VOCエクストリームクリアー

先日STANDOXのデモマンの方がいらっしゃって、サンプルとして新しいクリアーを頂戴しました。STANDOX K9580 VOCエクストリームクリアーです。

オフィシャルページ→スタンドクリル VOC エクストリームクリヤーK9580

詳しくは判らないのですが、新しいクリアーにはアクサルタの特許技術が使われていて、湿度で硬化が促進されるようになっているとの事です。塗っている感じは今までのクリアーと同じなのに、ある一定の時間を過ぎると一気に反応して硬化が始り、通常よりもかなり早い段階で磨き処理~完成が出来るようになる!みたいな事らしいです。DUOONTのHC(ハイパーキュア)みたいなのじゃ無ければ良いのですが・・・(昔何度か辛い目に遭いました・・・)。

その後いつもお世話になっているオートサプライヤーさん(塗料屋さん)にも色々と聞いてみて、今までのクリアーとの大きな違いとしては特化則(特定化学物質障害予防規制法)に対応しているとの事で、要はエチルベンゼン・メチルイソブチルケトン・スチレンとか、人体にとってヤバい物を減らしました!って事ですかね。ただしイソシアネートはいつも通りタップリ入っていますが・・・(そこは良いんですかね)。

特化則については以下の関ペのページが判り易いかと思います。

https://www.kansai.co.jp/products/catalog/pdf/813.pdf

私もディーラー内製工場に勤めていた頃は年に二回有機溶剤の健康診断に行っていましたが(普通のも含めると年に3回!)、今は何かあっても全て自己責任と言うか自業自得状態なので気をつけないとです。人を雇うとこういう事も考えないといけないので大変ですよね。

話は変わって、こちらは以前紹介したVOCプラチナクリアーですが、

 どうやらこちらもクリアー(または硬化剤)に促進剤が入っているらしく、右のクリスタルクリアーは次の日になってもドロドロでしたが、同じ日に作った左のプラチナクリアーは翌日既に固まっていました。塗ったのは年末辺りなので、気温は結構低かった(10℃以下)と思われます。以前のプラチナクリアーは焼きが甘いと全く磨けなかったので(80℃×60分を2回~3回くらい)、同じ轍を踏まないようにしたんですかね。

VOCプラチナクリアーの方は固まっているのに、クリスタルクリアーの方はカップを横にすると流れ出てきます。

指触乾燥自体はVOCプラチナクリアーの方が圧倒的に遅いので(延々乾きませんでした・・・)、私的な見解ではこちらにも促進剤のような物が入っているのでは、と思った次第です。まあこうしないと実用向きではないんでしょうね。

ちなみに前回VOCプラチナクリアーで塗ったのがこちらのアウトランダーのフロントグリルです(完成ページ)。

旧プラチナクリアーは美観としてはクリスタルクリアーに劣る気がしていましたが、新しいVOCプラチナクリアーの方は凄く綺麗でビックリしました。

今回頂いたVOCエクストリームクリアーも結構綺麗に仕上がるとの事なので楽しみですが、硬化剤は封を開けてからの使用期限が早いので(なんでも一ヶ月だとか・・・)、使うタイミングを見計らわないとですね。

実際に使ってみないと何とも言えませんが、常温で固まると言うのが本当なら(マニュアルだと20℃45~60分・・・!?)、本格的な乾燥炉を持たないモデラーなどでも気軽に使えそうです。ただ硬化剤一ヶ月で1リッター消費しないとですが(笑)。

STANDOXカレンダー2019追加

先日紹介しておりました今年のスタンドックスカレンダーですが、

 なんと!オートサプライヤーさんからさらに2冊頂いてしまいました!

