ネックレスパーツ補修塗装 完成

 先日本塗りを終えていたネックレスのパーツ、樹脂製の象のフィギアです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

金具を取り付けて完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介します。

元々白い被膜が塗られていたのですが、密着していなくボロボロと剥がれて来ていました。多分濃いめの色の服だと白いカスが着いて目立ってしまっていたのではないでしょうか。

 元々あった被膜は全て除去し、新たに近似色の白で塗り直しています。

「足付け処理→プラスチックプライマー→ベースコート白→トップコート艶消しクリアー」としていますので、今回は今までのようにポロポロと剥がれるような事は無いと思います。

 塗膜強度の目安としては、自動車ボディの塗装と同等と考えて頂いて大丈夫です。

各画像はサイズの縮小以外は未加工です。

こういったアクセサリー塗装のお問合せも結構あるのですが、大抵の場合で商品の金額(新品の値段)より塗装費の方が上回ってしまう為(しかも数倍に)、今回のようにご依頼に至るケースが至極稀だったりします。オーナー様にとっては余程大切な物だったのではないでしょうか。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ネックレスパーツ(象) 本塗り

先日下準備を行っていたネックレスにつているパーツ=象のフィギアです。

既存に被膜(ラバーコート)を剥がし、ウォッシュコンパウンドとナイロンブラシで足付け処理を行っておきました。

 素材は白っぽいグレーで、その上に紺と白(角部)が塗られていますが、こちらの塗膜はしっかりしているので(剥がれないので)そのまま上から塗り重ねます。

まずはプラスチックプライマーを全体に満遍なく塗り、

 ベースコートの白を塗ります。

色は事前に色見本帳から近似色(RAL 9010)を選んでおいたのですが、実際に作ってみると白過ぎた傾向にあったので、オーカーを混ぜて元の色味に近づけておきました(画像の状態は汚れで赤黄色黒くなっています)。

その後艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

  艶消しなのでベースコートだけの仕様(激安コース)でも良かったと思ったのですが、今回はしっかり艶消しクリアーでコーティングする2コート仕様となりますので、使用していて色が擦り切れるという事は無いと思います(強度の参考としては自動車ボディの塗膜と同等と考えて頂いて大丈夫です)。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。さらに数日寝かしたら元のネックレスに組み付けておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ネックレス補修塗装 下準備

先日お預かりしておりましたネックレスの象です。

現状コーティングされている白い被膜が剥がれて来てしまっているとの事で、一旦これらを全部剥がし、改めて艶消しの白で塗り直します。

通常樹脂素材に塗られた塗装の剥離はお受付しておりませんが(お受付する場合もありますがかなり高額になるので現実的ではありません)、今回は 既に剥がれ掛かっていたので対応しています。

象のフィギュアにIPA=イソプロピルアルコールをたっぷり塗布し、それをウェス(キムワイプ)、ラップでくるみます(シンナーを使うと素体が溶けるのでNGです)。

念のため素材が溶けない事を確認して大丈夫そうならそのまま30分くらい放置し、コーティングが浮くようにしてからナイロンブラシで擦ります。

本当は超音波洗機を使えば早かったのですが、当店の物はヘッドカバー用なので大きすぎて逆にセットするのが面倒だったんですよね。

ブラッシング→浸透放置を何度か繰り返し、元々あった白い被膜を完全に剥がしました(少しでも残っているとそこが剥がれるのでここはしっかり行っています)。

元々は上体を紺、角を白で塗られた物だったようです。

足付け処理の為、液状研磨剤=ウォッシュコンパウンドを使ってナイロンブラシで擦ります。

これで塗装準備が整いましたので、後日色を作って本塗りを行う予定です。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ネックレス補修塗装承ってます

先日到着しておりましたネックレスです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はこちらのネックレスについた象の部分の補修塗装で、現状塗られている塗装(被膜)を剥がし、同じような色(近似色)で塗装します。艶消しクリアーを塗った2コート仕様となります。

そのままだと作業が出来ない為、象の部分だけを取り外しました。

白い部分は塗装と言うよりはラバーコーティングのような感じでゴムっぽく、また厚みがあります。

爪で擦ると下から艶のある素材表面が見えるので、被膜の劣化もそうですが密着不良が原因だと思います。濃い色の服だとこの白いカスが目立ってしまっていたのではないでしょうか。

ちなみに塗装費(補修費)はそれなりの金額で、こういった場合新品が買えてしまうのでご依頼に至るケースは余り(と言うか殆ど)無いのですが、今回の品はお気に入りとの事なので費用もそれなりに掛かる2コート仕様で承りました(ベースコートのみの【激安コース】もご案内しましたが敢えて高い方でご指定を頂きました)。

表面が汚れて実際より黄色黒く見えるので、彫の部分から近い色を決めました。こちらのRAL色見本帳から「REINWEISS」(カラーコード:9010)の艶消し仕上げを予定しています。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

スターバックステンレスボトル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたスターバックスのステンレスボトル3本の塗装、本日完成となります。

最初の状態を紹介しますね。

元々パールピンクに塗装されていた物で、ただ使っている内に塗装が剥がれてしまうとの事で、今回こちらの新品を3本ご用意頂きクリアー塗装だけをご依頼頂きました。

塗装が剥がれてしまう原因は主に下地に問題があるのですが(ツルツルしたステンレスに直接上塗りを行っても塗膜は密着しません)、その他既存の塗膜自体が薄いという事もあり、今回はこれの上にクリアーを塗って耐久性を上げようといった内容となります。

 実際今まで同じように新品のステンレスボトルにクリアーだけを塗って耐久性が向上したという報告を頂いておりますので、今後は今までのようには剥がれないと思います。

 ロゴは元々クリアーの上に印刷されていた物ですから、これも上にクリアーを重ねる事で耐久性が上がったと思います。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。これはオプションで変更可能で、通常使用のクリアー(同社イージークリアー)に比べて高美観、耐擦り傷性、耐UV性、耐薬品性などに優れます(さらに上をご希望の場合にはVOCプラチナクリアーも対応出来ますが、別途割り増し費用と、さらにその都度新品の硬化剤をご購入頂く必要があるのでかなりの割高となります)。

 各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

 ちなみに今回は新品9本の内から程度の良い物3本をご用意頂いていて、その他剥がれてしまった物も5本、合計17本(!)同じ物をお持ちなのだそうです。相当お気に入りで、どうにかして剥がれないようにされたかったのだと思います。

耐久性もそうですが、見た目の美しさ(塗料自体の質感と塗り肌)も断然良くなったと思います。是非お手持ちの新品と見比べてみて頂ければと思います(そして今後の耐久性も)。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!