ピンクゴールド色見本 作製

 仕事のマイクの塗装案件で、一部に「ピンクゴールド」といった色でご指定を頂いていたので夜な夜なその作業に勤しんでおりました。

 色々試してみた結果、こんな感じが良いのでは?と思い、

 実際に色見本に塗装する事にしました(何気にかなり時間を掛けています)。

尚、先ほどの色板の下色はイエローの原色で、その他「白」など下色に塗った物を用意しています。

 そしてその上に、角度によって色の見え方が変わる「クロマフレア」風系の顔料(No.4)を重ねています。下色を「黒」で行った場合は既に検証していますが、今回は明度の高い色を試してみよう!と言う作戦です。

普通の顔料では出せないような綺麗なピンクの色味は出てくれたのですが、

 如何せん透かしのゴールド(オレンジ)が強過ぎる!と言う事で、これらはボツにする事にしました。

とは言ってもこれはこれで良い色なので、今後マイクの色見本も作製して施工例を増やしていこうと思います。普通のパールでこんなピンクは出せませんからね。

 と言う訳で改めて一から色を作り直しました。今度は間違いがない感じで、私は一体何をやっていたんだか・・・(苦)。

色の造り方については事前に知り合いの塗装屋さんと色々と話していて、これしかないでしょう!と言う方法は最初から判ってはいたのですが、うっかり簡単に出来てしまうと逆に不安に感じてしまう気がして、「もしかしたら他にもっと良い色が出せたのでは・・・」みたいな事を考えたら大分遠回りをしてしまいました。馬車馬のように働いているのに会社のお金が全く増えないのは、きっとこの辺に理由があるのではと・・・。

と言う訳で、概ねこんな感じで色が出来ました。予想通りで間違いありませんでした(笑)。

 ちなみに他には着色オレンジメタリック系も試していたりして(ゴールドに見えますが着色オレンジメタリックです)、

 さらに輝度感の高いゴールドフレーク(?)を使い、

蛇紐金印みたいなゴールドを作ってみたり(笑)。

いや、最近頂いたお問い合わせで妙にエグイ金色の塗装があったので、調色作業をした序でに「王様ご用達」みたいな色見本も作っておきたいと思ってしまいまして・・・。

そしてこちらも無事クリアーを塗って色見本本塗り完了です!

一応本物らしく薄いピンクと、もう少し色味が判り易いよう少し濃い色とで2種類作っておきました。

 こちらが濃い方ですね。ちょっとゴールド感が強いかと。

こちらが薄いピンクで、色味の淡さ加減が良い感じだと思います。

今回知り合いの塗装屋さんに言われて気が付いたのですが、実はコーラル系ピンク=「ピンクゴールド」は表現するのが難しい色!と言う事で、ただもう仕事を請けてしまったので先にこれを終わらせておきたかったのです。

と言う訳で色々良い色が出来たので、今度色見本用のマイクも作っておこうと思います。

プラスマイナスゼロ加湿器塗装 完成

 先日マイク塗装のついでに本塗りをさせて頂いておりました±0(プラスマイナスゼロ)の加湿器の塗装、ついに完成となります!

かなり凄い色ですが、仕事の時と同様サイズ縮小以外の加工はせず、勿論ですがカメラ側の設定もノーマル状態で撮影しています。

一応最初の状態も紹介しますね。

元々は彩度の低い水色だった物を、

こういった角度によって大きく色が変化する顔料を「3種類」使って塗りました。

尚、上記画像は本物のクロマフレア顔料を使った塗料(DUPONTのクロマリュージョンカラー)で、実際にこれを使おうとすると1色揃えるだけで10万円を超えてしまいますから、現在当店では「クロマフレア風」のパウダー顔料を海外から取り寄せ、STANDOXのバインダー(樹脂)に入れて使う事で対応しています。

 使ったのはクロマフレア風No.4とNo.19とH07の三種類です。特殊な色は知り合いの塗装屋さんに教えて貰ったり譲って貰った物がありますので、詳細は伏せて番号で紹介をさせて頂いております。うちのように「STANDOXの塗料じゃないと…」とか拘らなければ各メーカーからこういった塗料は出ていますので普通に誰でも出来る塗装です(ただSTANDOXにはこういう塗料は出ていないのでして…)。

