BOSE101MMスピーカー弐号機

先日完成していたBOSEの101MMスピーカーですが、クロスネット(布)を張っていたのは一個だけだったので、

もう一個も張り付けました。

ちょっと気に入らないところがあって新しい布を手配したのですが、色的にはこちらの方が合っていたので結局そのまま完成としてしまう事にしました。しかも二回目なので作業が慣れていて思った以上に綺麗に貼れてます(苦笑)。

そして今回さらに同じスピーカーをもう1セット買いました!(笑)。

私が高校生の頃にアルバイトしていたオートバックスで、これの車載版(101RD)を月々¥5,000の12回払いで購入したのですが、今はなんとそれの一か月分でこれが買えてしまう!と言う事に感動しています(注>送料は別)。

買えば買う程得になった気分ですし、この無骨なデザインは今も変わらず大好きです。適度な重さもヤバいですね~。

ちなみに次の色はもう決まっていて、以前ロジクールのキーボードに塗らせて頂いたブガッティ純正色のティファニーグリーンを予定しています。こちらのページで他の完成画像もご覧いただけますので宜しければどうぞ。

ネットは濃いめのグレーか、または今回買って使わなかった蛍光ピンクの布(こちらはイエロー寄り)を使おうと思っています。

尚、ボディには前回と同様全体に小傷があるので、一旦クリアー(または2Kエナメル)で下塗りし、その後本塗りを行う予定です。BOSEのロゴもマスキングデータ出来ているので2トーンで塗り分け予定で、ロゴは黒系の方が合いそうですが、遊びたいので蛍光ピンクにしようかなと。

BOSE101MMスピーカー塗装④完成

 先日本塗りを終えていたBOSEの101MMスピーカーです。その後熱を入れて塗膜を完全硬化させマスキングを剥がしました。

グリルネットに派手なピンクの布を貼り、塗装前に外しておいたバッジを取り付けて完成です。

・・・が!

使った布は所謂女性が履く「タイツ」でして、その為ちょっと何かに引っかかっただけで毛羽立ちが出てしまい、近くで見るとちょっと残念な感じです。しかも折り目も残ってしまったので、こちらは没として後日改めて貼り直そうと思います。

という事ですが、多分次の機会はやって来ない(笑)気がしないでもないので、とりあえず撮影だけしておく事にしました。

  ちなみに今のところこれを使う予定は無く、今回は施工例と色見本を作る為となります。

木製のスピーカーボックスは家具屋さんとかが塗られているのでわざわざ当店が出しゃばる必要は無く(STANDOXで塗る必要は無く)、ただ今回のような樹脂素材(恐らくはPPかPAかPU)なら需要はあるのでは、と思った次第です。商品自体は古い物で今更感は否めませんが、一応googleで探してみたところ他で塗っていた人も居ませんでしたし。

仕事のご依頼で意外に多いのがレジスターの塗装で、最近はお洒落なケーキ屋さんとかが増えたせいかデザインに特化した設計事務所が多いようで、そういった業務用電気製品のお問合せが多いです。大抵は什器を専門に扱う会社が下請けに入っている筈ですが、レジスターなどは難しいのかも知れませんね。

と言う感じで、今までいったショップでBOSEの101に塗装した事例は見たことが無かった事、ただそれでも未だによく見かける事(もう生産終了ですが・・・)、あと塗って面白そうな物(一番重要)と言う点で久しぶりに仕事以外で何かを塗ってみた次第です。

いずれショールルーム的なのが出来たら是非使いたいですね。激しいチヂレ部分は見えないようにして(笑)。

BOSE101MMスピーカー塗装③

先日クリアーの下塗りを行っておいたボースのスピーカー101MMです。その後熱を入れ、簡単に足付け処理を行っておきました。

まずは白系の下色を塗り、BOSEの凸文字部分に当店規定の色見本紫(VS3)を塗ります。

ちなみに「VS」は「バリューシェード」の事で、DUPONT(現CROMAX)のシステムを利用しています。当店規定の色見本もこれと同じく7段階で、1が一番明るく(白の含有量が高く)、7が一番暗い(濃い)色味となっています。今回採用した紫は7段階中の下から3番目という事です。

 よく乾かしたら予め作成しておいたマスキングシートを貼りつけ、

当店規定の色見本ピンク(VS2)を塗ります。

これより淡いVS1のピンクは、先日完成したゼンハイザーE945のマイクとなります。

 そして艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。

ただ熱の入れ方が甘かったからか(仕事のついでに入れさせて貰ったので)、一部激しいチヂレが起きていたりします。

  「BOSE」の紫はそれ単体で見ると丁度良いと思えたのですが、実際に塗ってみるともっと濃くて良かったです。これは面積比によるものですかね。勉強になります。

グリル部分も塗っておきました。こちらは完成後にサテンクロス(風、ただの布)を貼る予定です。

それでは完成次第改めて紹介したいと思います。

BOSE101MMスピーカー塗装②

 先日紹介していましたBOSEの101MMスピーカーです。今日は祭日ですが普通に出勤していて、こういうのを色々と作業してました。

 フロントカバーの中央についているBOSEのエンブレムバッジを取り外し、

s サランネットを剥がしました。

スピーカー本体は淡い艶消しのピンクにする予定で、それに合わせてサランネットを少々派手なマゼンタピンクにする予定です(実際は逆なのですがまあ良いかなと)。

また折角なのでスピーカー裏側にあるBOSEの凸文字の色も変えようと思います。

当初は純正と同じく白にしようかと思っていたのですが、

折角なので普通には無さそうなバイオレット(紫)にする事に。

凸文字部のマスキングシートを作成する為、適当な紙を貼って上から鉛筆の芯で擦り、輪郭を抽出します。古くなって錆びた車体番号を読み取るような方法ですね。

それをスキャナーでPCに読み込み、既存のロゴを合わせ、さらに一回り大きくします。

こんな感じで凸文字を少し食み出るような感じでマスキングシートが完成です。

  早速塗装工程にも入っています。

スピーカー本体には全体に小傷があって、本来ならサフェで下地を作りたいところですが、

細かい文字が埋まってしまうのと、これにサフェを塗って研ぐのは結構大変なので、今回はプライマーを塗ってそのままクリアーコートして下塗り(二度塗り)とする事にしました。傷は取り切れませんが(残りますが)、今回はOKとします。

この後は一旦強制乾燥~完全硬化させ、再度足付け処理をして上塗り予定です。映えそうなのでもう一個(一色)くらい作っても良さそうですね。