自作塗装ブース+クーラー

当工場の塗装ブースは自作ですが、一応本ブースと同じく給気は1次フィルター→2次フィルター(天井フィルター)を通る構造となっていて、排気は奥の浄化装置(マストクリーナー)を通って外に排出されるプッシュプル型となっています。

浄化装置については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照くださいませ。排気ダクトを設置せず、ほぼ住宅地のこの場所で塗装が出来るのはこれのお陰かと思います。

排気浄化装置レビュー

自作の塗装ブースについては以下の記事が判り易いかと思います。

自作塗装ブース① 躯体編

これに先日エアコンを取り付けまして、改めて自作塗装ブースを設置した工場一階の仕組みを紹介しようと思います。

工場一階は約20坪で、それを3つの区画に別けています。真ん中が塗装ブース、左が浄化装置のユニットやら塗料置き場、右がコンプレッサーや工具置き場&作業スペースとなっています。

左側の奥の部屋は塗料を保管したり色(クリアー)を作ったりする場所で、そこにある窓から外気を取り込んでフィルターを通し、塗装ブース内にクリーンなエアーを送ります。そして今回この部屋にクーラーを取り付ける事で、ブース内に送り込むエアーが冷やされて雰囲気温度を下げてくれる!と言う構造となります。

 

こんな感じで左奥の部屋にクーラーを取り付けた事で塗装ブース内に送り出す空気が冷やされ、ブース内の雰囲気温度が下がります。

また画像右側の作業スペースに置いたコンプレッサー付近にも、1次フィルターから引っ張った空気が強制的に排出されるようになっているので、ここから冷えた空気をコンプレッサーに取り込み、スプレーガンから出るエアーと、また私がマスクから吸っている空気も冷えて良い事だらけとなります。特にエアーマスクは、冷凍式エアードライヤーで冷やされた空気のお陰で「これさえ着けていれば体(肺)の中から涼しい!」という事になり、もう普通の防毒マスクには戻れません。

基本的に仕事は好きなので(やったらやっただけ自分の物になりますから当然です)、出勤時は毎日ルンルンなのですが(笑)、近年の真夏の猛暑だけは気持ちが凹んでいましたから、これでようやく通年楽しく仕事が出来ます。ヤバイですね~(笑)。

エアコン設置

 今の工場に引っ越してからおよそ8年、遂にうちにもクーラーが!

長い間耐え忍んでいましたが、ネットで比較的安い製品を見つけたので清水の舞台から飛び降りる勢いでクリックしてしまいました。持続給付金では無く、自腹での購入です(と言うか当店はこれが一円も貰えません・・・)。ここまで本当に長かったです(涙で画面が滲んで見えません)。

 冷房出力は7.1kwで、カタログによると30畳用との事です。エアコンなので勿論クーラーだけじゃなく暖房も使えます。

ちなみに安く買えたのには理由があって、恐らくは去年発売された製品で(型遅れ品)、また取り付けは自分で手配するスタイルです。店舗を持たず新製品は取り扱わない、ネット販売専門のショップさんですね。

取り付けは自分でやろうかとか一瞬考えましたが、その間に働いていた方がトータルではコストを落とせる筈なので、普通にプロの方にお願いする事にしました。

 ただエアコンを取り付ける場所はスプレーガンが引っかけてある壁の上側なので、工事の邪魔にならないようその辺にあった計量器やら塗料などを全部を出さなければならないのが大変でした・・・。

無事設置が完了し、ついでなので換気扇なども掃除しておきました。

ちなみに何故ここに取り付けたのかと言うと、主に冷やしたいのは人間(私)では無く被塗物の方でして、ここ数年の夏はちょっとあり得ないくらいの猛暑ですから、本塗りを行う時のブース内雰囲気温度をどうにか下げたかったのです。

取り付けた場所が判り易いよう、以前ブースを作っている時の画像で紹介しますね。

塗装ブース奥にある部屋には強制送気用のファンが左右に一基ずつ設置されていて、窓から吸い込んだ外気をここから一時フィルターを通ってブース天井に送るようになっています。

なのでその通り道にクーラーを設置すれば、冷えた空気がブース全体に行き渡るという算段でして、「これ以上硬化剤もシンナーも遅く出来ない・・・!」と言う問題にも対処出来るようになりました。今の小物塗装の場合、肌を残さないような塗り方にしているので(特にテールランプ)、一番乾燥硬化が遅い仕様(MSハードナー25-40+リターダーシンナー35-40)ではもはや不十分だったんですよね。しかも油断するとナイアガラ(取り返しがつかないようは激しいタレ)になったりでコントロールが難しく、真冬の方が余程塗り易いです。

画像は以前の物で、今は床がもっと汚いです。あの扉の奥の部屋がキンキンに冷やされ、天井からクリーンでクールなエアーが舞い降りる!と言う寸法です(しかし直ぐに排出されてしまうという・・・)。

とにかくこれで仕事効率と私のモティベーションも上がるのは間違いが無く、これからの地獄の夏も少し楽しみです。

40W型LED照明

 先日amazonで購入した40W型タイプのLED蛍光灯です。長さは120cmで、蛍光管では一番メジャーなタイプになると思います。10本で¥11,000でした。

 メーカーについては特に気にしていなくて、選んだ基準としてはamazonでのレビューが高評価だった事、PL保険に加入している事、

 そして乳白色のカバーが付いている事くらいでした。カバーは透明な方が明るそうですが、長時間となると目が疲れてしまいそうだったので光が拡散し易い乳白色にしたかったのです。

