±0加湿器 本塗り

先日購入していたプラスマイナスゼロの加湿器です。

 土台から外してひっくり返した状態です。この丸みを帯びた形の部分が水のタンクになっています。

デザインは凄く良いのですが、容量が小さいので頻繁に水を入れる必用があり、余り実用向きでは無かったみたいですね。でも本当に良く出来ています。

 裏側をマスキングし、表面を足付け処理して台にセットしたら本塗り開始です。

ちなみに本体は着色樹脂(未塗装品)では無く、ウレタン塗装が施されています。凄いですよ、これ。

 まずはベースコートの黒を塗り、

 1/3の範囲に、まずはクロマフレア風No.4を塗ります。先日SHUREのマイクを塗る時に一緒に塗らせて貰っていまして、ちなみにこの色は「紫→橙→黄」と変化します。

 さらに残りの2/3を先日導入したクロマフレア風No.19とH07で塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

 それぞれが複数色に変化する顔料をこれ一つに3色で塗り別けているので、もはやカオスです(笑)。

ちょっとおどろおどろしい感じですが、色の変化をアピールすると言う点では良い見本になったかと思います。

まるでCGのようです(勿論画像は縮小以外は未加工です)。

同型の加湿器はもう一個あって、そちらはシックに艶消し仕上げにしようかと思っていましたが、先日の塗装屋会(ワークショップ)で、「艶消しは普通の人には全く人気ないですよ!やっぱり艶々ですよ!」と言うアドヴァイスを頂いたので、白系のパールかキャンディーカラーにしてみようかと思っています。艶々のテロテロに(笑)。

色見本プレート作成

 業務外の時間にルーティンワークとして行っている塗装の色見本です。

クロマフレア系のパウダー顔料は機会を見つけては新しい物を入手しているので、その都度色見本も作成しています。画像の物は先日紹介したNo.19とH07ですね。

 また今回は前から欲しかった白原色の色見本も作りました。

どちらも同じ白なのですが「とまり」(顔料の含有量)が微妙に違っていて、元々STANDOXにもこの色見本はあるのですが、サイズが小さすぎて比色には使えない事、また白はクリアーの種類や塗り方(厚み)で色が変わるのでうち専用の物が欲しかったのです。先日業者様からのマイク塗装の仕事で、一部分のみ交換したそれを「元の白と同じように」と言う事で調色作業を行った際、こちらも一緒に作らせて貰いました。

出来上がった色見本のプレートは、クロマフレア系などちょっと特殊な塗色はこちらの壁面にある有孔ボードに引っ掛けていて、

 先ほどの白のような一般的な塗色は、こちらのスチール製のドアに磁石で貼り付けています。しかしここももう限界を迎えつつありますね・・・。

他には遊び用みたいな感じでベアブリックも塗っていて、見る角度によってお大きく色が変わるクロマフレア系はこういった形状だと判り易くて便利です。

色相環の塗装をする際には、ベアブリックも一緒に塗らせて貰おうと思います。

クロマフレア風顔料No.19&H07

 先日新たに入手していたパウダー顔料×2です。

 早速試してみました。奥が白い方、手前が紫のパウダーです。

 マジですか・・・。

使い方はいつも通りで、下色の黒の上にパウダー顔料をバインダー(樹脂)でおよそ20倍に割って3コート程、最後にクリアーを塗っただけです。使っているのは1色だけなのにこの色変化・・・(恐)。銭形のとっつぁんじゃありませんが、海外のサイトを探していてとんでも無い物を見つけてしまったかも知れません。今度の小物塗装屋会(仮)で知り合いの塗装屋さんに見せるのが楽しみです。

 さらに激しく良い意味で予想を裏切られたのがこちらのN0.14で、元が単なる白い粉末だったのでてっきり違う物が届いたのかとで思っていましたが、塗った瞬間「ヤバいヤバい!」を連発していました(笑)。見てのとおり上品な色なので、これなら当店のお客様層にも需要があるのではと思っています。

ちなみに白の上にも塗ってみましたがこちらは思った以上には変化が見られず、普通のブルーパールの効きが強くなったような感じです。ただ透かしが赤黄色く濁るので、これが一昔前のホワイトパールみたいで私的には余り好みではありません。

