BMW R1200RSパニアケース 分解

 先日お預りしておりましたBMW R1200RSの純正パニアケースです。塗るのはカバー部分のみなので、土台からそれを外します。

 分解の手順としては、最初にこの連結ワイヤーを外し、

 開くとネジが確認出来るので、それらを全て外します。

 使う工具はトルクスのT20のみで大丈夫です。連結ワイヤーのプラスネジは罠なので(既に舐めった跡がありました)、そちらは外さずに残しておくと良いかと思います。

分解はサービスなので費用は必要ありませんが、塗らない土台部分は保管料が必要となりますので、コストを抑えたい方はカバーのみにした状態でご依頼を頂ければと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200RSパニアケース塗装承ってます

先日お預りしておりましたBMW R1200RSの純正パニアケースです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は一部に深い傷と全体に浅い傷があるので、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった行程で下地を整えてからの上塗りとなります。

また色はボディ同色のALPINWEISS III(カラーコード:300)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承りました。

アルピンホワイトで塗った施工例がありますので幾つか紹介しますね。

BMW Side Cases

>BMWパニアケース蓋 2トーン塗装 

BMW M Sport Chrome Badge

BMW M Power engine cover & intake manifold ///M color①

画像だと写り方で色が変わって見えてしまいますが、どれも同じアルピンホワイトです。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMW トップケースカバー塗装 完成

大変お待たせしました!BMW R1200RTのトップケースカバーの塗装、ほぼ完成となります。梱包~発送は明日の夕方以降となりますが先に撮影しましたので紹介をさせて頂きますね。

最初の状態も紹介させて頂きます。

元々は艶消しシルバーだった物を、

ボディ同色の「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)で塗装しました。

白の他に黒、オーカー、オキサイドレッド(ベンガラのような茶)が入っています。

 色が白の場合、光を反射し過ぎて上手く撮影出来ないのですが、今日はかなりの曇り空あったので丁度良かったのです。

 一応室内の照明下でも撮影しましたが、そちらの方が上手く撮れませんでした。一応二枚だけフェイスブックページの方で紹介しようと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWトップカバー 本塗り

先日お預りしておりましたBMW R1200RTのトップケースのカバーパネルです。

少しタイミングは早いのですが、業者様からの御依頼で同色系の塗装があったので並行して作業を進行しておりました。

裏側は取り付け固定部のみマスキングをし、フチから裏に回り込んだところまで色を塗るようにします。

最初にシリコンオフを使い全体の脱脂清掃を行います。

 BMWの艶消し塗装はちゃんとクリアーが塗ってあるので、まず最初に#800の水研ぎで肌の凸凹を均します。

尚、艶消し塗装ではクリアーを塗っていないケースが多く、そうなると紫外線で劣化して以下のようになってしまいます。

VW GOLF5 GTIフロントグリル塗装承ってます

 その後はスコッチブライトとウォッシュコンパウンド(研磨材を含む洗浄剤)を使い、全体の足付け処理を行います。

 スコッチやペーパーが当たり難い箇所はヘラを遣ったり、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを併用して隅までしっかり足を付けておきます。

 水で洗い流し、良く乾燥させます。

本塗りのタイミングが来たら台に固定し、シリコンオフを使って最終脱脂を行います。

 まずはベースコートを塗布します。色はBMWの純正色「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)となります。

 ベースコートは単に色を着けるだけの作業と思われがちですが、この時の仕上りが後々まで影響する為、実際にはクリアーを塗るよりも神経を使ったりします。

特にシルバーは一度肌を荒らしてしまう延々ムラが取れないので、自動車塗装の業界では「ベースコートはSATAのガンじゃないと」と言う塗装屋さんは多いです。

ベースコートが十分に乾いたらクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回は塗装面が結構大きいので通常は口径1.3mmのガンを使いますが、今の時期は気温が低く塗装表面の乾燥が遅い為、今回は先日行った模擬ワークショップの時と同様、口径1.0mmのIWATA低圧ガンを使いました。

組み付けた時に元の色(シルバー)が見えないよう、フチから回り込んだところまでしっかりと塗ってあります。

この後一日自然乾燥させ、60℃40分程の強制乾燥を行って完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWトップケースカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW R1200RTのトップケースのカバーパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はこちらをボディカラーと同色の「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)での塗装で承っております。

ちなみにALPINEWEISS Ⅲは他に「751」と言うカラーコードもあって、ただ内容(配合)はどちらも全く同じです。BMWは4輪車と2輪車で共通した色を使っているので色名やカラーコードで区分しているのだと思います。ポルシェとアウディとVW、ランチアとフィアット、ランドローバーとローバーカーズなんかもそうですよね。

以前同型のトップケースを塗装していますのでそちらの記事も紹介させて頂きます。車体に装着された画像もありますので宜しければご参考にどうぞ↓

BMW R1200RT TOP BOX

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!