Odyssey Fog Light Cover

 オデッセイ用のホンダ純正フロントビームライトガーニッシュです。ABS樹脂に装飾クロムメッキが施されています。

 裏側にはそれぞれ厚みの異なるスポンジテープが貼られています。

 このまま塗装を行うと綺麗な仕上がりにならない為、各部のスポンジテープのサイズを採寸してメモを残し、

綺麗に剥がしておきます。

 メッキ素地に直接色を塗っても十分に密着しない為、まずはそれようの下地処理を行います。

 裏表にプライマーを塗布後、

 さらにサフェーサーも塗布します。

 60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、軽く全体に黒をスプレーしておきます。砥ぎ作業時における素地の確認や研ぎ忘れの防止としてのガイドコートとなります。

 最初は#600で水研ぎを行い、

 さらに#800で研磨、最後に布状の研磨副資材でペーパー傷の目消しを行います。

左が砥ぎ作業前で、右が研ぎ作業を行った後の状態です。ガイドコートが綺麗に取れたと言う事は、研ぎ残しが無いと言う事です。

 良く脱脂清掃し、本塗りの準備を行います。

 まずはひっくり返した状態で、

 裏側にベースコート(色)を塗ります。

 それが乾いたら持ち手を取り付け、片手で持ってスプレー出来るようにします。

 ベースコートを塗布します。色はホンダ純正色の「ベルリナブラック」(カラーコードNH547)となります。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプのスタンドックス「クリスタルクリアー」の仕様となります(通常は同社イージークリアーで、オプションで変更が可能です)。

60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしたら完成となります。

 最後に裏側にスポンジテープを貼り付けます。

使用するスポンジテープには耐久性に優れたEPDM発泡体を使います。

 そして完成です。

 完成画像は加工編集などはせず、サイズのみ半分にした「撮ったそのまま」となります。

その後オーナー様よりご感想を頂きましたので紹介をさせて頂きます。


箱を開けた途端ビックリしました!

プロ・フィット日記である程度は想像できていたものの、実物は想像や期待以上の仕上がりで高畑さんにお願いして本当に良かったと思っております。ありがとうございました。

オデッセイとは今後10年超のお付き合いとなりそうなので、愛車へ乗る度にプロ・フィット高畑さんの事を思い出すでしょう!!他にはないオリジナルの愛車ですので大変満足と感謝でいっぱいです。

プロ・フィット高畑さんにお願いして本当に良かったでした。


こちらこそわざわざコメントまで頂き誠に有難う御座いました!

オデッセイビームライトガーニッシュ塗装 完成

 先日本塗りを終えていたオデッセイ用ホンダ純正ビームライトガーニッシュです。

裏側に貼ってあったスポンジテープは塗装前に剥がしてあるので、それを元の通りに貼り直します。

 ちなみに貼り位置は一応ガイド用の印(段差)が着いていたりします。

 使用するスポンジテープは幅・厚みも元の通りに、また耐久性に優れたEPDM(エチレンプロピレンゴム)製の物となります。

 そして完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物で、一部レンズ穴部分に塗られたグレーメタリックの塗装を剥がし、メッキ素地でも通常通りの密着性を保持できる下地を作ってから上塗りを行っています。

裏側はこのように厚手のスポンジテープが貼ってありました。

密着剤を使ってそのまま上塗りするのであれば残す事も可能ですが、メッキ素地への下地処理をする上では綺麗に残せないので全部剥がしてやり直しています。

 色は色はホンダ純正色の「ベルリナブラック」(カラーコードNH547)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となっています。

 ソリッドカラ―の黒なのでクリアーを塗らない「1コートソリッド」(STANDOXの場合はVOC 2Kエナメル)でも可能ですが、余程の事が無いとそれは使いません。

 今回は「出来るだけ丁寧に美しく」とご指定頂いておりますので、【標準コース】にて磨き処理も行っています。

 画像はどれも撮ったままの未加工で、 サイズのみ半分にしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

オデッセイビームライトガーニッシュ 本塗り

 先日メッキ素地用の下地~サフェ研ぎまでを行っておいたホンダ純正オデッセイ用のビームライトガーニッシュです。

 爪の部分だけマスキングをし、全体を脱脂清掃します。

 まずは裏側にベースコートを塗布します。色はホンダ純正色の「ベルリナブラック」(カラーコードNH547)となります。

 裏側に塗ったベースコートを十分に乾燥させテープフリーな状態になったらボール紙棒を固定し、台にセット出来るようにします。今回は持って塗れるようにしました。

 ベースコートは極力ウェットに塗り込み、肌が荒れないようツルっとした仕上がりになるようにします。

ここで肌が荒れてしまうとどんなに綺麗にクリアーを塗っても乾燥硬化後に艶が引けたような仕上りになってしまいます。

 ベースコートを十分に乾燥させたら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります(艶有り仕上げの場合はオプションで変更が可能です)。

