陣馬山~景信山~高尾山行き②

 前回に引き続き、アートトイペインターのGUNさんと一緒に行って来た陣馬山登山の紹介です。

GUNさんリュックの後ろには、氏がいつも塗装しているキャラクター、BLACK RABBiTのピンバッジが着いてますね。

 陣馬山の頂上で少し休憩した後、景信山を通って高尾山に向かいます。

 私はまだ登山は二回目ですが、今回のコースは道が広いので、他の登山者の方が居てもゆっくり歩ける気がしました。鎌倉のハイキングコースは結構道が狭い所があったので、悠々歩けて気分が良いです。

 この辺は尾根を歩く感じになるので、比較的平和な時間が続きます。

 と言いつつ、ある程度のアップダウンがあるので十分楽しめます。手を使う岩場とかは全然無いですね。

 そして景信山頂上に到着です!

 ここには大きな茶屋さんがあるからか、かなりの人で賑わっていました(GUNさん曰くこの日は空いているらしいです)。

 ここ景信茶屋 青木さんではジュースやお菓子や食事が楽しめます。直ぐ近くまで車で来られるからか、物資が豊富な感じです。

お店の方に声を掛ければ自前のガスバーナーを使っても大丈夫なようですが、今回持ってきたガスでは二人分のお湯を沸かすには心もとない感じでしたので・・・、

 なめこうどんと山菜天ぷらを頂きました!

まさか山の中でちゃんとしたご飯が食べられるとは思っていなかったからか、超絶美味しく感じました。天ぷらはパリパリでうどんはシコシコです。

 ちなみにこちらが私が購入した登山靴で、足のサイズから測って作って貰うセミオーダーメイド品でした。登山をする方からすると有名らしく、先日の武甲山でも「ゴロ―さんのでしょ?」と話しかけられました。GOROさんについては以下リンク先のサイトが判り易いかと思いますので宜しければどうぞ。

登山靴 ゴロー / ものづくりを訪ねる / 土屋鞄製造所

ゴロー登山靴15選|重厚革張りオーダーメイドのおすすめイント!

登山用じゃないのもあるみたいですね。
#009 登山靴のロールスロイス、ゴローの靴を山で使わない。

そもそもGOROさんの靴はそれまで知らず、また買いに行くのにも全く下調べせずに行って、選ぶ靴が革製品の物しか無くてビックリしました(笑)。

登山靴については、いつもお世話になっている鍼灸師の先生が、「タカハタさん、山の中でソールが剥がれたら帰って来れませんよ?夜とか一歩も進めませんよ?良いんですかそれで?」みたいな事を言われてそのままお願いしに行った感じです(笑)。さらに先生曰く、「丹沢も奥多摩も、近い所は行っていないルートはもう無いくらいなので、これから始めるタカハタさんが羨ましいですよ!」との事でした。いや、そこまでは(笑)。

 と言う訳で先に進みます。

 遠くの山の斜面の途中に中央自動車道が見えます。多分あの辺は勾配がついたカーブで怖いところですよね。

 途中に通った小仏峠には、ネットでも何度か見かけたタヌキの置物がありました。

それにしてもまさかこれ、担いで持ってきたのでしょうか・・・(恐)。

と言う訳で小仏峠を抜けて、

いよいよ高尾山に向かいます。

 途中の山肌にはかなりの木々を伐採した痕がありました。GUNさん曰く、花粉の出ない杉(はるよこい?)に植え替えているのでは?との事です。もしそうだったら多くの方に朗報ですかね(生きている内には無理っぽい気もしますが・・・)。

 大規模に伐採した為か、普段は見れないような杉の断面が見事に・・・。

それにしてもあれが全部杉ですか・・・。花粉症の私には秋までもう来れないかもです。

 と言う訳でサクサク進みます。

 そして高尾山に到着です!

当たり前ですが、いきなり頂上に出てくるんですね。

 高尾山は観光がてら何度か来た事はあって、今回歩く「いなり山コース」は初めてです。降りるのに90分との事ですが、一時間くらいとの事でした。

 高尾山なのにここは意外に山っぽい道で楽しいです。私的にはここの往復だけでも十分楽しめそうですね。

そして京王電鉄 高尾山口駅に到着です!

ちゃんと測っていなかったので良く判りませんが、この日は6時間20キロくらいだったそうです。冬だからか全体的に空いていたようで、凄く楽しい行程でした。

 そして温泉です!自身は今回で二回目の利用ですかね。

入場料¥1,000とタオルセット¥250、とろろ蕎と抹茶クリームあんみつが絶品でした!

