BMW R1200RSトップケース&パニアケース塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW R1200RSの純正トップケースカバーと左右パニアケースカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレイメタリックの艶消し仕上げだった物を、

BMW純正色の「ライトグレー」(カラーコード:M21)に塗り直しました。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります(別途オプションで変更可能です)。

 パッと見はただの白、もしくはホワイトパールに見えますが、

 実際にはホワイトパールは入っておらず、シルバーメタリックが二種類とイエローパール、白などで構成されています。

 隠蔽力は弱いので、下色に隠蔽力の高い似たような色を塗ってからの本塗りとしています。ベースコートが厚膜になると塗膜の強度が落ちたり艶引けが起きるので、極力薄くする必要があります。

 今回は比較的状態が良かったのでサフェーサー等の下地処理は行わず、簡易的な処理(ラッカーパテ等)のみで上塗りを行っています。

 画像はどれもサイズの縮小以外は未加工です。

 ただカメラの撮り方がマニュアルモードなので、シャッタースピードと露出はその都度変えています。ISOは250で固定でホワイトバランスはオート、シャッタースピードは1/15~1/50、露出はF5.0~F10といった感じです。今回のように白い色は色飛びが凄いので抑え気味に、逆に黒い色は長めに開けてその分絞りは小さくなります。

 こういった大きい物の場合はマクロレンズ(40mm)は使えないので、主に20mmのレンズを使用しています。

出来れば撮影の時間を簡略化させたいので、いずれはカメラを三脚に固定してターンテーブルみたいな所に被塗物を置き、自動的に360度の撮影&アップロードをしてくれるシステムを導入したいと思っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW R1200RSトップケース・パニアケース本塗り

 先日お預りしておりましたBMW R1200RSの純正トップケースカバーと左右パニアケースカバーです。まずは最初にパニアケースの裏側が汚れないようマスキングをしておきます。

多少小傷がありましたが、今回は簡易的な補修(ラッカーパテ)のみとなりますので、傷の部分は#600→#800で研磨し、また全体を#800で研いで既存の塗膜肌を均しておきます。艶消しなので判り難いのですが、塗膜肌は凸凹していて、そのまま塗り重ねていくとウネウネ&デロデロとした仕上りになってしまいます。

 その後は#800相当のスコッチとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

 トップケースカバーも同じ様にします。

 足付け処理は空研ぎ(水を使わない研ぎ)でも出来ますが、ウォッシュコンパウンドを使った方法では被塗面が非常に親水性な仕上りになり、また油分が残っていない事も一目で判るので安心です(手で触っただけでもそこに皮脂が着いて水が弾きます)。

 その後よく乾かし、シリコンオフで脱脂清掃(2回目)を行ったら傷部分にスポットパテ(ラッカーパテ)を塗っておきます。

 その後パテを研ぎ、台にセットして最終脱脂処理(4回目)を行います。

 今回の塗色は隠蔽が弱いので、最初に下塗りを行っておきます。

 フチの裏側は見えにくいので、ひっくり返した状態で先にここの塗装(ベースコート)を終わらせておきます。

 ベースコートの塗装が完了です。

 色はBMW純正色の「ライトグレー」(カラーコード:M21)で、メタリックが二種、イエローパール、白などで構成されています。ホワイトパールっぽいですがそちらは入っていません。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 塗り込むと側面はどうしても垂れ易いので、最初の1コート目は比較的指触乾燥の早いハードナー(MS5-25)で、2コート目はそれより少し遅いハードナー(MS15-30)にしています。シンナーはどちらも10-20です。昔はシンナーを変えていましたが、ハードナーの方がコントロールし易いのです(変則的な使い方は問題無いとデモマンの方から回答を頂いております)。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200RTトップケース&パニアケースカバー塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたBMW R1200RTの純正トップケースカバーとパニアケースカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

トップケースカバーは状態が良かったのでそのままで、パニアケースカバーの方は傷があったので下地処理を行ってからの上塗りとなっています。

また今回は残るパニアケースとの色違いを防ぐ為、調色作業も承りました。

最初に外しておいたBMWのエンブレムは元通り貼っておきました。

 色はBMW MOTORCYCLES純正のALPINWEISS III(カラーコード:300)となります。

 画像はどれもサイズの縮小以外は未加工となります。

 塗装前に外しておいたトルクスネジは元通りに締めておきました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW R1200RTトップケース&パニアケースカバー 本塗り

