塗装前処理剤 ハジキシラズ120g

 以前ウェブショップで販売したハジキシラズ30gですが、あっという間に売れてしまいまして、その後補充をしていなかったのですが・・・、

 今回新たに120グラムで追加しました。

以前は30グラムで¥200としましたが、今回は120グラムで¥600とさらにお得になっています(そして実際には容器を含めて140グラムくらいあるのでかなりお得なのではと・・・)。

以前の記事はこちらのページからどうぞ。

ただ発送は60サイズでの宅急便のみですので、これだけを買う意味は余りないのでは・・・と思う次第です(お一人様何本でも構いませんが、直接取りに来られるのはお控えくださいませ。発送のみの対応となります)。

以下のページからご購入頂けます。

ハジキシラズ120g

どうせなら送料120サイズにして、先日紹介した空一斗缶と、STANDOXペン立てをゲットする!という方法も良いかも知れません(どちらも無料で、これ一つお買い上げでも両方差し上げます)。しかしどちらにしても送料の方が高くなると思いますが・・・。

STANDOX空き缶(ペン立て)

 要らなくなった空き缶を使って作った、STANDOX仕様のペン立てです。

工場では実際にこんな感じで使っています。カッターや定規などを仕舞うのに丁度良い1L缶サイズです。

100円ショップが台頭する現在では想像し難いですが、昔の自動車板金塗装工場の現場では使い終わったパテの缶を綺麗に掃除して、ネジ入れなどに使っていたりする光景が良く見られました。

ただ塗料となるとこれを綺麗にする方が大変ですから、

現在はビスコの空き缶にSTANDOXのパッケージを巻いて作っています(ビスコは災害時用の工場備蓄品です)。

 なので中はとても綺麗です。

こちらも一斗缶と同様無料で、ウェブショップで他の商品を購入された方のみ、お一人様一個だけの限定となります。またこちらも発送のみの対応で、直接取りに来られても差し上げられません。どうせ送料が掛かるなら・・・という場面でご利用頂ければと思います。

STANDOX空缶

ちなみに自分用のは実際に塗料が入っていた物を掃除して使っています。赤は良く使うので、パッケージが綺麗なまま交換となる場合が多いのです。

缶を捨てる時は足で缶を潰しますが、STANDOXはパッケージのデザインが格好良いので、綺麗な状態だと勿体なくて捨てられないんですよね。

150mmマスキングテープホルダー2.0

 先日から作成していた150ミリ幅用のマスキングテープホルダーですが、その後気になる点があったので改良しておきました。

 マスキングテープは端の断面が一番重要で、そこに埃が付くのを嫌うのもそうですが、何かに当たって糊面が荒れるのも凄く嫌なので、クラッチみたいな感じにテープとホルダーの間に2ミリのアクリル板を入れてみました。判り易いよう乳白色にしていて、これで気になる点は全て解消出来ました。

 両端の板にはS字フックなどが引っかけられるよう、6ミリの穴を四隅に開けておきました。画像みたいにカラビナなどを付けたり、壁に固定してたりも出来るかと思います。

今回丁度プラスチックプライマー(800R)を購入される方がいらしゃって、これらのマスキングテープも一緒に買って頂きました。カッティングプロッターを使っている方だと、これの便利さが判って頂けるのかもですね(逆を言うとそれ以外にこの幅を使いこなす人は居ないかと・・・)。

あとウェブショップを更新したついでに空の一斗缶を無料で差し上げられるようにしました。全くの未加工で、本当にただの一斗缶です。使い終わった後の産業廃棄物なので凹みや傷はありますが中は綺麗です(細菌すら生きていけないくらいに。笑)。自分でゴミ箱を作りたいという方にはお勧めかと思います。

ただこちらはウェブショップで他の商品を購入された方のみ限定で、また発送のみとなります(直接取りに来られても差し上げられません)。今回のように何か買われた際、どうせ送料が掛かるなら・・・という場面でご利用頂ければと思います。