帰りは再び立川駅まで出て、南武線の始発に乗って終点川崎まで行ってGUNさんとお別れです。私の場合新宿に出た方が時間的には早いのですが、南武線を使うと座って帰れるのでとても有難いです。

次は夜行バスに乗ってもう少し遠出をしてみたいのと、連休があれば長野とか福島とかも行きたいです。それまでにもう少し近場を歩いて、さらに足に靴を均しておきたいですね!

陣馬山~景信山~高尾山行き①

 先日の日曜日、GUNさんを誘って陣馬山に行って来ました。GUNさんのブログにいつも陣馬山の事が紹介されていて一度行ってみたかったんですよね。

5時に家を出て、JR川崎駅発5:40の南武線で待ち合わせをしました。

 川崎駅から一時間電車に乗り、終点の立川駅に到着です。職業訓練学校に通っていた頃はこの一個手前の駅(西国立駅)まで毎日通っていましたが、よくまあここまで来ようと思ったなぁと、若い頃の私の無謀さに関心してしまいます(笑。まあ無料で塗装を教えてくれる所がここしか無かった訳でして)。

 そしてJR中央線で高尾駅に到着です。

駅の中に超おいしそうなパン屋さんがやっていたのですが、既にバス停に何人か並んでいたので泣く泣くそこはスルーで・・・。

 ここから登山口まではバスで移動です。次の便まで30分くらいの待ち時間があったので、ここで登山靴に履き替えておきました(他の登山靴は判らないのですがGOROさんのは結構重たく感じるので、現場までは履かないで来るスタイルです)。

 バスは幸いにして席に座る事が出来て、発車する頃には満員状態でした。

GUNさん曰く、混んでいる時は乗り切れない人も居るらしいです。先週行った武甲山とはまるで賑やかさが違うようでして・・・。

 30分くらいバスに乗ったら陣馬高原下駅に到着です。前を歩くのがGUNさんで、氏については以下の記事が判り易いかと思います。登山関係者とかでは全然ありませんので念の為(笑)。

マスキングシートを届けついでに

 GUNさんは陣馬山に何度も来ていて慣れているので、スリップストリームよろしく氏の後をついて行く作戦です。

 陣馬山を登るこちらからのコースは、最初に登場するこの登りの一時間がとてもキツイ!との事でしたが、先週は3時間登りっ放しの登山だった為か、意外に体が慣れて楽に登れました。もしくはGUNさんの後をついて行く事で、脳の酸素の消費量が少なくて済んでいたお陰かも知れません。さすがカルガモ走法です。

 気温はまあまあ涼しいくらいで、場所によっては土が凍ったような感じでしたが、念の為に持ってきた軽アイゼンは一度も出番がありませんでした。ちっ(笑)。

 撮影の度に立ち止まっては走ってGUNさんに追いつくと言うのを繰り返し、無用に体力を奪われている感じです。もうあんなところに・・・。

 途中にある標識は非常に多く、また登山者も多いので道に迷う事はない感じでした。一応地図とコンパスは持って来ていましたが、そもそも読み方が判らないという(苦)。

 と言う訳で陣馬山の山頂に到着です!

 陣馬山の標高は852メートルとの事で、ただバス停の所で既に300メートルを超えているようなので、実際に歩いて登っているのは500メートルくらいですかね(ただここからがまだまだ長かったです)。

 おお~!これがいつもGUNさんのブログに登場していたモニュメントですね。いつもテレビで観ていた芸能人に逢った時のような感覚です(そこまででは無いですか)。

 この日は天候にも恵まれ、遠くには見事な富士山も拝めました。素晴らしい~。

ここで持ってきたお握りを食べて、先日用意しておいたバーナーを使ってお湯を沸かしてミルクティーを飲みました。インスタントでも外で飲むと美味しく感じるのが良いですよね。久しぶりのキャンプ気分です。

そしてこの後は景信山~高尾山まで縦走していきます(続きます)。

鎌倉 天園ハイキング行き

 注文していた登山用の靴が出来上がったので、足慣らしの為に鎌倉に行って来ました。北鎌倉駅を降りてすぐの建長寺から行く、天園ハイキングコースです。

 行ったのはお正月休み中の1月2日と言う事もあり、この日は初詣も兼ねる感じにしました。地元の池上本門寺は余りの人の多さに近寄る事が出来ませんが、ここ建長寺は拝観料が掛かる為か、正月三が日とは思えない程にガラガラです(笑)。

 お寺の中を通って奥の方に行くと、鎌倉アルプスへの登山口(?)天園ハイキングコースがあります。

ちなみに今回用意した登山靴は、いつもお世話になっている鍼灸の先生から勧められた靴で、かの有名な登山家、植村直己氏もお世話になった「ゴロ―」さんなるお店で作って貰いました。どこかの塗装店じゃないですが、出来る上がるまで二か月待ちました(笑)。