 先日サフェーサーを塗布しておいたアルピンホワイトⅢのBMW R1200RTパニアケースカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 既に足付け作業は終えているので、サフェーサーを塗った個所のみ研ぎ作業を行い、よく清掃をしたら台にセットして本塗り開始です。

 トップケースは恐らくマスキングの為にネジ穴にトルクスのネジ(恐らく純正ネジ)が着いていましたので、そちらは一旦取り外し、適当なボルトに入れ替えておきました。最後に元に戻しておきます。

 まずはベースコートを塗布します。調色して作った色は200cc程で、最初からそれを使うと足りなくなってしまいますから、まずは配合データで作った色で隠蔽するまで下色として塗ります。

 おなじくセンターカバーも同色にします。

 STANDOXの白は隠蔽力が弱いので、下色として3コートしっかりウェットに塗り、最後に調色済みの白を1.5コート(1ウェットコート+連続してミッドコート)塗り込みます。

大抵はここで昼休憩にして、しっかり1時間以上のフラッシュオフタイム(コート間の感想時間)を設けます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 今回は残った反対側のパニアケースとの差が出ないよう、通常クリアー(STANDOXイージークリアー)でのご指定となります。

 塗り方はクリスタルクリアーと同様、1コート目を塗ってから15分程のフラッシュオフタイムを設け、さらにもう1コートの合計2コートを塗っています。

フチも見える筈なので、色とクリアーは裏側に回り込むように塗っています。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200RTトップケース&パニアケースカバー 下地処理

 先日調色作業を終えていたアルピンホワイトⅢのBMW R1200RTパニアケースカバーです。

自家塗装されていた個所の塗料をシンナーで落とし、残っていた傷や、その他の飛び石傷を#240~の水研ぎで削り落とします。

 その後は全体を#800の水研ぎで旧塗膜の肌を均し、#800のスコッチとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

 裏側の汚れも清掃しておきます。ネジ穴に貼ってあったガムテープは一旦剥がしていますが、本塗り時にネジ穴部分はマスキングしますのでご安心下さいませ。

 その後よく乾燥させ、脱脂処理を行います。

 プラスチックプライマーを塗り、サフェーサーを塗布します。既に全体に足付け処理がされているのでサフェーサーを塗る範囲は自由ですが(足付け処理をしていない個所に塗っては絶対に駄目です)、当然研ぐ手間もあるので、マスキングをして傷の範囲に留めます。

ちなみに今回程度の傷でも、修理塗装の際には部分的に塗装を行うより、カウル全体を塗った方が間違いがありません。塗装はパネル全体に塗るよりも、スポット(部分的)に塗る方が余程大変で難しくなります。

よくあるのが「自転車を倒して傷が付いてしまったのでそこだけ直したい」といったお問い合わせですが、当店の修理方法だと、大抵の場合でフレームの新品金額を超えてしまいます。傷が小さいからといって3万円くらいで直ると思うのが一般的なようですが、車の塗装屋さんからするとそれでは採算が合わないのが判っているので、基本的に受け付けていないのが一般的かと思います(技術的に出来ない訳では無く、色々面倒なのでやりたくないと言う事です)。

しかも最近の自転車フレームの塗装は足付け処理がされていない(削ると艶のある塗膜が出て来てフェザーエッジが出せない)為、10年くらい経ったフレームは怖くて手が出せません。昔流行った密着剤を使った色替えオールペンのような感じで、ガムテープを貼って剥がすとクリアーまで剥がれる!と言う状態では手の出しようが無いのです。そうなるともう総剥離しかありませんので・・・。

 こちらは一緒にご依頼を頂いているトップケースカバーです。艶消しクリアー仕上げなのでサラッとしていますが、実は余り肌が良くないので(凸凹しているので)、

 やはり最初に#800の水研ぎで肌を均しておきます。以前足付け処理だけで本塗りをして酷い目に遭いました(1コート目を塗った時点で気づいたので研ぎ直しました)。

その後はスコッチとナイロンブラシ、ウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。裏側にも回り込むようにして塗るので、フチの裏側まで足を付けておきました。

この後はサフェーサーに熱を入れて硬化させ、そちらを研いだら本塗りとなります。ただ単体で熱は入れませんので(採算が合わない&環境に良く無い)、もう少し先になるかと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!