イヤホンプレート塗装承ってます

 先日お預りしておりました64 AUDIO Fourte Noirのイヤホン左右二個です。

こちらのオーナー様からは以前もイヤフォンの塗装(ロゴ入れ含む)を行っておりまして、今回は新たにこちらの塗装をご依頼頂きました。この度も当店をご贔屓頂きまして誠に有難う御座います!

 塗装するのはイヤホン本体についたプレート部分のみで、出来れば取り外した状態にしたかったのですが、販売店に確認をして頂いても構造が不明、尚且つ非常に高価な物との事なので今回はこの状態で作業を行う事となりました。

 ただこの形状を通常の方法でマスキングをしても綺麗には貼れないので(逆アールの内側は皺が寄って浮きますし、何枚もマスキングテープを重ねると厚みで隙間が出来てしまいます)、今回はこのプレートの輪郭の型データを作製し、1枚で貼れるマスキングシートを作製する事にしました。最近だと、ロジクールのワイヤレスマイクの「G」のロゴをマスキングした時の作業と同じような内容で、今回はそれの逆仕様といった感じです。

ただ今回は貼る面が曲面に差し掛かる為、いつも使っているPP製のマスキングシートだとコシが強くて上手く貼れない恐れがあり、もしかしたら通常の和紙タイプのマスキングテープをレーザーでカットして作るかも知れません。和紙タイプのマスキングテープは薄くてコシが柔らかいので、今回のような場合はその方が貼り易いと思う為です。

和紙タイプのマスキングテープをレーザーでカットしてマスク型を作る例としては、以下の記事が判り易いかと思います。

マスキングテープ レーザーカット

 表面はロゴや模様で凸凹しているので、下処理の段階でペーパーを掛けて平滑にしておきます。

またその際にロゴ部分がクリアー層を突き破って露出してしまった場合は、一旦下塗りとしてクリアーだけを塗って素地を整えてようと考えています。本来であれば全部剥離してプライマー→サフェーサーから下地を作りたいのですが、分解しないこの状態ではそれらが難しい為(フチが汚くなってしまうリスクが高いです)、現状と同じようにクリアーを使おうと思っています。

パッと見は印刷した上にポッティング(注射器などを使って樹脂を盛った仕様)に見えますが、フチにクリアーが表面張力になっているので、最後にクリアーをスプレーしているのが判ります。

尚、既存の模様は印刷等によるものでは無く、銅を薬品(塩素)で表現している物と思われます。青緑色の部分は塩化銅(CuCl2)の色で、この事からこのプレートは銅製だと予想しました。なのでいつもの様にデザインカッターの先端を隙間に入れて持ち上げるなんて事が出来ないのです。

色についてはオーナー様より参考画像を頂いていておりまして、それを基に色を作製します。いつもとは違う方法のキャンディーカラーとなるので、事前にテストピースを作製し、それを送付して確認をして頂きます(テストピースの作製は有料にて承っております)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

インターフォンカバー塗装承ってます

 先日到着しておりましたパナソニック社製のインターフォンの外装パーツ2点です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現状は新品で、「なかなか木の外壁に合うインターフォンがなく」との事で、今回「艶消し黒」の塗装でご依頼を頂きました。また耐久性も考え、艶消しクリアーを塗った2コート仕上げで承っております。

それでは作業進行次第また紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

シャープペンシル塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたシャープペンシルの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々シルバーにクリアーが塗られていた物を、

マツダのベロシティレッドマイカ(カラーコード:27A)に、

  またクリアーは傷の付きにくいVOCプラチナクリアーを採用しています。

 3コートパールで、近くで見ると比較的粗目の着色パールが見れます。

 こちらは自然光で撮影した画像です。

どの画像もサイズの縮小以外は未加工です。

 ストロボでも撮影してみました。

 ランナーから切り離した箇所は全く判らない仕上りになっていますのでご安心下さいませ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

シャープペンシル 本塗り

 先日お預りしておりましたuniのシャープペンシルです。#800で足付け処理を行い、台にセットしてマスキングを行いました。

 ランナーとの接合部分はスポットパテ(ラッカーパテ)で簡易的に埋めています。塗装した後にランナーから切り離しているので、少し抉れたような状態になっていました(突起しているよりは良いだろう、と言う事だと思います)。

 まずは下色となるカラーベースを塗り、

 その上にパールベースを塗布し、クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 色はマツダ「ベロシティレッドマイカ」(カラーコード:27A)で、クリアーは耐擦傷性の高いSTANDOX VOCプラチナクリアーの仕様となります。

 断面部分には組み合わせの突起があるので、クリアーはエッジのみ掛けるような感じで極薄く塗るようにしました。

同じく反対側もハーフコートのみにする感じで、他の組み合せる際に阻害しないようにしています。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃45分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきます。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

靴磨き木箱塗装 完成

 大変お待たせしました!先日本塗りを終えていたSAPHIR社の靴磨きセットの木箱の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は木目に半艶っぽいクリアーが塗られた状態でした。

 内側は木の素地そのままといった感じです。

今回はこのシルバーの動くアルミシャフト以外を艶消しの黒に!と言うご依頼となりました。

各付属品は(壊さずに)取り外す事は難しそうだったので、今回は全て装着した状態での塗装となっています。

 塗装は艶消し黒で、今回はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様となります。

 ロック部は真鍮製で、締めると金属同士が当たって塗装が剥がれてしまいますので、取り敢えずこの状態でお納めする事にしました。塗装が削れても締めた状態では見えないので気にならないかと思います(本来は黒染めされた金属性の金具に交換が望ましいのですが、そうなると箱を一から作るような仕様となるのでさすがに現実的では無いかと・・・)。

 革の取っ手はもしかしたら抜けるのではないかと試しましたが、物理的に難しいようで、恐らくは取っ手を通した状態で金具を打ち付けているのだと思います。

 意外と面倒だったのが内側の塗装で、

 シャフトをマスキングすると上手く稼働しなくなるので、途中マスキングを剥がしては貼り直して、隙間からスプレーをするようにして塗りました。

 また内側は木の素地そのままだったので毛羽立ちが強く、黒を2コートくらいした時点で全部ペーパーを掛けて表面を均して塗っています。

クリアーを塗っていないのでツルツルと言う訳にはいきませんが、粉を噴いたようなザラザラ感は残っていないと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!