と言う訳で、駅を降りてから一時間くらいで大平山の頂上に到着です。あっという間過ぎて、これじゃいつもの通勤と余り変わらない気が(笑)。

幸いにしてこの日は快晴で(と言うか12月に入ってから雨が殆ど降っていません!)、頂上からは鎌倉の海が一望出来ます。

ハイキングコースも比較的空いていて、 途中でキツツキやリスに逢えてかなりテンションが上がりました(そこか!と。笑)。

 山を下りたところで丁度お昼くらいだったので、鎌倉宮の近くにあったお蕎麦屋さんで山掛けせいろ(炊き込みご飯付き)を頂きました。

登山と言うより、もはや観光地巡りです(苦笑)。

 ハイキングはあっと言う間に終わってしまったので、その後は鎌倉市内を歩く事にしました。予想通り鶴岡八幡宮は凄い人混みなので、ここはスルーで・・・。

江ノ電はまだ一度も乗った事が無く、今回是非ともこれに乗ろうと思ったのですが、とりあえずここも一旦素通りをして、

 そのまま歩いて由比ガ浜に出ました。

鎌倉の海って余り綺麗じゃないと記憶していましたが、この日は随分と水が綺麗に見えました。天気のせいか、冬だからなのか、もしくは昔に比べて今の方が水が綺麗になったのでしょうか。

 その後、長谷駅から江ノ電に乗り、江の島駅まで行く事にしました。

ちなみに今回初めて乗った江ノ電ですが、てっきり床は板の間で、通路の真ん中に丸い木の柱があったり、天井には何度もペンキを塗り重ねたインダストリアルな扇風機が添えつけてある物だと思っていましたが、予想していたより普通の内装でビックリしました(笑)。

 江の島に到着してからは、弁天橋から出ている乗り合い遊覧船「べんてん丸」に乗って、江ノ島の裏磯(岩屋洞窟方面)まで行きました。片道¥400と非常にリーズナブルで、ただ救命胴衣が見当たらないのがちょっと怖かったです(笑)。

 船着き場から降りて磯場を歩き、

 そのまま階段を登って、

 途中にあるお茶屋さんで、クリームあんみつとイカの丸焼きを頂きました。

ハイキングとは名ばかりで、もう食べてばかり(笑)。

帰りはモノレールで大船まで行って、京浜東北線に乗って座って帰って来れました。

自宅から鎌倉までは50分くらいなので、思い立って気軽に行けるのが良いですかね。近々もう一回来ようと思っています。

尾瀬国立行き②

尾瀬国立公園行き①

先日に引き続き、群馬県側から行って来た尾瀬公園行き温泉旅行(笑)の紹介となります。

 1日目は宿泊したホテル近辺のトレッキングコースを散策し、二日目の朝からこちらの尾瀬高原を訪れました。

ちなみに尾瀬と言えば水芭蕉!と言うイメージがありますが、残念ながらそちらはとっくに終わってしまっていて、ただお陰で上の画像のように公園内は非常に空いていました。ガラガラです!(笑)。

水芭蕉が咲く初夏の頃は、この道が人で渋滞する(!)との事ですから、私としてはまさに今がベストシーズンでした。

と言う事ですが、水芭蕉を発見!

言っている事が全く矛盾していますが、見つけた時は結構嬉しかったです(笑)。

 他には草原にポツンと咲くリンドウや、

何故かその範囲だけ群生しているヤマドリゼンマイの葉が紅葉していたり、

 途中で渡った川には信じられない程の水草が生えていて、

 これってうちのメダカ水槽で爆発的に増殖しまくっているのと同じなのでは・・・と(笑)。

 園内では余り水生動物の姿を見かけなく、これならいつもの(とても濁った)呑川の方が沢山居るんじゃ・・・なんて思っていたのですが、ようやく一匹だけ足元に魚が居たのを見つけました。ハヤでしょうか。

 尾瀬と言えば、てっきり最初の画像にあったような「湿原の中を通る一本道」をイメージしていたのですが、そこに至るまでが普通に山道で(全く侮っていました・・・)、ただこっちの方が多様な生き物を見れて結構楽しかったです。

 道中とても多く見かけたのがキノコの類で、

 横から見ると球体とか(笑)、普段余り見かけないようなキノコを色々見れました。

こちらは最近流行り(?)のヒカリタケなのだそうで、途中すれ違ったハイカー(?)の方が「それは毒があるよ~!」と教えてくれました。夜になると光るらしいですね。

今回の尾瀬は(も)事前調査無く思い付きみたいな感じで来てしまっていて、周りを見てみると全般的にちゃんとした装備で来られている方が多く、特にこの日は前日に雨が降っていたのでランニングシューズではちょっと歩き難かったです。

また尾瀬がこんなに広い範囲だった事も知らなかったので、是非次回は体力と装備を備えてリベンジしたいと思います。