 とにかく異様な程に色が変わります(笑)。

 如何にクロマリュージョンやマジョーラでも一色だけではこんなに色変化はしないですよね。

 まるでCGのよう(笑)。

 蛍光灯でも撮影してみました。

 真ん中の蒸気が出て来るところは塗るとマズイと思ったのですが(ゴアテックスのように水蒸気は塗膜を通り抜けてしまい、気化した際に体積が膨張して塗膜が膨らんでしまいます)、水色のままだと凄く格好悪いので後から黒に塗りました。どうせ加湿器としては使わないと思いますので(笑)。

 先ほどと同じ物とは思えない程違う色に見えます。この黄色~紫に変化している色はNo.4ですね。

 ストロボでも撮影しました。

手前の綺麗な青はNo.19で、色変化自体は大きく無い顔料ですが、スカっとした青が私的にお気に入りです。知り合いの塗装屋さんにも頼まれて取り寄せましたが、多分皆さん結構気に入っているのではないでしょうか。

と言う感じで、塗り方自体が曖昧なので当店の仕事としてはどうなのかと言う所ですが、一例としてあればこれはこれで良いかなぁと思った次第です。球体では無く平面でグラデーションさせても面白いかもですね。

±加湿器はさらにもう一個追加してピンクが2個ありますので、時間が出来たらまた何かで塗ってみたいと思います(その前に色相環12色を仕上げ無いとです)。

±0加湿器 本塗り

先日購入していたプラスマイナスゼロの加湿器です。

 土台から外してひっくり返した状態です。この丸みを帯びた形の部分が水のタンクになっています。

デザインは凄く良いのですが、容量が小さいので頻繁に水を入れる必用があり、余り実用向きでは無かったみたいですね。でも本当に良く出来ています。

 裏側をマスキングし、表面を足付け処理して台にセットしたら本塗り開始です。

ちなみに本体は着色樹脂(未塗装品)では無く、ウレタン塗装が施されています。凄いですよ、これ。

 まずはベースコートの黒を塗り、

 1/3の範囲に、まずはクロマフレア風No.4を塗ります。先日SHUREのマイクを塗る時に一緒に塗らせて貰っていまして、ちなみにこの色は「紫→橙→黄」と変化します。

 さらに残りの2/3を先日導入したクロマフレア風No.19とH07で塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

 それぞれが複数色に変化する顔料をこれ一つに3色で塗り別けているので、もはやカオスです(笑)。

ちょっとおどろおどろしい感じですが、色の変化をアピールすると言う点では良い見本になったかと思います。

まるでCGのようです(勿論画像は縮小以外は未加工です)。

同型の加湿器はもう一個あって、そちらはシックに艶消し仕上げにしようかと思っていましたが、先日の塗装屋会(ワークショップ)で、「艶消しは普通の人には全く人気ないですよ!やっぱり艶々ですよ!」と言うアドヴァイスを頂いたので、白系のパールかキャンディーカラーにしてみようかと思っています。艶々のテロテロに(笑)。

色見本プレート作成

 業務外の時間にルーティンワークとして行っている塗装の色見本です。

クロマフレア系のパウダー顔料は機会を見つけては新しい物を入手しているので、その都度色見本も作成しています。画像の物は先日紹介したNo.19とH07ですね。

 また今回は前から欲しかった白原色の色見本も作りました。

どちらも同じ白なのですが「とまり」(顔料の含有量)が微妙に違っていて、元々STANDOXにもこの色見本はあるのですが、サイズが小さすぎて比色には使えない事、また白はクリアーの種類や塗り方(厚み)で色が変わるのでうち専用の物が欲しかったのです。先日業者様からのマイク塗装の仕事で、一部分のみ交換したそれを「元の白と同じように」と言う事で調色作業を行った際、こちらも一緒に作らせて貰いました。

出来上がった色見本のプレートは、クロマフレア系などちょっと特殊な塗色はこちらの壁面にある有孔ボードに引っ掛けていて、

 先ほどの白のような一般的な塗色は、こちらのスチール製のドアに磁石で貼り付けています。しかしここももう限界を迎えつつありますね・・・。

他には遊び用みたいな感じでベアブリックも塗っていて、見る角度によってお大きく色が変わるクロマフレア系はこういった形状だと判り易くて便利です。

色相環の塗装をする際には、ベアブリックも一緒に塗らせて貰おうと思います。