販売用壁時計

  当ウェブショップにて販売をしている壁時計ですが、現在それらは全ては売り切れ状態としています。在庫自体はまだあるのですが、GW明けから大量の仕事が入ってしまい、この状況で不採算部門(苦)を動かして本業に影響が出る訳にはない(今以上に納期が遅れるのは避けたい)、といった感じです。

・・・が!

一つだけ残っていた真っ白の壁時計=無色環壁時計を、うっかりそのまま販売し続けていたのを忘れてしまっていて、つい先日、最後のこちらの品が無事ドナドナ、お買い上げ頂いて旅立っていきました。

またその際に、オプションで交換できるようにしているSKP=シチズンの高性能ムーブメントが在庫切れだった為、購入された方には少しお待ち頂き、急遽こちらを追加注文する事になりました。とりあえず一個だけで良かったのですが、10個だと単価が安くなる事、また¥7,700を超えると送料が無料になるのでまとめて購入しています(大体いつもこうするので工場内は色々な物で溢れ返っている訳です・・・)。

ちなみにこのムーブメントはいつもこちらのショップさんを利用させて頂いております。

手作り時計.com

と言う訳で、既存のムーブメント(海外製の比較的お安い物)と組み換えし、一日稼働テストを行って、問題無いのを確認したら発送の準備をしました。

また今回は、こちらのSTANDOX缶(風)のペン立てもご希望頂きました。当ウェブショップを利用すると無料で差し上げている、こちらですね。

あと同じ様に、これは買う方が居ないだろうと思って放置していた「モールテックス+色相環壁時計」もお買い上げ頂いていたりしました。他の壁時計に比べると高額なのでまさか売れないだろうと思っていたのですが、私と同じくコンクリートの質感が好きな方がいらっしゃったようです!(そうなのかは不明ですが・・・)。

ちなみにその際「裏側も見たい」との事で、

撮影したのがこちらです。シンプルと言うか殺風景過ぎますね・・・。

私的にコンクリートのような「人工物+無機的」な質感が好きで、ただ本物のコンクリートを使うとその重さから壁時計に使うのは危険過ぎる為、どうしたら軽量化できるか・・・!という事で出来あがったのがこちらのモールテックス仕様でした。

ある程度DIYとか好きな方なら「漆喰で良いんじゃ?」と思うかも知れませんが、表面が粉っぽかったり、経年で劣化&剥落するのは避けなければならなかったので、MDF材に塗れる(そして剥がれないとメーカーが明言している)こちらの製品を使う事になりました(しかし材料がともてお高いので未だ赤字が続いていますが…)。

在庫して飾っている壁時計はいつ出品してもOKな状態なのですが、とりあえず売り切れてしまった無彩環仕様と、こちらのモールテックス仕様を追加制作して、それが出来たら一緒に販売を開始しようと思っています。

年末になれば落ち着くと思うのですが、うーん、どうでしょう・・・。

2021 DESIGN FESTA Vol.53行き

以前より紹介していた、自作品のピアスやキーホルダーです。余っていた有孔ボードで使って簡易的な棚を造り、飾ってみました。場所はいつもの工場二階の流し台の上です。

飾ってあるアクセサリー類は全てハンドメイドで、箱買いしているアクリル板の端材をレーザー加工機でカットし、それに塗装を施しています。

ブラックラビットはGUNさんが塗装して販売しているフィギアですが、今回データを送って頂き、それを基に作成、販売する事になりました(また今回これらを販売したデザフェスでは、ブラックラビットの産みの親である方にもお会いしました!)。

施した塗装は、見る角度によって色相が変わる光干渉型のパールや、キャンディーカラーのグラデーション、またスニーカー塗装のワークショップで行ったスプラッシュ塗装なども応用してみました。塗装としてはかなり変則的ですが、下地のトップコートクリアーを塗ってから24時間以内に同社STANDOXの2Kエナメルを重ねるという事で、一応はメーカーのマニュアルに沿った仕様となっています(塗装後24時間以内なら足付け処理無しで塗装が可能なのですが、私的にはそれも不安なので仕事では殆どやりません)。

