SHAKALABBITS!!

今回のコロナ騒動のお陰か、私が好きなシャカラビッツの動画が新たに高画質Ver.で配信され直したり、また今まで無かった映像が大量にアップロードされていました。勿論オフィシャルで!なんて素晴らしい・・・!

 

ちなみにシャカラビッツは現在活動停止中で、現在はそのメンバーの内の二人がMuvidatとして活動しています。先日紹介したネット配信ライブのですね。

 

 

ジャンルについては正直良く判らないのですが、ウィキペディアによると”ロック”になるそうです。Wikipediaのページから抜粋して以下に記載します。


SHAKALABBITS(シャカラビッツ)は、日本のロックバンドである。インディーズ時代はリミテッド・レコーズ所属。その後、アンリミテッド・グループ(東芝EMI)やイービル・デザイン/エクストラ・ラージ・レコーズ、エクセルキュー、コロムビアミュージックエンタテインメントのソニック・バン・レコーズ、ポニーキャニオンなど様々なレーベルを経て、2017年に無期限の活動休止に入った。現在はUquiとMAHによる新プロジェクト“Muvidat”として活動。2020年4月に2nd mini albumのリリースを予定しており、4月10日に2nd mini albumリード曲のミュージックビデオ「Fog Lights」を公開した。


20代の頃は洋楽ばかり聞いていたのですが、彼らの2ndアルバム「CLUTCH 」を買ってからは邦楽もよく聞くようになりました。SUPERCARとかBOOM BOOM SATELLITESとか元気ロケッツとかですかね(しかしながら今はどれも活動していません・・・)。

 

Jammin’はライブ映像が最高に好きですが、カチっとしたMVも大好きです。

いつかライブにも行きたいと思っているのですが、コロナとか関係なくあのギュウギュウ詰めの人の中に行くのが苦手なので、今後もネット配信をやってくれると私的には非常に嬉しいです。VR対応とかになったら多分買っちゃいます(笑)。

Muvidat LIVE行き

 先日の5月27日(水)、以前から行きたかったMuvidatのライブに行って来ました!

と言っても直接ライブハウスに行った訳では無く、所謂ネット配信です。

この日は既に緊急事態宣言が解除されていましたが、ライブが行われた渋谷Gladは当月中に閉鎖が決まっていて、今回はそこでの無観客ライブが開催される事となりました。

MuvidatはSHAKALABBITSの元メンバー2名によるユニットで、新しくなってからは余り聴いていなかったのですが、今回のライブ配信という事で改めて色々聞き直していました。

SHAKALABBITSは2ndアルバムからの大ファンで、ただ直接ライブに行く事は一度もありませんでしたから(本当苦手でして・・・)、むしろ今回のライブ配信は私的にとても嬉しかったのです(でも本当は上の動画のライブに行きたかった・・・)。

SHAKALABBITSが解散してしまったのは本当に残念でしたが、元々殆どの曲を作っていたのがこちらのMAH氏で、

詞を書いているのがUKI(Uqui)氏ですから、今後も新しい曲が聴けるのは嬉しい限りです。何故か私が好きになると既に解散していたりこの世から居なくなってしまったりという事ばかりなので・・・(苦)。

肝心の内容はと言うと、Muvidatの新しい曲以外にもシャカラビッツの好きな曲も色々やってくれてとても良かったです!

 今のコロナ騒動が落ち着いても今回のようなライブ配信をしてくれると私的にはとても嬉しいです。工場以外アウェイな私にとって、まずライブハウスに行くこと自体のハードルが凄く高いのでして・・・。

  今回配信されたのはZAIKOなるウェブサイトで、まだ自粛は当面続くでしょうから今後も新しい形でのライブ配信等が行われると思います。先日紹介したバーチャル渋谷みたいな感じで、アバターでライブに参加出来たりもしそうですね!

 この日の会場だった渋谷グラッドは収容人数が200人くらいとの事で、生配信に参加していた人数は300人くらいとの事でしたから、収益的に今後も同じような事は出来るのでは・・・と今後も楽しみにしています。

今回の事でこのライブハウスが閉鎖になる事を初めて知り、運営している4店舗の内の残り1店舗も存続の危機にあるとの事ですが、ライブ中にUKI氏がCAMPFIREでクラウドファンディングをしているとの事を話していたので、私も参加する事にしました。リターンはTシャツと、はたして行けるのかどうか判らない入場チケットを(笑)。

  ライブは本当に良くて、画面の向こう側でしたが凄く盛り上がれました。次回は是非ライブハウスで!(背水の陣的に笑)。

ボヘミアン・ラプソディ行き

公開前から行こう行こう、最低でも三回は観てやろう!と思っていたのですが、いつも行っている川崎の映画館ではなんとナイターがやっていない!と言う事で、二か月経ってようやく行って来れました。巷で話題になっている「ボヘミアンラプソディー」です。幸いにして(?)チネチッタのLIVE ZOUNDで観れました。

