EIZO EV2451ディスプレイモニター

先日行っていた、CMYK指定の色味をミニター上で見ると言う作業がきっかけとなり、今回新たなディスプレイモニターを購入する事にしました。EIZOのFlexScanのシリーズです。

モニター上で見る色の違いについては以前から確認をしていたのですが、現在使っているDELLのノートパソコンが余りにも違い過ぎる!と言う事で、これをどうにかしたかったんですよね。

サイズは24インチなので、昇降台(スタンディングデスク)の上に置いても問題無い感じです。相変わらず頸椎の状態は芳しくないので、デスクワークは立ったり座ったりしながら色々模索しています。またキーボードより手の位置がしっかり上になるよう、椅子も買い直しました。座面が床から59センチとここまで高い物は中々なく、やりもしないのに何故かゲーミングチェアに(笑)。

元々使っていた古いEIZOのサブモニターをどかし、そこにDELLのノートパソコンを置く事にしました。

本当はPC本体も新調したかったのですが、色々な問題から(苦)、取り敢えずそちらはそのままとなります。あと2年くらいは頑張って欲しいですかね。

 と言う訳で、色味を見比べてみました。

手前がappleのiPadで、奥がDELLのモニターです。どちらも色相の調整は出来ないので(多分)、これがスタンダードになる筈ですが、DELLの方が青味が強くてまるで違う色です(画像で見る以上に酷いです)。

そしてこちらが今回導入したEIZOのモニターですが、画像で見る以上に素晴らしく色が合っています。さすが!買って良かったです・・・(惚)。

当店の場合、CMYKでプリントアウトするような印刷屋さんとは違うので、モニターの色味をそこまで気にする必要は無いのですが(そもそも現場ではiPadを使っていますし)、最初に見た時の色のイメージが後々頭の中に残ってしまうのが嫌だったので(先日の作業はそのせいで少々悩みました・・・)、今後はこれのお陰で気分良く仕事が出来そうです。フフフフ、フ・・・(疲)。

ミラーコートAG 色見本マイク塗装

 先日入手したミラーコートAGを使って、色見本用のマイクを作製しています。

画像は注型樹脂で作った素体で、サフェでの下地と、一旦シルバーで下塗りもしています。

 そしてまずは下地として艶ありの黒で塗装しました。

 画像は既に熱も入れた状態で、塗装はこの前日に、強制乾燥は60℃で4時間くらい行いました。

 磨き処理・脱脂処理も行わず、塗って焼いてそのままとなります。

 そしてミラーコートAGを塗布しました。画像だとまだ1コート目です。

 使用したガンはSATAのDEKOR2000口径0.5mmで、マニュアル通りドライ~セミウェットとしています。

 取り敢えず全体を揃えて塗ると言うより、塗り方でどのようになるのかをテストしながら塗っています。

 ミラーコートAGを抑えめにすると、ブラックメッキのような感じに見えなくもありません。ただムラや粒子感が見えるのは嫌ですね。

その後また一日置いて、60℃4時間程の熱を掛け、そのままクリアーを塗りました。

 ミラーコートAGは膜厚が薄いと黄色っぽくなり、厚くなると青っぽくなるとの事で、どれも青味は感じませんでしたが、それぞれ多少色味が違って仕上がっています。

 以前使っていたモトクロームに比べると簡単にメッキ感が出ますが、これはまだ材料が新鮮だからと言う事もあるかも知れません(使用期限は6カ月で、徐々に効果が落ちていく筈です)。

マニュアル上だと熱を入れた後から次の塗装までには24時間~36時間のセッティングタイムが必要との事ですが、密着性の事も考えて今回はそれよりも早くしています。一応STANDOXでは「24時間以内なら足付け処理が不要」としているので、それに倣ってやっている感じです(ただそれを再補修する時の事を考えるとそれもどうなのかと考え、ある意味それ自体が消耗品でもあるマイクに限定しようと考えています)。

尚これで完成では無く、この後キャンディーカラーを施す予定です。

しかしこれだと(サフェを入れなくても)「塗装→強制乾燥硬化」の行程が4回になるので、コスト的にかなりの金額になってしまいますから、実用は限られてしまうかも知れません。