他には、今出来る事をふんだんに詰め込んだ色見本キーホルダーなども作成しています。一般の方には全く関係ないのですが、どの色も配合データがしっかりしているので、後で同じ色を再現が可能!と言うのが肝となります。まあそれが役に立つのは知り合いの塗装屋さん(GUNさんとG-SHOCK塗装屋さん)だけだったりするのですが・・・(笑)。

と言う感じで、工場で作っておいたそれらの品々を自宅に持って帰り、会場まで電車と徒歩で運べるようにしました。壁時計は普通のトランクケースだと入らないのでL字型のカートに、細々とした物はモンベルの50Lリュックにパンパンに詰め込んでいます。黒いリュックに色相環が凄く良い感じです!

と言う訳で翌日の朝、東京テレポート駅からすぐの場所にある東京ビッグサイト青海展示棟に到着です。以前オートサービスショーで来た所と同じですね。懐かしい!

  一般の方の入場は11時からで、事前にGUNさんから頂いた搬入者用のチケットを持っていると早い時間から中に入れます。ボードに釘を打ちつける音が建物内に響いていて、いよいよ始まるのか~!と気持ちが昂ぶります。

予めGUNさんが借りていた背面ボードとカウンターの什器に、GUNさんが徹夜で印刷して持ってきた木目シートを貼りました。学生自体に味わえなかった文化祭が、今になって楽しめている感じです(高校の時は余り学校に行かなかったのでそういった催しも参加していませんでした・・・)。

今回の肝は何といってもこちらのブラックラビットのガチャで、今回はGUNさん自ら機械を購入し、先行してここ限定で販売しています。やはりと言うかこれの為に朝から行列が出来て、昼過ぎには持ってきた200個全てが売り切れてしまいました。300円は安すぎですから誰だって回しまくりです。

私の方も多くの方にお買い上げ頂いて、高過ぎて絶対売れないと思っていたキャンディーカラー+光干渉型の色相環キーホルダーは初日でほぼ売れてしまい、一日目が終わって帰ってから急いで増産しました。

↓このような感じです。

使われている色の殆どが3コートカラーで、使っている色数は大体18色、15個のパーツを組み合わせてこの一つのキーホルダーになっています。一般の方より塗装屋さんが見た方が「随分と面倒臭い事やってるな・・・」と思うかも知れません。実際かなりの手間なのでもう増産はしないと思います・・・(作れば作る程赤字なので)。

壁時計はこちらの4個を持って来ていて、「実物を見てから買おうと思って来た」と言う方が欲しかった25cm 背面白の仕様がここには無く、なので後日工場から発送という事で対応をさせて頂きました。伺った住所からしてわざわざこれの為に来ていただいたとしたら、本当に至極恐縮です。

 そしてGUNさんのガチャですが、二日目も昼過ぎには売り切れとなりました(笑)。

私も回したかったのですが、ここは一般の方が優先だろうと言う事で、控えておきました。来週あたりから全国展開になるそうなので、そうなったら私も回しまくりたいと思います!(ただ素体をかなりの量分けて貰えるとの事なので、私はそれを塗れば良いという事もあるのですが)。

その他の会場の様子です。ライブペインティングは面白いですね!

終わった後は全部剥がしてしまうとの事で、勿体なく、そして儚いです。

こちらなんて凄く良い感じでした。

こちらの作品も素晴らしかったです。モノクロとカラーとの対比がとても良い感じです。

そしてこちらの色相環壁時計は梱包を終え、お買い上げいただいた方へ発送を行いました。

現在ウェブショップでは全て売り切れにしていますが、後日改めてそちらに出品しようと思います。

ピアス・キーホルダーについては個別で撮影&販売するのは大変過ぎるので(これ以上労力が掛けられません・・・)、並べて動画で撮った物をTwitterにアップ、欲しい方はそこからピックアップしてDM(ダイレクトメール)にて対応しようと思っています。

GUNさんはデザフェスに14年くらい出続けているとの事で、しかもTwitter歴も長く、やはりと言うか多くのファンが居るようで、これらのブラックラビットが飛ぶように売れていくのを目の当たりにしました。