この後一晩以上は自然乾燥をさせて塗膜中の溶剤をゆっくりと揮発させ、その後60℃40分程の熱を掛けて強制乾燥硬化させます。さらにその後は磨き処理を行い、裏側に貼ってあったスポンジテープを貼り直します。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ 下地処理

 先日裏側に貼ってあったスポンジテープを剥がしておいたホンダ純正品、装飾クロムメッキ素地仕上げのオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

 下地処理をした上で、まずは裏側と表側にプライマーを塗布します。

 さらにその上にサフェーサーを塗布し、一日以上寝かした後に熱を入れて塗膜を硬化させます。

尚、今回のような「単色べた塗り」であれば【お任せ仕上げコース】でも対応は可能で、今までの御依頼頂いた同型製品についてはこのコースでのご依頼となっていますが、今回は【標準コース】でのご指定となっていますので、プライマーの塗り方やサフェーのコート数など、いつもより多めに行っています。

【お任せコース】と【標準コース】の違いとしては、塗装後の磨き処理を省くかどうかと、それ以外にも作業の違いによってその都度費用も変わります。今回はオーナー様より「後で後悔したくないので丁寧に」と承っていますので、その分の作業を加えた金額設定となっています。

ただ全ての作業でそれを行うと、結局「自動車の塗装」と同じ金額設定となってしまう為(レーバーレート×時間、いわゆる「指数」を適用したお見積もりです)、小物に特化して塗装を行うメリットが少なくなってしまいます。

そこで【お任せコース】といったコース設定を設ける事により、高品位な塗装(簡単に言うとベンツやBMW、フェラーリなどを塗るような内容)を、極力安価で提供出来るようにするよう各コースを設定するようにしました。

ちなみに【最高仕上げコース】は「実作業に掛かった時間×¥8,000」といった算出方法となりますので、お見積もりは全ての作業が終わった後、ご納得行くまでお付き合いはしますが当然かなりの金額となるので余り現実的ではありません。大手メーカーが何度やっても納まらなく、もうお手上げとなった案件などを当店が代わりに行うといったご依頼が殆どです。

 研ぎ作業を行う前に全体に黒をスプレーします。研ぎ具合を確認する為のガイドコートですね。

 最初は#600で水研ぎし、

 その後#800水研ぎ→布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均します。

右が研ぎ終わった後で、左が研ぐ前のガイドコートを塗られた状態です。こうやってサフェーサー表面に何かしらが塗ってあれば研ぎ忘れが防止出来ますし、また研いでいる最中もラインの崩れや深い傷などを確認する事が出来ます。また必要に応じて途中で再びガイドコートを行う事もあります。これをせずにサフェを研ぐと言う事は殆どありません。

この後両方とも研ぎ終わったら一旦ホコリの付かない所に保管し(工場二階の保管部屋か恒温器の中)、タイミングが来たら本塗りとなります。まだもう少し先になるかと思いますが、どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ 下準備

 先日お預りしておりましたオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

近々別件でメッキパーツの御依頼品が届きそうなので下準備として裏側に貼ってあるスポンジモールを剥がしておく事にしました。

 通常こういった薄手の両面テープ物はシリコンオフを浸み込ませておくと比較的簡単に剥がれてくれるのですが、このパーツに使われているテープはそう簡単にいきません。いつも大変です。

 両面テープの台紙を剥がしても糊成分がベッタリ残り、ウェスで拭いても絡むだけで全然綺麗に落とせません。

なので拭き取ったティッシュをその都度使い捨てるようにして糊を少しずつ除去し、最後は溶剤槽の上に吊るした状態でスプレーガンとシンナーで全体を洗い流すようにして洗浄します。素材はABS樹脂ですが、装飾クロムメッキが施されている場合は多少シンナーが掛かっても大丈夫です。

ちなみに最初からシンナーを使うと両面テープの糊が溶けてさらにひどい事になります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!