルダー(本来はピアスにしようと思ってた)ですが、こちらも販売出来るように仕上げようと思っています。ちなみに画像は着色したエポキシレジンを流し込んで作っていますが、次はちゃんと塗装で仕上げるつもりです。

あとは以前遊びで作っていたイモリキーホルダーですが、こちらも改めて色相環の12色を使った物で販売しようと考えています。

とりあえずこんな感じで隙間に樹脂を流し込んでみましたが、クォリティを担保したままこれをするのはかなり難しいので、もう少し検証して何とか仕上げたいと思っています。てっきりシャバ―と流れて行ってくれるかと思いましたが、一か所一か所シリンジで流し込んでいてとても大変です。

あとそれの大きいタイプも作りました(笑)

これは以前塗っておいた色相環のピースに合わせて新たに土台を作成しただけなので、実はそんなに手間は掛かっていません。2個分だけあったんですよね。

サイズを大きくしただけなので全体で見た雰囲気が野暮ったく、ただこれは販売するのではなく、私の首から下げてPRO_Fitの人だと判るようにですね。デザフェスではGUNさんと並んで出店するので多分そちらのお手伝いもする事になるでしょうから(BLACKRABBiTは開店早々凄い売れ方をするので手伝わざるを得ない感じです!)、フォロワーさんに私だと判って貰えるようにですね(Twitterのアイコンがこれなので)。

あとは以前から出来上がって在庫している壁時計も販売する予定です。通販だとどうしても通常業務の合間にやらないといけなく、さらに本業が赤字になってしまいますから、だったらという事で針を外した状態での店頭販売にしようかと思った次第です。それなら10個でも余裕で持っていけますからね。

という感じで、また作業が進行しましたら紹介させていただきます!

色相環+結晶塗装壁時計 完成

今まで作っていたのはこういった背板が白い物や、

こういった黒い物

その他グレーブルーっぽい色の物(VWアクエリアスブルー)を、ベースコートのみ(クリアー塗装無し)で仕上げていたのですが、

さらに当店らしい物を!という事で、

結晶塗装を施してみました!

素材はMDF=木製品なのでてっきり熱を掛けた時に泡を吹いたりするかと思ったのですが、

金属の場合と同じく普通にそのままで焼き付けて綺麗に仕上がってしまったのです。

在庫している塗装済みの色相環ピースを集め、

それらと背板をシーリング接着剤(シーカフレックス221)を使って固定します。ピースの裏側はアクリル樹脂素地が露出しているので、プラスチックプライマーも塗っておきます。

最後に針を着けて完成です!

ちなみに今まで出品していたものは全部売れてしまっていて、その後追加で作成したのですが、どれも採算が全くあっていないので売るのが勿体ないと思い、現在は販売を停止しています。

ただ今後は「針を外した状態で梱包」(取り付けは購入された方にやって頂く)という事を考えていて、それが可能になれば多少なり赤字幅も減らせるかと思っていて、とりあえずその仕様で今度のデザフェスに出店して販売してみようと考えています。通常の壁時計と違って針がむき出しですから、発送や梱包で気を遣うのもネックだったんですよね。

この辺にプレートか何かのアクセントが着けば良さそうだと思うのですが、360度どの方向でも大丈夫!というのもあるので、とりあえずは何も無しにしておこうかと思います。もしくは限定でPRO_Fitのカーボンエンブレムを着けるとかですかね。

それにしても結晶塗装のストラクチャーがめちゃくちゃ格好いいです。

色相環のピースのエッジが立っているのも私的に大好きです(自動車のボディではこういったところは安全上廃されてしまっているので)。

11月のデザインフェスタでは知り合いの塗装屋さん(GUNさん。笑)と一緒に出店する予定なので、これらを含め、塗装を施した物を色々販売しようと思っています。

今の環境(諸々の固定経費)でのこういった物販行為はどうしても赤字を免れませんが(なのでとりあえず通販は辞めました)、ワークショップや小物塗装の宣伝を兼ねればそういった催しにも出る意義もあるかと思った次第です。

経営の事だけを考えると仕事をしていた方が間違いないですが、あと25年は働き続けなければならないので(具体的には家のローンがその期間ある為)、環境が変わっても今の塗装の仕事が続けられるよう、色々な事を試しておかないといけない訳ですね。

