色相環塗料12色+1 販売

少し前に知り合いの塗装屋さん(GUNさん笑)に販売した、「色相環12色+白」の塗料です。その後ご要望がありましたので、改めてウェブショップにて販売する事にしました。

GUNさんについては以下の記事が判り易いと思いますので宜しければご参照下さいませ。本業が塗装と言う訳では無いのですが、もはや玄人はだしな方です。

マスキングシートを届けついでに

 こちらはGUNさんが購入された200グラムセットで、希釈はしていなく原色を混ぜたそのままとなりますので、使用するには別途専用シンナー(STANDOX MSBシンナー)が必要となります。GUNさんのように4L缶でお取り寄せ可能ですし、1Lなどの小分けにも対応しますので、ご希望の方はお問合せ下さいませ。

シンナーの希釈率は使用するガンの口径や用途などにより異なるかと思いますが、大体の目安としては0.8mm~1.3mm口径で50%前後、0.3mm以下のエアーブラシであれば50%~100%になるかと思います。

尚、各色は出来るだけ色を濁らせないように調色していますので、正直隠蔽力は強くありません。黒など暗い色の物に塗る場合は下色として白を1~2コート塗ると良いかと思います。

そしてこちらは希釈済みの90ccセットです。買い易いよう量を減らして金額を抑えました。

色の構成は大きい方(200グラムセット)と同じく、色相環12色に原色の白(MIX570)を追加し合計13色に、さらに希釈用のベースコートシンナーを200cc加えました。

 ラベルは大きい方と同じく、それぞれの色が色相環のどの位置に配しているのかが判るように、また調色時に参考にしたRGB値を記載してあります。

色の調色については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

→ 色相環色見本制作①

左が原色の白(MIX570)で、右の希釈用のシンナーです。

90ccセットの方は既に希釈済みですが、0.3mm以下のエアーブラシで使うにはまだ濃過ぎると思いますので、塗り難い場合にはこちらのシンナーをご使用下さい。

白は微調色用で、例えば水色を「もっと淡い水色にしたい!」と言う場合にはこの白を入れればOKです。ピンクも同様です。

ただしオレンジとグリーン系に白を入れると色が濁りますので、「もっと黄色よりのオレンジに!」や「もっと黄色寄りの緑に!」と言う場合には、白では無くイエロー(色相環の「2時」の位置になる色)を入れます。

 各色単品での販売はしませんが、セットでご購入頂いた方には色が無くなった場合でも単色での販売に対応しますのでご安心下さい(ただそこまで使い込むならば原色をそのまま買ってご自身で混ぜた方がコストは落とせると思いますが・・・)。

またSTANDOX製品(原色やシンナー)の取り寄せも対応します。GUNさんのように「シンナーは4Lで!」と言う事でも良いですし、一斗缶(!)でも大丈夫です。

実際に使ってみて判らない事がありましたら、こちらの社外記でコメントを入れて頂ければ対応いたします。どうぞご検討下さいませ!

PRO_Fitウェブショップへ

STANDOX2019カレンダー②

 先日に引き続き、スタンドックスユーザーが毎年もれなく貰える2019カレンダーの紹介となります。

 7月はアルファロメオです。冒頭のページにあった説明によると、こちらは4Cスパイダーなる車種で、オールアルミ製エンジンを積んだMRなのだそうです。オーナーの顔、絶対カメラを意識してますね(笑)。

 8月はBMW MINIです。ご年配の女性が二人でオープンカーとは、日本ではちょっと見れない光景です。もしくは南青山辺りだと普通なのでしょうか。

 9月はフォードマスタングです。今気付きましたが全般的にオープンカーが多いですね。きっと日本ほど雨が降らないのでしょう。

 そして10月のフォードホットロッド!これは文句なしに格好良いですね~。そのフロントガラスの視認性で安全に走れるのかは別として(笑)。

 11月はモーガンで、3ホイーラーとは何のことかと思いましたが、なんと後輪が一個しかありません!

しかもこの3ホイーラー、今でも普通に新車で買えるみたいです。3ホイーラーでは無いのですがモーガン社のメイキング画像を見つけたので紹介しますね。なんとシャシーフレームに木枠を組んで、それにアルミ板を貼って作っています。

 12月はプジョーで、オーナーの格好からしてレース車両として使っていると思われる308GTiです。リヤナンバーは日本と違って封印が要らないのか、もしくは完全レース専用なのでしょうか。

それにしてもこの車両、随分変な塗り分けだと思いましたが(私的見解です)、なんとこれ、純正のカラーリングのようです。Bピラーの角度に合わせたっぽいですが、もっと寝かした方が格好良かったのではと・・・(元同僚がプジョー関連で働いているので評判はどうなのか今度聞いてみます)。

ちなみに今回のカレンダーは隅の方にQRコードが貼ってあって、各ページの画像をダウンロード出来るようになっています。私的には画像だけでなく、色名とか車種とか撮影した場所とか、もっとディープな情報を入れて貰えると嬉しかったのですが・・・。