尚、画像はSTANDOXですが大抵は洗浄用シンナーの空き缶で、これらは選べません。ご了承くださいませ。

空一斗缶

加工例も紹介しますね。

キャスターと取っ手を付ければ移動式のゴミ箱になります。知り合いの方は印刷用の幅広ロール紙を入れるのに重宝しているとの事でした。

塗装を施したりも面白いかと思います。

STANDOXの1L丸缶(ペン立て)と、小分けハジキシラズも在庫が無くなっていたので、こちらも近日中に補填しようと思います。

DIY送気マスク化キット

本塗り時用の空調システムを作ろうと思って追加部品を取り寄せたのですが、先日作った「3M防毒マスク改 送気マスク」が予想以上にお手軽&使い勝手が良かったので、それに必要な物を紹介を紹介します。お陰でサンドブラスト作業も使い捨てマスクが必要無くなりました。

内容は単純で、1メートルのポリウレタンホースに、固定用のユニオンと、エアー調整用のレギュレーター&チャックを取り付けるだけです。面倒な分岐は市販の物を使う事とし、これ単体にしました。

ハーフユニオンの先にはM5のネジ山があって、お手持ちのマスクに穴を開けてそれを挿し込み、ワッシャーとナットで固定するだけです。画像は既にワッシャーとナットが着いた状態です(なのでネジ山が見えません)。

ハーフユニオン取り付け部は、私は3Mの防毒マスクの真下にしました。意外とゴムが厚いので、結構強く押し込んでナットを引っかける必要があるかと思います。

エアーの調整はチャックの根元に着いたレギュレーターで行います。強く加圧しても余分なエアーは3Mマスクの弁から出て行くので、呼吸が息苦しくなったりする事はありません。

エアーの分岐はこういった市販の物を使えば良く、スプレーガンやエアーツール・サンドブラスト作業を行う場合は別途1~2メートルくらいのエアーホースを用意します。

またはスプレーガンのエアーとマスクを別にしたかったら、コンプレッサ―(またはエアータンク)から直接それ用のホースを引けば良いかと思います(ちなみにディーラー在籍時はそう言うシステムで、たださすがにホース2本を引き連れて作業をするのは結構邪魔でした)。

装着した状態の参考画像です。

上の画像だと防毒&防塵フィルターが着いた状態ですが、私は外して使っています。いざと言う時はエアーホースから離脱したい!と言う場合は、フィルターも着けておけば安心かと思います。

冷凍式エアードライヤーを通ったやって来た空気は冷たくなっているので、今の厳しい夏場ではこれのお陰で多少なり体が冷えてくれて助かっています。

注意する点としては、うちの場合はオイルフリーのコンプレッサ―且つフィルターを何層も通っているので臭いや異物など全く問題ありませんが、エアー自体が汚染されているとオイルを吸い込んだりするかも知れません。ご注意ください。

部品は全てMonotaROで揃えられますので、以下にリンクを貼っておきますね。


 

スピードコントローラー メーターアウト

(画像右側の部品単体です)

 


 

ハーフユニオン

(画像左側のストレートが良いかと思います)

 


 

チューブ ポリウレタン製

(実際に使うのは1メートルでOKです)

 


 

異径内・外ソケット

(使うソケットによって種類を変えて下さい)

 


後はエアーチャックと、ハーフユニオンを固定するM5のナットとワッシャーがあればOKです。

「ちょっと良く割らない・・・」とか、「買うのすら面倒臭い」、「そもそもモノタロウ使ってないし!」と言う方は、当ウェブショップでキット化した物を販売していますので宜しければそちらをどうぞ(ただし割高になるのでお勧めはしませんが・・・)。

DIY用送気マスクキット

自分一人でやっているならどうなっても構わないと思うのですが、雇っていた従業員が健康被害にあって、さらに訴訟を起こされたりしたら大変だと思いますので(まあそんな事になったら訴えられて当然ですが)、溶剤を扱うなら何かしら対応はしておく必要があるかと思います。ただ人を雇うならこんなDIY物では無く、ちゃんとした製品を定期的に買ってあげるべきだと思いますが・・・(もしくは毎日新しい吸収缶を支給してあげるとか、でしょうか)。

私も何かの間違いで長生きしてしまった場合、酸素ボンベを背負って生活するのは避けたいので、出来る事は今のうちにやっておこうと思った次第です。

また溶剤に限らず、磨きの時に出るコンパウンドの粉塵とかも実は相当ヤバい物らしくて、以前雇っていた人間はそれまで全くマスクとかしていませんでしたが、3Mの講習を受けて戻って来てからは、ほぼ100%マスクをして磨き作業をしていました。余程恐ろしいビデオ(多分塵肺)を見せられたのではと・・・(恐)。