ポリゴン色見本ミニカー 作製①

立体的に色を確認する為に使っているレジン製の色見本ミニカーですが、これがカクカクとした形状なら塗装の見え方が大分面白いのでは?と思い、

 3Dプリンターで作って頂きました!(凄)。

 勿論作ったのは私では無く、「ココナラ」なるサイトのサービスを利用して、CADのデータを扱えるマニーさんにお願いをして作って頂きました。

ココナラとは

 通常は3Dデータの作製だけのようですが、その後の3Dプリントまでを一括してやって頂きました。ちなみに3DプリントはDMM.comで、試作なのでナイロン素材となっています。

DMM.make/3Dプリント | DMM.makeで気軽に3Dプリント

塗装の下地としては梨地のようで良くないので、最後は仕上りの良いアクリル素材でプリントして貰おうと思っています。

 既存のサイズは45mm程で、今回作って貰った物はそれに比べると少し小さいので、次の試作では大きくして貰う事にしました。

 また横からみるとストンと直滑降に落ちてしまっているので、

底面を尻すぼみ状に嵩上げして貰う事にしました。

また以前底面をレーザー彫刻したみたいにPRO_Fitのロゴも入れて貰う予定です(ただし細かい文字が可能か判らないので次も試作になる感じです)。

ちなみに「ポリゴン良いな~」と思ったのがGUNさんのblogに登場していたミッキーマウスの塗装でして、

これを見た時に「この形なら単色で塗るだけでも相当映えるな~!」と思ったのがきっかけでした。ミッキーマウス自体は市販されている物のようで、こんな感じの物を当店の色見本に出来れば面白いかと思った次第です。

ちなみにGUNさんについては以下の記事を見ると判り易いかと思います。

マスキングシートを届けついでに

 

ただ今まで作っていた曲面タイプの色見本はそれはそれで必要で、さらに平面パネルの物もいずれ測色器で読み込む時にこれが無いとマズイので(いや、こういった色は無理だろうって話ですが)、結局余計に仕事が増える!という泥沼行きは必至です(苦)。

尚、GUNさんも前からBLACKRABBiTのポリゴンを作りたいと言っていたので、私の分が無事出来上がったら是非紹介させて頂きたいと思います。

進行次第また紹介しますね。

仕事が止まらない

自慢っぽくなっていたら申し訳無いのですが、小物の塗装を始めてから仕事のご依頼が止まりません。今のスタイルになってから「仕事を下さい」と御願いした記憶は無いのですが、勝手にご依頼が増えて行く感じです。

人にそう言うと「嬉しい悲鳴じゃないですか!」と言われるのですが、当店のような手仕事だとどうやっても限界があるので、仕事が増えても売り上げが上がる訳ではありません。むしろ混乱と混沌で効率が落ちてしまうので(そして心穏やかでは無くなるので・・・)、そういった場合は受付制限を行わなければならなくなります。実際売り上げも頭打ちで、仕事はやり切れない程あるのに経費を抑えないといけないという、訳の判らない負のサイクルに陥っています。一体何故・・・(苦)。

まあでも売り上げが上がらない原因は大体判っていて、サボり当店の場合は何かとお金にならない塗装(=色見本の作製)が多い気がしているので、いずれはこれを何とかしようと思います。なんて、ただそう思うだけで今後も何も手を打たないとは思うのですが(意外と楽しくて。笑)。

 と言う事ですが、色見本用マイクの素体が少なくなってしまったので改めて増産する事にしました。いつもの注型用ウレタンレジンです。

・・・が!