メルカリかヤフオクに流せばと言う訳で、一冊は先日STANDOXの塗料一式を買って頂いたGUNさんに、もう1冊は現在販売中の色相環塗料12色+1セット(希釈無し)におまけで付ける事にしました。そもそもがSTANDOXユーザーの販促品ですので丁度良いタイミングでした。

参考までにこちらが色相環12色+1(希釈無し)のセットです。

念の為ですが、原色に比べれば当然割高なので私的に全くお勧めしませんが、GUNさん曰く「模型用の塗料に比べれば全然安い」との事なので、ある程度の量を使うとか、考えるのを辞めた方(笑)向けといった感じでしょうか。

ただわざわざ高いSTANDOXを使わなくても良いとも思うので、もし身近に国産塗料を使った車の塗装屋さんが居れば、そういった方にお願いすれば普通に作って貰えると思います。こちらを使う意味としては調色時に配合データを記録しているので、無くなっても全く同じ色を再現出来るという点だけですかね(これこそが面倒なのでプロの方は遊びでこんなこと普通はしません)。

実際にこの塗料を使って塗られた物があるので紹介しますね(御承諾頂きました!)。

こちらはGUNさんがいつも塗っている”BLACK RABBiT”なるフィギアで、今回の色相環塗料を使い、さらにその上にパールを重ねて仕上げています。10体作ったとの事で、今度のワンダーフェスタで販売されるとの事です。

その他の画像は以下GUNさんのブログで紹介されていますので宜しければどうぞ。

> ■レインボーグラデーション完成!

他にはTwitterでも紹介されていました。

何気にうちで販売していたクリップ用塗装台が!(笑。採算が全く合わないどころかレーザー加工機の負担が大きいので販売を辞めました・・・)。

STANDOXのカレンダーはA2くらいのサイズで、画像で見ると大きさが判り難いのですが、BMWのパニアケースと比べると二個分くらいあるのが判ると思います。かなり大きいです。

そもそもカレンダーと言うより良く出来たポスターで、私の場合、気に入った画があったら切って額装しています。買うとしたら3万円くらいはするのではないでしょうか・・・。

額はIKEAで木製風(MDF)の物が¥4,000くらいで、上の画像のはニトリで¥2,000くらいでした。昔はこのサイズだと数万円はして手が出ませんでしたよね・・・。

オートサプライヤーさん、ありがとう御座いました!

色相環塗料12色+1 販売

少し前に知り合いの塗装屋さん(GUNさん笑)に販売した、「色相環12色+白」の塗料です。その後ご要望がありましたので、改めてウェブショップにて販売する事にしました。

GUNさんについては以下の記事が判り易いと思いますので宜しければご参照下さいませ。本業が塗装と言う訳では無いのですが、もはや玄人はだしな方です。

マスキングシートを届けついでに

 こちらはGUNさんが購入された200グラムセットで、希釈はしていなく原色を混ぜたそのままとなりますので、使用するには別途専用シンナー(STANDOX MSBシンナー)が必要となります。GUNさんのように4L缶でお取り寄せ可能ですし、1Lなどの小分けにも対応しますので、ご希望の方はお問合せ下さいませ。

シンナーの希釈率は使用するガンの口径や用途などにより異なるかと思いますが、大体の目安としては0.8mm~1.3mm口径で50%前後、0.3mm以下のエアーブラシであれば50%~100%になるかと思います。

尚、各色は出来るだけ色を濁らせないように調色していますので、正直隠蔽力は強くありません。黒など暗い色の物に塗る場合は下色として白を1~2コート塗ると良いかと思います。

そしてこちらは希釈済みの90ccセットです。買い易いよう量を減らして金額を抑えました。

色の構成は大きい方(200グラムセット)と同じく、色相環12色に原色の白(MIX570)を追加し合計13色に、さらに希釈用のベースコートシンナーを200cc加えました。