それにしてもまさかナイターをやっていないなんて、多分映画の配給会社もここまで人気が出るとは思っていなかったのではないしょうか。全くもって酷い仕打ちです(新宿とかではやっていたみたいですが無理です・・・)。

ちなみにQUEENはリアルタイム世代では無く、むしろ良く聴くようになったのはフレディが死んでからで、友人から勧められてからは殆どのアルバムを揃えるまでとなり、上記動画の「フレディマーキュリー追悼コンサート」のDVDを買ってからは、さらにそこに登場する各アーティストへ派生もしていきました。ジョージマイケルやデヴィッドボウイ、ガンズは知っていても、トニー・アイオミは知らなかったんですよね(ローリングストーンズと言うよりエアロスミス世代ですので)。

肝心の内容はと言うと、それはもうどれも聞き込んで来た曲ばかりですから、冒頭から最後まで鳥肌が立ちっぱなしです。今まで知らなかったメンバーの葛藤や、各楽曲が出来るまでの裏話など、あっという間の二時間でした。事前に聞いていた時系列の問題などはどうでも良く、とにかく楽しめました。そしてよくもまあここまで似た役者さんを見つけて来たなぁ、と感心しました(笑)。顔はフレディが一番似ていなかったかも知れないと言うくらい、他のメンバーが凄かったです。

追悼コンサートの動画は全編Youtubeで観れるみたいなのでリンク張っておきますね。

私的には以下のエルトンジョンとアクセルローズのボヘミアン・ラプソディが一押しです。1000回は観たかも知れません。

当初一緒に行く筈だった友人がまだ観ていないと言う事なので、機会があればもう一回観に行きたいと思っています。

それにしても海外のアーティストでこれですから、もしこれの尾崎版が出たらきっとヤバい事になりそうですね。と言うか業界ではもうそう言う話が出ているのではないでしょうか。それより今からでも川崎でレイトショーやって欲しい・・・。

示温顔料(サーモペイント)

 今更な所もありますが、温度で色が変わる示温塗装用の顔料を入手してみました。

と言うのも、少し前にお問い合わせを頂いた案件で、これを使って塗装した自転車フレームと同じように出来ないかといったご相談を頂きまして、もしかして一周回ってまたこういうのが流行っているのかと思った次第です。

温度で色が変わるサーモ塗装は昔からあって、ただ自分で塗ろうと思う程の興味は無かったのですが、こういうプロモーション映像になると格好良く見えてしまうから不思議です(笑)。と言うか部屋全体がオレンジなのでこれでは本来の色が判り難いのですが・・・。

 と言う訳で実際に試してみました。塗るのは面倒なのでかなり雑ですが、袋の上にトレーを乗せて熱湯を注ぎます。

 おおおおぉ・・・(画像だと微妙ですが実際はもっと色が濃くて彩度が高い発色が良いです。多分動画のspecializedと同じではと)。

 私的にはこの紫が一番好みでした。

 紫からかなり鮮やかなピンクになります。元の色もまあまあですし、グラデーション具合がとても綺麗です。

 そしてこちらの自分だったら絶対に選ばなそうな濁った青緑ですが、

こちらもお客様にご紹介頂いた動画で、多分これと同じ系かと。写っているのはドイツの塗装屋さんと言うか自転車ビルダーさんですかね。

サーモ塗装はお湯を掛けた時のインパクトは確かに強いのですが、恐らく直ぐに飽きてしまうので余り流行らないのでは?と思った次第です。カメラが回っているか、初めて見せる人以外には、わざわざお湯を持ってかける事とかは普通無い気がするのですが・・・(哀)。

ただ今の小物塗装なら何か使い道はあるかも知れないので、いずれ時間が出来たら色見本を作ってみようかと思います。

それよりもメインはこちらの顔料でして、少し前に入手したクロマフレア風No.H05が良かったのでそれ系のラインナップを増やしてみました。

左のは白系に見えますが実際には紫~グリーンに変化する色で、通常のパールではあり得ない輝度感からして、白の上に重ねたら面白い感じになるのではと思っています。

右はNo.H05と同じく粒子が超細かい偏光パール系で、今回はさらに色変化が大きい物を選んでみました。ただ費用が10倍(と言うか同じ値段で質量が1/10)なので、本物のクロマフレア(マジョーラとかクロマリュージョン)とコストが余り変わらないのがネックですかね。

まずはいつものように色見本を作ってみようと思います。