うっかりレジンが切れてしまいました・・・。

塗装用の材料は毎週来てくれているオートサプライヤーさんにお願いしているので、クリアーが無い!なんて事は無いのですが、さすがにウレタンレジンは扱っていないので(お願いすれば取り寄せてくれると思いますが)、どうしたものかと工場を見渡してみると・・・

 

 おおぉぉぉ(惚)。棚に仕舞った段ボールの中に在庫してました(笑)。どうせ送料が掛かるからと、以前8キロ分をまとめ買いしていたのをすっかり忘れていたようです。

 と言う訳で、シリコーン型に離型剤を塗って、A液とB液を混ぜたレジンを注ぎ、30分くらい待つと・・・

 こんな感じで固まってくれています。

 ただシリコーン型も大分痛んで来ていて、そろそろ作り直さないと駄目なのですが、まあどの道2液ウレタンサフェを塗らないといけない事と諦めてはいるので、これくらいならまだ問題無いですかね。

と言う訳で色見本マイク用の素体が8個に、余った分で作ったミニカー型色見本が7個完成です。

この後はアルカリ洗浄槽に浸けて離型剤を落とし、素地調整をした後に仕事の序でにサフェを塗らせて貰おうと思います。

ちなみにこちらは以前作っておいたサフェ済みの色見本用マイク(左)と本物のSHUREのマイク(右)で、このGW中にサンプル用として艶消し白の塗装で御依頼を頂いていました。マットホワイトの色見本マイクは当店も持っていなかったので、序でに一緒に塗らせて頂いていました。これでOKが出れば30本分の塗装に入ります。

先日紹介した時の色見本作製もそうですが、こういった直接はお金にならない物が意外と仕事に繋がっているのだと思うので、お陰で外回り営業や接待や袖の下(!)などをせずともお仕事を頂けているのだと思います。接待とか、想像しただけでも気分が・・・(まあ今時は無いですか。笑)。

ピンクゴールド色見本 作製

 仕事のマイクの塗装案件で、一部に「ピンクゴールド」といった色でご指定を頂いていたので夜な夜なその作業に勤しんでおりました。

 色々試してみた結果、こんな感じが良いのでは?と思い、

 実際に色見本に塗装する事にしました(何気にかなり時間を掛けています)。

尚、先ほどの色板の下色はイエローの原色で、その他「白」など下色に塗った物を用意しています。

 そしてその上に、角度によって色の見え方が変わる「クロマフレア」風系の顔料(No.4)を重ねています。下色を「黒」で行った場合は既に検証していますが、今回は明度の高い色を試してみよう!と言う作戦です。

普通の顔料では出せないような綺麗なピンクの色味は出てくれたのですが、

 如何せん透かしのゴールド(オレンジ)が強過ぎる!と言う事で、これらはボツにする事にしました。

とは言ってもこれはこれで良い色なので、今後マイクの色見本も作製して施工例を増やしていこうと思います。普通のパールでこんなピンクは出せませんからね。

 と言う訳で改めて一から色を作り直しました。今度は間違いがない感じで、私は一体何をやっていたんだか・・・(苦)。

色の造り方については事前に知り合いの塗装屋さんと色々と話していて、これしかないでしょう!と言う方法は最初から判ってはいたのですが、うっかり簡単に出来てしまうと逆に不安に感じてしまう気がして、「もしかしたら他にもっと良い色が出せたのでは・・・」みたいな事を考えたら大分遠回りをしてしまいました。馬車馬のように働いているのに会社のお金が全く増えないのは、きっとこの辺に理由があるのではと・・・。

と言う訳で、概ねこんな感じで色が出来ました。予想通りで間違いありませんでした(笑)。

 ちなみに他には着色オレンジメタリック系も試していたりして(ゴールドに見えますが着色オレンジメタリックです)、

 さらに輝度感の高いゴールドフレーク(?)を使い、

蛇紐金印みたいなゴールドを作ってみたり(笑)。

いや、最近頂いたお問い合わせで妙にエグイ金色の塗装があったので、調色作業をした序でに「王様ご用達」みたいな色見本も作っておきたいと思ってしまいまして・・・。

そしてこちらも無事クリアーを塗って色見本本塗り完了です!