ただやらないまま出来ないと言うのも嫌だったので、取り敢えず試せたのは良かったと思います。

キャンディーカラーの色はレッドと、あとは何が良いですかね~。

火の七日間

 とある企業様から、ライブで使用するワイヤレスマイクの塗装のご依頼を頂きまして、ただその納期が一週間(!)しかない為、昨日今日の休日(日曜日+山の日)を返上して作業をしています。

当方も週末から夏季休業日となりますから一度はお断りしたのですが、アーティスト様(もしくはクライアント様)がどうしても!と言う事で、超特急割増費用付きで引き受ける事となりました。要は私の休日3日分をお金に変換したような感じでしょうか(苦)。

上の画像は色を確認しているところで、ご指定頂いたCMYKの色を確認しているところです。今回は艶消し仕上げでのご指定なので、これが結構面倒なんですよね。

手前のiPadの画面の色は、adbe Illustaratorの画像をjpegに変換した物で、その右にあるiPhoneの方は、以前インプレッサのフューエルキャップのロゴを作った時にも使った「Palettes」なるアプリを使って表示した色です。わざと違うアクセス方法にし、同じCMYK値で色が変わるのを確認しています。

そしてその上にある色見本は当店で作った物で、今回の色はSTANDOXの鮮やかな赤の原色(MIX561)と白、スバルSTiのチェリーピンクそれぞれを合わせたような色になります(まあ実際はそんな単純な話では無いのですが・・・)。

ちなみにPANTONE社が提供するFind a Pantone ColorなるサイトでもCMYK値を入れて色見本を検索できるようなサービスがありまして、そちらを試してみると「PANTONE 201U」が近似色と案内されました。

実際のその色見本を見てみると・・・、

それぞれの色が余りも乖離し過ぎて噴き出してしまいました(頼みますよ・・・笑)。

モニター上で見る色はCMYK値と言いつつも実際はRGBですから、それを鵜呑みには出来ない思う反面、さすがにこんな濁った色でも無いだろうと言う事で、その辺を考慮しつつ色を作っています。

この一週間が無事に終わった場合、そのまま燃え尽き症候群になりそうな感じがするのですが、そこで丁度良く夏休みに入るので、何とかやり切っていこうと思います。ゴッホゴッホ。

ポリゴン色見本ミニカー 作製①

立体的に色を確認する為に使っているレジン製の色見本ミニカーですが、これがカクカクとした形状なら塗装の見え方が大分面白いのでは?と思い、

 3Dプリンターで作って頂きました!(凄)。

 勿論作ったのは私では無く、「ココナラ」なるサイトのサービスを利用して、CADのデータを扱えるマニーさんにお願いをして作って頂きました。

ココナラとは

 通常は3Dデータの作製だけのようですが、その後の3Dプリントまでを一括してやって頂きました。ちなみに3DプリントはDMM.comで、試作なのでナイロン素材となっています。

DMM.make/3Dプリント | DMM.makeで気軽に3Dプリント

塗装の下地としては梨地のようで良くないので、最後は仕上りの良いアクリル素材でプリントして貰おうと思っています。

 既存のサイズは45mm程で、今回作って貰った物はそれに比べると少し小さいので、次の試作では大きくして貰う事にしました。

 また横からみるとストンと直滑降に落ちてしまっているので、

底面を尻すぼみ状に嵩上げして貰う事にしました。

また以前底面をレーザー彫刻したみたいにPRO_Fitのロゴも入れて貰う予定です(ただし細かい文字が可能か判らないので次も試作になる感じです)。

ちなみに「ポリゴン良いな~」と思ったのがGUNさんのblogに登場していたミッキーマウスの塗装でして、

これを見た時に「この形なら単色で塗るだけでも相当映えるな~!」と思ったのがきっかけでした。ミッキーマウス自体は市販されている物のようで、こんな感じの物を当店の色見本に出来れば面白いかと思った次第です。

ちなみにGUNさんについては以下の記事を見ると判り易いかと思います。

マスキングシートを届けついでに

 

ただ今まで作っていた曲面タイプの色見本はそれはそれで必要で、さらに平面パネルの物もいずれ測色器で読み込む時にこれが無いとマズイので(いや、こういった色は無理だろうって話ですが)、結局余計に仕事が増える!という泥沼行きは必至です(苦)。

尚、GUNさんも前からBLACKRABBiTのポリゴンを作りたいと言っていたので、私の分が無事出来上がったら是非紹介させて頂きたいと思います。

進行次第また紹介しますね。