尚、各画像は以下のオフィシャルサイトからもダウンロードできます。

Calendar motifs 2019

年賀状はもう書いていないのですが(頂いた方申訳御座いません…!)、もし出す事があるならこの辺の画像を使わせて貰うとか良いかもですね(それくらいでは怒られないと思います)。

そう言えば冒頭のページにはこのカレンダーの制作に携わった方々の紹介もされていました。

カレンダーにしては良く出来過ぎていて、これを無料で貰えるなんて凄い事だと思います(DUPONTもカレンダーありましたがまるでレベルが違います)。出来ればいつまでも続けて欲しいですね。

STANDOX2019カレンダー①

 毎年楽しみにしているスタンドックスのカレンダーです。今年はそれぞれの車とそのオーナーに焦点を当てているみたいですね。

 一枚目を捲ると、このカレンダーのコンセプトみたいな事が紹介されています。

カイツサーファーとは、ボードに凧(カイト)を着けてサーフィンをする人の事だと思います。

 いつもは自分好みの月だけを紹介していましたが、今回は1月~12月全てを、2回に別けて紹介する事にしました。

まず1月は定番となっているメルセデスからで、車種は良く判りませんが結構古そうな型式に見えます。今回はスーパーカーや貴重な車種では無く、普通に普段使いしている車に焦点を当てている感じですかね。ツナギはこの日の為にお揃いの色を新調したのでしょうか。

2月はトヨタです。今回は6月にもトヨタのランクルが採用されていて、これには何かしらの忖度があったのではと思わざるを得ません(笑)。

 3月は、スタンドックスのカレンダーでは余り見かけない大型トラックです。SCANIAはスウェーデンのメーカーですかね。

 4月はアウディで、これはもう普通に格好良いです。仕方ない事ですが、ナンバーがちょっと残念ですかね。

 5月はBMWで、2017年のカレンダーにも出ていたi8です。カイトサーフィンでそれは無いだろう!と思いましたが、私も若いころにFC3Sにテントを積んでキャンプに行った事があるので、もしかしたら本当にこれに積んで来ているのかもです。

6月は古いランドクルーザーです。結構古そうな型で40系?でしょうか。

よく見るとフェンダーの下部分に錆びが出ていたりして、CGでは無いとか、下手な画像の加工をしていない事などにとても好感が持てるのですが、自動車補修塗装メーカーとしてはそれは大丈夫なのかと少々心配になったりもします(笑)。

7月以降は改めて紹介しますね。

STANDOX VOCプラチナクリアー

先日塗ったフェラーリロッソコルサの色見本用アクリル板ですが、

折角なのでクリアーを塗り直す事にしました。

と言うのは、

現在お預りしております、三菱アウトランダーのフロントグリル用に用意したSTANDOX VOCプラチナクリアーをテストしてみたかった為です。傷が非常につき難い耐擦傷性クリアーで、ベンツではナノ粒子クリアーの補修時に指定されている物です(と言うか最近のベンツは全てこれになっているみたいですね)。

ちなみにこれの前の型のプラチナクリアーは、以前スマホカバーの塗装に使っていて、今のVOC型になってからは今回が初めてです。一応どんな感じなのかオートサプライヤーさんに聞いてみたのですが、殆ど出る事(売れた事)が無いとの事で、事前に試してから本番に使う事にしました。

 また折角なので引っ掻きテスト用の色板も作製しておきます。

色は傷が判り易いよう黒にして、左がイージークリアー(旧)、右の二枚がVOCプラチナクリアーです。

またよくネットなどで論議されている塗膜の硬さについてですが、私的には以下のページで紹介されている記事が信頼性が高いと考えておりますので(何と言っても塗料のプロが説明している事ですので)、宜しければご参照下さいませ。ナノクリアーも7Hとか言われていますが、そんな事は無いと思います。

ハードコートの性能向上・塗料に関わる新技術

手軽に出来るハードコートとしてはUV硬化型の塗料だと思うのですが、確か紫外線に弱いので屋外での使用は推奨されていないと思います(そう言うのも余り紹介されていないのが怖いところです)。

と言う事で、今回のVOCプラチナクリアーは硬いのでは無く、分子間の結合が強い&軟化性がある事によって傷が付きにくいクリアーとなっています。ガラスのように硬くて傷が付かないというのとはちょっと(と言うかかなり)違います。

前記した理由(性質)から磨き処理が大変なので使える場面は限られますが、ご興味のある方はお問い合わせ頂ければと思います。

極小さい物、形が非常にシンプルな物、例えばフェラーリのリモコンキーなどであれば対応は出来ると思います。垂れたり溜まったりしそうなたらどうしようも無くなってしまうので、その恐れがある物にはお受付が出来ません。ご了承下さいませ。