Kawasaki Z H2スクリーンパネル塗装承ってます

先日到着しておりましたカワサキのバイクZ H2用純正スクリーンパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はスモーク塗装と、一部すりガラス状になった箇所をボディ同色の「メタリックディアブロブラック」(カラーコード:17K)、

また先端に同じ様にすりガラス状で表現された「Kawasaki」のロゴを同じような感じで「白」で承っています。スクリーンパネルの塗装としては珍しくフルコースな感じですね。

すりガラス状になっているのは裏側もで、ただし塗装するのは表面なのでこちらはそのままとなります(色を塗れば見えなくなるので全く問題無いかと思います)。

現時点で考えている工程としては、


・表面を研磨してザラザラした箇所を平滑にする
・表側にスモーク塗装を行う。
・一旦完全硬化させスモーク塗装として完成
・再び表側に下地処理を行い、
・透けて見える裏側のザラザラに合わせて表側をマスキングをし、
・表面からブラックメタリックを塗装
・「Kawasaki」のロゴ入れ(デカール貼り付け)
・表面全体にクリアーを塗装


といった感じです。

ザラザラとした箇所は予め形をトレースし、データ化してマスキングシートを作成しようと思います(うっかりしていましたが恐らくこれが一番面倒かも知れません・・・)。

スモーク濃度については、この時のNISMOメーターパネル一番左の濃さで承っております。この中で一番薄いスモークですね。

フロントの「Kawasaki」のロゴも塗装前に研磨して消してしまうので、予めサイズを測って位置も判るようにしておきます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

バイク用ウィンドスクリーン塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたバイク用スクリーンパネルの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

 元々は透明だったスクリーンパネルに、

スモーク塗装を施しました。

この画像だと下に敷いているのがグレーの布なので光が反射せず真っ黒に見えますが、

改めて白い紙を敷いて撮影しました。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

浮かせて光が入るようにすると、透明なのが判ると思います。

さらに持ち上げて撮影しました。

実際に車体に装着すると、このような感じになるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

 

バイク用ウィンドスクリーン 本塗り

先日お預かりしておりましたバイク用のスクリーンパネルです。

中古品なのである程度傷がある為、先に裏側の磨きを行っておきます。

養生紙を貼ってしまうと透過しなくなってしまい、塗っていて濃さが判らなくなってしまう為、透明な粘着シート(アプリケーションシート)を貼ります。

穴やフチは浮かないよう通常のマスキングテープで固定します。

通常のテールランプは空研ぎのみですが、スクリーンパネルで、且つ素材がPC=ポリカーボネートの場合は追加で作業を行う場合があります。

#800→#1300(アシレックスレモン→オレンジ)で空研ぎ後、#800のスコッチとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。

よく清掃し、台にセットしたら本塗り準備完了です。

スクリーンパネルはテールランプよりも手間が掛かり、また気も使う為、今回はこちらと、ZXRのテールランプの2点のみとしました。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

濃さについては画像を送って頂いておりますので、そちらに合わせて濃度を調整していきます。

ぱっと見は真っ黒に見えましたが、画像を良くみると背景が透けて見えるので、そんなに真っ黒と言う訳では無いスモークとなります。

ベースコートを塗り重ねて濃度が決まったら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めてご連絡を差し上げます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダGL1800ウィンドスクリーン塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMウィンドスクリーンのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はクリアーなスクリーンパネルを、

「極薄めと薄目の中間」の濃度で、

  またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーを採用しています。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

通常のテールランプと違い反射板が無く、また下に敷いている布がグレーと黒っぽいので少し濃く見えますが、

実際はオーナ様がご希望される、『GLはまるでオープンカーと同じくスクリーン越しにライディングするので「少し入っているな」程度』になっていますのでご安心くださいませ。

オーナー様はプロ用の塗料を使って自家塗装も嗜まれているとの事ですので、きっと出来上がったこれを色々チェックされるのでは、と思う次第です(自分でやるようになるとどうしても目が肥えますよね)。

ちなみに車を塗っていた以前のprofitでは、出来上がってお車を渡す際に「実はトヨタで整備士やっていまして」とか、「うちの協力工場に出せば割引あるんだけどこちらにやって貰いたくて。BMWのディーラー勤務です」とか言われる方が時々いらっしゃいました(恐)。

  他に日産で整備士をされている方で、同じ内製工場で働いている塗装屋さんに「僕の車STANDOXで塗って貰ったんですよ!」といったら「あんなの固くて磨けねぇよ!」と言われたそうです(脚色無しです。笑)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダGL1800ウィンドスクリーン 本塗り

 先日下準備を行っておりました、ホンダGL用ナショナルサイクル(NATIONAL CYCLE) VSTREAMのウィンドスクリーンです。裏に透明なシートを貼り、そのフチをマスキングテープで固定して養生しています。また直接台に接触しないよう、マスキングテープの芯を固定して少し浮いた状態にしています。

スモーク濃度は「極薄めと薄目の中間」で、またオーナー様からは『GLはまるでオープンカーと同じくスクリーン越しにライディングするので「少し入っているな」程度』とも伺っておりますので、濃くなり過ぎないよう慎重にスモークを塗り重ねています。

参考にしているのは以前施工したホンダCR-Zのテールランプのスモークです。

濃度が決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

マスキングはボンネットを塗る時と同様、裏のプレスラインの内側ぎりぎりのところでブツ切りに、また二回目のクリアーを塗り終わった後に直ぐに剥がす事で段差が滑らかになるようにしています。またフチ(断面)はしっかりクリアーを塗っています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

最近は極小さい物に限っていますので、このサイズは久しぶりに大きく感じました。

画像だと判り難いのですが、BMW K1200GTのアンダーカウルくらいあるのではないでしょうか。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めてご連絡を差し上げます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!