VMAXダクトカバー サフェ研ぎ

 先日サフェーサーの塗装までを行っていたYAMAHA VMAXのダミーダクトカバーです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして黒をパラパラと塗っておきました。

素材はアルミの鋳物(鋳造)製品なので、どうしても全体的なウネリがありますが、それらが自然に繋がるようにサフェーサーを研いでいきます。最初は#320の空研ぎから始めます。

 逆アールの部分は小さい当て板やエッジを使って研いでいきます。空研ぎは#400まで行います。

 その後同じようにして#600の水研ぎを行います。水をウエスで拭き取った時に若干艶が出るので、それでラインを確認しながら歩を進めます。

 #600の水研ぎが終わったら「YAMAHA」の凹み文字部を研磨します。適当に研ぐとスジが出来てしまうので、自動車の外板パネルを研ぐのと同じように、平滑な当て板を使って縦横斜めに平滑に研いでいきます。当て板には2ミリ厚のアクリル片を使っています。

 新品時には、一方向に研ぐベルトグラインダーのせいで文字の周りが気持ち悪い感じにウネっていましたが、アルミ素地の研磨とサフェーサーのお陰でシャープな仕上りに出来たと思います。これならシルバーとの塗り分けも綺麗に出来ると思います。

この後はまず全体を艶あり黒で塗装し、完全硬化後に再び全体を研ぎ~足付け処理し、YAMAHAの凹み文字周りをシルバー(グレーMet.)で塗装し、余分を研いで除去したらもう一度全体にクリアーを塗ります。smartのBRABUSエンブレムを赤&黒で塗装した時と同じようなやり方ですね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW R1200GSフロントフェンダー塗装承ってます

 先日お預りしておりました、BMW R1200GSアドベンチャーの純正フロントフェンダー左右です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状はプライマーサフェーサーが塗られた状態で、こちらをBMW純正色の「Black Storm Metallic」(カラーコードM46)の近似色、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様で承りました。

 また今回は色の参考として、こちらのフューエルタンクカバーもお預りしております。

色については調色作業は行わず、配合データからの作製となるのですが、STANDOXから支給される配合データは水性ベースコート用の物のみなので、当店ではこれに対応が出来ず(当店は溶剤系ベースコートです)、ただSTANDOXのカスタマサポートから置き換えデータを送って頂けたので、そちらを使用する事となりました。ですので「M46の近似色」と紹介しております。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

VMAXダクトカバー下準備

 先日お預りしておりましたYAMAHA VMAXのダミーダクトカバーです。

その後溶剤槽に浸け置きし、旧塗膜を剥離していました。

 溶剤槽は使い終わって捨てる前の廃シンナーを貯めているだけなので、剥離剤程の効果は無いのですが、長く浸けておけば塗膜が柔らかくなるので、ワイヤーブラシで擦ってはまた浸けてを何度か繰り返して塗膜を剥がします。

 一回30分くらいの作業を3回程繰り返すと、

 こんな感じで塗膜を剥がす事が出来ます。

 ただ細かい箇所に少し塗膜が残っていたので、その後サンドブラスト処理(軽め)も行う事にしました。

 その後#120のペーパーと当て板で凹み文字の周りを研磨します。

恐らくは新品時にベルトサンダーを使っていて、文字の周り(特に縦目)が変に削れて歪のようになってしまっている為、この時点である程度平らになるように削っておきます。

 さらにその周りをダブルアクションサンダー#120で低くし、全体を均します。

その後よく脱脂洗浄し、

 まずは裏側にプライマーを塗布します。

 さらにひっくり返して表側にもプライマーを塗り、

 続けてサフェーサーを塗布します。

凹み文字の部分にサフェを塗るのは出来れば避けたかったのですが(塗装屋さんなら間違いなくそう思う筈です)、文字の周りを一段嵩上げしたかったので、多少控えめにしつつもしっかり塗り込んでおきました。

ただこうなるとサフェの肌目が残るので、後程凹み文字の内側も当て板を使ってしっかり研ぎ付けるようにします。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

セローライトカウル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたYAMAHAセローのライトカウル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装のPP=ポリプロピレン樹脂で、

 一緒にお預りしたフロントフェンダーを参考にして調色をし、

 クリアーには軟化剤を入れてフレキシブルな塗膜にしました。

 こちらは自然光で撮影した画像です。

 それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

セローライトカウル 調色~本塗り

お待たせしておりまして、先日お預りしておりましたセローのライトカウル、調色作業からの紹介となります。

配合データは無いので、まずは適当な原色を混ぜて似たような感じの色をカップ内で作製します。ここまでの簡易的な色の作製であれば費用は無料となります。

 その後、作った塗料をシンナーで希釈し、スプレーガンに入れて色板に塗ります。

先ほどまでのは簡易的な色の作製は5分程度の作業なので費用は無料で、ここからの作業はスプレーガンの洗浄なども含め作業時間を必要とするので有料となります。

色を見る部品(フロントフェンダー)は樹脂自体に色(顔料)が練り込まれた着色樹脂の為、 塗装した物とは色の見え方が変わるのですが(塗装した方は透かしが黒く見えます)、大体間を取って良い具合の色味に近づけます。

 使った原色は白・黒・オーカー・オキサイドレッドで、ソリッドカラーのベージュ系塗色としては基本の原色ですね。

 被塗物であるライトカウルの方は、全体を#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で研磨し、さらにその後スコッチとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。どうもPP(ポリプロピレン)の滑るような表面のヌメリ感が気持ち悪く、空研ぎだけだと不安なんですよね。令和の時代に他の塗装屋さんは水なんてもう使わないのでしょうか・・・。

 その後台にセットし、よく脱脂清掃を行ったら、

 さらにガスプライマーで火炎処理を行っておきます。ちなみにABS樹脂でこれを行う必要はありません(ABS樹脂は塗装との相性がとても良いので、プラスチックプライマー自体使っていない塗装屋さんもいらっしゃるのではと)。

 ベースコートを4コート程塗って完全隠蔽させ、

 軟化剤を10%入れたクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

裏側は見えなかも知れませんが、一応色とクリアーも入れておきました。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!