 こちらは少し前にレーザーカットしておいたドラゴンで、画像は下色の為に黒を塗っただけですが、意外にもこのままでも恰好良いかもです。

 上の方からNo.19を、下からはNo.H07を塗って真ん中でグラデーションさせてみましたが、同系列の色なので全く面白く無かったと言う(苦)。どちらもグリーン、オレンジ・レッド系と合わせると良いかもですね。

 さらにはベアブリックも塗っています。やはりと言うかサイズが小さいと曲面の方が色変化が判り易いので、こういう形状は色を見せる点では間違いが無いです。

実物は画像よりもかなりヤバくて、以前紹介していたNo.2より数段激しい色変化です。ただ値段も10倍ですが・・・(苦)。

コスト的には本物のクロマフレア顔料(マジョーラ・クロマリュージョン)と余り変わらないのですが、少量で買えるので色々試せるのが楽しいです。今度もう少し大きい物に塗ってみようと思います。

No.H05&No.9色見本キーホルダー&ピアス 完成

 先日組み付けていたトカゲ風の色見本キーホルダーです。ワイヤーを取り付けてリュックに着けてみました。

 今回は単色で無く、全体にクロマフレア風No.H05(上部の青い方)を塗ってから、下半身の方だけクロマフレア風No.9を塗っています。

使った色はそれぞれ判り易いようリンクを貼っておきますね。

新パウダー顔料No.H05

SHURE SM58クロマフレア風No.9

 単色でも色が変わる塗料をさらに2色組み合わせたので、見方によってはまるで違う物のように見えます。

 そしてこちらはピアスにしたハリネズミです。

 塗装に使ったのは普通のスプレーガン(しかもこれを塗るにはオーバーサイズの口径1.0mm)で、グラデーションは一見難しそうに見えますが、マスキングして塗り分けるよりも手間が掛からないので、塗装に慣れていない方でも簡単に出来ると思います。ワークショップでは口径0.3~0.4mmのスプレーガンを使うので塗り過ぎるような事も無いかと。

市販されているアクリル製のピアスは安く売られているので、わざわざ手間を掛けて自作する必要も無いとは思うのですが、身近にある物で塗装して何か面白そうな物を!と言う事で今回はアクセサリーにしてみました。使い方は自由ですので普通にキーホルダーにしても良いかと思います。

 尚、今回使用しているキャラクターは単にフリー素材を利用しているだけで、今後は入稿して頂いたデータを使ってアクリル板をレーザーカットする!と言う事にも対応しようと思います。

と言うのも実は現在それを試用中で、既に先日レーザーカットは済んでいるので後日改めて紹介したいと思います。

現状はIllustorもしくはcoreldrowなどのベクトルデータのみですが、シルエット(単色黒べた塗り)でサイズが大きければJpegなどのラスター画像でも対応出来るようにしようと思います(ただし細い線は無くなってしまうのでNGなのと、バラバラにならない物で)。

私も元々そうだたったのでうが、比較的器用に物事が出来ても塗装だけはどうにもならない!と言う方は結構多いと思いますので、ワークショップでは誰もが比較的簡単に塗装を愉しめる!といった事を経験して貰えればと思っています。

次回の塗装ワークショップは12月23日に開催予定で、本来のところはいつもの小物塗装屋会(仮)みたいな感じだったのですが、今回は一泊されてから帰られるとの事なので、だったらと言う事で日中にワークショップを開催する事にしました。いつもだとあっという間に終電の時間になってしまうのですが、今回は寝る時間を考えなくても良くなりましたので(笑)。

尚、サーモスの塗装は時間が掛かるので13時~17時と縛りがありますが、今回紹介したアクリル板の塗装は30分~60分程度で出来る簡単な作業なので、事前にある程度の時間だけ伺えればその時間内(13時~17時)ならいつ来てもOK!、みたいな感じにしようと思います。

完成品は完全硬化後に後日ネコポス便で発送しますので、出来上がるまでの待ち時間もありません。「人との交流が苦手な方で・・・」と言う方も、全くそれどころでは無く作業に集中出来ると思うので多分問題無いかと思います(まさに私がそんな感じですので・・・!)。

詳しい内容や参加方法などは以下のページで紹介していますので宜しければどうぞ!

2018.12.23塗装ワークショップ予定