私の方も想定していたより倍くらいの売り上げになり、恐らく初回としては大成功と言える内容だったと思います。ブラックラビットに便乗した効果は凄かったと感じました。

また「前からTwitter見てました!」と言って来て下さった方々も多く、自分の工場以外アウェーと思っている私としては、とても心強く、そして嬉しかったです。

初めて参加したデザフェスは想像以上に楽しくて、また何か新しい物を作ったら出店したいと思います!(ただ二週間休み無しで働いている感覚が強く、「まだ火曜日なのか・・・!」と驚愕しました。笑)。

BLACKRABBiTピアス作製Ⅱ

先日に引き続き、GUNさんから頂いたデータを基に、アクリル板をレーザー加工機でカットしたBLACKRABBiTです。今月末に開催されるデザフェスで販売を予定しているピアスの素材となります。

今回はスプラッシュ塗装を行うのを前提に、先にクリアーだけを塗っておく事にしました。

またそれだけだと寂しいので、見る角度で色が変わる光干渉型のパールも使いました。通常は黒に塗った下地に重ねて色の変化を楽しむ為の物ですが、種類によっては粒子が見えない透明性の高いタイプがあるので、今回はそれを使います。当店規定のNo.19ですね。

挿したヒートンのネジが見えないよう耳の部分にはシルバーを塗り、続けてキャンディーブルー、最後にクリアーを塗っています。

やめておけば良いのに結局色々な種類を作ってしまっています。

GUNさんお勧めのスプラッターなのも増産しました。デザフェスではこういうのが好きな方が多いようです。大丈夫ですかね・・・。

その後60分40℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。意外に手間が掛かっています。PRO_Fitが崩壊し兼ねないので程ほどにしておかないとですね。

一応「24時間以内なら足付け処理無しで再塗装が可」と言う事に倣って、スプラッシュ塗装を行いました。

最初の仕様は先にスプラッシュ塗装を行ってからクリアーを塗りましたが、やはりこちらの方が盛り上がりがハッキリしていて良い感じです。

こちらは顔の部分に光干渉型パールを塗った物で、この状態だと顔の部分が水色に見えますが、

見る角度によってはこのように透明に見えます。まあでも思った程のアピールが無いので(そして凄く面倒なので)もうしないと思います。

今回やってみて判りましたが、私の性格上同じ事を繰り返すのは余り(と言うかかなり)好きでは無いようでして、今の仕事が凄く楽しいのは、オーダーメイド的な内容を、毎回違う形(被塗物)で出来ているのが大きな理由だと感じました。採算性の面で良く無いのは判っていますが、ある程度のスリルとリスクを伴いながらの方がどうしても面白く感じてしまうんですよね。

と言う訳でその後それらを自宅に持ち帰り、休日を利用して金具を取り付けました。

あとこれとは別に、キャンディーカラーの色相環と、光干渉型パールをふんだんに使った色見本キーホルダーも作成しました。

それぞれ仕様が違っていて、個別に撮影&説明分を書くのはもう無理だと思い、こういった物は今後デザフェス等で直接販売をしようかと考えています。ズラーと並べて動画を撮影し、当方のサーバーを全く圧迫させないで済むSNSに投稿し、それを見て後は実物を見て頂くか、DM=ダイレクトメールのみで対応すれば楽だと思った次第です。

後はキャンディーカラーの色相環壁時計も持って行きたいので、それを何とかしないとですね。

ピアス “ティファニーグリーン&蛍光グリーン”塗装 完成

先日塗装したイモリ(トカゲ)に金具を着け、ピアスにしました。

頭の部分をブガッティのティファニーグリーン(ブルー)に、

尻尾の部分は蛍光グリーンで透過するようになっています。

色とトーンが合っているせいか2色の組み合わせがとても良い感じで、

見る角度によっては翡翠のようにも見えてしまいます。

各画像はいつものようにサイズの縮小以外は未加工となります。

中々良さそうなので、こちらは量産品の一つに入れようと思います。