BMW R1200R パニアケース サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたBMW R1200R(2015〜)の純正パニアケース蓋です。

裏側を汚さない&傷を付けないようにする為、作業前に養生を行います。

傷というよりは砂利など固い物に強く押し当てたような状態で、結構深くまで達しています。

自家塗装などをする上ではこの状態からパテで傷(凹み)を埋めようとするかも知れませんが、 その方法だと後からパテが浮いて小さい気泡(ブリスター)のような物が発生する為、

ダブルアクションサンダーを使って傷を削り落します。

最初は#120から始めて#180、#240、#320とペーパー目を均していきます。小さく済まそうとするとそこが局部的に凹んだように見えてしまう為、緩やかに範囲を広げていきます。また最後にその範囲の周りを#500相当の布状研磨副資材(アシレックススカイ)で足付け処理を行っておきます。

よく脱脂清掃し、マスキングを行います。

 素地が出ている部分にプラスチックプライマーを塗布し、

 その後続けてプライマーサーフェサーを塗布します。

サフェはコート毎に十分な乾燥時間(フラッシュオフタイム)を設け、5コート程をしっかり塗り込みます。削り落した分をこれで充填するような感じですね。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。これ単体で熱を入れるのは効率的では無いので、恒温機に入れて他の物と一緒に熱を掛ける方法ですね。去年は一件も保険作業の仕事はありませんでしたが(自動車補修塗装でこれだと会社は成り立ちません)、こうやってコストを下げる事で何とかやっていけております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200R パニアケース塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW R1200R(2015〜)の純正パニアケース蓋です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 現状は傷の部分を研磨された状態で、

今回はこれらの部分の補修と、既存の艶消しグレーメタリックの近似色での塗装でご依頼を承りました。クリアーも現状と同じく艶消し仕上げ(当店規定艶消しクリアー)で行います。

色に関しては、一応BMW二輪車用の色見本帳があるので、その中から近似色を探してみます。ちなみにPPGは私が最初に勤めた会社で使っていた塗料です。

一番近い色がこちらになりますが、ちょっと黒過ぎます。

別のBMWの色見本帳を確認してみる事にしました。

この色が比較的近く、これが艶消しになればさらに白く見えるようになりますから丁度良い具合になるのでは、と思う次第です。BMWの「GRANITSILBER」(カラーコード:237)となります。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMWパニアケース蓋塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW R1250RT用パニアケースの薄型リッド(蓋)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々は黒い樹脂素地にストラクチャー塗装の様なザラザラとしたクリアーが塗ってあった状態を、

まず全体に艶消し黒の塗装を施してツルツルの表面にし、

 その後プレスラインより上部分をBMW純正色のアルピンホワイトに塗装しています。

 

 黒い部分は「ベースコート黒+艶消しクリアー」の2コート仕様となります。

ツルンとした艶消しになっていますので、元の状態より傷が付き難くなっているかと思います。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWパニアケース蓋 本塗り

先日艶消し黒で本塗りを行っていたBMW R1250RT用パニアケースの薄型リッド(蓋)です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、数日間寝かしておきました。

今回はプレスラインより上をアルピンホワイトで塗装する為、そこから下の残す部分をマスキングします。

塗料が裏から周り混んで侵入しないよう、きっちり隙間を埋めます。また念のため二重にしておきます。

#800相当のトレカット(コシのある空研ぎ用研磨フィルム)で肌の凸凹を均し、その後アシレックスで足付け処理を行います。

マスキングラインのテープを剥がし、脱脂清掃を行い、

元々貼ってあった位置から少しだけ(髪の毛一本分くらい)内側にずらした箇所に貼り直します。これはテープの際はペーパーが入り難いので足付け不良になるのを防ぐ為です。また見切りのラインが綺麗になるようラインテープ(ポリプロピレン製)を使います。

少し浮かした状態になるよう台にセットし、

 脱脂清掃をして本塗り開始です。

ベースコートを塗装し、二回目のクリアーが塗り終わったら直ぐに見切りのラインテープを剥がします。

クリアーが流動している状態でマスキングテープを剥がし、見切り部分の段差が緩やかになるようにしています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWパニアケース蓋 艶消し黒 本塗り

 先日下準備を行っておいたBMW R1250RT用パニアケースの薄型リッド(蓋)です。

見た目は未塗装の樹脂素地に見えるのですが、実は艶消しクリアーが塗ってあって、ただフチなどは樹脂素地がそのままになっている可能性もありますから、念のためプラスチックプライマーを全体に塗っておきます。

 そしてベースコートの黒を塗布します。

今回はプレスラインより下側を艶消し黒、上を艶あり白(アルピンホワイト)で承っておりまして、まずは全体を艶消し黒で仕上げます。トップコートとなる艶消しクリアーは艶ありと同様2液ポリウレタン性で、それを下地としてザラザラとした梨地(実際は艶消しクリアーのドライコート塗装)を平滑にする「二度塗り」の併用といった感じです。

二度塗りについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

ロードスター フォグカバー&リップスポイラー 下塗り

  艶消しクリアーは塗り方によって安定しない事があるので(艶が出過ぎる&ムラになる)、事前にそれを確認をしながら行っています。

今回はそれとは別にサンプルも作っておく事にしました。耐擦り傷性テスト用の色板です。

艶消しクリアーは艶ありと同様2コート塗装します。1コートだと薄膜なのでマット感(艶消し度)は抑えられるのですが、塗膜を完全に均一に塗る事は物理的に不可能なのでそれによるムラが見えてしまい、またマット過ぎる仕上がりは傷が付き易いので実用としてはNGです。

ウェットに塗ると指触乾燥するまでに時間が掛かり、その分ゴミが付着する可能性が高くなる訳ですが、急いで乾かそうとするとやはりムラが生じるので、そのままの状態(自然乾燥で)待ちます。塗装屋としては死刑宣告を待つような気分でしょうか(判ります判ります)。

その後時間が経つと表面の艶が消えます。

元のザラザラとした状態とは違い、ツルンとした艶消しに仕上がっているかと思います。

プレスラインより上側(画像手前側)は艶ありの白で塗るのでゴミが着いても大丈夫ですから(研げますから)その分プレッシャーは低かったのが幸いでした。

この後は通常通り一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!