シャッターボックス塗装承ってます

先日到着しておりました電動シャッターのボックスケースです。こちらは以前ランボールギーニのアルミ製ロールバーをご依頼頂いた方でして、この度も当店をご贔屓頂き誠にありがとうございます!

素材はステンレス製で、扉は外せない構造になっている為、この状態のまま表面の塗装を行います。蓋を開けた内側は塗らないようマスキングをして対応します。

素材はステンレス製で、

この状態(ヘアーライン加工)なら溶接痕は武骨で格好良いのですが、これに塗装を行うと変に見えてしまう恐れがある為、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程でこれらを均してから上塗りを行おうと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

 

ちなみに余談ですが、当店で自動車部品以外のご依頼で多いのがこういった建築内装製品で、こちらの日記では紹介していませんが、業者様からのご依頼で、換気扇やエアコンパネル、手摺の土台部分やカーテンレール、業務用の焙煎器なども塗っていたりします。製品自体の金額に比べると塗装費はかなり高くなるので、個人の方からだとご依頼に至るケースは稀ですが、富裕層の顧客から依頼を受けて家を建てているデザイン関連の企業や工務店からすると、コストの事は二の次になるらしく、「とにかく美しく、そして長持ちする物を!」となってご贔屓頂けるようです。

サーモス塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたサーモスJNS-451の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はピンクに塗られていた新品製品で、

前回のご依頼とは少し違ったデザインで御指定いただきました。

ベースカラーはフェラリー純正色のビアンコフジ(カラーコード:226027)のホワイトパールで、

 スクーデリアのストライプラインの緑色はカラーコードが判らなかったので画像を参考にして色を作り、赤はフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)となります。

こちらは自然光で撮影した画像です。

各画像はサイズの縮小以外は未加工となります。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

明る過ぎるとパールが判り難いのですが、

実物ではしっかりとしたパールの質感を感じられるかと思います。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

サーモス 本塗り

先日お預かりしておりましたサーモスJNS-451です。底のシールにマスキングシートを貼り、ラインを入れる中心が判るように印をつけておきました。

全体を#800相当(アシレックスレモン )で研磨、足付け処理してあります。

ただしこのまま色を塗ると矢印が見えなくなってしまうので、この上にもう一枚丸いシートを重ね張りしておきます。

そして本塗り開始です。まずはカラーベースの白を塗布します。STANDOXの原色MIX570そのままとなりますが、配合データ通りとなります。コート数が多くなるのでハードナーも添加しておきました。

そしてパールコートを塗布します。今回ご指定頂いているベースカラーは、フェラリー純正色のビアンコフジ(カラーコード:226027)となります。ちなみに先日別件で塗装したフェラーリ488のリモコンキーカバーに塗った「ビアンコイタリア」もこちらと同じ色です。「違う色だ!」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、カラーコードが同じ以上、メーカーとしては(フェラーリとしては)同じ色としての扱いとなります(車体毎に色が違うのはそれは所謂「色ブレ」です)。

グリーンに関しては、以前と同じく画像を参考にして簡易的に色を作成しています(非調色作業でこの場合は無料で対応出来ます)。

使用した原色はこちらの3色で、以前の記事にこの辺りの情報も残っていたので助かりました。

そしてマスキングシートの作成です。

予め作成しておいたイメージイラストは実寸となるので、そのデータをそのまま利用してマスキングシートをカットします。

それをセンターに貼り付けます。

周りを養生し、まずはグリーンを塗布します。

グリーンが乾いたらそこもマスキングし、レッドを塗布します。赤はフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)となります。

マスキングを剥がし、タッククロス&エアーブローしたら、

クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

二回目のクリアーを塗り終わったら直ぐに底のマスキングシートを剥がしておきます。

この後は一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

サーモス塗装承ってます

先日到着しておりましたサーモスJNS-451です。こちらは以前象印のタンブラーの塗装をご依頼頂いた方で、今回も同じくフェラーリ仕様で承りました。この度もご贔屓頂き有難うございます!

蓋部分は樹脂製で可動部がありますから塗装するには適しておらず、今回もステンレスのボディのみの塗装となります。

今回はベースカラーをパールホワイト=フェラリー純正色のビアンコフジ(カラーコード:226027)で、緑のラインは前回と同様に画像を参考にして簡易的に作成し、赤はフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

ストライプラインは前回と同様幅3ミリで行います。色もそうですが、以前のデータが残っていると安心して作業が出来ます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

RIMOWAスーツケースパーツ塗装 完成

大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたリモワスーツケースのパーツ一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介します。

元々はグレーの着色樹脂とアルマイト処理されたシルバーだった物を、

艶消し仕上げで塗装を施しました。

ベースコート(赤)+艶消しクリアーの2コート仕上げとなります。

アルマイト処理されたアルミパーツはサンドブラスト後にプライマーを塗ってから上塗りを行っています。

キャスターはグレーの部分だけをマスキングで塗装しています。

取っ手は着色された人工皮革で、その赤に似せて色を作成しました。

分解についてはトランクケース専門店にて行われたようですので、組付けに関してもそちらで行われる事になるかと思います。

自然光でも撮影したのですが、コントラストが強すぎたので今回は蛍光灯の下で行いました。

それでは後ほど完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂きまして誠に有難うございました!