オデッセイビームライトガーニッシュ 下地処理

 先日裏側に貼ってあったスポンジテープを剥がしておいたホンダ純正品、装飾クロムメッキ素地仕上げのオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

 下地処理をした上で、まずは裏側と表側にプライマーを塗布します。

 さらにその上にサフェーサーを塗布し、一日以上寝かした後に熱を入れて塗膜を硬化させます。

尚、今回のような「単色べた塗り」であれば【お任せ仕上げコース】でも対応は可能で、今までの御依頼頂いた同型製品についてはこのコースでのご依頼となっていますが、今回は【標準コース】でのご指定となっていますので、プライマーの塗り方やサフェーのコート数など、いつもより多めに行っています。

【お任せコース】と【標準コース】の違いとしては、塗装後の磨き処理を省くかどうかと、それ以外にも作業の違いによってその都度費用も変わります。今回はオーナー様より「後で後悔したくないので丁寧に」と承っていますので、その分の作業を加えた金額設定となっています。

ただ全ての作業でそれを行うと、結局「自動車の塗装」と同じ金額設定となってしまう為(レーバーレート×時間、いわゆる「指数」を適用したお見積もりです)、小物に特化して塗装を行うメリットが少なくなってしまいます。

そこで【お任せコース】といったコース設定を設ける事により、高品位な塗装(簡単に言うとベンツやBMW、フェラーリなどを塗るような内容)を、極力安価で提供出来るようにするよう各コースを設定するようにしました。

ちなみに【最高仕上げコース】は「実作業に掛かった時間×¥8,000」といった算出方法となりますので、お見積もりは全ての作業が終わった後、ご納得行くまでお付き合いはしますが当然かなりの金額となるので余り現実的ではありません。大手メーカーが何度やっても納まらなく、もうお手上げとなった案件などを当店が代わりに行うといったご依頼が殆どです。

 研ぎ作業を行う前に全体に黒をスプレーします。研ぎ具合を確認する為のガイドコートですね。

 最初は#600で水研ぎし、

 その後#800水研ぎ→布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均します。

右が研ぎ終わった後で、左が研ぐ前のガイドコートを塗られた状態です。こうやってサフェーサー表面に何かしらが塗ってあれば研ぎ忘れが防止出来ますし、また研いでいる最中もラインの崩れや深い傷などを確認する事が出来ます。また必要に応じて途中で再びガイドコートを行う事もあります。これをせずにサフェを研ぐと言う事は殆どありません。

この後両方とも研ぎ終わったら一旦ホコリの付かない所に保管し(工場二階の保管部屋か恒温器の中)、タイミングが来たら本塗りとなります。まだもう少し先になるかと思いますが、どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ 下準備

 先日お預りしておりましたオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

近々別件でメッキパーツの御依頼品が届きそうなので下準備として裏側に貼ってあるスポンジモールを剥がしておく事にしました。

 通常こういった薄手の両面テープ物はシリコンオフを浸み込ませておくと比較的簡単に剥がれてくれるのですが、このパーツに使われているテープはそう簡単にいきません。いつも大変です。

 両面テープの台紙を剥がしても糊成分がベッタリ残り、ウェスで拭いても絡むだけで全然綺麗に落とせません。

なので拭き取ったティッシュをその都度使い捨てるようにして糊を少しずつ除去し、最後は溶剤槽の上に吊るした状態でスプレーガンとシンナーで全体を洗い流すようにして洗浄します。素材はABS樹脂ですが、装飾クロムメッキが施されている場合は多少シンナーが掛かっても大丈夫です。

ちなみに最初からシンナーを使うと両面テープの糊が溶けてさらにひどい事になります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ塗装承ってます

