ヤマハ マジェスティS テールカウル サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたヤマハマジェスティSの社外品テールカウル(カバー)です。

表面には成型時のウネリが残っていますので、

 ダブルアクションサンダー#120~#180で研磨し、

 フチなど細かい部分は#180~#240の手研ぎでラインを整えます。

 その後脱脂清掃して台にセットし、

 さらに脱脂をしてプラスチックプライマーを塗布します。

 そしてサーフェサーを塗布します。

この後ある程度削るので、ウェットで5コート程たっぷり塗っておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それではまた作業が進行しましたら改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ヤマハ マジェスティS テールカウル塗装承ってます

 先日到着しておりましたヤマハマジェスティSの社外品テールカウル(カバー)となります。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 状態はABS樹脂素地の状態で、こちらを艶ありの黒、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーへの変更で承りました。

 ABS樹脂なのでそのまま上塗りを行う事も可能ですが、成型時の歪や、

 フチの処理、

パーティングラインなど良く見ると粗が見受けられますので、いつものように「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行ってからの上塗りとします。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スズキGSX-R750 タンクカウル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSUZUKI GSX-R750のタンクカウル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 

元々クリアーの下に「S」のシールが貼られていた物を剥がし、全体にあった傷も含めて「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行いました。

 色はSUZUKI純正色のグラススパークルブラック「GLASS SPARKLE BLACK」(カラーコード:YVB)となります。

 ただ一緒にお預かりした見本と配合データで作った色を見比べてみると、データにあったパールでは見本にある程のメタリックな輝きは出せなかったので、そちらを置き換えて対応しました。

 全体のラインも整えておきましたので、シールが貼って跡などはよく見ても判らないと思います。

 使っているのは現色の中でも一番粗いメタリックです。スバル純正色の「クリスタルブラックシリカ」(カラーコード:D4S)みたいな感じでしょうか。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スズキGSX-R750 タンクカウル 本塗り

 先日サーフェサーを塗っておいたSUZUKI GSX-R750のタンクカウルです。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとしてベースコートの黒をパラパラと塗っておきました。

 シールを剥がした箇所はラインが崩れているので、小さい砥石や当て板に#320のペーパーを貼って研ぎ出します。

三次元逆アールのラインは非常に難しく、研いでは下地が出てまたサフェを塗って(焼いては)また研いでを繰り替えし、一日やってもラインが出せず半泣きになった覚えがあります。

 その後は#600→#800の水研ぎで細かいライン出しを行い、最後は当たりの柔らかい(角が立たない)布状研磨副資材(アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均します。

 その後良く清掃し、台にセットしたら本塗り開始です。

 ちなみに今回は調色作業はせず「配合データそのまま」で承っていますが、見本となるパーツもお預かりしていたので色を見ておくことにしました。

 元々あったデータでは黒とグリーン、そしてホワイトパールが使われていましたが、パールではこのサイズのキラキラ感は到底出せないので(というかその存在すら確認出来ませんでした…)、改めてパールをメタリックに置き換えて色を作り直しました。

 最初にパールで作った色も無駄にはせず、それを下塗りとして塗装し、最後に作り直した色を塗ってベースコートが完了です。肌を荒らさないよう、ウェットに塗りこんでいます。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

画像は台に置いた状態になっていますが、塗っている時は手で持った状態で、裏側に回り込むようフチまでしっかり塗っています。

 逆アール部分のラインも良い感じに出来たと思います。

見本のパーツと見比べてみて、メタリックの感じも同じように出来ているかと思います(少なくても配合データにあったパールではどうやってもこうはなりません)。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スズキGSX-R750 タンクカウル サフェ入れ

 先日お預かりしておりましたたSUZUKI GSX-R750のタンクカウルです。

「S」のシールの上にはクリアーが塗られていますが、このままペーパーを当てると糊が伸びて面倒な事になるので、先にドライヤーで温めて剥がしておきます。

 シールを剥がした箇所は一段低くなっているので、当て板を使って段差が緩やかになるよう研磨します。番手は#120→#180です。

 その後全体を#240で研磨して均し、フチは#320で足付け処理を行います。

脱脂清掃→台にセット→脱脂→エアーブローをし、プラスチック素地が露出した部分(白い部分)にプラスチックプライマーを塗布します。

シールを剥がした箇所をメインにサフェを塗り、その後全体に3コート程重ねます。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!