一応本物らしく薄いピンクと、もう少し色味が判り易いよう少し濃い色とで2種類作っておきました。

 こちらが濃い方ですね。ちょっとゴールド感が強いかと。

こちらが薄いピンクで、色味の淡さ加減が良い感じだと思います。

今回知り合いの塗装屋さんに言われて気が付いたのですが、実はコーラル系ピンク=「ピンクゴールド」は表現するのが難しい色!と言う事で、ただもう仕事を請けてしまったので先にこれを終わらせておきたかったのです。

と言う訳で色々良い色が出来たので、今度色見本用のマイクも作っておこうと思います。

キャンディーピンク色見本作製

 先日某アーティスト様向けのマイク塗装で、「ピンク」の色味をデカール&塗装で作る必要があり、色々模索していました。

画像のマイクは以前サンプル用に作製した「マゼンタ」のキャンディーカラーとなります。

 デカールの色味については、いつもお世話になっているデカールマイスターのG-SHOCK塗装屋さんにご教示を頂いて作製し、

 次にそれに合わせるようピンクの塗装を行いました。と言っても最初の画像のマゼンタを、樹脂の割合を増やして薄くしただけなのですが・・・(後に判明したのですが、これ以外に良い方法は無いみたいです)。

 出来上がった色見本を、それぞれの違いが判り易いよう並べて撮影してみました。

一番左がキャンディーレッドで、真ん中が最初に紹介した画像の「キャンディーマゼンタ」(仮)、一番右が今回新たに作製した「キャンディーピンク」(仮)の色見本となります。右の二個は同じ色で、単に塗り方(濃さ)を変えただけです。

「赤」を基準として言うと、左の赤は「黄色い赤」となります。

 こちらは「青い赤」ですね。

実は仕事で「ピンクゴールド」の色味を作る必要が出たのですが、キャンディーカラーも得意なG-SHOCK塗装屋さん曰く、「コーラル系のピンクは無理なんですよ…」との事でした。えええええ!!そ、そうだったんですか・・・(全く知りませんでした)。

取り敢えずその辺は無視して(笑)、今後の色の参考になるよう普通に撮影は済ませておきました。順番は先ほどと同じで、左がキャンディーレッド、真ん中がキャンディーマゼンタ、右端がキャンディーピンクです。判り易いよう今後こう呼んでいこうと思います。

 こちらのページは社外記となりますが、画像はどれもサイズの縮小以外は未加工となります(社外記で紹介する画像の多くはPhotoshopで加工しているのでわざわざこう説明しています)。

 マゼンタを薄く塗るのが意外と難しくて、かなり樹脂(バインダー)の割合を増やしてコート数を重ねました。実際には濃くした方がよっぽど楽と言う・・・。

画像だと判り難いのですが、彩度(鮮やかさ)としては断然キャンディーレッドが上です。マゼンタは濃くしても薄くしてもキャンディーレッドには敵いません。迷ったらキャンディーレッドがお勧めです。

こちらは自然光下での撮影となります。色が薄い分、透過して反射する光線量が多い為、よりピンク感が判り易く見えるかと思います。

 そしてG-SHOCK塗装屋さんから頂いたアドヴァイスの確認の為、ハウスオブカラーの色見本を確認してみると、確かにコーラル系のピンクが無い・・・。

「社外記を見て、タカハタサンがどうやってピンクゴールドを作るのか、今度会った時に聞こうとメモしておきました」との事ですが、実はこちらが全く気にしていないだけだったと言う(笑)。

さらに頂いた説明では、これらの色を混ぜてピンクを作ろうとしても色が濁ってダメダメな結果になるそうです。確かに以前グリーンを作るのに、「青とイエローを混ぜたら作れるのでは?」と思いましたが、オートサプライヤーさんがわざわざメーカーに聞いてくれたところ、「それは濁るのでNGです」との回答を頂いてグリーンを取り寄せたという経緯があります。まあ当然と言えば当然ですよね。

 と言う事ですが、以前テスト的に作った色見本が意外とピンクゴールドっぽくて(笑)、ただ2トーンカラーで塗る色自体が同じ色(クロマフレア風No.4)で重なってしまうので、少し工夫をしないと駄目そうです。見る角度によっと同じように色が変化してしまうと差異が判り難いんですよね。

他にはトンデモないゴールドパール(メタリックではありません)と言うのもあって、単体だと粒子感が強過ぎて使えないと思っていましたが(しかしお値段はマジョーラ並み)、これにマゼンタ系のキャンディーカラーを加えればそれっぽくなるのでは?などと(安易に)考えています。

まだ時間はあるので、もう少し色々と考えてみようと思います。何だかんだ楽しいですし(笑)。