壁時計自作キット販売

先日作成した、西陣織を使った壁時計です。

とりあえずこれで完成だったのですが、短針と長針の貼りが太くてちょっと野暮ったいと感じていたので、

針の中央をマスキングしてフチを黒に塗り、それを剥がしたら針全体に見る角度で色が変わるマジョーラっぽい光干渉型パール(当店規定No.4)を塗りました。

ゴールドの色味は柔らかい感じになり、フチは見る角度で色が変わります。

フチは光が当たらないと下地に塗った黒が目立つので、針が細く見えてスリムに感じられます。

という事ですが、この西陣織壁時計を作るのに使う材料をキットで販売しようかと考えました!

西陣織を貼るのは大変ですが、千代紙や、

薄いファブリックであれば初めての方でも簡単に綺麗に貼れるかと思います。

あと読み終えて捨てる本が勿体ないので、

気に入った頁の一部を切り取ってピースにしたりするのも面白いかと思った次第です。

漫画で感動したシーンとかも良いですね!

西陣織の時計ではベースを塗装しましたが、市販の和紙などを貼れば簡単に装飾が可能です。

フチは殆ど見えないので多少ガタガタしても問題無いかと思います。

ちなみに作成したピースを綺麗に配置するのは難しいですが、

それようのジグとそれを固定するボルトもキットに含めるので、

それに合わせて固定すれば誰でも簡単にピッタリの位置に貼り付けられるかと思います。

接着剤が乾いたら、短針→長針→秒針の順番に針を取り付けて完成です。

素材のMDFは糊や木工用ボンドとの相性が良いのが特徴です。

千代紙はネットで買えますし、文房具屋さんや100円ショップなどでも入手できると思います。

とりあえずウェブショップでの販売をしてみて、11月に開催されるデザフェスに参加出来たら販売もしてみようと思います。値段は¥3,000くらいを考えています。

色相環壁時計15cm

以前作成して販売していた色相環壁時計ですが、売れば売る程に会社が傾くと言うヤバイ物だという事が判明し(苦)、なので現在は制作をストップしています。今の工場は「オーダーメイドで塗装を行う為の設備」としている為、それなりの固定経費が掛かっているのでそれは至極当然の事なんですけどね。一昨年に比べて年間の売り上げがかなり下がっていてビックリしました・・・。

尚、その壁時計は大小色々なサイズを作っていて、これが大きい物程金額は高くなるのですが、かといって小さい物でもそれなりの手間は掛かる為、驚くほどの金額を下げる事は出来なく、なのでこれこそ到底売り物になんて出来ない・・・!という考えに至りました。

だったらという事で、Twitterで懸賞キャンペーンみたいなのをしてみる事にしました。

一番大きいサイズが直径30cmで、こちらはその半分=15cmのミニサイズです。ですので天井近くに掛けると小さ過ぎますが、目線と同じくらいやデスク回り、玄関やトイレ等の狭いスペースに丁度良いと思います。

たださすがにこれを一万円程度で作る事は難しく、なのでこちらは今の工場では無く、いずれ歳をとってから僻地や自宅の作業場で細々と作って売っていこう、というコンセプトですかね。

と言う訳で、宜しければ是非ご参加頂ければと!

@Takahata_P

あと他に、試作で作っていた色相環キーホルダーも幾つかあったので、今の懸賞キャンペーンが終わったらこちらもプレゼントにしようと思います。

完成形は背面盤に結晶塗装を施していますが、こちらはフラットになっています。テクスチャーが違うだけでこれだけイメージが変わるのか!と感じられるのがとても判り易いです。

こちらも作れば作る程赤字になる商品ですが、幸いにして自宅でも出来るという事でこれは時間が出来たら再び制作&販売する予定です(当分先になるかも知れませんが・・・)。

裏側のデザインも現在は色相環とRGB値をドロー画で表現した物になっていて、こちらはそれにする前の、当ウェブサイトへのリンク=QRコードとなっています。

ちなみに今年は少し違うタイプの壁時計を作ろうと思っていて、そちらも進行しましたらまた紹介させて頂きます。今後のは塗装屋的に負担の少ない内容を目指しました(笑)。