 ラベルは大きい方と同じく、それぞれの色が色相環のどの位置に配しているのかが判るように、また調色時に参考にしたRGB値を記載してあります。

色の調色については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

→ 色相環色見本制作①

左が原色の白(MIX570)で、右の希釈用のシンナーです。

90ccセットの方は既に希釈済みですが、0.3mm以下のエアーブラシで使うにはまだ濃過ぎると思いますので、塗り難い場合にはこちらのシンナーをご使用下さい。

白は微調色用で、例えば水色を「もっと淡い水色にしたい!」と言う場合にはこの白を入れればOKです。ピンクも同様です。

ただしオレンジとグリーン系に白を入れると色が濁りますので、「もっと黄色よりのオレンジに!」や「もっと黄色寄りの緑に!」と言う場合には、白では無くイエロー(色相環の「2時」の位置になる色)を入れます。

 各色単品での販売はしませんが、セットでご購入頂いた方には色が無くなった場合でも単色での販売に対応しますのでご安心下さい(ただそこまで使い込むならば原色をそのまま買ってご自身で混ぜた方がコストは落とせると思いますが・・・)。

またSTANDOX製品(原色やシンナー)の取り寄せも対応します。GUNさんのように「シンナーは4Lで!」と言う事でも良いですし、一斗缶(!)でも大丈夫です。

実際に使ってみて判らない事がありましたら、こちらの社外記でコメントを入れて頂ければ対応いたします。どうぞご検討下さいませ!

PRO_Fitウェブショップへ

STANDOX2019カレンダー②

 先日に引き続き、スタンドックスユーザーが毎年もれなく貰える2019カレンダーの紹介となります。

 7月はアルファロメオです。冒頭のページにあった説明によると、こちらは4Cスパイダーなる車種で、オールアルミ製エンジンを積んだMRなのだそうです。オーナーの顔、絶対カメラを意識してますね(笑)。

 8月はBMW MINIです。ご年配の女性が二人でオープンカーとは、日本ではちょっと見れない光景です。もしくは南青山辺りだと普通なのでしょうか。

 9月はフォードマスタングです。今気付きましたが全般的にオープンカーが多いですね。きっと日本ほど雨が降らないのでしょう。

 そして10月のフォードホットロッド!これは文句なしに格好良いですね~。そのフロントガラスの視認性で安全に走れるのかは別として(笑)。

 11月はモーガンで、3ホイーラーとは何のことかと思いましたが、なんと後輪が一個しかありません!

しかもこの3ホイーラー、今でも普通に新車で買えるみたいです。3ホイーラーでは無いのですがモーガン社のメイキング画像を見つけたので紹介しますね。なんとシャシーフレームに木枠を組んで、それにアルミ板を貼って作っています。

 12月はプジョーで、オーナーの格好からしてレース車両として使っていると思われる308GTiです。リヤナンバーは日本と違って封印が要らないのか、もしくは完全レース専用なのでしょうか。

それにしてもこの車両、随分変な塗り分けだと思いましたが(私的見解です)、なんとこれ、純正のカラーリングのようです。Bピラーの角度に合わせたっぽいですが、もっと寝かした方が格好良かったのではと・・・(元同僚がプジョー関連で働いているので評判はどうなのか今度聞いてみます)。

ちなみに今回のカレンダーは隅の方にQRコードが貼ってあって、各ページの画像をダウンロード出来るようになっています。私的には画像だけでなく、色名とか車種とか撮影した場所とか、もっとディープな情報を入れて貰えると嬉しかったのですが・・・。

尚、各画像は以下のオフィシャルサイトからもダウンロードできます。

Calendar motifs 2019

年賀状はもう書いていないのですが(頂いた方申訳御座いません…!)、もし出す事があるならこの辺の画像を使わせて貰うとか良いかもですね(それくらいでは怒られないと思います)。

そう言えば冒頭のページにはこのカレンダーの制作に携わった方々の紹介もされていました。

カレンダーにしては良く出来過ぎていて、これを無料で貰えるなんて凄い事だと思います(DUPONTもカレンダーありましたがまるでレベルが違います)。出来ればいつまでも続けて欲しいですね。