 先日到着しておりましたホンダオデッセイ用のメッキビームライトガーニッシュです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はこちらをホンダ純正色のベルリナブラック(カラーコードNH547)に、またメッキ素地に直接上塗りをしても十分に密着しませんので、メッキに食い付くよう下地を作り、さらにサフェーサーでラインを整えます。また「出来るだけ丁寧に美しく」と言う事で、単色べた塗りではありますが今回は【標準コース】で、またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承っております。

 尚こちらのパーツには裏側にスポンジテープが貼ってありますので、こちらも一旦剥がして最後に元の通りに貼り直します。

 使うスポンジテープは耐久性のある専用の物で(NIttoエプトシーラーや岡部ゴムのタフロングEX)、それぞれサイズの合った物を使います。

 ただどうも今回のスポンジテープは今までとちょっと違っているようで、以前作成した仕様書と比べると少し単純化されたようです。

なので改めて仕様書を作り、塗装後に元の通りに戻せるようにしておきます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

オデッセイライトガーニッシュ塗装 完成

odyssey10 大変お待たせしました!サイズを間違えて購入していたエプトシーラーも無事届き、オデッセイのメッキライトガーニッシュ、本日完成となります。何かの間違いで届かなかったら困るので念の為モノタロウとamazonで2個ずつ頼んでおきました。

odyssey11 貼ってあるスポンジモールは適当そうに見えますが実はちゃんと貼り位置の印もあって、各スポンジのサイズも元の通りにしてあります。最初の状態も紹介しますね。

odyssey1このスポンジモールも最初は大分苦労しましたが、こちらのパーツは今回で3回目なので大分慣れたと思います。最初にしっかりと仕様書を作っておいたのが幸いでした。

odyssey12 色はソリッドカラーの黒で、ホンダ純正色の「ベルリナブラック」(カラーコード:NH547)となります。

odyssey13 照明のお陰で綺麗に撮影が出来ていますが、実物はこれ以上に美しく感じられると思います。

odyssey14そもそも車体の新車塗膜は塗装屋から見て美しいと言う感じでは無く、事故などで修理する際に行なう補修塗装も綺麗に仕上げるのが目標では無く、元の通りに「復元」する事が基本となります。なので肌もツルツルにしたりしては駄目で、新車時特有の肌(これは車種ごとに違います)に合わせなければならなく、出来上がったそれも「美しく」なんて表現をするのはタブーと言うか、私的には間違いだと思っていました。

まあその辺が補修塗装をしていた頃の私のジレンマであって、今はそれが無いので結構気楽にやれていると思います。労働時間は相変わらず長いですが気苦労は全然違いますよ(笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

オデッセイライトガーニッシュ スポンジ貼り付け

odyssey先日本塗りを終えているホンダオデッセイ用のメッキライトガーニッシュです。

塗膜が完全硬化したので最後の仕上げに裏側に貼ってあったスポンジテープを元通りに貼り付けます。

odyssey1ちなみに最初はこんな感じに貼ってあって、見た目がこれですからてっきり社外品かと思いきやホンダ純正品です。

通常裏側は塗らないので剥がさずにそのままと言う事も出来なくは無いのですが、今回の部品は元々装飾クロムメッキが施されているので下地処理の段階でこれが邪魔なのです。なので凄く面倒ですがスポンジテープは一旦全部剥がし、塗装を終えてから全て元の通りに戻すと言う事を行っています(勿論費用は頂いています)。

odyssey1が!どうやら間違えて違うスポンジテープ(エプトシーラー)を買ってしまっていた模様です。

odyssey2今回のメッキガーニッシュに使われているスポンジモールは、

・5mm幅×20mm厚

・10mm幅×10mm厚

・10mm幅×5mm厚

・10mm幅×15mm厚

の4種類(!)で、これの最後の「10×15」を「15×10」で買ってしまっていたのです!いざ貼ろうとして全く見覚えの無い物があってビックリした次第でして…。

と言う訳で新たに買い直し、明日にはこの材料が到着予定です。

大変失礼を致しましたが、どうかもう少々お待ちくださいませ!