消費電力は一本18Wで、色温度は自然光に近い6000ケルビンです。蛍光灯で言うと黄色味のある昼白色(5000ケルビン)の物と青味の強い昼光色(6500ケルビン)との中間といった感じでしょうか。

一般的な事務所などで使われる蛍光灯は昼白色が多いと思うので、それをニュートラルと考えると今回の6000ケルビンは少し青っぽく感じるかも知れませんが、私的には昼白色の黄味が嫌いなので(見る物が色褪せたように見えるので…)これくらいの純白っぽい方が好みです。

 そして取り付けですが、グロー型(薬莢みたいなのを着けるタイプ)であればそれを外せばそのままポン付けで使えるのですが、ラピットスタート型の器具だとそのままでは使えないので(点いたとしても危ないらしいです)、配線を直結にする作業が必要となります。

ただ直接着けられるグロー型でも安定期を残したままだとそこで電気が食われてしまう為、省エネを考えるならやはり直結にするのが理想だと思います。どちらにしても私的には使わない物が残っているのは気持ち悪いので(無意味に重たいですし・・・)、安定器はさっさと外してしまいました。

そして肝心の明るさはと言うと、

 こちらは元々の蛍光灯で、黄色味のある昼白色のタイプです。

 こちらが今回取り替えたLEDで、先ほどのと比べると青味があるのが判ると思います。塗装屋的な見解では微妙にバイオレット感も出ているように見受けられます。

それぞれ消費電力としては、最初の蛍光灯が安定器が消費する分も含めると1ユニット100ワット程で、今回のLEDが36ワットです。実に3分の1に!

ただ明るさはと言うと、正直元の蛍光灯に比べると暗いです。先ほどの二枚を比べると判りますが、上側に行く光が無いので反射して周りに広がる明るさが圧倒的に足りない感じです。当工場の場合は比較的密にあるのでこれくらいなら問題無いですが、ユニット数が少ない場合ではいきなり全部を交換では無く、様子を見ながらの方が良いかも知れません。特に明るさが必要な繊細な作業を行う場所ではショックを受けると思います。

ちなみに当工場の二階でも多く使っているのはインバーター式の蛍光灯、いわゆる「Hf蛍光灯」で、LED程では無いですが従来のスタータ形・ラピッドスタート形蛍光灯より消費電力を抑えつつとても明るい!と言う優れものです。

お金に糸目をつけないならこのHfに三波長蛍光管の組み合わせが最強だと思っていて(塗装作業場には)、ただ器機自体が高いので、私の場合は中の安定器だけを買って交換して使っています。以下の記事にその辺が紹介されていますので宜しければご参考にどうぞ。

テストカットやら工場整備

今回のLED化で、夜間は常に付けっ放しの蛍光灯3ユニット=合計300ワット程が108ワットになりますから、長く見るとこれの効果は大きいと思います。

実はもっと早くにも一部はLED化していたのですが、意外と目が疲れる事、あとこの直結仕様はもう少し違うタイプのが出るんじゃ・・・と思って待っていたのですが、結局その後もこのスタイルが変わらないのでまとめて購入した次第です。

アフリエイトではありませんが、他の似たような物に比べると評価が良かったので一応紹介しておきますね。それにしてもタイトル長過ぎませんか(笑)↓

led蛍光灯 40w形 直管 蛍光灯 led 蛍光管 グロー式工事不要 昼光色 120cm 1198mm G13 t8 PL保険加入 40W型 2000lm【10本入り】 (40W形)

費用は私が最初に買った3年くらいに前に比べると、今回の120cmタイプ一本当たりの金額は¥2,500→¥1,100となっているので大分買い易くはなっています。この短期間で本当に安くなりましたよね。

自作塗装ブース塗装ブースに使っている照明の蛍光灯は、上がラピットスタートの昼光色で、壁はHfの三波長(2本だけ違う)を使っています。

40Wの蛍光管を42本使っているので、これを全部LEDに替えれば1000ワット以上消費電力を抑えられ、またLEDは虫が寄って来ない(見えない)波長なので、これからブース等を作成しようと思っている方は最初からLEDにするのも手かも知れません。しかし私は様子見で(笑)。

工場床塗装

 お盆休みを利用して、工場一階の床を塗り直していました。今回はそんなに汚れてはいなかったのですが、作業を止められるのはこういった連休しかないので、やれる時にやっておかないと、と言う感じです。中央より右側が塗装前、左側から真ん中くらいまでが塗り終わっている所です。

工場床塗装

上の記事は一年前くらいに床を塗り直した時で、この時比較的下地をしっかりやっておいたお陰か、今回は塗装が剥がれている箇所は殆ど無く比較的作業は楽に出来ました。と言うか馬鹿みたいにスチームを至近距離から当てても余り意味が無い(それ以上綺麗にはならない)と言うのを理解したので、それのせいもあると思います(苦笑)。

使ったのはいつものエポキシ塗料で、今回は撮影し忘れたので以前の画像で。プライマーは1:1、トップコートは5:1にシンナーを5%くらい入れています。

と言う訳で床塗り完了であります。やはりと言うか艶々は良いですね!先日アルミのドアに貼ったSTANDOXのステッカーも良いアクセントになっていて、少し高級感が出た気がします(笑)。

あとはうっかり在庫切れをしてしまった、壁に貼るビニールの到着を待つ事に(苦)。